【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年4月】組織開発がわかる本おすすめ3選+最新情報

「組織開発がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

組織開発について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

組織開発とは、企業や団体が変化に対応し、持続的な成長を達成するために、その構造、プロセス、文化を戦略的に改善するプラクティスです。リーダーシップの強化、チームの協力促進、効率的なコミュニケーションの確立を通じて、組織の効果性を高めることを目指します。この取り組みは、従業員のモチベーション向上と組織全体の適応能力を強化し、競争優位を固めるために不可欠です。

まずはじめに、組織開発がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ビジネスリーダー・経営者: 組織の効率性、生産性、および適応性を向上させたい。
  • HRプロフェッショナル: 従業員のエンゲージメントと満足度を高める戦略を実装したい。
  • 組織開発コンサルタント: クライアントの組織変革と成長を支援するための新しい手法を学びたい。
  • チェンジマネージャー: 組織変革のプロセスを管理し、スムーズな移行を促進したい。
  • プロジェクトマネージャー: チームとプロジェクトのパフォーマンスを最大化するための組織的アプローチを探している。
  • 教育者・学術研究者: 組織行動学や組織開発に関する理論や実践を教える。
  • 学生: ビジネス、経営学、人的資源管理の分野でキャリアを目指している。
  • キャリア開発に関心のある個人: 組織内での役割を拡大し、リーダーシップスキルを発展させたい。
  • チームリーダー: チーム内のコミュニケーションと協力を強化し、より一体感のあるワークプレイスを作りたい。
  • 非営利組織の管理者: リソースが限られている中で、組織のミッション達成に向けた戦略を最適化したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

組織開発の本 おすすめ3選

組織開発がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

人材開発・組織開発コンサルティング 人と組織の「課題解決」入門:中原 淳(著)

書籍情報

中原 淳(著)ダイヤモンド社(出版社)2023/6/28(発売日)464(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

人と組織の課題解決のための7つのステップを徹底解説!

■メンバーとの信頼をいかに築くのか?
■現場のデータ収集・分析のコツとは?
■理想的な対話と決断の場をつくるには?
■現場実践の促進と評価のポイントとは?

企業の人事・教育担当者から社外コンサルタントまで必読。
人材開発・組織開発に携わるすべての人々のために編まれた「日本初の教科書」です!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

組織開発の探究 理論に学び、実践に活かす:中原 淳ほか(著)

書籍情報

中原 淳 , 中村 和彦(著)ダイヤモンド社(出版社)2018/10/18(発売日)408(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

日本の人事部「HRアワード2019」書籍部門・最優秀賞受賞! ! 

いま、「組織開発(Organizational Development)」が注目を集めている――。

一般的には、組織の「健全さ」などを高めることを目的に、コミュニケーションを活性化させる取り組みを指しているようだが、どこか「つかみどころのない概念」なのは間違いない。

人材開発(Human Resource Development)は「働く個人の成長支援」だが、組織開発となると、そうした単純化した説明が難しい。

そもそも組織開発は「ある特定の手法」を指しているわけではないうえ、その背景には、人の心理を操作するような悪しき手法や、自殺者を出すまでに至った複雑な「黒歴史」があるからだ。

「組織開発」とは、つまるところ何なのか
その基礎にはどんな「理論」があり、どんな「実践」が可能なのか
なぜいま、これほどまでに「組織に関わる人たち」を惹きつけているのか

これを探究すべく、組織開発研究における国内トップランナーの2人がタッグを組み、本書『組織開発の探究 理論に学び、実践に活かす』が誕生した――。

組織開発の100年の歴史を遡り、その思想的源流から手法の変遷までをたどった本邦初の試み。
その「本質」から組織開発をつかみたい人が、手元に置くべき一冊!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

図解 組織開発入門 組織づくりの基礎をイチから学びたい人のための「理論と実践」100のツボ:坪谷邦生(著)

書籍情報

坪谷邦生(著)ディスカヴァー・トゥエンティワン(出版社)2022/2/18(発売日)274(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

AmazonのPrime(プライム)会員は読み放題で体験できる書籍です。

AmazonのAudible(オーディブル)聴き放題で体験できる書籍です。

◎ 人事力検定『組織開発入門』公式テキスト
◎組織開発の理論と実践を体系的にまとめて収録
◎経営者・マネジャー・一般社員…立場に応じた解説付き
◎Q&Aと図解で、気になるところからすぐに読める!


学習する組織、ティール組織、ビジョナリーカンパニーからワイズカンパニー、心理学的経営、デリバリング・ハピネスまで。
組織に血を通わせる、この1冊

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

組織開発の名著・ロングセラー本

組織開発についての名著やロングセラー本を紹介します。

入門 組織開発 活き活きと働ける職場をつくる:中村 和彦(著)

書籍情報

中村 和彦(著)光文社(出版社)2015/5/19(発売日)208(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

日本では組織開発の全体像を学ぶための機会が少ない。
本書は、組織開発の極意を学ぶことができる優れた入門書だ。

著者の経験に基づく、深みと実効性の両方を学習することで、職場や組織を効果的に、そして納得のいく形で変えていくことができるだろう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

いちばんやさしい「組織開発」のはじめ方:早瀬 信ほか(著)

書籍情報

早瀬 信, 高橋 妙子, 瀬山 暁夫(著)中村 和彦(監修, 解説)ダイヤモンド社(出版社)2023/9/6(発売日)264(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「職場を変えたい、チームを元気にしたい人は必読の日本一やさしい組織開発の入門書」
——立教大学経営学部教授 中原淳氏推薦!


どんどん人が辞めていく、社員にモチベーションがない、などのモヤモヤを、対話のチカラで解消していくのが「組織開発」。

本書では、悩みを抱える職場への処方箋として、「組織開発」のはじめ方を成功事例とともに紹介します。

組織開発の第一人者と、プロフェッショナル3名によるいちばんやさしい組織開発の入門書です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

マンガでやさしくわかる組織開発:中村和彦(著)

書籍情報

中村和彦(著)松尾陽子(マンガ)日本能率協会マネジメントセンター(出版社)2019/7/31(発売日)248(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

組織開発とは一体、どのようなものなのか?
組織開発は、どのように進めていけばいいのか?

――概念的で、どこかつかみどころがなかった「組織開発」の考え方を、本書は、マンガのストーリーを元に解説していきます。

ストーリーの舞台となるのは、業績はいいものの休職者・退職者の数が増加している自動車販売店。
主人公である店長は、活気のない職場を何とかしようと、さまざまな対策を試みるものの、思ったような反応・効果が得られない。
そのような中、「組織開発」に出会い、実践を始める――。

活気がなく、社員同士の会話もまばらな職場を、主人公たちはどのように変えていくのでしょうか。

ストーリーで疑似体験しながら、解説で理解を深める、「組織開発」のエッセンスをつかめる入門に最適な1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新の組織開発の本

近日発売予定や最近発売された最新の組織開発の関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

【4月3日発売】「儀式」で職場が変わる 働き方をデザインするちょっとヘンな50のアイデア:クルシャット・オゼンチほか(著)

書籍情報

クルシャット・オゼンチ, マーガレット・ヘイガン(著)齋藤慎子(翻訳)英治出版(出版社)2024/4/3(発売日)272(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

目に見えない組織文化は、儀式で日々の習慣に落とし込める。

スタンフォード大学の注目研究!
日常に儀式を取り入れると、オフィスが創造と協働の場に変わる。

・Amazon 初期アイデアを「雑誌の表紙」風にして盛り上げ
・IDEO M&Aを「組織の結婚式」でお祝い!?
・Pinterest 社員の個性を輝かせる「特技フェス」
・Dropbox 新入社員1000人に「手づくりケーキ」プレゼント

世界のトップ企業も実践する独自の儀式!

より良い職場文化(ワークカルチャー)を創造するための儀式を個人・チーム・組織、シチュエーション別に提案。

働き方の多様化・個別化がますます進むなかで、職場での場作りやコミュニティ形成のヒントが詰まった一冊!

amazon.co.jp書籍情報より引用

頭がいいだけの銀行員はもういらない 対話型人材開発のチャレンジ:江上広行, 山口省蔵(編著)

書籍情報

江上広行, 山口省蔵(編著)経済法令研究会(出版社)2024/3/7(発売日)208(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

未来に残したい世界をビジョンとして描き、それを実現させるための手段を、金融の存在目的とする「価値を大切にする金融」を実践するため、人材開発プログラムを実施する一般社団法人価値を大切にする金融実践者の会(JPBV)。

金融業界においては、従来から比較的知識やスキルの量的拡大を主眼とした外面の人材育成が主流の中、対話と内省を繰り返しながら、リーダーとして内面開発に主眼を置く対話型人材開発プログラムの内容・考え方に加え、金融機関に向けて「対話と実践により仲間を巻き込んでいくリーダーの育成が必須」と、これからの人材育成の再定義を提言する。

さらに同プログラムにおいて金融界の変革を担っている方々の体験談を盛り込んだ一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

組織を変える5つの対話 対話を通じてアジャイルな組織文化を創る:Douglas Squirrel , Jeffrey Fredrick(著)

書籍情報

Douglas Squirrel , Jeffrey Fredrick(著)宮澤 明日香 , 中西 健人 , 和智 右桂(翻訳)オライリー・ジャパン(出版社)2024/3/5(発売日)256(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

対話を変えれば組織文化も変わる―。
組織内の対話を変えることで、アジャイルな組織文化を築くための実践的な方法を解説します。

オープンな自己表現と相手への理解を促進する「対話診断」を使い、信頼と心理的安全性を築きながら共通の目標に向かって進むための会話の進め方を紹介します。
5つの対話ステップ(信頼の構築、心理的安全性の確立、目的の共有、コミットメントの構築、説明責任の遂行)を実例とともに解説し、日々のコミュニケーションを通じて組織内のエネルギーを高めて革新を促す方法を提案します。

迅速な意思決定と主体性を育むアジャイルな組織文化への変革を目指すリーダーやチームメンバー必携の一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

自ら学び、未来に活躍する人財が育つ WPL3.0 ワークプレイスラーニングの理論と実践:森田 晃子ほか(著)

書籍情報

森田 晃子 , 野添 晃司 , 石津 茉歩 , 小久保 佳祐(著)ディスカヴァー・トゥエンティワン(出版社)2024/2/23(発売日)264(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

いつの時代も学びの90%は「職場」で得られる。
経営者から人事、現場マネージャーまで、誰もが待ち望んだ「自ら学び、未来に活躍する人財が育つ」職場学習の極意がここに。

「自分の育ってきた環境とは異なっていて、現世代の社員をどう育成したらよいか分からない…」
「人財育成に取り組んでいるが、成果に繋がっているかがわからない…」

多様化するビジネス環境の中で、職場学習を最適化し、従業員一人ひとりの能力を最大限に引き出すことは容易ではありません。
本書では、人財育成における職場学習の重要性とともに、その理論と実践法をお伝えします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

組織X 「エンゲージメント」日本一3連覇企業が語る、24のメソッド×事例:宮本 茂ほか(著)

書籍情報

宮本 茂 , 白木 俊行(著)プレジデント社(出版社)2024/2/15(発売日)192(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

普通の企業でも、 最高に幸せな組織をつくれる! 

「何のために経営しているのか、わからない」 
「現場が疲弊し切っている」 
「社員が何を考えているのか、わからない」 
「いい人財が育たず、業績も上がらない」 
「社内のコミュニケーションがうまくとれていない」 

こうした悩みを抱える経営者やビジネスパーソンは、 数多くいらっしゃるでしょう。 
そうした課題をすべて解決し、強みへと変えることができる。 
その原則を24個にまとめた新時代の理論『組織X』として、 わかりやすい事例とともにお伝えする1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AI時代を勝ち抜く事業・組織のつくり方:梶谷健人(著)

書籍情報

梶谷健人(著)日経BP(出版社)2024/2/15(発売日)304(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

生成AI時代のビジネス・サービスづくりの教科書。
生成AIをいかに活用して新たな価値を生むか、成功のフレームワークを大公開!


OpenAIの対話型AI「ChatGPT」をはじめとした生成AIは、もはや一過性のブームではない。
とはいえ、「使ってみたけれど思ったほど仕事に役立たない」「どう活用すべきか分からない」「ビジネスに本当に生かせるのか疑問」など、懐疑的な声もあふれている。

本書は、そんな疑いや疑問を払拭するための指南書だ。
それも、経営層や事業リーダー、サービスづくりに携わる方たちが真に求めている知識やノウハウを提供することを目指した一冊だ。

「事業づくり」「サービスづくり」、そして「組織づくり」という3つのテーマに関して、「現在」と「未来」の2つの時間軸で章を展開していく。

ただ単にノウハウを学べるだけでなく、未来予測もふんだんに盛り込んでいる。
「小売」「Socialサービス」「メディア」「エンタメ」「ゲーム」「教育/学習」など、多様な業界の未来予測は必見だ。

具体的なテクニックからビジネスづくり、そして未来予測まで、生成AI時代を勝ち抜くための答えがここにある!

amazon.co.jp書籍情報より引用

図解 人的資本経営 50の問いに答えるだけで「理想の組織」が実現できる:岡田 幸士(著)

書籍情報

岡田 幸士(著)ディスカヴァー・トゥエンティワン(出版社)2024/1/26(発売日)360(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

経営者、人事部門担当者、現場マネージャーが知っておくべき必須知識 
組織と人を考えるうえで今注目の「人的資本経営」が1冊でわかる!

2023年3月期決算以降、上場企業に対して 情報開示が義務化されたことで注目されている「人的資本経営」。 

本書は人的資本経営について、経営者から人事担当者、現場マネジャーまで、 「人的資本経営の全体像」と「自社への適用の仕方」が誰でも平易に理解できるよう [50の問い+フレーム+具体的な事例]をもとに解説していきます。 

①ありたい人と組織の姿はどのようなものか? 
②どのように人を調達するか? 
③どのように人を育成するか? 
④どのように人の活躍を促すか? 
⑤どのように人の維持を行うか? 
⑥どのように人が抱えるリスクを低減するか? 
⑦これら①~⑥を実行する人事体制をどのように整備するか? 

7つの領域の[問い]を通じて、あなたの会社の「理想の組織」が見えてくる!

amazon.co.jp書籍情報より引用

組織が変われない3つの理由 「元気」と「成果」を同時に実現する組織のつくりかた:西田 徹ほか(著)

書籍情報

西田 徹 , 山碕 学(著)松村 憲(監修)日本能率協会マネジメントセンター(出版社)2023/12/27(発売日)460(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

【240社、15000人以上の成長・変容支援で見出した組織変革の方法論の決定版!】 

「成果を求めるあまりに、組織が疲弊する……」 
「エンゲージメントは高いはずなのに、成果につながらない……」 

現場が直面する二項対立を乗り越えて 「元気(エンゲージメント)」と「成果」を同時に実現する組織をつくる! 

amazon.co.jp書籍情報より引用

最強の組織は幸せな社員がつくる ウェルビーイング経営のすすめ:PHONE APPLI出版プロジェクトチーム(著)

書籍情報

PHONE APPLI出版プロジェクトチーム(著)クロスメディア・パブリッシング(出版社)2023/12/22(発売日)268(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

社員の幸せを成果に結びつける「ウェルビーイング経営」の解説書。

社員の幸せを追求することは、ビジネスの成果にどれほど影響するのだろうか?
ツールやルールを導入するだけでは、労働環境の改善が売り上げに結びつくことはない。
重要なのは、その過程で生まれるコミュニケーションだ。

適切なコミュニケーションが生まれる環境を整えれば、自然とパフォーマンスは高まる。
本書では、「ウェルビーイング経営」を実践することで急成長を続けるPHONE APPLI社が、社員の笑顔と成果を直結させる仕組みを解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

対話型組織開発 その理論的系譜と実践:ジャルヴァース・R・ブッシュほか(著)

書籍情報

ジャルヴァース・R・ブッシュ , ロバート・J・マーシャク , エドガー・H・シャイン(著)中村和彦(翻訳)英治出版(出版社)2018/7/4(発売日)650(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「診断型」から「対話型」へ 組織開発の新潮流、到来――。

従来の組織開発とは異なる発想や手法の存在を見出した編著者二人は、2009年に「対話型組織開発」を提唱。
以来、各界から大きな注目と支持を集めている新コンセプト「対話型組織開発」の初の専門書にして決定版がついに邦訳!

組織とは、意味を形成するシステムである。
なぜいま対話なのか? 対話によって何が変わるか? 対話をいかに行うか?
組織開発のフロンティアを往く21人の知見とビジョンを凝縮。
個人と集団の可能性を信じる実践者に贈る、最前線の組織論。

▼社会背景、理論、実践法を網羅的に解説。
U理論、学習する組織、ワールドカフェ…「対話で組織を変える手法」が日本でも定着。
「なぜいま対話か?」「対話で何が変わるか?」「対話をどう実践するか?」を深く理解できる。

▼実践者21人の「最先端の知」を凝縮。
対話型組織開発の先駆者たちが試行錯誤し見出した、日本未発表の概念や手法も満載。
また、一部署の変革から全社改革まで多彩な事例も魅力。組織論のフロンティアを学べる。

▼読者の理解と実践を助ける付録も充実。
重要用語の訳者注釈、各章末の引用文献、巻末の索引、訳者による「まえがき」「あとがき」を収録。
初学者から専門家まで必携の内容。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

組織開発 よくある質問と回答

組織開発について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

組織開発とは何ですか?

回答: 組織開発(Organization Development, OD)は、組織の効果性と健全性を向上させるために計画された変更プロセスです。

このプロセスには、組織の文化、構造、プロセスの改善を通じて、組織の目標達成能力を高めることが含まれます。

組織開発の主な目的は何ですか?

回答: 組織開発の主な目的は、組織の生産性と効率性を高め、働きがいのある職場環境を作り出し、変化に対応する組織の能力を強化することです。

これにより、従業員の満足度とエンゲージメントを向上させ、組織全体のパフォーマンスを向上させます。

組織開発における一般的な取り組みには何がありますか?

回答: 組織開発における一般的な取り組みには、チームビルディング、リーダーシップ開発、コミュニケーションスキルの向上、組織文化の改革、変更管理、パフォーマンス管理の改善などがあります。

これらの取り組みは、組織の特性やニーズに応じてカスタマイズされます。

組織開発のプロセスはどのように進められますか?

回答: 組織開発のプロセスは、通常、現状分析から始まり、問題の特定、目標の設定、介入戦略の計画と実施、結果の評価とフィードバックのサイクルで進められます。

このプロセスは反復的であり、継続的な改善を目指します。

組織開発を成功させるための鍵は何ですか?

回答: 組織開発を成功させる鍵は、トップマネジメントのコミットメント、明確な目標設定、従業員の参加とエンゲージメント、適切なコミュニケーション戦略、そして柔軟性と忍耐力です。

また、組織のニーズに合わせたカスタマイズされた介入と、結果に基づく継続的な評価と調整も重要です。

組織開発のスキルが活かせる職種とは?

組織開発(Organizational Development, OD)に関する知識や経験は、組織の効率性、生産性、および従業員の満足度を向上させるための戦略的な取り組みに焦点を当てています。

この分野における専門性は、人事管理、リーダーシップ開発、変更管理など、組織の成功に直接貢献する多様な役割で活用できます。

組織開発の知識や経験を習得することで担当可能な仕事には、以下のようなものがあります:

  1. 組織開発コンサルタント:
    • 企業や組織に対して、組織構造、プロセス、文化の改善を目的としたアドバイスや支援を提供します。戦略的な変更管理プログラムの設計や実施を行います。
  2. 人事(HR)マネージャー/ディレクター:
    • 人事戦略の策定と実行において、組織開発の原則を活用します。従業員の採用、トレーニング、評価、キャリア開発などのプログラムを監督します。
  3. リーダーシップ開発スペシャリスト:
    • マネージャーやリーダー向けのトレーニングプログラムやワークショップを開発、提供します。組織のリーダーシップ能力を強化し、効果的なチームビルディングを促進します。
  4. 変更管理スペシャリスト:
    • 組織内の変更プロジェクトを管理し、従業員が変更を受け入れ、適応できるよう支援します。コミュニケーション計画、トレーニング、ステークホルダーのエンゲージメント戦略などを担当します。
  5. 組織効果性アナリスト:
    • 組織のパフォーマンスを評価し、効果性を高めるための改善策を提案します。従業員のエンゲージメント、プロセスの効率化、パフォーマンス管理システムの最適化などに取り組みます。
  6. 企業文化オフィサー:
    • 組織の文化と価値観の発展をリードし、ポジティブな職場環境の構築を目指します。従業員の満足度とエンゲージメントを高める文化的イニシアチブを企画、実施します。
  7. トレーニングと開発マネージャー:
    • 従業員のスキルと能力の向上を目的としたトレーニングプログラムや個人開発計画を設計、実施します。組織の目標達成に貢献する人材を育成します。

組織開発の専門家は、変化の激しいビジネス環境において組織が持続可能な成長を遂げるために重要な役割を果たします。

これらの役割は、戦略的思考、優れたコミュニケーションスキル、人材開発への深い理解を要求されるため、関連する知識や経験が大きな資産となります。

まとめ

組織開発について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、組織開発がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。