【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年4月】認知バイアスがわかる本おすすめ3選+最新情報

「認知バイアスがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

認知バイアスについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

認知バイアスとは、私たちの判断や意思決定に影響を与える無意識の偏りのこと。情報の解釈や記憶の選択、注意の向け方など、様々な場面で発生します。確証バイアス、利用可能性ヒューリスティックなど、多くの種類があります。自己認識を高め、バランスの取れた判断を心がけましょう。

まずはじめに、認知バイアスがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 心理学者・研究者:人間の認知プロセスとその偏りに関する理論を探求する専門家
  • ビジネスプロフェッショナル:意思決定プロセスを改善し、より良いビジネス判断を下したい経営者やマネージャー
  • マーケター・広告関係者:消費者の意思決定に影響を与える要因を理解したい人
  • 教育者:生徒や学生に批判的思考能力を教えたい教師
  • 医療従事者:診断や治療のプロセスにおける偏りを理解し、対処したい医師や看護師
  • 法律専門家:裁判所や交渉における認知的偏りを認識し、扱う弁護士
  • 投資家・金融アナリスト:市場の行動や自身の投資判断に影響するバイアスを学びたい人
  • 一般読者:自己認識を深め、日常生活の意思決定を改善したい人

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

認知バイアスの本 おすすめ3選

認知バイアスがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

脳のクセを徹底活用! 「認知バイアス」最強心理スキル45:神岡真司(著)

書籍情報

神岡真司(著)清流出版(出版社)2024/2/19(発売日)208(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「認知バイアス」を上手に活用!
仕事、お願い事、恋愛、ピンチの時…
知らないと損をする、実生活で使える最強スキル!

・相手の態度を変える・興味を持ってもらう・人の心を動かす
・好感度や評価アップ・敵を味方に変える・人に騙されなくなる

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

あなたの世界をガラリと変える 認知バイアスの教科書:西剛志(著)

書籍情報

西剛志(著)SBクリエイティブ(出版社)2023/1/31(発売日)344(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

仕事、お金、人間関係、恋愛…うまくいかないのは「脳の認知のズレ」のせいだった!

ここ最近、注目されるようになり、脳科学の分野でもいま最先端の研究テーマが「認知バイアス」。
認知バイアスとは、簡単に言うと、脳のバイアスにより認知にズレが出てしまうこと。 

この認知のズレが、「あの人は自分のことが嫌いに違いない」などといった誤解を招いたり(人間関係)、思ってもみなかったことに大金をはたいてしまったり(お金)、何度も同じようなミスを繰り返してしまったり(仕事)と、日常生活に大きな影響を及ぼしています。 

しかし、「認知バイアス」をうまく利用すれば、幸せを感じやすくなったり、実力以上の成果をもたらしてくれたりも。 
「認知バイアス」を味方につければ、人生はもっとラクに楽しくなるのです。 

本書は、そんな「認知バイアス」を新進気鋭の脳科学者が脳科学的観点からわかりやすく紐解く一冊。 

なぜ自分と相手の認識がズレるのか、なぜ簡単にダマされるのか、なぜ勘違いやミスをしてしまうのか――誰もが感じる不思議な判断間違いや認識のズレのメカニズムをわかりやすく解説! 

「認知バイアス」を知ることで、他人や自分や組織を理解でき、見えてくる世界が変わる一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

情報を正しく選択するための認知バイアス事典(論理学・認知科学・社会心理学 編):情報文化研究所(著)

書籍情報

情報文化研究所(著)高橋昌一郎(監修)フォレスト出版(出版社)2021/4/10(発売日)264(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

AmazonのAudible(オーディブル)聴き放題で体験できる書籍です。

「60の心のクセ」に3つの研究分野からアプローチして解説 

陰謀論やフェイクニュースが溢れている情報過多な時代において、あなたは正しく情報を選択できているでしょうか? 

自信があるという人ほど、ぜひ本書に目を通してください。
私たちの認知を歪ませる現象の多さに驚き、自分の偏った情報の受け取り方に気づかされることでしょう。 

しかし、それこそが情報を正しく見るための第一歩。 
なぜなら、認知バイアスを知らずして、自分が認知バイアスに陥っていることに気づくことは難しいからです。 

本書は3部構成になっています。 
認知バイアスに分類される用語は数百以上存在しますが、意味や用法が曖昧であったり、重複しているものも多いものです。

そこで論理学・認知科学・社会心理学3つの専門分野それぞれで必要不可欠な20項目を厳選し、合計60項目にまとめ、図版やイラストを交えて解説しています。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

認知バイアスの名著・ロングセラー本

認知バイアスの名著・ロングセラー本について紹介します。

「脳のクセ」に気づけば、見かたが変わる 認知バイアス大全:川合 伸幸(監修)

書籍情報

川合 伸幸(監修)ナツメ社(出版社)2022/5/18(発売日)256(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

膨大な情報に惑わされず、正しい判断のために知っておきたい現代の必須教養!

■認知バイアスとは「脳のクセ」
自分の思い込みや周囲の環境、他人からの影響、これまでの経験によって、論理的な思考が妨げられ、不合理な判断や選択をしてしまうことを認知バイアスといいます。本書ではこの認知バイアスについて、日常のわかりやすい例を用いて紹介しました。

■様々なシチュエーションでの認知バイアスを紹介
本書では、様々な認知バイアスを、人間関係、組織、消費者と市場、偏見と差別、思想と政治の5つの場面に分けて紹介。よくあるバイアスを知ると、思い込みの弊害を減らすことができます。

■認知バイアスへの対処法がわかる!
バイアスの種類と程度によっては、人を傷つけてしまうこともあります。
不合理な意思決定を避けるために、PART6では、日常にあふれるバイアスに気づき、見直すためのヒントを紹介しました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

情報を正しく選択するための認知バイアス事典(行動経済学・統計学・情報学 編):情報文化研究所(著)

書籍情報

情報文化研究所(著)高橋昌一郎(監修)フォレスト出版(出版社)2022/12/16(発売日)264(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

AmazonのAudible(オーディブル)聴き放題で体験できる書籍です。

「行動経済学」「統計学」「情報学」の3つの研究分野からアプローチ。 
合計60の認知バイアスを解説します。 

なぜか人間に実装されている脳のバグとも言うべき「認知バイアス」。 
それを本書では、「行動経済学」「統計学」「情報学」の3つの研究分野からアプローチし、計60の認知バイアスを豊富な図版とイラストを用いて解説します。 

「認知バイアス」という言葉自体、難しく感じるかもしれませんが、実は以下のような場面において私たちの日常へ小さくない影響を与えています。 
●合理的に決断していたのに、期待とは逆の結果になってしまう。 
●いつもなら絶対にしないようなギャンブルに魅力を感じてしまう。 
●ついつい無駄遣いをしてしまい、なかなか貯蓄できない。 
●上司のちゃぶ台返しに右往左往させられている。 

個人のことだけではありません。 
カルト・陰謀論・詐欺・差別・分断・誹謗中傷……などの諸問題、そして世の中のわけのわからない判断やミスリードは、本書に記されている60のバイアスのどれか、あるいはその組み合わせによって生まれていると言っても過言ではありません。 

認知バイアス対策は、まずはどんな認知バイアスがあるかを知ること。 
その手助けをするのが本書の役割です。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

イラストでサクッとわかる! 認知バイアス 誰もが陥る思考の落とし穴80:池田 まさみほか(監修)

書籍情報

池田 まさみ , 森 津太子 , 高比良 美詠子 , 宮本 康司(監修)プレジデント社(出版社)2023/3/1(発売日)192(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

思い込み、直感、先入観、願望… 
じつは誰もが認知バイアスに縛られています。


「自分だけは大丈夫」 
「そうなると思ってた」 
「あの人って〇〇だよね」 
知らず知らずのうちに、こうした言葉を口にしていないでしょうか? 

私たちは何かを判断するときに、自らの思い込みやこれまでの経験、直観や先入観、願望など偏った思考によって、合理的でない判断をしてしまうことがあります。 
心理学ではこれを「認知バイアス」と言います。 

この“思考の偏り”は日常生活のあらゆる場面に潜んでいて、無意識のうちに誰もが縛られています。 
この認知バイアスで間違った判断をしないようにするためには、まず自分の思考が「偏っているかもしれない」と知ることです。 

本書では職場や家庭、人間関係など日常で陥りがちな80の認知バイアスを厳選。
6つの場面に分けてイラスト図解やクイズでわかりやすく解説しています。 
日常生活の「あるある」からバイアスが起こる仕組みやうまく付き合う方法が楽しく学べる、認知バイアス入門の決定版! 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新の認知バイアスの本

近日発売予定や最近発売された最新の認知バイアスの本を紹介します。

【4月20日発売】リーダーのための[最新]認知バイアスの科学 その意思決定、本当に大丈夫ですか?:藤田政博(著)

書籍情報

藤田政博(著)秀和システム(出版社)2024/4/20(発売日)272(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

バイアスとは、物事を現実とは異なるゆがんだかたちで認識してしまう現象のことです。
これは単なる認識のエラーではなく、人間が理解しようとする際、必然的に生じる副産物であるため、完全にバイアスを避けることはできません。

リーダーは、このバイアスについて知っておく必要があります。
なぜなら、組織の決定はほとんどリーダーが行なうからです。

ゆえに、リーダーがバイアスを自覚しないまま決定してしまうと、組織全体で沈むことになり、場合によっては倒産やそれ以上の大惨事を招いてしまいます。

近年、不祥事が発覚して世間をにぎわせた企業も、バイアスがその一つの原因になっていることが多々あります。

本書では特にリーダーが知っておきたい30のバイアスや、バイアスとは言えないもののリーダーの意思決定を誤らせるエラーについて、近年ニュースになり世間を騒がせた事件・事故をもとにご紹介していきます。

こういった事例を30個ほど取り上げて問題の本質を解明し、リーダーへの処方箋をご提案していきます。
問題解決や意思決定の際、必ずご参考になるでしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

思考のトラップ 認知バイアスを出しぬく17 のやり方:デイヴィッド・マクレイニー(著)

書籍情報

デイヴィッド・マクレイニー(著)安原 和見(翻訳)二見書房(出版社)2024/1/26(発売日)357(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

◎大多数の意見は、たいがい正しい
◎人は好きな相手に親切にして、嫌いな相手には意地悪をする
◎好きなことをしてお金を稼ぐことほど、すばらしいことはない

──これまた、ぜんぶウソです

やっぱり人は、そんなに賢くない!?
ベストセラー『思考のトラップ』待望の新作!

今日も私たちを惑わせる「認知バイアス」の巧妙な罠ーー。
そのカラクリを解きほぐし、脳があなたをダマす方法を明らかにする!

amazon.co.jp書籍情報より引用

勘違いが人を動かす 教養としての行動経済学入門:エヴァ・ファン・デン・ブルックほか(著)

書籍情報

エヴァ・ファン・デン・ブルック, ティム・デン・ハイヤー(著)児島 修(翻訳)ダイヤモンド社(出版社)2023/11/1(発売日)432(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

★あなたの日常に潜む「選択と行動」の科学とは?
★世界絶賛のベストセラーがついに上陸!
★興味深い事例と豊富な研究から学ぶ、行動経済学入門


・スーパーが「野菜売り場」からはじまるのは、〇〇をさせるため?
・相手に「〇〇」と言われるだけで「お願い」を受け入れやすくなる?
・期限までに目標達成したいときは、〇〇のスケジュール帳を使うべき?

「論理」よりも「情熱」よりも、「認知バイアス」によって私たちは動かされる。

認知バイアスに関する研究が進むにつれ、人間が生得的に持っているこの心理的な傾向をビジネスや公共分野に活かそうとする動きがますます活発になっている。

認知バイアスについて理解を深めることは、様々なリスクから自分の身を守るためにも、うまく相手を動かして目的を達成するためにも、非常に重要だ。

本書では、私たちの生活を取り囲む様々な認知バイアスについて豊富な事例と科学的知見を紹介しながら、有益なアドバイスを提供する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

やさしくわかる! 文系のための東大の先生が教える バイアスの心理学:植田 一博(監修)

書籍情報

植田 一博(監修)ニュートンプレス(出版社)2023/10/11(発売日)304(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

最近「認知バイアス」という言葉が注目を集めています。認知バイアスとは,私たちの誰もがもつ「思考の偏り」や、「考え方のクセ」のことです。私たちの毎日の行動は,無意識のうちに認知バイアスの影響を受けています。

たとえば,限定品と書かれると,それまで欲しくなかった商品もつい買いたくなってしまいませんか? これは「希少性バイアス」という認知バイアスの一種です。また,災害で危険がせまっているのに「まだ大丈夫」と思いこんでしまうのも,「正常性バイアス」というものです。私たちは,さまざまな心のクセによって,合理的でない判断や行動をしているのです。

本書では,さまざまな認知バイアスについて,生徒と先生の対話を通してやさしく解説します。認知バイアスについて知れば,思いこみや偏見のない判断ができ,日々の生活や人間関係の役に立つにちがいありません! 認知バイアスの世界をお楽しみください!

amazon.co.jp書籍情報より引用

データ分析に必須の知識・考え方 認知バイアス入門:山田 典一(著)

書籍情報

本書では「認知バイアス」「社会的バイアス」「統計的バイアス」といった概念についての基本知識、および対処法についての知識こそ分析者に必須であると考え、この中でも最も根源的なバイアスといえる認知バイアスを軸に解説します。

ところが、既存の認知バイアスに関する書籍は「社会人全般向け」の視点で書かれているものばかりで、分析者のバイブルになるようなものは見当たりません。
なぜ分析者にとってのバイブルになり得ないのかというと、200種類近く存在すると言われる認知バイアスの中の何が原因で、分析にどんな不都合な結果を生じさせるかの具体的な説明が提示されていないからです。

本書では「分析者のためのバイアス」としての知識を、新たな教養として「分析バイアス学」と名づけました。
データ分析者必読の全く新しい教科書です。
ついつい、偏った分析的判断に向かってしまう。
そんな悩みを抱えている方は、是非とも本書をお読みください!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

サクッとわかる ビジネス教養 認知バイアス:藤田 政博(監修)

書籍情報

藤田 政博(監修)新星出版社(出版社)2023/6/30(発売日)160(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

◎認知バイアスの存在を知って、自分・他人・社会を知る

「バイアス」とは、人間が生きている限り切り離すことはできないもので、物事を現実とは異なる自分なりのかたちで認識してしまう現象です。

それはどうして起こるのか、避けることはできるのか、そもそもバイアスとは悪いものなのか?
自分の見ている現実は、正しいのか?ほかの人は自分をどう認識しているのか?

急激に意識され始めた分野でありながら、誰もがまだはっきりとは分かっていない「認知バイアス」について、ビジネスシーンをはじめ日常生活で直面するさまざまなケースを例に挙げ、親しみやすいイラスト図解でサクッと解説しました。

認知のクセ・バイアスをきちんと理解できれば、ビジネスにおけるマーケティングやデータの収集・分析など、大切な場面で認識の偏りが起こることが意識でき、間違いを防ぐことにもつながります。

本書でバイアスについて知れば、明日から、世界の見え方・感じ方が変わります!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

面白すぎて時間を忘れる人間心理のふしぎ現象 この「心のバイアス」に気づいてる? :内藤 誼人(著)

書籍情報

\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

誰もが一度は感じたことがある「あのこと」はぜんぶ解明されています!

心理学は、人間の「おかしな行動」を調査し、実験する学問です。
本書では、「なんだかよくわからないまま」に私たちがとっている行動の裏にある「心のバイアス」について、たっぷり紹介しています。
「心理学って、こんなに面白いんだ!」と思ってもらえること、請け合いです。内藤誼人

「へぇ、そうだったんだ」……とっておきの心理分析が満載!
◇占いがなぜか「ズバリ当たる」からくり――バーナム効果
◇「自分に似た人」を好ましく思う――類似性の法則
◇「期待される人」ほど成果が出る――ピグマリオン効果
◇「思い込み」はひたすら強化される――確証バイアス
◇「そういう目で見てしまう」心理――ラベリング効果

「人間心理のしくみ」を知れば、人生は自由自在!

amazon.co.jp書籍情報より引用

別冊 バイアスの心理学 (Newton別冊)

書籍情報

ニュートンプレス(出版社)2023/5/11(発売日)144(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

近年注目を集めている言葉に「認知バイアス」があります。
これは思考の偏りや,考え方のクセなどと説明されていて,誰にでも存在するものです。

本書ではさまざまな場面で生じる認知バイアスを解説しています。
たとえば,いつの間にか自分に都合のよい情報ばかりを集めていないでしょうか。

災害で危険がせまっているのに「まだ大丈夫」と思いこんでしまう「正常性バイアス」のような,命にかかわるバイアスもあります。
またマスクの着用が個人の判断に委ねられている現在は,マスクをする,あるいはしないことに対して,周囲の人々から無言の圧力を感じている人もいると思います。
このような「同調圧力」も認知バイアスの一つです。

認知バイアスは,すばやい判断や心の安定に必要な場合もあり,必ずしも悪いものではありません。
しかし極端な偏りは命にかかわるほか,差別や偏見といった問題につながることもあります。

本書ではこういった認知バイアスに加えて,思いこみを生じさせ誤った方向にみちびく話し方や,直感で判断すると間違う可能性のある数字やデータなども紹介しています。

これらを「知る」ことで,思いこみや偏見のない合理的な判断へつなげてください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

認知バイアス 心に潜むふしぎな働き:鈴木宏昭(著)

書籍情報

鈴木宏昭(著)講談社(出版社)2020/10/22(発売日)264(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

AmazonのAudible(オーディブル)聴き放題で体験できる書籍です。


「なぜあの時あれを見逃してしまったのか」「なぜこんなものを買ってしまったのか」「どうしてあんな簡単な問題が解けなかったのか」---
誰しもが日常的に経験しているであろう、なぜか誤って認識したり、いつもならするはずのない判断や行動。それはなぜ起こるのか。

このようなふつうの行動に現れる心の働きの偏り、歪みのようなものである「認知バイアス」について、わかりやすい事例を挙げて解説します。

認知バイアスという言葉は、一般的にも時々使われるようになってきて、なんだかよくわからないけど間違ってしまった、おかしなことをしてしまった、というときに認知バイアスという言葉で片付けようとする安易な解決も見られがちですが、著者は、「知」を身体、社会、感情、環境なども取り込んでトータルな人間の理解を深めようとする認知科学に基づき、理論的に分析しています。

また、なぜ誤るのか、そして誤ることには意義があるのか、それは何なのかを解き明かします。

認知メカニズムは、ある状況では賢い判断をするように働き、ある状況では愚かな判断を生み出す。
つまり人間は賢いようで愚かで、愚かなようで賢いものであるということがわかる1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

認知バイアス よくある質問と回答

認知バイアスについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

認知バイアスとは何ですか?

回答: 認知バイアスとは、人が情報を処理し判断する際に無意識のうちに持つ偏見や先入観のことです。

これは、情報の解釈や記憶、意思決定のプロセスに影響を及ぼし、客観的な判断を歪める可能性があります。

認知バイアスは、個人の経験、期待、文化的背景などによって形成されます。

代表的な認知バイアスにはどのようなものがありますか?

回答: 代表的な認知バイアスには以下のようなものがあります:

  1. 確証バイアス(Confirmation Bias): 既存の信念や仮説を支持する情報のみを受け入れる傾向。
  2. 利用可能性ヒューリスティック(Availability Heuristic): 最近あった事例や記憶に残っている事例に基づいて、判断や意思決定を行う傾向。
  3. 錯覚的相関(Illusory Correlation): 2つの事象間に関連性があると誤って信じる傾向。
  4. アンカリング効果(Anchoring Effect): 最初に得た情報に過度に依存して、後の判断を行う傾向。
  5. 自己奉仕バイアス(Self-serving Bias): 成功は自分の能力に帰し、失敗は外部要因のせいにする傾向。

認知バイアスはなぜ起こるのですか?

回答: 認知バイアスは、脳が効率的に情報を処理するためのショートカットとして機能するために起こります。

複雑な情報や状況を迅速に処理する際に、脳は以前の経験や知識に基づいて瞬時の判断を下します。

このプロセスは日常生活においては有用ですが、客観的でない判断や偏った見方を引き起こすことがあります。

認知バイアスを克服する方法はありますか?

回答: 完全に認知バイアスを克服するのは困難ですが、以下の方法で影響を軽減することができます:

  1. 自己認識: 自身の思考パターンや判断にバイアスがかかっている可能性を認識する。
  2. 情報の多角的検討: 一つの情報源に依存せず、様々な観点から情報を集める。
  3. 反対意見の検討: 自分の意見に反する情報や視点も積極的に検討する。
  4. 時間をかける: 急いで決断せず、十分な時間をかけて判断する。
  5. 第三者の意見を求める: 客観的なフィードバックや意見を他者から求める。

認知バイアスはどのような状況で特に注意すべきですか?

回答: 認知バイアスは特に、重要な意思決定を行う際や、複雑な問題を解決する場合に注意が必要です。

また、人間関係や対人評価、自己評価においてもバイアスが働きやすいため、意識的に客観性を保つことが重要です。

情報が限られている状況やストレスが高い状況では、バイアスによる影響が増大する傾向があります。

認知バイアスのスキルが活かせる職種とは?

認知バイアスに関する知識や経験を習得することは、意思決定のプロセス、人間行動の理解、コミュニケーション戦略の改善など、多様な職種で価値を提供できます。

認知バイアスは、情報を処理する際に無意識のうちに生じる偏りや先入観のことで、これを理解することは、ビジネス、心理学、マーケティング、教育、データ分析など幅広い分野で応用可能です。

以下に、認知バイアス関連のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. 行動経済学者/研究者:
    • 経済学や心理学の研究において、人々の非合理的な行動や意思決定のパターンを分析します。
    • 認知バイアスが経済行動にどのように影響するかを調査し、政策提言やビジネス戦略への応用を行います。
  2. マーケティングスペシャリスト:
    • 消費者の意思決定プロセスを理解し、認知バイアスを考慮したマーケティング戦略や広告キャンペーンを企画します。
    • 製品やサービスのプロモーションにおいて、顧客の購買行動を促進するためのテクニックを適用します。
  3. UX/UIデザイナー:
    • ユーザーエクスペリエンス(UX)の設計において、ユーザーの認知バイアスを考慮し、より直感的で使いやすいインターフェースを開発します。
    • ユーザーの注意を引き、行動を促すデザイン要素を適切に配置します。
  4. 人事・組織開発担当者:
    • 採用プロセスやパフォーマンス評価システムの設計において、認知バイアスの影響を最小限に抑える方法を実践します。
    • ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の取り組みを強化し、公平な職場環境を促進します。
  5. 心理カウンセラー/コーチ:
    • クライアントが直面する問題や課題に対する認識の偏りを指摘し、より客観的な視点からの理解や解決策を導き出します。
    • 自己認識の向上や、より健全な意思決定プロセスの発展をサポートします。
  6. データアナリスト/データサイエンティスト:
    • データ分析や統計モデリングにおいて、認知バイアスが結果に与える影響を認識し、分析の精度を高めるための対策を講じます。
    • データに基づく意思決定プロセスにおいて、バイアスを排除するための方法論を提案します。

認知バイアスに関する深い理解は、個人の行動や集団内のダイナミクスを解析し、改善するための基盤を提供します。

これにより、より公正で効果的な意思決定、コミュニケーション戦略、製品設計が可能になり、様々な業界での職務遂行において重要な役割を果たします。

まとめ

認知バイアスについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、認知バイアスがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。