【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年4月】人材育成がわかる本おすすめ3選+最新情報

「人材育成がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

人材育成について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

人材育成とは、従業員のスキルと能力を開発し、組織の目標達成に貢献するためのプロセスです。この取り組みには、専門的なトレーニング、メンタリング、継続教育が含まれ、従業員がキャリアの各段階で成長し続けることを支援します。効果的な人材育成は、モチベーションの向上、生産性の増加、そして組織全体の革新を促進します。

まずはじめに、人材育成がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • HRマネージャーや人事担当者: 従業員のスキル向上やキャリア成長をサポートするプログラムを開発・実施したい人。
  • 経営者・ビジネスオーナー: 組織の競争力を高め、従業員の才能を最大限に引き出したい人。
  • リーダーやマネージャー: 部下の育成に責任を持ち、チームのパフォーマンスを向上させたい人。
  • キャリアカウンセラー: 個人の職業的成長をサポートし、キャリア目標達成のためのアドバイスを提供したい人。
  • 教育・研修プログラムの開発者: 企業や教育機関で使用される効果的な研修教材を作成したい人。
  • 自己啓発に関心がある従業員: 自らのスキルとキャリアを積極的に発展させたい人。
  • コンサルタント: 企業に対して人材育成戦略やトレーニングプログラムの設計・実施のアドバイスを提供したい人。
  • 組織開発に関心がある専門家: 組織の能力向上を目指し、人材育成を通じて組織文化や業績改善に貢献したい人。
  • 学術研究者: 人材育成の効果や方法に関する研究を行い、その知見を深めたい人。
  • 労働政策に関わる政府関係者: 国や地域の労働市場におけるスキル向上や雇用創出のための政策を検討・実施したい人。

あなたの興味関心にあった本やオンライン講座をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

人材育成の本 おすすめ3選

人材育成がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

人材開発・組織開発コンサルティング 人と組織の「課題解決」入門:中原 淳(著)

書籍情報

中原 淳(著)ダイヤモンド社(出版社)2023/6/28(発売日)464(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

人と組織の課題解決のための7つのステップを徹底解説!

■メンバーとの信頼をいかに築くのか?
■現場のデータ収集・分析のコツとは?
■理想的な対話と決断の場をつくるには?
■現場実践の促進と評価のポイントとは?

企業の人事・教育担当者から社外コンサルタントまで必読。
人材開発・組織開発に携わるすべての人々のために編まれた「日本初の教科書」です!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

企業内人材育成入門:中原淳他ほか(著)

書籍情報

中原淳, 荒木淳子, 北村士朗, 長岡健, 橋本諭(著)ダイヤモンド社(出版社)2006/10/20(発売日)369(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

あなたの会社に人を育てる科学はありますか?

学習のメカニズム・動機づけの理論・学習環境のデザイン・研修の効果・機能するOJT・・・の基本を分かりやすく解説。

人事・教育・研修担当者、経営幹部必携の書です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

成功事例でわかる 小さな会社の「採用・育成・定着」の教科書:大園 羅文(著)

書籍情報

大園 羅文(著)日本実業出版社(出版社)2023/6/30(発売日)248(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

制約の多い中小企業が「欲しい人材を確実に採用・育成し定着させる」方法を、実例を通して解説。

自社のあるべき姿と求める人材像を明確にし、その人材を育成する教育制度とOJT計画を策定、実施。
一連の取り組みをオープンにすることで、応募者の不安を取り除き、ミスマッチの解消につなげていきます。

応募者の母集団形成(応募を増やすこと)に主眼を置く多くの類書とは一線を画した、経営者・コーポレート部門担当者必携の1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

人材育成の名著・ロングセラー本

人材育成についての名著やロングセラー本を紹介します。

若手育成の教科書 サイバーエージェント式 人が育つ「抜擢メソッド」:曽山 哲人(著)

書籍情報

曽山 哲人(著)ダイヤモンド社(出版社)2021/12/1(発売日)320(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

企業研修・勉強会に最適!
マネジャー、メンター、トレーナー必読の、若手が急成長する「最強の人材育成術」。

のべ3000人以上の採用に関わり、300人以上の管理職育成に携わったサイバーエージェントの人事部門役員による「抜擢メソッド」を初公開。
図やリストを多数収録し、現場ですぐに活用できる

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

経営ビジョンを実現し、社員一人ひとりが幸せになる 自創経営「人材育成」の仕組み:東川 広伸(著)

書籍情報

東川 広伸(著)日本実業出版社(出版社)2020/9/30(発売日)360(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

◆【自創経営】とは、過去22年間に500社以上で導入された、「自分で考え行動し、結果を出す社員」「人を育てることが出来る社員」を育成する仕組み! 

自主的に行動し結果を出す社員を増やすこと、人の育成が出来る社員を増やすことこそが、会社の業績を上げ続けることにつながり、社員自らを幸せにする。

東川広伸氏の父・鷹年氏が考案した人材育成の仕組み「自創経営」を広伸氏が発展させ、全国の自創経営導入企業で、全社員が部門経営者になる仕組みの推進を行っている。

【自創経営】は、日本経営合理化協会で22年間以上続いている看板講座の一つ。
そのノウハウを書籍で再現した価値ある一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

なぜ「若手を育てる」のは今、こんなに難しいのか 「ゆるい職場」時代の人材育成の科学:古屋 星斗(著) 

書籍情報

古屋 星斗(著) 日本経済新聞出版(出版社)2023/11/25(発売日)288(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「職場がゆるくて、成長実感がないから辞めます」
こんな社員が登場するようになった「ゆるい職場」時代、若手社員の育成はますます困難になりつつあります。

本書では独自調査とヒアリングから、Z世代の価値観の「二層化」、その不安と焦りを浮き彫りにしたうえで、心理的安全性とともに今、職場に求められる「キャリア安全性」の重要性を示唆し、若手を活躍させることのできるマネージャーに必要な9つのポイントを紹介。 

人材育成に悩む現場マネージャーにとって、今日から使える実践的な情報を提供します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

最新の人材育成の本

近日発売予定や最近発売された最新の人材育成の関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

【4月15日発売】インストラクショナルデザイン 成果から逆算する評価中心の研修設計:荒木 恵(著)

書籍情報

荒木 恵(著)プレジデント社(出版社)2024/4/15(発売日)160(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

組織のパフォーマンス改善における、 教育コンサルタントの逆算思考とは? 

事業、ひいては会社の成長に欠かせない企業内教育。 
その仕組みを変え、成果創出のPDCAを生み出す教育コンサルタントである著者が、その思考法を大公開する一冊。 
企業内教育の新たな標準を求める、 すべてのビジネスパーソンにとって、必読の書となっています。 

本書は、多くの企業が直面する人材育成の課題に対して、 研修を単なる知識伝達の手段ではなく、組織のビジネスゴールと連結させ、 その達成に向けた戦略的手段として位置づける方法論を提案するものです。 
研修設計から、なかでも特に重要となる「パフォーマンス評価」まで、 効果的な人材育成のプロセスを紹介しています。 

肝となるのは、 教育設計のフレームワークである「インストラクショナルデザイン」。 
その基本概念と実践法をわかりやすく解説するとともに、 具体的な企業事例によって効果を可視化しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【4月12日発売】業務改善とデジタル人材育成を実現する 全社員DX化計画:藤田舞(著)

書籍情報

藤田舞(著)クロスメディア・パブリッシング(出版社)2024/4/12(発売日)160(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

★日本M&Aセンター流、社員自らが動き出すDX化組織の作り方
★「Salesforce全国活用チャンピオン大会」で優勝した担当者、初の著書!
★「組織の業務改善」と「デジタル人材育成」を両立!
★5つのステップでどんな組織でもDX化が実現する!


◎「DX化」はすべての企業が取り組むべき課題なのに、実現していない企業は多く存在します。その中で、著者は未経験でDX推進を任され、試行錯誤の末「DXツールの定着化と活用」を実現するノウハウを確立しました。

◎その結果が社内外から評価され、「第10回Salesforce全国活用チャンピオン大会」の大企業部門で優勝。さらに、企業のDX支援とDX人材の育成を目的とした会社を設立。

◎本書では、著者が確立したDX化のノウハウを「理念浸透」「習慣化」「デジタルアダプション」「活用風土の醸成」「ツールの民主化」の5ステップにまとめています。

◎どうすればDX化が実現するのか? 社員が自ら動き出し、デジタルツールを使って業務改善する方法をわかりやすく解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ゼネラリストの人材育成・能力開発 メンバーシップ型雇用におけるゼネラリスト養成の課題:増田 昌幸(著)

書籍情報

増田 昌幸(著)中央経済グループパブリッシング(出版社)2024/3/25(発売日)216(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

近年批判されることの多いメンバーシップ型雇用や事務系総合職であるゼネラリスト養成の課題とは何なのか。

「職務特性」や「やりがい」を指標に定量的に分析し探究する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

アジア進出日系企業の人材育成に関する研究:鈴木 岩行(著)

書籍情報

鈴木 岩行(著)八千代出版(出版社)2024/3/25(発売日)336(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

アジアに進出した日系企業は実際にどのような経営を行い、いかなる問題に直面しているのであろうか。

日本企業が多く進出しているアジア14カ国・地域への調査を25年以上かけて行った成果をまとめる。

この調査を通じて、アジアにおける日系企業のコア人材制度の現状を明らかにするとともに、現地企業と現地国に進出している他の国の企業との比較により、日系企業の課題は何かを探る

amazon.co.jp書籍情報より引用

リスキリングが最強チームをつくる 組織をアップデートし続けるDX人材育成のすべて:柿内 秀賢(著)

書籍情報

柿内 秀賢(著)ディスカヴァー・トゥエンティワン(出版社)2024/3/22(発売日)240(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

管理職・マネジャー、必読! 
組織・チームのためのリスキリングがこれ1冊ですべてわかる! 
組織をアップデートし続ける DX人材育成のすべて


本書は、大手自動車メーカーや商社グループなど、多くの企業のリスキリングを支援してきた法人向けリスキリング支援サービス「Reskilling Camp(リスキリングキャンプ)」のメソッドをまとめた一冊。 

「リスキリングといっても何をどうすればいいか分からない」 
「DX人材を育てたいが、メンバーの変化を促すことが難しい」 
「eラーニングを導入したが、学習が継続しない」 
「通常業務で手がいっぱいで、デジタル活用へ時間を割けない」 
そういった組織のリスキリングの課題を解決し、成果を最大化するためのリスキリングのメソッドを公開しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

頭がいいだけの銀行員はもういらない 対話型人材開発のチャレンジ:江上広行ほか(著)

書籍情報

江上広行, 山口省蔵(編著)経済法令研究会(出版社)2024/3/7(発売日)208(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

未来に残したい世界をビジョンとして描き、それを実現させるための手段を、金融の存在目的とする「価値を大切にする金融」を実践するため、人材開発プログラムを実施する一般社団法人価値を大切にする金融実践者の会(JPBV)。

金融業界においては、従来から比較的知識やスキルの量的拡大を主眼とした外面の人材育成が主流の中、対話と内省を繰り返しながら、リーダーとして内面開発に主眼を置く対話型人材開発プログラムの内容・考え方に加え、金融機関に向けて「対話と実践により仲間を巻き込んでいくリーダーの育成が必須」と、これからの人材育成の再定義を提言する。

さらに同プログラムにおいて金融界の変革を担っている方々の体験談を盛り込んだ一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

公民連携白書2023~2024 PPPの人材育成:東洋大学PPP研究センター(編集)

書籍情報

東洋大学PPP研究センター(編集)時事通信社(出版社)2024/3/4(発売日)190(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「公民連携白書2023~2024」では、「PPP の人材育成」を特集する。

教育機関は地域とどのように関わり、地域社会に何をもたらしているだろうか。
また、地域は教育機関にどのような期待を持っているだろうか。

地方創生に取り組む大学の実践や、大学に対する自治体の期待などを、事例を交えながら紹介する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

自ら学び、未来に活躍する人財が育つ WPL3.0 ワークプレイスラーニングの理論と実践:森田 晃子ほか(著)

書籍情報

森田 晃子 , 野添 晃司 , 石津 茉歩 , 小久保 佳祐(著)ディスカヴァー・トゥエンティワン(出版社)2024/2/23(発売日)264(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

いつの時代も学びの90%は「職場」で得られる。
経営者から人事、現場マネージャーまで、誰もが待ち望んだ「自ら学び、未来に活躍する人財が育つ」職場学習の極意がここに。

「自分の育ってきた環境とは異なっていて、現世代の社員をどう育成したらよいか分からない…」
「人財育成に取り組んでいるが、成果に繋がっているかがわからない…」

多様化するビジネス環境の中で、職場学習を最適化し、従業員一人ひとりの能力を最大限に引き出すことは容易ではありません。
本書では、人財育成における職場学習の重要性とともに、その理論と実践法をお伝えします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

リーダーが6か月で人財育成の達人となる101のセオリー:角田 識之(著)

書籍情報

角田 識之(著)明日香出版社(出版社)2023/2/27(発売日)242(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

2025年は国難期が幕けとなります。
中小企業の3社に1社が廃業の危機に直面し、我が国の社会保障予算は限界を迎えます。
この時、若い人たちの潜在能力が重要となってきます。
そのためには今いるリーダーが彼らの潜在能力をいかに引き出して育てるかにかかってきます。
いわゆる「人財育成の達人」を育てなければなりません。

本書は、実際に「人的資本経営」を掲げ、多数の人を輝かせることに成功した著者が企業の例を挙げながら解説します。
リーダーが行うべきセオリーは101ありますが、6章に分けて順序良く解説しますので誰でも読みやすく、実践しやすくなっています。

国難の時代を乗り越えて、企業が増収増益、給料も増収入になって会社も従業員も明るい会社にしましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

全員を戦力にする人財育成術 離職を防ぎ、成長をうながす「仕組み」を作る:有本 均(著)

書籍情報

有本 均(著)ダイヤモンド社(出版社)2020/4/2(発売日)208(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

空前の人手不足が続く中、企業が「できる人財」を採用するのは困難になった。「採用した人をできる人財に育てる」ことにこそ活路がある。

著者は、サービス業界の教育機関として有名な日本マクドナルドの「ハンバーガー大学」で学長になり、ファーストリテイリングの柳井正代表取締役会長兼社長に招聘されて「ユニクロ大学」部長を務めた有本均氏。

「どんな人でもできる人財に育てる」ためには、「教育」と「評価」の両輪が必要だという。
それも、仕組みとして定着させる必要があるという。
マクドナルドでのアルバイト、店長、スーパーバイザー、統括マネジャーなどの現場経験、ハンバーガー大学などでの豊富な教育・研修実績に基づき、教育と評価を仕組み化する方法、店長教育のポイント、アルバイトのモチベーションの高め方、ほめ方やしかり方などのノウハウを余すことなく公開する。

本書では、飲食店のNATTY SWANKY(肉汁餃子製作所ダンダダン酒場を展開)、自転車小売り大手のあさひ、住宅塗装の三州ペイントの3社をケーススタディとして取り上げ、有本氏のノウハウをいかに実践してきたのかをあわせて紹介し、実践に役立つ内容となっている。

外食・小売り・サービス業界の経営層、本部スタッフ、人事担当者、店長はもちろん、アルバイトや部下の教育に悩むビジネスパーソンに広く読んでいただきたい。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ハーバード・ビジネス・レビュー HR論文ベスト11 人材育成・人事の教科書

書籍情報

ハーバード・ビジネス・レビュー編集部(編集)ダイヤモンド社(出版社)2020/8/27(発売日)280(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

HR(Human Resources、人的資源)、すなわち人材は今日、企業競争力の最大の源泉です。
事業のサービス化や、製品比重のハードからソフトへの移行、急激な技術革新、先進国企業の競争優位の変容、少子化・高齢化など、経営環境の劇的な変化を背景に、人的資源に求められるものは大きく変わっています。
しかし、実際に経営戦略において、この変化を的確に反映している企業は多くありません。
既存の人事施策を十分に見直すことなく、踏襲しているのではないでしょうか。

本書は、時代の変化を見据えた、人材の育成や、逸材を的確に活かす人事施策を展開する方法について、第一線の研究者や経営者が書いた論文を集めています。
経営者や人事部のスタッフはもちろん、事業部門のマネジャー、リーダーを目指すすべてのビジネスパーソンの必読書です。

P&G、マイクロソフト、ネットフリックス、マッキンゼー、マクドナルド、リンクトイン……強い企業が、優秀な人材を採用し、育成し、そして退職者を活かす方法を明かし、従業員のモチベーションを高め、創造性を存分に発揮させる戦略を徹底的に分析しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

人材育成によくある質問と回答

人材育成について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

人材育成とは何ですか?

回答: 人材育成とは、従業員の能力開発と成長を促進するための活動やプロセスのことを指します。

これには、研修プログラム、メンタリング、職務経験の拡大、能力開発のためのプロジェクトへの参加などが含まれます。

目的は、従業員が自らのポテンシャルを最大限に発揮し、組織の目標達成に貢献することです。

人材育成の目的は何ですか?

回答: 人材育成の主な目的は、従業員のスキルと知識を向上させ、組織内での彼らの効果性と生産性を高めることです。

これにより、従業員の仕事への満足度とモチベーションが向上し、組織全体のパフォーマンスと競争力が強化されます。

また、キャリアパスの提供を通じて従業員の長期的なキャリア成長を支援することも目的の一つです。

効果的な人材育成プログラムにはどのような要素が必要ですか?

回答: 効果的な人材育成プログラムには、明確な目標設定、従業員のニーズと組織の目標に合致したカスタマイズされたコンテンツ、実践的な学習機会、定期的なフィードバックと評価、そして成果を測定するための指標が必要です。

また、従業員の参加を促すためには、プログラムが関連性があり魅力的であることが重要です。

中小企業で人材育成を行う際の課題は何ですか?

回答: 中小企業で人材育成を行う際の課題には、限られた予算やリソース、専門的な研修を提供する人材の不足、従業員が多忙で研修への参加時間が確保しにくいこと、効果的な育成プログラムの設計と実施のためのノウハウが不足していることなどがあります。

人材育成の取り組みで従業員のモチベーションを高める方法は?

回答: 従業員のモチベーションを高めるためには、彼らが興味を持つ内容で研修を行い、キャリアアップやスキル向上に直結する実用的なプログラムを提供することが有効です。

また、従業員が自身の成長を実感できるようなフィードバックを提供し、達成した成果に対して認知や報酬を与えることも重要です。

従業員が自己実現を感じられるような育成環境を整えることが、モチベーションを高める鍵となります。

人材育成のスキルが活かせる職種とは?

人材育成に関する知識や経験は、組織の中で従業員の能力開発と成長を促進し、組織全体のパフォーマンス向上に貢献します。

この分野での専門知識を活かして担当できる仕事には、以下のようなものがあります:

  1. トレーニング&開発マネージャー:
    • 企業や組織において、従業員のトレーニングプログラムと開発イニシアチブを計画、実施、監督します。新入社員研修、スキルアップトレーニング、リーダーシップ開発プログラムなどを管理します。
  2. 人事(HR)マネージャー/スペシャリスト:
    • 人材育成戦略の策定や実行を担当し、従業員のキャリアパスと成長をサポートします。パフォーマンス管理、キャリア開発プラン、後継者計画などを含む人事関連の業務を行います。
  3. 組織開発コンサルタント:
    • 組織変革、チームビルディング、組織文化の改善を通じて、従業員と組織の成長を支援します。人材育成プログラムの設計と実施を行い、組織の効果性を高めます。
  4. コーポレートコーチ/キャリアコーチ:
    • 個人またはチームに対して、キャリア成長やパフォーマンス向上を目指したコーチングを提供します。目標設定、自己啓発、コミュニケーションスキルの向上などをサポートします。
  5. eラーニングデザイナー:
    • オンラインでのトレーニングと教育プログラムを設計し、従業員がいつでもどこでも学べる環境を提供します。インタラクティブな学習コンテンツの開発に携わります。
  6. パフォーマンス改善スペシャリスト:
    • 従業員のパフォーマンス評価を行い、成果を向上させるためのフィードバックとアクションプランを提供します。個人と組織の目標達成をサポートします。
  7. 人的資源開発(HRD)スペシャリスト:
    • 従業員のスキル開発とキャリア成長を促進するための教育プログラムやイニシアチブを策定、実施します。組織の人的資源を最大限に活用することを目指します。

人材育成の専門家は、従業員の能力を開発し、組織の競争力を高めるために重要な役割を果たします。

教育、トレーニング、キャリア開発、組織の成長といった分野でのニーズが高まっており、幅広い業界で求められています。

まとめ

人材育成について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、人材育成がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。