【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年7月】管理会計がわかる本おすすめ3選+最新情報

「管理会計がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

管理会計について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

管理会計とは、組織内の意思決定者がより効果的な計画、実行、戦略策定を行うために利用する財務・非財務情報の分析プロセスです。この会計分野は、コスト管理、予算策定、業績評価などを重視し、日常的な経営活動を支援します。外部報告よりも内部使用に特化し、リアルタイムのデータを提供して経営の効率化と利益最大化を目指します。

まずはじめに、管理会計がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本初心者向けの本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 管理職や経営者: 組織の意思決定を支援するための財務情報を理解し、活用したい人。
  • 会計専門家: 管理会計の技術や原則を深く学び、専門知識を向上させたい会計士や会計コンサルタント。
  • MBA学生や会計学を学ぶ学生: ビジネススクールや大学で管理会計の理論と実践を学びたい人。
  • 起業家・スタートアップの創業者: ビジネスの計画、予算管理、財務分析に管理会計の知識を活用したい人。
  • 中小企業のオーナー: コスト削減、利益最大化、効率的な資源配分のために管理会計の手法を知りたい人。
  • 財務・経理部門のスタッフ: 日々の業務で管理会計の原則を適用し、企業のパフォーマンス分析に貢献したい人。
  • 組織の予算担当者: 正確な予算計画とコントロールのために管理会計のアプローチを学びたい人。
  • 経営コンサルタント: クライアント企業の経営改善や戦略立案に管理会計の知識を活かしたい人。
  • 非営利組織の管理職: 資金の適切な管理と使命の達成に向けて、管理会計の技術を利用したい人。
  • プロジェクトマネージャー: プロジェクトのコスト管理やパフォーマンス評価に管理会計のツールを活用したい人。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

Amazon 本の売れ筋ランキングもチェックしてみよう!
和書総合暮らし・健康・子育て趣味・実用ビジネス・経済人文・思想社会・政治

管理会計の本 おすすめ3選

管理会計がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

基本も実務知識もこれ1冊で!  管理会計 本格入門

書籍情報

駒井 伸俊(著)ソシム(出版社)2021/3/27(発売日)328(ページ数)

数字とか管理会計と聞くと、「経理や財務の人たちに必要なスキルで関係ない」などと思われる方がいるかもしれません。
果たして本当にそれでいいのでしょうか。答えは「No」です。
管理会計的な視点を持てば、私たちがビジネス上の判断を誤る危険を減らしてくれます。

本書は、仕事で財務諸表は見たことがあるけれど、今一つ、ビジネスに活用しきれていない方や、現場からマネジメントに携わる立場に変わって、会社の数字と向き合って意思決定をしなくてはならなくなった方。
あるいは将来のビジネスリーダーとして計数的なスキルを高めたい方に向けて、実践的な会計視点を提供する、管理会計の本格的な教科書です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

図解いちばんやさしく丁寧に書いた 管理会計の本

書籍情報

今田 俊輔, 神谷 了(著)成美堂出版(出版社)2024/3/25(発売日)256(ページ数)

管理会計の基本から意思決定に役立つ使い方までを豊富な図版でビジュアル解説。

巻頭で、管理会計とはどのようなものかを「なぜ」「だれが」「いつ」「何を」「どうする」「どこで」の6つのキーワードを通して理解。

PART1~PART8では、1見開き1テーマで、実際の計算や書類の見本などの詳細をイラストを交えて説明。
さらに用語解説やコラムでより深い理解ができる。

amazon.co.jp書籍情報より引用

「管理会計の基本」がすべてわかる本[第2版]

書籍情報

金子智朗(著)秀和システム(出版社)2017/8/10(発売日)275(ページ数)

管理会計は、意思決定やCVP分析、投資の評価、コスト・マネジメントなどに使われ、ビジネスをマネジメントするのに欠かせない大事な知識です。

本書は企業研修やビジネススクールの人気講師である著者が、管理会計の基本を豊富な図版や事例を交えて、オール会話文でわかりやすく解説しました。

第2版では、「業務改善の効果」の章をあらたに加筆。
さらに補足説明や発展的解説、コラムを随所に加えました。基本が完璧にわかります!

amazon.co.jp書籍情報より引用

管理会計の名著・ロングセラー本

管理会計についての名著やロングセラー本を紹介します。

スタンダード管理会計 第2版

書籍情報

小林 啓孝, 伊藤 嘉博, 清水 孝, 長谷川 惠一(著)東洋経済新報社(出版社)2017/3/24(発売日)544(ページ数)

公認会計士試験の出題範囲改定に完全対応!
伝統的論点から最新の論点まで基礎・応用・実務のすべてを網羅

公認会計士の最新試験範囲に完全対応した改訂第2版。
基礎から実務までのそれぞれの論点について、初学者が理解できるよう入門的な理論から、実務家が参考にできるような実践にもとづく方策までを網羅する。

わが国の管理会計のテキストは数多く出版されているが、アメリカのテキストのように、初心者からビジネスマンまでを対象として幅広い領域を網羅するものはこれまで存在していない。

本書は、わが国の管理会計領域の第一人者が、学部で始めて管理会計を学ぶ者から、既存の大学院ならびにビジネススクールや会計専門職大学院など、社会人を対象とした大学院で管理会計を学ぶ学生、公認会計士受験者、さらには、実際に企業で管理会計に従事する人々が、管理会計の実務に対する問題解決をするために辞書的に活用するために企画されている。

従来のテキストのように理論一辺倒ではなく、それぞれの著者が保有している豊富なケースをもとに、数値例やケーススタディを用いて管理会計をより理解しやすいように述べるものであり、今後、長きにわたりわが国の管理会計のスタンダードとなるものとする。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

管理会計〔第七版〕

書籍情報

櫻井 通晴(著)同文舘出版(出版社)2019/2/27(発売日)956(ページ数)

日本企業の健全な発展のために管理会計の手法の有効な活用と考え方を提唱し続けるロングセラー書籍の最新版。

AIの活用、コスト・品質のマネジメント、ガバナンスコードとの関連など、新たなテーマが加わりさらに充実!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

財務3表一体理解法 「管理会計」編

書籍情報

國貞 克則(著)朝日新聞出版(出版社)2024/2/13(発売日)256(ページ数)

「財務3表」の考え方で「管理会計」を読み解くと、どうなるか。

原価計算、損益分岐、キャッシュフロー・マネジメント……。
お馴染みの会計テーマが独特の視点で解説されていく。

経営目線からの投資評価や事業再生の分析は「実践活用法」からほぼ踏襲。
まったく新しい「管理会計本」が誕生!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

初心者向けの管理会計の本

初心者向けの管理会計の本について紹介します。

マンガでわかる管理会計 はじめてでもわかる儲けのからくり

書籍情報

原 尚美(著)鎌尾 こんぶ(作画)ウェルテ(制作)オーム社(出版社)2020/6/27(発売日)200(ページ数)

経営をよくする管理会計のしくみと基本が、マンガで楽しくわかる!

本書は、父親の経営する和菓子会社の経営改善のために、会計事務所の百合先生に管理会計を学びながら奮闘する女子高生・桃ちゃんの成長を通して、管理会計を楽しく学ぶ入門書です。

管理会計とは、会社のありのままの状態を把握し、収益やコストの構造を分析することで、会社の「未来の見通し」を立てる際の拠り所となる会計です。
一方、対義となる財務会計は、会社経営の成果を振り返り、株主、債権者、投資家、取引先などの外部へ会社の財務状況を明らかにするための会計です。

経営者は、管理会計による会計情報をもとにして意思決定を行ったり、新規事業に投資したり、業績改善のための施策を講じたりします。
適正な経営の意思決定を行ったり、労務管理上の業績評価を行うためには、自社に最も適している管理会計システムを構築していく必要がありますが、どのようなシステムを構築するかは、業態により、会社により様々です。

本書は、初心者にもわかりやすい解説と記述にこだわり、売上、利益、コストなどの基礎知識から、赤字に見えるが黒字の商品の見分け方や赤字事業からの撤退のタイミングなど、実践的に学ぶことのできるようになっています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

マンガで入門! 管理会計が面白いほどわかる本

書籍情報

森岡 寛(作)紅乃 香菜(画)ダイヤモンド社(出版社)2016/11/11(発売日)344(ページ数)

自分の仕事を数字で理解し、判断できていますか?
お客様や社内の関係者に、数字の裏付けのある提案ができていますか?

売上とは、コストとは、利益とは?
固定費、変動費の違いとは?
限界利益とは、貢献利益とは?
赤字に見えて黒字の商品、黒字に見えて赤字の商品をどう見分けるか……。

これからのビジネスパーソンに求められるのは、単に自分の仕事に関する専門知識をもっているだけではなく、経営をよくする管理会計の視点を通じて「自分の仕事を数字でとらえる力」「数字で判断して、改善のための提案ができる力」ではないでしょうか。

経営を良くする会計のしくみと基本が、マンガで面白いほどわかる管理会計の入門書の決定版!

amazon.co.jp書籍情報より引用

最新の管理会計の本

近日発売予定やこれまでに発売された管理会計の関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

7月に発売される管理会計の関連書籍は見つかっていません。

トヨタ 原点回帰の管理会計〈新装版〉

書籍情報

河田 信(編著)中央経済社(出版社)2024/6/20(発売日)252(ページ数)

伝統的財務原価に欠けている「時間軸(リードタイム)」を加味した【コスト=単価×数量×時間軸】の三次元思考が、悪化する世界情勢と長期デフレを生き抜くカギである。

amazon.co.jp書籍情報より引用

イチからわかる!「会計」の基本と実践

書籍情報

梅田 泰宏(著)すばる舎(出版社)2024/6/7(発売日)256(ページ数)

どんなに時代が変わろうと、企業社会での会計の重要性は変わらない。

基礎的な知識から決算書の読み解き方、複式簿記の仕組み、会計の考え方やルール、製品戦略、管理会計やIFARSの基礎まで、現代のビジネスパーソンが知っておかなければならない知識を網羅。

わかりやすくやさしい解説と総図解で、無理なく実践的な知識を身につけられます。
新たな定番書となる1冊です。

巻末には用語解説と索引も完備しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

仕事で使える管理会計

書籍情報

土田 義憲(著)ロギカ書房(出版社)2024/3/5(発売日)240(ページ数)

管理会計は、企業会計の一分野として、頻繁に財務会計と対比して紹介されます。
管理会計は、企業の業務管理者に対して業績管理に役立つ会計情報を提供することを目的として発達してきました。
しかし、今日では、企業のみならず、中央政府や地方自治体などの公共団体、NPO法人・病院や学校などの非営利組織でも、広く利用されています。

会社は営利を目的とした人の集まりです。営利とは儲けることで、「儲ける」とはお金を増やすことです。
会社が儲けるためには、収入が支出を上回る活動をしなければなりません。

ところが、会社の活動において、計画と結果が一致しないことはしばしば起こります。
この商品は「思ったほど売れなかった」、「売れたけど儲からなかった」などです。
その場合は、売れるようにする、あるいは儲かるように工夫する必要があります。

その際に、ある活動による収入が、そのための支出を上回るか否かを考えるための情報を提供するのが管理会計です。

本書は、大学の講義、生産会社および販売会社での出来事を中心に、仕事の計画、管理、意思決定の際に利用できる管理会計のテクニックを紹介しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

SAP担当者として活躍するための ERP入門

書籍情報

久米正通 , 村上均(著)アレグス株式会社(監修)秀和システム(出版社)2024/3/1(発売日)268(ページ数)

企業の基幹業務を支える、ERP(Enterprise Resources Planning)の仕組みや機能、導入のメリット、開発の流れ、運用方法などを、SAP S/4HANAを例にして、図解イラストとともに解説する入門書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

アイデンティティ業績管理会計 組織コントロール理論の拡張と応用

書籍情報

若林 利明(著)中央経済グループパブリッシング(出版社)2024/2/26(発売日)228(ページ数)

本書は、業績管理会計の理論にアイデンティティ(帰属意識)の視点を加え、業績管理会計の機能や役割についての拡張的な理論について、数理モデルを用いて構築する研究書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

中小企業のための管理会計コンサルティング 実務と事例

書籍情報

藤本康男(著)篠田朝也(監修)東京図書出版(出版社)2023/12/20(発売日)238(ページ数)

最強のコミュニケーションツールでチーム力を最大化する!
「見える化」→「考える化」→「行動化」のサイクルで会社が活性化!

・コンサルティング実務の詳細をすべて開示
・全国各地の実践例を紹介
・経営者、経理担当者、外部専門家すべての方々が対象
・実践企業および実践者のコラム付き

amazon.co.jp書籍情報より引用

管理会計・原価計算の変革 競争力を強化する経理・財務部門の役割

書籍情報

川野 克典(著)中央経済社(出版社)2023/11/9(発売日)268(ページ数)

著者の実務経験と研究の集大成として、日本企業の管理会計・原価計算に関する現在の危機的状況を明らかにして、変革に向けた具体的な解決策と経理・財務部門の役割を提示。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

中小企業のための管理会計 理論と実践

書籍情報

藤本 康男 , 篠田 朝也(著)東京図書出版(出版社)2019/6/28(発売日)164(ページ数)

中小企業向け管理会計を導入する手順を紹介。

初めて管理会計を学ぶ人向けの理論編と会計実務担当者のための二部構成で詳細に解説。
最強のコミュニケーションツールである管理会計を、中小企業に導入するための指南書。

「見える化」→「考える化」→「行動化」のサイクルがカギ。
著者10年間の実践ノウハウが満載。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

管理会計・入門[第4版] 戦略経営のためのマネジリアル・アカウンティング

書籍情報

浅田孝, 頼誠, 鈴木研一, 中川優, 佐々木郁子(著)有斐閣(出版社)2017/5/19(発売日)428(ページ数)

よりわかりやすくなった第4版
管理会計を、事例・計算例・図表を豊富に用いて説明した好評テキスト最新版。

管理会計の基礎的な考え方を身につけ、実践への応用力を養える良書。
企業経営の現状をふまえてトピックを見直し、解説も着実な理解につなげるためのわかりやすさをさらに追求した。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

この1冊ですべてわかる 管理会計の基本

書籍情報

千賀秀信(著)日本実業出版社(出版社)2011/6/30(発売日)240(ページ数)

初めて学ぶ人のための「管理会計」の決定版!

本書は、現場で活かせる「管理会計」の基本を、たくさんの事例を交えながら紹介。

全体像のつかみづらい管理会計を、損益分岐点分析と変動損益計算書、原価管理、短期的意思決定、戦略的意思決定と、必要な内容を体系化し、この1冊で管理会計が確実につかめます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

管理会計によくある質問と回答

管理会計について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

管理会計とは何ですか?

回答: 管理会計とは、企業の内部管理者が意思決定を行うために使用する会計情報のことです。

財務会計が外部の利害関係者向けに企業の財務状況を報告するのに対し、管理会計は企業の効率性や生産性の改善、予算策定、コスト管理など、内部経営の最適化を目的としています。

管理会計はどのような情報を提供しますか?

回答: 管理会計は、コスト計算、予算計画、業績評価、財務分析、投資判断などのための情報を提供します。

これには、製品のコスト計算、部門別の利益分析、予算と実績の比較、将来の業績予測などが含まれ、経営者が戦略的な意思決定を下すのに役立ちます。

管理会計と財務会計の主な違いは何ですか?

回答: 主な違いは、報告の対象と目的です。

財務会計は主に外部の利害関係者(投資家、債権者など)に向けた企業の財務状況の報告であり、一般に受け入れられた会計原則(GAAP)に従っています。

一方、管理会計は内部の経営者向けであり、企業の意思決定支援に焦点を当てており、特定の基準に従う必要はありません。

なぜ管理会計はビジネスにとって重要なのですか?

回答: 管理会計は、コストの把握と削減、利益の最大化、資源の効率的な配分など、企業の経済的な健全性と成長を促進するために不可欠です。

正確かつタイムリーな管理会計情報は、経営者が市場の変動に迅速に対応し、戦略的な意思決定を行うのを助けます。

管理会計においてコスト計算が重要な理由は何ですか?

回答: コスト計算は、製品やサービスの実際の生産コストを正確に把握し、価格設定、利益率の分析、コスト削減の機会の特定などに不可欠です。

これにより、企業はより競争力のある価格戦略を立てることができ、利益の最大化とコスト効率の向上を図ることができます。

管理会計のスキルが活かせる職種とは?

管理会計に関する知識や経験は、組織内での意思決定支援、戦略策定、パフォーマンス管理など、経営管理のあらゆる側面で活用されます。

この分野の専門知識を持つことで担当可能な仕事には、以下のようなものがあります:

  1. 管理会計士:
    • 組織の財務計画、予算管理、コスト管理などを担当します。経営層に対して、財務データに基づく分析情報を提供し、戦略的な意思決定をサポートします。
  2. 財務アナリスト:
    • 企業の財務状況、投資案件、市場動向などを分析し、投資判断や資金調達戦略に関するアドバイスを提供します。また、予算策定や予測モデルの作成にも関わります。
  3. コストアナリスト:
    • 製品やサービスのコスト構造を分析し、コスト削減や利益率改善のための戦略を提案します。原価計算やコスト削減に関するプロジェクトを管理します。
  4. 内部監査士:
    • 組織の財務報告や経営管理プロセスの効率性、効果性、コンプライアンスを評価します。リスク管理やガバナンス構造の改善に向けた提言を行います。
  5. 予算管理者:
    • 組織の予算策定プロセスをリードし、各部門の予算計画と実績のモニタリングを行います。予算の遵守を確保し、予算超過のリスクを管理します。
  6. ビジネスコントローラー/ファイナンスマネージャー:
    • 組織の財務戦略と管理会計業務を統括します。財務報告、コスト管理、予算策定、財務分析など、広範な財務関連業務を担当します。
  7. 経営コンサルタント:
    • クライアント企業の財務状況や経営課題を診断し、改善策を提案します。管理会計の観点から、業務プロセスの最適化、コスト削減、収益性向上などのコンサルティングを提供します。

管理会計の専門知識を持つプロフェッショナルは、組織の財務健全性を維持し、成長を促進するための戦略的な分析とアドバイスを提供する重要な役割を果たします。

製造業からサービス業、公共機関まで、あらゆる業界でその能力が求められています。

まとめ

管理会計について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、管理会計がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本初心者向けの本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。