【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年4月】税務会計がわかる本おすすめ3選+最新情報

「税務会計がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

税務会計について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

税務会計とは、企業や個人が税法に基づいて正確な税金計算、申告、納税を行うための会計プロセスです。この分野は財務会計と異なり、税法の規定に従って収益や費用を調整し、税負担を合法的に最適化することが主な目的。税務会計は税務リスクを管理し、税務監査対策を強化することで、企業の財政健全性とコンプライアンスを支えます。

まずはじめに、税務会計がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 会計士および税理士: 税務申告や税務計画に関する専門知識を深めたい。
  • 会計学を学ぶ学生: 税務会計の基本原則や実務を学び、将来のキャリアに備えたい。
  • 中小企業の経営者: 企業の税負担を理解し、効果的な税務戦略を立てたい。
  • 財務・経理部門のスタッフ: 日常の業務で税務関連の知識を活用し、正確な税務処理を行いたい。
  • 個人投資家: 投資からの収益に関する税金の計算や税務戦略を理解したい。
  • フリーランサー・個人事業主: 自身の事業に関する税務の自己申告や税金対策を学びたい。
  • 税務コンサルタント: クライアントに対する税務アドバイスの質を高め、最新の税法変更に対応したい。
  • 法律専門家: 税法に関連する法律サービスを提供する際に、税務会計の知識を深めたい。
  • MBA学生: ビジネススクールで財務や会計について学び、税務会計の知識をビジネス管理に活かしたい。
  • 非営利組織の管理者:寄付や助成金の税務処理に関する知識を身につけ、組織の運営を効率化したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

税務会計の本 おすすめ3選

税務会計がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

税務会計論 15講:髙久 隆太(著)

書籍情報

髙久 隆太(著)新世社(出版社)2024/2/15(発売日)288(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

15講構成により税務会計の基礎的な概念を明快に説き明かす入門テキスト。

大学学部で税務会計論を学ぶ学生、企業や税理士事務所等で初めて税務を担当することとなった社会人に好適。

従来の税務会計論の項目に加え、租税制度や税務行政・税理士制度、近年グローバル化の進展により重要視される国際課税についても解説している。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

現代税務会計論〈第7版〉:坂本 雅士(編著)

書籍情報

坂本 雅士(編著)成道 秀雄(監修)中央経済グループパブリッシング(出版社)2024/3/18(発売日)300(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

新たな体系により、税務会計の全体像を描き出しているテキスト。

主に初学者を対象に基礎的概念や考え方を解説しているが、研究の手がかりになるコラムも充実している。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

入門 税務会計〔第4版〕:谷川 喜美江(著)

書籍情報

谷川 喜美江(著)税務経理協会(出版社)2022/1/21(発売日)108(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

会計と法人税法を結ぶ税務会計を、初めて学ぶ人のために基本項目に絞ってやさしく書かれたテキスト。

2021年度改正に対応。

amazon.co.jp書籍情報より引用

税務会計の名著・ロングセラー本

税務会計についての名著やロングセラー本を紹介します。

税務会計論の基本問題:末永 英男(著)

書籍情報

末永 英男(著)中央経済グループパブリッシング(出版社)2024/1/29(発売日)200(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

課税所得の金額計算~申告納税は、会計学の測定・伝達の機能と酷似している。

本書は税務会計論の基本となる論題を掲げ、学問上の方法論も含めて議論の再検討を行う。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

出版税務会計の要点 2024年(令和6年):日本書籍出版協会出版経理委員会(編集)

書籍情報

日本書籍出版協会出版経理委員会(編集)日本書籍出版協会(出版社)2024/2/2(発売日)56(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

出版業の特有な商慣習から発生する税務会計処理について、出版業の取引形態が税法等でどのような取扱いとなっているかについて根拠を示し、また最近の関係法令等の改正も加えて、出版税務会計の留意点としてまとめる。

amazon.co.jp書籍情報より引用

2023年度版 会計税務便覧:日本公認会計士協会東京会(編集)

書籍情報

日本公認会計士協会東京会(編集)清文社(出版社)2023/9/13(発売日)840(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

受験生から第一線の実務家まで役立つ、会計税務に必要な知識や情報をコンパクトに解説。

会社法・金商法関係・各種会計基準・法人税・所得税法等、最新の改正を織り込み。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

最新の税務会計の本

近日発売予定や最近発売された最新の税務会計の関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

【4月12日発売】SPC&匿名組合の法律・会計税務と評価 第8版:永沢徹(監修)

書籍情報

永沢徹(監修)さくら綜合事務所グループ(編著)清文社(出版社)2024/4/12(発売日)756(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

資産流動化・証券化の決定的実践書として、金融商品取引法及び資金決済法の改正、クラウドファンディングの発展とブロックチェーン技術の可能性、ESGの不動産評価など、最新の実務情報を網羅。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【4月6日発売】税務会計研究ハンドブック EBPMのための理論・実証分析序説:鈴木一水ほか(著)

書籍情報

鈴木一水, 奥田真也, 米谷健司, 田村威文, 村上裕太郎(著)同文舘出版(出版社)2024/4/6(発売日)344(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

税制が企業行動に与える影響を解明する研究に焦点を絞り、その研究上の関心、研究主題、研究方法などについて、日本および諸外国における現在の到達点と残された課題を明らかにする。

amazon.co.jp書籍情報より引用

税務調査は弁護士に相談しなさい:眞鍋 淳也(著)

書籍情報

眞鍋 淳也(著)ディスカヴァー・トゥエンティワン(出版社)2024/3/22(発売日)190(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

中小企業の経営者に知っておいてほしい、不当な課税から大事な資産を守る方法。

「税務署から連絡が来たらどうしたらいいのだろう?」
「調査に入られたら困る」
「顧問税理士の言う通りにしていいのか不安だ」

経験したことのない人にとって、税務調査はとてつもない恐怖の対象です。
税務や会計処理についての知識を有する弁護士が立ち会うことで、法的根拠を軸に税務調査官との交渉を有利に導くことができます。

本書では、弁護士・公認会計士であり、また通知税理士として多くの税務調査の現場に立ち会ってきた著者が、税務調査においてなぜ弁護士が必要なのか、弁護士・税理士・納税者それぞれの役割を説明しながらお伝えするとともに、実際にどのように税務調査に対応したらよいのか、「税務調査の戦い方」を事例とともにご紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

入門 外国人の税務 誰でもわかる国際税務・誰でもわかる確定申告:渕 香織(著)

書籍情報

渕 香織(著)阿部 行輝(監修)税務研究会出版局(出版社)2024/3/12(発売日)184(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

近年、日本に住む外国人が増えています。
彼らの税務はどのように取扱いをすべきなのか、相談を受けて対応に苦慮している税理士も多いです。

そこで本書では、これまで多くの外国人の申告業務を行ってきた著者が、業務の手順、チェックリスト、資料の収集方法・読み方等のノウハウを公開し、エピソードも交えながらわかりやすく解説。

あまり外国人の税務に携わったことがない税理士や、外国人やその家族が自身で確定申告をするときなどに役立つ内容となっています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

投資ストラクチャーの税務[十一訂版]クロスボーダー投資と匿名組合/任意組合:鬼頭 朱実ほか(著)

書籍情報

鬼頭 朱実, 箱田 晶子, 藤本 幸彦(著)税務経理協会(出版社)2024/3/4(発売日)536(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ストラクチャー設計の定番書、ついに十一訂版。

本書は、有価証券や不動産の投資のためにファンドを組成して複数の投資家を募る場合に、そのストラクチャーを設計・運用するために必要な税務について、多面的かつ網羅的に説明したものです。

2021年の十訂版の刊行以来3年ぶりとなる今回の改訂では、国際最低課税額を定めるグローバル・ミニマム課税の導入やCFC 税制の改定、また投信法上の利益概念の改正などについて投資ストラクチャーに与える影響の観点から解説を付しました。
そのほか、令和 4 年・5 年度税制改正の内容に加えて、令和 6 年度税制改正大綱の関連項目についても追記しました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

消費税の会計処理と法人税務申告調整パーフェクトガイド[第3版]:鶴田泰三(著)

書籍情報

鶴田泰三(著)清文社(出版社)2024/1/29(発売日)336(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

消費税に関する会計処理及び法人税における処理・法人税申告書における申告調整について、実用性の高いQ&Aを掲載しわかりあやすく解説。

また、免税事業者からの仕入れに係る会計処理や税額計算、経過措置についても解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

税法学・税務会計論の要点[改訂版]租税論をふまえての現代税現象の解明:濵沖 典之(編著)

書籍情報

濵沖 典之(編著)五絃舎(出版社)2022/4/15(発売日)192(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

本書は、まず税に関する学問として、租税論、税法学、税務会計論の3つの学問が扱う範囲および、それぞれの学問が他の学問を補完していることを確認し、包括的に税を捉える必要性を明らかにする。

その上で個別の税法について、各論として概要、法的規定、手続きを解説していき、税法学、税務会計論の理解を促進する構成となっている。

amazon.co.jp書籍情報より引用

非営利組織の税務会計の本

一般社団法人・一般財団法人の税務・会計Q&A[改訂版]本当に知りたかったポイントがわかる 税理士からの相談事例120:田中 義幸(著)

書籍情報

税理士から寄せられた質問を元にした具体的なQ&Aで、迷いやすいポイントをわかりやすく解説!

一般社団法人・一般財団法人について、税理士から寄せられた質問を元にした具体的なQ&Aを多数収録。
非営利型法人の選択や収益事業の判定など、実務で迷いやすいポイントをわかりやすく解説。

改訂版ではQ&Aを20問追加し、令和5年度税制改正を反映。

amazon.co.jp書籍情報より引用

非営利法人・団体と労働組合の会計と税務Q&A:協働公認会計士共同事務所ほか(著)

書籍情報

協働公認会計士共同事務所, 税務協働税理士共同事務所(著)大月書店(出版社)2013/10/10(発売日)271(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

NPO、公益法人、社会福祉法人、学校法人、労働組合など、非営利組織の会計・税務を担当する方に。

会計基準や決算書の基本から、方針を立てづらい会計・税務処理の悩みまで、これ1冊で解決。Q&Aでわかりやすくお答えします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

海外子会社の税務会計の本

これだけは押さえておこう 海外子会社管理の会計・税務・財務 ケース50:佐和 周(著)

書籍情報

佐和 周(著)中央経済社(出版社)2022/6/3(発売日)304(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

海外に子会社をもつ日本企業が海外子会社の会計、税務、財務についてチェックすべき事項を50ケース取り上げ、図解や数値例でわかりやすく解説。

不正リスクへの対応にも言及。

amazon.co.jp書籍情報より引用

M&A・組織再編の税務会計の本

M&A実務ハンドブック〈第9版〉会計・税務・企業評価と買収契約の進め方:安井 淳一郎ほか(著)

書籍情報

安井 淳一郎, 岡田 昌也, 越智 多佳子(著)中央経済グループパブリッシング(出版社)2024/2/26(発売日)548(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

事業承継の局面でM&Aの活用事例が増加。

本書は、中小企業のM&Aを念頭におき、事業再編のスキーム・会計・税務を制度の概要を整理し、手続面も含め総合的な解説を行う。

amazon.co.jp書籍情報より引用

図解+ケースでわかる M&A・組織再編の会計と税務〈第3版〉:小林 正和(著)

書籍情報

小林 正和(著)中央経済社(出版社)2021/9/8(発売日)608(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

難解なM&A・組織再編の会計・税務から、税効果会計までを132のケースで具体的に解説。

株式交付などの税制改正や企業結合適用指針の修正等をフォローした第3版。

amazon.co.jp書籍情報より引用

自己株式・ストックオプションの税務会計の本

「自己株式の実務」完全解説 法律・会計・税務のすべて:太田 達也(著)

書籍情報

太田 達也(著)税務研究会出版局(出版社)2020/10/24(発売日)204(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

本書は自己株式の総合的な解説書です。

自己株式の取得は、大企業から中小企業まで幅広く行われています。

財務指標の改善、企業組織再編における代用自己株式、株式の持合い解消手段などで活用されるほか、分散した株式の集約、ストック・オプション、納税資金の調達、事業承継対策として活用されています。

ただ、自己株式の実務については、その法務を理解・整理するとともに、会計処理と税務処理を的確に押さえて対応する必要があり、申告書においては、別表調整が必要になります。

本書では、具体的な設例を多数盛り込み、仕訳や別表の記載方法を詳しく解説しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

図解でスッキリ ストック・オプションの会計・税務入門:新日本有限責任監査法人(編集)

書籍情報

新日本有限責任監査法人(編集)中央経済社(出版社)2018/3/3(発売日)168(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ストック・オプションのしくみと会計・税務処理についてやさしく解説。

「図で理解する」コンセプトで1テーマ図解&見開きで解説。
有償新株予約権の実務対応報告もフォロー。

amazon.co.jp書籍情報より引用

税務会計によくある質問と回答

税務会計について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

税務会計とは何ですか?

回答: 税務会計とは、企業や個人が支払うべき税金の計算、申告、支払いに関連する会計のことを指します。

税法に基づいて正確な税額を計算し、適切な税務申告書を作成・提出する過程に関わる活動全般を含みます。

税務会計の目的は何ですか?

回答: 税務会計の主な目的は、税法の要件に従って企業や個人の税負担を正確に計算し、報告することです。

これにより、過払いや未払いの税金を防ぎ、税務署に対する正確な申告を保証し、税務上の遵法性を確保します。

財務会計と税務会計の違いは何ですか?

回答: 財務会計は主に外部の利害関係者向けに企業の財務状況を報告するために行われ、一般に受け入れられた会計原則(GAAP)に基づきます。

一方、税務会計は税法に基づいて行われ、企業や個人の税金の計算と申告に焦点を当てます。

財務会計と税務会計では、利益の計算方法や資産の評価方法などに違いが生じることがあります。

税務会計で重要な概念は何ですか?

回答: 税務会計では、課税所得、控除、税率、税額控除などの概念が重要です。

課税所得は税金を計算するための基礎となる所得額、控除は課税所得から差し引くことができる費用や支出、税率は課税所得に適用されるパーセンテージ、税額控除は最終的な税金から直接差し引かれる額を指します。

税務会計の節税対策とは何ですか?

回答: 節税対策とは、法律の許す範囲内で税金の負担を最小限に抑える戦略のことです。

これには、投資控除、税額控除の最大化、適切な資産の評価方法の選択、損失の繰越、適切な時期における収益の認識や費用の計上など、さまざまな手法があります。

重要なのは、これらの対策が税法に準拠していることを確認することです。

税務会計のスキルが活かせる職種とは?

税務会計に関する知識や経験は、税法の適用、税金の計算、税務申告などに関連する専門的なスキルを必要とします。

この分野での専門知識を活かして担当できる仕事には、以下のようなものがあります:

  1. 税理士:
    • 個人や企業の税務申告、税務計画、税務相談を担当します。税法の変更に常に注意を払い、クライアントが法的要件を満たしつつ、最適な税務戦略を実行できるように支援します。
  2. 会計士(特に税務分野に特化):
    • 財務諸表の作成、監査、税務申告などの会計業務全般を行います。特に税務会計に焦点を当てたサービスを提供し、企業の税務コンプライアンスと効率化をサポートします。
  3. 税務コンサルタント:
    • 税務戦略の策定、税負担の最小化、国際税務、移転価格税制の問題など、幅広い税務問題に関する専門的なアドバイスを提供します。企業が税務リスクを管理し、税務規制を遵守できるように支援します。
  4. 内部税務担当者(コーポレートタックスマネージャー):
    • 企業内で税務に関する業務を担当し、企業の税務戦略の策定と実施、税務申告、税務監査への対応、税務リスク管理などを行います。
  5. 税務監査官:
    • 政府機関や税務当局で勤務し、個人や企業の税務申告の精査、税務監査、税法遵守の確認などを行います。税務不正の調査や税務法規の適用に関わります。
  6. 税務研究員/アナリスト:
    • 税法、税務政策、経済効果などに関する研究を行います。研究機関、シンクタンク、大学などで勤務し、税務に関する知識の深化と普及に貢献します。
  7. 財務計画アドバイザー(FP&A):
    • 個人や企業クライアントに対して、税務計画を含む財務計画の策定を支援します。税効果的な投資戦略や退職計画など、税務視点を取り入れた総合的な財務アドバイスを提供します。

税務会計の専門家は、税法の複雑さを理解し、クライアントが税務上の義務を遵守し、可能な限り税負担を軽減できるように支援する重要な役割を担います。

公的機関、民間企業、独立系コンサルティングファームなど、多様な職場で求められています。

まとめ

税務会計について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、税務会計がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。