【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年7月】IRがわかる本おすすめ3選+最新情報

「IRがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

IR(インベスター・リレーションズ)について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

IR(Investor Relations)とは、企業が投資家や株主に対して行う情報提供やコミュニケーション活動のことです。これにより、企業の財務状況、経営戦略、業績などを透明に伝え、投資家の理解と信頼を得ることを目指します。IR活動は、資金調達や株価の安定に重要な役割を果たします。

まずはじめに、IRがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 企業経営者・役員:投資家との関係を強化し、企業価値を向上させるための戦略を学びたい。
  • IR担当者:投資家向けのコミュニケーションやプレゼンテーションのスキルを向上させたい。
  • CFO(最高財務責任者):資本市場の理解を深め、効果的な財務戦略を立案したい。
  • 広報担当者:企業の財務情報を適切に発信し、投資家の信頼を得る方法を学びたい。
  • 金融アナリスト:企業のIR活動を分析し、投資判断の参考にしたい。
  • 投資家・機関投資家:企業のIR活動を通じて、投資先企業の情報を正確に把握したい。
  • コンサルタント:クライアント企業に対して、IR戦略や実践に関する助言を提供したい。
  • 法律専門家:IRに関連する法規制やコンプライアンスの知識を深め、企業をサポートしたい。
  • 学生・研究者:IRの理論や実践を学び、将来のキャリアに備えたい。
  • 一般のビジネスパーソン:企業のIR活動の重要性を理解し、ビジネスの知識を広げたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

Amazon 本の売れ筋ランキングもチェックしてみよう!
和書総合暮らし・健康・子育て趣味・実用ビジネス・経済人文・思想社会・政治

IR(インベスター・リレーションズ)の本 おすすめ3選

IRがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

この1冊ですべてわかる IRの基本

書籍情報

浜辺 真紀子(著)日本実業出版社(出版社)2023/12/25(発売日)288(ページ数)

企業と投資家をつなぐ「IR」。

IR部門に突然異動となった、上場を考えている…「何から手を付けて良いかわからない」という方のお悩みに応える、「IRの基本」がすべてわかる本。
この1冊でゼロから応用編まで網羅。

「IRってそもそも何?」「機関投資家や個人株主との向き合い方は?」「ESGとは?」「投資家とどんな話をするべき?」誰もが持つ疑問に、20年以上IRに携わってきた著者が答える決定版。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

投資家をつかむIR取材対応のスキルとテクニック

書籍情報

板倉 正幸(著)中央経済社(出版社)2023/12/18(発売日)176(ページ数)

元日東電工IR担当経験を踏まえ、取材アレンジ、実践、取材後対応など、普遍的なIR戦術を解説。

現IRコンサルタントとしてのマル秘的社内外コミュニケーションテクも開示。

amazon.co.jp書籍情報より引用

IR戦略の実務

書籍情報

高辻成彦(著)日本能率協会マネジメントセンター(出版社)2020/3/20(発売日)204(ページ数)

IRの重要性は年々増しているが、個々の上場企業の情報開示の取り組みをみると千差万別、IRのノウハウに乏しいのが現状である。

また、社内からはIRの取り組みが理解されにくく、経営者もIRの必要性は認識しながらも、方法論が見出せずにいることが往々にしてある。

そこで、IRオフィサーとして所属会社のIR優良企業特別賞受賞に貢献し、現在はアナリストとして四半期で60社以上もの企業を取材し、多くの企業のIRの課題に接している筆者が、企業価値向上のためのIRの基本について、より良いあり方を一冊にまとめた。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

IRの名著・ロングセラー本

IRについての名著やロングセラー本を紹介します。

IRベーシックブック IRオフィサーのための基礎情報 2023-24年版

書籍情報

佐藤淑子(監修)一般社団法人 日本IR協議会(編集)日本経済新聞出版(出版社)2023/9/20(発売日)240(ページ数)

日本で唯一の民間非営利団体で「日本のIR活動の情報センター」が集約したIRの現状、動向、データの最新保存版。

大きなトレンドから細かい手順まで、包括的・具体的にIRの姿を浮き彫りにする構成。

IRオフィサーが知っておくべき重点課題や法令・制度などの基本情報、IR実態調査結果などによる現況と見通し、実務上の留意点と多様な企業事例、資本市場の評価が高い企業の特徴、IRオフィサーに役立つデータ集を掲載。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

IRの成功戦略

書籍情報

佐藤淑子(著)日本経済新聞出版(出版社)2015/4/1(発売日)219(ページ数)

株主との対話による企業価値向上の実際
日本版スチュワードシップ・コード、コーポレートガバナンス・コードにも対応

・本書は、企業が投資家に対し、投資判断に必要な企業情報を適時に、継続して提供するIR(インベスター・リレーションズ)の基本と実際、課題など包括的に解説します。

・投資家との積極的な対話をうながす日本版スチュワードシップ・コードや、コーポレートガバナンス・コードの導入をきっかけに、IRの重要性はこれまでになく増しています。

・企業価値向上の手段としてIRに取り組む企業の実例をふんだんに盛り込みました。

・著者は、日本IR協議会の事務局長・首席研究員を務める第一人者です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

新版 イチから知る!  IR実務

書籍情報

米山 徹幸(著)日刊工業新聞社(出版社)2020/3/25(発売日)240(ページ数)

多くの欧米企業は、日本企業の今後のIR展開を先取りした文字通り「IR実学」を実践している。

本書はそうした事例を多数紹介するとともに、準備リストや週・月次業務レポートのほか有価証券報告書や統合報告書作成のポイントなど企業のIR活動の全容を詳述する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のIRの本

近日発売予定やこれまでに発売されたIRの関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

7月に発売されるIRの関連書籍は見つかっていません。

PBR革命 ESGも情報開示も価値に変える新しい経営の指標

書籍情報

半澤 智(著)日経BP(出版社)2024/5/9(発売日)256(ページ数)

「上場失格」「退任せよ」――。
経営者が、投資家や株主に迫られている。
東京証券取引所が上場企業にPBR(株価純資産倍率)の改善を要請し、PBRが経営者を評価する物差しになってきた。

本書は、PBRとは何かを分かりやすく解説し、企業のPBRを向上させる方法を紹介する。
「日経ESG」の専門記者が経営者に迫り、PBR向上に奮闘する企業事例を多数掲載。
PBRが変えていく日本企業の未来を見通す。

PBR・株価・企業価値を上げたいと考える経営者に、そのノウハウを伝授。
投資家や株主を納得させるPBR向上法が身につく、経営者のバイブルとなる1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

アクティビスト対応の実務

書籍情報

鈴木 紀子, 宮地 真紀子, 原山 真紀(著)中央経済社(出版社)2024/4/11(発売日)176(ページ数)

昨今増えているアクティビスト。

本書では平時から有事までの4つのフェーズごとに、その具体的な対応を解説すると共に、ターゲットにならないための活動ポイントにも言及。

amazon.co.jp書籍情報より引用

資本市場に向けた人的資本開示

書籍情報

株式会社大和総研(編著)金融財政事情研究会(出版社)2024/3/11(発売日)200(ページ数)

◆なぜ近年人的資本を巡る議論が活発になっているのか。
その背景を理解するため、人的資本とは何かを改めて整理するとともに、これまでの経緯を振り返る。

◆人的資本開示が重要とされるようになった背景を紐解き、同制度について詳細に解説。
2023年3月期の有価証券報告書において実際に行われた開示の動向を分析、そして人的資本に関する取組みが企業パフォーマンスにどのような影響を与えるのかを考察する。

◆国立研究開発法人産業技術総合研究所と株式会社大和総研の連名で公表した企業価値と人的資本の投資の関係についてまとめた論文も一部加筆・修正のうえ紹介する。

◆「人的資本開示」について一から知りたい方から、一定の知識を持っている方まで、企業開示実務に関わるすべての人にとって最適な書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

図解 人的資本経営 50の問いに答えるだけで「理想の組織」が実現できる

書籍情報

岡田 幸士(著)ディスカヴァー・トゥエンティワン(出版社)2024/1/26(発売日)360(ページ数)

・「人的資本経営」とは何か? 
・自分の会社は、どこまで「人的資本経営」ができているのか? 
・「人的資本の開示」とは、具体的に何をすればいいのか? 

経営者、人事部門担当者、現場マネージャーが知っておくべき必須知識 
組織と人を考えるうえで今注目の「人的資本経営」が1冊でわかる!


2023年3月期決算以降、上場企業に対して 情報開示が義務化されたことで注目されている「人的資本経営」。 

本書は人的資本経営について、経営者から人事担当者、現場マネジャーまで、 「人的資本経営の全体像」と「自社への適用の仕方」が誰でも平易に理解できるよう [50の問い+フレーム+具体的な事例]をもとに解説していきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

投資家をファンに変える「株主ケア」

書籍情報

デービッド・スノーディ(著)アスコム(出版社)2023/9/28(発売日)192(ページ数)

日本の上場企業の半数が「PBR1倍割れ=価値破壊会社」!
その根本的原因は「株主ケア」の欠如だった。

投資家を増やし、企業価値を高める「株主ケア」の具体策を解説。

・なぜ日本の株式市場は海外投資家から軽視されるのか?
・株価の「ボラティリティが高い」という大問題
・無配政策の大きなデメリット
・データが示す株主優待のすごい付加価値
・「自社株買い」のベストなタイミングとは
など

ソロス・ファンド・マネジメントの東京オフィス代表、タイガー・マネジメントの東京オフィスマネージングディレクターなどを務めてきた日本株投資のレジェンド、初の著書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

「株主との対話」ガイドブック

書籍情報

浜辺真紀子(著)中央経済社(出版社)2023/3/29(発売日)176(ページ数)

CGコードでも要請される「株主との対話」。

本書では対話相手のターゲティングから情報開示の考え方、ESGの基本事項、面談の実践と海外投資家対応まで解説。
社内IRの進め方にも言及。

amazon.co.jp書籍情報より引用

私とIR IRの今までの、これから

書籍情報

近藤 一仁, 平田 茂邦, 長井 進(著)株式会社プログレス(出版社)2022/1/31(発売日)312(ページ数)

わが国におけるIR(インベスター・リレーションズ)の歴史と現状をIRに精通した筆者が、豊富な体験・知識から整理し、IRのあるべき未来像を描いた注目の書。

期待される企業のIRとして、「独自のIR&SR戦略で株主の質を高めるカゴメ」と「独自の経営戦略で企業価値wp高めるピジョン」の二つのケーススタディを紹介。

また、就職活動におけるIR情報活用の心得など、実用書としても活用できる1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

実践 海外投資家に向けた IR・SR対応

書籍情報

松本史雄, 若杉政寛, 井上 肇, 初瀬 貴, 鈴木修平, 宮川 拓(著)中央経済社(出版社)2021/3/25(発売日)216(ページ数)

海外投資家に向けた効果的かつ多角的なIR・SR対応について、証券会社の視点、事業会社の視点、信託銀行の視点、弁護士の視点(有事・平時のリスク対応の視点)で解説する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

楽天IR戦記 「株を買ってもらえる会社」のつくり方

書籍情報

市川 祐子(著)日経BP(出版社)2019/6/13(発売日)304(ページ数)

見えない未来を信じ、変革を続ける企業には、株式を活用した資金調達が欠かせない。
「株を買ってもらう」ことこそが株式市場との対話の目的と信じ、約12年にわたり、楽天のIR(インベスター・リレーションズ)の看板を背負った実務家の記録であり、物語。

楽天初のIR専任者として著者が転職して3日目、楽天はTBS株取得を発表。
取得費用の借金返済のための公募増資(株による資金調達)に巻き込まれ、調達に成功するも半年も経たずにライブドアショックで株価が半分となり、「ひとりIR」で修羅場を経験。

楽天の企業価値創造の仕組みを「楽天経済圏」と名付け、投資家との対話に取り組む著者に、金融事業に否定的な株式市場、震災、東証一部への市場変更などが待ち受ける。

前回公募から9年後、グローバル化した楽天のさらなる挑戦のため、チームで海外・国内の投資家からの資金調達を図る。

特別編として、コーポレートガバナンス・コード策定の起点となった経済産業省の企業報告ラボや、スチュワードシップ研究会でのエピソードを交えた「コーポレートガバナンス・コードと資本コスト」を収録。

「資本にコストがある」とはどのようなことか、企業の経営・財務・IRに従事する者は何を意識すべきか、ガバナンス改革の先にあるものは何か、平易な言葉で問いかける。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ヤフージャパン 市場との対話 20年間で時価総額50億円を3兆円に成長させたヤフーの戦略

書籍情報

浜辺真紀子(著)徳間書店(出版社)2018/7/26(発売日)317(ページ数)

20年でベンチャーから大企業へと変貌をとげたヤフー。
成功の理由の一端は、株式市場との対話にあった! 

ヤフーは、2016年に設立20周年を迎えた。環境が激変する現代、しかも栄枯盛衰が激しいインターネットの世界で20年成長し続ける企業は、世界的に見ても稀有な存在だ。
何が、その成長を促してきたのか。

複数の要因に加え、1997年に株式公開したことがヤフーの成長に大きく寄与した。
日本初のインターネット企業として株式公開し、公募価格70万円に対して上場初値は200万円。2000年には1株1億6000万円となるまで、その価値は上昇した。
上昇し続ける株価についての一連の報道を通じて、「ヤフー」の名前は日本国民に広く知られることになったが、株式公開はヤフーという企業やサービスの宣伝に役立っただけではない。
株式市場との対話がヤフーの経営に大きな影響を与えてきた。

本書の筆者は2000年から17年間、ヤフーのIR担当責任者として、成長し続ける企業「ヤフー」経営陣と株式市場の間を取り持ってきた。
経営陣が株式市場と建設的かつ継続的に対話できるよう、また改善するよう注力してきた。

大株主である米国ヤフーやソフトバンクとの関係、Yahoo! BB事業における事業形態と投資家の反応、ソフトバンクIDCやイー・アクセスの買収……。

本書では、日本のインターネットの礎を築くためにヤフーが行ってきたさまざまな事業展開の傍ら、株式市場と当時どのように対話したのか、その取り組みが市場にどのように受け止められたかについて具体的な事例を挙げながら説明している。
また、当時の経営陣がどのような想いを持って事業を進めてきたのか、何を目指していたのか、IR担当責任者の眼を通じてその姿が描かれている。

amazon.co.jp書籍情報より引用

投資家の理解と共感を獲得する IR(インベスター・リレーションズ)

書籍情報

和出 憲一郎(著)産業編集センター(出版社)2011/3/18(発売日)206(ページ数)

長引く不況、氾濫する情報、多様化する価値観――。
いま、企業経営における広報の役割がますます重要になりつつあります。
そこで、企業広報を体系的に理解でき、さらに企業広報活動の重要なテーマごとに知識とスキルが習得できるシリーズ「企業広報ブック」を刊行します。

第4巻は投資家向けの広報である「IR(インベスター・リレーションズ)」に特化した1冊。
ディスクロージャー(制度的情報開示)のための仕事が増える中、IRの本来の役割と効能を見直し、これからのIRを解説。
経営者、IR担当担当者におくる経営目線のIR指南書です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

IRによくある質問と回答

IRについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

IRとは何ですか?

回答: IR(Investor Relations)とは、企業が投資家や金融アナリスト、株主などの金融市場の関係者とのコミュニケーションを行うための活動です。

企業情報の透明性を高め、信頼関係を築くことを目的としています。

IRの主な目的は何ですか?

回答: IRの主な目的は、企業価値の適正な評価を促し、投資家からの信頼を得ることです。

これにより、株価の安定や資本市場からの資金調達をスムーズに行うための環境を整えることができます。

IR活動にはどのようなものがありますか?

回答: IR活動には、四半期ごとの決算発表、年次報告書の公開、株主総会の開催、投資家向け説明会、ワンオンワンミーティング、IRウェブサイトの運営などがあります。

これらはすべて、投資家に対して企業情報を明確かつ適時に提供するための手段です。

IR活動の法的な要件には何がありますか?

回答: IR活動においては、企業は金融商品取引法などの関連法規に基づき、財務諸表の開示や重要な経営情報の適時開示(TDnetを通じた開示など)が義務付けられています。

これに違反すると、法的なペナルティが課されることがあります。

IRとPR(Public Relations)の違いは何ですか?

回答: IR(Investor Relations)は投資家や金融市場の専門家に対して行われる情報提供活動ですが、PR(Public Relations)は一般の消費者や社会全体を対象にした広報活動です。

PRは企業のブランドイメージや製品の認知度向上に焦点を当てるのに対し、IRは企業の財務健全性や将来性を伝えることに重点を置いています。

IRのスキルが活かせる職種とは?

IR(Investor Relations)に関する知識や経験を習得することは、企業と投資家とのコミュニケーションを効果的に管理し、企業の価値を最大化する役割を担う上で重要です。

以下は、IRの知識や経験を活かして担当できる具体的な仕事の例です:

  1. IRマネージャー/IRスペシャリスト:
    • 投資家に対する情報提供やコミュニケーションを担当します。四半期決算の発表、投資家説明会の開催、年次報告書の作成などを行います。
  2. ファイナンシャルアナリスト:
    • 企業の財務状況や業績を分析し、投資家向けにレポートを作成します。企業の財務データを基に、投資判断の材料を提供します。
  3. 企業広報担当:
    • IR活動の一環として、メディアやパブリックリレーションズ活動を行います。企業のブランドイメージ向上を目指し、広報戦略を策定します。
  4. 経営企画担当:
    • 経営陣と連携し、企業の成長戦略や事業計画を策定します。投資家に対して企業のビジョンや戦略を明確に伝える役割を果たします。
  5. コーポレートファイナンス担当:
    • 企業の資金調達やM&A活動を支援します。投資家とのコミュニケーションを通じて、資金調達や投資戦略を実行します。
  6. ESG(環境・社会・ガバナンス)担当:
    • 企業のESG活動を推進し、投資家に対してESG情報を提供します。ESGレポートの作成やESG関連のイベントの企画・実施を行います。
  7. 投資家イベントコーディネーター:
    • 投資家説明会、アナリストブリーフィング、ロードショーなどのイベントを企画・運営します。投資家との対話を通じて企業の魅力を伝えます。
  8. アセットマネージャー/ファンドマネージャー:
    • 投資家の視点から企業の財務状況を分析し、投資判断を行います。投資ポートフォリオの管理やリスク分析を担当します。
  9. コンサルタント:
    • 企業に対してIR戦略の立案・実行支援を提供します。効果的なIR活動を通じて、企業価値の向上をサポートします。
  10. マーケットコミュニケーションズ担当:
    • 市場や投資家の動向を分析し、企業のマーケット戦略を策定します。投資家とのコミュニケーションを通じて、企業の市場ポジションを強化します。
  11. 会計士/監査人:
    • 企業の財務報告や監査業務に関わり、投資家に対する透明性の高い情報提供を支援します。財務データの正確性を保証し、投資家の信頼を獲得します。
  12. リサーチアナリスト:
    • 投資銀行や証券会社で企業調査を行い、投資家向けに分析レポートを提供します。企業の財務状況や市場動向を評価します。

IRに関する知識や経験は、企業と投資家との信頼関係を構築し、企業の財務状況や戦略を正確かつ効果的に伝えるために重要です。

このスキルを活かして、企業の価値向上や投資家の満足度向上に貢献するさまざまな役割を担当することができます。

まとめ

IRについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、IRがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。