【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年4月】財務会計がわかる本おすすめ3選+最新情報

「財務会計がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

財務会計について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

財務会計とは、企業の財務状況や結果を正確に測定し、外部の利害関係者(投資家、債権者、規制機関)に情報を提供するためのシステムです。この会計分野では、バランスシート、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表を作成し、一般に受け入れられた会計原則(GAAPまたは国際財務報告基準)に基づいて運用されます。財務会計は透明性を保ち、企業の信用と責任を維持するために不可欠です。

まずはじめに、財務会計がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 会計学を学ぶ学生: 基本的な会計原則や財務報告の作成方法を学びたい。
  • 会計士および会計専門家: 最新の財務会計基準や実践技術を習得し、専門知識を更新したい。
  • 中小企業の経営者: 自社の財務状況を理解し、効果的な財務戦略を立てたい。
  • 投資家: 企業の財務諸表を解析し、投資判断のための情報を得たい。
  • 財務・経理部門のスタッフ: 日々の業務で財務報告書の作成や解析を行い、企業経営に貢献したい。
  • MBA学生: ビジネススクールで財務会計の知識を深め、将来のキャリアに活かしたい。
  • 経営コンサルタント: クライアント企業の財務状態を評価し、経営改善のアドバイスを提供したい。
  • 非営利組織の財務担当者: 寄付金の管理や組織の財務健全性の報告に財務会計の知識を活用したい。
  • 起業家・スタートアップの創業者: 事業計画の策定や資金調達の際に必要な財務会計の基礎を学びたい。
  • キャリアチェンジを考えている人: 会計や財務分野への転職を目指し、基本から学び直したい。

あなたの興味関心にあった本やオンライン講座をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

財務会計の本 おすすめ3選

財務会計がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

【新発売】財務会計講義〈第25版〉:桜井 久勝(著)

書籍情報

桜井 久勝(著)中央経済グループパブリッシング(出版社)2024/3/25(発売日)464(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

財務会計の全体像を解説した大定番テキスト。

学部学生やビジネスパーソンに、絶大な支持を得ている。

また、公認会計士・税理士試験等の資格試験の基本書にも最適。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

財務会計・入門〔第17版〕 企業活動を描き出す会計情報とその活用法:桜井 久勝, 須田 一幸(著)

書籍情報

桜井 久勝, 須田 一幸(著) 有斐閣(出版社)2024/3/18(発売日)312(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

企業が営む主要な活動に焦点を当て、財務諸表の作成プロセスを平明に解説し、変貌する財務会計の最新情報を盛り込んで好評を博してきたテキストの最新版。

データを最新にして、新しい動向を踏まえた内容を盛り込んで、理解がいっそう深まるように工夫。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

【新発売】スタンダードテキスト財務会計論I 基本論点編〈第17版〉:佐藤信彦ほか(編著)

書籍情報

佐藤信彦, 河﨑照行, 齋藤真哉, 柴健次, 高須教夫, 松本敏史(編著)中央経済グループパブリッシング(出版社)2024/4/11(発売日)550(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

現在最も詳しい財務会計のテキスト。

I(基本論点編)では、財務会計の基礎概念とともに、個別財務諸表(貸借対照表、損益計算書、CF計算書等)の各論点について詳述。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

財務会計の名著・ロングセラー本

財務会計についての名著やロングセラー本を紹介します。

コンパクト財務会計〈第2版〉クイズでつける読む力:小栗 崇資(著)

書籍情報

小栗 崇資(著)中央経済グループパブリッシング(出版社)2024/3/7(発売日)200(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

各章冒頭で、エッセンスがつまったクイズを出題。

その答えや出題の意図を考えながら学習することで、より深く財務会計を理解できる。

財務諸表を「読む力」がつくテキスト。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

財務会計のファンダメンタルズ:山本 達司(著)

書籍情報

山本 達司(著)中央経済グループパブリッシング(出版社)2023/8/29(発売日)420(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「ある経済事象に対し、なぜその会計処理を選択するのか?」を多数の設例をまじえて理論的根拠を解説。

学部生、大学院生、日商1級、会計士、税理士受験生に有益なテキスト。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

財務会計の重要論点:桜井 久勝(著)

書籍情報

桜井 久勝(著)税務経理協会(出版社)2019/4/1(発売日)226(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

税経通信」の好評連載を書籍化。

財務諸表がより深く理解できるよう、理念・基礎理論まで遡り解説した基本書

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新の財務会計の本

近日発売予定や最近発売された最新の財務会計の関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

【4月30日発売】新財務会計学[第6版]:伊藤 秀俊(著)

書籍情報

伊藤 秀俊(著)創成社(出版社)2024/4/30(発売日)384(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

新財務会計学[第6版]

amazon.co.jp書籍情報より引用

【4月11日発売】スタンダードテキスト財務会計論II 応用論点編〈第17版〉:佐藤信彦ほか(編著)

書籍情報

佐藤信彦, 河﨑照行, 齋藤真哉, 柴健次, 高須教夫, 松本敏史(編著)中央経済グループパブリッシング(出版社)2024/4/11(発売日)542(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

現在最も詳しい財務会計のテキスト。

IIでは、金融商品、デリバティブ、リース、減損、研究開発・ソフトウェア、退職給付、新株予約権等、法人税等、連結、外貨を詳述。

amazon.co.jp書籍情報より引用

経理の一流、二流、三流:石川 和男(著)

書籍情報

石川 和男(著)明日香出版社(出版社)2024/3/13(発売日)240(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

□新時代の、経理へ。

ただ仕訳入力しているだけでは、経理ソフトにとって代わられる経理部員。
高い経理実務スキルに加え、財務的、経営的視点をもって効率よく働き、他部署とうまく連携し、まとめ、数字全般を分析し、経営者に提言できる、スーパー経理パーソンになるための1冊です!

著者は、民間企業の経理担当、税理士、講師という3つの視点から、経理職の展望について分かりやすく解説できる唯一の人です。

自身が「三流」の、仕事もできず上司のイヌの散歩を強いられるようなブラックな建設会社の新入り経理部員の立場から一念発起して簿記の勉強を始め、経理の仕事を根底から理解し、会社を動かす経理に育ち、そして簿記を教える講師として、経営に伴走する税理士として、日々、脳に汗して東奔西走しています。

ふだんパッと華やかではありませんが、会社を動かす裏方として控えるイメージの経理の方々が、もっと前に出て、会社を動かす活躍をしてもらえるように、渾身の力をこめて、書きました。

がんばれ、経理!プロフェッショナルに、なろう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

中小企業決算の透明性と信頼性 改善に向けた実証・理論・実務研究:越智 信仁(著)

書籍情報

越智 信仁(著)同文舘出版(出版社)2024/3/1(発売日)288(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

金融機関と中小企業との良好な関係を維持・強化していく上で、中小企業の財務報告の透明性・信頼性は重要視される。

アンケート調査を軸に関連制度や運用実態を多面的に考察する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

自治体財務会計の基礎 地方自治・実務入門シリーズ:提中 富和(著)

書籍情報

提中 富和(著)北村 喜宣, 山口 道昭, 出石 稔(編集)有斐閣(出版社)2023/11/27(発売日)366(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

長年にわたり自治体行政の実務に携わってきた著者が、法律や条例の根拠条文に立ち返り、その行間に込められた趣旨・目的を読み解きながら、自治体財務会計の仕組みを丁寧に解説する。

基礎知識を習得しつつ、財務会計の民主主義的思考力を磨く。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

米国財務会計基準の実務〈第13版〉:長谷川 茂男(著)

書籍情報

長谷川 茂男(著)中央経済グループパブリッシング(出版社)2023/11/9(発売日)1264(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

膨大な米国会計基準を主要な論点ごとに体系的に解説。

第13版では企業結合-ジョイント・ベンチャーの形成等2023年9月30日までの基準改訂をフォロー。IFRSとの比較も明示。

amazon.co.jp書籍情報より引用

財務会計入門[第6版]:田中建二(著)

書籍情報

田中建二(著)中央経済社(出版社)2021/2/27(発売日)276(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

財務会計の基礎知識を目的とするテキスト。

図表、設例、仕訳を豊富に盛り込んでわかりやすく解説しています。

第6版は収益認識基準、時価算定基準等の制度改正をフォロー。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社編集者ポスト

財務会計によくある質問と回答

財務会計について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

財務会計とは何ですか?

回答: 財務会計とは、企業が外部の利害関係者(投資家、債権者、規制機関など)に対して、その財務状況、業績、キャッシュフローを定期的に報告するための会計の一分野です。

これには、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表の作成が含まれます。

財務会計の主な目的は何ですか?

回答: 財務会計の主な目的は、正確かつ公正な財務諸表を作成し、企業の財務状況や業績を明確に伝えることにより、外部の利害関係者が適切な経済的意思決定を行えるようにすることです。

これにより、投資や貸付、規制への対応などに関する情報ニーズに応えます。

財務会計と管理会計の違いは何ですか?

回答: 財務会計は外部の利害関係者向けに企業の財務情報を報告するのに対し、管理会計は企業の内部管理者が経営判断を行うための情報を提供します。

財務会計は一般に受け入れられた会計原則に従いますが、管理会計は特定の基準に拘束されず、組織の特定のニーズに合わせて柔軟に情報を提供します。

財務会計情報を提供する主な財務諸表は何ですか?

回答: 財務会計情報を提供する主な財務諸表には、貸借対照表(バランスシート)、損益計算書(収益と費用の報告)、キャッシュフロー計算書(現金の流入と流出の報告)、株主資本変動表(株主資本の変動を報告)などがあります。

これらの諸表は、企業の財務状況と業績を総合的に把握するための基本的なツールです。

財務会計で使用される基本原則は何ですか?

回答: 財務会計で使用される基本原則には、歴史的原価原則、継続企業の前提、一貫性の原則、慎重性の原則、発生主義会計、完全性の原則などがあります。

これらの原則は、財務諸表が正確で公正、かつ一貫した情報を提供するための基盤を形成しています。

財務会計のスキルが活かせる職種とは?

財務会計に関する知識や経験は、組織の財務状況を正確に把握し、外部に報告するために重要です。

この分野の専門知識を活かして担当できる仕事には、以下のようなものがあります:

  1. 会計士:
    • 企業や個人のために、財務諸表の作成、税務申告、監査業務などを行います。会計基準に準拠した正確な財務情報の提供を通じて、クライアントの財務透明性と信頼性を保証します。
  2. 監査士:
    • 企業の財務諸表が財務報告基準に従って正確に作成されているかを評価する監査業務を行います。内部監査と外部監査の両方で活動し、企業の財務報告の信頼性を高めます。
  3. 財務アナリスト:
    • 企業の財務状況、収益性、キャッシュフローなどを分析し、経営層への報告や投資判断に関するアドバイスを提供します。財務分析を通じて、将来の財務計画や予算策定に貢献します。
  4. 財務マネージャー/コントローラー:
    • 企業の財務戦略の策定と実行、財務管理プロセスの監督を行います。資金管理、予算策定、財務報告、リスク管理などを担当し、組織の財務健全性を確保します。
  5. 税理士:
    • 税務申告、税務計画、税務相談サービスを提供します。財務会計の知識を活かして、個人や企業が適切な税務対策を行えるよう支援します。
  6. 会計情報システムスペシャリスト:
    • 会計情報システムの設計、実装、管理を担当します。財務会計のプロセスを効率化し、正確な財務報告を支援するITソリューションを提供します。
  7. 会計教育者:
    • 大学や専門学校で会計学を教えます。学生に財務会計の基礎から応用までの知識を伝え、次世代の会計専門家を育成します。

財務会計に関する知識や経験を持つプロフェッショナルは、組織の財務透明性と信頼性の確保に不可欠であり、多様な業界で重要な役割を果たします。

正確な財務情報の提供は、投資家、クレジット供与者、その他のステークホルダーに対する信頼を築く上で基盤となります。

まとめ

財務会計について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、財務会計がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。