【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年7月】経済安全保障がわかる本おすすめ3選+最新情報

「経済安全保障がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

経済安全保障について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

経済安全保障(Economic Security)とは、国家や個人が経済的な脅威や不確実性から保護され、安定した経済環境を維持することを指します。これには、サプライチェーンの強化、エネルギー自給、技術の独立、金融システムの安定などが含まれます。経済安全保障は、国家の繁栄と国民の生活の質を支える重要な要素です。

まずはじめに、経済安全保障がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 政策立案者・政府関係者:国家の経済安全保障に関する政策を策定し、実施するための知識を深めたい。
  • 経済学者・研究者:経済安全保障の理論や実践を研究し、学術的な知見を広めたい。
  • 企業経営者・マネージャー:企業の経済安全保障リスクを理解し、適切な対策を講じたい。
  • 安全保障専門家:経済と安全保障の交差点についての理解を深め、総合的な安全保障戦略を構築したい。
  • 国際関係専門家:国際経済の安全保障上の課題とその影響を理解し、国際関係の分析に役立てたい。
  • 金融業界のプロフェッショナル:金融システムの安全性や経済的リスクに関する知識を得たい。
  • 法務専門家:経済安全保障に関連する法的枠組みや規制を理解し、企業や政府のクライアントに助言したい。
  • ジャーナリスト・メディア関係者:経済安全保障の問題を報道し、一般市民に理解を促したい。
  • 大学生・大学院生:経済安全保障の概念や具体的な事例を学び、将来のキャリアに備えたい。
  • 市民活動家・NGOメンバー:経済安全保障に関連する社会的課題を理解し、政策提言や啓発活動に活かしたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

Amazon 本の売れ筋ランキングもチェックしてみよう!
和書総合暮らし・健康・子育て趣味・実用ビジネス・経済人文・思想社会・政治

経済安全保障の本 おすすめ3選

経済安全保障がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

【新発売】日本の経済安全保障 国家国民を守る黄金律

書籍情報

高市早苗(著)飛鳥新社(出版社)2024/7/8(発売日)360(ページ数)

高市早苗経済安全保障担当大臣、完全書下ろし!
現職の大臣がここまで書いた覚悟の一冊!

増税なんて100%必要ない! 日本のとてつもない底力!
全ビジネスマン必読!日本企業は世界で大活躍できる!
チャイナリスクの実態を正しく理解せよ!

amazon.co.jp書籍情報より引用

経済安全保障と技術優位

書籍情報

鈴木 一人 , 西脇 修(編集)勁草書房(出版社)2023/8/21(発売日)272(ページ数)

2022年5月に可決された経済安全保障推進法により新たなステージに入った日本の経済安全保障と技術優位性確保の重要性を論じる。

米中の技術覇権を巡る問題の本質や、先端技術が経済安全保障・安全保障にもたらす意味、経済・技術安全保障を確保していく国際枠組みのあり方、経済安全保障と国際通商秩序の両立のあり方、米国や中国の経済安全保障戦略、技術流出防止の観点から行われている研究インテグリティに関する国際的な議論の動向などを取り上げる。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

経済安全保障とは何か

書籍情報

:国際文化会館地経学研究所(編)東洋経済新報社(出版社)2024/5/15(発売日)278(ページ数)

船橋 洋一/鈴木 一人/細谷 雄一/神保 謙/村井 純/柴田 なるみ/相良 祥之/大矢 伸/尾上 定正/富樫 真理子/越野 結花。
各分野における第一人者・気鋭の研究者を結集!

新冷戦下における米中・日米・日中関係、デジタル・サイバー、エネルギー、健康・医療、生産・技術基盤。
そのベースとなる「経済安全保障」のかたちとは。

論点を整理し、日本がとるべき国家戦略について分析・提言。
東洋経済オンライン連載をもとに大幅改稿・加筆。

amazon.co.jp書籍情報より引用

経済安全保障の名著・ロングセラー本

経済安全保障についての名著やロングセラー本を紹介します。

【新発売】日本企業のための経済安全保障

書籍情報

布施 哲(著)PHP研究所(出版社)2024/6/18(発売日)272(ページ数)

経済安全保障とは何だろうか。
日本企業にとっての経済安全保障の出発点は、米中競争を背景にアメリカや中国、欧州が繰り出す輸出規制や制裁・関税措置などがもたらすリスクを抑えることにある。

本書ではさらに一歩進み、企業が経済安全保障をコンプライアンス(法令順守)に加えて事業チャンスに転換させる「攻めの経済安全保障」を考える。経済安保や地政学に関心がありながらも、何をどう理解したらよいか分からない人に、見通しとアクションをもたらす1冊。

著者はテレビ局、インターネット企業を経て現在はNECグループのシンクタンクで働き、ビジネスとパブリックマインドの両立という課題に取り組む。
日本を変えたいと思う日本人に、本書の経済安保を通じた意識改革と協働を呼びかけるメッセージが届くことを願う。

amazon.co.jp書籍情報より引用

経済安全保障の深層 課題克服の12の論点

書籍情報

玉井克哉 , 兼原信克(編著)日本経済新聞出版(出版社)2023/12/23(発売日)308(ページ数)

【戦後日本のタブーを超えて、リアルな課題を的確に解説】

敗戦後、経済と軍事が完全に遮断されてきた日本。
経済安全保障はこの遮断の克服を迫っている――。

防衛省、防衛装備庁、経済産業省、警察庁、公安調査庁、さらに、防衛産業、商社と幅広い背景の専門家が参加し、軍事、宇宙、技術流出規制、防衛産業育成、武器輸出、秘密特許、学術界との関係、サイバー、インテリジェンス、米国の動向など、多角的に経済安全保障問題を捉え、改革を提言。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

企業法務のための経済安全保障入門

書籍情報

大川 信太郎(著)中央経済社(出版社)2023/3/16(発売日)305(ページ数)

経済安全保障に関する政策や法整備の急速な進展に対応した法務的目線における企業対応を解説。

関連法制立案に行政官及び弁護士として携わってきた著者がわかりやすく記載。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新の経済安全保障の本

近日発売予定やこれまでに発売された経済安全保障の関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

【7月31日発売】経済安全保障と国際法

書籍情報

中谷 和弘(著)信山社(出版社)2024/7/31(発売日)248(ページ数)

★経済安全保障をめぐる諸課題を国際法の観点から考察★

経済制裁、外資規制、安全保障輸出管理、経済サイバー諜報、エネルギー・食料安全保障など、幅広く関係する重要テーマを1冊にまとめる。

国家により引き起こされる重大な国際法違反や、力による現状変更の地政学的リスクが高まっている現代国際社会において必読の書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

続・経済安全保障 安全保障のための経済手段

書籍情報

長谷川将規(著)日本経済評論社(出版社)2024/6/20(発売日)250(ページ数)

貿易、援助、半導体、デジタル通貨、レアアース……。

多種多様な経済リソースが戦略的に「武器化」する時代に、中国と地域諸国の「経済安全保障」闘争を俯瞰的に分析する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

北欧、幸福の安全保障 スウェーデン・フィンランドの選択

書籍情報

近藤 浩一(著)水曜社(出版社)2024/5/24(発売日)240(ページ数)

NATO加盟で変わること、変わらないこと。
見えるもの、見えないもの ー 北欧社会の深層。

スウェーデン在勤12年、妻はフィンランド人、警察官からITスペシャリストへ異例の転身を遂げた著者の第2弾!

豊かな社会と手厚い福祉で知られるスウェーデンとフィンランドは、ウクライナ戦争で長年の中立政策からNATO加盟という大転換に至った。
国家安全保障環境が激変する中、暮らしと社会はどう変わるのか。

amazon.co.jp書籍情報より引用

金融システム監査の要点

書籍情報

大野博堂(著)経済法令研究会(出版社)2024/5/15(発売日)344(ページ数)

金融機関の内部監査関係者 注目!!
金融システム監査の業務、その高度化に必要な視点論点を網羅的に解説

「ITガバナンス」その本質を捉えよ
金融機関のシステム監査に携わるすべての人へ―――

金融機関のシステム障害発生防止の砦となるチェックポイントを一挙紹介!
実務の考え方と進め方がわかる、内部監査担当者必携の一冊

amazon.co.jp書籍情報より引用

半導体逆転戦略 日本復活に必要な経営を問う

書籍情報

長内 厚(著)日経BP(出版社)2024/4/3(発売日)248(ページ数)

【数を追わない経営では勝ち目はない】
日本の半導体産業はなぜ凋落し、その復権には何が必要なのか。

本書は、技術信仰に縛られた日本企業の実態、技術で勝ってビジネスで負けてきた歴史、数を追わないことの問題点などを明らかにし、韓国、台湾になぜ逆転を許したのかについても的確に分析。

ラピダスよりもJASMが日本の転機となるかもしれないなどの大胆な考えも示す復活のための経営戦略指南書。

日本の半導体産業が抱える課題を、日本企業が陥りやすい技術論ではなく、ビジネスとしての成功を目指す経営学的な見地から解き明かす。
生き残るために必要な経営転換策が満載の本。

amazon.co.jp書籍情報より引用

日本の大逆襲 経済、防衛の超大国へ

書籍情報

杉山 徹宗(著)ワニブックス(出版社)2024/4/1(発売日)352(ページ数)

やっぱり日本の技術・人材は素晴らしい
日本の技術力が経済力と防衛力を世界一にする!

退官自衛官活用、情報省、科学省創設、新物流(宇宙、海洋)、など著者独自の様々な提言!
日本の大逆転を可能にする書籍

今持つ資源で日本、大復活!!

amazon.co.jp書籍情報より引用

日本の食料安全保障と国際環境 国・企業・消費者の視点から

書籍情報

八木 浩平, 野口 敬夫, 林 瑞穂(編著)筑波書房(出版社)2024/3/25(発売日)334(ページ数)

安定的に食料を確保するかは、日本が食料の自給力を高めることが食料安全保障上最も有効かつ必要な方策となるが、それらを補完する手段として、いかに安定的に食料を輸入するかという課題の検討も求められる。

本書は、国・企業・消費者といった多様なステークホルダーの視点から整理した書籍である。

amazon.co.jp書籍情報より引用

武器化する経済 アメリカはいかにして世界経済を脅しの道具にしたのか

書籍情報

ヘンリー・ファレル , アブラハム・ニューマン(著)野中香方子(翻訳)鈴木一人(解説)日経BP(出版社)2024/3/7(発売日)344(ページ数)

対中半導体輸出規制など、ますます進む「経済の武器化」の行方は?

本書が明らかにしているのは、国際社会における「パワー」とは、単に軍事力や経済力といった目に見えるものだけでなく、通信ネットワークを管理する力、規制を他国に押し付ける力、通貨をコントロールする力である。

こうした目に見えない権力は、ともすれば見落とされがちだが、本書は、そうした目に見えない力こそが地政学・地経学的なパワーとなっていることを余すところなく示している。

グローバルな文脈では、米中対立が取りざたされ、中国の追い上げによって米国の圧倒的な軍事力や経済力が失われつつあるが、それでもなお米国がグローバルな超大国として君臨し続けられるのはなぜなのか、ということを本書はつまびらかにしている。

その意味で、本書は、現代における米国の地経学的パワーを再確認し、それを高く評価しつつ、そのパワーを永続的に発揮するための国際秩序のあり方を示している。
(日本語版解説「『武器化した経済』での戦いの勝者は誰か?」より)

amazon.co.jp書籍情報より引用

新領域安全保障 サイバー・宇宙・無人兵器をめぐる法的課題

書籍情報

笹川平和財団新領域研究会(編集)ウェッジ(出版社)2024/1/9(発売日)388(ページ数)

◎10人の賢人による2年に及ぶ議論の集大成!
サイバー・宇宙・無人兵器によってもたらされた新しい戦争の形とは?
自衛隊はそれに適応できるのか? 緊急提言!

世界で相次ぐ戦争の中で、熾烈なサイバー攻撃や、作戦遂行に欠かせぬ宇宙の人工衛星、戦場を飛び交う無人機やドローンといった「新しい戦争の形」

が浮き彫りになりつつある。台湾有事の危機が高まる中、それは将来の日本が直面する戦場の現実である。
しかし、現在の国内法・国際法の議論は、そうした戦場の急速な変化に追いつけていない。

自衛隊幹部OB、法学者、弁護士などからなる「新領域研究会」(座長・佐藤謙元防衛事務次官)は、そうした論点について2年に及ぶ議論を交わし、各メンバーがサイバー・宇宙・無人兵器をめぐる様々な法的課題を分析。
日本の安全保障の鍵を握る「新領域安全保障」の姿を探った。

amazon.co.jp書籍情報より引用

アジアの経済安全保障 新しいパワーゲームの構図

書籍情報

伊集院敦 , 日本経済研究センター(編著)日本経済新聞出版(出版社)2023/6/15(発売日)248(ページ数)

【生き残りをかけた知恵の戦い】

米国主導「戦時」の半導体戦略、中国のデカップリング対応と軍民融合発展戦略、外交孤立の台湾の選択、メガFTA掛け持ちのASEAN、アジア・ゼロエミッション共同体構想――。

本書は、東アジアの各国・地域のほか、西側陣営をリードする米国や「グローバルサウス(南半球を中心とした途上国)」の一角として発言力を強めるインドの動向を調査し、戦略物資の半導体をめぐる攻防や地域エネルギー安保の問題も分析。

分断を超えてどのような経済安保戦略を構築すべきかを問う。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

経済安全保障と先端・重要技術 実践論

書籍情報

風木 淳(著)信山社(出版社)2023/4/30(発売日)124(ページ数)

話題のテーマを、第一線の実務で活躍する著者が解説
領域や技術ごとのケース・スタディを通じた実践論

実務に精通し、第一線で活躍する著者が、米国、中国、欧州及び日本の政策動向を俯瞰し、1冊にまとめた貴重な書。

世界経済と安全保障をめぐる動きが一層激しくなってきた今、研究やビジネス、学習に幅広く有用の書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

経済安全保障によくある質問と回答

経済安全保障について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

経済安全保障とは何ですか?

回答: 経済安全保障とは、国家が経済的な脅威やリスクから国民の安全と経済の安定を守るために行う一連の政策や措置を指します。

これには国内産業の保護、サプライチェーンの確保、敵対的な経済活動からの防御などが含まれます。

なぜ経済安全保障が重要なのですか?

回答: 経済安全保障は、国の安定と発展に不可欠です。

経済が不安定だと、雇用や生活水準に直接的な影響が出るだけでなく、国家の主権や安全保障にも悪影響を及ぼす可能性があるため、経済的なリスクを適切に管理することが重要です。

経済安全保障に関する主な懸念事項は何ですか?

回答: 経済安全保障の懸念事項には、エネルギー供給の安定性、重要インフラの保護、サイバーセキュリティ、外国による戦略的産業の買収、供給網の脆弱性などがあります。

これらはすべて、国の経済や安全に直接的な影響を与える重要な要素です。

サプライチェーンが経済安全保障にどのように関連しているのですか?

回答: サプライチェーンは製品の生産から消費者への配送に至るまでの一連の流れです。

このチェーンが外部の影響で中断すると、国内の産業活動が停滞し、経済全体に大きな打撃を与える可能性があります。

そのため、サプライチェーンの安定性と弾力性を高めることは経済安全保障の重要な側面です。

経済安全保障における政府の役割は何ですか?

回答: 政府は経済安全保障を確保するために重要な役割を果たします。

これには法律や規制の制定、戦略的産業の支援、外国投資の監視、国内資源の保護、国際的な貿易交渉の運営などが含まれます。

政府は国民と国家の利益を守るためにこれらの政策を策定し、実施します。

経済安全保障のスキルが活かせる職種とは?

経済安全保障に関する知識や経験を習得することは、国家の経済的安定や国際関係の管理に関するさまざまな職務で役立ちます。

経済安全保障は、国家や企業が経済的脅威から守るための戦略や政策を策定・実施するための重要な分野です。

以下に、経済安全保障の知識や経験を活かして担当できる具体的な仕事の例を挙げます:

  1. 政府機関のアナリスト/政策アドバイザー:
    • 経済安全保障に関連する政策の策定、評価、実施を支援します。経済制裁、貿易政策、投資規制など、国家の経済的利益を守るための戦略を提案します。
  2. 国際関係アナリスト:
    • 国際的な経済関係や地政学的リスクを分析し、国家や企業にアドバイスを提供します。グローバルな経済安全保障に影響を与える動向をモニタリングします。
  3. サイバーセキュリティスペシャリスト:
    • 経済安全保障の観点から、重要なインフラや企業のサイバーセキュリティ対策を強化します。サイバー攻撃による経済的被害を防ぐための戦略を策定します。
  4. リスクマネジメントコンサルタント:
    • 企業の経済安全保障リスクを評価し、リスク管理戦略を提案します。供給チェーンの安全性、企業のレピュテーションリスク、地政学的リスクなどを管理します。
  5. 国際貿易スペシャリスト:
    • 貿易政策や国際貿易協定に関する知識を活かし、経済安全保障に関する問題を解決します。輸出入規制、関税、貿易制裁などに関するアドバイスを提供します。
  6. 金融機関のリスクアナリスト:
    • 経済安全保障に関連する金融リスクを評価し、金融機関のリスク管理を支援します。国際的な金融規制や制裁措置に対応するための戦略を策定します。
  7. エネルギーセキュリティアナリスト:
    • エネルギー資源の安全保障に関する研究と分析を行います。エネルギー供給の安定性や依存リスクを評価し、エネルギー政策の策定を支援します。
  8. インテリジェンスアナリスト:
    • 経済安全保障に関連するインテリジェンス情報を収集、分析し、政府や企業に報告します。経済的脅威やリスクに関する情報を提供します。
  9. 国際機関の職員:
    • 経済安全保障に関する国際協力や政策調整を担当します。国際連合、世界銀行、国際通貨基金などの国際機関で働き、グローバルな経済安全保障を推進します。
  10. アカデミックリサーチャー/教授:
    • 経済安全保障に関する研究を行い、大学や研究機関で教鞭を取ります。学術論文の執筆や講義を通じて、次世代の専門家を育成します。
  11. 企業のコンプライアンスオフィサー:
    • 経済安全保障に関する法規制や基準に従うためのコンプライアンスプログラムを設計・実施します。企業の活動が法律に準拠していることを確認します。
  12. シンクタンクのリサーチアナリスト:
    • 経済安全保障に関する政策研究を行い、政府や企業に政策提言を行います。リサーチペーパーや政策報告書を作成し、情報を提供します。

経済安全保障の知識と経験は、国家や企業の経済的利益を守るための戦略的な意思決定を支援する上で不可欠です。

これにより、国内外の経済的安定と安全を維持するための重要な役割を果たすことができます。

まとめ

経済安全保障について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、経済安全保障がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。