【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年2月】地政学がわかる本おすすめ3選+最新情報

「地政学がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

地政学について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

まずはじめに、地政学がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 国際関係の学生:グローバルな政治、経済、軍事的な動向を理解し分析したい。
  • 政治学者:国家間の力学や国際政治の背景にある地政学的要因を研究したい。
  • ビジネスプロフェッショナル:国際市場におけるビジネス戦略を地政学的視点で考察したい。
  • 政策立案者:国家の安全保障や外交政策を策定する際の地政学的考慮を学びたい。
  • 軍事アナリスト:地政学的な要因が軍事戦略に及ぼす影響を理解したい。
  • ジャーナリスト:国際ニュースや紛争に関する報道に深みを加えたい。
  • 歴史研究者:歴史的な出来事を地政学の観点から分析し、現在に関連付けたい。
  • 経済学者:世界経済における国々の地政学的役割と影響を研究したい。
  • 環境科学者:地政学が環境問題や資源競争に与える影響を探求したい。
  • 自己啓発に関心がある一般読者:世界情勢をより深く理解するために地政学について学びたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

地政学の本 おすすめ3選

地政学がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

【新発売】地図でスッと頭に入る地政学:鈴木 達人(監修)

書籍情報

鈴木 達人(監修)昭文社(出版社)2024/1/26(発売日)144(ページ数)

なぜロシアはウクライナに侵攻したのか?中国が台湾統一を望む理由、ミサイルを発射し続ける北朝鮮、次の成長国はどこ?「グローバル・サウス」の共通点とは?アメリカの中東離れのきっかけとなったシェール革命、米中半導体戦争の最前線に立つ台湾、中国の「新地図」に怒り心頭な周辺国…などなど、世界を揺るがす国際情勢や経済事情、紛争と諸問題のエポックのなかから地理的要因のあるテーマを選び、地図や図解をつかって地政学的にひも解いた一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

Amazonでみる

地政学が最強の教養である 「圧倒的教養」が身につく、たった1つの学問:田村 耕太郎(著)

書籍情報

田村 耕太郎(著)SBクリエイティブ(出版社)2023/1/6(発売日)352(ページ数)

●地政学1つで、“圧倒的教養”が身につく 

あらゆる教養の中で、地政学こそが「最強の教養」である――。 
その威力は、一般に言われている「世界情勢がわかるようになる」だけにとどまらない。 

「地政学が最強な理由」を挙げたらキリがないほどだが、その際たる例が「“圧倒的教養”が身につく」点だ。 
経済学、哲学、歴史学、宗教学、文化人類学、政治学、地理学……。地政学にはあらゆる学問が詰まっている。地政学を学ぶということは、同時にそれらすべての学問の知見を一気に身につけるに等しいのだ。 

いま世界のビジネスエリートたちが、こぞって地政学を学んでいる。 
それはなぜか? 
まさしく、「地政学が最強の教養である」ことに気付いているからだ。 

日本、アメリカ、中国からロシア、アジア、中東、欧州まで。 
基本も最新情報も、地政学を全網羅。 

ビジネスエリートになるための入門書、登場!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

サクッとわかる ビジネス教養  地政学:奥山真司(監修)

書籍情報

奥山真司(監修)新生出版社(出版社)2020/6/13(発売日)159(ページ数)

AmazonのAudible(オーディブル)聴き放題で体験できる書籍です。

急速にグローバル化が進んでいる時代。だからこそ、ビジネスの現場では世界情勢を知らなければなりません。世界情勢を理解し、話をするには「地政学」が必須です!

本書は「特別な図解を見るだけで、地政学の会話・説明ができる」ようになります!

防衛省の幹部候補生に地政学を教えている、地政学の第一人者「奥山真司」先生が伝授!

本書は、文字中心のテキストを読むのは億劫。もっと手軽に地政学のことを知りたい。それも上辺だけの理解ではなく、きちんと会話・説明ができるようになりたい! という方にぴったりの一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

地政学の名著・ロングセラー本

地政学についての名著やロングセラー本を、発売日が新しい順に紹介します。

13歳からの地政学 カイゾクとの地球儀航海:田中 孝幸(著)

書籍情報

田中 孝幸(著)東洋経済新報社(出版社)2022/2/25(発売日)246(ページ数)

子どもも大人も知っておきたい「世界のしくみ」! 

「地政学」がわかれば、歴史問題の本質/ニュースの裏側/国同士のかけひき…が見えてくる!

高校生・中学生の兄妹と年齢不詳の男「カイゾク」との会話を通じて、「地政学」が楽しくわかりやすく学べる一冊

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

Amazonでみる

90枚のイラストで 世界がわかる はじめての地政学:いつかやる社長(著)

書籍情報

いつかやる社長(著)ika(イラスト)飛鳥新社(出版社)2022/11/22(発売日)240(ページ数)

【「世界情勢を、超かんたんに教えて!」の声に答えました】

【チャンネル42万人! 大人気のYouTuberが教える「世界のこと」】
「おもしろいのに、ちゃんとした内容で勉強になる」と小中学生や新社会人からも絶大な信頼を得て、登録者42万人登録!

大人気の歴史系YouTuberいつかやる社長が「いま世界で起こっていること」「これからの世界と日本はどうなるか」を90枚のイラストでわかりやすくまとめました。

日本は柴犬、アメリカはライオン、中国はパンダ、ロシアは白クマ!
とってもかわいい動物キャラで、世界のことが超楽しくわかる1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

経済で読み解く地政学:上念 司(著)

書籍情報

上念 司(著)扶桑社(出版社)2023/7/30(発売日)240(ページ数)

AmazonのAudible(オーディブル)聴き放題で体験できる書籍です。

大転換期を迎えた世界の構造が丸わかり!

ロシアのウクライナ侵略、中国の台湾有事、巧妙化するサイバー戦争、大インフレ時代の到来……

日本復興のシナリオがここに!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

Amazonでみる

地政学 地理と戦略:コリン・S・グレイほか(著)

書籍情報

コリン・S・グレイ, ジェフリー・スローン(編著)奥山 真司(訳, 解説)五月書房新社(出版社)2021/12/10(発売日)520(ページ数)

日本を担う国家のリーダーたちへ
「日本の国家安全保障は大丈夫なのか?」
本書には 、きっとなんらかのヒントがある。

地政学の原点。幻の名著。ついに完全版が復刊! 
奥山真司 完訳
「古典地政学」から「批判地政学」へ

本書は「戦略学系の地政学研究の論文集」という日本ではまったく紹介されたことのない、かなり珍しいジャンルの本である。(奥山真司談)

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

地政学入門 改版 外交戦略の政治学:曽村保信(著)

書籍情報

曽村保信(著)中央公論新社(出版社)2017/7/19(発売日)226(ページ数)

地政学とは地球全体を常に一つの単位と見て、その動向をリアル・タイムでつかみ、そこから現在の政策に必要な判断の材料を引き出そうとする学問である。従来、誤解されがちな観念論でも宿命論でもない。

本書は現代の地政学の開祖マッキンダー、ドイツ地政学を代表するハウスホーファー、そしてマハンらによるアメリカ地政学を取り上げ、その歴史と考え方を紹介する。地図と地球儀を傍らに、激動の国際関係を読み解こう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

世界史で学べ!地政学:茂木誠(著)

書籍情報

茂木誠(著)祥伝社(出版社)2019/4/12(発売日)335(ページ数)

国際政治はランドパワー(大陸国家)とシーパワー(海洋国家)のせめぎあい

「地政学」を使えば、世界の歴史と国際状況の今がスパッ! とよくわかる
アメリカは「島」、ヨーロッパは「半島」


世界を9ブロックに分けて、わかりやすく解説! 
●覇権国アメリカの時代は2050年に終わる
●悪魔に変貌した中国が目指す海洋進出戦略
●朝鮮半島─侵略され続けた国家の宿命
●インドの台頭は世界をどう変えるのか
●アフリカの大地で行なわれた米ソの代理戦争とは……


禁じられた学問「地政学」が今こそ必要な理由

地政学(ジオポリティクス)は、リアリズムの一つです。
国家間の対立を、地理的条件から説明するものです。
国境を接していれば、領土紛争や移民問題が必ず発生する。
だから隣国同士は潜在的な敵だ、という考え方です。
敗戦後の日本では地政学の研究自体が禁じられ、タブー視されました。
代わりに理想主義史観が幅をきかせることになったのです。
こういったお花畑歴史観、世界観を正すために、地政学は有効です。(プロローグより)

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

最新の地政学の本

近日発売予定や最近発売された最新の地政学の本を、発売日が新しい順に紹介します。

【2月15日発売】2030 半導体の地政学(増補版) 戦略物資を支配するのは誰か:太田泰彦(著)

書籍情報

ベストセラーになった『2030 半導体の地政学』が2021年末に刊行された後、半導体をめぐる世界のパワーゲームは一段と激しい動きを見せています。
わずか2年の間にロシアのウクライナ侵攻が勃発。台湾海峡をめぐる米中の軍事衝突の現実味が高まり、イスラエルとアラブ武装勢力ハマスとの衝突が世界を震撼させました。

日増しにきな臭くなる国際情勢の中で、各国は国家の存亡をかけて半導体の争奪戦を繰り広げています。

なりふり構わず台湾、韓国の企業を囲い込む米国。経済制裁で追い込まれて国内生産に走り出す中国。
そして日本では台湾積体電路製造(TSMC)の熊本工場の建設が驚異的なスピードで進み、次世代チップの開発を目指し新会社ラピダス(Rapidus)が電光石火の如く設立されました。

半導体をめぐり世界の裂け目が広がっています。その先に現れるのは、いったいどんな世界なのでしょう……。
増補版では、2023年末に至るまでの国際情勢を踏まえて大幅に加筆、修正。
理科系出身で国際報道の最前線に立つジャーナリストの著者が、世界地図の解像度を高めて半導体の地政学を読み解きます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

図解 いちばんやさしい 地政学の本 激動の世界 最新版:沢辺 有司(著)

書籍情報

沢辺 有司(著)彩図社(出版社)2024/1/23(発売日)256(ページ数)

「地政学」とは、地図をもとにその国の政治や軍事を考えていく学問です。軍事理論でもあるため、戦後の日本では封印されていました。

地理というのは、時代が変わっても変わりません。ですから、変わらない地理をもとにすることで、それぞれの国や地域がとる戦略というのは自ずと決まってくる、と考えられます。となると、いくら世界情勢が混沌としてきても、その国がとるべき一貫した正しい戦略があるはずだ、となります。地政学ではこう考えるわけです。

混沌として先の見えない時代です。だからこそ、普遍的な知である地政学的視点をもつことが大切です。それによって、より自信をもって世界と向き合うことができるはずです。 (「はじめに」より)

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

イラストでサクッと理解 流れが見えてくる 地政学図鑑:神野正史(監修)

書籍情報

神野正史(監修)ナツメ社(出版社)2024/1/18(発売日)192(ページ数)

好評の横長ワイド判の「流れが見えてくる図鑑」シリーズに地政学が登場!

混迷を深める国際情勢の理解に欠かせない地政学が初歩から学べます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

「歴史」と「地政学」で読みとく 日本・中国・台湾の知られざる関係史:内藤博文(著)

書籍情報

2024年1月に総統選が行われる台湾。中国の台湾侵攻が現実味を帯び、日本人の台湾への関心が高まっている中、「歴史的に台湾はどこが領有してきたのか」「日本と中国と台湾はどんな関係にあったのか」「台湾が親日の国なのはなぜなのか」…

そんな疑問を解きほぐしつつ、おもに16世紀以降の日本と中国と台湾の関連史をわかりやすく解説する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

小麦の地政学 世界を動かす戦略物資:セバスティアン・アビス(著)

書籍情報

セバスティアン・アビス(著)児玉 しおり(翻訳)原書房(出版社)2023/12/19(発売日)280(ページ数)

新型コロナやウクライナ戦争で明らかなように、小麦は世界の食料安全保障の要ともいえる。

世界中で消費量が増え続けているうえに、輸出国は限られている。

世界の主要生産国間の力関係、大量輸入に頼る国々の脆弱さを明らかにする。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

ヴィジュアル版 ラルース 新・地図で見る国際関係 現代の地政学:イヴ・ラコスト(著)

書籍情報

イヴ・ラコスト(著)猪口 孝(監修)大塚 宏子(翻訳)原書房(出版社)2023/11/27(発売日)224(ページ数)

おもに近年の地政学的大変化を反映したこの新版で、現代の主要な争点に対する独自のアプローチを提案。

世界のさまざまな地域の縮尺の異なる地図を重ねおきするという有名なディアトープをさらに進化させ、それぞれの現象を互いに関連づけながら鋭く分析している。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

ウクライナの地政学:エマニュエル・アルマンドン(著)

書籍情報

エマニュエル・アルマンドン(著)村松 恭平(翻訳)白水社(出版社)2023/10/26(発売日)142(ページ数)

本書は、1991年のソビエト崩壊以降、ウクライナが維持してきた二つの主要パートナーであるEUとロシアとの関係推移を中心に、現在のウクライナが置かれている状況を理解するための手がかりを解説する。

歴代大統領がEUやロシアに向けて採った政策とその反応、オレンジ革命やユーロマイダンといった国内の問題、クリミア併合やドンバス地方におけるロシアとの緊張状態など、ウクライナの外交政策に影響を与えた重要な段階を、世論調査・社会学的調査によるウクライナの声とともに描く。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

地政学倶楽部へようこそ! 漫画と小説でわかる地政学入門:平良隆久(著)

書籍情報

漫画と小説で楽しく読める地政学入門 

ミヤビはアメリカからやってきた転校生。とある事情から高校の「地政学倶楽部」に入部することに。
そこで展開するのはクイズ研究会との「地政学クイズ対決」と、3Dメタバースを使った、時空を超えてリアルに地政学を学ぶ異色の体験。
部員のカケルとワタルと切磋琢磨しながら、ミヤビは地政学の神髄を学んでいく。

【編集担当からのおすすめ情報】 
現代の混迷する国際政治や国際紛争を紐解くには、地政学的視点が必須です。本書では高校生達の活躍をエンターテインメント小説として読みながら、地政学の本質を基礎から学べる1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

ドラえもん社会ワールド 世界がわかる地政学:藤子・F・不二雄(まんが)

書籍情報

藤子・F・不二雄(まんが)藤子プロ, 出口治明(監修)小学館(出版社)2023/10/18(発売日)196(ページ数)

世界のしくみがすっきりわかる!

ドラえもんのまんがと記事で楽しく学べる、累計500万部突破の「ドラえもんワールド」シリーズに、話題の「地政学」が登場!
ドラえもんのまんがとともに、親しみやすく、わかりやすく学べる唯一の「地政学」本です。

監修者は、世界史や教養、地政学の著書があり、現代の知の巨人とも称される、立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明さんです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

世界の取扱説明書 理解する/予測する/行動する/保護する:ジャック・アタリ(著)

書籍情報

ジャック・アタリ(著)林 昌宏(翻訳)プレジデント社(出版社)2023/10/17(発売日)272(ページ数)

世界を本当に動かしているのは誰なのか。
人類は地球では暮らせなくなるのだろうか。 
格差社会と富の偏重は不可避なのか・・・ 
これらの疑問に対する回答を見つけ、行動を起こすには、質の高い情報源を持つ必要がある。 
そのためには経済、政治、文化、環境、地政学、社会のメカニズムを正確に把握し、精度の高い予測術を身につけることだ。
本書の目的は、「世界の仕組み」を白日にさらすことだ。 
とくに若い人たちに対し、彼らが私(アタリ氏)の年齢になるころには、人類全員が、他の 生命と調和して豊かに暮らすための術を身につけることは可能だと、説くことにある。 
ただし、道草を食っている余裕はない。 
(本文のはじめを要約して掲載)

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

知られざる地政学 覇権国アメリカの秘密(下巻)四つの各論:エネルギー、食料、サイバー空間、金融:塩原俊彦(著)

書籍情報

陸海空およびサイバー空間にかかわる地政学・地経学を研究で読者から熱烈な支持を得ている評論家による長編評論。 

新たな視角からの地政学再構築! 
「総論:米国の覇権を支える構造分析」(上巻)に続き、先端に位置する四つの対立軸(エネルギー、食料、サイバー空間、金融)から覇権争奪の実相を解き明かす 

「いま世界において、覇権を失いかねない米国は、覇権を奪おうとする中国を必死になって弱体化させようとしている。一国だけでは太刀打ちできないから、欧州諸国と日本を味方に引っ張り込んで、とにかく中国を封じ込めようとしているように思われる。  だがこの問題は、せんじ詰めれば主権国家間の権力闘争にすぎない。もう少し目を凝らすと、覇権国アメリカに住むごくわずかなエスタブリッシュメントと呼ばれる「特別階級」に属す少数者だけが利益を維持できるように、世界中を巻き込んで中国やロシアを痛めつけようとしているようにみえてくる。…… 
 主権国家がごく一部の「特別階級」のためだけに暴力をふるっていることを知ってほしい。この構図は、米国であろうと、中国であろうと、日本であろうとも基本的に変わらない。中国やロシアに民主主義がないのはわかりやすい。だが、米国にも日本にも民主主義など存在しないことに気づいてほしい。」 本書「あとがき」から

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

知られざる地政学 覇権国アメリカの秘密(上巻)総論:米国の覇権を支える構造分析:塩原俊彦(著)

書籍情報

陸海空およびサイバー空間にかかわる地政学・地経学を研究で読者から熱烈な支持を得ている評論家による長編評論。

<まったく新たな視角からの、地政学再構築!!>
「すでに、米国の覇権は崩壊に向かっている。中国という覇権国の台頭を前にして、米国は民主的価値観に立つ世界秩序を維持するという、多極的協調体制の構築で対抗しようとしているが、その実、米国政府が長く情報操作(マニピュレーション)によって国民を騙しつづけてきた実態をさらけ出しつつある。民主的価値観の尊重を唱えつつ、現実は一部の米国のエスタブリッシュメントだけの利益が優先される世界秩序が覇権主義の名のもとに展開されつづけただけだ。
本書は、覇権国アメリカによる長期的な科学や科学技術の優先戦略が人類の生命の危険というリスクをともないながら展開されてきた事実を明らかにする。まったく新しい視角から、地政学を再構築することで、世界全体の覇権をめぐる「現実」がより理解されるようになるのではないか。」

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

高まる地政学的リスクとアジアの通商秩序 現状と課題、展望:石川 幸一ほか(著)

書籍情報

石川 幸一, 馬田 啓一, 清水 一史(編著)文眞堂(出版社)2023/10/5(発売日)248(ページ数)

激化する米中対立。今や経済摩擦から技術、軍事にわたる覇権争いへと化し、長期化の様相を呈す。

高まる地政学的リスクに直面し経済安全保障の強化が不可避となる中、アジアの国々と企業はどのような立ち位置をとり、具体的にいかなる対応を迫られているのか。

本書は、米中対立に揺らぐアジアの通商秩序の現状と課題、展望について多角的に考察。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

いちばんやさしい地経学の本:沢辺有司(著)

書籍情報

沢辺有司(著)彩図社(出版社)2023/8/29(発売日)256(ページ数)

かつて戦争といえば、戦場で行われるものでした。しかし、21世紀の現代においては、ふだん私たちが暮らす社会空間も「戦場」と解釈されます。ロシア軍の元参謀総長ヴァレリー・ゲラシモフは、21世紀においては「平和と戦争の間が曖昧な状態になる」と述べています。

たとえば、機密情報を狙ったサイバー攻撃、M&Aによる先端技術獲得、グローバル人材の争奪戦、SNSやメディアによる世論操作、外国資本の土地買収、金融・通貨の勢力圏争い、インフラ投資と債務のわな、難民テロなどです。

このような経済的攻撃は、ときに軍事攻撃と変わらない、あるいは、それ以上の効果を発揮することがあります。表面的な戦争や紛争を追っているだけでは、国際社会でおきている現代のほんとうの戦いの姿は見えてきません。

そこで本書は、現代の国際情勢をより正確にとらえるツールとして「地経学」を活用します。地経学は、1990年に生まれた比較的新しい学問で、「地政学的課題を経済という手段を使って解決する」ことをめざします。

なんとなく耳にしていた国際情報や経済情報が、「地経学」という枠組みを通して見ることで、各国の狙いや思惑、対立の構図、問題点などがよりクリアに見えてくるのではないでしょうか。本書がその一助となることを願っています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

「首都」の地政学 ベルリン・北京・モスクワ…その選地から国家の野心が読める:内藤 博文(著)

書籍情報

地政学の見地から、その地に首都が置かれた意味や、新たな首都へ遷地された事情に潜む行動原理と未来図をあぶりだす。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

地政学 よくある質問と回答

地政学について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

地政学とはどのような学問ですか?

回答: 地政学は、国家や地域の地理的特徴が政治的、経済的な事象にどのように影響を与えるかを研究する学問です。

これには、地形、気候、資源の配置、交通の要所など、地理的要因が国際関係や戦略に与える影響が含まれます。

地政学を学ぶ意義は何ですか?

回答: 地政学を学ぶことで、世界の政治や経済の動きをより深く理解することができます。

地理的要因は国家の行動や国際紛争の背景に大きな影響を及ぼすため、地政学の知識は国際関係や外交政策を考える上で非常に重要です。

地政学的に重要な地域はどこですか?

回答: 地政学的に重要な地域は多数存在しますが、特に注目されているのは中東、南シナ海、北極圏、ユーラシア大陸の中央部などです。

これらの地域は、天然資源の豊富さ、戦略的な位置、国際的な交通路の要所など、様々な理由で重要視されています。

地政学で分析される具体的な事例にはどのようなものがありますか?

回答: 地政学で分析される事例には、エネルギー資源の確保、国境紛争、海洋支配を巡る緊張、気候変動による地政学的影響などがあります。

また、経済的なルートや軍事基地の位置など、国家の戦略的な意思決定に影響を与える要素も分析されます。

地政学的視点から世界を見るためには、どのようなスキルが必要ですか?

回答: 地政学的視点から世界を見るためには、地理に関する基本的な知識とともに、国際政治や経済に関する理解が必要です。

また、歴史的背景を把握し、現在の国際情勢に関する最新の情報を追うことも重要です。

批判的思考能力を養い、多角的な視点から情報を分析する能力も役立ちます。

地政学のスキルが活かせる職種とは?

地政学に関する知識や経験は、国際関係、安全保障、経済開発、環境政策など、幅広い分野でのキャリアに直結します。

地政学は、地理的要因が国際政治や経済に与える影響を研究する学問であり、グローバルな視点から戦略的思考を要求される仕事で特に価値があります。

地政学の知識や経験を活かせる職種には以下のようなものがあります:

  1. 外交官/国際関係専門家:
    • 国家間の外交政策の策定や交渉に携わります。地政学的な視点から国際情勢を分析し、国の利益を代表して他国との関係を管理します。
  2. 政策アナリスト/シンクタンク研究員:
    • 政府機関やシンクタンクで、地政学的な分析を行い、政策提言や戦略立案のための報告書を作成します。国際的な安全保障、経済発展、環境問題などに関する研究を行います。
  3. 安全保障アナリスト:
    • 軍事、テロリズム、サイバーセキュリティなど、安全保障に関わる脅威を分析します。地政学的な洞察を基にリスク評価や対策の策定を行います。
  4. 国際開発/人道支援専門家:
    • 国際開発機関やNGOで働き、開発途上国の経済成長や人道支援プロジェクトに関わります。地政学的な背景を理解することで、より効果的な支援戦略を立案できます。
  5. ジャーナリスト/国際報道記者:
    • 国際的なニュースや出来事を取材し、地政学的な視点から分析、報道します。世界各地の政治情勢や紛争、外交政策についての深い理解が求められます。
  6. ビジネスインテリジェンスアナリスト:
    • 多国籍企業で、地政学的なリスク評価や市場分析を行い、ビジネス戦略の策定をサポートします。国際市場の動向や政治的リスクの分析により、企業の海外展開戦略を立案します。
  7. エネルギー/資源アナリスト:
    • エネルギー政策、資源管理に関する分析を行います。国際的なエネルギー供給の動向、資源に関する地政学的な問題に基づき、投資戦略や政策提言を行います。
  8. 環境政策専門家:
    • 地球温暖化、資源管理、持続可能な開発など、環境問題に関わる政策の策定や研究を行います。地政学的な要因が環境問題に与える影響を分析し、国際的な協力体制の構築を目指します。

地政学に関する知識や経験は、国際社会で活躍するための重要な基盤を提供し、グローバルな視野を持って複雑な問題にアプローチする能力を養います。

これらのスキルは、国際関係だけでなく、ビジネス、メディア、環境保護など多様な分野で高く評価されています。

まとめ

地政学について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、地政学がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。

PR