【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】生成AIがわかる本おすすめ3選+最新情報

「生成AIがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

生成AIについて知りたい人に、おすすめの本を紹介します。

まずはじめに、生成AIがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本初心者向けなど(目次を参照)を紹介します。

あなたの興味にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

生成AIの本 おすすめ3選

生成AIがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミ、ポイントを紹介します。

生成AIで世界はこう変わる:今井 翔太(著)

書籍情報

今井 翔太(著)SBクリエイティブ(出版社)2024/1/7(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

新進気鋭のAI研究者が大予測! 生成AIで変わる私たちの仕事・くらし・文化

話題の生成AI、どこまでなにができる? 
AIって結局、どんなしくみで動いているの? 
最新テクノロジーで私たちの仕事は奪われる? 
AIで働き方や生活がどう変わるのか知りたい…

この時代を生きるわたしたちにとって、人工知能をはじめとする最新テクノロジー、そしてそれに伴う技術革新は、ビジネス、社会生活、娯楽など、多様な側面で個々人の人生に影響を及ぼす存在となっています。

そんな今、まさにみなさんに手に取っていただきたいのがこの1冊です。 
この時代を生きる多くの方が抱いているであろう不安や疑問、そして未来への興味関心に、本書はお応えします。 
本書では、AI研究の第一人者である東京大学教授・内閣府AI戦略会議座長を務める松尾豊氏の研究室所属の今井翔太氏が、生成AIで激変する世界を大予測! 

とくに次のような方におすすめしたい新書です。 
・わかっているようで実はちゃんとわかっていない、最新AIの技術面に興味のある方 
・テクノロジーやそれによって変化する社会・仕事・生活について、最低限知っておくべき教養として身につけたい方 
・研究者や教授など、学術的に正しい知識を持っていて、確固たるエビデンスに則った未来予測を話せる著者のコンテンツに惹かれる方 

激動の時代を生きるすべての人にとって、これから到来する未来を生き抜くヒントと正しい技術的知識を提供します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

実践 生成AIの教科書 実績豊富な活用事例とノウハウで学ぶ:株式会社日立製作所 Generative AIセンター(監修)

書籍情報

株式会社日立製作所 Generative AIセンター(監修)リックテレコム(出版社)2024/3/29(発売日)228(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

◆◆生成AI活用の最前線部隊が得た知見を大公開◆◆

日立グループは2023年、データサイエンティストやAIの研究者、広範なスペシャリストをGenerative AIセンターへ集結。
全社での生成AI活用を推進し、そこで得た知見を顧客へ提供しています。

本書ではそうしたナレッジをいち早く紹介。
一般的なデスクワークからコールセンター、システム開発、社会インフラの維持・管理、データサイエンスまで、国内屈指の実績に裏付けられたAI活用のノウハウを惜しみなく開示します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

生成AI時代の「超」仕事術大全:保科 学世ほか(著)

書籍情報

保科 学世 , アクセンチュアAIセンター(著)東洋経済新報社(出版社)2023/11/1(発売日)352(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

外資系コンサルが仕事で使うプロンプトを公開!
これから絶対身につけるべき8つスキルとは?
業界&業種別にこれからどうなるかもわかる!

生成AIやChatGPTの原理&使い方からリスク対策方法、身につけるべきスキルまで、外資系コンサル(ビジネスのプロ)かつAIのプロだから書ける超実践的仕事術!

インターネット登場以来の衝撃と言われる「生成AI時代」をサバイバルするスキルと知識がこれ一冊ですべてわかる!!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

生成AIの名著・ロングセラー本

生成AIについて名著・ロングセラー本を紹介します。

生成AI時代を勝ち抜く事業・組織のつくり方:梶谷健人(著)

書籍情報

梶谷健人(著)日経BP(出版社)2024/2/15(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

生成AI時代のビジネス・サービスづくりの教科書。
生成AIをいかに活用して新たな価値を生むか、成功のフレームワークを大公開!


OpenAIの対話型AI「ChatGPT」をはじめとした生成AIは、もはや一過性のブームではない。
とはいえ、「使ってみたけれど思ったほど仕事に役立たない」「どう活用すべきか分からない」「ビジネスに本当に生かせるのか疑問」など、懐疑的な声もあふれている。

本書は、そんな疑いや疑問を払拭するための指南書だ。
それも、経営層や事業リーダー、サービスづくりに携わる方たちが真に求めている知識やノウハウを提供することを目指した一冊だ。

「事業づくり」「サービスづくり」、そして「組織づくり」という3つのテーマに関して、「現在」と「未来」の2つの時間軸で章を展開していく。

ただ単にノウハウを学べるだけでなく、未来予測もふんだんに盛り込んでいる。
「小売」「Socialサービス」「メディア」「エンタメ」「ゲーム」「教育/学習」など、多様な業界の未来予測は必見だ。

具体的なテクニックからビジネスづくり、そして未来予測まで、生成AI時代を勝ち抜くための答えがここにある!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

【新発売】60分でわかる! 生成AI ビジネス活用最前線:上田 雄登(著)

書籍情報

上田 雄登(著)技術評論社(出版社)2024/4/15(発売日)160(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

組織のDXを推進しホワイトカラーのスキルを拡張する「人工知能」の活かし方がわかる!

ChatGPTの公開で熱狂的ブームとなった生成AIも、ビジネスの現場やサービスへの実装フェーズに入りました。
生成AIの活用が広がる分野はどこなのか? 業務の効率化や価値創造の方策は? について60分で読み解くことのできる本書。

前半では生成AIを活用している金融やメディアなど業界別の事例や、人事や営業・マーケなど組織機能別の活用方法について紹介。
中盤では、国内外のプレイヤーの取り組みや戦略を、「基盤開発」「基盤カスタマイズ」「基盤活用」3つのビジネスレイヤー別に解説します。
後半では生成AIがもたらす組織や個人の変化、対話型や画像ばかりでなく動画や3D・音声などの事例や市場に与える影響、そして法整備や直面する課題についても言及。

2024年にもっとも読みたい、生成AIのビジネストピックを67項目にまとめた、ビジネスモデルや働き方の大きな変化まで一望できる1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AI推し技大全 ChatGPT+主要AI 活用アイデア100選:田口和裕ほか(著)

書籍情報

田口和裕 , 森嶋良子 , いしたにまさき(著)インプレス(出版社)2024/2/20(発売日)264(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

おもわずオススメしたくなる生成AI活用術!

ChatGPTの登場以来、文書生成に限らず、画像、動画、音声などさまざまな生成AIが登場してきています。
本書では、生成AIの中でも、最も使用頻度の高いChatGPTを40%、その他の生成AIを60%程度の割合で、誌面構成を割り振り、いま利用可能な生成AIの活用法を多方面から解説した書籍です。

取り上げるジャンルは特に限定せず、主に「ビジネス」「趣味」「生活」に役立つ生成AIを厳選しました。
ビジネスシーンで語られがちな生成AIですが、趣味や生活(もちろん遊びでも)の場でも十分役に立つことを、本書を通して知っていただければと思います。

コンセプトは、「おもわずオススメしたくなる!」と誰もが思える、生成AIの活用法を取り上げるもので、本書ではその活用法を「推し技」(おしわざ)として100個掲載していきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

著者・デザイナーポスト

生成AIパスポート テキスト&問題集:生成AI活用普及協会(監修)

書籍情報

生成AI活用普及協会(GUGA)(監修)日本能率協会マネジメントセンター(出版社)2024/2/1(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

2023年8月、生成AI活用普及協会(GUGA)により、資格試験「生成AIパスポート」が開始されました。

本試験は、生成AIに関する基礎知識や簡易的な活用スキルの可視化を目指すもので、AIを使ったコンテンツ生成の方法や事例、企業に求められるコンプライアンス、注意点などを問うものです。

本書は、実施団体の公式テキストのポイントをまとめた解説と、実際の試験(非公開)に倣った模擬問題を収録した、実施団体「公認」の書籍です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

【新発売】生成AI時代の教養 技術と未来への21の問い:桐原永叔 , IT批評編集部(編著)

書籍情報

桐原永叔 , IT批評編集部(編著)風濤社(出版社)2024/4/22(発売日)464(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

生成AIが私たちの社会生活を大きく変えてしまいうる時代において、様々な議論と試行錯誤が続いている。
人間と社会に与えられるのは脅威なのか?それとも福音なのか? ーーテクノロジーに向き合うために問われているのは私たちの人間観、そして社会観でもある。

本企画は「IT批評」連載から、最前線でAIを開発している情報科学者やAIと人間について深く考察を続ける有識者の論考をまとめ、来たるべき社会を構想するために何を問い何を考え抜くべきか、考察と理解を促す待望の一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AI時代の新プログラミング実践ガイド Pythonで学ぶGPTとCopilotの活用ベストプラクティス:松本 直樹(著)

書籍情報

松本 直樹(著)インプレス(出版社)2024/2/16(発売日)368(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

大規模な言語モデルを活用したサービスである「ChatGPT」と「GitHub Copilot」の登場は、ITエンジニアの世界に大きな影響力を持っています。導入には多くの課題がありますが、これらのサービスをプログラミングに活用することで、より迅速かつ効率的に開発を進める可能性が高まります。

新しい時代のプログラマーやプログラマー志望者にとって、従来のプログラミングスキルに加えて、ChatGPTを使用したプログラミングスキルを習得することは、開発の効率を向上させるための重要なスキルとなります。

本書ではChatGPTの基本的な概念や仕組みを詳しく解説し、プログラマーが使うと便利なChatGPTの基本動作やプロンプトエンジニアリングの学習にも焦点を当てています。

また、Microsoftが提供する「GitHub Copilot」を使用したプログラミングの基本から、主要なプログラミング言語であるPythonを使用したChatGPTやGitHub Copilotを組み合わせたソフトウェア開発の実践的な使い方を示しています。

その他、OpenAI API(GPT-4V対応)の活用方法、新登場したGPTsを使い、自分好みにカスタマイズする方法、AI開発で現在主流となっているLangChainの使用方法についても詳細に説明しています。

ChatGPT環境に早く適応することは、同時代を生き抜くプログラマーにとって不可欠なスキルです。本書を読んで、ChatGPTを活用したプログラミングの第一歩を踏み出そう!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

最新の生成AIの本

近日発売予定や最近発売された最新の生成AIの本を、発売日が新しい順に紹介します。

【5月31日発売】Photoshop & Illustrator & Firefly 生成AIデザイン制作入門ガイド

書籍情報

タマケン(著)SBクリエイティブ(出版社)2024/5/31(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

SNSの総フォロワー数15万人! ブログやSNSで大人気! 
「Adobe Japan プレリリースアドバイザー」でAdobeアプリの新機能のことを知り尽くしたタマケンが惜しみなく教える 
Photoshop & Illustrator & Firefly、Adobeの生成AIの完全活用ガイド! 

初心者も、経験者も、知らないと後で決定的な差がついてしまう… 
これからのクリエイターが覚えるべき「生成AI」と、新しいデザインの作り方が一気に学べる! 

・撮影に失敗しても怖くない!何もないところから画像を生成することができる「画像の生成拡張」 
・とても自分では作れなかったようなような高品質な作例が作れる「レタッチ・合成」 
・信じられないようなハイクオリティな文字が圧倒的な時短で作れる「文字の加工」 
・ベクターデータのイラストまで一発で作れる夢のような機能「ベクター生成」 
・ボタン1つ、テキスト一文で様々な配色を生成できて比較もできる「生成再配色」 
・商用利用も可能! デザイナー・クリエイターが安心して利用できる生成AI「Firefly」

amazon.co.jp書籍情報より引用

【5月30日発売】生成AI 真の勝者 5つの覇権争いの行方

書籍情報

島津 翔(著)日経BP(出版社)2024/5/30(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

生成AIでもうかるのは誰? 
半導体はエヌビディアの一人勝ちが続く? 
AIが変える地政学って何? 
AIモデルやクラウドの勢力図はどうなる? 
結局、日本企業の勝ち筋って何?? 
生成AIブームで勃発した「5つの覇権争い」。
その勢力図を正しく分析すれば、日本企業が金脈をつかむ勝ち筋が見えてくる。

勝者はOpenAI、エヌビディアだけじゃない──。
シリコンバレー駐在記者が革命の最前線を取材し、生成AIの「知られざる勝者」を描く。
生成AIで新規事業やサービス企画に関わるビジネスパーソン必読の本格書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【5月24日発売】生成AIの論点 学問・ビジネスからカルチャーまで

書籍情報

喜連川 優(編著)青弓社(出版社)2024/5/24(発売日)200(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ChatGPTに代表される言語系生成AIは、すでに生活や産業、学術などの様々な領域で革新を起こしつつあると同時に、多くの課題ももたらしている。
今後、その影響力がますます大きくなることは、疑いようがない。
私たちは生成AIにどう向き合うべきだろうか。 

本書は、そうした問題意識にもとづいて日本学術会議が実施し、過去最多の動員を達成したシンポジウム「生成AIの課題と今後」の書籍化である。
情報学者や実業家、漫画家、古典籍・法学研究者などの11人のトップランナーが生成AIについてわかりやすく講演した内容に加筆・修正して収録し、シンポジウム後の展開にも言及する。 

第一線で活躍する専門家でも数カ月後の展開さえ読めないと口をそろえる激動の生成AIについて、原理的な強み・弱点から各界での多様な活用例、著作権などの法的課題といった主要な論点を一冊に凝縮し、多くの図版を用いてかみくだいてレクチャーする。
生成AIの原理・応用・課題を、最高峰のプロたちからコンパクトに学べる一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【5月22日発売】努力革命 ラクをするから成果が出る! アフターGPTの成長術

書籍情報

尾原 和啓 , 伊藤 羊一(著)幻冬舎(出版社)2024/5/22(発売日)232(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

「ChatGPT使えねぇ」って舐めてない?
まだそんなシンドイ努力してるの?
このゲームチェンジに気づいていない人は、生き残れない!


ChatGPTを使えば、「頭の良さ」をコピーできる。「経験」もコピーできる。「センス」もコピーできる。誰もがラクをして楽しく成長しながら、多くのチャンスを手にきるようになる。

というより、これからはラクをしなければ、成果を出せない。
ChatGPTの登場によって起きた、「努力革命」というゲームチェンジ。

成長の方法も成功のあり方も180度変わってしまった世界をサバイブするための実践の書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【5月18日発売】これからのAI×Webライティング本格講座 ChatGPTで超効率・超改善コンテンツSEO

書籍情報

瀧内 賢(著)秀和システム(出版社)2024/5/18(発売日)228(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

本書では、ChatGPTをはじめとする生成AIを活用したSEOコンテンツ作成の手法を解説します。

AIの活用にあたって非常に重要な、SEOに特化したプロンプトの考え方から言葉の選択、設定などを詳細に解説。
また、有効な戦略を豊富な具体例と共に紹介します。

ChatGPTとGeminiの比較や使い分けのポイント、注意事項などについても取り上げています。

【AI活用の一例】
titleとdescriptionを最適化する
ペルソナを生成し文章に組み入れる
文字数や文字密度を指定して生成する
共起語など関係性のある言葉を組み込む
キーワード突出度・近接度を調整する
適切な見出しを組み入れて生成する
headとbodyの要素が一致した記事の生成

amazon.co.jp書籍情報より引用

【5月16日発売】Google vs Microsoft 生成AIをめぐる攻防

書籍情報

山本康正(著)日本経済新聞出版(出版社)2024/5/16(発売日)196(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

モバイルでは優位性のあるGoogle
独自のAI戦略を打ち出すMicrosoft
ChatGPTを生み出したOpenAIの組織課題
生成AIにも独自の動きを取るイーロン・マスク氏
アンソロピックなど注目の生成AIベンチャー

amazon.co.jp書籍情報より引用

【5月13日発売】責任あるAIとルール

書籍情報

古川 直裕, 吉永 京子(著)一般社団法人金融財政事情研究会(出版社)2024/5/13(発売日)308(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

AI倫理を専門とする著者がAIに関するさまざまな法的社会的課題とそれらへの対処方法をどなたにでも分かるように解説。

社会課題を解決し、社会に多くの希望をもたらすAI。
一方で人々の中にわきあがるAIへの不安。

どのようなルールが求められるのかを探り、人間、企業体、国とAIとの付き合い方を示す。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【5月7日発売】落合陽一責任編集 生成AIが変える未来 加速するデジタルネイチャー革命 (扶桑社ムック)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

基本の使い方からビジネス、アート、教育まで……
この1冊で【最新情報】&【活用法】のすべてが俯瞰できる!

生物学者・福岡伸一との特別対談収録!
「生命とコンピュータの境界線」

amazon.co.jp書籍情報より引用

先読み!サイバーセキュリティ 生成AI時代の新たなビジネスリスク

書籍情報

岩佐晃也 , 酒井麻里子(著)インプレス(出版社)2024/4/23(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

大人気「先読み!」シリーズの第5弾は「サイバーセキュリティ」!
いま多くの企業がIT分野の投資先として注目しているのがサイバーセキュリティです。

注目の背景には、生成AIによってサイバー攻撃が巧妙化し、不安定な世界情勢に乗じた攻撃が増えていること、また情報漏洩のリスクが身近になったことなどが挙げられます。
企業や個人が自らの資産や信用を守り、その価値を高めていくためにもサイバーセキュリティへの対策は必須です。
いまやサイバーセキュリティは私たち一人ひとりが知っておくべき重要なトピックといえます。

本書ではサイバーセキュリティにまつわるあらゆる疑問を、第一人者に質問しながら丁寧に掘り下げていきます。
本書を読めば、サイバー攻撃の最新手法とその対策、情報漏洩などのリスクを防ぐノウハウがしっかり理解できます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

2080年への未来地図:川口 伸明(著)

書籍情報

川口 伸明(著)技術評論社(出版社)2024/4/13(発売日)560(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

全世界193ヵ国・7億件以上のイノベーションデータをもとに、自ら未来をデザインしていくための手がかりを俯瞰する

「もしも紫式部がChatGPTを使ったら?」
「AIは人間の心を理解している?」
「考えたことが形になるモノづくりとは?」
「人生の時間を伸ばすのではなく、生き方や世界観を増やしたら?」
「戦争してる暇がないほどおもしろい世界をつくるには?」
「死んだ後でも自分の活動が続く世界とは?」

人類の生き方が必然的に変わる2080年に向けて、「今」なにを考えるべきか。

全世界193ヵ国・7億件以上のイノベーションデータをもとに、AIと超知能、実空間マルチバース、医食農のウェルビーイング、経済デカップリングとネイチャーポジティブ、経済安全保障と地政学リスク、自己家畜化と戦争の関係、心・脳・時間の関係など、幅広いトピックを網羅。
今から生きたい未来をデザインしていくための手がかりを俯瞰する。

各章にはゼミやワークショップで活用できる演習問題付き。
特別付録には、確からしい未来を予測する手法の一端も紹介。

明るい未来へのガイドとして話題を呼んだ『2060 未来創造の白地図』著者の最新作。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ChatGPT「超」勉強法 生成AIが勉強に革命を起こす:野口悠紀雄(著)

書籍情報

野口悠紀雄(著)プレジデント社(出版社)2024/3/15(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

生成AIが勉強に革命を起こす!
勉強の方法や教育の仕組みが根底から変わろうとする今、来る大変化を飛躍につなげるために私たちがなすべきこととはいったい──? 


『「超」勉強法』の野口悠紀雄氏が、生成AIを活用した「学び」の最新メソッドを完全公開。
「超」勉強法の「学びの3原則」+「生成AI」で、あなたの勉強は革命的に進化する。

生成AIの長所と短所を理解し、飛躍的な成功を手にするために必読の1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

初心者向け

初心者向けの書籍について発売日が新しい順に紹介します。

生成AI+Pythonで作る ゲーム開発入門:廣瀬豪(著)

書籍情報

廣瀬豪(著)ソーテック社(出版社)2024/2/20(発売日)248(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

☆生成AIで作ったグラフィック素材と文章を使って、プログラミング言語「Python」でゲームを作ろう☆

画像生成AIと文章生成AIの使い方を学んでゲームの素材を作り、Pythonを学習しながらゲームをプログラミングする画期的な一冊!
PythonによるGUIプログラミングもゼロから学ぶことができます。
パソコンとネットがあれば、買ったその日からゲーム制作を始められます。

★プログラミング初心者
★Pythonの基本を覚えたい方
★生成Aiの基礎を身に付けたい人
★ゲーム開発に興味がある人

【本書で紹介しているサンプルゲーム】
プログラムは一番長いものでも数十行なので、初学者でも独学でも達成感を得られます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

倍速講義 ChatGPT&生成AI:岡嶋 裕史(著)

書籍情報

岡嶋 裕史(著)日経BP(出版社)2023/9/29(発売日)128(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

【倍速講義】は時間効率を重視する忙しいビジネスパーソンのためのシリーズです。
話題のテーマや知っておくべき教養・スキルが、タイパ抜群の見るだけレイアウトでわかります。

ChatGPTの何がすごいのか? どうやって質問を投げるのか? といった基本的なトピックから、いま注目される背景、ビジネスへの活用、利用上の問題点まで、「1テーマ45秒」で押さえておきたいポイントを把握できます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

まるわかりChatGPT & 生成AI (日経文庫):野村総合研究所(編集)

書籍情報

野村総合研究所(編集)日経BP 日本経済新聞出版(出版社)2023/8/11(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

【本書の特徴】
・話題のChatGPTと生成AIについて、その仕組みから活用の可能性までがわかる
・技術に強くない読者にもわかるように、生成AIの何がすごいのかをやさしく説明
・ビジネスでどのように活用できるのか、業種別/業界別で解説
・グローバルな覇権争いについて読み解きながら、どのようなプレーヤーがいるのかをざっくり紹介
・法規制、倫理的な問題を含めてどんな議論があるのか、ざっくりわかる
・先端テクノロジーに強く、未来予測に定評のある野村総合研究所のコンサルタントたちが執筆

【主な内容】
・従来のAIとの違いは?
・なぜ今、生成AIが注目されているのか?
・どんな業界で導入されている?
・シンギュラリティはほんとうに来る?
・オープンAIって、どんな会社?
・ChatGPTが得意な業務とは?
・ChatGPTには、どんな競合サービスがある?
・トランスフォーマーって何?
・ステーブルディフュージョンはどうやって生まれた?
・人間との役割分担は?
・プロンプトエンジニアリングとは?
・独自技術による生成AIを提供する日本の企業は?

amazon.co.jp書籍情報より引用

オヤジも目覚める! ChatGPT革命 生成AIで何が変わる? 何が問題?:竹内薫 (著)

書籍情報

竹内薫 (著)徳間書店(出版社)2023/8/2(発売日)156(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

もはやオヤジも、知ったかぶりをやめて使ってみるしかない!
還暦過ぎの科学作家が悪戦苦闘してわかった生成AIとの付き合い方!


AIは、一段階、大きな進歩を遂げた!
仕事も社会も大きく変わっていくのは間違いない!
ライバルになるか、相棒とするか??
10年後のあなたの存在を左右する!

ChatGPTを初めとする、生成型AIで何が変わるのか、また何が問題となるのか。
人間の役割はどのように変わっていくのか。
(小中学生、高校生、大学生、ビジネスマンは言うまでもなく)オヤジたち世代はどのように使いこなしていったらいいのか。
科学作家で元プログラマーの竹内薫が、生成型AIの実力を実際に体験し、具体的に紹介しつつ、付き合い方を教える。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ビジネスパーソン向け

ビジネスパーソン向けの書籍を発売日が新しい順に紹介します。

AIナビゲーター2024年版 生成AIの進化がもたらす次世代ビジネス:野村総合研究所ほか(著)

書籍情報

野村総合研究所, NRIデジタル(著)東洋経済新報社(出版社)2024/2/28(発売日)218(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

生成AIの登場で変容するビジネス現場を業界別に解説
NRI(野村総合研究所)グループのAIエキスパートチームによる決定版!

いかなる未来を想定し、いかに活用すればよいのか?

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

生成AIをWord&Excel&PowerPoint&Outlookで自在に操る超実用VBAプログラミング術:近田伸矢(著)

書籍情報

近田伸矢(著)古川渉一(監修)インプレス(出版社)2024/2/7(発売日)336(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

VBAを使って生成AI「ChatGPT&DALL-E」の可能性をWord・Excel・PowerPoint・Outlookに組み込める!

生成AIを仕事に活用する時代が身近になっています。
ChatGPTを使った文章生成・要約やDALL-Eを使った画像生成の機能は資料作成やメールのやり取りに活用することが可能です。
本書ではVBAプログラミングで各Officeアプリに生成AIの機能を取り込む方法を解説しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AI時代 あなたの価値が上がる仕事:田中道昭(著)

書籍情報

田中道昭(著)青春出版社(出版社)2024/2/16(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ChatGPTの出現で注目が集まっている生成AI。
グーグルやマイクロソフトなども参入し、さらなる進化が見込まれる一方で、いまある仕事の多くが生成AIに代替されると予想され、世界で3億人が失業、300業種が奪われるとの予測も。

生成AI、そしてそれに続くAGI(汎用人工知能)がビジネスの世界を大きく変えていく時代に、どのような職業が消失し、最後まで残るのはどんな職業なのか。
そして、どんなにAIが進化しても、最後まで求められる人間の能力とは何なのか──

ウィズAIの時代、自分の価値を最大限に高める働き方・生き方のヒントを明らかにする一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AIは小売をどう変えるか?:永田洋幸(著)

書籍情報

永田洋幸(著)ダイヤモンド社(出版社)2023/12/13(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

日本の小売・流通市場において、いち早くデジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進してきたトライアルグループ。

その次代を率いる永田洋幸氏は「生成AIの活用は、小売ビジネスの常識を根本から覆すことになる」と力を込める。

実際に生成AIは小売をどう変えるのか。
可能性と活用の道筋を同氏が徹底解説する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

「AI思考」は武器になる:谷岡悟一ほか(著)

書籍情報

谷岡悟一, 和久利智丈, 平岩宗, 上田智之(著)クロスメディア・パブリッシング(出版社)2024/1/4(発売日)272(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ChatGPTやStableDiffusionなど、生成AIの技術革新が急速に早まった2023年。
最新トレンドを追いながら技術を学ぶことも大切ですが、同時に必要となってくるのが「技術進化に左右されないAIへのリテラシー」です。

本書ではこれを「AI思考」と名付けています。
AIの現在地と今後の未来予測を踏まえながら、個人・組織・企業レベルでAIを用いた「思考のレバレッジ化」の方法を、日本語の文書生成AI「NotionAI」をいち早く実装した、ノースサンドのトップコンサル、谷岡悟一氏が解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Google Bard完全マニュアル:酒井麻里子(著)

書籍情報

酒井麻里子(著)秀和システム(出版社)2023/12/12(発売日)216(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

一番気軽にはじめられて、一番使いこなせる対話型生成AIは「Google Bard」です!
「無料で使える」
「最新情報を取得できる」
「使用制限がない」
「Google社が開発」「Googleアプリに活用できる」
「位置情報を取得できる」「画像解析ができる」
…その他、様々な「Google Bard特有の機能」が満載!

日常、ビジネスなど、あらゆる場面に役立つ活用術を解説します。

ビジネス文書作成、メール文書作成、仮ブレスト、キャッチコピー生成、便利なPC操作方法などの基本的な活用術にとどまらず、Googleアプリとの連携、位置情報を活用した情報収集、画像解析による情報収集などの活用術も徹底解説!

amazon.co.jp書籍情報より引用

ChatGPTで経営支援 強い組織の築き方:新岡 優子ほか(著)

書籍情報

新岡 優子, 松山 将三郎, 寺下 薫(著)日経BP(出版社)2023/11/17(発売日)520(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

経営の世界には、常に変化の波が押し寄せています。
AI(人工知能)の活用も、その1つ。
AIを積極的に取り入れ活用する企業こそが、新しいビジネス機会、そして新しい未来を手中にできる――。
本書ではこうした立場から、生成AI「ChatGPT」の活用を軸に、次のテーマを物語仕立てで考えていきます。

・経営者は、経営にAIをどう活用したら良いのか。
・組織には、AIによってどんな変革や希望がもたらされるのか。
・中堅管理職は、上司と部下の関係をAIを使ってどう築くのか。
・若きビジネスリーダーは、経営者にAIの活用をどう提言すれば良いのか。

実際、生成AIの活用は「時間の節約」「予算と人の削減」に直結します。
これにより、限られたリソースの最適配分が可能になり、社員の多様性を尊重しながら可能性を最大限に引き出し、ワクワク・イキイキと働きがいのある組織を築くことができます。

本書では、経営者や管理職をはじめ「組織を良くしたい」と思うビジネスマン向けに、組織開発・人材能力開発の専門家が生成AIの活用の仕方を惜しげなく伝授します。
今すぐ役立つプロンプトも満載。
仕事を変えるAI活用のヒントをつかんでください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

「生成AIによる業務改革」 ChatGPTやBardを活用した業務効率化:森 雅俊(著)

書籍情報

森 雅俊(著)青山ライフ出版(出版社)2023/11/13(発売日)246(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

生成AIを正しく理解し、ビジネスの現場で業務に活用するにはどうしたらよいかを考察していく。

必要な知識、実行手順、課題や対応策についても解説する。

第1章では、生成AIの概要から生成AIの種類、ChatGPTの使い方と特徴、Bardの使い方と特徴を記述する。
第2章では、仕事のやり方が大きく変わることを示し、現状の日本の状況から、生成AIで大きく変わる仕事のやり方を紹介する。その上で、業務改革の方針と手順を示す。
第3章ではAIの基本を説明する。
第4章では、生成AIを使ってシステム開発やプログラミング業務の効率化する方法を紹介する。
第5章では、従来からのAIを使った事例やサービスを紹介する。
第6章では、業務上で生成AIを使う上での対応方法などを紹介する。
第7章では、情報漏洩と著作権の問題について考察する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Googleアプリ×生成AI 最強仕事術:鈴木 眞里子(著)

書籍情報

鈴木 眞里子(著)日経BP(出版社)2023/10/19(発売日)216(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

●Gmail、Google検索、ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート……
 仕事効率を爆上げする無料ツール群を徹底活用!
●2023年に登場し、最も注目される新サービス「Bard」
 生成AIを賢く活用するため実用ノウハウを解説!

ビジネスでの活用、仕事効率化を考えるのであれば、クラウド上のファイル保管庫「Googleドライブ」を使わない手はありません。
Googleドライブでは、「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」「Googleスライド」と呼ばれるオフィスアプリを、Webブラウザー上で利用できます。
これらを使えば、WordやExcelなどMicrosoft Officeで作成したファイルも閲覧・編集が可能です。
そのほか、「Googleフォーム」を使えばアンケート調査やテストを手軽に効率よく実施できるなど、ビジネスの現場で役立つツールがGoogleにはそろっています。
それらをすべて無料で使えるのですから、活用しないのは損です。

そして2023年に登場した、最も注目すべき新サービスが「Bard」です。
「生成AI」「対話型AI」などと呼ばれるAI(人工知能)チャットです。
ユーザーが入力した質問や要望に対し、会話をするような自然な言葉で回答してくれます。
同様のサービスとして「ChatGPT」が有名ですが、Googleも対抗し、次々と機能を強化しています。

本書では、こうした多彩なGoogleアプリ/サービスの中から、特に仕事に直結するものを取り上げ、基本ワザから実用テクニックまでを解説しています。
多数の図版を使い、ステップ・バイ・ステップで操作できるように手順を紹介していますので、日々の仕事にぜひ役立てください。

★180度開く特別製本(コデックス装)で、ページを開いたままラクラク操作できます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AIの法的リスクと対策:福岡真之介ほか(著)

書籍情報

福岡 真之介 , 松下 外(著)日経BP(出版社)2023/10/5(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

★生成AIの問題は著作権侵害だけではない
★法的リスクの全貌と対策が分かる1冊!

ChatGPTなどの生成AIには、多くの法的リスクがあります。
ライバルに先んじて開発・業務利用・ビジネス活用したくても、法律の知識がなければ怖くて提案すらできないでしょう。
新しいテクノロジーなだけに判断基準が確定していないこともありますが、リスクは、確実に、そこにあります。

リスクとしてよく話題に上がるのは「著作権侵害」ですが、実はそれだけではありません。
多くのビジネスパーソンが気づいていない法的リスクがほかにもあります。
「著作権侵害」のほか、「秘密情報の漏洩」「ハルシネーション」「人格的権利・利益の侵害」「個人情報保護法違反」「バイアスによる差別」「フェイクニュースの拡散とマルウェア作成などの不適切利用」などです。
同じ法的リスクでも、生成AIの開発側とユーザー側では観点が異なりますので、本書は両方の観点から解説します。

本書をお読みいただければ、生成AIに関する世界の法的なトレンドはどうなっていて、現時点では国内のどの法律にどのように抵触する可能性があり、法的リスクを回避するために今できることは何か――そうしたことが体系だって理解できます。

法律の専門家がビジネスパーソン向けに分かりやすく解説しており、「生成AIを使いたい・開発したい」と考えるビジネスパーソン必携の書です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AI導入の教科書

書籍情報

小澤健祐(おざけん)(著)ワン・パブリッシング(出版社)2023/9/28(発売日)288(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

気鋭の若手が生成AIの本質から企業での導入プロセスまで完全解説

本書の著者である小澤健祐さんは、日本最大のAI専門メディア「AINOW」の編集長を務め、ディップ株式会社で生成AI活用推進プロジェクトを進めるほか、AI活用コミュニティ「SHIFT AI」のモデレーターとしても知られるなど、若手ながらAI業界で幅広く活躍するキーパーソンのひとりです。

そんな著者が、これまでのAIやDXの動向を振り返りつつ、生成AIの概要や企業のデジタル活用の現状から、本質的なDXのプロセス、生成AIを活用するためのプロンプトエンジニアリング、各社の活用事例まで網羅的に解説しています。

生成AIを活用中の企業&推進する団体のキーマンにもインタビュー

本書では、すでに生成AIを導入し、活用を推進している「日清食品HD」「ベネッセ」「ディップ」といった企業の担当者のインタビューも掲載。
導入までの経緯やステップ、そして現状の課題などを語っていただいています。

また、企業のAI導入をサポートする「マイクロソフト」や「SHIFT AI」、「ABEJA」、「STORIA法律事務所」、さらに〝生成AIの社会的実装″というミッションを掲げる生成AI活用普及協会(GUGA)といったキーマンたちにもあらゆる観点から最新事情と今後の見通しをうかがいました。

生成AIの効果を高める実戦的プロンプト(質問文)の実例集も収録

生成AIの代表格であるChatGPTを例に、AIからより正確で有効な回答を得るためのプロンプト(質問文)テクニックの実例集も収録しています。

「Zero-Shotプロンプティング」「Few-Shotプロンプティング」「Chain-og-Thoughtプロンプティング」といった基本テクニックから、「Self-Consistency」や「知識生成プロンプティング」といった応用的なものまで、わかりやすく解説。
さらに、生成AIの仕組みに根差した実践的な活用術全般も紹介しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

「超」創造法 生成AIで知的活動はどう変わる? :野口 悠紀雄(著)

書籍情報

野口 悠紀雄(著)幻冬舎(出版社)2023/9/27(発売日)328(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

生成AIによって、単純な知的作業の効率を著しく高めることが可能になった。
そのおかげで人間は、AIにはできない”創造活動”に集中できる。
創造とは、アイディアを見つけ、育てること。
方法論なしに、いいアイディアを思いつくことは、ない。

半世紀にわたってアイディアを生み出す手法を蓄積してきた著者は、生成AIを導入・実験して、真に効果がある使い方を発見。
生成AIという優秀な助手を得て、さらにバージョンアップした、最強のアイディア創造法を公開。
AI時代に誰が失業し、誰が伸びるか?

amazon.co.jp書籍情報より引用

AI時代を生き抜くということ ChatGPTとリスキリング:石角 友愛(著)

書籍情報

石角 友愛(著)日経BP(出版社)2023/9/22(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

あなたのスキルの賞味期限は4年!
生成AI時代に求められる「学び続ける人材」に向けた実践ガイド
ChatGPTでリスキリングを成功に導く「LEARN+Aステップ」公開

ChatGPTをはじめとする生成AIの登場が、ビジネスパーソンの働き方、キャリア形成において大きなインパクトを与えています。
これに対して日本では「ChatGPTに仕事を奪われる」という前提で話が進むことがほとんどです。
しかし、今までもパソコンやインターネット、スマートフォンの登場といったパラダイムシフトは突然やって来ました。
実は生成AIもそうした現象の1つにすぎません。
ただ確実に言えるのは、変革のサイクルが極めて速くなっているということ。
そんな現代を生き抜くためには、私たちは常に学び続けなくてはなりません。
つまり「継続的なリスキリング」が求められているのです。

本書ではまず、"賞味期限"が短くなるAI時代おけるスキルの考え方と、その背景を説明します。
それを踏まえ、今後求められる「π型人材2.0」の定義と、そうした人材になるために編み出した、効率的なリスキリングのためのプロセス「LEARN+Aステップ」について事例を交えながら詳しく解説します。
自分が強みとする専門的なスキルの棚卸しを行い、リスキリングによって相乗効果が期待できる新たなスキルの発掘と成長パターンを分析します。
その手法として積極的にChatGPTを活用しているのも特徴です。
リスキリングにAIの力を借りることで、自分が思いもよらなかったスキルの発見もあり得るでしょう。
これからもビジネスシーンの第一線で活躍し続けるため、キャリアアップに向けたリスキリングの成功をより確実なものとしたい方へお薦めしたい1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

AIと共に働く ChatGPT、生成AIは私たちの仕事をどう変えるか:小林雅一(著)

書籍情報

小林雅一(著)ワニブックス(出版社)2023/9/19(発売日)200(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

(ChatGPTと生成AIを)「仕事のアシスタントとして採用するなら、これほどの適材は他に見当たらないでしょう」

人工知能とそれを支えるクラウド技術などの進化を長年追い続けてきた第一人者による、最新技術を仕事に活かすためのいちばん丁寧な解説書。

具体的な事例なども随所に交えて、わかりやすくまとめました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ChatGPT資本主義 生成AIで経済のすべてが変わる:城田 真琴(著)

書籍情報

城田 真琴(著)東洋経済新報社(出版社)2023/9/13(発売日)306(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

生成AIで経済のすべてが変わる――
決定版!野村総研アナリストが「生成AI」を全解説。

チャットGPTのしくみ、チャットGPTでできること、巨大テック企業の戦略、先行企業の生成AI活用例、生成AIで消える仕事・生まれる仕事、著作権問題、AI脅威論……などを網羅した内容。

間違いないのは、生成AIは、ディープラーニング(深層学習)の登場によって火ぶたが切って落とされた第3次AIブームに続く「第4次AIブーム」の幕開けというだけではなく、AIの枠を飛び越え、テクノロジー史に名を刻むだろうということである。(「はじめに」より)

amazon.co.jp書籍情報より引用

2030 未来のビジネススキル19:友村 晋(著)

書籍情報

友村 晋(著)日経BP(出版社)2023/8/31(発売日)416(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

★「ChatGPTで仕事が奪われる」と不安な人のために
★AI未来に役立つビジネススキルを紹介します


ChatGPTをはじめとしたジェネレーティブAI(生成AI)の登場によって、事務作業は人がする仕事ではなくなるといわれています。
そうした時代、「ビジネスパーソンは何をすればいいのでしょうか?」「どんなビジネススキルを身につければいいのでしょうか?」、こうした問いに正面から答えてくれる本です。

テクノロジー・フューチャリストである著者は、技術が創り出す未来を予測し、そうした未来にビジネスパーソンが果たすべき役割などからスキルを見いだして紹介しています。

著者は本書の「まえがき」でこう言っています。
「今後どれほどAIをはじめとするテクノロジーが進歩しても、テクノロジーに代替されることがない、半永久的にビジネスの世界から必要とされるスキルをまとめました。本書を読み終えた後は、生成AIをはじめとするテクノロジーに仕事を奪われるのではないか、という不安から解放されているはずです」

テクノロジーが急激に世界を変えつつある今、私たち「人」はややもすると慣性の法則で変化を受け入れられずにいるように思います。
だからこそ、私たちが目指すべきものを示してくれる本書は貴重な存在。

未来を生きるすべてのビジネスパーソンに、1日でも早く、手に取ってもらいたい1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

検索から生成へ 生成AIによるパラダイムシフトの行方:清水 亮(著)

書籍情報

清水 亮(著)エムディエヌコーポレーション(出版社)2023/8/25(発売日)248(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

Chat GPTはブームではない。テクニウムがもたらすゲームチェンジに備えよ!

2023年は生成AIに関するニュースが毎日のように報じられていて、技術のトレンドも最新の状況も猫の目のようにくるくると変わっています。

しかし、じっくり腰を据えて見渡してみれば、いま起きていること、そしてこれから起きることは、「検索」から「生成」という大きなパラダイムシフトであると捉えることができるのです。

生成AIはブームではありません。
新しい時代の幕開けなのです。

本書では「検索から生成へ」といたるパラダイムシフトはなぜ、どのようにして起きたのかを歴史的背景から紐解き、これから起きることはなにかを考えていきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ChatGPT&生成AI 最強の仕事術 ―すぐに役立つ「AIツール100選」― (日経BPムック)

書籍情報

日経クロストレンド(編集)日経BP(出版社)2023/7/11(発売日)124P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

●超実践プロンプト公開! ChatGPTの極意
●キーパーソンに聞く「生成AI」がひらく未来
●文系でも分かる! 一から学ぶAI技術講座
●ChatGPTだけじゃない! すぐ役立つ「AIツール100選」

パソコン、インターネット、スマートフォンの登場と同等、あるいはそれ以上の変革をもたらす存在になるといわれる「生成AI(人工知能)」。近い将来、生成AIを使いこなし、一緒に働くスキルが、「できるビジネスパーソン」にとって必須になります。

今、ChatGPTなどの生成AIにどのように向き合うべきか。生成AIの力を十二分に引き出して、「最強の相棒」になってもらうためにはどうすべきか――。

マーケティング媒体の「日経クロストレンド」で掲載してきた特集「ChatGPT&生成AI『ずるい』仕事術」や連載をベースに、すぐに仕事で役立つ生成AIの活用テクニックと最新知識の数々をお届けします。

また、米オープンAIのグレッグ・ブロックマン社長や、イーロン・マスク氏、マイクロソフト副社長のチャールズ・ラマナ氏、AI研究の第一線を走る東京大学大学院工学系研究科教授の松尾豊氏など、キーパーソンの発言も豊富に収録。「チャット」「文書」「画像」「デザイン・UI(ユーザーインタフェース)」など、8つのジャンルで編集部が厳選した「AIツール100選」も盛り込んでいます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

教養としての生成AI:清水 亮(著)

書籍情報

清水 亮(著)幻冬舎(出版社)2023/7/26(発売日)248(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

2022年、文章生成AI「ChatGPT」や画像生成AI「Stable Diffusion」など、一般ユーザーも気軽に使える生成AIサービスが次々と現れて世界に衝撃を与えた。すでに「一億総AI活用時代」が到来した様相だ。

「人間の仕事が奪われる」などとメディアは煽るが、その特性を正しく知って使えば、生活やビジネスの効率が大幅に上がるのは確実である。

本書は最新のAI研究からその歴史、仕事への活かし方、AI時代に人間が鍛えるべき能力まで、人工知能研究の第一人者が解説。
「AIを使う人間」と「AIに使われる人間」の分かれ目がここにある!

amazon.co.jp書籍情報より引用

ChatGPTエフェクト 破壊と創造のすべて:日経ビジネスほか(編集)

書籍情報

日経ビジネス , 日経クロステック , 日経クロストレンド(編集)日経BP(出版社)2023/6/22(発売日)352P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ここがポイント

ChatGPTを含む「生成AI」がもたらす変化の最前線を国内外の経営者や有識者・実践者に取材し、そこから見えてきたことや今後のビジネスや働き方を考える上で知っておきたいことを詳しく解説している本です。

現在のChatGPT・生成AIについての知識や使用経験にかかわらず、すべてのビジネスパーソンや学生に一読をおすすめします。

この本の概要や注目点、感想・口コミ、目次などをブログ記事で紹介しています。

アフターChatGPT 生成AIが変えた世界の生き残り方:山本 康正(著)

書籍情報

山本 康正(著)PHP研究所(出版社)2023/7/1(発売日)192P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

人間の仕事は、いよいよ奪われるのか?
未曽有のスピードで進む変化の本質を世界のテクノロジーとビジネスの「目利き」が解説


「生成AI」への注目が急速に高まっている。

とりわけ対話型AI「ChatGPT」は、2022年11月30日に公開されるや、史上最速級のスピードでユーザー数を増やした。
アイデア出しや業務効率化など、仕事への活用も急速に進んでいる。

テキストで指示をすると自動で画像を生成するAIも続々と登場。

マイクロソフトやグーグルなどのビッグテックからスタートアップまで、生成AIをめぐる競争が激化するなか、私たちの仕事やビジネスはどう変わるのか? どう変わるべきなのか?

amazon.co.jp書籍情報より引用

ジェネレーティブAIの衝撃:馬渕 邦美(著)

書籍情報

馬渕 邦美(著)日経BP(出版社)2023/6/23(発売日)288P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ここがポイント

ジェネレーティブAI(生成AI)の技術・ビジネス/投資・倫理、ホワイトカラーの仕事の変化、そして未来予測について、論文・レポート・インタビューを豊富に引用しながら、この一冊でジェネレーティブAIの全貌を把握できるように解説している本です。

ジェネレーティブAIについて、企業内での導入、新規事業・スタートアップの企画、政府・行政での政策立案、などに取り組むことを考えている人に一読をおすすめします。

この本の概要や注目点、感想・口コミ、目次などをブログ記事で紹介しています。

生成AI ビジネスを変えるAIの想像力:白辺 陽(著)

書籍情報

白辺 陽(著)SBクリエイティブ(出版社)2023/5/31(発売日)312P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

“未来を生成”する生成AIの衝撃!

今話題の「ChatGPT」や「Stable Diffusion」などの「生成AI」がもたらすビジネスチャンスをつかめ。

生成AIとは、「コンテンツやモノについてデータから学習し、それを使用して創造的かつ現実的な、まったく新しいアウトプットを生み出す機械学習手法」であり、新しいものを「創造する」という意味において、従来のAI(Discriminative AI:認識系AI/識別系AI)とは区別されます。

本書では、第一線のソフトウェアの具体例の紹介などを通じて、これらのデジタルの画像(イラストや写真加工、写真生成)、動画、音楽・音声、文章を生成するAIが生み出すチャンスとともに、問題点とその解決の流れについて解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ブログ記事

この本の概要や注目点、感想・口コミ、目次などをブログ記事で紹介しています。

AI DRIVEN AIで進化する人類の働き方:伊藤 穰一(著)

書籍情報

伊藤 穰一(著)SBクリエイティブ(出版社)2023/5/30(発売日)280P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ここがポイント

ジェネレーティブAI(生成AI)によって、仕事・学び方・イノベーション・リーダーシップがどのように変わるのか、AIの得意・不得意を知ってどのようにツールとして活用すればいいのか、を解説している本です。

これからの仕事や社会がどう変わるのか?AIをどのように活用するのか?に興味がある人、文章生成・画像生成など生成AIに興味がある人、すでにChatGPTを使っている人、などに一読をおすすめします。

この本の概要や注目点、感想・口コミ、目次などをブログ記事で紹介しています。

エンジニア・プログラマー向け

エンジニア・プログラマー向けの書籍を発売日が新しい順に紹介します。

生成AIプロンプトエンジニア検定 公式テキスト&問題集:生成AIプロンプト研究所(著)

書籍情報

生成AIプロンプト研究所(著)生成AIプロンプト研究所(出版社)2024/3/4(発売日)200(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

この本は、生成AIのスペシャリストであるプロンプト認定エンジニアを養成するために作られました。

この書籍は生成AIプロンプト研究所の公式認定試験に向けた最適なガイドです。
本書を徹底的に学び、問題集に取り組むことで、プロンプト認定エンジニアとしての資格を手に入れる道が開けます。

AI技術が日々の作業を変革する中で、「プロンプト」という技術によるAIへの適切な指示が極めて重要です。
プロンプト認定エンジニアとしてのスキルを習得することで、AIを有効活用し、作業効率と生産性を格段に向上させることができます。

これからの時代をリードするために、この資格を目指し、社会に必要とされる人材へと成長していただきたいと考えます。
※本書の価格には、検定受講料が含まれています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazon Bedrock 超入門:掌田津耶乃(著)

書籍情報

掌田津耶乃(著)秀和システム(出版社)2024/2/29(発売日)384(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

Amazon Web Service上で生成AIを使ったアプリケーションを開発するサービスである「Amazon Bedrock」の解説書です。

クラウドプラットフォーム上で、生成AIを使ったアプリケーションを開発するのに必要な知識を解説する内容となっています。
一本のアプリを作る形ではなく、それぞれの機能の解説のため小規模なサンプルを用いて解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AIで効率的に書く! ITエンジニアのための英語ライティング:西野 竜太郎(著)

書籍情報

西野 竜太郎(著)翔泳社(出版社)2024/2/20(発売日)288(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ドキュメントの特徴をつかみ、生成AIを使えば英語が苦手でもすらすら書ける!

ITエンジニアにとって英語は避けて通れない関門です。
日本国内で働く場合であっても、英語でライティングをしなければいけない場面はたくさんあります。
海外ユーザー向けのマニュアル、ソフトウェア上に表示するボタン名やメッセージなどなど……。

本書は、ITエンジニアがよく悩む「IT英語のライティング」について解説しています。
従来の機械翻訳ツールや英文添削ツールとはまったく異なるアプローチを伝授。
近年発展が進む生成AIを活用して、1)英文を生成してもらい、2)人間が手を入れて完成させる、シンプルな2ステップです。

便利で強力な生成AIですが、うまく使いこなすにはスキルや知識が欠かせません
作成するドキュメントの文章構造、英文の正しさや妥当性を確認するための英文法や表記法、生成AIに英文を出力させるプロンプトなど、さまざまなドキュメント・タイプを対象に求められるスキルや知識をもらさず解説しました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Azure OpenAI ServiceではじめるChatGPT/LLMシステム構築入門:永田祥平ほか(著)

書籍情報

永田祥平, 伊藤駿汰, 宮田大士, 立脇裕太, 花ケ﨑伸祐, 蒲生弘郷, 吉田真吾(著)技術評論社(出版社)2024/1/24(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

Azure×OpenAIでChatGPTシステムを構築!

Microsoft AzureはChatGPTをはじめとするOpenAIモデルを利用できる、現在唯一のパブリッククラウドサービスです。
本書はLLM(大規模言語モデル)に興味があるITエンジニアを対象に、AzureからOpenAIモデルにアクセスできる「Azure OpenAI Service」を使い、ChatGPTを利用した社内AIシステムの開発と導入を実現してもらうのが目的です。

前半では、生成AIとChatGPTモデルの基本的な概念とその仕組みを解説します。
また、Azure OpenAI Serviceの概要と具体的な利用方法を解説し、プロンプトエンジニアリングについても紹介します。

後半ではChatGPTを利用する社内システムの開発手法について、実際にAzure OpenAI Serviceを使いながら学んでいきます。
RAGを利用した社内文章検索システムの実装を経て、LLMを組み込んだアプリケーション(Copilot)の構築へとステップアップしていきます。
また、Azure OpenAI Serviceの利用におけるガバナンス実現に必要な共通基盤化と責任あるAIについても解説しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Azure OpenAI Service実践ガイド LLMを組み込んだシステム構築:柿崎裕也ほか(著)

書籍情報

柿崎裕也,杉本礼彦,荻原裕之,大北真之,山岸大輔(著)日経BP(出版社)2023/12/22(発売日)384(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

専門家のノウハウを凝縮!
大規模言語モデル「GPT」のシステム実装法


ChatGPTを支える大規模言語モデル(LLM)「GPT」などをシステムに組み込むための「Azure OpenAI Service」(Azure OpenAI)を実際に活用するための実践ガイドです。
Azure OpenAIを使えば、企業がLLMを活用する際に懸念となる社内データの漏洩を防ぎながら、社内の独自データに基づく受け答えも可能なシステムを容易に構築できるようになります。

本書ではAzure OpenAIとその周辺AIサービスが備える次のような機能をサンプルコードを使いながら、詳しく解説します。

・GPT-3やGPT-4に多様なパラメータを設定してチャットの受け答えを確認できる「Azure OpenAI Studio」
・自然言語による検索(Embedding)も得意な「Cognitive Search」
・LLM用ライブラリの「LangChain」と「Semantic Kernel」
・AIの処理フローをGUI上で容易に構築できる「プロンプトフロー」
・Meta(Facebook)のLlama 2などオープンソースのLLMも活用できる「モデルカタログ」
・LLM自体に独自のデータを学ばせる「ファインチューニング」

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AIプロンプトエンジニアリング入門 ChatGPTとMidjourneyで学ぶ基本的な手法:我妻 幸長(著)

書籍情報

我妻 幸長(著)翔泳社(出版社)2023/12/13(発売日)224(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ChatGPT&Midjourneyによるプロンプトエンジニアリングの基本的な手法が学べる

生成AIを利用したプロンプトエンジニアリングの実践手法について解説した書籍です。
生成AIの概要と基本的な利用手法から始まり、文章生成AIや画像生成AIを利用したコンテンツ生成の基本的な手法を解説します。
最終章では今後の生成AIの展望についても触れています。

【対象読者】
・文章生成AIや画像生成AIを利用したい方
・プロンプトエンジニアリングに興味ある方

【本書の特徴】
・ChatGPTやMidjourneyといった人気の生成AIの概要をつかめる
・文章生成AIや画像生成AIのプロンプトエンジニアリングの基本手法がわかる
・ChatGPTとMidjourneyを組み合わせたプロンプトエンジニアリング手法がわかる

amazon.co.jp書籍情報より引用

AITuberを作ってみたら生成AIプログラミングがよくわかった件:阿部 由延(著)

書籍情報

阿部 由延 @sald_ra(著)日経BP(出版社)2023/11/9(発売日)184(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

■□ 生成AIプログラミングはAITuberで始めるとわかりやすい!
□■ LLMを使って生成したテキストをYouTubeで配信するまで完全ガイド

プログラミングを学んでいる人なら、誰もが気になる生成AI。
どのように生成AIを利用して、生成したデータをどのように生かすのか。
どのようにアプリケーションに組み込むのか。実例が知りたいですよね。

そこで、AITuberを作ってみるのはいかがでしょう。
AITuberは、YouTube配信を行うAIです。その根幹となるのが生成AI。
YouTubeの配信に書き込まれたコメントを取得して、それに合う返答を生成する。ここで生成AIを使います。
どのようにプログラムから返答を生成するのか、その実例が本書でわかります。
AITuberのキャラクターにふさわしい返答を生成するには、どのようにプロンプトを作っていくのか、そのコードの原則がマスターできます。

生成した文字列をどのようにアプリケーションに活用するのか、それもAITuberで実例を学べます。
取得したテキストを音声に変換し、配信ソフトを使ってYouTubeで配信する。
それに必要なモジュールを作り、配信を実行するためのプログラミングもくわしく解説します。

生成AIプログラミングでは、実際のアプリケーションにどう生成AIを落とし込んでいくのかまで学ぶのがなかなか難しい現状があります。
本書ではAITuberを題材にすることで、YouTube配信という目に見えるゴールを目指してアプリケーションを作り込んで行くことができます。

読者限定の配信用画像(静止画)も無償で提供しています。
また、YouTube配信に必要なツール類も無償で利用できて使いやすいものを取り上げました。
本書に沿ってプログラムやツールをそろえていくことにより、誰でもAIを使ったYouTube配信ができるようになっています。

本書が対象としているのは、Pythonのプログラミングについて入門段階の文法はひと通りマスターしたものの、実際にどうアプリケーションを作ったいいかわからない人や、なかなか自分ではLLM(大規模言語モデル)を活用するプログラムを着想したり、実装したりはできないプログラマーです。
できるだけ早く生成AIプログラミングを学んで武器にしたいなら、ぜひ本書はお薦めです!

amazon.co.jp書籍情報より引用

Azure OpenAIプログラミング入門:掌田津耶乃(著)

書籍情報

掌田津耶乃(著)マイナビ出版(出版社)2023/10/27(発売日)320(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

Azure上での、OpenAI APIを使い方を身に付ける!

本書は、Microsoftが提供するAzure OpenAI Serviceを使って、大規模言語モデルを使ったプログラミングの基礎から、目的に応じたさまざまな設定方法、Webアプリケーションでの利用方法までを解説します。

最初に「Azure OpenAI Studio」を利用してモデルの用意や機能の概要を学んだのち、「Visual Studio Community」を使って、C#で開発を行っていきます。
最初はコンソールアプリを作りながら「チャット」「入力候補」「イメージ生成」「Embedding(分類や類似性の算出)」「微調整(ファインチューニング)」のプログラミング方法を解説します。
その後、Webアプリケーションの作成やデプロイ、アクセスできるユーザーの制御などの方法を解説します。

すでにAzureで開発を行っていてOpenAIの機能を使いたい方や、OpenAI APIの機能は使えるが、スケーラビリティ確保を考えている方におすすめの1冊です。

解説はGPT-3.5ベースで行っていますが、GPT-4が利用できる場合(ChatCompletion)はGPT-4でも動作確認を行っています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Python×APIで動かして学ぶ AI活用プログラミング:下山輝昌ほか(著)

書籍情報

下山輝昌, 黒木賢一, 宮澤慎太郎(著)秀和システム(出版社)2023/10/27(発売日)320(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

Streamlitで手軽にAI技術を活用!
あなたはAIを使えているのか?

生成AI“ChatGPT”や画像生成AI“DALL・E”などの最近話題のAIを扱うスキルを体験学習!!
データサイエンティスト・マーケッター 必須のスキル!!
---
本書は、急速に使えるようになってきたAI技術を使用するテクニックを学ぶ書籍です。

ChatGPTや生成AIや画像生成AIなど。昨今は便利なオープンソースや機能が誰でも使えるように公開されています。
それらを活用してAIプログラミングを学び、AIプログラミングのスキルを獲得しましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

LangChain完全入門 生成AIアプリケーション開発がはかどる大規模言語モデルの操り方:田村 悠(著)

書籍情報

田村 悠(著)インプレス(出版社)2023/10/24(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ChatGPTに代表される対話型AIの「頭脳」といえるのが大規模言語モデル(LLM:Large Language Model)。

ChatGPTのAPIが公開されて以来、多くの企業やエンジニアが競い合うように独自チャットボットなどのLLMアプリケーションの開発に取り組んでいますが、そんな開発を効率化するツールがLangChain(ラングチェーン)です。

LangChainはPythonなどから呼び出すライブラリの1つで、“ChatGPTなどの言語系の生成AIを使ったアプリケーション開発に便利なツールの詰め合わせ”のようなものといえます。

言語系生成AIモデルのライブラリは数多くありますが、ChatGPT黎明期に登場したLangChainが機能の豊富さや使いやすさといった点で優れており現状デファクトスタンダードとなっています。

本書はこのLangChainを用いてアプリケーションを行いながら、LangChainの各機能を丁寧に解説します。

・AIアプリケーションを開発しながらLangChainの各モジュールの活用法がよくわかる
・実用度の高いサンプルコードを多数収録
・Python & VSCode に対応。さまざまなプラットフォームでの開発に活かせる
・プロンプトエンジニアリングを学ぶための最初の1冊にも最適

amazon.co.jp書籍情報より引用

ChatGPT API×Pythonで始める対話型AI実装入門:古川渉一ほか(著)

書籍情報

古川渉一 , 荻原優衣(著)インプレス(出版社)2023/10/24(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

話題の対話型AI「ChatGPT」では、APIと呼ばれる、ChatGPTをアプリケーションに組み込んで利用するためのしくみが公開されています。

ChatGPTのAPIを活用することで、ChatGPTを他のアプリケーションと連携でき、ブラウザ版のChatGPTを単独で使うよりも幅広い活用が可能になります。

たとえば「音声認識サービスと連携し、会話の音声データを文字起こししてChatGPTで要約する」「Google検索の結果を取得して、ChatGPTでニュース記事を作成する」といった処理ができます。

本書では、Pythonの具体的なコードを示しながら、ChatGPT APIを活用したサービスを実装する方法を解説します。

ChatGPTの回答を細かく制御できる「パラメータ」の利用方法についても紹介するため、ChatGPTをカスタマイズして使うことが可能になります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ChatGPT/LangChainによるチャットシステム構築[実践]入門:吉田真吾ほか(著)

書籍情報

吉田 真吾 , 大嶋 勇樹(著)技術評論社(出版社)2023/10/18(発売日)280(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ChatGPTのAPIとLangChainで大規模言語モデルをシステムに組み込む知識をステップバイステップで実践できる!

本書は、ChatGPTのAPIとLangChainを使って、大規模言語モデル(LLM)を本番レベルのシステムに組み込むための知識をステップバイステップで学習し、手を動かしながら実践できる書籍です。

生成AIが登場し、APIやフレームワークのエコシステムが充実してきたことによって、これまで機械学習やプログラミングの十分な知識が必要だったことに対してアプリケーション開発者が挑戦しやすくなりました。
LLMの性質を活かしたサービスや業務システム構築の基礎を理解し、LLMのモデルやワークフローを抽象化して取り扱ううえで、LangChainというフレームワークが非常に便利です。

本書でOpenAI APIやLangChainをしっかり学ぶことで、生成AI関連の知識を体系的にイメージできるようになります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AI・ChatGPTでPythonプログラミング:クジラ飛行机(著)

書籍情報

クジラ飛行机(著)ソシム(出版社)2023/8/2(発売日)384(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

本当に役に立つの?
そんな疑問を払拭させる答えがここに!

・ハルシネーションはどう防ぐ?
・プロンプトエンジニアリングで最適な答えを!
・ChatGPT APIの活用でさらなる高みに!

目次
1章 生成AIとは何か?
2章 ChatGPT - プロンプト編
3章 ChatGPT - API編
4章 大規模言語モデルと作るアプリ開発
5章 大規模言語モデルを10倍強化する

amazon.co.jp書籍情報より引用

OpenAI GPT-4/ChatGPT/LangChain 人工知能プログラミング実践入門:布留川 英一(著)

書籍情報

布留川 英一(著)佐藤 英一(編集)ボーンデジタル(出版社)2023/7/4(発売日)304P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ChatGPTをはじめとする生成AIをカスタマイズし独自活用するための1冊

本書は、ChatGPT、GPT-4/GPT-3.5の利用方法にとどまらず、「OpenAI API」を使うことでカスタマイズしたAIを独自のシステムに組み込むための方法をステップ・バイ・ステップで解説した1冊です。

また、大規模言語モデル(LLM)では学習されていないデータを参照して、質問応答(チャット)を作成するためのライブラリ「LlamaIndex」、複雑なタスクを実行するアプリケーションを作成するためのライブラリ「LangChain」についても詳細を解説しています。
加えて、現時点では限定公開中の「ChatGPTプラグイン」についても取り上げました。

本書を活用することで、いま大きな話題となっている強力なAIの機能を自社のサービスやアプリケーションの一部として提供することが可能になります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

学生・研究者向け

学生・研究者向けの書籍について、発売日が新しい順に紹介します。

深層学習 生成AIの基礎:岡留 剛(著)

書籍情報

岡留 剛(著)共立出版(出版社)2024/3/28(発売日)266(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

学部2, 3年生以上を主な対象とした深層学習の教科書。
ニューラルネットワークの基本からはじめて、生成AI(言語生成と画像生成)について理解することを目指す。

本書ではまず、進化・深化した深層学習の要素技術と、表現学習の代表例である単語埋めこみ、さらに、ネットワーク基盤としてのトランスフォーマーを、その基礎である注意機構とともに解説する。

言語生成については、言語処理の基盤アーキテクチャとして応用範囲のひろい大規模言語モデルを導入し、発展形である言語生成モデルを紹介する。
大規模言語モデルを言語生成モデルへと昇華させるのに必要となった強化学習についても、本質的な事柄にしぼって詳述する。

画像生成については、生成モデルとして発展いちじるしい拡散モデルを取り上げ、さらにGAN(Generative Adversarial Network)についても解説する。

最後に、半教師学習や不均衡なデータにおける学習・知識蒸留など、さまざまな学習の枠組みについて解説する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AIスキルとしての言語学 誰もが「AIと話す」時代におけるヒトとテクノロジーをつなぐ言葉の入門書:佐野大樹(著)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

言語学を学べば、生成AIの底力を縦横無尽に引き出せる!
生成AI開発に従事する言語学者が明かす、人間のあらゆる能力を拡張していくビジネス教養

ずっと使える「生成AIとの話し方」、教えます。

生成AI技術は、まさに「日進月歩」の速度で進化しています。
ただ、あまりにも進化が速く、現在、効果的とされる生成AIの使い方が、明日には陳腐化してしまう可能性が高い領域です。
どれだけ目まぐるしい生成AIの変化があったとしても、学んでおくと、「スキル」としてどの時代でも普遍的に通用する、むしろ生成AIの性能が向上すればするほどに重要性を増すものがあります。

それは、「言語学」です。
言語学というのは、ざっくり言うと、自分が「伝えたいこと」を誰かに伝えるために、どう言葉で表すことができるのか、また、どの言葉を使うのが効果的かを追求してきた学問です。

でも、なぜ、「言語学」が生成AI時代に必要なのでしょう。
生成AIとのコミュニケーションは、プログラミング言語のような形式言語でなく、私たちが普段使っている言葉、自然言語で行われています。
言語学が研究の対象としてきたのは、この「自然言語」なのです。

私たちは、長年にわたり言語学で探求され続けてきた、「伝えたいこと」を言葉で表す際の「選択肢」を理解し、そのなかで、生成AIとの対話で効果的な「言葉の選び方」を学ぶことで、生成AIの潜在能力を引き出すことができるのです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

高校生が感動した英語独習法:安河内 哲也(著)

書籍情報

安河内 哲也(著)PHP研究所(出版社)2024/1/16(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

「大嫌いな英語が好きになった」――英語の魅力に目覚めた高校生が続出!
今やAIを活用するのは英語学習の常識。AIの時代に求められる英語力とは何か?

自動翻訳技術や生成AIが進化する現在、英文メールの作成や簡単な英会話は、AIでできてしまう。では英語学習は不要なのか?
いや、人が人に最も惹かれる以上、人間的なコミュニケーションはより一層求められるだろう。

従来、英語をひとりで勉強することはとても難しいことだった。英作文や発音が間違っていても、それを正してくれる人がいないのだから。
しかし今、AIやインターネットアプリが、英作文や発音の修正点をやさしく指摘してくれる時代になった。さらにオンライン英会話まで習慣化してしまえば、まさに感動するほど、独習で英語が上達するのだ。

本書では、超人気予備校講師が講義形式で、アプリ、動画、生成AIを最大限に活用した効率的な学習法を語る。

amazon.co.jp書籍情報より引用

大規模言語モデル入門:山田 育矢ほか(著)

書籍情報

山田 育矢, 鈴木 正敏, 山田 康輔, 李 凌寒(著)山田 育矢(監修)技術評論社(出版社)2023/7/29(発売日)336(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ChatGPTに代表される大規模言語モデルが自然言語処理の幅広いタスクで高い性能を獲得し、大きな話題となっています。
大規模言語モデルは、大規模なテキストデータで訓練された大規模なパラメータで構成されるニューラルネットワークです。
2020年以降、自然言語処理や機械学習の知見をもとに、パラメータ数とテキストデータの拡大により、性能が飛躍的に向上しました。

Hugging Face社の"transformers"というPythonライブラリを利用することで、プログラミングの経験があれば、モデルの操作やデータからの学習がかんたんにできます。
モデルを訓練するための日本語もしくは日本語を含む多言語のデータセットも充実してきており、すぐに業務に使える実用的なモデルを作ることが可能な時代がやってきました。

本書は、大規模言語モデルの理論と実装の両方を解説した入門書です。
大規模言語モデルの技術や自然言語処理の課題について理解し、実際の問題に対処できるようになることを目指しています。
以下のような構成によって、理論とプログラミングの双方の側面から、大規模言語モデルに関する情報を提供します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

大規模言語モデルは新たな知能か――ChatGPTが変えた世界:岡野原 大輔(著)

書籍情報

岡野原 大輔(著)岩波書店(出版社)2023/6/20(発売日)136P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ここがポイント

AI研究の歴史をひもときながら、ChatGPTなどの大規模言語モデルがなぜ言語を扱う能力を獲得できているのか、そしてこの新しい知能とどのように付き合うのかを、数式を使わずに専門家が解説している本です。

すでにChatGPTの入門書を読んだことがある人やChatGPTを使ったことがある人で、大規模言語モデルの歴史や仕組みについてもっと知りたいと興味を持った人に一読をおすすめします。

この本の概要や注目点、感想・口コミ、目次などをブログ記事で紹介しています。

教師・教育者向け

教師・教育者向けの書籍について、発売日が新しい順に紹介します。

授業で使える!教師のためのChatGPT活用術:田中 博之(著)

書籍情報

田中 博之(著)学陽書房(出版社)2024/2/19(発売日)184(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

授業の効率化ができる!この一冊で生成AIの基礎から実践方法までバッチリ理解!

この一冊で基礎から応用までしっかり理解・実践へ!
生成AIを授業でどう活用すればいいか、プロンプト(指示文)や実践事例を紹介!

「子どもにChatGPTを使わせて大丈夫?」「授業に使いたいけど、ChatGPTに上手く指示が出せない…」と不安に感じるあなたへ。

文科省の生成AIガイドラインを丁寧に解説・さらにユニセフの生成AIガイドラインも合わせてご紹介。

これからの子どもたちのためにどう活かしたらいいのか、わかりやすく理解!

amazon.co.jp書籍情報より引用

学校の生成AI実践ガイド 先生も子どもたちも創造的に学ぶために:特定非営利活動法人みんなのコード(編集)

書籍情報

特定非営利活動法人みんなのコード(編集)学事出版(出版社)2023/12/18(発売日)160(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

★生成AIの基本から実践までがこの1冊でよくわかる!
★生成AIのある学校がこの1冊でイメージできます!
★子どものために、先生にこそ読んでほしい!

■この本の内容
文章や画像を自動で作り出す「生成AI」は、近い将来、これからの教育のあり方を変えていく大きな可能性を秘めています。
本書では、学校で生成AIを使い、創造的な学びを広げていくために必要な知識、理論をギュッと収録。さらに実際に学校で行われた先進的な事例も紹介。
「そもそもAIって何?」「どうやって学校で使えるの?」「全く知らなくて子どもたちに教えられない……」等々――そんな先生たちの疑問、悩みすべてに答え、実践を後押しする1冊です!

■担当者のおすすめコメント
近年話題の「生成AI」。
学校においても、教員の負担軽減はもちろん、児童生徒の学びをより創造的にしていく可能性を秘めています。
本書は生成AIの基礎知識から、学校での実践事例まで、先生たちが知りたい情報を網羅!
「知っておきたい」「使ってみたい」を力強くサポートする1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

弁護士・法律家向け

弁護士・法律家向けの書籍を発売日が新しい順に紹介します。

ゼロからわかる 生成AI法律入門 対話型から画像生成まで、分野別・利用場面別の課題と対策:増田 雅史ほか(編集)

書籍情報

増田 雅史 , 輪千 浩平(編集)朝日新聞出版(出版社)2023/9/20(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

近時、対話型AIを中心として、AI(人工知能)に関する話題を目にしない日はないというほど、生成AI(Generative AI)の社会における利活用が急速に進んでいます。
一方で、ビジネスにおいて対話型AIを利用することが事業者にもたらすリスク、画像などの非言語的コンテンツを生成するAIのクリエイティブ分野に与える影響、果ては人類の創造性や判断力を凌駕することへの恐れなど、生成AIが社会にもたらす可能性のある負の側面への注目も同時に高まっています。

本書はこうした状況を踏まえ、主に法実務の視点から、生成AIに関連する法律や実務的トピックを幅広く紹介することを通じて、基礎的な知識から大まかな視座までを得られる入門書です。

執筆は、日本最大級の総合法律事務所である森・濱田松本法律事務所に所属する弁護士チーム。
生成AIにまつわる依頼・相談に日常的に向き合い、時には政府における政策立案にも関与する中で、日々蓄積する生成AIに関する知見を掲載しています。

本格的な「AIの時代」の到来に向け、法務関係者だけではなく、ビジネスにかかわるすべての人が備えておきたい一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ChatGPTと法律実務-AIとリーガルテックがひらく弁護士/法務の未来

書籍情報

松尾 剛行(著)弘文堂(出版社)2023/8/8(発売日)360(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

amazon.co.jp書籍内容紹介文を、ChatGPTで要約して紹介します。

2022年11月ローンチのChatGPTは、官公庁からクリエーションまで様々な領域での利活用が模索されていますが、リスクや法的課題が未解明な部分が多い。

特に弁護士業務や企業法務など、機微な情報を扱う場面では、個人情報の取り扱いや知財リスクに対する懸念が増大します。

しかし、2040年代にはAI技術の法務への組み込みが「当たり前」となることが予想され、その適切な取り扱いが法律業界の発展の鍵となる。

本書はChatGPTの技術的制約やリスクを考慮しながら、法律業務での利活用方法を指南。

実務経験とAI法の研究に基づく知見を提供し、法律実務者にとっての指南書となっている。

生成AIと社会・人類を考える本

生成AIと社会・人類を考える本について、発売日が新しい順に紹介します。

生成AI革命 社会は根底から変わる:野口悠紀雄(著)

書籍情報

野口悠紀雄(著)日本経済新聞出版(出版社)2024/1/19(発売日)320(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

秩序を破壊する変化を歓迎する。革命の意義を正しく理解した者には未来がある――。
情報経済論の大家が社会の大変動を見通す。
生成AIが生み出す世界とは? 多角的に描き出す。

◆「生成AIのなかった世界」が終わりになる。「生成AIのある世界」が始まる。これからの時代、人間の知的活動は、まったく違うものになる。

◆革命はすでに進行している。これほどの速さで普及した新技術は前例がない。しかも、生成AIは多くの用途に使用される一般汎用技術だ。社会構造に大きな変化が起きる。

◆生成AIの利用による労働生産性の破壊的な変化を受け入れない企業は、壊滅的なコスト高に直面し、イノベーション上の不利な立場に陥るだろう。企業はいますぐ準備を始めるべきだ。ビジネスモデルの再構築、AIをワークフローに組み込むための働き方の変革――ビジネスリーダーはまさにいま、社内イノベーションを開始すべき時を迎えている。

◆一番危険なのは、この技術を過小評価したり、背を向けたりすることだ。変化を恐れて新しい技術を導入しなければ、日本は世界の進歩から決定的に立ち遅れてしまう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

AIガバナンス入門 リスクマネジメントから社会設計まで:羽深 宏樹(著)

書籍情報

羽深 宏樹(著)早川書房(出版社)2023/12/19(発売日)272(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

AIリスクの本質とは? いかにコントロールするか? 「AIガバナンス」初の入門書にして決定版。

冨山和彦氏(経営共創基盤グループ会長)推薦
「AIを「自分事」にするために。本書を読む前と後では、意志決定の質が一変するだろう」

著作権侵害や虚偽情報の拡散などAIのリスクを適切にマネジメントしつつ、AIがもたらす価値を最大化するために何を心がけ、どのようなルールや組織、技術を構築すべきか。

本書は経営者や政策決定者のみならず、あらゆる人にとって喫緊の課題となっている「AIガバナンス」について、基礎知識から各国の動向、あるべき社会像までを解説した初めての入門書である。

国際的に活躍する弁護士にして京都大学「人工知能と法」ユニット特任教授を務める俊英が構想する「アジャイル」な世界とは?

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AIの可能性と人類 人類のあり方や、仕事の仕方、生き方を、哲学的視点と工学的視点から考える:瀧本 往人(著)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

今話題の「生成AI」について、特に「ChatGPT」が、どのような経緯で生まれてきたのか、どういった技術なのかを、哲学や言語学、情報科学の文脈から説明。

「テキスト」「音声」「画像・映像」のそれぞれの技術に沿って、どのような可能性があるのかを掘り下げます。

さらに、こうした生成AIを通じて、人類のあり方や、仕事の仕方、生き方を、工学的視点と哲学的視点の両方から見つめます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

AI失業 生成AIは私たちの仕事をどう奪うのか? :井上智洋(著)

書籍情報

井上智洋(著)SBクリエイティブ(出版社)2023/11/7(発売日)264(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

人工知能(AI)で明暗が分かれる仕事、業界、日本社会…その未来を経済学者が大予測! 

ChatGPTを代表格とする文章生成AI、ミッドジャーニーやステーブル・ディフュージョンに代表される画像生成AIなど、各ジャンルで高機能のAI技術が続々と誕生している今。 
あらゆるビジネスパーソンはそれらの概要を理解し、使いこなせなければ生き残れない時代が到来しているといえます。 

さらには、最新のテクノロジーツールを自在に操れたうえで、自らのプレゼンスを高めるために、「己の付加価値をどうビジネスで生み出すか」が問われ始めてもいます。 

そんななか、多くの働く人の頭にあることは、「テクノロジーによって自分の仕事が奪われるのではないか」「共生していくにしても、太刀打ちできる気がしない…」という危機感でしょう。 

数年前は、「どんなに技術が進歩しても、ヒトにしかできない仕事やクリエイティビティはある」と信じて疑わなかった人々でさえ、この現実を目の前にして「いよいよ本格的に多くの人が失業するのでは?」と考えを一転させているはずです。 

本書は、かねてよりAIやメタバース、テクノロジーと雇用の関係性について、先見的な意見を述べてきた経済学者・井上氏が、この大変革期に「人工知能が私たちの雇用と経済に与える影響」についてやさしく語る1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

デジタル社会の罠 生成AIは日本をどう変えるか:西垣 通(著)

書籍情報

西垣 通(著)毎日新聞出版(出版社)2023/10/31(発売日)272(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ビッグデータ、人工知能、メタバース、chatGPT……
デジタル技術のゆくえを追い続けてきた著者が、科学の限界と可能性を語り尽くす。

日本を代表する情報学者がおくる稀有な社会論!

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AIの核心: 「新しい知」といかに向き合うか:西田 宗千佳(著)

書籍情報

西田 宗千佳(著)NHK出版(出版社)2023/9/11(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ChatGPTをはじめとする生成AIの可能性と限界を見通す!

ChatGPTに代表される「生成AI」は、急速に浸透したが、内容の間違いへの対応や著作権保護等、多数の課題がある。

さらに、一層の開発をめぐる企業間、国同士の覇権争いまで、多くの論点を含む。

生成AIをどう活かすべきなのか、AIの歴史や動作の理由も知り、その本質をあぶりだす。

amazon.co.jp書籍情報より引用

世界最高峰の研究者たちが予測する未来:山本 康正(著)

書籍情報

山本 康正(著)SBクリエイティブ(出版社)2023/9/6(発売日)272(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

海外のトップ頭脳も予測した!最新テクノロジーによる2030年の世界 

テクノロジーはどこまで進化するのか? 
人間は駆逐される? 
AIって結局、わたしたちにどんな影響を与えるの? 
今、多くの人がこのような疑問を抱いているのではないでしょうか。 

ChatGPT、Bing、Midjourney、Stable Diffusion…世界を大変革の波に包み込んだ最先端AI。
一昨年の2022年は「画像生成AI元年」とも称されますが、現代に生きるわたしたちにとって、人工知能をはじめとする最新テクノロジーは、仕事、くらし、教育など人生のどの側面から見ても、もはや切り離して考えることが難しい存在にまでのぼりつめました。 

そのような今、わたしたちの仕事やくらしのあり方、テクノロジーとの共生方法を模索することが、世界中で喫緊の課題となっています。 
トレンドトピックでいえば、「教育現場で教師はAIに取って代わられるのではないか」「クリエイターはAI以上の価値創造ができるのか」など、人間にとって当たり前だった「働く行為」の見直しが各所で進んでいます。 

本書では、ハーバード大学客員研究員であった山本康正氏が、「ハーバード大学、スタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)など、世界を舞台に活躍する一流エンジニアを輩出する名門大学・研究機関の研究者や関係者が発表している研究データ」に基づき、ジェネレーティブ AI などをはじめとした、さまざまな最新テクノロジーによって、これから業界・産業にどのような地殻変動が起こるのかを見通しています。 

エンターテインメント、金融、不動産、製造、医療・ヘルスケア、教育など、各産業ごとに、最新テクノロジーによってそのしくみや働き方、ビジネスモデルのあり方がどう変わるのか、豊富な具体例とともにみなさまにご紹介します! 

この時代を生きるわたしたちにとって、これからの世界を生き抜くヒントと正しい危機感、そして心に灯がともるような希望を与える1冊です。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

生成AI 「ChatGPT」を支える技術はどのようにビジネスを変え、人間の創造性を揺るがすのか?:小林 雅一(著)

書籍情報

小林 雅一(著)ダイヤモンド社(出版社)2023/7/5(発売日)376P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

言葉を理解し、文章や画像だけでなくプログラミングコードすら生み出す生成AIは社会をどのように変えるのか? 

中心となるOpenAIやマイクロソフト、それに対抗するグーグルなどテック企業の思惑とは? 

超スピードで進むAIの進化と社会変革についていくための基礎教養をまとめた、現時点の最良のレポート。

amazon.co.jp書籍情報より引用

まとめ

生成AI(ジェネレーティブAI)について知りたい人に、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、生成AIがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本初心者向けなど(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは、以下のような記事も紹介しています。