【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年4月】画像生成AIがわかる本おすすめ3選+最新情報

「画像生成AIがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

画像生成AIについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

まずはじめに、画像生成AIがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • AI研究者:機械学習とディープラーニングを使用して新しい画像生成技術を開発したい。
  • ソフトウェア開発者:AIを活用した画像生成アプリケーションの開発に興味がある。
  • グラフィックデザイナー:AIを利用して独創的なビジュアルコンテンツを作成したい。
  • コンピュータビジョン専門家:画像認識や処理の分野でAI技術を活用したい。
  • データサイエンティスト:ビッグデータから画像コンテンツを生成するためのAI技術を学びたい。
  • クリエイティブ業界のプロフェッショナル:芸術作品やデザインプロジェクトにAIを組み込みたい。
  • マーケティング担当者:AIを使った画像生成でマーケティング資料を強化したい。
  • 教育者:AIとコンピュータグラフィックスの学生に画像生成AIの原理と応用を教えたい。
  • 学生:AIとデジタルアートのキャリアを目指し、関連技術を学びたい。
  • テクノロジー愛好家:最新のAI技術トレンドとして画像生成AIに関心がある。

あなたの興味ある本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

画像生成AIの本 おすすめ3選

画像生成AIがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

Stable Diffusion AI画像生成ガイドブック:今村 勇輔(著)

書籍情報

今村 勇輔(著)ソシム(出版社)2023/4/1(発売日)288P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Stable Diffusionとは、オープンソース化された高性能画像生成AI(モデル)であり、20億枚の画像と言葉のペアを学習することで、「テキストからの画像出力(複数、ポーズ画像も可)」「ラフ画像からの画像出力」などが可能です。

Midjourneyやmimicなどと比較しても、Stable Diffusion に対する注目度は極めて高く、「日本語版サービス」「Photoshopで動かすプラグイン」「Windowsやmacでも動作するバージョン」「画像からプロンプトを表示するアプリ」も登場しています。

本書では、その使い方を詳細かつ包括的に解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

画像生成AI Stable Diffusion スタートガイド:白井 暁彦 , AICU media編集部(著)

書籍情報

白井 暁彦 , AICU media編集部(著)SBクリエイティブ(出版社)2024/3/29(発売日)224(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

画像生成AIの1つであるStable Diffusionを導入・体験するための入門書です。
プログラミングが分からない、ネットの情報を見てもうまく使えなかった、そんな悩みを抱えている人でもAIを使った画像生成体験ができるようにしっかりサポートします。

本書籍では以下の環境で解説します。
・Google Colab Pro環境
・Windows10/11 NVIDIA GPU環境
・MacOS Apple silicon環境

本書籍では以下の内容を取り扱います。
・拡散モデルによる画像生成の原理
・Stable Diffusionを使用するためのWebUI環境構築
・テキスト/画像を元に画像を生成する(txt2img/img2img/ControlNet)
・Google Colab上で追加学習を行う(LoRAの作成)

本書ではソフトウェアの使い方解説だけではなく、自分で設定できるセッティングやパラメータが画像生成にどのように関わっているのかについても解説しているため、AI技術について知識を深めたい人にとってもおすすめです。

また、既にAIを活用している方にもご満足いただけるように、よりAI画像制作を極めるヒントとなるようなStable Diffusionを含むAI画像生成を利用した作例のメイキング方法やプロンプト構成/生成パラメーターなどの情報を公開・解説しています。
ハンズオン形式で最後まで取り組むことで、画像生成AIへの理解をより深めることができる1冊となっています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

先読み!IT×ビジネス講座 画像生成AI:深津 貴之, 水野 祐, 酒井 麻里子(著)

書籍情報

深津 貴之, 水野 祐, 酒井 麻里子(著)インプレス(出版社)2023/3/23(発売日)184P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

『先読み!ビジネス講座』は、「この先どうなっていくかがわかる」「リアルな話がわかる」「手っ取り早くわかる」の3つの「わかる」をコンセプトに旬のトピックをひもとくIT×ビジネス解説書です。

今話題の画像生成AIってどんな技術なの?どうやって使うの?著作権問題はどうなっている?などの疑問に、その分野の第一人者が1つひとつ丁寧に答えます。

先端技術である画像生成AIの今、そしてこれからについてがわかります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ここがポイント

「画像生成AI」が注目されている理由から、仕組み、使い方、活用方法、法律上の問題、今後の進化まで、エンジニアでなくても基本的な知識が習得できるよう、対話形式と図表で、専門家によって解説されている本です。

この本の概要や注目点、感想・口コミ、目次などをブログ記事で紹介しています。

画像生成AIの名著・ロングセラー本

画像生成AIについての名著やロングセラー本を紹介します。

これからのAI × Webライティング本格講座 画像生成AIで超簡単・高品質グラフィック作成:瀧内賢(著)

書籍情報

瀧内賢(著)秀和システム(出版社)2023/12/9(発売日)210(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

画像生成AIを、Webコンテンツ作成に活用するための手引書です。

AIに的確な結果を生成させるための命令(プロンプト)について、考え方の基本から解説。

ブログやSNS、キャンペーン広告など、Webコンテンツでの活用におけるノウハウも紹介しています。

Adobe Firefly対応。

amazon.co.jp書籍情報より引用

図解ポケット 画像生成AIがよくわかる本:田中 秀弥(著)

書籍情報

田中 秀弥(著)松村 雄太(監修)秀和システム(出版社)2023/5/20(発売日)194P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

近年注目されている技術である画像生成AIについて、初心者向けに基礎知識をまとめた解説書です。

画像生成AIはテキストを入力しただけでイメージどおりの画像を生成できるツールです。
趣味やビジネスでの利用が広がる一方で、著作権に関する問題なども議論を呼んでいます。

本書では画像生成AIの仕組みから、著作権の取り扱い、ビジネスでの活用事例まで、ビジネスパーソンが押さえておきたい情報をわかりやすく解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

画像生成AIと著作権について知っておきたい50の質問:ニャタBE ほか(著)

書籍情報

ニャタBE , 花井 裕也 , 谷 直樹(著)オーム社(出版社)2023/11/29(発売日)208(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

画像生成AIと著作権について、3人のプロと一緒に考えよう

この本は、イラストレーター・AI開発者・弁護士というそれぞれ異なる立場の3人のプロが、AIイラストに関する50個の質問に対して、回答や説明、議論などを行う本です。

2022年に急速に一般化した画像生成AIは、注目を集めるとともに、法や倫理に関するさまざまな議論を呼んでいます。
これらの議論には、著作権法をはじめとした法律の知識と、生成モデルを中心とした機械学習の知識、さらにイラスト制作の技術や当該分野における慣習などのクリエイティブ業界の知識という異なる3分野の知見が必要とされます。

また、新技術として社会実装されるためには、「適法か否か」という論点だけでなく、「倫理的に正しいといえるのか」「ビジネスとして成立しうるのか」など、複数の視点からの問題提起が必要となります。

この本では、上に挙げた3分野の基礎知識を説明しつつ、画像生成AIがもつ課題や可能性を整理・指摘していきます。

画像生成AIの学習データや出力に対して疑問をもっている方や、逆に画像生成AIを利用しており商用利用も考えている方など、立場問わず生成AIに関心のある方を広く読者対象として想定した本です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

はじめてでも迷わないMidjourneyのきほん ビジネスに活用できる画像生成AI入門:mikimiki web school(著)

書籍情報

mikimiki web school(著)インプレス(出版社)2023/11/21(発売日)272(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

話題の画像生成AI「Midjourney」(ミッドジャーニー)を業務で活用するコツがわかる!

本書は、キーワードを指定するだけで好みの画像やイラストを一瞬で生成できるMidjourneyの操作方法と、ビジネス資料やバナー広告、SNS投稿用のサムネイルなどの素材となる画像を効率的に生成するノウハウを解説した書籍です。

基本的な機能を解説した「基礎編」と、利用シーン別に画像を生成する「実践編」の2編で構成しており、この1冊でMidjourneyの使い方がひと通り分かります。
また、商品写真の背景だけを生成したり、画像のサイズや縦横比を変更したりなど、ビジネスでの利用を想定したプロンプトを多数収録しています。

●このような方におすすめ
・画像生成AIを活用したいWebデザイナー
・Web広告やSNSで情報を発信しているマーケティング担当者
・資料作成が必要な社会人/大学生
・画像生成AIを業務で活用したい人

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新の画像生成AIの本

近日発売予定や最近発売された最新の画像生成AIの本を、発売日が新しい順に紹介します。

はじめてでもここまでできる Stable Diffusion画像生成本格活用ガイド:大﨑 顕一 , 水口 瑛介(著)

書籍情報

大﨑 顕一 , 水口 瑛介(著)技術評論社(出版社)2024/3/23(発売日)232(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

画像生成AI Stable Diffusionの使い方と注意点がわかる

Stable Diffusionは、無償で利用でき、ユーザーのPCで自由自在に画像生成が可能な画像生成AIです。

本書では、Stable Diffusionに初めて触るビギナーにもわかりやすくその使い方を一から解説し、さらに画像を作り込むうえで欠かせない拡張機能、オリジナルキャラクターをAIに覚えさせるLoRAの作成方法といったStable Diffusionを使いこなすうえで知っておきたい知識までを網羅して解説します。

さらに画像生成AI、とくにStableDiffusionを利用するうえであらかじめ知っておくべき著作権に関する知識について、アーティファクト法律事務所の弁護士水口瑛介氏が解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

デザインの仕事がもっとはかどる Adobe Firefly活用テクニック50:コネクリ(著)

書籍情報

コネクリ(著)インプレス(出版社)2024/3/6(発売日)184(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

生成AI「Adobe Firefly」でデザインのクオリティや作業効率をアップ!

「Adobe Firefly」(以降、Firefly)は、著作権に配慮された商用利用可能な生成AIです。
「テキスト入力から静止画像を生成する」ことだけにとどまらず、ベクターデータを生成する「テキストからベクター生成」や、イメージから配色を生成する「生成再配色」など、様々なクリエイターの仕事に役立つ形で提供されています。
また、PhotoshopやIllustratorなど、普段クリエイターが使用しているアプリに機能として搭載されているため、アプリを切り替えることなく、デザイン作業中にすぐに活用できるのも大きなメリットです。

本書はそんなFireflyの活用テクニックを50個解説した書籍です。

「デザインの仕事にAIを役立てる具体的な方法が知りたい」という人に向けて、「クオリティアップに役立つ」「アイデアの引き出しが増える」「時短につながる」など、便利で役立つテクニックを掲載しています。
Chapter1ではFireflyの特長や基本的な使い方を解説しているため、Fireflyを初めて使う方にもおすすめです。

本書をお読みいただければ「Fireflyをどう使えば、作業効率や表現の向上につながるのか」がわかります。
さらに、サンプルファイル付きだから、自分で素材を用意しなくてもOK! 解説しているテクニックをすぐに試せます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

フォロワーが増える! Instagramコンテンツ制作・運用の教科書:mikimiki web school(著)

書籍情報

mikimiki web school(著)秀和システム(出版社)2023/12/23(発売日)224(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

フォロワーを増やしたい! でも、どこから手をつけていいかわからない。

初心者でもできるフォロワーが増えるコンテンツの作り方を学ぶことができます。

今話題の画像生成AIを使ったコンテンツ作成方法についても紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

人工知能入門 初歩からGPT/画像生成AIまで:豊田 秀樹(著)

書籍情報

豊田 秀樹(著, 編集)東京図書(出版社)2023/12/9(発売日)328(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

人工知能に関してまったく知識のない初心者の方を読者対象に、やさしい記述による理論の説明、日常生活でなじみ深い応用例の紹介を通じて、実用的な意味での人工知能の実践的知識と技能を解説。

RNN, CNN, attention, Transformer, GAN, GPT を、基礎から順番に、丁寧にかみ砕いて説明します。

分析例は、オープンソースのPython を用いて読者自ら追計算ができ、卒論や修論を書く際の即戦力にもなります。

データサイエンティストを目指す文系の学生にも最適な1冊!

amazon.co.jp書籍情報より引用

初心者向け

初心者向けの書籍について、発売日が新しい順に紹介します。

世界一やさしいChatGPT&画像生成AI:世界一やさしいシリーズ編集部(編集)

書籍情報

世界一やさしいシリーズ編集部(編集)インプレス(出版社)2023/7/27(発売日)80(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

本ムックは、注目の「ChatGPT」および画像生成AIを利用したい人のためのガイドブックです。

巻頭では、ChatGPTを自分の仕事や表現活動に利用している落合陽一氏に、ChatGPTおよび生成AIの現状とこれからについてインタビュー。
続けて、ChatGPTと画像生成AIという2つの主要なAI技術について、概要を解説しています。

第1章は、ChatGPTの基本的な使い方、日本語での使い方を解説します。
OpenAIのアカウントの作り方から、日本語でのチャットの方法までを詳しく説明します。

第2章は、ChatGPTの使い方をさらに深く掘り下げます。
Excelとの連携方法、Googleスプレッドシートやドキュメントと連携する方法を解説。
自分の好きなように答えを出すためのプロンプトの入力方法や、ウェブブラウザーに追加するプラグインの使い方、スマホでの利用方法など、ChatGPTのさまざまな使い方を詳しく解説します。

第3章では、Microsoftの検索エンジンBingで使える生成AI「Bing AI」の使い方を解説。
MicrosoftのブラウザーであるEdgeでBing AIを使う方法や、スマートフォンアプリの利用方法などを紹介します。

第4章では、画像生成AIについて詳しく解説します。
無料で使えるいくつかの画像生成AI、「Bing Image Creator」やCanvaの「CanvaAI」、「Stable Diffusion」「Adobe Firefly」といったツールの使い方を紹介しています。

巻末には、ChatGPTや画像生成AIを使って困ったときに役立つQ&Aをまとめています。
本ムック片手に生成AIを使いこなして、日々の生活や仕事がより効率よくしましょう!

amazon.co.jp書籍情報より引用

Stable Diffusion(ステイブル ディフュージョン)

Stable Diffusion(ステイブル ディフュージョン)の書籍について、発売日が新しい順に紹介します。

AIで好きな絵をつくる!「Stable Diffusion」:生成AI研究会(著)

書籍情報

生成AI研究会(著)興陽館(出版社)2023/9/15(発売日)152(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「一言」打つだけで120%の絵ができる!

話題の画像生成AI「Stable Diffusion(ステイブル ディフュージョン)」

はじめての入門書! わかりやすい図解入り解説!

amazon.co.jp書籍情報より引用

画像生成系AI Stable Diffusionゲームグラフィックス自動生成ガイド:クロノス・クラウン柳井政和(著)

書籍情報

クロノス・クラウン柳井政和(著)秀和システム(出版社)2023/8/18(発売日)288(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ゲーム開発もAIを活用する時代に!
画像生成系AI「Stable Diffusion」にゲームグラフィックスを描かせてみよう。

【本書で生成するゲームグラフィックス】
・キャラクター(人やクリーチャーなど)
・背景(自然景観、ファンタジー風、絵画風、学校、繁華街、都市、SF、サイバーパンク風など)
・UIパーツ(トレーディングカード風、木材など)
・アプリアイコン
・アイテム(宝箱、ポーション、剣、盾など)
・RPGマップ

【本書で紹介する生成テクニック】
・良好な結果を得やすいプロンプト、ネガティブプロンプト
・手書きラフからの生成
・キャラクターにポーズを付ける方法
・キャラクターをAIに学習させる方法
・既定サイズ以外のサイズで生成する
・img2imgでクオリティ向上
・Inpaintによるゴミデータ除去
・ChatGPT連携(シーン紹介文生成、キャラクター設定生成、会話文生成など)

amazon.co.jp書籍情報より引用

AIとコラボして神絵師になる 論文から読み解くStable Diffusion:白井 暁彦(著)

書籍情報

白井 暁彦(著)インプレスR&D(出版社)2022/10/28(発売日)210P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

本書は、今話題沸騰中のAIによる画像生成の仕組みや使い方について、中学生でも理解できることを目指し、わかりやすい説明で紹介した解説書です。

難しい数式を全く使用せずにAI画像生成技術の最先端を科学コミュニケーターである著者がやさしい口調で解説しています。

またより深く知識を得たい読者のために、Pythonでのサンプルコード、プロンプトの基礎や出力例、AI画像生成の法的な側面、実際の仕事で使ったユースケースも掲載。

表紙イラストもAIで生成しており、担当イラストレーター・852話氏と著者の対談も掲載しています。

先端技術を使いこなして、AI神絵師になるための「冒険の書」です!

amazon.co.jp書籍情報より引用

Midjourney(ミッドジャーニー)

Midjourney(ミッドジャーニー)の書籍について、発売日が新しい順に紹介します。

Midjourney(ミッドジャーニー) パーフェクトガイドブック:ジャニクラゲ(著)

書籍情報

Midjourney(ミッドジャーニー)の完全解説本の改訂版です。

最初の出版が2022年10月19日でした。その時はV3が最新バージョンでした。
今回は2023年4月14日に改訂版としてリニューアルしています。

本書はV5とNiji5の最新バージョンに対応しています。
その他の新機能についても網羅しています。

またChatGPTを利用したミッドジャーニー(Midjourney)の便利な使い方も解説しています。

本書では、ログイン方法から、コマンドやパラメーター、ディスコードボタンに、Web アプリ、便利な外部ツール、そして商用利用まですべて詳細に解説しています。

未経験者も簡単に始められるように説明すると同時に、上級者にとっても何かしら参考になるように心がけて作成しました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Artificial Images Midjourney / Stable DiffusionによるAIアートコレクション

書籍情報

852話(著)インプレスR&D(出版社)2022/9/22(発売日)115P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

日本初のオールAI生成画像を元にしたイラストレーション集!Midjourney・Stable Diffusionのプロンプトも掲載!

本書は、現在大きく感心が高まっているイラスト画像生成AIを使って制作された、日本初の画集・画像集です。

MidjourneyとStable Diffusionによって生成された画像をもとにリファインを施した100枚超のイラストを、ジャンルごとに掲載しています。

掲載イラストの約半数については生成する際に用いたプロンプト(呪文)を掲載。
読者が自身の環境でイラスト生成を試すことができます。

そのほかAI生成画像にまつわる著作権コラムも掲載、AI生成画像やプロンプトの権利についても解説しています。

本書を通じて、最先端のAIイラスト作成を体感してください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Canva(キャンバ)

Canva(キャンバ)の書籍について、発売日が新しい順に紹介します。

Canva使い方入門:mikmiki web school(著)

書籍情報

mikmiki web school(著)ソシム(出版社)2023/12/6(発売日)256(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

今、世界中で大人気のオンラインデザインツール「Canva(キャンバ)」。
無料で始めることができて、誰でも簡単にプロ並みのデザインを作ることができる魔法のようなデザインツールです。

豊富に用意されているテンプレートから好みのものを選んでアレンジしてもOK。
手持ちの写真やイラストを使ってオリジナルのデザインを作ることもできます。

本書はCanva公式アンバサダー(Canva Expert)の著者がCanvaの使い方をわかりやすく解説した本。
デザイン初心者でもCanvaなら簡単に素敵なデザインを作ることができます。

チラシや名刺などの印刷物、バナーやSNS画像、動画編集、ホームページ作成など、今まではデザイナーに依頼して作っていたデザインも、この本を読めば全部自分でできるようになります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

授業・校務が超速に! さる先生のCanvaの教科書:坂本良晶(著)

書籍情報

坂本良晶(著)学陽書房(出版社)2023/8/12(発売日)128(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

すごいデザインツール「Canva」の超時短な使い方が1冊でわかる!

Canvaが教師の仕事を変える!
配布物や掲示物、さまざまな学級ツールが超カンタンにつくれるようになる! 
授業で子どものアウトプットにも使える! 
このCanvaを使った超時短な仕事ノウハウを一挙公開!

いま、先生たちの間で人気の高いアプリ「Canva」。
本書はCanvaを使ってどんなことができるのか、どんなものを作れるのか具体的にたくさんの事例を紹介。
とても素敵なデザインのものがすぐ作れるCanvaの魅力、使い勝手がこの1冊でわかる!

amazon.co.jp書籍情報より引用

Firefly(ファイヤーフライ)

Firefly(ファイヤーフライ)の書籍について、発売日が新しい順に紹介します。

デザイナーのためのAdobe Firefly完全ガイド Photoshop+Illustrator+Web:吉岡 豊(著)

書籍情報

吉岡 豊(著)エムディエヌコーポレーション(出版社)2023/11/27(発売日)160(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

遂に正式リリースされたアドビの画像系生成AI「Firefly」。

このAIは著作権が確かな画像類を生成に用いるため、プロフェッショナルのデザイナー・クリエイターが「安心して仕事に使える生成AI」ということで注目が高まっています。

そんなFireflyの今をまとめた、クリエイティブワークのためのガイドブックです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

エンジニア・プログラマー向け

エンジニア・プログラマー向けの書籍について、発売日が新しい順に紹介します。

Python×APIで動かして学ぶ AI活用プログラミング:下山輝昌ほか(著)

書籍情報

下山輝昌, 黒木賢一, 宮澤慎太郎(著)秀和システム(出版社)2023/10/27(発売日)320(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Streamlitで手軽にAI技術を活用!
あなたはAIを使えているのか?

生成AI“ChatGPT”や画像生成AI“DALL・E”などの最近話題のAIを扱うスキルを体験学習!!
データサイエンティスト・マーケッター 必須のスキル!!
---
本書は、急速に使えるようになってきたAI技術を使用するテクニックを学ぶ書籍です。

ChatGPTや生成AIや画像生成AIなど、昨今は便利なオープンソースや機能が誰でも使えるように公開されています。
それらを活用してAIプログラミングを学び、AIプログラミングのスキルを獲得しましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

BERT/GPT-3/DALL-E 自然言語処理・画像処理・音声処理 人工知能プログラミング実践入門:布留川 英一(著)

書籍情報

布留川 英一(著)佐藤 英一(編集)ボーンデジタル(出版社)2021/9/6(発売日)312P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

いま最も注目される最先端のフレームワークの実力を試してみよう!

人間が書いたような自然な文章に加え、自然言語からプログラムのソースコードやWebページのレイアウトまでも生成したことで大きな話題になった「GPT-3」、そしてそれを画像処理に応用した「DALL-E」といった最先端の深層学習フレームワークがここ数年で登場してきました。

本書では、注目を集めている「自然言語処理」「画像処理」「音声処理」の主要なフレームワークを取り上げ、実際にそれらの実力を試してみることができるように、インストールから各種設定、データセットの準備、学習・推論まで、ステップ・バイ・ステップでていねいに解説しました。

さまざまな分野や今後の実務にも応用範囲が広がると期待されている最先端のAIを学ぶことができる1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

弁護士・法律家向け

弁護士・法律家向けの書籍について、発売日が新しい順に紹介します。

ゼロからわかる 生成AI法律入門 対話型から画像生成まで、分野別・利用場面別の課題と対策:増田雅史ほか(著)

書籍情報

増田 雅史 , 輪千 浩平(編集)朝日新聞出版(出版社)2023/9/20(発売日)176(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ChatGPT、Microsoft Bing Chat、Google Bardなどの対話型AI、そしてStable Diffusion、Midjourney、Adobe Fireflyなどの画像生成AI、さらには音声生成・動画生成・作業支援AIまで、法的知識を備えればもっと生成AIを活用できる!

近時、対話型AIを中心として、AI(人工知能)に関する話題を目にしない日はないというほど、生成AI(Generative AI)の社会における利活用が急速に進んでいます。
一方で、ビジネスにおいて対話型AIを利用することが事業者にもたらすリスク、画像などの非言語的コンテンツを生成するAIのクリエイティブ分野に与える影響、果ては人類の創造性や判断力を凌駕することへの恐れなど、生成AIが社会にもたらす可能性のある負の側面への注目も同時に高まっています。

本書はこうした状況を踏まえ、主に法実務の視点から、生成AIに関連する法律や実務的トピックを幅広く紹介することを通じて、基礎的な知識から大まかな視座までを得られる入門書です。

執筆は、日本最大級の総合法律事務所である森・濱田松本法律事務所に所属する弁護士チーム。
生成AIにまつわる依頼・相談に日常的に向き合い、時には政府における政策立案にも関与する中で、日々蓄積する生成AIに関する知見を掲載しています。

本格的な「AIの時代」の到来に向け、法務関係者だけではなく、ビジネスにかかわるすべての人が備えておきたい一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

画像生成AI よくある質問と回答

画像生成AI について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

画像生成AIとは何ですか?

回答: 画像生成AIは、人工知能の技術を用いて新しい画像を生成するシステムです。

この技術は通常、ディープラーニングのモデル、特に生成的敵対ネットワーク(GANs)や変分オートエンコーダー(VAEs)などを使用して、既存の画像データから新しい画像を生成します。

これにより、リアルな人物の顔や風景、芸術作品など、さまざまな種類の画像が生成されます。

画像生成AIの主な用途は何ですか?

回答: 画像生成AIは、芸術やエンターテイメント、広告、教育など多岐にわたる分野で使用されています。

例えば、映画やビデオゲームでのリアルな背景の生成、ファッションやインテリアデザインのための新しいスタイルの提案、教育資料やトレーニング素材の作成などに利用されます。

また、医療分野では、医療画像の生成や解析にも応用され始めています。

画像生成AIの技術的な仕組みはどのようなものですか?

回答: 画像生成AIは主に、生成的敵対ネットワーク(GANs)や変分オートエンコーダー(VAEs)などのディープラーニング技術に基づいています。

GANsでは、生成ネットワークが新しい画像を生成し、識別ネットワークがその画像が本物か偽物かを識別します。

この過程で、生成ネットワークはよりリアルな画像を生成するように改善されていきます。

VAEsは、入力データから潜在的な特徴を抽出し、それを使って新しいデータを生成します。

画像生成AIによる画像の品質はどの程度ですか?

回答: 現代の画像生成AIは非常に高品質な画像を生成する能力を持っています。

特に、GANsを用いたシステムは、実際の写真と見分けがつかないほどリアルな人物の顔や風景を生成することができます。

しかし、生成される画像の品質は、使用されるAIモデルの種類やトレーニングに使用されるデータセットに大きく依存します。

画像生成AIの倫理的な課題は何ですか?

回答: 画像生成AIは、偽の画像やビデオ(ディープフェイク)の作成にも使用されるため、悪用のリスクがあります。

これには、虚偽の情報の拡散、個人のプライバシーの侵害、著作権や肖像権の問題などが含まれます。

そのため、この技術の使用には倫理的なガイドラインが必要であり、偽情報の識別や法的な規制の確立が重要な課題となっています。

画像生成AIのスキルが活かせる職種とは?

画像生成AIに関する知識や経験を習得することで、クリエイティブ産業、テクノロジー開発、研究、教育など、多岐にわたる分野で仕事を担当することが可能です。

画像生成AIは、ディープラーニングや機械学習の技術を活用して、新しい画像を生成したり、既存の画像を変換したりすることができる技術です。

以下に、画像生成AI関連のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. AI研究者/開発者:
    • 画像生成AIに関するアルゴリズムやモデルの研究開発を行います。
    • GAN(敵対的生成ネットワーク)やVAE(変分オートエンコーダー)など、最先端の技術を用いた新しい画像生成手法の開発に携わります。
  2. クリエイティブディレクター/デジタルアーティスト:
    • 画像生成AIを活用して、アート作品やグラフィックデザインを制作します。
    • 広告、エンターテインメント、ファッションなどの分野で革新的なビジュアルコンテンツの創出に貢献します。
  3. ゲーム開発者:
    • ゲーム内の背景、キャラクター、テクスチャなどの素材生成に画像生成AIを利用します。
    • プレイヤーのアクションに応じて動的に変化するゲーム環境の開発に貢献します。
  4. 映像制作スペシャリスト:
    • 映画やビデオコンテンツの制作において、特殊効果や背景画像の生成に画像生成AIを使用します。
    • リアルタイムでのビジュアルエフェクトの適用やシーンのカスタマイズを実現します。
  5. UI/UXデザイナー:
    • 画像生成AIを使用して、ウェブサイトやアプリケーションのプロトタイプデザインを迅速に作成します。
    • ユーザー体験の向上を目指し、ビジュアルデザインの試作と改善を行います。
  6. 教育者/講師:
    • 画像生成AIや機械学習に関する技術を教えるコースやワークショップを提供します。
    • 学生やプロフェッショナルに対して、AI技術の基礎から応用までの知識を伝授します。

画像生成AIに関する知識や経験は、技術革新が求められる多くの職場で重宝されます。

特に、クリエイティブなアイデアを形にする能力と、技術的なスキルを組み合わせることができる職種では、大きな価値を発揮することが期待されます。

この分野でのキャリアを追求するには、最新のAI技術のトレンドに常に注意を払い、継続的な学習と実践を通じてスキルを磨き続けることが重要です。

まとめ

画像生成AIについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、画像生成AIがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたの興味にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下のような記事も紹介しています。