【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年6月】ディープラーニングがわかる本おすすめ3選+最新情報

「ディープラーニングがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

ディープラーニングについて知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

ディープラーニングは、機械学習の一分野で、脳の神経回路網を模倣した深層ニューラルネットワークを使用します。多層のアルゴリズムを通じて複雑なデータパターンを解析し、画像認識、自然言語処理、音声認識など、多くの先進的アプリケーションに革命をもたらしています。データから特徴を自動で抽出し、精度の高い予測を行うことが可能です。AI技術の最前線を担う重要な役割を果たしています。

まずはじめに、ディープラーニングがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本、そしてオンライン講座3選を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • データサイエンティスト: 複雑なデータセットを解析し、予測モデルを構築するためにディープラーニングを学びたい。
  • 機械学習の専門家: ディープラーニングのアルゴリズムとニューラルネットワークの詳細な知識を習得したい。
  • AI研究者: 最先端のディープラーニング技術を探求し、新たな発見や応用を目指す。
  • ソフトウェアエンジニア: ディープラーニングを用いたアプリケーション開発に取り組みたい。
  • コンピュータサイエンスの学生: AI分野の重要なサブセットとしてディープラーニングを学び、キャリアの選択肢を広げたい。
  • ビジネスアナリスト: ビジネスプロセスにディープラーニングを応用し、データ駆動型の意思決定を支援したい。
  • ITプロジェクトマネージャー: ディープラーニングプロジェクトを効果的に計画、管理し、チームの成果を最大化したい。
  • ヘルスケアプロフェッショナル: 医療画像処理や診断支援システムにディープラーニングを活用する方法を学びたい。
  • ゲーム開発者: ディープラーニングを使って、よりリアルなゲーム体験やAIキャラクターを作成したい。
  • テクノロジー愛好家: 人工知能の最先端技術としてディープラーニングの概念と応用を理解し、知識を深めたい。

あなたの興味関心にあった本やオンライン講座をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

ディープラーニングの本 おすすめ3選

ディープラーニングがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

ゼロから作るDeep Learning Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

書籍情報

斎藤 康毅(著)オライリージャパン(出版社)2016/9/24(発売日)320(ページ数)

ディープラーニングの本格的な入門書。
外部のライブラリに頼らずに、Python 3によってゼロからディープラーニングを作ることで、ディープラーニングの原理を楽しく学びます。

ディープラーニングやニューラルネットワークの基礎だけでなく、誤差逆伝播法や畳み込みニューラルネットワークなども実装レベルで理解できます。

ハイパーパラメータの決め方や重みの初期値といった実践的なテクニック、Batch NormalizationやDropout、Adamといった最近のトレンド、自動運転や画像生成、強化学習などの応用例、さらには、なぜディープラーニングは優れているのか?なぜ層を深くすると認識精度がよくなるのか?といった“Why"に関する問題も取り上げます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ディープラーニングAIはどのように学習し、推論しているのか

書籍情報

立山 秀利(著)日経ソフトウエア(編集)日経BP(出版社)2021/11/20(発売日)284(ページ数)

「近い将来、ディープラーニングの仕組みは一般常識の1つになる」と言っても、決して大げさな話ではないでしょう。 

本書は、ディープラーニングの仕組みを基礎から解説した、初心者向けの書籍です。
本書のタイトルにある「ディープラーニングAI」とは、ディープラーニングという手法を用いたAIを指します。 

「ディープラーニングは一体どんな仕組みなのか?」 
「なぜそんなに賢いのか?」 
「今までのAIの手法と何が違うのか?」 

そうした疑問に、本書は丁寧に答えようと企画されました。 

エンジニアを目指す学生のみならず、一般社会人にとっても、「ディープラーニングの“はじめの一歩"」となる内容となっています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

ディープラーニングを支える技術 「正解」を導くメカニズム[技術基礎]

書籍情報

基本をつかむと、技術の「可能性」が見えてくる

初学者の方々に向けた、ディープラーニングの技術解説書。 

2012年に一般画像分類コンテスト(ILSVRC)で衝撃的な性能を達成したAlexNetの登場以来、急速な進化を遂げているディープラーニング。
現在の人工知能/AIの発展の中核を担っており、スマートフォンからIoT、クラウドに至るまで幅広い領域で、画像、音声、言語処理をはじめとした多くの対象分野に浸透し、目覚ましい進展をもたらしています。
一方、その成長の過程は決して一筋縄ではなく、無数の試行錯誤がありました。 

本書では、ディープラーニングの「今」に焦点を当て、「基本機能」を中核に技術面から可能な限り正確にまとめ、どのようなしくみで動いているのか、どのような問題に使えるのか、何が難しいのかまで平易に解説。 

多くの問題を一つのアプローチ、アルゴリズムで解ける驚異的な技術。
ディープラーニングが一段とパワーアップしていく将来につながる、長く役立つ原理、原則、考え方を平易に紐解く1冊です。

(こんな方におすすめ)
・広くディープラーニング、人工知能を取り巻く技術に関心がある方々
・ディープラーニングとその周辺分野の研究に興味がある方
・ディープラーニングの今とこれからについて、知っておきたい方々

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ディープラーニングの名著・ロングセラー本

ディープラーニングについての名著やロングセラー本を紹介します。

Pythonによるディープラーニング

書籍情報

Francois Chollet(著)株式会社クイープ(翻訳)マイナビ出版(出版社)2022/3/23(発売日)496(ページ数)

現代エンジニアの必須知識:ディープラーニング技術を身に付けよう! 

ディープラーニングにより自動言語翻訳や画像認識の精度は飛躍的に向上し、現代のソフトウェア開発者にとってその技術の理解と習得は必要不可欠な分野になりつつあります。

機械学習プラットフォームTensorFlowの上で動作するKerasは、Pythonで書かれたディープラーニングのAPIです。
数学やデータサイエンスの専門的な知識がなくともディープラーニングを手軽に実装できるようになります。

Keras開発者であるFrançois Cholletは、改訂・増補された本書で、機械学習の初心者と経験者、両者に向けたアドバイスを提供します。
直感的な説明とわかりやすいイラスト・例題で理解が深まり、ディープラーニングのアプリケーションを開発するために必要なスキルをすぐに身につけることができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ゼロから作るDeep Learning (5) 生成モデル編

書籍情報

斎藤 康毅(著)オライリー・ジャパン(出版社)2024/4/10(発売日)336(ページ数)

人気シリーズの第5弾。今回のテーマは「生成モデル」です。

本書では「正規分布」から「拡散モデル」に至るまでの技術を繋がりのあるストーリーとして展開します。

読者は小さな学びを積み重ねながら、ステップバイステップで実装し、最終的には「Stable Diffusion」のような画像生成AIを完成させます。

技術の面白さは細部にあります——ゼロから作る、数式に挑む。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

最短コースでわかる ディープラーニングの数学

書籍情報

赤石 雅典(著)日経BP(出版社)2019/4/11(発売日)344(ページ数)

AIのブラックボックスを開けよう! 
ディープラーニングの本質を理解するために必要な「数学」を「最短コース」で学べます! 


本書では、ディープラーニングの理解には欠かせない数学を高校1年生レベルから、やさしく解説します。
(微分、ベクトル、行列、確率など)

最短コースで理解できるように、解説する数学の分野は必要最低限のものだけに絞り、その相関関係を★特製の綴込マップ★にまとめました。

また、数学を使ってイチから記述したコードをJupyter Notebook形式で提供しますので実際に動かしながら学ぶことができます。
「ディープラーニング」の動作原理を「本当に」理解できる本です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

初心者向けのディープラーニングの本

初心者向けのディープラーニングの本について紹介します。

Python3年生 ディープラーニングのしくみ 体験してわかる!会話でまなべる!

書籍情報

ヤギ博士・フタバちゃんと一緒に
ディープラーニングのしくみを学ぼう!


【ディープラーニングをいちから学んでみよう!】
「ディープラーニングって何?」
「ディープラーニングってどのようなことをするの?」
という方に向けて「ディープラーニング」のしくみについていちからやさしく解説します。

【Python3年生について】
Python1年生」「Python2年生」を読み終えた方を対象とした入門書です。
(※「Python3年生」から初めて学ぶ方でもわかるように工夫しています)

【本書のポイント】
ヤギ博士&フタバちゃんと一緒に、ディープラーニングのしくみについて、サンプルを動かしながら、楽しく学ぶことができます。

【読者対象】
ディープラーニングを知りたい初心者

amazon.co.jp書籍情報より引用

最新のディープラーニングの本

近日発売予定や最近発売された最新のディープラーニングの関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

6月に発売されるディープラーニングの関連書籍は見つかっていません。

深層学習教科書 ディープラーニング G検定(ジェネラリスト)公式テキスト 第3版

書籍情報

一般社団法人日本ディープラーニング協会, 山下 隆義(監修)翔泳社(出版社)2024/5/27(発売日)424(ページ数)

AI時代の必携試験、G検定の「公式テキスト」第3版!

【本書の特徴】
・大ベストセラー、ディープラーニング G検定 公式テキストの改訂版。
・新シラバスに完全準拠。
・試験運営団体である「日本ディープラーニング協会」が監修。
・章末問題を一新!分かりやすい解説付き。
・ディープラーニングに関する入門書としても最適。

【対象読者】
・G検定を受験しようと思っている人
・ディープラーニングについて概要を学びたい人
・ディープラーニングを事業活用しようと思っている人
・ChatGPT等生成AIの理解・活用のための知識習得したい人

amazon.co.jp書籍情報より引用

概説 人工知能 ディープラーニングから生成AIへ

書籍情報

超絶進化の鍵となる基本概念を解き明かす

爆発的かつ非体系的に発展したAI。
その基盤となる基礎理論、研究・開発の歴史、可能性と限界を平易に語る人工知能入門。

amazon.co.jp書籍情報より引用

グラフ深層学習

書籍情報

ヤオ・マー , ジリアン・タン(著)宮原 太陽 , 中尾 光孝(翻訳)プレアデス出版(出版社)2024/3/4(発売日)396(ページ数)

世界は「グラフ」でできている。
ソーシャルネットワーク、交通ネットワーク、タンパク質の相互作用など、身の回りの様々な現象は、ノード(頂点)とエッジ(辺)から構成されるグラフによって記述することができる。

本書はこのグラフを深層学習(ディープラーニング)に適用した「グラフ深層学習」を、初学者にも分かりやすく解説した入門書である。

グラフ理論や深層学習の基礎からはじめ、グラフニューラルネットワーク(GNN)の理論的な側面やその実践的な応用例を幅広く取り上げている。
自然言語処理、画像処理、データマイニング、生化学・ヘルスケアなど、様々な分野でのGNNの活用が理解できるようになってる。

GNNに興味を持つ学生や研究者、さらには実際の業界でGNNを応用したいと考えている専門家にとって、理解の手引きとなる一冊である。

amazon.co.jp書籍情報より引用

演習で学ぶ MATLABによるディープラーニング

書籍情報

吉冨 康成(編著)浅田 太郎, 田伏 正佳, 横山 友也(著)コロナ社(出版社)2024/2/14(発売日)220(ページ数)

本書は大学生、大学院生または企業のAI 実務担当(予定)者が学ぶディープラーニングの実践的入門書である。

ディープラーニングに関する書籍はすでに数多く出版されているが、初心者がその分野に足を踏み入れるには敷居が高いきらいがある。

そこで、ツールを演習で使用しながらディープラーニングを体得する進め方が、初心者の勉学意欲を喚起すると考えて本書を企画した。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ディープラーニングG検定(ジェネラリスト)最強の合格テキスト[第2版]

書籍情報

ヤン・ジャクリン , 上野勉(著)SBクリエイティブ(出版社)2024/1/28(発売日)480(ページ数)

生成AI & 最新シラバスに完全対応! 
この1冊だけで合格できる! G検定の解説と問題と模試が全部揃った 
最強の完全バイブルがさらにパワーアップして新登場! 

・全入り対策本で一番売れている! 
本書は[解説+問題+模験]と1冊に全て詰まっているG検定の対策本の中で一番売れている実績があります。
前作より生成AIといった最新情報を追加したり、弱かった数理統計学の章を追加したりして、さらに情報を充実させています。
また、シリーズで問題集まで揃えているのも本書だけです。幅広い需要に対応できます。

本書の対象読者 
・この本だけでG検定に合格したい人 
・解説+問題+模試(PDF)と全入りの対策本が欲しい人 
・本番試験に近い模擬試験でリハーサルをしたい人 
・付属の赤シートを使って効率的に学習を進めたい人 
・生成AIなど、最新シラバスの対策を最速でしたい人 
・AIやディープラーニングのことを体系的に学びたい人 
・AIをビジネスに活用できる知識を得たい人

amazon.co.jp書籍情報より引用

Pythonによる時系列予測

書籍情報

Marco Peixeiro(著)株式会社クイープ(翻訳)マイナビ出版(出版社)2023/10/25(発売日)496(ページ数)

時系列予測の基礎からディープラーニングによる大規模な予測まで

本書では時系列分析・予測の基礎からデータ処理、より強力なモデルを構築する方法を学びます。

最初は誰にでも理解しやすいグラフからはじめ、結果とズレる場合にはどうやって修正しモデルを作り上げていくか、数式は必要最小限に抑え、ステップバイステップで丁寧に説明していきます。

PythonとTensorFlow等のディープラーニングAPIを活用し大規模モデルの開発に取り組みます。

Manning「Time Series Forecasting in Python」の翻訳企画

amazon.co.jp書籍情報より引用

音楽で身につけるディープラーニング

書籍情報

北原鉄朗(著)オーム社(出版社)2023/10/14(発売日)224(ページ数)

音楽を創りながらディープラーニングを身につける!

音楽の自動生成を題材に、ディープラーニングの代表的な手法を解説した入門書です。

音符一つひとつに文字を割り当てれば、自然言語と同じように音楽を扱うことができ、演奏内容をピアノロールという表現に変換すれば、画像として扱うこともできます。
そのため、音楽という 1種類のデータを使ってさまざまな手法を広く学ぶことができます。

本書では、PythonとTensorFlowを使って、自分で音楽データを学習させます。
生成される音楽のクオリティは高いとは言えませんが、音楽を創りながら学ぶディープラーニングは、きっと体と耳になじみ、読者の力になると思います。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ディープラーニング実践ガイド クラウド、モバイル、ブラウザ、エッジデバイス向けAIアプリ開発入門

書籍情報

Anirudh Koul , Siddha Ganju , Meher Kasam(著)足立昌彦 , 太田満久 , 新村拓也 , 藤原秀平 , 松田実法(監訳)オライリージャパン(出版社)2023/4/21(発売日)616(ページ数)

本書では、ディープラーニングの研究で受賞歴のある3人の著者が、アイデアを現実世界の人々が使用できるものに変換するプロセスをステップバイステップで丁寧に解説します。

構築するのは、クラウド、モバイル、ブラウザ、エッジデバイス向けの実用的なディープラーニングアプリケーションです。
一部の章ではその章で扱うトピックの専門家をゲスト執筆者に迎えてさまざまな手法を解説しているので、読者のニーズにマッチするアプリケーションがきっと見つかるでしょう。

対象読者は、ディープラーニングの世界にこれから参入したいソフトウェアエンジニアやベテランのデータサイエンティストから、AIを搭載した独自のアプリを作りたいけれど何から始めればいいのかわからないホビーストまで。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ディープラーニングを支える技術〈2〉 ニューラルネットワーク最大の謎

書籍情報

優れた直感と気力、勇気が必要な野心的な実験によって、ディープラーニングは前進してきた ―― 

初学者の方々に向け、ディープラーニングの発展技術をまとめた解説書。 

ディープラーニングは現在のAI/人工知能の発展の中核を担っており、スマートフォンからIoT、クラウドに至るまで幅広い領域で、画像、音声、言語処理をはじめとした多くの対象分野に浸透し、目覚ましい進展をもたらしています。 

ディープラーニングの今の基本をまとめた前作に続き、本作ではニューラルネットワークにおける大きな謎である「なぜ学習できるのか」「なぜ汎化するのか」にスポットを当て平易に解説。
合わせて、将来的な革新の可能性を秘める二大トピックとして、「生成モデル」「深層強化学習」も詳しく取り上げます。
そして、4つのテーマのもと、ディープラーニングや人工知能について課題を整理し、今後を考えていきます。 

多様な問題を一つのアプローチ、アルゴリズムで解ける驚異的な技術。
ディープラーニングが一段と進化していく将来につながる、長く役立つ原理、原則、考え方を紐解く1冊です。

(こんな方におすすめ)
・広くディープラーニング、人工知能を取り巻く技術に関心がある方々
・ディープラーニングの今と今後の発展について、知っておきたい方々
・ディープラーニングとその周辺分野の研究に興味がある方
・ディープラーングを学んでいて使っている方々 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

高校数学でわかるディープラーニングのしくみ

書籍情報

涌井貞美(著)ベレ出版(出版社)2019/12/11(発売日)302(ページ数)

AIという言葉をメディアで目にしない日はありません。
これはArtificial Intelligenceの頭文字をとったもので、人工知能を意味します。
1990年代には工場のラインを支えるロボットの「人工知能」が産業を大きく変えました。
しかし、その時の人工知能は完全に人間から教え込まれるタイプのものでした。

それに対し、現在の「AI」は、自ら学んでいくタイプのものです。
それを実現する手段の一つがディープラーニングです。

本書では、人間の脳のニューロンの働きを数学的に抽象化し、人工的にネットワーク化した「ニューラルネットワーク」を基本とする、ディープラーニングのしくみを、高校までの数学で丁寧に解説していきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

図解即戦力 機械学習&ディープラーニングのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書

書籍情報

株式会社アイデミー 山口達輝, 松田洋之(著)技術評論社(出版社)2019/9/2(発売日)240(ページ数)

機械学習とディープラーニングの基本がわかる!

機械学習・ディープラーニングについて学ぶための、図解形式の解説書です。

エンジニア1年生、機械学習関連企業への就職・転職を考えている人が、機械学習・ディープラーニングの基本と関連する技術、しくみ、開発の基礎知識などを一通り学ぶことのできる、最初の1冊目にふさわしい入門書を目指します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

つくりながら学ぶ!PyTorchによる発展ディープラーニング

書籍情報

小川 雄太郎(著)マイナビ出版(出版社)2019/7/29(発売日)512(ページ数)

ディープラーニングの発展・応用手法を実装しながら学ぼう

本書ではディープラーニングの発展・応用手法を実装しながら学習していきます。
ディープラーニングの実装パッケージとしてPyTorchを利用します。
扱うタスク内容とディープラーニングモデルは次の通りで「ビジネスの現場でディープラーニングを活用するためにも実装経験を積んでおきたいタスク」という観点で選定しました。

[本書で学習できるタスク] 
転移学習、ファインチューニング:少量の画像データからディープラーニングモデルを構築 
物体検出(SSD):画像のどこに何が映っているのかを検出 
セマンティックセグメンテーション(PSPNet):ピクセルレベルで画像内の物体を検出 
姿勢推定(OpenPose):人物を検出し人体の各部位を同定しリンク 
GAN(DCGAN、Self-Attention GAN):現実に存在するような画像を生成 
異常検知(AnoGAN、Efficient GAN):正常画像のみからGANで異常画像を検出 
自然言語処理(Transformer、BERT):テキストデータの感情分析を実施 
動画分類(3DCNN、ECO):人物動作の動画データをクラス分類 

本書は第1章から順番に様々なタスクに対するディープラーニングモデルの実装に取り組むことで高度かつ応用的な手法が徐々に身につく構成となっています。
各ディープラーニングモデルは執筆時点でState-of-the-Art(最高性能モデル)の土台となっており、実装できるようになればその後の研究・開発に役立つことでしょう。 
ディープラーニングの発展・応用手法を楽しく学んでいただければ幸いです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ディープラーニングのオンライン講座3選

オンライン学習プラットフォームUdemy(ユーデミー)で、ディープラーニングのオンライン講座を受講できます。

Udemyで人気のオンライン講座3選について、講座概要・対象学習者・学習内容をUdemy公式サイトより引用して紹介します。

Udemyの使い方をくわしく知りたい場合は、ブログ記事をごらんください。

ディープラーニング : Pythonでゼロから構築し学ぶ人工知能(AI)と深層学習の原理

講座概要

機械学習(マシンラーニング)の中でも特に注目を集めているDeep Learningを学び、TensorFlowやChainerなどのフレームワークを使わずに、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)までゼロから構築できるようになりましょう。

  • 最終更新日:2023年11月
  • 7時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • ディープラーニング、AIをこれから本格的に学びたい方。
  • ディープラーニングの原理を基礎から学びたい方。
  • TensorFlow、Chainerなどのフレームワークの動作原理を知りたい方。
  • ディープラーニングをフルスクラッチで実装したい方。
  • フレームワークの使い方については解説しませんので、お手軽にディープラーニングを使いたい方には向きません。

学習内容

  • ディープラーニングの原理を理解し、ゼロから実装できるようになります。
  • ディープラーニングのコードの読み書きができるようになります。
  • バックプロパゲーション(誤差逆伝播法)によりニューラルネットワークが学習する仕組みを理解できます。
  • 畳み込みニューラルネットワーク(CNN)の仕組みを理解できます。
  • 数学やプログラミングをディプラーニングで活用する具体的な方法を学べます。
  • TensorFlow、Chainerなどのフレームワークの学習コストが下がります。

Udemy公式サイトで詳しくみる

ディープラーニング : Pythonでゼロから構築し学ぶ人工知能(AI)と深層学習の原理 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

Pythonによる時系列分析~機械学習・ディープラーニング編

講座概要

Google Colaboratoryを使って機械学習やディープラーニングによる時系列予測に挑戦しましょう!

時系列データを扱う上での注意点や問題設定手法を学び、現場で使えるようになることを目指します。

  • 最終更新日:2023年5月
  • 7時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • 時系列予測をしてみたいPython初心者
  • データ分析業務の初学者
  • ディープラーニングをやってみたい人
  • 機械学習をしてみたい人

学習内容

  • 時系列分析の基礎
  • Pythonによる時系列データの処理
  • 機械学習による時系列予測
  • ディープラーニングによる時系列予測
  • 機械学習・ディープラーニングの基礎知識
  • フーリエ変換の基礎知識

Udemy公式サイトで詳しくみる

Pythonによる時系列分析~機械学習・ディープラーニング編 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

【PyTorch+Colab】PyTorchで実装するディープラーニング -CNN、RNN、人工知能Webアプリの構築-

講座概要

人気急上昇中の機械学習フレームワーク、PyTorchを使って深層学習を学ぶコースです。

CNNによる画像認識、RNNによる時系列データ処理、AIアプリの構築などを学びます。

開発環境にはGoogle Colabolatoryを使用します。

  • 最終更新日:2023年11月
  • 5時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • 人工知能/機械学習に強い関心のある方
  • フレームワークPyTorchを使えるようになりたい方
  • 実務で機械学習を使いたい企業の方
  • 専門分野で人工知能を応用したい研究者の方
  • 有用な深層学習用フレームワークを探している方

学習内容

  • 機械学習フレームワークPyTorchの基礎が身につきます。
  • PyTorchのコードの読み書きができるようになります。
  • CNN、RNNなどを実装できるようになります。
  • 人工知能アプリを構築し、公開できるようになります。
  • 自分で調べながら、ディープラーニングのコードを実装する力が身につきます。

Udemy公式サイトで詳しくみる

【PyTorch+Colab】PyTorchで実装するディープラーニング -CNN、RNN、人工知能Webアプリの構築- icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

ディープラーニング よくある質問と回答

ディープラーニングについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

ディープラーニングとは何ですか?

回答: ディープラーニングは、人間の脳の仕組みを模倣した深層ニューラルネットワークを使用する機械学習の手法です。

これにより、画像認識、音声認識、自然言語処理などの複雑なタスクを実行することができます。

ディープラーニングと機械学習の違いは何ですか?

回答: 機械学習は、データからパターンを学習して予測や分類を行う技術の総称です。

ディープラーニングは機械学習の一部であり、特に深層学習ネットワークを使用する手法を指します。

ディープラーニングは、より複雑なモデルと大量のデータを扱うことが特徴です。

ディープラーニングに必要な前提知識は何ですか?

回答: ディープラーニングを学ぶためには、基本的なプログラミングスキル(特にPython)、数学(特に線形代数、微分積分、確率論)、そして機械学習の基本知識が必要です。

これらの知識は、複雑なニューラルネットワークの構造と動作原理を理解するのに役立ちます。

ディープラーニングでよく使われるプログラミング言語やツールは何ですか?

回答: ディープラーニングでは主にPythonが使用されます。

Pythonは、機械学習やディープラーニング用のライブラリが豊富で、TensorFlow、Keras、PyTorchなどのフレームワークが広く用いられています。

ディープラーニングで使われるデータの種類は何ですか?

回答: ディープラーニングでは、画像、音声、テキスト、時系列データなど様々な種類のデータが使われます。

これらのデータは、ネットワークを通じて特徴が抽出され、特定の出力(ラベルの予測、次の単語の生成など)を生成するために使用されます。

ディープラーニングのスキルが活かせる職種とは?

ディープラーニングは、機械学習の一分野であり、特にニューラルネットワークの深いアーキテクチャを用いた学習手法に焦点を当てています。

この分野の知識や経験を習得することによって、以下のような仕事を担当することができます:

  1. ディープラーニングエンジニア:
    • 画像認識、自然言語処理(NLP)、音声認識など、ディープラーニング技術を用いたアプリケーションの開発を担当します。最新のディープラーニングフレームワーク(TensorFlow、PyTorchなど)を使用してモデルを訓練し、最適化します。
  2. AIリサーチャー:
    • 人工知能の基礎研究に従事し、新しいディープラーニングアルゴリズムやモデルの開発を行います。学術界や研究機関での研究に加え、産業界での応用研究も含まれます。
  3. データサイエンティスト:
    • ディープラーニングを活用して、大規模なデータセットからパターンやインサイトを抽出します。ビジネス上の問題を解決するための予測モデルや分類モデルの開発を行います。
  4. コンピュータビジョンエンジニア:
    • 画像処理やビデオ分析のためのディープラーニングモデルを開発します。自動車の自動運転システム、顔認識システム、医療画像分析など、多岐にわたる応用領域があります。
  5. 自然言語処理(NLP)エンジニア:
    • テキストデータの解析、言語モデルの開発、感情分析、機械翻訳など、言語に関する問題を解決するためのディープラーニングモデルを開発します。
  6. ロボティクスエンジニア:
    • ロボットの知覚、認識、意思決定能力を向上させるためにディープラーニングを利用します。自律的に動作するロボットやシステムの開発に関わります。
  7. ゲーム開発者:
    • ゲーム内のAIキャラクターの行動を制御するためのディープラーニングモデルを開発します。リアルタイムでの意思決定や学習能力を持たせることができます。
  8. ヘルスケアアナリティクス:
    • 医療画像の診断支援、遺伝子データの解析、病気の予測など、ヘルスケア分野でのディープラーニングの応用を研究します。

ディープラーニングに関する知識や経験は、テクノロジーの最前線で活躍するために非常に価値があり、金融、医療、自動車、エンターテインメントなど、多岐にわたる業界で需要があります。

技術の進化に伴い、これらの分野での新しい職種が続々と生まれています。

PR

まとめ

ディープラーニングについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、ディープラーニングがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本、そしてオンライン講座3選を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本やオンライン講座をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。