【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年7月】ロボットがわかる本おすすめ3選+最新情報

「ロボットがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

ロボットについて知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

ロボットとは、プログラムされた指示に従い、自律的または半自律的に作業を行う機械です。工業生産、医療、家庭作業、探索など様々な分野で活躍し、人間の作業を補助または代替します。センサーや人工知能を搭載することで、環境を認識し複雑なタスクを遂行する能力を持ちます。

まずはじめに、ロボットがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本初心者向けの本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • エンジニア・技術者:ロボットの設計、開発、プログラミングに関する知識を深めたい。
  • 研究者・科学者:ロボット工学や人工知能に関する最新の研究成果や技術を学びたい。
  • 学生:ロボット工学やメカトロニクスの基本から応用までを学び、将来のキャリアに備えたい。
  • 教育者・教師:学生にロボット工学を教えるための教材や教授法を探している。
  • 趣味としてロボットを作りたい人:家庭でロボット製作を楽しみたいホビイストやDIY愛好者。
  • 産業用ロボットのユーザー:工場や製造現場で産業用ロボットを使用し、効率的な運用方法を学びたい。
  • 医療従事者:医療用ロボットの最新技術や応用方法を理解し、患者ケアや手術の支援に役立てたい。
  • ビジネスプロフェッショナル:ロボティクスのビジネスチャンスや市場動向を理解し、ビジネス戦略に活かしたい。
  • 一般の興味を持つ読者:ロボットの歴史、技術、未来の展望について知りたい。
  • SF作家・クリエイター:ロボットの技術や応用について理解を深め、作品にリアリティを加えたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

Amazon 本の売れ筋ランキングもチェックしてみよう!
和書総合暮らし・健康・子育て趣味・実用ビジネス・経済人文・思想社会・政治

ロボットの本 おすすめ3選

ロボットがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

ROS2とPythonで作って学ぶ AIロボット入門

書籍情報

出村公成, 萩原良信, 升谷保博, タンジェフリートゥチュアン(著)講談社(出版社)2022/9/1(発売日)320(ページ数)

★人工知能とロボット工学の俯瞰的な知識を、手を動かしながら学ぼう!★

・音声認識・合成、ビジョン、ナビゲーション、マニピュレーション、プランニングといったAIロボットの基礎理論とプログラミング技法をていねいに解説!

・開発環境をDocker、サンプルプログラムをサポートサイトから提供しているので、すぐに実践できる!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ロボット(R.U.R)

書籍情報

カレル・チャペック(著)千野 栄一(翻訳)岩波書店(出版社)1989/4/17(発売日)207(ページ数)

ロボットという言葉はこの戯曲で生まれて世界中に広まった。

舞台は人造人間の製造販売を一手にまかなっている工場。
人間の労働を肩代わりしていたロボットたちが団結して反乱を起こし、人類抹殺を開始する。

機械文明の発達がはたして人間に幸福をもたらすか否かを問うたチャペック(1890-1938)の予言的作品。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

産業用ロボット The ビギニング

書籍情報

西田麻美(著)日刊工業新聞社(出版社)2022/9/28(発売日)190(ページ数)

制御面を中心に初心者(ビギナー)のために機械の仕組みと構成、設計手法などを紹介する「ビギニングシリーズ」最新作。

「ざっと読んで概要を把握したい」という初心者が「産業用ロボット」という専門分野を理解するための入門書。

専門知識が足りない読者が、手っ取り早く最低限の知識を得られるように、その仕組みと種類、構成要素から関連の法律や規則なども含めて、知らなければいけない大事な部分をピックアップして紹介している。
豊富なイラストで楽しく読めて、しっかり理解できる。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ロボットの名著・ロングセラー本

ロボットについての名著やロングセラー本を紹介します。

ROSロボットで学ぶ 次世代のIoTアーキテクチャ

書籍情報

田胡 和哉(著)コロナ社(出版社)2023/10/23(発売日)230(ページ数)

本書は、あえて薄く広くなることを厭わずに、ROSを用いたロボットに関する事柄の全貌を描き出すことを目的としている。

ROS自体だけでなく、ハードウェアやロボットを用いたビジネス企画についても触れ、全体が一つの技術物語になるようにまとめてあります。
これによって、大学講義、企業研修等で、今後の活動の基礎となる全体像を提供します。

さらに、以下の3つの観点から視点をまとめ、ロボット技術に関して今後取り組むべき目標を提示しています。
・ ロボットに基づくAI研究
・ ロボットを支えるフォグコンピューティングを含むシステムアーキテクチャ
・ ロボット技術動向に基づくビジネス戦略

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

イラストで学ぶ ロボット工学

書籍情報

木野 仁(著)谷口 忠大(監修)講談社(出版社)2017/11/22(発売日)224(ページ数)

◆◆「 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 部門教育表彰(2020年)」受賞!◆◆

あれから3年、ホイールダック2号が帰ってきた!
大好評書『イラストで学ぶ人工知能概論』の第2弾。

・ホイールダック2号@ホームの開発ストーリー仕立てだから、ロボット工学の基本がいとも簡単に理解できる!
・重要な数学的記述を可能な限り解説したので、マニピュレータ制御における数学的・物理的なイメージが掴める!
・計算力が身につく章末問題が充実しているので完全無敵! ジークジオン!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ロボット法 AIとヒトの共生にむけて 増補第2版

書籍情報

平野 晋(著)弘文堂(出版社)2024/5/27(発売日)432(ページ数)

生成AIやBMIなど最新トピックをフォローした最新版!

人工知能(AI)技術の急速な発展に伴い、AI搭載ロボットとの共生も夢物語ではなくなってきた今日。
しかし、私たちの社会はその準備ができているでしょうか。
自律的に思考・判断し、行動するロボットが、事故を起こしたら? ヒトを傷つけたら? 「感情」を持ったら?――
高度なAIを搭載したロボットの登場は、法など人間社会のルールにも大きな影響を与える可能性があります。
本書は、「制御不可能性」と「不透明性」を軸に、優れたSF作品の教訓にも触れつつ、「ロボット法」を構想していくことの重要性を伝えます。

この増補第2版では、「AI法」が承認されたEUをはじめとするグローバルレベルの議論を踏まえたうえで、採用活動など雇用におけるAI利活用、ChatGPT等の生成AIの問題と規制、メタバース、ブレイン・マシーン・インターフェース、医療分野と司法分野におけるAI利活用などについて加筆。
AIガバナンスを考えるための鍵は、ロボット法にあります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

初心者向けのロボットの本

初心者向けのロボットの本について紹介します。

未来につながる! ロボットの技術 歴史からしくみ、人工知能との関係までよくわかる

書籍情報

日本ロボット学会(監修)誠文堂新光社(出版社)2023/1/14(発売日)80(ページ数)

ロボットの技術は日々進歩を遂げ、産業界の分野でも幅広く採用されており、現在の子どもたちが大人になるころには、より目覚ましい発展を遂げていることが予想されます。

本書では、ロボットのなりたちから、現在各方面で活躍するロボット技術の紹介、そして今後の発展について、写真や図版を大きく配した誌面で解説。

どういった種類のロボットがどんなところで働いているのか、産業用ロボット、サービスロボットとはなにか? など、一般的なロボットの知識を網羅。
そしてロボット技術の発展によって、未来はどうなる?といった点まで、順序だててわかりやすく解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい ロボットの本 第2版

書籍情報

日本ロボット工業会(監修)日刊工業新聞社(編集, 出版社)2022/3/16(発売日)160(ページ数)

人手不足の解消や過酷作業の代替などで適用拡がる産業用ロボットに加え、インフラや医療・食品・接客領域で導入が進むサービスロボットの活躍ぶりがひと目でわかる。

センシングやAI、アクチュエータなどロボットが働く要素技術もやさしく解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ロボット大図鑑 どんなときにたすけてくれるかな? 1 くらしをささえるロボット

書籍情報

佐藤 知正(監修)ポプラ社(出版社)2024/4/3(発売日)47(ページ数)

光村図書令和6年度版小学2年生国語の教科書に掲載されている「ロボット」の著者・佐藤知正先生の監修による最新ロボット図鑑。

生活のどのような場面で活躍しているのか用途別に分類して紹介しているので、調べたいロボットがすぐにみつかります。
また、低学年でも理解しやすいよう、登場するロボットにはすべて「どんなときに何をして人間を助けてくれるのか」という見出しをつけて簡潔に説明しています。

1巻では、そうじ用ロボット、介護用サポートロボット、ペットロボットなど、おもに家庭で使用されているロボットを紹介しています。
さらに、図鑑の内容を整理できるシートも掲載。

amazon.co.jp書籍情報より引用

最新のロボットの本

近日発売予定やこれまでに発売されたロボットの関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

6月に発売されるロボットの関連書籍は見つかっていません。

【8月3日発売】Raspberry Piでロボット製作 コミュニケーションロボットSIROの製作日誌

書籍情報

kuro(著)技術評論社(出版社)2024/8/3(発売日)256(ページ数)

家族と一緒に暮らすコミュニケーションロボットを作ってみたい。
「自律移動」「音声認識」「顔認識」、それから「発話」機能を付けてみようか。
ということで、あれこれ機能を組み込んで完成したのがSIROです。

本書のロボット製作には、Raspberry Pi、電子工作、Python、コンピュータ、Linux、HTMLなどの幅広い知識が必要となりますが、一つ一つの難易度はそれほど高くありません。
ですのでまだ自信のない初学者の方も、ぜひロボット製作にチャレンジしてください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

UnityとROS 2で実践するロボットプログラミング ロボットUI/UXの拡張

書籍情報

奥谷 哲郎 , 田井 普 , 髙木 健太 , 中西 泰人(著)科学情報出版(出版社)2024/5/22(発売日)315(ページ数)

【はじめに】※一部抜粋
本書はUnityとROS を組み合わせて新たな体験を作り出す実践的な入門書として書かれました。

シミュレーター上のロボットではなく実機のロボットを使い、ゲームエンジンであり可視化ツールでありXR を作るための開発環境であるUnity とロボットを組み合わせた実践的なサンプルを紹介していきます。

対象とする読者
本書は主に次のような方を対象にしています。
• Unity の開発経験がありロボットの制御に興味のある方
• ROS の開発経験がありUnity を使った操作インターフェースの作成やデータの可視化に興味がある方
• Unity やROS の開発経験はないがロボットを操作するインターフェースの開発に興味のある方

amazon.co.jp書籍情報より引用

ロボット大図鑑 どんなときにたすけてくれるかな?(全5巻)

書籍情報

光村図書令和6年度版小学2年生国語の教科書に掲載されている「ロボット」の著者・佐藤知正先生の監修による最新ロボット図鑑。

生活のどのような場面で活躍しているのか用途別に分類して紹介しているので、調べたいロボットがすぐにみつかります。
また、低学年でも理解しやすいよう、登場するロボットにはすべて「どんなときに何をして人間を助けてくれるのか」という見出しをつけて簡潔に説明している学習資料のシリーズです。

1巻:くらしをささえるロボット
そうじ用ロボット、介護用サポートロボット、ペットロボットなど、おもに家庭で使用されているロボットを紹介しています。

2巻:まちでかつやくするロボット
宅配用ロボット、警備用ロボット、受付用ロボットなど、おもに社会サービスに使用されているロボットを紹介します。

3巻:ものづくりをたすけるロボット
溶接ロボットなど、アームとハンドを組み合わせてつくられた、おもに工場で使われる産業用ロボットを紹介します。

4巻:そとでしごとをするロボット
田植え用のロボットや植林の伐採用ロボットなど、農林水産業や建築の現場で使用されているロボットを紹介します。

5巻:とくべつな場所ではたらくロボット
月面探査用ロボットや山岳トンネル施工用の巨大ロボットなど、特殊な用途を目的として開発されたロボットを紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

詳解 強化学習の発展と応用 ロボット制御・ゲーム開発のための実践的理論

書籍情報

小林 泰介(著)科学情報出版(出版社)2024/3/19(発売日)212(ページ数)

【まえがき】※一部抜粋

本書では強化学習を実世界の問題に応用することを目指したい研究者(大学院生含め)や企業の技術者を主な対象にして、実応用向きの強化学習技術について紹介している。

これらは、過度に数理的な説明に踏み込みすぎずに概念的な理解を重視して説明するよう試みたつもりである。
また、最近の強化学習論文では前提となっていて丁寧に紹介してもらえないテクニックや問題意識などについても適宜まとめているので、最新論文を読む下地としても有用であろう。

このように本書は、既存の強化学習ライブラリの利用方法をまとめたような入門書では満足できない、かと言って強化学習の詳細な数理に踏み込んで何故強化学習が上手く動くのかまで深く理解する段階ではない、いわば強化学習に入門を終えた強化学習ユーザー向けの構成となっている。
そのため、強化学習の基礎的な内容も本書には一応載せているが、比較的簡潔に留めたつもりである。

また、本書を参考に新たな強化学習アルゴリズムの開発をすることも可能だと思うが、その際は必要に応じて他書や最新論文から理論的な補強をすると良いだろう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ロボットの確率・統計 製作・競技・知能研究で役立つ考え方と計算法

書籍情報

上田 隆一(著)コロナ社(出版社)2024/3/4(発売日)288(ページ数)

ロボットの開発・研究は、この世の複雑さとの戦いです。
ロボット自身が壊れないように組み上げるのも大変ですし、ロボットを歩かせようとすると、普段平らだと思っていた地面に実は起伏があることに気づきます。
またカメラには無数のものが映り、しかも映り方には無限にバリエーションがあります。
そんなわけのわからないところで複雑な機械を動かそうというのですから、ロボティクスというのは因果な学問です。どうかしています。

ここ四半世紀、この難問の解決に一役買ってきたのが確率論や統計学です、と言ったら皆さんは「本当か?」と思うかもしれません。
しかしこれは紛れもない事実で、最初の頃は動きやカメラでの観測の乱れの起こり方を確率で考えて対策する方法が考案され、今も活用されています。
そして現在は、ロボットが大量のデータから、統計的な法則性を見つけて何かを認識、判断するという段階まできています。
これは、実は動物や人間もやっていることで、確率・統計という道具を得て、ロボットが動物に近づいてきたと解釈することもできるでしょう。

また、もっと手前の段階の話として、ロボットに限らず何か実験をしたら、結果を統計処理することになりますし、結果を適切に人に説明しないといけません。
さらには、「ロボットが動かない、壊れる」という偶発的な現象についても「運が悪い」で済ませず、統計を使って分析して対処しなければなりません。
このややこしい世界に立ち向かうには、確率・統計の考え方は、ロボットの作り手にも、ロボット自身にも役に立ちます。

ということで、手前味噌も甚だしいですが、本書はロボットを扱う上で知ると役に立つ確率・統計について、基礎から哲学のような話題まで、ひととおり扱ったものです。
内容については、大学1年生が最初の方を読んで確率・統計の基礎を確認できるようにしてあります。
中盤からは読者対象に縛りを設けず、遠慮なく高度な内容を記述してあります。
ただ、その内容については理解する必要はなく、「ロボティクスにはそういう難しい問題があるんだ」と確認してもらい、勉強する動機を持ってもらえるようにしました。
数ヶ月ごと、数年ごとに読み返して、どれだけ自身の理解が進んでいるのか確認したり、随所に仕込まれている雑談だけ読んだりという使い方も考えられます。

余談ですが、雑談では動物、人間、人生、そして筆者のギャンブル遍歴、ズルと嘘、手抜きと偏見に満ちた思考の告白など、学術書としてはどうかしている話題を盛り込みました。真面目な方も、不真面目な方も、ぜひ手にとってみてください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ロボットエイジ

書籍情報

岡村徹也(著)産経新聞出版(出版社)2024/1/25(発売日)184(ページ数)

教育、医療、農業、販売……、あらゆる分野で、ロボットが人間の代わりに働き出している。
そんな「ロボットエイジ」の到来で、何が変わり、何が問題化してくるのだろう。
「ジブリパーク」のプロデュースなどで知られる岡村徹也氏が、ロボット時代を考えた。

■ロボットが人間の「幸せ」を作り出す
■ロボットで代替できないもとは?
■人間は職を奪われないのか
■「人命優先」は理解できるのか
■農業の後継者不足は一挙に解決
■「アート」は理解できるのか
■「AI」+「ロボット」で起こること
■ロボットが持つ「美的センス」
■「ロボ犯罪」をロボットが取り締まる
■言語の壁が崩れていく

amazon.co.jp書籍情報より引用

産業用ロボット全史 自動化の発展から見る要素技術と生産システムの変遷

書籍情報

小平紀生(著)日刊工業新聞社(出版社)2023/10/1(発売日)256(ページ数)

・今こそ学ぼう、産業用ロボットの歴史
・これ一冊でロボットの進化過程と今後が全部わかる!

日本は産業用ロボット生産台数で、世界シェアの半分を占めています。

一大産業となった産業用ロボットはどんな技術に支えられ、どのような変化を遂げるのか。
長年、産業用ロボットの現場にいた著者がロボットの要素技術から自動化までを解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

はじめてのロボット工学 第2版 製作を通じて学ぶ基礎と応用

書籍情報

石黒浩, 浅田稔, 大和信夫(著)オーム社(出版社)2019/3/16(発売日)208(ページ数)

2足歩行ロボットの製作を通じてロボット工学の基本がわかる!

ヒューマノイドロボットをベースに、できるだけ数式を用いずに、図でわかりやすく説明したロボット工学の入門書です。

前半では、ロボットの歴史や構造から、モータやセンサ、機構や制御までを体系的に学習します。
後半の章では、アルミ加工からモーション作成までのロボットの作り方を解説します。
高校・専門学校・高専・大学などで、実習製作にも利用できる内容です。

第2版は、2007年に発行された初版の基本的な構成はそのままに、10年のうちに著しく変化した情報を更新・追加しました。
製品スペックなどの情報を最新のものに差し替え、また、実習で使用する部品も2018年現在容易に入手できるものに変更し、板金だけでなく3Dプリンタによる制作方法も追加しました。
さらに、深層学習などにより飛躍的に進歩した分野について、「Chapter 9 ネットワークによる連携と発展」を新設しました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ロボットによくある質問と回答

ロボットについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

ロボットとは何ですか?

回答: ロボットは、プログラムされた命令に従って動作する機械です。

自動的にタスクを実行するために設計されており、工業用ロボット、サービスロボット、探査用ロボットなど、さまざまな形態と用途があります。

ロボットの主な用途は何ですか?

回答: ロボットは工業、医療、家庭、教育、軍事など多岐にわたる分野で使用されています。

例えば、製造業では組み立てラインの作業、医療分野では手術支援、家庭では掃除や芝刈りなどの日常的な作業を自動化するために活用されています。

ロボットはどのように動作しますか?

回答: ロボットはセンサーで環境の情報を感知し、そのデータをプロセッサが解析して、モーターやアクチュエータを制御することで具体的な動作を行います。

プログラムによっては、人間の指示に従うことも、完全に自動で動作することもあります。

AI(人工知能)とロボットの違いは何ですか?

回答: AIは、学習や推論などの知的な行動をコンピュータで模倣する技術です。

一方、ロボットは物理的な作業を自動で行う機械です。

多くのロボットがAI技術を組み込んでいますが、すべてのロボットがAIを必要とするわけではありません。

ロボットの未来にはどのような展望がありますか?

回答: ロボット技術は急速に進化しており、将来的にはさらに多くの職場や家庭での普及が見込まれています。

特に、自動運転車、介護ロボット、災害救助ロボットなど、人間の安全や生活の質を向上させる分野での発展が期待されています。

また、AIとの統合により、よりスマートで自律的なロボットが開発されるでしょう。

ロボットのスキルが活かせる職種とは?

ロボットに関する知識や経験を習得することによって、さまざまな技術職や管理職で活躍することができます。

ロボット工学の専門知識は、製造業、医療、サービス、研究開発など、多くの分野で重要な役割を果たします。

以下は、ロボットに関する知識や経験を活かして担当できる具体的な仕事の例です:

  1. ロボットエンジニア:
    • ロボットの設計、開発、製造、テストを行います。機械設計、電子工学、制御システム、ソフトウェア開発など、多岐にわたる技術を統合します。
  2. 制御システムエンジニア:
    • ロボットの運動制御や自律制御システムを設計・開発します。制御アルゴリズムを作成し、ロボットの精密な動作を実現します。
  3. ロボティクス研究者:
    • 大学や研究機関でロボティクスの新しい技術や応用方法を研究します。新しいロボット技術やアルゴリズムの開発、論文の執筆、学会での発表を行います。
  4. ソフトウェアエンジニア(ロボティクス):
    • ロボットの制御ソフトウェアや人工知能(AI)を開発します。ロボットの動作計画、画像認識、音声認識などのソフトウェア開発に携わります。
  5. フィールドサービスエンジニア:
    • ロボットシステムの設置、メンテナンス、修理を担当します。顧客先でのトラブルシューティングや技術サポートを提供します。
  6. プロジェクトマネージャー(ロボティクス):
    • ロボット開発プロジェクトの計画、実行、監督を行います。プロジェクトの進捗管理、予算管理、チームの調整などを担当します。
  7. 産業用ロボットエンジニア:
    • 製造業において、産業用ロボットの導入、プログラミング、最適化を行います。自動化システムの設計と実装を担当します。
  8. 医療用ロボットエンジニア:
    • 医療分野で使用されるロボットの開発と改良を行います。手術支援ロボット、リハビリテーションロボットなどの設計と開発に携わります。
  9. ロボティクス教育者/トレーナー:
    • 大学や専門学校でロボティクスの教育を行います。次世代のロボットエンジニアを育成し、理論と実践の両方を教えます。
  10. エンターテイメントロボットデザイナー:
    • エンターテイメント分野で使用されるロボットの設計と開発を行います。アミューズメントパークのロボットや家庭用エンターテイメントロボットの開発に携わります。
  11. 自動運転車開発エンジニア:
    • 自動運転技術の開発に携わり、ロボティクス技術を車両に応用します。センサー技術、制御アルゴリズム、AIを統合したシステムの開発を行います。
  12. ドローン開発エンジニア:
    • 無人航空機(ドローン)の設計、開発、運用を担当します。空撮、配送、農業、災害救助など、さまざまな応用分野で活躍します。
  13. 人事担当者(ロボティクス企業):
    • ロボティクス企業の人材採用、育成、組織運営を担当します。技術者の採用や研修プログラムの開発を行います。
  14. スタートアップ創業者:
    • ロボティクス分野での起業を目指し、新しいロボット製品やサービスを開発・提供します。市場分析、資金調達、製品開発を担当します。

ロボティクスの知識と経験は、技術の進化と共に需要が高まっている分野です。

このスキルを活かして、さまざまな産業や応用分野で革新的な技術開発や問題解決に貢献することができます。

まとめ

ロボットについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、ロボットがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本初心者向けの本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。