【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年6月】IoTがわかる本おすすめ3選+最新情報

「IoTがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

IoT(Internet of Things)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

IoTとは、「モノのインターネット」とも呼ばれ、日常のあらゆる物体をインターネットに接続してデータを交換・分析する技術です。家電から車、工場の機械まで、センサーを備えたデバイスがネットワークを通じて情報を共有し、より賢く、効率的な動作を可能にします。エネルギー管理、健康ケア、都市計画など、多岐にわたる分野で革新をもたらしています。

まずはじめに、IoTがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • テクノロジー愛好家: 日常生活におけるIoT技術の応用に興味がある。
  • エンジニアおよび開発者: IoTデバイスやシステムの設計、開発に関わりたい。
  • ITプロフェッショナル: ビジネスや産業におけるIoTの導入と活用を検討している。
  • システムインテグレーター: 異なるIoT技術を統合し、効率的なソリューションを提供したい。
  • スタートアップの創業者: IoTベースの製品やサービスを市場に導入したい。
  • ビジネスアナリスト: IoTが業界に与える影響やビジネスチャンスを理解したい。
  • 教育者および学生: IoTの基本原理と技術的要素を学びたい。
  • プロダクトマネージャー: IoT製品の開発と市場投入戦略を担当したい。
  • セキュリティ専門家: IoT環境におけるセキュリティリスクと対策に焦点を当てたい。
  • ホビイストおよびDIYエンスージアスト: 自宅や個人プロジェクトでIoT技術を活用したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

IoTの本 おすすめ3選

IoTがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

IoTの知識地図 設計・実装・運用のための必須知識をこれ一冊で

書籍情報

片山暁雄, 松下享平, 井出尭夫, 横田峻, 渡邊大輔, 松永岳人, 桶谷拓也, 服部政洋, 須田桂伍(著)技術評論社(出版社)2024/4/17(発売日)264(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

センサーからクラウドまで、IoTの知識をこれ1冊で

デバイスからネットワーク、クラウドまで、IoT 開発には幅広い知識が必要となります。

本書では、これからIoT システムの開発をはじめたい、IoT を使ったビジネスをはじめたいという人を対象に、IoT の全体像を解説しつつ、今後の学習のための情報源を数多く紹介します。

実開発・ビジネス展開にもつながるよう、IoT にまつわるセキュリティ、プロジェクトの進め方についても深掘りします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

IoT電子工作 やりたいこと事典[Arduino、M5Stack、Raspberry Pi、Raspberry Pi Pico、PICマイコン対応]

書籍情報

後閑 哲也(著)技術評論社(出版社)2024/4/20(発売日)448(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

自作ガジェットで身の回りのことを自動化しよう!

ちょっとしたIoTシステムで、自分の身の回りのことを自動化してみたいとお考えの方も多いでしょう。
しかし、経験がある方でも、どういうデバイスやセンサを使ったらよいかわからなかったり、どれを使うか迷ったりすることがしばしばです。

本書はそんな方々を対象に、多くの方法がある中からどれを選ぶかを決める手間を省くという趣旨で、代表的なエッジデバイスに使える機器やセンサなどを中心に、実際の製作例ではどんなものになるかを試した結果を解説しています。

扱うデバイスは、Arduino、M5Stack、Raspberry Pi pico、ワンチップマイコン、Raspberry Pi。
デバイスの特性によって、液晶や有機EL、センサ、サーボ、カメラ、Wi-Fiはもちろん、LoRa通信や、電池無し・配線無しで無線通信できるEnOceanの使い方なども紹介しています。
さらには、サーバやクラウド側のアプリケーションの処理も詳細に説明しています。

この1冊で、IoT電子工作の世界がさらに広がります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

図解即戦力 IoT開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書

書籍情報

坂東 大輔(著)技術評論社(出版社)2020/11/20(発売日)320(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書は「IoT」(Internet of Things)の開発に関する基本的な事項を解説しています。

インターネットはWeb中心からすべての"モノ"がつながるIoT時代を迎えようとしています。
そのような時代に対応した製品づくりに必要な知識を重要キーワードを中心に解説します。

「デバイスとセンサ」、「通信技術とネットワーク環境」、「ビッグデータ」、「クラウド」といったIoTの構成要素を"広く深く"カバーしており、本書一冊でIoTの基礎を効率的に学べます。 

(こんな方におすすめ) 
・IoT開発の全体像を理解したい人 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、書店ポスト

IoTの名著・ロングセラー本

IoTについての名著やロングセラー本を紹介します。

図解即戦力 IoTのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書

書籍情報

IoT検定ユーザー教育推進ワーキンググループ(著)技術評論社(出版社)2020/2/25(発売日)276(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

IoTについての基本的な知識が身に付く本です。

IoTサービスの導入の際に必要となる知識や、IoT機器の仕組みなど、幅広い分野について理解できるようになります。

2018年10月より開始されたIoT検定ユーザー試験パワー・ユーザーの教科書&問題集としても使うことができます。

(こんな方におすすめ)
・IoTの全体像を知りたい人。
・IoT検定ユーザー試験パワー・ユーザーを受験したい人。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

IoT技術テキスト[第3版]MCPC「IoTシステム技術検定 中級」対応

書籍情報

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(監修)リックテレコム(出版社)352(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

IoTの基礎から、システム、通信、デバイス等のインフラ知識、 さらにデータ活用、プロトタイピング、セキュリティなど、実務の課題に直結した知識が体系的にまとめられています。

本書1冊で、IoTに関連する技術の全容を概括でき、まとまった知識が得られます。 

◆「MCPC IoTシステム技術検定(中級)」の公式テキストです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

書店ポスト

IoT技術テキスト 基礎編[改訂3版]MCPC IoTシステム技術検定[基礎]対応

書籍情報

MCPCモバイルコンピューティング推進コンソーシアム(監修)インプレス(出版社)2022/9/22(発売日)280(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

2022年に部分改訂されたMCPC IoTシステム技術検定(基礎編)に完全準拠した公式テキストが登場!

本書は、新たにDXを学びたい読者に向けてDXの動向をふまえて「2025年の崖」の克服に必要なことや企業の課題に触れ、さらに最近の事例の具体例として、DX推進によるビジネスモデルやIoTプラットフォームの変化、ビジネスモデルの仮説検証に関する記述を増ページで追加しました。

そのほか、クラウドネイティブやエッジAI、両面市場、IoTプラットフォームの導入事例なども解説。
章末のコラムでは「メタバース」「CV」「5G」「GAN」といった注目の最新トピックも紹介。

詳しい図説と用語解説でIoT技術の概要から検定試験に合格するための知識が無理なく身に付きます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

書店ポスト

初心者向けのIoTの本

初心者向けのIoTの本について、発売日が新しい順に紹介します。

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいセンサの本 第3版

書籍情報

山﨑弘郎(著)日刊工業新聞社(出版社)2023/11/1(発売日)160(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

センサ技術の基礎からセンサネットワークや半導体技術を応用したセンシングシステムなども含めた、昨今のセンサ技術の現状を実例を挙げながらわかりやすく解説した本。

センサ(およびそのコントロール機器)自体が、検出対象の変化を意識し、機械や環境に加えて人がセンサの検出対象になり、その情報による高度なネットワーク活用をする場面が増加している。

本書では、それらの基本となるセンシング技術、関連半導体技術、そしてその役割の変化などを紹介する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

IoT モノのインターネット (やさしく知りたい先端科学シリーズ9)

書籍情報

高安 篤史(著)創元社(出版社)2021/10/21(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

超スマート社会を先取りするための必須知識

「IoT」とは「Internet of Things(モノのインターネット)」の略で、あらゆるモノの状態をセンサーで取得し、蓄積・分析したデータをインターネット経由で相互に連携・制御する技術をいう。

センサーやAIなどのデジタル技術とともに進化するIoT本来の目的やしくみ、IoTによってもたらされる社会や暮らしの変化、スマート社会実現のための課題や問題点への対処など、写真やイラストを使ってやさしく解説するシリーズ第9弾。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

60分でわかる! IoTビジネス最前線[改訂2版]

書籍情報

IoTビジネス研究会(著)技術評論社(出版社)2020/10/14(発売日)160(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

最新のIoTビジネスについてわかりやすく解説する「60分でわかる! IoTビジネス最前線」の改訂版です。

IoTの基本、最新IoTの現状、IoTを支えるテクノロジ、IoTビジネスの可能性など、IoTビジネスへの第一歩を踏み出すための知識を解説しています。

会議での新ビジネスの提案、企画の立案、取引先でのビジネストークなど、ビジネスマンがよく使うIoTビジネスのネタを60分で仕込むことができます。 

(こんな方におすすめ) 
・最新IoTの知識を短時間で押さえて、ビジネスに活かしたい人 

amazon.co.jp書籍情報より引用

デバイスごとにわかる IoTスターターのための 電子工作チャレンジブック

書籍情報

dotstudio(著)翔泳社(出版社)2020/1/1(発売日)152(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

IoTって楽しい!ハッカブルなデバイスの魅力が大集合

CodeZineの人気連載を書籍化。

IoTや電子工作に触れてみたいけれど、始め方が分からないという人に向けて、ハッカブルなIoTデバイスとその楽しみ方を紹介した一冊です。
micro:bitやLilyPad Arduino、obnizなど多様なデバイスが登場。
デバイスの特徴や簡単な試し方から解説しているため、初心者にも分かりやすくなっています。

著者は、「モノづくりを楽しめる人を増やしたい」という想いで、IoTプロトタイピングなどの教育・研修事業を展開するdotstudio。
個性あふれるメンバーたちがリレー形式で解説します。

「IoTや電子工作に興味があるけど、なかなか一歩踏み出せない」
「普段ソフトウェアしか触っていなくて、ハードウェアはちょっと難しそう」
などとハードルの高さを感じている人に読んでもらい、初めの一歩を踏み出すきっかけになればと思っています。
これを読んで、みなさんもモノづくりの世界を楽しみましょう。(はじめにより)

amazon.co.jp書籍情報より引用

2時間でわかる 図解「IoT」ビジネス入門

書籍情報

小泉耕二(著)あさ出版(出版社)2016/4/5(発売日)175(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

★基本から応用までが理解できる、いちばん丁寧な「IoT」解説書!! 

IoT専門の情報サイト『IoTNEWS』代表として、国内外、数々の企業の取材・記事執筆を行う著者が、図解でわかりやすく、多くの事例から「IoT」の本質を紐解く。

IoTの現在や未来、そして生活やビジネスに与える衝撃を知り、自分のビジネスを変えるための知識を、これまでにないわかりやすさで解説!

身近な例として「家ナカ」でIoTを理解し、仕事や社会、産業がどう変わるか、「わかる」だけでなく、「明日から使える」手法が満載!

amazon.co.jp書籍情報より引用

最新のIoTの本

近日発売予定や最近発売された最新のIoTの関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

6月に発売されるIoTの関連書籍は見つかっていません。

よくわかるIoTデータ転送技術

書籍情報

中山悠(著)森北出版(出版社)2024/5/24(発売日)160(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

いまこそ必要なネットワーク技術の知識が身につく!

多様なデバイス、多岐にわたる通信規格、様々なサービスの要求など、IoTが当たり前のものとなりつつある現在、ネットワークは複雑化する一方に見えます。

本書は、プロトコルを中心にしてデータ転送という本質的な仕組みに焦点を絞ることで、IoTのネットワーク技術を関連する基礎知識とともに平易に解説します。
近年注目が高まっているQUIC、MQTT、CoAPなどの代表的なプロトコルと、それらの選定指針も紹介しています。

初級ネットワークエンジニアはもちろん、IoTの関連技術・サービスに携わる人々にとって、格好の入門書となっています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

スマート農業

書籍情報

中野 明正(著)創元社(出版社)2024/5/17(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

日本農業と世界的食料不足を先進技術で解決

国内では高齢化による労働力不足などの要因から農業が大きな岐路に立たされる一方で、世界では爆発的人口増加や紛争、自然災害などで、何億もの人々が食糧不足や飢えに苦しんでいる。

これらの課題を解決する切り札として、先端科学技術やデータの活用によるスマート農業が注目を集めている。

この新しい農業の国内外における具体的な取り組み事例や課題、将来展望を、図版や写真、イラストを使ってやさしく解説するシリーズ第11弾。

amazon.co.jp書籍情報より引用

TCP/IP技術入門 プロトコルスタックの基礎×実装[HTTP/3, QUIC, モバイル, Wi-Fi, IoT]

書籍情報

中山 悠, 丸田 一輝(著)技術評論社(出版社)2024/5/10(発売日)352(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

今のTCP/IP、ネットワーク技術をどのように学ぶか。

社会インフラとなったインターネットを動かす技術群「TCP/IP」にスポットを当て、長く役立つ基本を主軸に、先端の開発/ 研究動向の観点を盛り込んだ入門書。

本書では「プロトコルスタックの基礎」を理論× 実践のアプローチで丁寧に解説し、とくに、
・Wi-Fiやセルラーネットワークをはじめ無線通信による通信量の爆発的増加
・TCP/UDP/QUICのトランスポート層におけるスピードと信頼性のトレードオフ
・HTTP/3やWebTransport, IoTなど進化する上位レイヤー関連プロトコル
といった「インターネットの今」を支える技術ポイントを押さえた点が特徴です。

既存仕様に生じる限界の顕在化とそれらを解決する新たなテクノロジーの開発とが絶え間なく続いていく、そんなネットワークの世界が見えてくる1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Bluetooth無線化講座 プロが教える基礎・開発ノウハウ・よくあるトラブルと対策

書籍情報

水野剛 , 清水芳貴 , 三浦淳(著)技術評論社(出版社)2024/4/24(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

これまでになかった、わかりやすくて実践的なBluetoothの教科書!

Bluetoothは、スマホやパソコンといった既存デバイスとの無線通信を手軽に実現できる便利な技術です。

しかしながら、いざBluetoothで無線化することを考えると、「具体的にどうアクションを起こせばいいのかわからない」「アプリをつくったことがない」「ハードをつくるのはたいへん」などのハードルが出てきます。

実際にBluetoothを使って開発を始めると、「データ落ちが発生した」「思っていたほど通信距離が伸びなかった」「採用したBluetoothモジュールでは、使いたい標準機能が使えない」などのトラブルが発生することはよくあります。

開発したものをいよいよ販売する段になっても、「Bluetooth認証の費用が想定外だった」「海外認証が思っていた以上にたいへんだった」などのトラブルは多々あります。

この本では、必須の前提知識から解説し、よくあるトラブルをどのように解決するかを学んでいきます。

これまで、Bluetoothに関するノウハウはメーカーに蓄積し、自社の資産として外部に公開されることがありませんでした。
そんななかで、エンジニアの役に立つように有益な情報をシェアしてきたのが、ムセンコネクトのオウンドメディア「無線化講座」です。
モジュール選定のポイントや開発ノウハウ、アプリ開発のポイントは、長年の経験から得られたムセンコネクトの知恵です。
これらを押さえて、Bluetooth化に挑戦してみてください。

【こんな人にオススメです】
・Bluetooth化に必要な知識を体系的に身につけたい。
・専門書や技術書はむずかしかった。わかりやすく解説してほしい。
・Bluetoothモジュールは種類が多くて選ぶのが大変。選ぶポイントを教えて欲しい。
・電波法やBluetooth認証が必要なのは知っているけど、具体的に何をすれば良いのか教えて欲しい。
・学生や新人エンジニアに基礎知識として「Bluetoothの教科書」を読ませたい。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Elixir実践入門 基本文法、Web開発、機械学習、IoT

書籍情報

栗林健太郎, 大原常徳, 大聖寺谷一樹, 山内修, 齋藤和也, 隆藤唯章, 高瀬英希(著)技術評論社(出版社)2024/2/24(発売日)424(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書は、Elixirの言語仕様と実践的な利用方法を解説した入門書です。
Elixirは、低遅延で高い可用性を要求される分散システムの構築と運用を目的とするErlang VM上で動作する言語です。
その文法はRubyから大きく影響を受けています。

Elixirコミュニティの発展は目まぐるしく、Webアプリケーションのみならず機械学習やIoTといった分野を問わず幅広く利用できる環境が整ってきています。

本書ではWebアプリケーション、機械学習、IoTそれぞれでよく利用されているPhoenix, Nx, Livebook, Nervesといったツールやライブラリの解説とその実践的な活用方法を紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ROSロボットで学ぶ 次世代のIoTアーキテクチャ

書籍情報

田胡 和哉(著)コロナ社(出版社)2023/10/23(発売日)230(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書は、あえて薄く広くなることを厭わずに、ROSを用いたロボットに関する事柄の全貌を描き出すことを目的としている。

ROS自体だけでなく、ハードウェアやロボットを用いたビジネス企画についても触れ、全体が一つの技術物語になるようにまとめてあります。これによって、大学講義、企業研修等で、今後の活動の基礎となる全体像を提供します。

さらに、以下の3つの観点から視点をまとめ、ロボット技術に関して今後取り組むべき目標を提示しています。
・ ロボットに基づくAI研究
・ ロボットを支えるフォグコンピューティングを含むシステムアーキテクチャ
・ ロボット技術動向に基づくビジネス戦略

amazon.co.jp書籍情報より引用

IoTを指向するバイオセンシング・デバイス技術《普及版》

書籍情報

民谷栄一, 関谷毅, 八木康史(監修)シーエムシー出版(出版社)2023/10/6(発売日)193(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

バイオ・化学センシング、ウェアラブルデバイス、そして情報通信・サイバー関連まで、IoTを指向したセンシング技術についてまとめた1冊!

amazon.co.jp書籍情報より引用

モバイルシステム技術テキスト エキスパート編 第9版 MCPCモバイルシステム技術検定試験1級対応

書籍情報

MCPCモバイルコンピューティング推進コンソーシアム(監修)リックテレコム(出版社)2023/7/21(発売日)480(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

DXリーダー必携!
モバイルからIoTまで主要技術を体系化!
モバイルシステムという切り口から、バランスよく実務に役立つ知識を身につけることができます。

IT、ネットワーク、アプリケーションといった縦割りの学習では、実務で役立つ知識を得ることは困難です。
しかし、本書では、モバイルシステムという切り口からバランスよく、実務に役立つ知識を身につけることができます。

「ネットワーク/IT」、「端末/アプリケーション」、「モバイルシステム」を主軸とする体系的な学習によって、技術知識と応用力が身につきますので、モバイルシステムやIoTシステムの導入提案に非常に有効です。
技術知識がベースとなっている提案によって、信頼・説得力が格段に向上します。

MCPC会員である通信事業者、メーカ、システムインテグレータなど、数多くの企業の協力により「モバイルシステムの今」を掲載しました。
変化の激しいモバイルシステム業界の現在、そして未来がわかります!

amazon.co.jp書籍情報より引用

図解即戦力 画像センシングのしくみと開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書

書籍情報

輿水 大和(監修)技術評論社(出版社)2023/6/14(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

最先端のセンシング技術がわかる

CASEやIoT技術の中核を担う画像センシング技術について、わかりやすいフルカラー図解で解説する入門書です。

センサーやプロセッサなどのハードウェア面から画像処理・画像認識を行うソフトウェア面まで、画像センシング技術の全体像をこれ1冊で把握できます。

ものづくりの最前線で働きたい就活生や転職希望者に役立つ情報が満載です。

(こんな方におすすめ)
・画像処理をこれから学ぶ学生
・関連製品メーカーや部品メーカーに就職した方
・画像処理ソフトウェアの開発に関心のある新人エンジニア

amazon.co.jp書籍情報より引用

カメラ/センサ/測定器 ESP&M5Stack電子工作プログラム集 定番Wi-Fi/Bluetoothマイコンのハードウェアを拡張して外付けパーツを制御する

書籍情報

下島 健彦, 森岡澄夫, 井田健太, 岩貞智, 宮田賢一(著)Interface編集部(編集)CQ出版(出版社)2023/5/2(発売日)296(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

ESP32はWi-FiやBluetoothに対応し,わずか1,500円で買えるIoT機器向けマイコン・ボードです。
ESP32をケースに入れてLCDの付いたM5Stackという製品もあります。

本書はESP32とM5Stackで使えるセンサやカメラのプログラムを満載しています。

本書の各記事は,月刊「Interface」に掲載された記事を再編集したものです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

製造業のIoT活用Q&A IoTのお悩み、解決します!

書籍情報

山田 浩貢(著)日科技連出版社(出版社)2023/4/25(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

「IoTを導入してみたが、暗礁に乗り上げている」「これからIoTを導入したいと考えている」製造業の方のさまざまな悩みごとに対し、解決に向けてのコツとツボをお伝えします。

IoT導入で起こりがちな問題を「情報収集」「蓄積」「活用」の手順にそって解説しています。

本書が対象とするのは製造業のカイゼンの陣頭指揮をとる現場管理監督者やIoT化を推進する立場の生産技術担当者です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ICT・IoTのためのアンテナ工学 改訂版

書籍情報

川上 春夫(著)出版社 東京電機大学出版局(出版社)2023/4/22(発売日)212(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

アンテナ技術の各種解析法を網羅的に解説した書の改訂版。

最新技術の応用例として、放送技術や衛星技術を紹介し、とくに宇宙天気予報に関する応用事例について概説。
さらにICT・IoTの応用例や今後のアンテナ技術の動向についてもまとめる。

新たなアンテナ技術の開発を行う際の参考として、アンテナのシミュレーション理論から実際のアンテナについて詳解。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ラズパイ/M5Stack用サンプルで学ぶ IPネットワーク通信プログラム入門 IoTマイコンの入出力をワイヤレス通信で自由自在

書籍情報

IoT機器のネットワーク通信機能は重要です。

本書は,ラズベリーパイ, M5Stackを使ったIoT機器のワイヤレス・ネットワーク通信を利用した プログラムをサンプルを使って解説しました。

マイコンでインターネットやLANを活用したシステムの知識を習得できます.

amazon.co.jp書籍情報より引用

エレキジャックIoT No.8 マイコンでAI顔認証 Sipeed M1 Dockで判断/BLEで結果送信

書籍情報

トランジスタ技術編集部(編集)CQ出版(出版社)2023/3/15(発売日)128(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

ハードウェアには,AIアクセラレータと64ビット・マイコンRISC-V搭載Sipeed M1 Dockを使い, icroPythonによるソフトウェア開発環境MaixPyで, 顔認証用Kmodelを利用したオリジナルのプログラムを作り,AI顔認証システムの基礎と応用を解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Arduinoをはじめよう 第4版

書籍情報

Massimo Banzi , Michael Shiloh(著)船田 巧(翻訳)オーム社(出版社)2023/2/27(発売日)280(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Arduino(アルドゥイーノ)は、プロトタイピングのためのオープンソースのプラットフォーム。

安価なハードウェアと使いやすい開発環境を組み合わせて使うことで、電子工作の経験がない人でも容易にインタラクティブなオブジェクトを作ることが可能になります。

本書では、開発者自らが、Arduinoの哲学、ハードウェア、ソフトウェアの基礎を解説、誰にでもできる簡単なチュートリアルを行います。

日本語版では公式リファレンスと綴じ込みリファレンスカードを付録として加えました。
第4版ではArduino IDE 2.0に対応し、Arduinoクラウドサービス、IoTクラウド、ARM搭載Arduinoボードの解説が追加されました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

鍵のいらない生活 スマートホームの教科書

書籍情報

小白 悟(著)クロスメディア・パブリッシング(出版社)2023/2/27(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

安心・安全・便利
毎日のくらしが10倍快適に!


スマホや音声で家電を操作できたり、朝になると自動的にカーテンが開くなど、動画やテレビなどでスマートホームを見て、「便利そうなのはわかる」という方は多いと思います。

しかし、日進月歩で進化するスマートホームは、さらなる便利・快適の追求に加え、安心・安全面でも進化を遂げています。1人暮らしの人、子どもがいるファミリー、おじいちゃん・おばあちゃんまで、すべての人に新しい生活様式を提供してくれます。

本書は、スマートホームの仕組みから始まり、「えっ!こんなこともできるの?」というスマートホームでできること、近い未来のスマートホームを含めた技術の進化など、スマートホームに関する情報を1冊にギュッと凝縮しました。

スマホが手放せない世の中になったように、この先スマートホームじゃないと暮らせないという世の中が来るかもしれません。ぜひ、本書でスマートホームの暮らしを疑似体験してみませんか?

amazon.co.jp書籍情報より引用

IoTと日本のアーキテクチャー戦略

書籍情報

柴田 友厚(著)光文社(出版社)2022/8/18(発売日)264(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

日本の産業競争力を左右する鍵は、アーキテクチャーとCPS(サイバーフィジカル・システム)にある――。

いま、なぜアーキテクチャー戦略と、中でもコアとなるモジュール化の概念が重要なのか? 
トヨタ、ダイキン、コマツ……世界で成功している企業から学べることは何か? 

2つの重要なキーワードから、今後の日本企業が採るべき道を探る。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

攻撃手法を学んで防御せよ!  押さえておくべきIoTハッキング

書籍情報

荻野司, 田久保順, 城間政司(著)一般社団法人 重要生活機器連携セキュリティ協議会(編集)インプレス(出版社)2022/6/14(発売日)144(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書は、経済産業省から2021年4月にリリースされた、IoTセキュリティを対象とした『機器のサイバーセキュリティ確保のためのセキュリティ検証の手引き』の『別冊2 機器メーカに向けた脅威分析及びセキュリティ検証の解説書』をもとに、IoT機器の開発者や品質保証の担当者が、攻撃者の視点に立ってセキュリティ検証を実践するための手法を、事例とともに詳細に解説しました。

特に事例では、実際のサンプル機器に対してハッキングする手法の解説だけでなく、使用したコマンドや実行結果も示しているので、ハッキングツールの使用方法も理解しやすくなっています。

実際の製品に対して漏れなく防御策を講じるのは、有限の時間と費用を考えると難しいですが、攻撃者の視点で防御策を考えることで、攻撃者がよく使う手法に対して事前に備えることができ、効率的かつ効果的な防御の実施が期待できます。

本書の実践例をもとにIoT機器のセキュリティ検証や対策を行うことで、安心安全な製品開発にぜひ役立ててください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

Pythonで作るIoTシステム プログラム・サンプル集

書籍情報

国野 亘(著)CQ出版(出版社)2022/4/22(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

組み込み機器をPythonで制御する処理を中心に解説しました。
マイコンのI/O端子に接続した外部回路をプログラムで制御して、 IoTのための機器を作ります。
解説に使用したプログラムは、 ダウンロードして実際に試してみることができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

IoTシステムのプロジェクトがわかる本 企画・開発から運用・保守まで

書籍情報

西村 泰洋(著)翔泳社(出版社)2020/1/23(発売日)328(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

今後ますます増えていくIoTシステム。
従来の業務システムとの違いなど、基本的なポイントを押さえれば、決して難しくはない! 


- IoTシステムの基本構造とは?
- 利用するデバイスとその使い方は?
- ネットワークはどう構築する?
- 多様で膨大なデータをどう扱う?
- 開発スケジュールの立て方は?
- システム企画書はどう作る?
- データフロー図の描き方は?
- AIの効果的な活用とは?

◆すぐに使えるテンプレート集のダウンロード特典あり! 
- システム企画書
- システム構成図
- データフロー図
- デバイス仕様表
- 接続シーケンス図
- チェックリスト

◆対象読者
- IoTシステムのプロジェクトの企画者やプロジェクトマネージャー
- 既存の業務システムのIoT化を担当する方
- これからIoTシステムの開発に携わるエンジニア

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、書店ポスト

改訂新版 IoTエンジニア養成読本

書籍情報

片山暁雄,松下享平,大槻健,大瀧隆太,鈴木貴典,竹之下航洋,松井基勝(著)技術評論社(出版社)2019/6/19(発売日)144(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

IoTシステムの複雑な全体像をひもとく情報満載! 

IoTシステムは我々の身近なところでも活用されるようになりました。
また、新しい技術やデバイス、センサを活用した事例も、日々ニュースなどでも取り上げられています。 

そこで、本書ではIoTシステムの構成要素である「センサ&デバイス」「ネットワーク」「クラウド」「アプリケーション」「セキュリティ」を個別にひもとくことで、その全体像が理解できる構成になっています。
さらにPart 3では「実践編 IoTデバイス実践講座」として、Raspberry Piを使ったIoTシステムをハンズオン形式で実装していきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

書籍情報

伊本貴士(著, 監修)日経BP(出版社)2017/8/11(発売日)376(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

IoTを知らずにこれからのビジネスはできない
「IoT」の全てを網羅した決定版! 


日本だけではなく世界が「IoT(Internet of Things、もののインターネット)」の時代に突入しつつあります。
IoTの時代には、身の回りのあらゆるものがセンサーや制御装置を介してインターネットにつながり、データを集める。こうして集めたビッグデータを人工知能(AI)を使って分析し、効率や性能を高めます。
さらには、新たなサービスを生み出し、これまでにないビジネスモデルを構築する──。
IoTは「第4次産業革命」を起こし、既存のビジネスの世界を激変させるとまで言われています。

こうしたIoTの時代には、全てのビジネスパーソンにIoTの基礎的な知識やスキルが必須となります。
あらゆるビジネスがIoTをベースに動くため、IoTを知らなければ仕事ができず、時代に取り残される可能性すらあるのです。一方で、IoTという言葉はよく聞くものの、内容が複雑でよく分からないという人が多いというのも現実です。

本書は「IoT」とは何かについて、基礎から体系的に学べる唯一の書です。
IoT分野で使われる用語を網羅し、定義はもちろん、図版や事例を多用しつつ分かりやすく解説しました。

第1章から読んで体系的に学ぶことはもちろん、知りたいことがあったときに参照するという使い方もできます。
検定試験「IoT検定」の公式本でもあります。

これから本格化するIoT時代を勝ち残りたいビジネスパーソンにとって、決定版となり得る1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

IoT よくある質問と回答

IoTについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

IoTとは何ですか?

回答: IoTは「Internet of Things、モノのインターネット」の略で、インターネットに接続されて情報交換を行うさまざまな物理的なデバイスやシステムを指します。

家電、車、センサーなど、インターネットを介してデータを送受信することができるあらゆる「モノ」が含まれます。

IoTの主な利点は何ですか?

回答: IoTの主な利点は、効率性の向上、コスト削減、リアルタイムのデータ収集と分析、ユーザーエクスペリエンスの改善などです。

例えば、スマートホームデバイスによるエネルギー管理や、ウェアラブルデバイスによる健康監視などが可能になります。

IoTデバイスとは具体的にどのようなものですか?

回答: IoTデバイスとは、インターネットに接続されたスマートデバイスのことで、スマートフォン、ウェアラブルデバイス、スマート家電、センサー、アクチュエーターなどが含まれます。

これらは自動的にデータを収集し、他のデバイスやシステムと通信できます。

IoTと普通のインターネットの違いは何ですか?

回答: 普通のインターネットは主に人間が使用するデバイス(コンピュータ、スマートフォンなど)に焦点を当てていますが、IoTは物理的なデバイスや「モノ」がインターネットを介してデータを交換することに重点を置いています。

IoTは自動化やリアルタイムのデータ処理に特化しています。

IoTはどのような分野で使われていますか?

回答: IoTは、スマートホーム、ヘルスケア、農業、工業、都市インフラなど多岐にわたる分野で使われています。

例えば、家庭内でのエネルギー管理、患者の遠隔監視、農業での作物の状態監視、工場での機械のパフォーマンス追跡、交通システムの最適化などがあります。

IoTのスキルが活かせる職種とは?

IoT(Internet of Things)に関する知識や経験を習得することで、デバイス、システム、サービスがインターネットを介して相互に接続される、急速に成長している分野で仕事を担当することができます。

IoTは多様な業界に影響を与えており、以下のような職種が考えられます:

  1. IoTソリューションアーキテクト:
    • IoTシステム全体の設計と構築を担当します。デバイス間の通信、データ収集と分析、クラウドとの統合など、エンドツーエンドのソリューションを企画し実現します。
  2. 組み込みシステム開発者:
    • IoTデバイスのための組み込みソフトウェアやファームウェアを開発します。効率的なリソース利用と高い信頼性を確保しながら、ハードウェアと密接に連携するソフトウェアを作成します。
  3. IoTプロダクトマネージャー:
    • IoT製品の開発から市場投入までを管理します。顧客のニーズを理解し、製品仕様の定義、開発チームとの調整、市場戦略の策定を行います。
  4. データサイエンティスト/アナリスト:
    • IoTデバイスから収集される大量のデータを分析し、ビジネスインサイトや改善策を導き出します。データの視覚化、機械学習モデルの開発などを行います。
  5. ネットワークエンジニア:
    • IoTデバイスが安全に通信できるネットワークインフラストラクチャを設計、構築します。低消費電力ワイドエリアネットワーク(LPWAN)、Wi-Fi、Bluetoothなど、さまざまな通信技術を扱います。
  6. セキュリティエンジニア:
    • IoTシステムのセキュリティ対策を担当します。デバイスのセキュリティ、データ保護、ネットワークセキュリティの強化を通じて、サイバー攻撃やデータ漏洩からシステムを守ります。
  7. テクニカルサポート/フィールドエンジニア:
    • IoTシステムの導入、設定、トラブルシューティングを担当します。顧客への技術的なサポートを提供し、現地でのデバイス設置やメンテナンスを行います。
  8. UI/UXデザイナー:
    • IoTデバイスや関連アプリケーションのユーザーインターフェースを設計します。ユーザビリティと使いやすさを考慮したデザインを通じて、最適なユーザーエクスペリエンスを提供します。

IoTはスマートホーム、スマートシティ、工業自動化、ヘルスケア、農業など、生活のあらゆる面に革新をもたらしています。

IoTに関する知識や経験を持つ専門家は、これらの分野で新たな価値を生み出し、将来的にも高い需要が見込まれます。

PR

まとめ

IoTについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、IoTがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。