【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年7月】Linuxがわかる本おすすめ3選+最新情報

「Linuxがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

Linux(リナックス)について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

Linuxとは、オープンソースのUnix系オペレーティングシステム(OS)です。高いカスタマイズ性とセキュリティ、信頼性を備え、サーバー、デスクトップ、モバイルデバイスなど幅広いプラットフォームで使用されています。多くのディストリビューションが存在し、コミュニティによって継続的に開発・改善が行われています。

まずはじめに、Linuxがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本初心者向けの本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • システム管理者:Linuxサーバーの管理、保守、トラブルシューティングのスキルを向上させたい。
  • ITプロフェッショナル:Linuxの基本操作から高度な技術までを学び、職場での実践に役立てたい。
  • ソフトウェア開発者:Linux環境でのソフトウェア開発やデプロイメントに必要な知識を身につけたい。
  • 学生:コンピュータサイエンスやITのコースでLinuxの知識を学び、将来のキャリアに備えたい。
  • ネットワークエンジニア:Linuxベースのネットワーク機器やサーバーを管理するためのスキルを習得したい。
  • セキュリティ専門家:Linuxシステムのセキュリティ強化や脆弱性管理の技術を学びたい。
  • 開発運用(DevOps)エンジニア:Linux環境での自動化、コンテナ化、クラウドデプロイメントの技術を身につけたい。
  • エンベデッドシステムエンジニア:組み込みシステムでLinuxを使用するための知識を深めたい。
  • 一般のLinuxユーザー:Linuxデスクトップ環境の基本操作やカスタマイズを学びたい。
  • 自己啓発に興味がある人:オープンソースのLinuxを学び、個人的なプロジェクトや趣味に活かしたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

Amazon 本の売れ筋ランキングもチェックしてみよう!
和書総合暮らし・健康・子育て趣味・実用ビジネス・経済人文・思想社会・政治

Linuxの本 おすすめ3選

Linuxがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

新しいLinuxの教科書 第2版

書籍情報

三宅 英明 , 大角 祐介(著)SBクリエイティブ(出版社)2024/4/21(発売日)448(ページ数)

累計55,000部のベストセラーが最新情報に合わせて大改訂!
コマンドラインを極めろ!! 

MS-DOSを知らない世代のエンジニアに向けたLinux入門書の決定版。 

Linux自身の機能だけでなく、シェルスクリプトを使ったプログラミングや、 Gitによるソフトウェア開発のバージョン管理など、 エンジニアの定番知識を徹底的に、丁寧に解説しました!!

[Redhat系、Debian系に対応]

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

[試して理解]Linuxのしくみ 実験と図解で学ぶOS、仮想マシン、コンテナの基礎知識【増補改訂版】

書籍情報

「Linuxのしくみ」が仮想化、コンテナの解説も加わってフルカラーで新登場!

ITシステムやソフトウェアの基盤OSとして幅広く使われているLinux。
エンジニアとしてLinuxに関する知識はいまや必須とも言えますが、あなたはそのしくみや動作を具体的にイメージすることができるでしょうか。 

本書では、Linux OS における、プロセス管理、プロセススケジューラ、メモリ管理、記憶階層、ファイルシステム、そして仮想化機能、コンテナなど、OS とハードウェアに関するしくみがどのように動くのか、実験とその結果を示す豊富なグラフや図解を用いてわかりやすく解説します。 

改訂に際しては全面フルカラー化。
グラフや図解がさらにわかりやすくなり、ソースコードはC言語から、Go言語とPythonにアップデートしています。
さらに仮想化、コンテナなどの章が加わりました。
今どきのLinuxのしくみを本書でしっかり理解しておきましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ゼロからわかる Linuxコマンド200本ノック 基礎知識と頻出コマンドを無理なく記憶に焼きつけよう!

書籍情報

ひらまつ しょうたろう(著)技術評論社(出版社)2023/3/8(発売日)400(ページ数)

Linuxコマンドが無理なく学べて、気がついたら覚えてる!

Linux OSの操作に必要なLinuxコマンドは、無味乾燥と感じられるものも多く、覚えづらさに悩まされる初学者も多いようです。
本書では、Linux操作の効率を高めるため、覚えてしまったほうが効率が良い、実務における頻出コマンドと、コマンド操作に関連する重要事項だけを厳選して取り上げます。 

習得のためのアプローチとして「200本ノック」というスタイルを採り、「Linuxの頻出コマンドをやさしく学び、長期記憶に焼きつけて忘れないようにする」ため、次のようなコンセプトで構成しました。 

- コマンドやオプションの「由来」をできる限り解説 
- 「なぜ?」「そもそも?」がわかるように、丁寧にかみ砕いて解説 
- 「200問」の演習問題で記憶に「こびりつける」 

Linuxコマンドは、エンジニアとして必須ながら、一度学んでしまえばとても長い間使える「超高コスパ」の知識です。
本書を通して、長期記憶に焼き付けて一生モノのスキルを手に入れましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

Linuxの名著・ロングセラー本

Linuxについての名著やロングセラー本を紹介します。

スーパーユーザーなら知っておくべき Linuxシステムの仕組み

書籍情報

Brian Ward(著)柴田 芳樹(翻訳)インプレス(出版社)2022/3/8(発売日)496(ページ数)

Linuxの動作・構成・設定とその関係が理解できる! 
それぞれの背景・理論・実例を網羅的に解説。

原著は初版以降で5万部超のベストセラー! 

Linuxで実践したいことができるように内部動作を把握しよう。


<システムの全体像、コマンドとディレクトリ、ディスクとファイルシステム、デバイス、カーネルやシステムの起動、プロセスと資源、ネットワークと設定、ファイル転送と共有、ユーザー環境、開発ツール・コンパイル、仮想化 etc. >

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

エンジニアが最初に読むべき Linuxサーバの教科書

書籍情報

大津 真(著)日経BP(出版社)2024/3/15(発売日)520(ページ数)

サーバ管理者が押さえておくべきLinuxコマンドとLinuxサーバの基礎的な知識を解説しました!

本書は、サーバ管理者やプログラム開発者などのエンジニアを目指す方のためのLinux とサーバ管理の入門書です。
大きく次の二つの内容で構成しています。
(1)Linuxコマンドと使い方を解説
(2)Linuxサーバーの基礎知識を解説

基本的にデスクトップ環境を使用したGUI 操作はやったことがあるものとして、「端末」アプリなど端末エミュレータでのコマンドライン操作をベースに解説しています。
もちろん、大学や専門学校の学生がLinuxのようなUNIX系OSのコマンド操作やサーバ管理を学びたいといった場合にもお薦めです。

Linux には現在、さまざまなディストリビューションがあり、用意されているパッケージの種類やその内容、ファイルシステムの構造などが若干異なります。
本書では次の2つのディストリビューションを基本に解説しています。
(1)Ubuntu
(2)Red Hat Enterprise Linux(RHEL)

コマンドの実行例を挙げながら解説しているので、実際に手元のLinux環境で試しながら読み進めてください。
UbuntuとRHELのインストール方法は、電子版をサポートサイトでダウンロードできます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ゼロからはじめるLinuxサーバー構築・運用ガイド 第2版 動かしながら学ぶWebサーバーの作り方

書籍情報

待望の第2版の登場
Linuxサーバー構築・運用入門書の決定版
Rocky Linux対応


【本書の背景】
従来のクラウドオンリーからクラウドとオンプレミスを組み合わせた運用をする企業が増えてきています。
そうした現場ではLinuxによるWebサーバーの運用経験がエンジニアの方に求められています。

【本書の内容】
Linuxの基礎からセキュリティまで、Webサーバーを運用するために身に付けるべき知識をまとめた書籍です。
Rocky LinuxとさくらのVPSを使用して、実際に手を動かしながらWebサーバーを構築・運用します。

前半ではLinuxのインストールから始まり、基本的なコマンドやネットワークを学びます。
後半では実用的なWebサーバー構築演習としてLAMP(Linux、Apache、MariaDB、PHP)環境を構築し、CMSとして有名なWordPressを動かしていきます。
作成したLAMP環境を運用し、ログの解析、ファイヤーウォールの設定、公開鍵による安全な通信などを学んでいきます。
最終的にはDockerでコンテナの作成まで習得できます。

【本書を読んで得られる知識やスキル】
・Windows/macOSの端末からクラウドサーバーに接続し、コマンドラインでLinuxの基本操作ができる
・Webサーバーを構築し、HTMLとPHP、MariaDBによるWebアプリケーションを用意できる
・サーバー業務で必要となる概念やLinuxの基本用語がわかる

amazon.co.jp書籍情報より引用

初心者向けのLinuxの本

初心者向けのLinuxの本について紹介します。

ITエンジニア1年生のための まんがでわかる Linux シェルスクリプト&コマンド 効率アップ編

書籍情報

Piro(著)日経Linux(編集)日経BP(出版社)2022/9/17(発売日)224(ページ数)

ファイルの一括処理はシェルにお任せ
日々の雑務をコマンド操作でサクッと解決!

シス管系女子シリーズ5万部突破

本書はシェルスクリプトとコマンド操作がまんがで楽しく学べます。ExcelやWord、PDF、CSV、テキストなどのドキュメントやデータを手早く一括処理して、効率的に業務を進められるようになります。
システム管理部門の新人社員、利奈みんとちゃんと先輩社員 大野桜子さんとのやり取りを通して、すぐに役立つ情報を分かりやすく解説。初めての方や初心者でも楽しんで読めます。

シリーズ「コマンド&シェルスクリプト基礎編」「シェルスクリプト応用&ネットワーク操作編」とあわせて読むとさらに理解が深まります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

コマンドラインの黒い画面が怖いんです。 新人エンジニアのためのコマンドが使いこなせる本

書籍情報

コマンドを使えば開発はもっと楽しくなる!
「黒い画面」と仲良くなれる超・入門書!


新人のITエンジニアにとって開発現場でぶつかる壁の1つが、文字だけのUI、通称「黒い画面(CLI/CUI)」でのコマンド操作です。
グラフィカルなUIに慣れ親しんだ若手のエンジニアの中には、得体のしれないCLIの操作に苦手意識や恐怖感を持っている人も多いのではないでしょうか。

本書はそんな「黒い画面が怖い!」という新人エンジニアや学習者に向けて、CLIやコマンドとの付き合い方・活用法をやさしく解説した書籍です。

・黒い画面にまつわる用語(シェル、ターミナル、端末、bash…)
・基本的なコマンドの使い方や書式
・コマンドを使った作業効率化の手法
など、エンジニアとして開発に取り組む上でおさえておきたい知識と技術を、実践例とともにわかりやすく解説しています。

コマンドプロンプトやPowerShellの基本操作にはじまり、WSLを用いたLinuxコマンドの使い方、シェルスクリプトやワンライナーといったトピックまで幅広くカバー。
黒い画面と仲良くなりたいすべてのエンジニアに贈る一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

LPI Linuxエッセンシャル試験対応 しっかりわかるLinux入門

書籍情報

Linux Professional Institute(LPI)(監修)海堂正裕, 平井達也, 上村斎文, 鬼頭ろか(著)秀和システム(出版社)2023/4/29(発売日)272(ページ数)

◆豊富なイラストとコマンド画面、丁寧な解説で知識ゼロでもわかりやすい!

Linux Essentials(リナックス・エッセンシャル)は、Linuxとオープンソースの知識を問うために設置された試験で、主に初学者がターゲットとなり、2018年の試験開始以来、受験者数を伸ばしています。

本書では、LPI監修のもと、知識ゼロでもわかるように、実務に必要なLinuxの基礎知識を丁寧に解説し、さらに合格対策をサポートします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

最新のLinuxの本

近日発売予定やこれまでに発売されたLinuxの関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

【7月25日発売】基礎からの「Linuxカーネル」 Linuxの概要からトラブルの調査検証まで

書籍情報

平田 豊(著)工学社(出版社)2024/7/25(発売日)256(ページ数)

Linuxにおいてカーネル寄りの話になると、あれもこれもよく分からずにパニックになってしまう人が多いです。

本書では、そのような人に向けて、LinuxやLinuxカーネルとは何かなどの基礎的な部分をはじめ、自分の手でLinuxの環境構築を行ない、ソースコードを読み込む方法を解説。

20年以上Linuxカーネルに取り組んできた著者が、苦い経験をもとに積み上げた知識とノウハウをこの一冊に濃縮しました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【7月18日発売】動かしながらゼロから学ぶ Linuxカーネルの教科書 第2版

書籍情報

末安 泰三(著)日経Linux(編集)日経BP(出版社)2024/7/18(発売日)248(ページ数)

本書は、「Linux(リナックス)」の心臓部にあたるカーネルについて理解を深め、Linuxを本格的に学ぶ人のための「初めて読むLinuxカーネルの専門書」です。
1991年に一人の大学生が趣味で開発を始めたLinuxというOSは、今や、あらゆる分野で使われていると言っても過言ではありません。
組み込み機器やスマートフォンなどのモバイル機器、パソコンのOSとしてはもちろん、スーパーコンピュータのOSとしても使われています。

LinuxのカーネルはOSS(Open Source Software)として開発されていて、ソースコードがすべて公開されています。
そのソースコードを調べれば、機能の詳細や動作の仕組みが分かりますし、改造して好きなようにカスタマイズすることもできます。

本書の狙いは、Linuxカーネルについて知りたい方に、学習の「入り口」を提供することです。
まずはカーネルの全体像を把握して実験できるように、概要解説とモジュールの管理方法、ビルド手順の紹介から始めています。
後半では、主だった機能をピックアップし、動作に必要なハードウエアに関するものを含めて仕組みをやや詳しく解説しています。

今回改訂した第2版では、カーネルやディストリビューションの変化に合わせて内容をアップデートすると共に、「プロセス間通信」「仮想化機能」についての解説を追加しました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

イラストでそこそこわかるLinux 第2版 コマンド入力からネットワークのきほんのきまで

書籍情報

待望の第2版!Linux 1年生のための入門書がAlmaLinuxに対応して登場!
LPICやLinuCといった試験対策の準備運動にもおススメ!


これまでLinuxと縁がなかった方のために、はじめの一歩から解説した1冊です。
たくさんの図解イラストを使って説明しているので、「コマンドってなに?」「ディレクトリってなに?」という方も、くじけることなく学習できます。

学習用に用意した仮想マシンをVirtualBox上で動かせば、実際にLinuxを動かしながら読み進めることができます。
使い慣れたWindowsの動作を思い浮かべながら操作し、実行結果を確認すると、より理解が深まります。

最初からLinuxのすべてを理解する必要はありません。
仕事のできる上司や先輩たちも、この辺からマスターしていったのです。
将来、インフラエンジニアを目指すのであれば、本書でサーバーOSを学びはじめましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

日経Linux 2024年夏 1冊まるごと最新版Ubuntu特集号

書籍情報

日経Linux(編集)日経BP(出版社)2024/6/24(発売日)172(ページ数)

2024年1月号まで定期誌として発行されていた「日経Linux」の特別版。

世界で最も人気の高いLinuxディストリビューションの最新版「Ubuntu 24.04 LTS」が2024年4月25日(英国時間)にリリースされた。
これは2年ごとにリリースされる長期サポート版で、既存のUbuntuユーザーの注目度も高い。

そこで、このリリースタイミングに合わせた最新版の徹底解説を特集1とし、特集2には最新版Ubuntu 24,04 LTSを使ったLinux入門の特集記事を、特集3では最新版Ubuntu 24,04 LTSで動作検証済みのフリーソフトの特集記事を、さらに特集4では最新版Ubuntu 24,04 LTSのサーバー版を使ったサーバー構築の特集記事をラインアップした。

amazon.co.jp書籍情報より引用

シェルスクリプト基本リファレンス [改訂第4版] #!/bin/shで、ここまでできる

書籍情報

山森 丈範(著)技術評論社(出版社)2024/4/18(発売日)352(ページ数)

一度学ぶと、5年先もきっと役立つ。
ロングセラー『シェルスクリプト基本リファレンス』の改訂第4版。

シェルスクリプトの知識は、プログラマにとって長く役立つ知識です。
本書では、複数のプラットフォームにも対応できる移植性の高いシェルスクリプト作成を考慮しながら、基本から丁寧に解説。

本書では最新(執筆時点)のLinux/Ubuntu、FreeaBSD、Solarisに加え、組み込み分野等で注目度の高いBusyBoxもサポート。
そして、第4版では新たにzsh&dashにも対応し、全収録スクリプトの動作確認、さらにはWindows(WSL2)とmacOS環境のbashにおけるテストも行い、さらなる移植性の高さを追求。

しかし、この真意は移植性自体の確保ではなく、そこから見えてくるであろうUnix系統で受け継がれるOS&シェル環境の歴史や構造への着目にあります。
そんな版を重ねたからこそ実現する、パワーアップした1冊をお届けします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

systemdの思想と機能 Linuxを支えるシステム管理のためのソフトウェアスイート

書籍情報

森若 和雄(著)技術評論社(出版社)2023/12/21(発売日)216(ページ数)

唯一のsystemd専門書

systemd(システムディー)はLinuxの基本的な構成要素を提供するソフトウェア群です。
システムやサービスの管理機能を中心として、ハードウェアの管理、ログの管理などを行う多数の独立したソフトウェアからなっています。

Linuxでシステム管理を行うときにはsystemdの知識が必要になります。
systemdに関するオンラインマニュアルなどは充実しているものの、systemdがどんな機能を提供しているかを知らなければ「どのドキュメントを読めばいいのか」「何を探すべきなのか」の見当がつかないでしょう。

本書はsystemdの概要をつかみ、マニュアルなどを適切に参照できるようになることを目的としています。
systemdの設定変更や、設定ファイル(unit file)の解釈/作成/変更、systemdが記録したログの読解などのシーンで役立つトピックを解説します。

また、systemdの機能に対応するLinuxカーネルの機能を知ることができます。
Red Hat Enterprise Linux 8と9を題材にして解説しますが、多くの内容は他のディストリビューション(Debian、Ubuntu、openSUSEなど)でも活用できます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Efficient Linuxコマンドライン 開発と自分に磨きをかけるLinuxのテクノロジー

書籍情報

Daniel J. Barrett(著)大嶋 真一(監修)原 隆文(翻訳)オライリー・ジャパン(出版社)2023/12/1(発売日)336(ページ数)

Linuxスキルをレベルアップする実用的な実践書。
本書では、コマンドを組み合わせて複雑なコマンドを作成することで、手動で行われているタスクを自動化するための方法を学びます。

具体的には、パスワードの管理、大量のテストファイルの生成、テキストファイルを変換してデータベースのように扱う方法など、現実的なビジネスの問題を解決する方法を明らかにします。

単なるテクニックではなく、背後で何が行われているかについても学べるので、Linuxのシェルに対する理解が深まります。
それと同時に、Linuxコマンドに関するさらに上級レベルの知識とテクニックが身につきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Windowsユーザーのための これから始めるLinuxの本

書籍情報

日経Linux(編集)日経BP(出版社)2023/7/11(発売日)172(ページ数)

Windowsを使い慣れた人が理解しやすいように解説したLinuxの入門書の決定版!
Linux専門誌の「日経Linux」に掲載した記事を選りすぐり、再検証・再編集してまとめました!

■使い慣れたWindows環境を残しつつLinux環境を用意する方法を紹介しています。既存のWindowsライセンスをそのまま活用できます

■Linuxの基本的な操作方法とよく使うアプリケーションは、使い慣れたWindowsと比較しながら「見て分かる」ように紹介しています

■まずは「インストールしないでLinuxを使い始める」ところからスタートできます

■Linuxの基本から応用までを「全70ステップ」でひと通りマスターできます

■独自のアプリやコマンドを駆使し、「Linuxを使いこなす方法」を紹介しています

■話題の「ChatGPT」をはじめ、最先端のAI技術などを組み込んだ「フリーソフト17種」を紹介しています

■すべての記事は2027年4月までサポートが保証されている「Ubuntu 22.04 LTS 日本語 Remix」で動作検証済みです

amazon.co.jp書籍情報より引用

入門 モダンLinux オンプレミスからクラウドまで、幅広い知識を会得する

書籍情報

Michael Hausenblas(著)武内 覚 , 大岩 尚宏(翻訳)オライリー・ジャパン(出版社)2023/4/7(発売日)248(ページ数)

Linuxはサーバ、組み込み機器、スーパーコンピュータなどにおいて存在感を示してきました。
近年では、オンプレミスのシステムだけではなく、クラウドサービスでも広く使われています。

本書は、前半でLinuxを使いこなす上で必要な基本知識を、後半で最新情報をまとめています。
Linuxの知識を体系的に整理したい、最新動向が知りたい、運用を改善したい、効率的に開発を行いたい、といった要望をかなえる内容となっています。

時代の変化に柔軟に対応できるLinux技術者を目指すなら必読の一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

本気で学ぶ Linux実践入門 サーバ運用のための業務レベル管理術

書籍情報

大竹 龍史 , 山本 道子(著)SBクリエイティブ(出版社)2019/5/30(発売日)584(ページ数)

日々の管理業務に使用するコマンドの使い方と実行例を多数掲載。
Linuxの基礎知識を学びながら、実用的な操作・設定・管理方法が身につく初心者から一歩先に進むための、超実践的な入門書。
CentOS・Ubuntuの2つの代表的ディストリビューションに対応。

Linuxの基本的な使い方から、日々の管理業務で求められる各種操作のためのコマンドを掲載。

しっかりと実践的な知識を身につけることを目的とした、読み応えのある入門書です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Linux技術者認定資格試験の本

Linux技術者認定資格試験の本について、発売日が新しい順に紹介します。

最短突破 LinuCレベル1 バージョン10.0合格教本[101試験, 102試験対応] 改訂新版

書籍情報

河原木 忠司(著)技術評論社(出版社)2024/6/19(発売日)528(ページ数)

Linux技術者認定資格取得の最短コース!

LinuCは、LPI-Japanが提供するLinux技術者認定資格試験です。
日本の大手IT企業などを中心に採用・導入が進んでいます。

本書はこのLinuC試験のうち、2020年4月に試験が改定されたLinuCレベル1バージョン10.0(101試験、102試験)の出題範囲をカバーする教科書です。
実績ある講師によるわかりやすい解説で、資格取得に必要な確かな力を身につけることができます。

改訂新版では、学習用OSとして仮想環境で動作するAlmaLinuxおよびDebian GNU/Linuxのイメージをダウンロード提供します。
学習用環境を利用することで、コマンドの実行や設定ファイルの編集など、実際に手を動かしながら学ぶことが可能です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Linuxによくある質問と回答

Linuxについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

Linuxとは何ですか?

回答: Linuxは、無料で利用できるオープンソースのオペレーティングシステムです。

オリジナルはリーナス・トーバルズによって1991年に開発され、その後、世界中の開発者によって様々なバージョン(ディストリビューション)が作られました。

サーバー、デスクトップ、組み込みシステムなど、多様なコンピューターで使用されています。

Linuxの主な利点は何ですか?

回答: Linuxの主な利点には、コストがかからないこと、セキュリティが高いこと、カスタマイズが自由に行えること、高い安定性と効率性を持っていることなどがあります。

また、オープンソースであるため、ソースコードにアクセスして変更や配布が可能です。

Linuxのディストリビューションとは何ですか?

回答: Linuxのディストリビューションは、Linuxカーネルに様々なソフトウェアやアプリケーションを組み合わせたパッケージです。

各ディストリビューションは特定のニーズに応じてカスタマイズされており、Ubuntu、Fedora、Debian、CentOSなどが有名です。

Linuxはどのような用途で使われますか?

回答: Linuxはその安全性と安定性から、サーバーやクラウドの基盤として広く使われています。

また、開発者向けの環境としても人気がありますし、組み込みシステムやデスクトップ用OSとしても利用されています。

最近では、教育用途や個人利用者にも広まっています。

Linuxを学ぶために必要なスキルは何ですか?

回答: Linuxを学ぶためには、基本的なコマンドライン操作を理解することが重要です。

また、シェルスクリプティングの基礎知識も有用です。

最初はユーザーインターフェースが簡単なディストリビューションから始めると良いでしょう。

Linuxのスキルが活かせる職種とは?

Linuxに関する知識や経験を習得することによって、多くの技術職や管理職で活躍することができます。

Linuxは、多くのサーバー、デスクトップ、モバイルデバイスで使用されており、その知識はIT業界で非常に価値があります。

以下に、Linuxのスキルを活かして担当できる具体的な仕事の例を挙げます:

  1. システム管理者(SysAdmin):
    • Linuxサーバーのインストール、設定、管理、メンテナンスを担当します。ユーザーアカウント管理、バックアップ、セキュリティ対策、トラブルシューティングなどを行います。
  2. ネットワーク管理者:
    • Linuxベースのネットワーク機器やサーバーの設定と管理を担当します。ネットワークの設計、監視、トラブルシューティング、セキュリティ対策を実施します。
  3. DevOpsエンジニア:
    • 継続的インテグレーション(CI)と継続的デリバリ(CD)パイプラインの構築と管理を行います。自動化ツール(Ansible、Puppet、Chefなど)を使用してインフラの自動化を行います。
  4. クラウドエンジニア:
    • Linuxベースのクラウドインフラの設計、展開、運用を担当します。AWS、Google Cloud、Azureなどのクラウドプラットフォーム上での作業が含まれます。
  5. サイバーセキュリティスペシャリスト:
    • Linuxシステムのセキュリティ対策を強化し、サイバー攻撃からの防御を行います。侵入検知システムの設定、セキュリティポリシーの実装、ログ分析を担当します。
  6. ソフトウェアエンジニア/デベロッパー:
    • Linux環境でのソフトウェア開発を行います。オープンソースプロジェクトへの貢献や、Linux上でのアプリケーション開発を担当します。
  7. サポートエンジニア:
    • Linuxシステムに関する技術サポートを提供します。顧客の問題を解決し、技術的な問い合わせに対応します。
  8. データベース管理者(DBA):
    • Linux上で稼働するデータベースシステム(例:MySQL、PostgreSQL、Oracleなど)のインストール、設定、運用、パフォーマンスチューニングを行います。
  9. Webサーバー管理者:
    • Apache、NginxなどのWebサーバーを管理し、Webアプリケーションのデプロイ、設定、パフォーマンス最適化を担当します。
  10. ITコンサルタント:
    • クライアントに対してLinuxシステムの導入や最適化に関するアドバイスを提供します。システム設計、セキュリティ対策、パフォーマンス改善の支援を行います。
  11. 研究開発(R&D)エンジニア:
    • Linux環境での新しい技術や製品の研究開発を行います。エンベデッドシステムやIoTデバイスなどの開発にも関与します。
  12. 教育者/トレーナー:
    • Linuxの知識やスキルを教育し、トレーニングプログラムを提供します。大学、専門学校、企業内トレーニングでの講師を務めます。

Linuxのスキルは、オープンソースコミュニティやエンタープライズ環境で広く使用されており、さまざまな職種で重要な役割を果たします。

このスキルを習得することで、IT業界でのキャリアの幅が広がり、高度な技術職に就くチャンスが増えます。

まとめ

Linuxについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、Linuxがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本初心者向けの本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。