【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年6月】Gitがわかる本おすすめ3選+最新情報

「Gitがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

Git(ギット)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

Gitは、分散型バージョン管理システムで、複数の開発者が同じプロジェクト上で効率的に作業を進めるために設計されています。変更点を追跡し、異なるバージョンのコードを安全に統合することができます。このシステムにより、コードの変更履歴が完全に保持され、必要に応じて過去の状態に戻すことも可能。オープンソースプロジェクトから大企業まで幅広く利用されています。

まずはじめに、Gitがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ソフトウェア開発者:バージョン管理システムとしてGitを効果的に使用したい。
  • プログラミング初心者:ソースコードの管理と協力のためにGitを学びたい。
  • チームリーダー・プロジェクトマネージャー:開発プロジェクトにおけるコードの変更管理をGitで行いたい。
  • オープンソースコントリビューター:オープンソースプロジェクトに貢献するためにGitを使用したい。
  • DevOpsエンジニア:自動化されたビルドやデプロイメントプロセスにGitを統合したい。
  • システム管理者:ソフトウェアのコンフィグレーション管理にGitを活用したい。
  • ソフトウェアアーキテクト:大規模な開発プロジェクトにおけるソースコードの整合性を保ちたい。
  • IT教育者:学生に現代のソフトウェア開発プラクティスとしてGitを教えたい。
  • ウェブ開発者:ウェブサイトやアプリケーションの開発にGitを用いたバージョン管理を行いたい。
  • クラウドエンジニア:クラウドベースの開発環境でGitを使用したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

Gitの本 おすすめ3選

Gitがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

実用 Git 第3版

書籍情報

Prem Kumar Ponuthorai , Jon Loeliger(著)萬谷 暢崇(監修)長尾 高弘(翻訳)オライリー・ジャパン(出版社)2024/3/8(発売日)576(ページ数)

Gitの包括的な解説書。

本書ではVCS(バージョン管理システム)の使用経験があるソフトウェアエンジニアを対象に、分散型バージョン管理システム「Git」の使い方を、リポジトリの内部やブランチの状態を示す図を多用しながら丁寧に解説します。

開発時によく使われるサブコマンドだけでなく、トラブルシューティング時に使用するサブコマンドも幅広く解説します。

Gitのサブコマンドの使い方だけではなく、Gitリポジトリの内部構造についても解説するので、読者はGitをより深く理解できるようになるでしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

ゼロから学ぶ Git/GitHub 現代的なソフトウェア開発のために

書籍情報

【初学者納得、玄人脱帽!】
SNSで大絶賛の名講義が書籍化!

Gitの仕組みから現代的な多人数開発の手法に至るまで、この一冊に網羅した。

学生から熟練エンジニアまで手に取ってほしい。
エンジニア人生を支える、骨太な知識が身につく!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門 [改訂2版]

書籍情報

湊川あい(著)DQNEO(監修)シーアンドアール研究所(出版社)2021/6/12(発売日)280(ページ数)

マンガと実践で学ぶGitの入門書が最新情報に対応して改訂しました! 

Gitの概念はもちろん、GitHubについても丁寧に解説しています。これからGitを使い始める人にオススメの1冊です。
本書ではクリック操作でGitを使えるSourceTreeを中心に解説しているので、初心者でも安心です。

■こんな人におすすめ
新入社員……Gitが使えて当たり前の会社に就職したので、勉強したい
Webデザイナー・コーダー……エンジニアと一緒に、Gitで共同作業したい
Gitに乗り換えたいエンジニア ……今まで使っていたバージョン管理システムから、Gitに乗り換えたい
小さな会社のWeb担当……そろそろ手動バックアップを卒業したい
企画・営業担当……制作側のことも知っておきたい

amazon.co.jp書籍情報より引用

著者・出版社ポスト

Gitの名著・ロングセラー本

Gitについての名著やロングセラー本を紹介します。

独習Git

書籍情報

リック・ウマリ(著)吉川邦夫(翻訳)翔泳社(出版社)2016/2/26(発売日)384(ページ数)

分散型バージョン管理システム「Git」は、現代のプログラム開発では必須の技術となってきました。
現在のソフトウェア開発は多人数のプロジェクトとなり、バグフィックス、バージョンアップ、異なるエディション(Windows版/Macintosh版など)への分岐が生じます。

Gitは、プログラムの開発の履歴を管理し、以前のバージョンへ戻したり、改編箇所の衝突を回避したりといったソースコードの管理が可能です。

本書は、いままでGitを使っていなかった方でもしっかりとした知識が身に付くように執筆された入門書です。

バージョン管理システムは以前からありましたが、Gitは分散開発への対応が充実しており、「決定版」として普及しています。
また、インターネットのGit Hubと組み合わせたオープンなソフトウェア開発も実現可能です。

本書を読むことで、Gitの基礎が身につくのはもちろん、さまざまな使いこなし、プロジェクトへの適用方法、開発支援サービスの利用についての知識が得られます。

たんなるGit解説書としてではなく、一から学べる入門書としてお読みいただけます。
丁寧かつ充実した内容で、現場で応用可能な技術がしっかりと身に付く一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

いちばんやさしいGit&GitHubの教本[第2版]人気講師が教えるバージョン管理&共有入門

書籍情報

■□■エンジニアに必須のGit/GitHubをコマンドラインで使いこなそう!!■□■

実際のワークフローをイメージしながら、実践的なGit/GitHubの使い方が身につく「いちばんやさしい」入門書です。

前半は、手元のパソコンでファイルを実際にバージョン管理しながら、Gitの基本的な使い方を解説。
後半では、実践的なワークフローに沿ってGitHubを使い、チームメンバーと一緒に開発を進めるための知識が身につきます。

全体を通し、コマンドラインを使った操作が中心であることも大きな特徴です。
難しそうに思えるかもしれませんが、未経験者でも理解できるように配慮しているので、心配することはありません。

概念や操作方法を丁寧に解説するのみならず、「なぜそうするのか」といった疑問に答えられるような説明も多く入れています。

また、コマンドラインでの操作に便利なコマンドリファレンスも用意しました(PDFでのダウンロード)。

改訂版では、新しいGitコマンドやGitHubの機能にも対応したのに加え、知っておくと実務で役に立つ新しい慣習も紹介。
初めて学ぶ方にも、すでに使っていて知識を整理・アップデートしたい方にもおすすめです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

動かして学ぶ!Git入門

書籍情報

冨永 和人(著)翔泳社(出版社)2021/11/4(発売日)232(ページ数)

エンジニア必見! 
Gitの基本をマスターしよう! 


【Gitについて】
多くのエンジニアの方が利用している高機能で便利なバージョン管理システムです。

【本書の特徴】
Gitの操作方法と仕組みについて、実際に手を動かしながら学べる書籍です。
特に、以下の内容について、丁寧に解説しています。

・基本的な機能(コミット、チェックアウト、履歴を見るなど)
・ブランチを扱う機能、マージの仕方
・簡単なタグの使い方
・リモートリポジトリの使い方
・共用リポジトリを使った共同開発の基礎

【読者対象】
Gitの操作に慣れていないエンジニア

【本書のゴール】
バージョン管理ができるようになる

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のGitの本

近日発売予定や最近発売された最新のGitの本を、発売日が新しい順に紹介します。

6月に発売されるGitの関連書籍は見つかっていません。

GitLab実践ガイド 第2版

書籍情報

北山 晋吾 , 棚井 俊(著)インプレス(出版社)2024/3/1(発売日)312(ページ数)

近年、企業における迅速なソフトウェア開発において、DevOpsは必要不可欠な要素として認識されています。
しかしその一方で、開発プロセス改善に関連する情報の飽和や、新しい開発支援ツールの乱立により、自社の開発チームにとってどれが最適な解なのかの見極めが難しくなっています。
さらに、開発ツール導入後も、ツールやプラットフォームの運用に余計な時間を取られ、本来の目的であるコード開発に時間が割けないエンジニアが後を経ちません。
このような開発現場の課題に取り組み、各企業にとって最適な開発スタイルを模索する中で、GitLabが注目を集め始めています。

GitLabは、開発プロセスを支援する機能として、単なるリポジトリ管理だけにとどまらず、リポジトリの更新を起点とした継続的インテグレーションや継続的デプロイメントのジョブ機能や開発プロセス全体の改善サイクルを支援するプラットフォームを提供しています。
さらに、組織文化の改革という点においても、GitLabではConversational Developmentという開発スタイルを提唱しており、チーム開発に不可欠なコミュニケーションの効率化を支援しています。
これらの機能により、GitLabは、開発者における無駄なオペレーション工数を削減し、開発作業の効率化を実現します。

本書はアプリケーション開発支援ツールであるGitLabの基礎から、実務の開発ワークフローの運用で使える機能までを網羅した実践ガイドです。
まずGitLabが目指す開発スタイルを理解し、開発プロセスの改善を実践していただくことを目指しています。
そのため、本書では単なるGitリポジトリ利用者に対する機能紹介ではなく、普段の開発プロセスの改善やデプロイオペレーションの効率化を図るために必要な情報を網羅しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Git for Windows + Re:VIEWで電子書籍を作ろう

書籍情報

斎藤 知明(著)インプレス NextPublishing(出版社)2023/10/6(発売日)124(ページ数)

本書は、Re:VIEWを使用して電子書籍(EPUB/PDF形式)を効率よく作成するための解説書です。

電子書籍制作に興味がある方、またはRe:VIEWを用いて電子書籍を作成したいが、技術的な設定に不安がある方に特にお勧めします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

GitLabに学ぶ 世界最先端のリモート組織のつくりかた

書籍情報

千田 和央(著)伊藤 俊廷, 佐々木 直晴(監修)翔泳社(出版社)2023/9/11(発売日)312(ページ数)

世界最大のリモート組織が実践する徹底したドキュメント化の手法

本書では世界最先端のリモート組織を実現するためのノウハウを、GitLab社が公開している「GitLab Handbook」をベースにしながら解説していきます。

GitLab社とは?
・世界67カ国以上に従業員2,000名以上
・自社オフィスを持たない「世界最大のオールリモートカンパニー」
・リモートワークのための方法論やカルチャーを「GitLab Handbook」として公開
・リモートワークの方法だけでなく評価、給料の決め方、部門ごとの仕事の進め方など、社員として必要な知識をすべて支えるドキュメント文化が浸透

著者は、GitLab社の取り組みをもとに、自社をオフィスを持たない完全フルリモート化企業とする取り組みの中心に立ってきました。
その際、GitLab社の各種マニュアルを翻訳し、日本企業に合う形で自社向けのマニュアルを作成。
GitLab社のマニュアルは膨大であり、いきなりこれらすべてを読み解くのはハードルが高いため、本書では以下の構成にまとめ、各施策の背景まで理解しやすいように整理しています。

・世界最先端といわれるリモート組織の実態やメリットなどの概要説明
・世界最先端のリモート組織への移行プロセス、発生する問題への対処法
・リモート組織が円滑に機能するためのカルチャーの醸成方法
・パフォーマンスを上げるための人事制度・業務ルール設計

いずれも著者自身が実践してきたものなので、多くの企業にとっても再現性が高いものばかりです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

図解! Git&GitHubのツボとコツがゼッタイにわかる本

書籍情報

株式会社ストーンシステム(著)秀和システム(出版社)2023/2/17(発売日)276(ページ数)

ソフトウェア開発では欠かすことのできないGit、GitHub。

ソフトウェア開発に限らずWebデザインや文書作成においても利用できます。

これからGit、GitHubを使いたいという入門者の方でも、実際に手を動かしながら使い方を学べます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

はじめてでもできる GitとGitHubの教科書

書籍情報

たにぐち まこと(著)SBクリエイティブ(出版社)2022/7/23(発売日)272(ページ数)

Git入門の決定版! 

バージョン管理システムであるGitとそれを最大限に活用するためのプラットフォームであるGithubの使い方を、ハンズオンで丁寧に解説。 

SourceTreeを使った視覚的な操作から、コマンドラインを使ったスムーズな利用まですべてを網羅。 

バージョン管理はもうこわくない!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

実務レベルでわかる/使いこなせるようになる Git入門コマンドライン演習80

書籍情報

本書は、システム開発においてプログラムのバージョン管理をおこなう上で必須のシステムであるGit(ギット)の解説本として提供します。

Gitの概念/仕組みをしっかり解説し、理解してもらった上で、Gitを使うシチュエーションを想定した80の演習をとおして正しいGitコマンドを習得します。

コマンドラインを使って演習を行うので実務レベルでGitが使えるようになります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33 改訂新版

書籍情報

大串 肇, 久保 靖資, 豊沢 泰尚(著)エムディエヌコーポレーション(出版社)2019/6/28(発売日)184(ページ数)

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

大ヒット入門書が改訂! Gitの活用法が短時間で身につきます

ご好評をいただいたバージョン管理システム「Git」の初心者向け入門書の改訂版。

コマンド操作が不要なGUIツール「Sourcetree」と、Gitのホスティングサービス「Bitbucket」を使った活用方法を解説しています。

本書の特長は、Gitの広範な機能のうち「これだけは押さえておきたい基本」に絞り込んで解説している点。

初心者の方がGitやSourcetreeの活用シーンをイメージしやすいよう、イラストや図、実際の操作画面を豊富に掲載しており、実制作や業務の中に手軽にGitを取り入れ、生産性を向上したい方に最適です!

amazon.co.jp書籍情報より引用

【改訂新版】Gitポケットリファレンス

書籍情報

岡本隆史, 武田健太郎, 相良幸範(著)技術評論社(出版社)2016/12/1(発売日)384(ページ数)

Gitを活用するためのバイブルとして読み継がれてきた「Gitポケットリファレンス」改訂新版が登場!

現場でGitを活用するための必携書として、「Gitコマンドのリファレンスと共に、エラーメッセージが出たときのトラブルシューティングも解説」というコンセプトはそのままに、GitリポジトリとSlackの連携や、GitBucket、GitLab、SourceTreeの紹介など、最新のチーム開発に対応!

これからGitを利用する方に対しては導入部分から優しく解説し、Gitをすでに習熟している方に向けては最新動向をキャッチアップした懇切丁寧な書籍です!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

エンジニアのためのGitの教科書 実践で使える!バージョン管理とチーム開発手法

書籍情報

リクルートテクノロジーズ, リクルートマーケティングパートナーズほか(著)翔泳社(出版社)2016/1/20(発売日)200(ページ数)

これだけは知っておきたい、開発現場の本格スキル。

本書は、Gitが実践で使えるようになるための本です。基本的な使い方はもちろん、分散型バージョン管理システムの仕組みを理解するところから、ブランチの設計・運用、継続的インテグレーションといった実践的なチーム開発手法まで解説していきます。

Gitは「どういうものか」から、具体的に「どう使うか」まで、しっかり学べるので、脱初心者に最適な一冊です。Gitコマンド早見表付き。

「古くならないGitの普遍的な部分、検索しても見つからない現場のノウハウを詰め込んだ一冊に仕上げました。Gitのバイブルとして長く使っていただけると幸いです」(著者前書より)

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Git よくある質問と回答

Gitについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

Gitとは何ですか?

回答: Gitは、ソフトウェア開発で使用されるバージョン管理システムです。

ソースコードの変更履歴を追跡し、複数の開発者が同じプロジェクトに効率的に協力できるように設計されています。

Gitを使用することで、異なるバージョンのコードを管理し、変更を統合することが容易になります。

Gitを使用する主な理由は何ですか?

回答: Gitを使用する主な理由は、コードのバージョン管理とチームでの協力作業の効率化です。

Gitでは、各開発者が独立して作業でき、後で変更を統合することができます。

また、過去のバージョンに簡単に戻ったり、変更履歴を確認したりすることができます。

リモートリポジトリとローカルリポジトリの違いは何ですか?

回答: ローカルリポジトリは、個々の開発者のコンピュータ上に存在するGitリポジトリです。ここで開発者は自分の作業を行います。

一方、リモートリポジトリはインターネット上にある共有リポジトリで、チームメンバー全員がアクセスできます。

開発者は自分のローカルリポジトリからリモートリポジトリにコードを「プッシュ」し、リモートリポジトリから最新の変更を「プル」してローカルリポジトリを更新します。

コミットとは何ですか?

回答: コミットは、Gitにおいてソースコードの変更をリポジトリに保存する行為です。

各コミットには変更内容の説明を加えるメッセージが付与され、これにより何が変更されたのかを追跡しやすくなります。

コミットはプロジェクトの変更履歴の一部となり、後で特定のコミットに戻ることができます。

質問5: ブランチとは何ですか?

回答: ブランチは、Gitにおける新しい開発ラインを作成する機能です。

これにより、開発者は他の開発ラインに影響を与えることなく、独立して新しい機能の開発やバグ修正を行うことができます。

作業が完了したら、そのブランチをメインの開発ライン(マスターブランチ)に「マージ」して統合します。

Gitのスキルが活かせる職種とは?

Gitは、ソフトウェア開発プロジェクトにおけるバージョン管理システムとして広く使用されています。

Gitに関する知識や経験を習得することで、チームでのコード共有、変更の追跡、複数バージョンの管理などが容易になり、以下のような仕事を担当することができます:

  1. ソフトウェア開発者/エンジニア:
    • アプリケーションやシステムの開発に携わり、Gitを使用してコードのバージョン管理を行います。チームメンバーとのコードの共有、マージ、変更履歴の管理などを担当します。
  2. Web開発者:
    • WebサイトやWebアプリケーションの開発にGitを活用し、ソースコードのバージョン管理やチームとの協業を行います。新機能の開発やバグ修正の際に、コードの変更を効率的に管理します。
  3. DevOpsエンジニア:
    • 開発と運用の自動化プロセスの構築にGitを使用します。継続的インテグレーション(CI)/継続的デリバリー(CD)のパイプラインを設計し、コードの自動テストやデプロイを管理します。
  4. システム管理者:
    • システム構成やスクリプトのバージョン管理にGitを利用します。インフラストラクチャのコード(IaC)の管理にもGitを使用し、環境の再現性と安定性を保証します。
  5. テクニカルライター:
    • ドキュメントやマニュアルの作成にGitを使用し、文書のバージョン管理を行います。ドキュメントの更新履歴を追跡し、複数人での共同編集を効率的に管理します。
  6. QAエンジニア/テスター:
    • ソフトウェアのテストプロセスにおいて、Gitを使用してテストスクリプトやテストケースのバージョン管理を行います。開発チームと密接に連携し、バグ修正のプロセスをサポートします。
  7. プロジェクトマネージャー:
    • プロジェクトの進行管理にGitを活用し、開発作業の進捗状況や変更履歴を把握します。チームメンバー間の作業の調整や、リリース管理に関わります。

Gitに関する知識や経験は、現代のソフトウェア開発において基本的かつ不可欠なスキルの一つです。

これらのスキルは、開発プロセスの効率化、チーム内コラボレーションの促進、プロジェクト管理の改善に貢献し、幅広い職種で価値を発揮します。

PR

まとめ

Git(ギット)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、Gitがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。