【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】ゼロトラストがわかる本おすすめ3選+最新情報

「ゼロトラストがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

ゼロトラスト(Zero Trust)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

ゼロトラストとは、ネットワークセキュリティのアプローチで、「信頼しない、常に検証する」を基本原則とします。従来のセキュリティモデルが内部は安全と見なすのに対し、ゼロトラストは内部外部問わず全てのアクセスを疑い、厳格なアイデンティティ確認とアクセス制御を行います。これにより、データ漏洩のリスクを減少させ、クラウド時代の複雑な脅威から企業を守ります。

まずはじめに、ゼロトラストがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ITセキュリティ専門家: 企業や組織のセキュリティを強化するためにゼロトラストモデルを理解し、実装したい。
  • ネットワークエンジニア: ネットワークセキュリティの新しいアプローチとしてゼロトラストを学びたい。
  • システム管理者: 内部ネットワークとシステムのセキュリティを最新の手法で保護したい。
  • CIO(最高情報責任者)およびCTO(最高技術責任者): 組織のセキュリティ戦略を立案し、ゼロトラストを導入したい。
  • ITコンサルタント: クライアントにゼロトラストセキュリティのアドバイスとソリューションを提供したい。
  • サイバーセキュリティの研究者: 最先端のセキュリティモデルとしてゼロトラストの原理を研究したい。
  • ITコンプライアンス担当者: セキュリティ規制および法令遵守のためにゼロトラストを活用したい。
  • サイバーセキュリティの学生: 最新のセキュリティ技術としてゼロトラストを学び、キャリアに活かしたい。
  • ビジネスリーダー: 企業のセキュリティリスクを理解し、適切な対策を講じたい。
  • クラウドセキュリティエンジニア: クラウドベースのサービスにゼロトラストを適用し、セキュリティを強化したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

ゼロトラストの本 おすすめ3選

ゼロトラストがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

ゼロトラストセキュリティ実践ガイド:津郷 晶也(著)

書籍情報

津郷 晶也(著)インプレス(出版社)2024/1/23(発売日)440(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

実践で学ぶ「ゼロトラスト」へのアプローチ

近年、急激に進む働き方の変化に伴いセキュリティの在り方にも変化が求められています。
セキュリティ強化が叫ばれる中、注目を集めているのが「ゼロトラスト」と呼ばれる「何も信頼しない(=すべてを疑う)」ことを前提にシステムを設計していく考え方です。
しかし、ゼロトラストを実現するためには、多くの新しい技術を組み合わせるための高度な知識とスキルが必要となります。

本書は、ゼロトラストが組織にどのようなメリットをもたらすのか、どのような技術を使って実現すればよいのかを丁寧に解説します。
著者の実務経験に基づいた技術要素解説とハンズオンを通して、実践的なゼロトラスト移行を学び、組織を守るための新たな一歩を踏み出しましょう。

ゼロトラスト導入を検討する組織にとって、有用な情報が詰まった一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

ゼロトラストネットワーク[実践]入門:野村総合研究所ほか(著)

書籍情報

野村総合研究所, NRIセキュアテクノロジーズ(著)技術評論社(出版社)2022/2/17(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

何を参考にする? 次世代のセキュリティ戦略

ゼロトラストは、これまでの情報セキュリティにおける外部と内部の境界を防御するという概念ではなく、「接続されるモノには完全に信頼できるものはない」ということを前提としており、何かのツールやサービスを導入して実現するものではありません。
リモートワークのように外部から企業内ネットワークに接続するような状況が多くなった昨今、さらに注目を集めています。

本書は、セキュリティエンジニアのみならず、CTO、システム部門長、アーキテクト、インフラエンジニアといったシステム環境全体の構想検討や、実際に製品を選定/導入/展開を担当するすべての方々を対象に、企業におけるシステム環境全体のセキュリティアーキテクチャと、ゼロトラストの導入/展開に重点を置いて解説しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

すべてわかるゼロトラスト大全 さらばVPN・安全テレワークの切り札:日経クロステック(編集)

書籍情報

日経クロステック(編集)日経BP(出版社)2020/12/3(発売日)212(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

リモートワークを見直そう 
「全てを疑う」セキュリティー対策が必要なわけ


「何も信頼しない」ことを前提としたセキュリティー対策「ゼロトラストネットワーク」に取り組む企業が、世界中で増えています。
国内外の有力企業が相次ぎ標的型攻撃などの被害に遭う中、ファイアウオールなど従来型の「境界型セキュリティー」ではもはや、企業のデータやアプリケーションを守り切れないことが明白になったためです。 

ゼロトラストネットワークにおいては、従来のように社内ネットワークを「安全」と見なすのではなく、業務アプリケーションやデータに対するアクセスがあるたびに、ユーザーの属性や端末の情報、アクセス元のネットワークなどを厳しくチェックし、利用の可否を判定します。
社内ネットワークを信頼しないのですから、業務アプリケーションを使うためにわざわざVPN(仮想私設網)で社内ネットワークに入る必要もなくなります。
ゼロトラストはセキュリティーを強化すると同時に、ユーザーの利便性を向上する考え方でもあるのです。 

本書「すべてわかるゼロトラスト大全」は、これからのセキュリティー対策の基本となるゼロトラストを基礎から解説すると共に、ゼロトラストを支える「アイデンティティー&アクセス管理(IAM)」や「アイデンティティー認識型プロキシー(IAP)」、「セキュアWebゲートウエイ(SWG)」などの技術の仕組み、日本における先進的なユーザー事例などを紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ゼロトラストの名著・ロングセラー本

ゼロトラストについての名著やロングセラー本を紹介します。

ゼロトラスト Googleが選んだ最強のセキュリティー:勝村 幸博(著)

書籍情報

勝村 幸博(著)日経BP(出版社)2021/6/18(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

あの米グーグルが、自社のシステムに全面採用した最強のセキュリティー「ゼロトラスト(Zero Trust)」。
なぜ注目されるのか、先進企業が続々と採用に踏み切っている理由はどこにあるのかーー。
初心者にも分かりやすいネットワーク技術解説で定評ある日経NETWORKの編集長が一般のビジネスマンを意識してできるだけ平易な言葉で解説しました。

コロナ禍で急速に進んだリモートワークの利用。
それに対応するためのシステム/セキュリティー投資負荷に多くの企業が苦しんでいます。
また、「ランサムウエア」など凶悪化、巧妙化する一方のサイバー攻撃への対応に悩む企業も多いはずです。
「ゼロトラスト」はもともとこうしたセキュリティーの課題を解決するために考案された技術で、対応の切り札になり得ます。

本書では「何も信頼しない」ですべてを守る次世代セキュリティー「ゼロトラスト」の基本的な考え方や登場の背景を解説した上で、「ゼロトラスト」を構築するために必要な技術やクラウドサービス、最近のサイバー攻撃の手口なども紹介します。
多岐に渡る視点で詳細に解説し、「ゼロトラスト」を理解できる1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ゼロトラストアーキテクチャ入門:東根作成英ほか(著)

書籍情報

東根作成英,増田博史,小林勝,齊藤紫野,吉田未樹(著)澤橋松王(監修)シーアンドアール研究所(出版社)2023/3/28(発売日)184(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ゼロトラストとは、「信頼しない」前提で考えるセキュリティアプローチです。

従来のセキュリティでは、ネットワークの内側(社内など)は「信頼できる」、外側を「信頼できない」と捉え、その境界にセキュリティ機器などを設置する「境界型」と呼ばれるものでした。

しかし、近年、これまでの常識が通用しないサイバー攻撃が激化しており、それに対する手法としてゼロトラストが注目を集めています。

本書では、ゼロトラストの歴史や概要、実装方法などについて解説しています。
これからゼロトラストの導入を検討している人におすすめです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

最新のゼロトラストの本

近日発売予定や最近発売された最新のゼロトラストの本を、発売日が新しい順に紹介します。

5月に発売されるゼロトラストの関連書籍は見つかっていません。

ランサムウエアに負けない、ゼロトラスト大全:日経クロステック(編集)

書籍情報

日経クロステック(編集)日経BP(出版社)2023/11/13(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

日本の企業や組織を狙ったサイバー攻撃は止まることがなく、ランサムウエアなどの被害に遭う事例は増える一方です。
サイバー攻撃の被害に遭った企業や組織に共通するのが、ファイアウオールなど従来型の「境界型セキュリティー」に依存していた点です。

もはやセキュリティー機器によって守られた境界内であっても、「安全」ではありません。
そこで注目されているのが、「何も信頼しない」ことを前提としたセキュリティー対策「ゼロトラスト」です。

ゼロトラストとはどのような技術なのか。
どうすればゼロトラストを実践できるのか。
豊富な事例に基づき、解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ゼロトラストネットワーク 境界防御の限界を超えるためのセキュアなシステム設計:Evan Gilmanほか(著)

書籍情報

Evan Gilman , Doug Barth(著)鈴木 研吾(監訳)オライリージャパン(出版社)2019/10/28(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ゼロトラストネットワークとは、ファイアウォールやVPNに代表される従来型のセキュリティ(境界防御モデル)が通用しなくなった現状を踏まえ、すべてのトラフィックを信頼しないことを前提とし、検証することで脅威を防ぐというアプローチです。

近年、クラウドサービスやモバイルの普及により、セキュリティで守るべき内外の境界があいまいになってきたことにより、強く注目を集めています。

本書は、ゼロトラストネットワークの概念と実装するために必要な知識が学べる解説書です。
基本的な概念の説明に始まり、デバイス、ユーザー、アプリケーション、トラフィックの信頼を実際にどのように確立していくかについて、詳しく紐解いていきます。

また、Googleのゼロトラストモデル「BeyondCorp」を含む2つの詳細なケーススタディも収録しており、実装に役立つ知識を深めることができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ゼロトラスト よくある質問と回答

ゼロトラストについて、よくある質問と回答を6つ紹介します。

ゼロトラストとは何ですか?

回答: ゼロトラストは、セキュリティモデルの一つで、組織内外を問わず、すべてのネットワークトラフィックを信頼しないという考え方に基づいています。

従来の「信頼できる内部ネットワーク」と「信頼できない外部ネットワーク」という区分けをなくし、すべてのアクセス要求に対して厳格な身元確認とセキュリティ検証を行います。

ゼロトラストの主な目的は何ですか?

回答: ゼロトラストの主な目的は、セキュリティ侵害を防ぎ、データ漏洩のリスクを最小限に抑えることです。

内部ネットワーク内部でも不正アクセスや脅威を前提とし、セキュリティ対策を随所に実施することで、より堅牢なセキュリティ環境を構築します。

ゼロトラストを実装するにはどうすればいいですか?

回答: ゼロトラストを実装するには、まず組織内のリソースとデータへのアクセスを厳密に管理し、ユーザーの身元とデバイスのセキュリティステータスを常に検証する必要があります。

また、ネットワークセグメンテーション、多要素認証、最小限のアクセス権限の原則などのセキュリティ対策を組み合わせて実施します。

ゼロトラストモデルの利点は何ですか?

回答: ゼロトラストモデルの利点は、内部からの脅威にも対応できるセキュリティ強化と、セキュリティ侵害の際の被害範囲を限定できることです。

また、リモートワークやモバイルデバイスの利用が増える現代において、柔軟かつ効果的なセキュリティ対策を提供します。

ゼロトラストの導入に際しての課題は何ですか?

回答: ゼロトラストの導入には、既存のセキュリティ体制の見直しや更新が必要であり、組織全体での理解と協力が求められます。

また、適切な技術とツールの選定、継続的な監視とメンテナンスが必要となり、初期投資や運用コストが増加する可能性もあります。

ゼロトラストをはじめに提唱したのは誰ですか?


回答: ゼロトラスト(Zero Trust)モデルは、ジョン・キンダーヴァグ(John Kindervag)によって提唱されました。

彼は当時フォレスター・リサーチ(Forrester Research)のアナリストであり、2010年にこの概念を初めて紹介しました。

ゼロトラストモデルは、従来の信頼ベースのセキュリティアプローチに代わる新しいパラダイムとして、セキュリティ業界に大きな影響を与えました。

ゼロトラストのスキルが活かせる職種とは?

ゼロトラストセキュリティモデルは、組織内外を問わず、あらゆるユーザー、デバイス、アプリケーションへのアクセスを検証することを前提としています。

「信頼するな、常に検証せよ」という原則に基づき、セキュリティを強化します。

ゼロトラストに関する知識や経験を習得することで担当可能な仕事は、ITセキュリティの分野で特に多岐にわたります。以下に例を挙げます:

  1. セキュリティアナリスト:
    • 組織のセキュリティポリシーとプロセスの設計、評価、強化に携わります。ゼロトラスト原則に基づいて、リスクアセスメントを実施し、セキュリティ対策を推奨します。
  2. ネットワークセキュリティエンジニア:
    • ゼロトラストアーキテクチャの実装に必要なネットワークセキュリティソリューションの設計、構築、運用を行います。セグメンテーション、エンドポイントセキュリティ、アクセス制御などの技術を駆使して、ゼロトラストネットワークを実現します。
  3. アプリケーションセキュリティエンジニア:
    • アプリケーションレベルでのゼロトラストセキュリティ対策を設計、実装します。セキュアなコーディングプラクティスの促進、脆弱性評価、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)内でのセキュリティ統合に責任を持ちます。
  4. クラウドセキュリティスペシャリスト:
    • クラウド環境におけるゼロトラストセキュリティ戦略の策定と実行に携わります。クラウドサービスプロバイダーが提供するツールと統合し、アイデンティティベースのアクセス管理やデータ保護の強化を図ります。
  5. アイデンティティおよびアクセス管理(IAM)エンジニア:
    • ユーザー認証、権限付与、アクセスポリシーの管理など、アイデンティティとアクセスの管理に関するソリューションを開発、実装します。ゼロトラストモデルにおいて、IAMは中核的な役割を果たします。
  6. セキュリティコンサルタント:
    • 企業がゼロトラストセキュリティモデルを理解し、適切に導入できるように支援します。リスク評価、戦略策定、実装ガイドラインの提供など、コンサルティングサービスを通じて、クライアントのセキュリティポスチャを強化します。
  7. セキュリティポリシーおよびコンプライアンスマネージャー:
    • ゼロトラスト原則に基づいたセキュリティポリシーの策定と、それに伴うコンプライアンス要件の管理を担当します。規制遵守、ポリシーの監査、教育プログラムの実施を通じて、組織全体のセキュリティ意識を向上させます。

ゼロトラストに関する知識や経験は、組織が直面するサイバーセキュリティ上の脅威に対処する上で非常に価値があり、ITセキュリティ分野における多くのキャリアチャンスを提供します。

PR

まとめ

ゼロトラストについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、ゼロトラストがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。