【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】リモートワークがわかる本おすすめ3選+最新情報

「リモートワークがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

リモートワークについて知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

リモートワークとは、オフィス以外の場所で仕事をする勤務形態のことです。自宅やカフェなど、インターネットを介して仕事を行うことで、通勤時間の削減や柔軟な働き方が可能になります。テクノロジーの進化により、リモートワークは多くの企業で採用されており、ワークライフバランスの向上や生産性の向上に寄与しています。

まずはじめに、リモートワークがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • リモートワーカー:効率的かつ効果的に自宅やその他のリモート環境で働く方法を学びたい人。
  • 企業経営者・マネージャー:リモートワークを導入・管理するための戦略やベストプラクティスを学びたい。
  • HRプロフェッショナル:リモートワーク環境での従業員のエンゲージメントや生産性を向上させる方法を探している。
  • IT専門家:リモートワークに必要な技術やツール、セキュリティ対策を理解し、サポートを提供したい。
  • プロジェクトマネージャー:リモートチームのプロジェクト管理やコミュニケーションの最適化を目指す。
  • フリーランサー:効率的な自己管理やクライアントとのコミュニケーションを改善し、リモートワークの成功を目指す。
  • 教育者・トレーナー:リモート学習やオンライン教育を効果的に提供する方法を学びたい。
  • リモートワークに興味がある個人:今後リモートワークを始めたいと考えているが、成功するための準備や心構えを学びたい。
  • 企業の従業員:リモートワークでのワークライフバランスを改善し、生産性を高めたい。
  • 研究者・学生:リモートワークの社会的影響や経済的効果についての研究や理解を深めたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

リモートワークの本 おすすめ3選

リモートワークがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

リモートワーク大全

書籍情報

壽 かおり(著)ポプラ社(出版社)2020/11/18(発売日)382(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

会議、打ち合わせ、ツール、家族との付き合い方、体調管理、ストレス、時間管理……リモートワークに必要な事すべて

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、「会社に出社しない」働き方を導入し、リモートワーク・テレワークを実施する会社が増えてきている。
なかには出社の義務をなくしている、あるいは出社日数を大幅に減らしている会社もあり、リモートワーク・テレワークを取り入れた働き方が浸透しつつある。

一方で、急遽リモートワーク・テレワークを導入したこともあり、導入した企業だけでなく、実際に働く社員からも戸惑いやストレスの増大、コミュニケーション不足などの問題点が言われている。

本書は、主に一般のビジネスパーソンが、リモートワーク・テレワーク時に必要なことがすべて書かれた一冊。

ツールやアプリ、会議・打ち合わせの効率的なやり方から、家族や子どもとの接し方まで、本書を読むだけで、リモートワーク・テレワークに必要なことがすべて身に付きます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

会社には行かない 6年やってわかった普通の人こそ評価されるリモートワークという働き方

書籍情報

石倉 秀明(著)CCCメディアハウス(出版社)2020/9/26(発売日)200(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

「700名、ほぼリモートワーク」の株式会社キャスターCOOが実践し、考える、これからの働き方

コロナ禍になり、これまで出社が当たり前だった日常から、リモートワークに移行している企業が増えています。
ストレスなく働くことができている人もいる一方、なんだかうまく仕事が進められないと感じる人も。
また、どうマネジメントをすればいいか悩むマネージャー層もいるようです。

でも、リモートワークになっても、成果を出せる人はいるし、マネジメントができる人もいます。
その違いはどこにあるのか すでに6年リモートワークを実践している著者が語る、リモートワークのメリット、導入のポイント、そしてリモートワークが未来に与える影響までをまとめた1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

リモートワークの達人たちに学ぶ 家での働き方とモノ選びと

書籍情報

MdN編集部(編集)エムディエヌコーポレーション(出版社)2021/6/25(発売日)128(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Amazon電子書籍kindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)で読み放題できます。

お家で快適に働くためのヒントが満載! ! 

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて一気に進んだ在宅ワーク。
会社ではない場所で仕事をするテレワークやリモートワーク、自宅で仕事をする在宅ワークを続ける人が増えるなか、働きやすい環境を本格的に整えたい人、あるいは在宅ワークで困っている人が多くいらっしゃるようです。

この本では、コロナ禍になる以前からリモートワークを導入してきた人、会社がリモートワークを推奨している人、リモートワークを導入し郊外に引っ越した人、会社でも自宅でも仕事ができるように構築してきた人などに取材を敢行。
作業環境はもちろん、在宅ワークの時間の使い方などについて話を伺いました。

彼らは、YouTube、Instagram等で多くの支持を得ているベテラン在宅ワーカーたちです。
モノ選びのコツから、座り心地のいい椅子、在宅ワークに最適なデスク、賃貸でもできるワークスペースのつくり方、癒しグッズ、家電やガジェットなどもたくさん紹介しています。
あなたの在宅ワークをより快適にするアイデアやヒントがきっと見つかることでしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

リモートワークの名著・ロングセラー本

リモートワークについての名著やロングセラー本を紹介します。

リモートワーク段取り仕事術

書籍情報

相原 秀哉(著)明日香出版社(出版社)2020/12/11(発売日)220(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Amazon電子書籍kindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)で読み放題できます。

これまでリモートワークとは全く縁のなかったビジネスパーソンの多くが、2020年のコロナ禍に伴う緊急事態宣言をきっかけに突如として出社を禁じられて、リモートワークへ移行しました。
それまでずっとオフィスに出勤して仕事をしてきた方の多くは、それまでの「当たり前」だった働き方が急に転換したことに戸惑いを覚えたはずです。

在宅勤務になると、口頭ですぐに確認したいことがあるのにできず次の行動まで時間がかかる、チームでやる仕事なのに周りの人の進捗状況がわからない……このようなコミュニケーションの問題が発生します。

また、1人でやっているとモチベーションが上がらない、ちょっと塞ぎ込んできたなど、メンタル面にも影響を及ぼしてしまうのです。
その結果、今まで簡単にできていた仕事に時間を費やしてしまうのです。

実際リモートワークそのものは、そんなに特別なものではないものの、離れた人と円滑に仕事をするにはリモートワークの特性を生かす必要があります。

本書では、その特性を踏まえ、よくある悩みや困りごとを提示し、それを乗り越えるための「コツ」や「情報」を10の章と50の節で説明しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

リモートワークに労働時間管理はいらない

書籍情報

奥村 禮司(著)日本法令(出版社)2021/7/16(発売日)288(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

新型コロナウイルスの蔓延で一気に拡がったかに見えたリモートワーク(テレワーク)だが、大企業などを中心に定着化がすすむ一方で、「労働時間管理がしにくい」「業務内容がリモートワークに適さない」「労働生産性が下がる」などの理由から導入を躊躇したりとりやめたりする例も多い。

本書は、これらの懸念を払しょくし、労働時間管理をせず労働生産性を上げる手法として、リモートワークに事業場外みなし労働時間制を採用することを強くすすめる。

そのメリットから導入・運用のノウハウや留意点、似た部分のあるフレックスタイム制や裁量労働制との比較、リモートワークと社内労働を組み合わせたハイブリッド型の運用やリモートワーク中の副業・兼業の管理にまで言及した、リモートワークをプラスに活用するための指南書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

リモートワーク・マネジメント 距離と孤独を乗り越える強いチームづくり

書籍情報

セダール・ニーリー(著)山本 泉(翻訳)アルク(出版社)2021/6/30(発売日)327(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

ハーバード・ビジネス・スクール教授(組織行動学)の緊急提言
「オフィスを離れても チームは分裂させない! 」 

20年近くにわたって、リモートワークやグローバル組織の研究を重ねてきた著者が伝える「信頼構築の新しいプロセス」と「リーダーの新しい役目」。
リーダーとメンバーの双方がバーチャルチームワークのスキルを強化することで、これまでは手の届かなかったような成果を達成できる。

●「リモートワークという働き方」は30年前から始まっていた
1990年代、シリコンバレーでは本格的なリモートワーク体制を敷く企業が現れました。
その後も各企業がリモートワークを導入し、社員の生産性の向上を認めています。
この長年の蓄積によって、リモートチームの生産性の上げ方、効果的なデジタルツールの活用法、グローバルチームが文化や言葉の壁を超えて成果を上げる方法が、徐々に明らかになりました。

●コロナ禍で、世界の企業は急激な変化を強いられた
2020年初頭、新型コロナウィルスの出現によって、世界中の働き手がリモートワークへの急激な移行を強いられました。
その結果、なかなか進まなかったリモートワーク体制は加速し、企業各社は各種のデバイスやツールの利用を進めることになります。

●リモートワークでのリーダーの悩みと社員の孤独感
従来の「同じ職場にいた」から可能だった、密なチームワークを前提とした業務プロセスは、いまや修正が必要です。
リモートチームのリーダーにとって、離れた場所にいる部下のやる気や生産性をどうやって維持するか、仕事の進捗をどのように監督するか、チームメンバーの孤独へのケア、同僚同士の信頼関係の構築、はたまた「テクノロジー疲れ」の回避は喫緊の課題です。

●差し迫った課題の解決策と実践的ガイダンスの提供
著者は、企業各社の何千ものグローバルチームを対象に、リモートワークやグローバル組織の研究を続けてきました。
その過程で気づいたのは、リモートチームの持続的成功のためには、日々の業務に自然に取り込んで習慣化できるような地道な施策を打つのがいちばん効果的だということです。
リモートワークには、必須の成功条件があります。
本書では、著者が長年をかけて見い出した「ベストプラクティス(最も効率の良い方法)」を余すところなく紹介します。
この先、世界に分散したリモートワークは、長期的には「働き方の主な選択肢の一つ」として定着するでしょう。
働き手と組織の両方を大きく成長させてくれる「リモートワーク・マネジメント」の手法を、本書でぜひ習得してください。
そして、次に来る新たなグローバル危機に備え、どんなときも乗り越えられる強いチームをつくりましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

最新のリモートワークの本

近日発売予定や最近発売された最新のリモートワークの関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

5月に発売されるリモートワークの関連書籍は見つかっていません。

GitLab実践ガイド 第2版

書籍情報

北山 晋吾 , 棚井 俊(著)インプレス(出版社)2024/3/1(発売日)312(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

近年、企業における迅速なソフトウェア開発において、DevOpsは必要不可欠な要素として認識されています。
しかしその一方で、開発プロセス改善に関連する情報の飽和や、新しい開発支援ツールの乱立により、自社の開発チームにとってどれが最適な解なのかの見極めが難しくなっています。
さらに、開発ツール導入後も、ツールやプラットフォームの運用に余計な時間を取られ、本来の目的であるコード開発に時間が割けないエンジニアが後を経ちません。
このような開発現場の課題に取り組み、各企業にとって最適な開発スタイルを模索する中で、GitLabが注目を集め始めています。

GitLabは、開発プロセスを支援する機能として、単なるリポジトリ管理だけにとどまらず、リポジトリの更新を起点とした継続的インテグレーションや継続的デプロイメントのジョブ機能や開発プロセス全体の改善サイクルを支援するプラットフォームを提供しています。
さらに、組織文化の改革という点においても、GitLabではConversational Developmentという開発スタイルを提唱しており、チーム開発に不可欠なコミュニケーションの効率化を支援しています。
これらの機能により、GitLabは、開発者における無駄なオペレーション工数を削減し、開発作業の効率化を実現します。

本書はアプリケーション開発支援ツールであるGitLabの基礎から、実務の開発ワークフローの運用で使える機能までを網羅した実践ガイドです。
まずGitLabが目指す開発スタイルを理解し、開発プロセスの改善を実践していただくことを目指しています。
そのため、本書では単なるGitリポジトリ利用者に対する機能紹介ではなく、普段の開発プロセスの改善やデプロイオペレーションの効率化を図るために必要な情報を網羅しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ゼロトラストセキュリティ実践ガイド

書籍情報

津郷 晶也(著)インプレス(出版社)2024/1/23(発売日)440(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

実践で学ぶ「ゼロトラスト」へのアプローチ

近年、急激に進む働き方の変化に伴いセキュリティの在り方にも変化が求められています。
セキュリティ強化が叫ばれる中、注目を集めているのが「ゼロトラスト」と呼ばれる「何も信頼しない(=すべてを疑う)」ことを前提にシステムを設計していく考え方です。
しかし、ゼロトラストを実現するためには、多くの新しい技術を組み合わせるための高度な知識とスキルが必要となります。

本書は、ゼロトラストが組織にどのようなメリットをもたらすのか、どのような技術を使って実現すればよいのかを丁寧に解説します。
著者の実務経験に基づいた技術要素解説とハンズオンを通して、実践的なゼロトラスト移行を学び、組織を守るための新たな一歩を踏み出しましょう。
ゼロトラスト導入を検討する組織にとって、有用な情報が詰まった一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ハイブリッド・イノベーション イノベーションの障壁を リモートワークで乗り越える!

書籍情報

ハイス・ファン・ウルフェンほか(著)高崎拓哉(翻訳)三宅泰世 , 西村祐哉 , 山本 伸(監修)サウザンブックス社(出版社)2023/12/8(発売日)276(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

いつでもどこでもだれとでも 新しい時代のイノベーションメソッド 多様な働き方が浸透したパンデミック後の世界。
いま、リモートワークとオフィスワーク、それぞれの長所を生かす「ハイブリッド」な形のイノベーションが求められている。

対面で行う手法との違いは何か? 成功のカギはどこにあるのか? 25のオンラインツールの選び方とともに徹底的に具体例を挙げて解説する。
さあ、最新の指南書を携えてイノベーション創出の旅路へ踏み出そう。

本書では、効果的なデジタル協働のツール、テクニック、手法、ルールを紹介し、 みなさんが仕事や組織にオンラインでもイノベーションを起こせるようになることを目指す。
つまりは100%オンライン、またはハイブリッド・イノベーションのための実践的なハウツー本だ。

巻末にはデジタルツール25個とイノベーション手法10種類をわかりやすく網羅して解説しているので、 概要をひと目で掴み、自分のイノベーションの旅路にふさわしいものを選べるだろう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

GitLabに学ぶ 世界最先端のリモート組織のつくりかた

書籍情報

千田 和央(著)伊藤 俊廷, 佐々木 直晴(監修)翔泳社(出版社)2023/9/11(発売日)312(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

世界最大のリモート組織が実践する徹底したドキュメント化の手法

本書では世界最先端のリモート組織を実現するためのノウハウを、GitLab社が公開している「GitLab Handbook」をベースにしながら解説していきます。

GitLab社とは?
・世界67カ国以上に従業員2,000名以上
・自社オフィスを持たない「世界最大のオールリモートカンパニー」
・リモートワークのための方法論やカルチャーを「GitLab Handbook」として公開
・リモートワークの方法だけでなく評価、給料の決め方、部門ごとの仕事の進め方など、社員として必要な知識をすべて支えるドキュメント文化が浸透

著者は、GitLab社の取り組みをもとに、自社をオフィスを持たない完全フルリモート化企業とする取り組みの中心に立ってきました。
その際、GitLab社の各種マニュアルを翻訳し、日本企業に合う形で自社向けのマニュアルを作成。
GitLab社のマニュアルは膨大であり、いきなりこれらすべてを読み解くのはハードルが高いため、本書では以下の構成にまとめ、各施策の背景まで理解しやすいように整理しています。

・世界最先端といわれるリモート組織の実態やメリットなどの概要説明
・世界最先端のリモート組織への移行プロセス、発生する問題への対処法
・リモート組織が円滑に機能するためのカルチャーの醸成方法
・パフォーマンスを上げるための人事制度・業務ルール設計

いずれも著者自身が実践してきたものなので、多くの企業にとっても再現性が高いものばかりです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

多拠点ライフ

書籍情報

石山アンジュ(著)クロスメディア・パブリッシング(出版社)2023/8/11(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

別荘、ワーケーション、バンライフ。
「もう一つの家がある」生き方はもはや一部の人のものではなく、急速なリモートワークの普及、デジタル化によって、誰でも今すぐ始められる時代になった。

コロナウィルスの拡大を機に働き方だけでなく暮らし方、ライフスタイルそのものを見直す人が急増する中、「分散する生き方」は これからの社会の豊かさのスタンダートだ。

多拠点生活実践者であり日本のシェアリングエコノミーの第一人者である 著者が、多拠点ライフで変わる、新しい社会と生き方、今から始められる実践方法を提示する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Microsoft Teams実用ワザ大全 増補新版

書籍情報

日経PC21 , リブロワークス(編集)日経BP(出版社)2023/6/23(発売日)200(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

ビデオ会議、チャット、ファイル共有、プレゼン……
突然の打ち合わせでも迷わず操作!もう焦らない!
大切な相手とのやり取りでもスムーズに! 好感度アップ!


コロナ過における在宅勤務やテレワークの推奨を契機に、インターネットを介したビデオ会議やオンラインミーティングが急速に普及しました。
そんな中、ビジネスツールの定番となったのが「Microsoft Teams」(以下、Teams)です。
ビデオ会議やビジネスチャットを手軽に実現できることから、多くの企業が活用し始めました。

ところが、Teamsを実際に使ってみると「操作方法がわからない」「資料の共有がうまくいかない」「チャネルとチャットの違いは?」など、疑問がどんどん湧いてきます。
大事な会議やプレゼンの最中に操作に戸惑い、あたふたした経験は多くの人にあるでしょう。
グループチャットに余計なメッセージを“誤爆”して恥をかくような失態も、できるだけ避けたいものです。

そんな皆さんの悩みを解決するのが本書の狙いです。
Teamsを活用するうえで知っておきたい操作の基本から実用ワザまでを、実践的に解説しています。

WordやExcelなどのOfficeアプリが仕事に不可欠であるように、もはやTeamsもビジネスパーソンの必携ツールになりました。
自由に外出・面会できるようになった現在も、Teamsを使うことによる業務効率化の恩恵は計り知れません。
その活用スキルを本書でぜひ身につけてください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

住まい方革命 リモートワークから始める新しい働き方、暮らし方、住まい方

書籍情報

谷島 香奈子(著)プレジデント社(出版社)2023/5/22(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

「リモートワークができるライフスタイルにしたい」 

新型コロナウイルス感染症の拡大により、突然はじまったリモートワーク。 
コロナ後もリモートワークを推進する大手企業もふえた。
企業からしてみれば、都心に大きなオフィスを構えるよりも、ずっと経費が削減できる。 

働く人たちにとっても、毎日満員電車に揺られて会社へ行くよりもずっと効率がいい。 
郊外へ出れば、理想的な住まいを安く借りることもできるし、趣味により力を入れた生活もできる。

リモートワークが実現できれば、もっともっと働き方も暮らし方も理想に近づけることができる。 

本書は「中古を買って、リノベーション」を先駆けともいえる著者が、そんなリモートワークが楽しくリノベーションの事例を紹介。 
同時に、著者の会社は2016年からリモートワークを導入、売上を上げているため、そんなリモートワークで成果を上げる方法も紹介する。 

リモートワークに適した住まいをつくることで、働き方や暮らし方が変わり、人生をもっと豊に楽しいものにすることができる。 
そんなリモートワーク時代の住まい方、働き方を、著者のリモートワーク成功の経験やリノベーション事例とともに紹介する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ワンオペ情シスのためのテレワーク導入・運用ガイド 最小コストで構築できる快適で安全なオフィス環境

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

相談できる人が近くにいない、一人で頑張っている情シスさんのための必携書!

本書は社内に頼れる上司や同僚がいない、中小企業のワンオペ状態の情報システム担当者向けに、お金なし、人手なしでも実現可能で安全な、テレワークの導入・構築・運用方法を紹介するものです。

さまざまな働き方が普及・浸透しつつある今、これからテレワークを導入する企業はもちろん、コロナ禍を背景に急ごしらえで導入したものの、システムの見直しが必要となった企業の担当者にもお勧めの1冊です。

著者は、中小企業診断士であり産業サイバーセキュリティコンサルタントとして活躍している福田敏博さん。

著者が実際に導入支援をしてきた実績のあるシステムで、テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を実現しましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

リモートワークによくある質問と回答

リモートワークについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

リモートワークとは何ですか?

回答: リモートワークとは、オフィス以外の場所(自宅、カフェ、共同作業スペースなど)から仕事を行うことです。

通信技術を活用して、場所に縛られずに業務を遂行します。

これにより、通勤時間の削減や柔軟な働き方が可能になります。

リモートワークの利点は何ですか?

回答: リモートワークの利点には、通勤時間の削減、ワークライフバランスの改善、生産性の向上があります。

また、自宅で働くことにより、個人の好みに合わせた環境設定が可能となり、ストレスが減少することもあります。

さらに、地域を問わずに優秀な人材を雇用できるというメリットもあります。

リモートワークのデメリットは何ですか?

回答: リモートワークのデメリットには、コミュニケーションの困難、孤立感の増加、仕事とプライベートの境界線のあいまいさがあります。

また、自宅の作業環境が整っていない場合、生産性が低下することもあるため、適切な作業スペースの設定が重要です。

リモートワークを始めるために必要なものは何ですか?

回答: リモートワークを始めるためには、安定したインターネット接続、適切なコンピューター機器、必要なソフトウェアやアプリケーションが必要です。

また、プライバシーを守り、仕事に集中できる作業スペースも重要です。

通信のためのビデオ会議ツールやコラボレーションツールも整えましょう。

リモートワークで生産性を保つためのコツは何ですか?

回答: 生産性を保つためには、定期的な休憩を取り、作業スケジュールを明確にすることが重要です。

また、作業の優先順位をつけ、日々の目標を設定して達成することが効果的です。

コミュニケーションを活発に保ち、チームメンバーと定期的に接触を持つことも、モチベーションの維持につながります。

リモートワークのスキルが活かせる職種とは?

リモートワークに関する知識や経験を習得することで、リモート環境での効果的な仕事の進め方や、リモートワークを支援する役割を担うことができます。

以下は、リモートワークの知識や経験を活かして担当できる仕事の例です:

  1. リモートワークコーディネーター/マネージャー:
    • 組織内でリモートワークのポリシーやプロセスを設計・管理します。リモートチームの生産性向上やコミュニケーションの最適化を図ります。
  2. リモートワークサポートスペシャリスト:
    • 従業員に対してリモートワークの技術的サポートを提供します。ITサポート、ツールの導入、セキュリティ対策など、リモート環境での業務遂行を支援します。
  3. 人事(HR)スペシャリスト:
    • リモートワークに関連する人事政策の策定や実施を担当します。リモートワークの採用プロセス、オンボーディング、パフォーマンス評価などを管理します。
  4. プロジェクトマネージャー:
    • リモートチームを管理し、プロジェクトのスケジュールやリソースを最適化します。リモート環境でのコラボレーションを促進し、プロジェクトの目標達成を支援します。
  5. リモートトレーナー/コーチ:
    • リモートワークに関するトレーニングプログラムを設計・実施します。リモートチームのリーダーシップスキルやコミュニケーションスキルの向上を支援します。
  6. デジタルマーケティングスペシャリスト:
    • リモートワーク環境でデジタルマーケティング戦略を策定・実行します。ソーシャルメディア管理、コンテンツ制作、オンライン広告キャンペーンの運営などを担当します。
  7. リモートセールスエグゼクティブ:
    • リモート環境で顧客との関係を構築し、製品やサービスの販売を行います。オンラインミーティング、ウェビナー、電子メールマーケティングなどを活用します。
  8. リモートイベントプランナー:
    • オンラインイベントやバーチャルカンファレンスの企画・運営を担当します。参加者のエンゲージメントを高めるための戦略を立て、技術的サポートを提供します。
  9. リモートエンジニア/デベロッパー:
    • リモート環境でソフトウェア開発やシステム管理を行います。分散チームと協力し、プロジェクトの進行をリモートでサポートします。
  10. リモートワークポリシーアナリスト:
    • リモートワークに関するデータを収集・分析し、リモートワークの効果を評価します。リモートワークのベストプラクティスや改善点を提案し、組織の戦略を支援します。

リモートワークの知識や経験は、現代の多くの職場で非常に価値が高まっています。

これらの役割を通じて、リモートワーク環境の効率化、従業員のエンゲージメント向上、生産性の最大化に貢献することができます。

まとめ

リモートワークについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、リモートワークがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。