【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年4月】心理的安全性がわかる本おすすめ3選+最新情報

「心理的安全性がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

心理的安全性について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

心理的安全性とは、チームや組織内で自分の意見や疑問、アイデアを自由に表現できる環境のこと。失敗を恐れずにチャレンジし、オープンなコミュニケーションを行える場が保証されています。この安全性が高い場所では、創造性と生産性が向上し、全員が成長のために協力し合えます。

まずはじめに、心理的安全性がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 経営者・リーダー:組織内で信頼と開放的なコミュニケーションを築きたい人
  • HRプロフェッショナル:社員の福利厚生と職場の環境改善に取り組む人
  • チームマネージャー:効果的なチームワークを促進し、生産性を高めたい人
  • 教育者:生徒や学生に安全な学習環境を提供したい人
  • コーチ・メンター:個人やチームの潜在能力を引き出すための支援をする人
  • 組織開発コンサルタント:組織文化の改善や変革を支援する人
  • 社会学・心理学の学生・研究者:人間行動と組織内のダイナミクスについて学び、研究する人
  • 従業員:自己発信とチーム内の関係構築に自信を持ちたい人
  • プロジェクトマネージャー:プロジェクトチームのコラボレーションを改善したい人

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

心理的安全性の本 おすすめ3選

心理的安全性がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

心理的安全性 最強の教科書:ピョートル・フェリクス・グジバチ(著)

書籍情報

ピョートル・フェリクス・グジバチ(著)東洋経済新報社(出版社)2023/3/17(発売日)336P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

AmazonのAudible(オーディブル)聴き放題で体験できる書籍です。

注目のマネジメントキーワード「心理的安全性」を高めるための「考え方」と「行動」がこれ一冊でわかる!
「心理的安全性=楽しくやさしい職場」ではない

近年、日本社会にも「心理的安全性」の重要性が浸透してきましたが、その言葉の響きからただ優しいだけの組織と誤解されていることがあります。

本来の心理的安全性とは、
「対人関係においてリスクのある行動を取っても、『このチームなら馬鹿にされたり罰せられたりしない』と信じられる状態」
「メンバーがネガティブなプレッシャーを受けずに自分らしくいられる状態」
「お互いに高め合える関係を持って、建設的な意見の対立が奨励されること」です。

本書では、改めて、成果を生む強いチームの「心理的安全性」を定義し、組織を理想状態にするためには何が必要なのか、「理解編」「マインドセット編」「実践編」の3つのPARTで分かりやすい事例と共に解説していきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

心理的安全性を高めるリーダーの声かけベスト100:田中 弦(著)

書籍情報

田中 弦(著)ダイヤモンド社(出版社)2022/10/11(発売日)282P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

これからの働く環境には、「心理的安全性が欠かせない」それは、多くのリーダーが理解しています。

しかし!!!果たしてどんな言葉をかけると心理的安全性は高まるのか?

本書を読めば、その答えが一発で分かります

本書は、1000万件超の声かけの中から最も効果のあったベスト100を紹介!

現場に立ったリーダーがその日から実践できる心理的安全性を高める声かけが盛り込まれています

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

医療・看護現場の心理的安全性のすすめ:田淵 仁志(編集, 著)

書籍情報

日本医療マネジメント学会, 坂本 すが(監修)田淵 仁志(編集, 著)メディカ出版(出版社)2023/8/1(発売日)128(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

心理的安全性の高い組織作りを自身が実践している、田淵仁志先生によるメディカのセミナーオンラインを元に書籍化。

気を付けていても起こってしまうミス。

誰も責めることなくチームとして改善し、組織が成長していく心理的安全な職場環境づくりを提示する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

心理的安全性の名著・ロングセラー本

心理的安全性の名著・ロングセラー本について、発売日が新しい順に紹介します。

そうだったんだ!! 心理的安全性:山口裕幸(監修)

書籍情報

山口裕幸(監修)永岡書店(出版社)2023/9/11(発売日)128(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

組織やチームをマネジメントするリーダー必読!
「心理的安全性」の要点が30分でスッキリわかります!!

ビジネスシーンで注目されている「心理的安全性」。
言葉は耳にしたことはあるけれど…「そもそも心理的安全性って何?」「今さら聞くのはちょっと恥ずかしい……」とモヤモヤしている人も多いはず。

「心理的安全性」とは、誰もが安心して発言・行動ができる環境のこと。
心理的安全性が高い職場は、チームのパフォーマンスがアップして、生産性が向上するとされています。

心理的安全性は、これからの管理職やリーダーが身に付けなくてはならない必須のスキルです。
本書では、情報収集できないまま学び忘れしまった知識ゼロの初心者ために、心理的安全性の基礎知識を見開き図解とシンプル解説でレクチャー。
「心理的安全性」の大事な要点が30分でスッキリ理解できます!

<こんな人におすすめです>
◎はじめて職場のチームリーダーを任された方
◎職場やチームの仕事環境を改善したい方
◎部下のやる気を引き出し、育てたい方

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

60分でわかる! 心理的安全性 超入門:伊達 洋駆(著)

書籍情報

伊達 洋駆(著)技術評論社(出版社)2023/5/24(発売日)160P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

チームを理想的に変えたい人に!

メンバーが「本音を言っても安全」と感じられるのが「心理的安全性」(Psychological Safety)です。

ハーバード・ビジネススクールのエイミー・C・エドモンドソン教授が発展させた理論で、企業・医療現場・地域活動・家庭などで幅広く実証されています

2016年、Googleのプロジェクト・アリストテレスで「最高のチームを作る要因」として最も影響が大きいとわかり、いかに職場の心理的安全性を高めるかが管理職、チームリーダー、HR担当者などの高い関心事となっています。

本書はオールカラー図解で、やさしく心理的安全性の基本からその重要性・効果を理解でき、さらに多くの学術研究に基づいた、さまざまな職場に適した実践方法を解説します。

高い成果をあげる理想的なチームをつくりたい人にとって必読です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

リーダーのための心理的安全性ガイドブック:青島未佳(著)

書籍情報

青島未佳(著)山口裕幸(監修)労務行政(出版社)2021/12/10(発売日)288(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

組織やメンバーを率いるビジネスパーソン必読! 
成果を上げるチームづくりの秘訣

■高い成果を上げる組織づくりとリーダーシップの在り方・具体例がわかる
■豊富な図と解説で、現場リーダーがすぐに使える方法や実践的ノウハウを紹介

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新の心理的安全性の本

近日発売予定や最近発売された最新の心理的安全性の本を、発売日が新しい順に紹介します。

4月に発売される心理的安全性の関連書籍は見つかっていません。

明日も行きたい教室づくり クラス会議で育てる心理的安全性:赤坂 真二(著)

書籍情報

赤坂 真二(著)明治図書出版(出版社)2024/3/1(発売日)208(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

いじめや不登校、学級の荒れなど教室に不安を抱える児童生徒は少なくありません。

子どもが明日も行きたくなる教室づくりに必要なのは「心理的安全性」です。

アドラー心理学の考え方に基づくアプローチとクラス会議を活用した「安全基地」としての教室づくりアイデア。

amazon.co.jp書籍情報より引用

教室の心理的安全性 クラスをHAPPYにする教師のリーダーシップとマネジメント:星野 達郎(著)

書籍情報

星野 達郎(著)明治図書出版(出版社)2024/2/2(発売日)208(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

学校現場がネガティブな状態にあるとき、それは誰かが悪いわけではなく、しくみがないのです。

一人ひとりが考え、つながり、行動するしくみをつくることで、教室は、そして学校は、変えることができます。

心理的安全性の高いクラスのつくり方・考え方をまとめました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

「対話」で教職員の心理的安全性を高める みんなが安心・成長できる学校のつくり方:加藤 敏行(著)

書籍情報

加藤 敏行(著)教育開発研究所(出版社)2024/1/26(発売日)160(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

校長が「対話」に取り組んだら、教職員・子ども・保護者・地域が、学校経営が劇的に変わった! 

●学校経営における「対話」の重要性や実践手法を、取組事例をもとに管理職の視点から解説 
●どの学校でもできる「対話」のコツを明らかにします

amazon.co.jp書籍情報より引用

信じることから始まる探究活動のすすめ 邪魔せず寄り添う「ゆるふわ」探究を始めよう!:河添健ほか(著)

書籍情報

河添健, 後藤健夫, 唐澤博, 難波俊樹, 飯泉恵梨子(著)大修館書店(出版社)2024/1/19(発売日)128(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

偏差値にこだわらない教育が、なぜUCLAや東工大の合格者を輩出できたのか?

そのカギは「心理的安全性」に根差した「ゆるふわ探究」にあった!

教員が生徒を信じ、教員自らも信じられる「心理的安全性」を担保する組織作りと、そこで行われる探究活動の秘訣が今明らかに。

amazon.co.jp書籍情報より引用

静かなリーダーが心理的安全性をつくる:川野いずみ(著)

書籍情報

川野いずみ(著)クロスメディア・パブリッシング(出版社)2023/11/2(発売日)256(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

★心理的安全性アワード2023ゴールドリングを受賞したTISの事例を公開

心理的安全性を醸成し、チーム力を向上させるには、
・お互いを知る機会づくり
・もやもや・心配事の見える化
・個人とチームの目指す姿・大切にしたいことを言語化
・個人とチームの振り返りによる成長支援
・1on1とコーチング
に取り組むことが重要です。
これら5つを筆者が実施したところ、所属メンバーの働きがいが32%向上しました(GPTW社員意識度調査)

本書は、チームマネジメントや組織運営に課題を感じている方々に向けて、「こんな簡単なことに取り組むだけでいいのか!」と気づかせ、実践につなげられる一冊です。

このような考え方をチームに広げていくことで、生産性が高く、ワークライフバランスを意識して幸せに働ける日本企業が増えていくのではないでしょうか。

25年以上にわたり金融系システム開発のチームに所属し、リーダーも務め、現在は「TISインテックグループを最高のチームでいっぱいにする」ことをミッションに据えた品質革新本部で活躍する著者。
チーム作りと現場に精通した著者が「チームの心理的安全性の作り方」を解説!

チームだけでなく、自身の強みや軸に気づくための参考になる方法についても、あわせてわかりやすく伝えます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

図解入門ビジネス マネジメントに役立つ 心理的安全性がよくわかる本:広江朋紀(著)

書籍情報

広江朋紀(著)秀和システム(出版社)2023/10/14(発売日)224(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

近年、「心理的安全性」という言葉がバズワードになっています。 
その意味は、チームを構成するメンバーが恐れを抱いたり、ためらったりせずに自由に意見を言い合える心理状態のことを指します。

しかし「心理的安全性」の確保や重要度を頭では理解していても、明日から自分の職場で具体的に何をすれば良いのか?
現場レベルのプランについては、これまで断片的に語られるのみで、その全容が解像度高く、示されることはありませんでした。

本書は、「心理的安全性」について理解するだけではなく実践するための処方箋です。

具体的には、リーダーがマネジメントすべき3つの影響の輪、すなわち①リーダー個人の心理的安全性 ②リーダー・メンバー2者間の心理的安全性 ③職場・チームレベルの心理的安全性と段階ごとに分けて紹介し、ワークブックとして気づきを書き込みながら、リーダーが明日から自分の職場ですぐに使える「33の実践知」を示しました。

また、後半では、心理的安全性の影響の輪を全社レベル、社会レベルと広げていく上で陥りがちなチャレンジを阻む8つの溝(キャズム)を示し、どのようにすれば、そのキャズムを乗り越えられるのか、提言するなど、これまでの心理的安全性関連の書籍や研究にはなかった新しい切り口も示しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

何でも言える職場はどっち? 「心理的安全性」をつくる104問:池本 克之(著)

書籍情報

池本 克之(著)自由国民社(出版社)2023/10/10(発売日)328(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

◆成果が上がり、人間関係も良い職場
◆落ち込まない職場 
◆やる気が出る職場
◆助け合える職場 
◆安心できる職場

これらは「心理的安全性」の高い職場 =「誰もが言いたいことを言える職場」です。
こうした理想的な職場のつくりかたを、ドクターシーラボとネットプライスを上場に導いた経営コンサルタントが、具体的に明快に教えます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

初心者向け

初心者向けの心理的安全性の本を、発売日が新しい順に紹介します。

週刊東洋経済 2023年9/2号(「心理的安全性」超入門)[雑誌]

書籍情報

週刊東洋経済編集部(著)東洋経済新報社(出版社)2023/8/28(発売日)102(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

最強の組織を目指すうえで、企業が注目し始めたのが「心理的安全性」です。

「ブラック企業」はもちろん「ゆるい職場」もダメだとする、このキーワードを実現するには、具体的に何をすればいいのか。
本特集ではその全貌を描きました。

マネジャーが率先して変わるため、またチーム・メンバーを即活性化させるためにやるべきことを、それぞれ3ステップで紹介。

全員活躍や風土改革、働きがい向上など、先行して取り組み組織と人が激変した各社の具体策にも迫っています。
カギとなる「言語化力」の鍛え方も伝授します。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

よくわかる!心理的安全性入門 (公認心理師が教える、個人と会社が生まれ変わるための最高の成功法則):大村 美樹子(著)

書籍情報

\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

いま話題の「心理的安全性」がいちばんよくわかる本!  

超初心者でもわかる!小さな会社でも実現できる!  
この1冊で実現できる!  
誰でも、どこでも輝いて成長できる、ベストチームのつくりかた  

5000人以上のカウンセリングと人材育成にかかわってきた公認心理師が、どこでも実施可能な効果的、かつ実践的なスキルを教えます。  

「心理的安全性を高める62の言葉」も収録!  

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

もっと探したい人向け

心理的安全性の本をもっと探したい人向けに、発売日が新しい順に紹介します。

アクティブ・リスニング ビジネスに役立つ傾聴術:戸田 久実(著)

書籍情報

戸田 久実(著)日経BP 日本経済新聞出版(出版社)2023/9/16(発売日)220(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

●「聴く」ことは仕事を推し進めること
相手の話をじっくり聞くことで相互の理解が深まるという「傾聴」。
実際、心理的安全性を高めることで相手が話しやすくなるなど、コミュニケーションが改善する効果がある。

そういった「カウンセリング」的傾聴術から、本書では一歩進めて「ビジネスを前に進める」ことを意識する。
「聴く」ことによって、話を自分の思う方向に仕向ける「アサーティブ」なコミュニケーションも可能になるという。

著者は数多くのビジネスコミュニケーション研修で、傾聴が仕事に役立つことを説いてきた。
本書ではビジネス現場の視点から傾聴の基本を語る。

●アンガーマネジメントやアサーティブ・コミュニケーションの視点も必要
純粋に「聴く」というのは意外と難しく、様々な感情が巻き起こってきて口を挟みたくなる状況が何度となく生じる。
そのときにいかにフラットな気持ちで話を聴けるか。
解決策としてアンガーマネジメントで学んだ「6秒待つ」「メモをとる」ということが活きてくるという。
また、日頃からバイアスを取り除く訓練も必要だ。

一方で、アクティブに聴くには相手から話を引き出す「質問する力」も必要だ。
質問することでコミュニケーションのイニシアティブを取り、仕事を思うようにコントロールすることも可能となる。

本書では、リモートワーク時や集団的コミュニケーションなどのシーンを含めて、様々な事例を盛り込んで解説する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

世界の学術研究から読み解く 職場に活かす心理学:今城志保(著)

書籍情報

今城 志保(著)東洋経済新報社(出版社)2023/9/13(発売日)232(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ウェルビーイング、目標設定、自己肯定感、信頼、自律学習、レジリエンス、道徳的判断、集団パフォーマンス、心理的安全性……。

個人のキャリアから組織のマネジメントまで、人の心や現実を正しく理解するために知っておきたいのが心理学の知見です。

本書では、世界の学術研究、120以上の論文から見えてくるエビデンスに基づき、働き方にまつわる問題解決のヒントを探っていきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

わたしからはじまる心理的安全性 リーダーでもメンバーでもできる「働きやすさ」をつくる方法70:なかむら アサミほか(著)

書籍情報

なかむら アサミ, 塩見 康史(著)翔泳社(出版社)2023/8/31(発売日)256(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

安心して挑戦するために、誰もができること。

先が読めない現代において、生産性を高め、挑戦し、新しい価値を生むために、心理的安全性が注目されています。
「心理的安全性を作るためにはリーダーだけが頑張ることが重要」だと思われがちですが、それは誤解です。
「心理的安全性を作ること」は、誰からでもはじめることができるのです。

本書は、心理的安全性を作るための方法を集めたTips集です。
従来のリーダー向けノウハウの本とは異なり、リーダーやメンバーといった立場を問わず、誰でも読むことができます。
著者らが実証済みの具体的な方法を掲載しているので、ぜひ安心して実践してみてください。
あなたから「心理的安全性」をはじめましょう!

【こんな人におすすめ】
心理的安全性を実現したいすべての方
→よりよいチームを目指すマネジャーやチームリーダー、上司と部下の板挟みになり、働きにくさを感じている方、もっと自分らしく楽しく働きたいと思っているメンバーの方など

【本書のポイント】
・いろいろな立場で心理的安全性の実現に取り組む手法を学べる
・図やイラストを交えて、実践方法をわかりやすく解説
・個人、チーム規模から組織規模のものまで網羅的にカバー
・サイボウズとスコラ・コンサルトで実証済みのユニークなTipsを紹介
・上司と部下双方向の視点で、お互いの考え方や視点が学べる1冊

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、書籍内容イメージ

「儲かる会社」の心理的安全性:小山 昇(著)

書籍情報

小山 昇(著)SBクリエイティブ(出版社)2023/7/4(発売日)232P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Googleが「良い組織の条件」として提唱し、注目を集める「心理的安全性」。
中小企業経営のカリスマとして知られる小山氏も、柔軟な組織づくりを推進してきた。

人材不足で困っている、社員が辞めてしまう、部下のモチベーションが低いなど、マネジメントに悩みを抱える経営者・管理職に対し、社員の「心理的安全性」を確保することで、上下関係の悩みを解消しながら、自律的な部下が生まれる組織の作り方を教える。

amazon.co.jp書籍情報より引用

4段階で実現する心理的安全性:ティモシー・R・クラーク(著)

書籍情報

ティモシー・R・クラーク(著)長谷川 圭(翻訳)日経BP(出版社)2023/2/16(発売日)304P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「尊重」と「許可」を多く与えるほど、心理的安全性は高まる

さまざまな業界、文化、人種を対象にしたフィールドワークを通じて、私は企業などの社会単位が心理的安全性をどのような形で認め、構成メンバーがそれをどう受け止めるかに一貫したパターンがあることを突き止めた。

心理的安全性には、「尊重」と「許可」という二つの要素の組み合わせに基づいて四つの段階がある。

(中略)組織が「尊重」と「許可」を多く与えれば与えるほど、メンバーはより強く心理的安全性を感じ、それに反映した行動をとるようになる。

どの段階においても、心理的安全性はもっと多くのことに関わるようメンバーを促し、個人の成長と価値創造プロセスの両方を加速させる。

(本書『イントロダクション』より)

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

誰もが幸せに成長できる 心理的安全性の高め方:松村 亜里(著)

書籍情報

松村 亜里(著)WAVE出版(出版社)2022/3/23(発売日)256P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Google社が生産性の向上に役立つ概念として打ち出し、たちまち注目の言葉となった「心理的安全性」。

心理的安全性が高い状況とは、他の人の反応に対して怖さや恥ずかしさを感じることなく、自分を包み隠さないで自然体で活動していける状態の度合いを指します。

NY在住の気鋭の心理学者が、組織の分野だけでなく、チーム、グループ、サロン、仲間同士、ちょっとした人間関係に使えるようにまとめた1冊。

「怒られたくない」「失敗したくない」「嫌われたくない」という防御や恐れが前向きな気持ちに変わり、心地よいチームをつくり、目的を達成できるつながりになる。

不安や無関心で悩んできた人やチームがたちまち活性化する!
ビジネスシーンにとどまらず一般社会のコミュニティや人間関係まで使える初めての1冊! 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最高のチームはみんな使っている 心理的安全性をつくる言葉55:原田将嗣(著)

書籍情報

原田将嗣(著)石井遼介(監修)飛鳥新社(出版社)2022/8/6(発売日)306P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

いま大注目の「心理的安全性」を取り入れるなら、本書の言葉から

いつものひと言を変えることで……
会話が増える!  チャレンジが始まる!  チームが変わる! 

「言い換え」でわかりやすくお伝えします! 
×じゃあ任せたから、頼んだよ → 〇誰に相談すると進みそうですか?
×ムリでしょ → 〇その視点はなかった! 
×仕事は増えるけど頑張ろう → 〇やめたほうがいい仕事ってなんだろう?

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす:エイミー・C・エドモンドソン(著)

書籍情報

エイミー・C・エドモンドソン(著)村瀬 俊朗(その他)野津 智子(翻訳)英治出版(出版社)2021/2/3(発売日)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

日本の人事部主催 HRアワード2021書籍部門優秀賞受賞! 
『チームが機能するとはどういうことか』の著者であり、2011年以来、経営思想家ランキング「Thinkers50」に選出され続けている、エイミー・C・エドモンドソン教授最新刊! 

Googleの研究で注目を集める心理的安全性。

このコンセプトの生みの親であるハーバード大教授が、 ピクサー、フォルクスワーゲン、福島原発など様々な事例を分析し、 対人関係の不安がいかに組織を蝕むか、 そして、それを乗り越えた組織のあり方を描く。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

心理的安全性のつくりかた 「心理的柔軟性」が困難を乗り越えるチームに変える:石井遼介(著)

書籍情報

石井遼介(著)日本能率協会マネジメントセンター(出版社)2020/9/10(発売日)336P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

AmazonのAudible(オーディブル)聴き放題で体験できる書籍です。

「個性を輝かせ、チームで学び成長する」そんな現代のチームビルディングが、あらゆる組織・コミュニティで実践できる1冊です。

いま組織・チームにおいて大注目の心理的安全性とは「何か」、 そして職場・チームで高めるにはどうしたら良いのか。 

Googleのプロジェクトアリストテレスで、 チームにとっての重要性が一気に認知された「心理的安全性」。 
本書ではその心理的安全性を理解し、心理的安全性の高い職場を再現できるよう、 そのアプローチについて日本の心理的安全性を研究してきた著者が解説します。 

本書では心理的安全性が「ヌルい職場」ではなく、 健全な衝突を生み出す機能であることを解説し、 日本における心理的安全性の4因子 「話しやすさ」「助け合い」「挑戦」「新奇歓迎」を紹介します。 

また、研究でわかった心理的安全なチームリーダーに必要な「心理的柔軟性」と、 4因子を活性化させるための行動分析によるフレームワークを解説。 

本書によって曖昧に語られてきた心理的安全性が共通言語となり、 指標化とアプローチ方法によって具体的かつ効果的な高め方を導き出せます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

心理的安全性 よくある質問と回答

心理的安全性についてよくある質問と回答を5つ紹介します。

心理的安全性とは何ですか?

回答: 心理的安全性とは、個人が自分の意見を自由に表現できる、リスクを取っても大丈夫だと感じる、そして自分が無視されたり、恥ずかしい思いをしたり、罰せられたりすることなく、オープンなコミュニケーションができる職場環境やチーム環境のことを指します。

心理的安全性が高い環境では、個人は創造性や革新性を発揮しやすくなります。

心理的安全性はなぜ重要なのですか?

回答: 心理的安全性は、効果的なチームワークと組織の成功に不可欠です。

心理的に安全な環境では、従業員はリスクを取り、新しいアイデアを提案し、問題を公開的に議論することができます。

これにより、より良い意思決定、高い創造性、強化されたチームの結束力、そして最終的には組織全体の生産性の向上が促進されます。

職場で心理的安全性を高めるためにはどうすれば良いですか?

回答: 職場で心理的安全性を高めるためには、以下のような取り組みが効果的です:

  1. オープンなコミュニケーションの促進: すべての意見が尊重される文化を作ります。
  2. 失敗を学びの機会と捉える: 失敗を責めるのではなく、成長と学びの機会として扱います。
  3. フィードバックの奨励: 正直で建設的なフィードバックを奨励し、受け入れます。
  4. リーダーシップの役割: リーダーが率先して脆弱性を示し、信頼の文化を築きます。
  5. 多様性と包摂の強化: すべての従業員が価値を持ち、貢献できると感じる環境を作ります。

心理的安全性が低いとどのような問題が起こりますか?

回答: 心理的安全性が低い環境では、従業員は自分の意見を表明することを躊躇し、創造的なリスクを避ける傾向があります。

これにより、問題の早期発見が遅れ、革新的なアイデアの提案が減少し、チームのパフォーマンスが低下する可能性があります。

また、ストレスや職場での不満が高まり、従業員の離職率が上がることもあります。

心理的安全性を測定する方法はありますか?

回答: 心理的安全性は、アンケートや調査を通じて測定することができます。

具体的には、従業員に対して彼らが意見を自由に表現できるか、新しいアイデアを提案しやすいか、リスクを取ることに対する快適さなどについて尋ねることができます。

また、定期的なフィードバックセッションや従業員との個別面談も、心理的安全性の状態を理解するのに役立ちます。

心理的安全性のスキルが活かせる職種とは?

心理的安全性に関する知識や経験を習得することで、組織開発、人材管理、リーダーシップ、カウンセリング、チームビルディングなど、多岐にわたる分野で重要な役割を担うことが可能です。

心理的安全性は、チームメンバーがリスクを取ること、失敗を恐れずに意見を述べること、創造的なアイデアを提案することを恐れない環境を意味します。

以下に、心理的安全性のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. 組織開発コンサルタント:
    • 企業や組織の文化改革プロジェクトにおいて、心理的安全性の重要性を啓蒙し、具体的な実践方法を提案します。
    • 組織内のコミュニケーションと協力を促進するためのワークショップやトレーニングを実施します。
  2. HRマネージャー/人事担当者:
    • 従業員エンゲージメントと満足度を高めるために、心理的安全性を促進する職場環境の構築に取り組みます。
    • 採用、オンボーディング、パフォーマンス管理プロセスに心理的安全性の原則を組み込みます。
  3. チームリーダー/マネージャー:
    • チーム内で心理的安全性を確立し、オープンなコミュニケーションと相互尊重の文化を育成します。
    • チームメンバーが新しいアイデアを提案しやすい、サポートされていると感じる環境を作り出します。
  4. ビジネスコーチ/メンター:
    • 個人やチームのコーチングを通じて、心理的安全性の概念を教育し、その重要性を強調します。
    • コーチングクライアントが自己表現と自己発展のための安全な空間を持てるようサポートします。
  5. カウンセラー/心理療法士:
    • クライアントに心理的安全性の概念を紹介し、個人のウェルビーイングとメンタルヘルスの向上をサポートします。
    • 職場や家庭での人間関係の問題に対処するための戦略として、心理的安全性の向上を促します。
  6. 教育者/トレーナー:
    • 教育機関や企業向けの研修で、心理的安全性の重要性と具体的な実践方法を教えます。
    • 学習環境や職場環境での心理的安全性の促進に関する講義やセミナーを提供します。

心理的安全性に関する知識や経験は、組織のパフォーマンス向上、従業員の満足度とエンゲージメントの向上、革新的なアイデアの促進など、あらゆるレベルで価値を提供します。

職場での信頼と相互尊重の文化を育成することは、組織全体の成功に不可欠です。

まとめ

心理的安全性について知りたい人のため、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、心理的安全性がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは、以下のような記事も発信しています。