【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】傾聴がわかる本おすすめ3選+最新情報

「傾聴がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

傾聴(けいちょう)について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

傾聴(Active Listening)とは、話し手の言葉や感情に注意を集中し、理解しようと努めるコミュニケーション技術です。相手の話を遮らず、適切なフィードバックを行い、共感を示すことで、信頼関係を築き、深い理解を促進します。傾聴は効果的な対話の基盤であり、人間関係を豊かにします。

まずはじめに、傾聴がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • カウンセラー・セラピスト:クライアントとの信頼関係を築き、効果的なカウンセリングを行うためのスキルを向上させたい。
  • コーチ・メンター:クライアントやメンティーの話を深く理解し、的確なアドバイスやサポートを提供したい。
  • 人事・HRプロフェッショナル:従業員の声を聞き、職場環境の改善やエンゲージメント向上に役立てたい。
  • マネージャー・リーダー:チームメンバーの意見やニーズを理解し、効果的なリーダーシップを発揮したい。
  • 教師・教育者:学生の悩みや意見を適切に受け止め、教育活動に活かしたい。
  • 医療従事者:患者の話をよく聞き、適切なケアや治療を提供したい。
  • セールス・マーケティング担当者:顧客のニーズや要望を正確に把握し、信頼関係を築くためのスキルを身につけたい。
  • カスタマーサポート担当者:顧客の問題や不満を正確に理解し、適切な対応を行いたい。
  • 親や保護者:子どもの話をしっかりと聞き、信頼関係を築きたい。
  • 一般の人々:人間関係を改善し、より良いコミュニケーションを築くためのスキルを学びたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

傾聴の本 おすすめ3選

傾聴がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

すごい傾聴

書籍情報

小倉 広(著)ダイヤモンド社(出版社)2024/3/27(発売日)328(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

管理職・マネージャー必読! 
なぜ「聞いてるつもり」なのに、相手との距離が縮まらないのか? 

「傾聴」とは、言葉を「聞く」ことではなく、相手と一緒に「追体験」することである。

「できる人」は実践している、相手が思わず心をひらいてしまう、目からウロコの「会話のスゴ技」!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

人を動かす傾聴力

書籍情報

林田康裕(著)ぱる出版(出版社)2024/2/16(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

【意欲的な発言を引き出せるスキル】

「主体性を引き出す」「潜在ニーズのあぶり出し」「相互理解を深める」など、人と人とのあらゆる関係性において必須要件となる、傾聴/ヒアリングのテクニックを具体的かつ分かりやすい表現でご紹介。

多くの会話事例の紹介と、なぜここでこの様な質問をするのか?まで徹底解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

マンガでやさしくわかる 傾聴

書籍情報

古宮昇(著)葛城かえで(シナリオ制作)サノマリナ(作画)日本能率協会マネジメントセンター(出版社)2017/1/28(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

福祉や医療、教育の現場はもちろん、普段の生活における周囲とのコミュニケーションで大切になる「聴く技術」と、その前に知っておきたい人間の心理をマンガのストーリーと解説で学べる一冊。

ストーリーの主人公は、市役所に勤める二階堂いずみ。
新しく開設された部署「耳かたむけ課」に異動になり、次々訪れる市民たちの対応に悪戦苦闘の日々を送っていましたが、風変わりな市長に「傾聴」の大切さについて教えを受けるうちに、市民だけでなく、家族を含めた周囲との関係が変わっていく様子を描いています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

傾聴の名著・ロングセラー本

傾聴についての名著やロングセラー本を紹介します。

対人援助の現場で使える 傾聴する・受けとめる技術 便利帖

書籍情報

大谷 佳子(著)翔泳社(出版社)2023/3/8(発売日)160(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

「聴く」ことは最強のストローク!
あらためて傾聴と受容を見直そう!!


対人援助の仕事は、相談からスタート。
問題や状況を知るために、まず相手の話をよく聴くことが必要です。
つまり傾聴は、対人援助職にとって基本中のきほん。
「いまさら傾聴?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、傾聴というのは大変に難しく、できている人は少ないといわれる技術。
また、ただ「聴く」だけでもだめで、相手の言葉をどう受けとめているかも大事。
わかっている”フリ”は、相手に正しく伝わります。

相手の話をどのように聴き、応答しているか。
「できているつもり」「やっているつもり」になっていませんか。

本書では、まず「基本編」で傾聴と受容の力を見直します。
次に4段階の「実践編」と演習を経て、テクニックを確実に習得できるようまとめています。
本書で受容するための傾聴を身につけていただき、現場でのラポール形成に役立ててください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

傾聴のコツ 話を「否定せず、遮らず、拒まず」

書籍情報

金田 諦應(著)三笠書房(出版社)2018/12/22(発売日)216(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

「なぜ、この人と話すと心がラクになるのか?」

◎まずは相手の言うことを「全肯定」する
◎話の裏にある“核心”をどう見つけるか
◎「わかるよ」ではなく「伝わったよ」――
◎「沈黙」を怖がらない
◎上司は、部下の話を「全身全霊」で聴くこと
◎夫は「理解」を、妻は「共感」を求めている

「傾聴の達人」が教える、人に求められる人、信頼される人になるためのコミュニケーションの極意

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

プロカウンセラーがやさしく教える 人間関係に役立つ傾聴

書籍情報

古宮 昇(著)清流出版(出版社)2022/11/11(発売日)216(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

日常で使える傾聴のコツをわかりやすく解説!

「傾聴」とは、相手の気持ちに共感しながら話を聴き、理解を言葉にして返しながらおこなう対話です。

傾聴は、職場、友だち、夫婦、親子、初対面の相手…、どんな人間関係にも役立ちます。

傾聴を身につければ、日常のさまざまなコミュニケーションがスムーズに!

▼こんな人にオススメ! 
→人間関係に悩んでいる
→家庭や職場のコミュニケーションを良くしたい
→悩む人を支えたい
→初対面の人と楽しく話したい

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新の傾聴の本

近日発売予定や最近発売された最新の傾聴の関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

【5月15日発売】経営の力と伴走支援 「対話と傾聴」が組織を変える

書籍情報

角野 然生(著)光文社(出版社)2024/5/15(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

企業経営者と支援者が「対話と傾聴」を通じ、本質的な経営課題に気づき、組織の潜在力を活かして自立的な企業変革への道筋をつける「伴走支援」。

「組織開発」の実践ともいえるこの手法は、企業の再生のみならず、人口減少などに直面する地域の再生や地方創生の現場などでも活用が期待されている。

東日本大震災、東京電力福島第一原発事故の被災地復興の現場で、「官民合同チーム」が地元企業の経営支援の中でフレームワーク化してきた伴走支援の手法を、チームを率いた元中小企業庁長官の著者が、実践経験とともに明らかにする。

また、中村和彦南山大学教授による、伴走支援の組織開発的側面の解説を収録。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【5月8日発売】できる人だけが知っている 「ここだけの話」を聞く技術

書籍情報

井手隊長(著)秀和システム(出版社)2024/5/8(発売日)224(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

無口な客、気難しい取引先、雲の上の経営者…
どんな相手からもとっておきの情報を引き出すプロの技

著者はメディアの露出も多いラーメンライターとして活躍していますが、行列ができるラーメン店の店主は忙しく、企業秘密も多かったりします。

そんな中で「井手さんなら」と心を開いてくれる社長さんは後を絶ちません。
一体どんな技術を使っているのかを、この本の中で本邦初公開してくれます。

相手から「○○さんだから教える」という耳寄りな情報を教えて頂ければ、記者やカウンセラーといった”聞く仕事”の方はもちろん、営業や接客、人事など”人に接する仕事”の方も応用できます。

本書では、
・質問力とは「仮説と現実の間に生まれる」結果だ
・「今まで聞けなかった質問をどれだけできるか」で決まる
・じつは「コスパが悪い聞き方」をしている人が多すぎる
などいった秘儀を伝授します。

すぐに使える「プロの技」、みなさんも知りたくありませんか?

amazon.co.jp書籍情報より引用

インタビュー大全 相手の心を開くための14章

書籍情報

大塚 明子(著)田畑書店(出版社)2024/2/12(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

雑誌やWebの記事などさまざまなメディアで長年インタビュアーとして活躍してきた著者が、これまで約2000人に行ったインタビューから得たデータを分析。
「人から自然に話を引き出す」ために必須なストラテジー(戦略)を体系化した最強の〈インタビュー教本〉の登場です。

本書は多数のイラストとチャート図を使い、読みやすく、わかりやすいページ構成になっています。
また「インタビュー」だけでなく、広く「コミュニケーション」のテキストとしても使えるよう”練習問題”を各章に用意しました。
コラム「インタビュー裏話」も添えて、インタビューにまつわる理論と実践と学習のすべてが詰まった一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

プロカウンセラーの こころの声を聞く技術 聞いてもらう技術

書籍情報

諸富 祥彦(著)SBクリエイティブ(出版社)2024/2/7(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

「“聞く”なんてできている!」という人たちと、「わかってほしい!」が言えない人たちへ

もっと、あなたにわかってほしい。聞いてほしい。

本書は、「こころのつながりの不全」を感じている方々のために、具体的な対処法を示す本です。
「もっとしっかり、つながりたい」
「もっと話を聞いてほしい」
「わかってほしい」
そんな気持ちを叶えるための具体的な対処法を示した本です。

また同時に、周囲にいるほかの人が、その気持ちに応えるために、「もっとうまく話を聞ける人間になりたい」「もっと気持ちをわかりたい」そのためにはどうすればいいか、その技術を具体的に示した本です。

「話を聞く技術」や「傾聴」については、これまでにも多くの本が出されてきました。
それらの多くは、「話を聞く側」がスキルフルで有能であることに力点が置かれていたように思います。
しかし、いくら「聞く側」が有能で技術に長けていても、「話す側」「聞いてもらう側」にまったく意欲がなければ、それはよい結果にはつながりません。
「聞く―聞いてもらう」「わかる―わかってもらう」関係は、本来二人でつくり上げていくものです。
(「はじめに」より)

amazon.co.jp書籍情報より引用

教師の聞き方ひとつで高学年クラスはこう変わる!

書籍情報

丸岡慎弥(著)学陽書房(出版社)2023/10/16(発売日)144(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

高学年の子どもの心をグッとつかみながら絆を深める教師の聞き方スキルが学べる一冊!

小学校教育の中でももっとも難度が高いと言われる高学年児童への「聞き方」「問いかけ方」の技が具体的に学べる一冊。

頷きや相槌、聞き取りの仕方のほか、具体的な問いかけフレーズ、距離のとり方、信頼関係構築へのつなげ方など、高学年の学級経営を成功させるために役立つ指導の極意を、「聞く」という視点から、現場ですぐに実践できるヒントやアドバイスなどを事例とともに分かりやすく紹介する!

amazon.co.jp書籍情報より引用

まず、ちゃんと聴く。コミュニケーションの質が変わる「聴く」と「伝える」の黄金比

書籍情報

櫻井 将(著)日本能率協会マネジメントセンター(出版社)2023/10/13(発売日)320(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

意見や考え方の違う相手の話を 
「我慢をせずに、ちゃんと聴く。」 
「叶えないけど、ちゃんと聴く。」 
「従わないけど、ちゃんと聴く。」 
これは聴き方次第で実現する、と著者は語る。 

上司部下の関係であっても、親子関係であっても、上意下達のコミュニケーションだけでは上手くいかないことを実感している人にとって、本書はたくさんのヒントを与えてくれるだろう。 

また本書のユニークなところは、聴くことを大切に扱いながらも 
「聴くだけでは上手くいかないことがある」 
「教える・叱るなどの伝える行為も大切である」 
という読者のリアルな悩みに寄り添っているところでもある。 

「聴く」についての理論と、実践のための具体的なヒントとともに、聴くと伝えるの両立をどのようにしていくのか?について、本書を通して一緒に考えていきたい。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

アクティブ・リスニング ビジネスに役立つ傾聴術

書籍情報

戸田 久実(著)日経BP 日本経済新聞出版(出版社)2023/9/16(発売日)220(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

●「聴く」ことは仕事を推し進めること
相手の話をじっくり聞くことで相互の理解が深まるという「傾聴」。
実際、心理的安全性を高めることで相手が話しやすくなるなど、コミュニケーションが改善する効果がある。

そういった「カウンセリング」的傾聴術から、本書では一歩進めて「ビジネスを前に進める」ことを意識する。
「聴く」ことによって、話を自分の思う方向に仕向ける「アサーティブ」なコミュニケーションも可能になるという。

著者は数多くのビジネスコミュニケーション研修で、傾聴が仕事に役立つことを説いてきた。
本書ではビジネス現場の視点から傾聴の基本を語る。

●アンガーマネジメントやアサーティブ・コミュニケーションの視点も必要
純粋に「聴く」というのは意外と難しく、様々な感情が巻き起こってきて口を挟みたくなる状況が何度となく生じる。
そのときにいかにフラットな気持ちで話を聴けるか。
解決策としてアンガーマネジメントで学んだ「6秒待つ」「メモをとる」ということが活きてくるという。
また、日頃からバイアスを取り除く訓練も必要だ。

一方で、アクティブに聴くには相手から話を引き出す「質問する力」も必要だ。
質問することでコミュニケーションのイニシアティブを取り、仕事を思うようにコントロールすることも可能となる。

本書では、リモートワーク時や集団的コミュニケーションなどのシーンを含めて、様々な事例を盛り込んで解説する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

傾聴によくある質問と回答

傾聴について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

傾聴とは何ですか?

回答: 傾聴は、話をしている人に対して全注意を向け、その言葉だけでなく感情や意図も理解しようとする聴き方のことです。

相手の話に共感し、非言語的なサインにも注意を払いながら、対話者が感じていることを深く理解することを目指します。

傾聴の主な目的は何ですか?

回答: 傾聴の主な目的は、コミュニケーションを向上させ、相手に理解されていると感じさせることです。

これにより、信頼関係が築かれ、より効果的な対話が可能になります。

また、相手の感情や考えを正確に把握することで、適切な支援やアドバイスが可能になります。

傾聴の技術にはどのようなものがありますか?

回答: 傾聴の技術には、アイコンタクトを保つ、頷きや「うんうん」といった相槌を打つ、相手の言葉を繰り返すことで理解を確認する(エコーイング)、感情を言葉にして表現する(リフレーミング)、適切なタイミングで質問をするなどがあります。

傾聴が難しいと感じる時はどうすればいいですか?

回答: 傾聴が難しいと感じる時は、まず自分自身の感情や考えを一時的に脇に置くことが大切です。

心を落ち着け、相手に焦点を当てることを意識してください。

また、話を聞く環境を整えることも効果的です。

周囲が騒がしい場合は、静かな場所に移動することを提案するなど、聴きやすい状況を作ることが重要です。

傾聴はどのような効果がありますか?

回答: 傾聴は相手に安心感を与え、心を開かせる効果があります。

これにより、より深い情報の共有が可能になり、問題解決や意思決定がスムーズに行われるようになります。

心理的な健康を支援し、ストレスの軽減にも寄与します。

傾聴のスキルが活かせる職種とは?

傾聴に関する知識や経験を習得することは、人間関係を築く上で非常に重要であり、多くの職業で役立ちます。

傾聴スキルは、他者の話を深く理解し、共感を示し、適切なフィードバックを提供する能力です。

このスキルを活かして担当できる仕事の例を以下に示します:

  1. カウンセラー/セラピスト:
    • 個人、カップル、家族、グループに対してカウンセリングや心理療法を提供します。クライアントの話を深く聴き、感情や思考を理解し、適切な支援を行います。
  2. ソーシャルワーカー:
    • 個人や家族が直面する問題や困難に対してサポートを提供します。傾聴を通じてクライアントのニーズを理解し、適切なサービスやリソースを紹介します。
  3. 医療従事者(看護師、医師など):
    • 患者の話をよく聴き、健康状態や治療に関する不安や質問に対応します。傾聴を通じて患者との信頼関係を築き、適切なケアを提供します。
  4. 人事担当者/HRスペシャリスト:
    • 従業員の悩みや問題を聴き、職場環境の改善や問題解決をサポートします。従業員のフィードバックを収集し、組織の運営に反映させます。
  5. コーチ/メンター:
    • クライアントや mentee の目標達成をサポートします。彼らの話を聴き、課題や障害を理解し、適切なアドバイスやフィードバックを提供します。
  6. 顧客サポート/カスタマーサービス担当者:
    • 顧客の問い合わせや苦情を傾聴し、適切な対応や解決策を提供します。顧客のニーズを理解し、満足度を向上させるための対応を行います。
  7. 教育者/教師:
    • 学生の話をよく聴き、学習上の悩みや問題に対応します。学生の個別ニーズを理解し、適切な指導やサポートを提供します。
  8. メディエーター/コンフリクトリゾリューションスペシャリスト:
    • 紛争や対立の解決をサポートします。関係者の話を聴き、共通の理解を促し、円満な解決を目指します。
  9. ライフコーチ/ウェルネスコーチ:
    • クライアントが個人的な目標を達成するためのサポートを提供します。彼らの話を深く聴き、目標設定やアクションプランの策定を支援します。
  10. 営業/ビジネス開発:
    • 顧客やクライアントのニーズを理解し、適切なソリューションを提案します。顧客との信頼関係を築き、長期的なビジネス関係を促進します。

傾聴スキルは、効果的なコミュニケーションの基盤となり、様々な職業で重要な役割を果たします。

このスキルを習得することで、他者との信頼関係を築き、問題解決能力を高め、より良い結果を生み出すことができます。

まとめ

傾聴について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、傾聴がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。