【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】DXがわかる本おすすめ3選+最新情報

「DXがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

DX(デジタルトランスフォーメーション)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

DXとは、企業や組織がデジタル技術を駆使して業務プロセス、製品、サービスを根本から革新し、新たな価値を創出する変革のこと。顧客体験を向上させ、競争力を高めることで、未来への道を切り開きます。デジタル時代の波に乗り、変化をチャンスに変えましょう!

まずはじめに、DXがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ビジネスリーダーと経営者: 企業のデジタル化戦略を策定し、実行する責任者。
  • ITプロフェッショナル: 組織のデジタル変革を技術的に支援し、実施する専門家。
  • マーケティング担当者: デジタル技術を活用して顧客体験を向上させたい人。
  • イノベーションマネージャー: 新しいテクノロジーを採用し、ビジネスプロセスを改善する責任者。
  • コンサルタント: 他の企業にDXの助言やサポートを提供する専門家。
  • 学生と研究者: デジタルトランスフォーメーションの理論と実践を学び、研究する人たち。
  • 起業家: デジタル技術を活用して新規事業を立ち上げたい人。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

DXの本 おすすめ3選

DXがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

いちばんやさしいDXの教本[改訂2版]人気講師が教えるビジネスを変革するAI時代のIT戦略:亀田重幸 , 進藤 圭(著)

書籍情報

亀田重幸 , 進藤 圭(著)インプレス(出版社)2024/3/26(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

データとデジタル技術を活用してビジネスモデルを変革し、新たな価値創出につなげる「DX(デジタルトランスフォーメーション)」。
デジタル競争の激化やハイブリッドワークの浸透に伴い、DXの重要性はますます高まっています。

本書では、アナログデータのデジタル化から、業務のデジタル化、ビジネスモデルの変革まで行うDXの基本を解説しています。
それに加え、生成AIをDXのツールとして業務に導入する方法も学べます。
生成AIを業務に導入した事例を含め、DXの成功事例を多数掲載しており、自社でDXを行う場合のヒントを得られます。

豊富な図解を使って解説しており、専門知識がなくてもスムーズに読み進められるいちばんやさしい解説書です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

マッキンゼーが解き明かす 生き残るためのDX:黒川 通彦ほか(編集)

書籍情報

黒川 通彦, 平山 智晴, 松本 拓也, 片山 博順(編集)日本経済新聞出版(出版社)2021/8/21(発売日)256P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ITシステムの導入を最終目的にしたDXは、もうやめましょう。

企業文化変革に成功し、ビジネスモデルを転換するなどして、企業価値を高めるに至った日本企業は、数パーセントに過ぎません。
新しいソリューションを導入することや、レガシーシステムを刷新すること、つまり旧来からある「IT化」が目的化しているためです。

この10年で成長したGAFA、BATHなどのデジタルネイティブ企業は、一気に顧客を囲い込み、産業構造までも変えてしまいました。
まだ当分、脅威が感じられない、という業界もあるかもしれません。
しかし、来るべき脅威の波に備えて、古くなってしまった企業の常識をいまから変革していかないと、危機が来てからでは、間に合いません。

10年後、現経営陣は会社にはいません。
あなたが会社の経営を任され、ある日突然、危機が訪れたら、あなたは会社を変革できるでしょうか。

本書は、DX成功の要諦をWhy、What、How、そして、あなた自身が何をすべきなのか、という構成でまとめ、これまで年間1200社のDXに携わってきた経験から培ったマッキンゼーのノウハウを、惜しみなく詰め込んでいます。

10年後の自社を救うのは、あなたです。

amzon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

DXの思考法 日本経済復活への最強戦略:西山 圭太(著)

書籍情報

西山 圭太(著)冨山 和彦(解説)文藝春秋(出版社)2021/4/13(発売日)272P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

累計9万5000部(電子含む)突破!『コロナショック・サバイバル』『コーポレート・トランスフォーメーション』に続く「DX成功への決定書」!

「DXの真髄を見事に解き明かした。これからのビジネス、社会を考える必読書」
 ーー松尾豊氏(東京大学大学院教授・人工知能研究者)推薦!

「著者は、時代の数歩先を行く天才だ!」ーー冨山和彦氏(IGPIグループ会長) 絶賛!

会社、産業、社会、そして国家、個人までが
DX(デジタル・トランスフォーメーション)の「対象」かつ「主体」となる時代が到来。

天才ビジョナリーが描く「DX成功の極意」とは。「ミルフィーユ化する未来」とは。

amzon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

DXの名著・ロングセラー本

DXについての名著やロングセラー本を紹介します。

いまこそ知りたいDX戦略 自社のコアを再定義し、デジタル化する

書籍情報

石角 友愛(著)ディスカヴァー・トゥエンティワン(出版社)2021/4/23(発売日)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

AmazonオーディオブックAudible(オーディブル)で聴き放題できます。

なぜ、あなたの会社のDXはうまくいかないのか? シリコンバレーに学ぶDX戦略の最先端
自社のDXを成功させたい経営者とリーダー必読の一冊!

現在、日本では空前のDXブームが起こっています。 
皆さんの中にも、社内にDX推進部ができたとか、DXを進めるよう社長から指示があったという方は多いでしょう。 
とくにコロナの影響でリモートワークが急速に進んだ企業では、DX推進が最優先課題になっているという話もよく聞きます。 

しかし、実際にDX推進に向けて動き出した企業の担当者の話を聞くと、 「何から手をつけていいのか、わからない」 「見積もりをとってDXプロジェクトが動き出したが、途中で頓挫した」etc… 

なぜ、日本企業のDXが失敗するのか。 
そこには大小いくつもの理由がありますが、最大の原因は「DXとはいったい何を指すのか」について、経営者やDX担当者が共通言語を持っていないことにあるのではないでしょうか。 

本書ではDXの定義から始まり、欧米や日本の数多くの企業の事例を紹介しながら、皆さんの会社のDXを推進するための考え方やフレームワークについてお伝えしていきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

1冊目に読みたい DXの教科書 (なるほど図解):荒瀬 光宏(著)

書籍情報

荒瀬 光宏(著)SBクリエイティブ(出版社)2022/10/6(発売日)192P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

DX(デジタルトランスフォーメーション)の基本から実現のプロセスまで
図解で本当によくわかる!

■本書のポイント
「DXとは何か?」「どうしてDXが必要なのか?」「日本のDXの現状は?」「必要なデジタル技術は?」「成功事例の特徴は?」「どうDXをすすめるべきか?」などのDXの気になる疑問にこの一冊ですべてお答えします!
80項目すべて、見開きで解説しているのでスキマ時間にさくさく読むことができます。
紙面の半分でフルカラーの図解をおこない、わかりやすさにこだわりました。

これから学ぶビジネスパーソンの「1冊目」として本当におすすめできる、DXの教科書です。
DXのエキスパート、株式会社デジタルトランスフォーメーション研究所 荒瀬光宏執筆!

■本書の対象読者
・DXとは何かしっかり理解したい人
・DXの成功事例を知りたい人
・DXを支えるデジタル技術を学びたい人
・組織のDX担当者や、DXに関わるみなさま
・DXを実現するプロセスや手法を知りたい人

基礎知識・デジタル技術・成功事例・戦略・実現のプロセス
ビジネスパーソンが知りたいDXの知識を1冊に凝縮!!

amzon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

実務担当者のためのビジネスプロセスDX実装ガイドブック:上田 剛(著)

書籍情報

上田 剛(著)東洋経済新報社(出版社)2023/5/24(発売日)288(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

70点超の図解によるわかりやすい説明! 
実際に作成したアウトプット例を掲載!
プログラミング知識がなくても大丈夫!

IGPIが実際に手がけた事例を元に解説する、DX実務書の決定版!

これを読めば、会社のDXを任されたその日から、やるべきことが具体的にわかる!!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

DXビジネスモデル 80事例に学ぶ利益を生み出す攻めの戦略:小野塚 征志(著)

書籍情報

小野塚 征志(著)インプレス(出版社)2022/5/19(発売日)272P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

■最先端のDX事例を完全図解!&ビジネスに落とし込むためのヒントが満載!

「DX」はトピックとしては広く浸透しました。
そのため、どんな事例があるか、どう取り組むか、どう経営に取り入れるかといった情報は語りつくされたといっても過言ではないでしょう。

しかし実情としては日常業務の自動化のことを「DX」と言っているだけというケースも多く、バズワード乗ってDXに取り組んだ企業は、そろそろその取り組みを評価するタイミングに差し掛かっているのではないでしょうか。

そういう状況にあって、DXによって収益化=マネタイズができている企業とそうでない企業は何が違うのか、そもそも変革できたのか、どこで差がついたのかというのは関心の高いテーマです。

そこで本書では、DXビジネスを「場を創造する」「非効率を解消する」「需給を拡大する」「収益機会を拡張する」の4つの軸でカテゴライズし、全80の先進事例を図解。
デジタルによってどうようにビジネスや業界に変革を起こし、収益をあげるのか、ビジネスモデルをひもときます。

amzon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のDX(デジタル・トランスフォーメーション)の本

近日発売予定や最近発売された最新のDX本を、発売日が新しい順に紹介します。

5月に発売されるDXの関連書籍は見つかっていません。

インプラント YEARBOOK 2024 インプラント治療におけるDX 臨床応用の現状・課題・近未来展望:公益社団法人 日本口腔 インプラント学会(監修)

書籍情報

公益社団法人 日本口腔 インプラント学会(監修)クインテッセンス出版(出版社)2024/4/10(発売日)320(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

本書は、インプラント販売企業23社の協力を得て、各社が扱うオススメ製品の紹介欄と、それらを著名な臨床家たちが実際に用いた臨床欄から成る「最新インプラントシステムの特長および臨床応用」で構成されている。

また、巻頭には「インプラント治療におけるDX ─臨床応用の現状・課題・近未来展望─」と題した特集を掲載し、インプラント治療の臨床と知識という両方向のレベルアップを図ることができる1冊となっている。

amazon.co.jp書籍情報より引用

教育「変革」の時代の羅針盤 「教育DX×個別最適な学び」の光と影:石井英真(著)

書籍情報

石井英真(著)教育出版(出版社)2024/4/4(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

社会や学校の構造変容――。
既存の枠組みを生かした「改善」「改革」に加えて、日本の学校の基盤となるルールや制度的・組織的枠組みやシステムをゼロベースで見直す「変革(transformation)」への志向が強まっている。

教育「変革」政策の光と影を見極めて、「日本型学校教育」の再構築につなげる道筋について論じる。

amazon.co.jp書籍情報より引用

DX Ready 基幹システム刷新術:小野 里樹, 鈴木 庸介(著)

書籍情報

小野 里樹, 鈴木 庸介(著)日経BP(出版社)2024/2/29(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

★DXのカギは基幹システム
★大手メーカーで実績のある改修方法論が登場


経済産業省が2018年に出した「DXレポート」では、既存の基幹システムがDXを阻害すると指摘しています。
同レポートの発表からすでに約6年たっていますが、「当社の基幹システムはDX Ready(DXの準備が整った状態)だ」と胸を張れる会社は少ないように思います。

その主因として、欧米の手法を参考にできないことが大きいと思います。
これまで日本企業のITは欧米で生まれた手法を取り入れてきましたが、基幹システムのDX Readyに関してはそうはいきません。
なぜなら欧米と違って多くの日本企業の基幹システムはスクラッチ開発しているからです。
欧米の手法を参考にできないので、国内で手法を確立しないといけません。

DXレポートから約6年たち、ようやく実績のある手法が生み出されました。
既に大手メーカーで導入され、そこでの実績を方法論としてまとめたものが本書になります。
筆者は、基幹システムの改修を主導した大手メーカーの情報部門(子会社)と富士通のエンジニアです。
なお本書のDX Readyとは、「基幹システムがシンプル・スリムで、かつ、データ品質が保たれている状態」と定義しています。

著者らが開発した方法論の特徴は、「データマネジメント」の考え方を取り入れていることです。
基幹システムを更新する際、プログラムに着目することが多いのですが、筆者らは「DXで成果を出すにはデータに注目しないとうまくいかない」と経験的に気付き、データマネジメントを取り入れたのです。

基幹システムのDX Readyで悩ましいのは、その成果が経営層には分かりづらいことです。
経営的な成果は個々のDX案件で生み出され、基幹システムのDX Readyはその準備に過ぎません。
本書では、成果の分かりづらい基幹系刷新企画をいかにして決裁してもらうのか、その方法の解説にも多くのページを割いています。

基幹システムの担当エンジニア・管理者にとって、待望の書と言えるでしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

小さなお店のDX導入&お店創りストーリー モヤモヤ業務がスッキリする:宮本ヒロシ(著)

書籍情報

宮本ヒロシ(著)同友館(出版社)2024/2/7(発売日)200(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

“小さなお店の困りごと、お金をかけずに解決します”

忙しくて注文の電話に出られない、来店客のフォローが出来ず常連さんになってもらえない、必要以上に在庫を作り過ぎ、アルバイトが集まずシフトが地獄…などなど、よくある飲食店の困りごとをDXで解決!

人気カフェチェーンの経営経験がある飲食店コンサルタントがDX活用のストーリーを語り、「攻め」と「守り」、2つの視点からDX活用のポイントを解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

学校DXと「個に応じた学習」の展開 次期指導要領改訂を視野に入れた「学習モデル」へトランスフォームする:加藤幸次(著)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

IT技術を利活用して、子ども一人ひとりの主体的・創造的な学習を保証する、教育DX時代の教育モデル「個に応じた学習」について豊富な事例を挙げ詳述。

教育DX時代に対応する新しい学習モデルを提示する画期的な書!

amazon.co.jp書籍情報より引用

DX初心者向け

DX初心者向けの本を、発売日が新しい順に紹介します。

イラストでわかる! DXで変わる100の景色:森戸裕一(監修)

書籍情報

森戸 裕一(監修)池田書店(出版社)2023/8/28(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

DXという言葉は聞いたことがあっても、具体的なイメージがわかない人は多いでしょう。
本書ではDXで、「どうすればよいか」がわかるように100の事例を紹介しています。

DX推進で「どう変わるのか」=「見える景色」として、イメージしやすいようDX推進前後の状況をイラストで掲載。
推進の方法、メリットなども解説しています

ただ事例を紹介するだけでなく、これらの事例を通じて、「そもそもDXとは何か」ということが具体的に理解できる1冊となっています。

本書では、各事例に「DXを推進した背景」と「DXの成果」の載せることで、何を「目的」としており、DX推進で何が「変革」されるのかを具体的に解説しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

マンガでわかる DX:小峰弘雅ほか(著)

書籍情報

小峰弘雅 , 岡田陽介 , 柴山吉報(著)松尾豊(監修)おうみ(イラスト)SBクリエイティブ(出版社)2023/8/5(発売日)160(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

松尾豊氏監修! DXをマンガでやさしく解説!

「DXとはデジタル技術を使って新しい価値を生み出すことです。」
「今までビジネスは”利益を最大化”することが求められてきました。これからはデジタルで”速さを最大化”する時代がやってきているのです。」

DXっていまいち分からない……
そんなあなたへ「今からDX始めるにはどうすればいいのか」をマンガでやさしく解説。

・”デジタル”はなぜ重要なのか?
・DXの目的である「新しい価値を生み出す」とはどういうことか?
・まず自分たちは何からはじめればいいのか?
・プロジェクトを成功させるために必要なことは?
・どうやって活動を拡大していけばいいのか

よくある疑問やDXを実践するために必要なノウハウまで1冊でしっかりわかる。
あなたもDXの実態を正しく知って実務に生かしましょう。

amzon.co.jp書籍情報より引用

今さら聞けない DX用語まるわかり辞典デラックス:ウイングアーク1s t 株式会社「データのじかん」編集部(編集)

書籍情報

ウイングアーク1s t 株式会社「データのじかん」編集部(編集)トツカケイスケ(イラスト)左右社(出版社)2023/4/5(発売日)176P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

最新のビジネス用語がわからない新社会人、DXを推進したい管理職へーー
4コマ漫画で楽しく・短く・知れる!DXにまつわるビジネス用語辞典!

どの企業もいち早くDXを推進せねばと焦っている昨今、DX関連書籍は多数あるものの、経営陣やDX担当者向けの専門的な内容が多く、実際の現場社員にはとっつきにくいものばかり......。
その結果、経営者やDX導入担当者、現場の社員たちとの間で DXに対する理解度に大きな乖離が起こってしまっています。

そんな現場社員と経営者の意識のずれを埋めるために作ったのが、本書です。

「DXって何? デラックスの略じゃないよね?」
そんな方にこそ、DX(デジタル・トランスフォーメーション)を知る最初の一歩にピッタリかもしれません。

全ページオールカラー・4コマ漫画付きなので、難しいビジネス用語も楽しく理解できちゃいます!

amzon.co.jp書籍情報より引用

DX時代の成功事例がゼロからわかる! 使えるビジネスモデル見るだけノート:平野 敦士 カール(著)

書籍情報

平野 敦士 カール(著)宝島社(出版社)2023/3/17(発売日)192P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ビジネスモデルの基本をイラスト図解で学べる新刊が、累計162万部突破の大人気「見るだけノート」シリーズに登場。

2018年以降、株価の急騰が契機となり高い関心を集めていたGAFA、ネットフリックスといった新時代のビジネスモデルも、その後5年間の社会情勢にともない、大きな変化を遂げました。

本書は、DX時代の成功事例がゼロから理解できる最新版ビジネスモデルの入門書です。

amzon.co.jp書籍情報より引用

DX推進するビジネスパーソン向け

DX推進するビジネスパーソン向けの本を、発売日が新しい順に紹介します。

DX沼からの脱出大作戦:今木 智隆(著)

書籍情報

今木 智隆(著)ダイヤモンド社(出版社)2024/2/28(発売日)200(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

数億円のデータ分析でわかったのは、アホでも知ってる常識!? 
トホホな徒労で疲弊するデジタル現場への処方箋。
カリスマコンサルが教える、失敗するDX、成功するDX。

本書では、さまざまなデジタルの「あるある」失敗事例を挙げながら、なぜそうなってしまうのか、どうしたら問題を解決できるのかをわかりやすく丁寧に解説していきます。

ECサイトやSNSの運営に携わっている現場の方、デジタル広告やデジタルマーケティングに関わっている現場の方はぜひご一読ください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

新版 BtoBマーケティング―DX時代の成長シナリオ:余田 拓郎(著)

書籍情報

余田 拓郎(著)東洋経済新報社(出版社)2023/7/5(発売日)288P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

BtoC(一般消費者向け)とは異なる企業間取引ならではの戦略論理の全体像を解説

「低い利益率、価格競争からいかにして抜け出すのか?」
「DX時代における効率的な顧客開拓や、既存顧客との関係強化のあり方とは?」

日本企業の売上高利益率は、この半世紀にわたりほぼ一貫して低下してきた。
しかし技術力では、いまだ優位に立つ業界が数多く存在する。
日本のBtoB企業が抱える課題は、技術の高さが利益に結びつかないところにある。
言い換えれば、顧客が高い価値として認識していない(=WTP[支払意思額]が低い)ということである。

ここからどのようにして脱却したらよいのか。
本書では、BtoB(企業間取引)ならではの戦略論理の全体像を提案する。
具体的には、①マーケティングの可能性を最大限引き出すこと、②WTPを高め、かつ効率的にマーケティングを展開すること、③マーケティング革新を通じて持続的な成長をもたらすこと、の3点が実現できることをめざす。

BtoBマーケティング研究の第一人者によるロングセラー、DX時代の状況も反映して12年ぶりに大改訂。

amzon.co.jp書籍情報より引用

DX失敗学 なぜ成果を生まないのか:佐伯 徹(著)

書籍情報

佐伯 徹(著)日経BP(出版社)2023/6/8(発売日)184P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

DX(デジタルトランスフォーメーション)で失敗している企業は多い。
DXに取り組むよう会社から言われたものの、どうしたらいいのか悩んでいたり、取り組みを始めたがうまくいくのか自信がないという人もたくさんいるだろう。

筆者はIT関連の開発に長年携わっており、「失敗学」にも多くの経験を持つ。
そこから生み出した失敗の真因を究明するためのツール「ITプロジェクト版失敗原因マンダラ図」は関西IBMユーザー研究会で最優秀賞を受賞している。

本書ではこのマンダラ図を使って過去のDXプロジェクトの失敗事例を分析し、真因を追究している。

amzon.co.jp書籍情報より引用

DX事例

DX事例についての本を、発売日が新しい順に紹介します。

パーカーを着た税理士たちが、DXで世界を変える!:朝倉歩(著)

書籍情報

朝倉歩(著)士業専門誌『FIVE STAR MAGAZINE』(監修)青春出版社(出版社)2023/12/21(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

税理士はいま、最もエキサイティングな職業だ!
業界内で“DXといえばサン共同”といわれる改革で、急成長している税理士事務所がその秘密をあますことなく公開する。

すべてをIT化し業務の最大効率化をはかることで、働きやすさを実現。
どんな属性の人でも活躍できる環境が、結果的に事務所の力を大きくし、クライアントの満足度をあげ、ゆくゆくは社会全体が変わっていく。
そんな世界に向けての税理士事務所改革を、いまこそ学んでほしい。

amazon.co.jp書籍情報より引用

DXの基礎知識 具体的なデジタル変革事例と方法論:山本 修一郎(著)

書籍情報

山本 修一郎(著)近代科学社(出版社)2023/12/4(発売日)254(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

本書の主題は、DXを理解して、ビジネス変革を先導できるデジタル企業をどのように実現するかということです。
経済産業省の委員会がまとめた「DX(Digital Transformation)レポート」と「DX推進指標」はあくまで一般論にとどまっているため、それらのガイドラインと現場を繋ぎ、DXを具体化するための方法論が必要とされています。

本書では、まずDXの背景と基本的な用語、ガイドラインの要点を解説し、続いてDXの課題や国内外の具体的な事例を多数紹介します。
さらに、実際にDXを進める際に有効ないくつかの手法と、それらの現場での活用方法を解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

DX デジタルトランスフォーメーション事例100選:鈴木 淳一(著, 監修)

書籍情報

鈴木 淳一(著, 監修)エヌ・ティー・エス(出版社)2023/11/13(発売日)916(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

◆事業変革を考える方や、新事業の創出を追求する方などに贈る、DX事例100選!
◆DXの先進企業が執筆、12分野の業界を網羅!!

流通・小売:買う楽しさを追求するデジタル技術
製造:デジタルを活用した業務革新
研究開発:デジタルを利用した新しいビジネスへの取り組み
土木:BIM・CIMを活用した効率化、高度化
エンターテイメント・スポーツ:楽しさを演出する技術
ほか金融・不動産・物流・行政・自治体・公共・農業・水産・教育・医療・ヘルスケアなど

人々の価値観を覆し新たな生活スタイルをもたらすような製品やサービスが次々と生まれるなど、環境が大きく変わりつつある現代。

既存の業界・企業が生き残るためには、いわゆる「デジタル化」ではない「DX(デジタルトランスフォーメーション)」の推進と変革、すなわちデータとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立することが不可欠かつ急務である。

本書は、当分野の第一線の執筆陣150名が、DXの本質とその目的をはじめ、12業種におけるDXの100以上もの応用・事例をメインに紹介・解説した、実用に大きく役立つまたとない1冊である。

新しいビジネスの創出や、ビジネスモデルや組織・業務の変革、効率化などを考えている方、それらに携わる方などに。

amazon.co.jp書籍情報より引用

2桁成長を取り戻す デジタルリメイク経営 コンサル会社が実践したリアルDXストーリー:柳楽仁史ほか(著)

書籍情報

柳楽仁史 , 清尾修 , 小平勝也(著)PHPエディターズ・グループ(出版社)2023/9/30(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

船井総研グループがリアルに実践 
成長率130%を実現した11の戦略を公開 

成熟企業・業界も、デジタル化で2桁成長を取り戻せる 
創業時から大切にしてきた“財産”を再び成長軌道に乗せる 
【期間限定公開】24社の成功事例無料ダウンロード付き

<本書で紹介している戦略> 
【戦略1】事業モデル――「再成長軌道に乗せる」 
【戦略2】デジタル企業のM&A――「“一発逆転”の非常識DX」 
【戦略3】企業ブランド――「企業としての魅力を高める」 
【戦略4】バックオフィス――「時間を創出する」 
【戦略5】顧客接点――「利便性を上げる」 
【戦略6】マーケティングプロセス――「リードを増やす」 
【戦略7】経営管理――「数字に基づいた素早い判断」 
【戦略8】アナログ文系社員――「デジタル人材化する」 
【戦略9】ChatGPT――「実務に取り入れて生産性向上」 
【戦略10】レガシーシステム――「失敗しないリプレイス」 
【戦略11】経営者――「苦手克服がすべての戦略の出発点」 

業績/生産性/ブランド力/採用/リスキリング/新規事業開発……etc. 
祖業のデジタルリメイクであらゆる経営課題は解決できる!

amazon.co.jp書籍情報より引用

バーコード/RFIDの活用と医療DX:美代 賢吾(監修)

書籍情報

美代 賢吾(監修)一般社団法人 医療材料統合流通研究会(編集)篠原出版新社(出版社)2023/8/30(発売日)204(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

医療DXの一環として、これからバーコード/RFIDの活用を検討しよう、活用を始めてみたい、という医療機関に向けた内容で構成されている

amazon.co.jp書籍情報より引用

ICT導入から始める介護施設のDX入門ガイド:竹下康平(著)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

介護施設のDX化に欠かせないICTについて、導入方法にとどまらず、導入後にどのように運用していけばよいかまでを徹底的に解説している入門書。

さらに、科学的介護(LIFE)を施設で活用するための取り組み方も解説。

・DX推進に必要なICTの活用方法、機器選定のポイントを掲載。自分の施設に適した取り組みができる。
・ICT導入にあたって取り組みたい組織・体制づくりから情報管理等の運用方法まで、ICT化するステップ毎に具体的な方法がわかる。
・12の活用事例を紹介。導入後の成功イメージを具体的につかめる。
・科学的介護(LIFE)の具体的な取組みがわかる。

amzon.co.jp書籍情報より引用

ナイキ 最強のDX戦略:白土 孝(著)

書籍情報

白土 孝(著)祥伝社(出版社)2022/4/28(発売日)304P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

グローバルに展開するスポーツブランド、ナイキ(Nike, Inc.)。
1964年に「ブルーリボンスポーツ社」として、わずか1000ドルの資金で出発した同社は、いまや売上高445億3800万ドル(2021年度決算。
日本円で約5兆1200億円)、株式時価総額2240億ドル(2022年2月15日。同約25兆7600億円)の巨大企業に成長した。

もちろん、その歩みは順風満帆ではなく、危機に見舞われてもいる。
しかしナイキは、その危機を乗り越えてきた。

今般のコロナ禍も、そうした危機に変わりはないが、同社はコロナという逆風下、新しいビジネスの形を構築し、成長を続けた。そのカギがDX(デジタル・トランスフォーメーション)である。

ナイキはコロナ危機をどう乗り越えたのか。
DXをどのように導入し、売上と利益を伸ばしつづけたのか。
“ナイキ研究"の第一人者が、ナイキという企業の卓越したビジネスモデルと経営戦略をつぶさに解説し、デジタル時代の経営戦略とビジネスのあり方について多くのヒントを提供する。

amzon.co.jp書籍情報より引用

DX戦記 ゼロから挑んだデジタル経営改革ストーリー:中西 聖(著)

書籍情報

中西 聖(著)幻冬舎(出版社)2022/12/27(発売日)200P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

紙ありき、無駄な残業、膨れ上がる営業コスト…… 
非効率極まりないアナログだらけの日常から脱却せよ! 

課題山積の不動産会社はいかにして
「不動産×IT」のハイブリッド企業に進化したのか? 

「失敗することでしか前進する道は切り拓けない――」 
知識なし、経験なしで真っ向から挑んだDXの軌跡

デジタル化の遅れが顕著な不動産業界において著者はアナログ中心の現状に疑問と危機感を抱いていた。

著者が代表取締役を務めるプロパティエージェントは、不動産開発販売事業のほかにDX事業やシステム受託開発事業を手掛けており、早くから稟議や商談、契約書の電子化など自社のDXにも力を入れてきた。 

現在の日本ではDX責任者がまだ十分に育っていないため中小企業ではDX推進の責任者をおくこと自体が難しく、中堅企業でもDXに取り組んでいない会社は多い。
またDXに取り組んでいたとしても「コストばかりかさむ」といった課題に直面し、「どうしたらいいか分からない」と悩みを抱えている企業も多い。
このほか、電子化すること自体が目的になってしまい、「経営効率を高める」というDX本来の目的を達成できていない事例も多いと著者は指摘する。 

本書では著者自身が自社のDXを進めた過程を時系列でたどり、失敗や成功、課題についてまとめることでデジタル化の過程を明示していく。

そのうえで著者が経験から得た知見やノウハウをもとに、DXの必要性を伝え、多くの企業が陥りがちな課題や落とし穴についての解決方法を提示する。 

amzon.co.jp書籍情報より引用

DX経営・戦略立案

DX経営・戦略立案についての本を、発売日が新しい順に紹介します。

DX戦略の成功メソッド 取り除くべき障壁は何か:奥村 格ほか(著)

書籍情報

奥村 格, 武政 大貴(著)戦略総合研究所(監修)ダイヤモンド社(出版社)2023/12/13(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

チームコンサルティングメソッドにおける現状認識フェーズの必要性を繰り返し説いていく。

DX におけるビジョン・戦略策定の重要性を、タナベコンサルティングの戦略フレーム、事例とともに解説!

amazon.co.jp書籍情報より引用

デジタルを一旦忘れると見えてくる新しいDX:白木幹二(著)

書籍情報

白木幹二(著)日本橋出版合同会社(出版社)2023/11/27(発売日)212(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

DX(デジタルトランスフォーメーション)について、経済産業省が2018年に「DXレポート」を出してから数年が経ち、日本の各方面で一つのムーブメントになっています。

反面、DXに着手した企業からは・・・
「何から手をつけていいのか、わからない」
「プロジェクトは動き出したが、PoCでとん挫した」など、苦しい声が聞かれます。
また、「経営者がデジタルに弱い」とか「経営者のコミットメントがない」などの「経営者」の在り方に対する「声」も聞こえてきます。

その理由の一つとして、世間のDXに関わる情報の多くが、「デジタル業界の専門家」によって発信されていることが上げられます。
その結果、「デジタル・ソリューション」(デジタル手段の導入)が結論になっており、デジタルの経験が少ない方々には余計に分かりにくくなっているようにも感じられます。

本書では、一旦「デジタル」を忘れて、基本的な「経営視点に立つ」と言う基本に立ち返り、「経営」と「業務」の側面からDXを捉えなおして、「DXの何故」を明確にしながら、これから進むべき方向について提言を行っています。

DXへの理解を深めたいと思っている経営者や、経営層への説明に手を焼いている経営企画部門の担当者の皆さんにとって、DXを見直す切っ掛けとなる1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

DXの大前提 エンタープライズアーキテクチャのセオリー:中山嘉之(著)

書籍情報

中山嘉之(著)リックテレコム(出版社)2023/10/16(発売日)336(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

◆◆ DXへ向けてEAを大胆に転換せよ! ◆◆

「伝説の情シス部長」と呼ばれ、日本を代表するITアーキテクトの一人である著者が、今度はDXの実現へ向けて、如何にEAの舵を切るべきかを示唆します。

本書はまず、DXがもたらすビジネス環境の変化を踏まえ、今後のEAのあるべき姿を明らかにします。
その上で、「データHUBソリューション」を活用して、どのようにEAを転換すべきかを実践的に解説。
データHUBの進化形である「サービスHUB」にも言及しました。

さらに本書終盤では、DX時代に適合するIT組織やIT人材について述べています。

◆想定読者
本書は、企業のCIO(最高情報責任者)やIT部門長、ITアーキテクトをコア読者に想定しています。

特に、旧くなった大規模システムの再構築を控えている企業をはじめ、経営層から「DX推進」の命題を与えられIT戦略の立案に携わっている方々、また、将来の企業システムに漠然とした不安をお持ちのユーザ企業及びベンダのIT従事者など、トップ層から現場SEまで幅広い層のお役に立つはずです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

デジタル・フロンティア 米中に日本企業が勝つための「東南アジア発・新しいDX戦略」

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

デジタル・フロンティア(DXの最前線)は東南アジアにある!
アメリカや中国のように規模を追うのではなく、「半径5kmの問題解決」を目指せ。
 

今、シンガポールやインドネシア、タイといった東南アジア諸国でユニークなDXが進みつつある。

配車アプリからスタートし、今や遠隔医療にまで手を伸ばすインドネシアの「ゴジェック」
国を移動してもそのまま使用可能。東南アジアでシームレスなサービスを提供するマレーシアの「グラブ」
アジア全域の交通問題をITで改革しつつあるシンガポールの「SWAT Mobility」
タイで農業の効率化を図る「リッスンフィールド」 等

これらの企業は単に便利なサービスを提供するだけでなく、物流や医療など、地域の問題をITの力で解決しつつある。
そのため、GAFAMなどと違って地域社会と無理なく共存しているのが特徴だ。

そしてこれこそが、少子高齢化や過疎化、既得権益のしがらみなどで身動きが取れなくなっている日本にとって、現状を打破するための極めて大きなヒントとなるのだ。

本書はシンガポール在住で現地を知り尽くすコンサルタントがこの東南アジアの「半径5kmの問題解決」を紹介するとともに、それをどう日本のDXに活かすかまでを解説する。
新しい時代のDXの形がここにある。

amazon.co.jp書籍情報より引用

DX時代のデータマネジメント大全 DX、データドリブン経営、データ利活用から理解する:大川 真輝(著)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

なぜ進まないのか、その理由と対策がわかる。
外資系コンサルが体系的に解き明かす。


DXはシステムを入れて終わりではなく、継続的なものでなければなりません。
いくら投資しても継続的に運用できなければ、その効果は得られません。
そのためには、まずDXにおける自社の現在地を認識し、設定したゴールまでの道筋を作る必要があります。

本書は、そのために必要なデータマネジメントの知識を体系的にまとめた入門書です。

DXにおけるデータドリブン経営の本質、データの利活用、そしてデータマネジメントの戦略からアーキテクチャ、品質管理、セキュリティといった構成要素まで、データマネジメントの全体像がつかめます。

難しい専門用語はなるべく避け、わかりやすく図解し、データマネジメントの予備知識を持ってない方にも理解できるように、基礎知識と概念を包括的に解説しています。

事前に知っておくべきポイントが学べる、DXに関わるすべての人必携の一冊です。

amzon.co.jp書籍情報より引用

DXリスクマネジメント: DX成功のマインドと戦略的アプローチ:大茂 幸子(著)

書籍情報

大茂 幸子(著)東洋経済新報社(出版社)2022/11/25(発売日)176P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

今こそDXを再点検する

最大のリスクは「何もしないこと」

「DXの本質とは何か」「組織としてどう対応すべきか」
経営者必携の一冊!

サイバー攻撃による被害 < DX投資をしない機会損失

セキュリティのリスクを恐れて、DXの取り組みを先送りするような判断を下せば、
「デジタル・ディスラプション」に対応できず、はるかに大きな経営リスクを招く 

DXの成功に向けて、経営トップは、健全なリスクテイクを遂行していく必要があります。
DXによりもたらされる利益と損失の可能性を見極め、戦略的にリスクを受け入れるための活動 
―― それが「DXリスクマネジメント」です。

amzon.co.jp書籍情報より引用

DX人材育成、デジタル人材育成

DX人材育成、デジタル人材育成についての本を、発売日が新しい順に紹介します。

DX人材の育て方 ビジネス発想を持った上流エンジニアを養成する:岸 和良ほか(著)

書籍情報

岸 和良, 杉山 辰彦, 稲留 隆之, 中川 邦昭, 辻本 憲一郎(著)翔泳社(出版社)2022/4/15(発売日)306P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

「データ」「デジタル」「ビジネスの仕掛け」を考えて、デジタル戦略を創り上げる、DX人材の育て方についての答えがここにある。

【本書のポイント】
・DX人材を取り巻く状況・必要とされる理由がわかる
・DX人材の特徴・役割ごとの育成方法を知ることができる
・自社の研修にも取り入れることができるノウハウが満載
・育成現場の現状を知ることができる

【こんな人におすすめ】
・DX人材を増やしたい経営・人事担当者
・DX人材を部下に持つ管理職の方
・DX人材と企業の関わりについて知りたい方

【内容紹介】
IT企業はもちろん製造業や金融業などあらゆる業界において、DX関連の知識・スキルを有するDX人材の確保に注力する企業が増えています。
しかし、「DX」という言葉だけが独り歩きしていることもあり、具体的にどのような能力を備えた人材をどのように育てれば良いのかわかりかねているのが実情です。

今後DX人材を育成しなければならない、と思っていても、具体的にどのように育成すればいいのか、DX人材が社内でどのような役割を担うのか、漠然としていてつかみにくいかもしれません。

本書では、DX人材の役割から、育成現場の現状、具体的な育成方法や研修マニュアルまでを詳細に解説。
実際に社内の潜在的DX人材を発掘・育成して成果を上げている著者により、DX人材を取り巻く環境・全体像と具体的な育成方法をまとめて知ることができる1冊です。

amzon.co.jp書籍情報より引用

DX開発者向け

DX開発者向けの本を、発売日が新しい順に紹介します。

DXを成功に導くマスターデータマネジメント データ資産を管理する実践的な知識とプロセス43:伊藤洋一(著)

書籍情報

データ総研 伊藤洋一(著)翔泳社(出版社)2024/1/26(発売日)236(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

DX担当者の必携書! データを資産として活用し、育てるために必要なこととは?

本書は、データ活用に欠かせないマスターデータマネジメントについて述べています。

データ活用基盤の構築やシステム再構築では、業務横断で活用する共通マスターの設計が必ず求められます。その共通マスターにもシステム開発が伴いますが、その際、業務部門が主体となって業務要件定義を行う必要があります。

しかも全業務部門と調整・交渉をしながら業務要件を固めていく必要があるため、合意形成が非常に難しくなります。一方、IT人材不足を背景に進む「内製化」の波が、この業務に携わる社員の育成を難しくしています。

そこで本書では、内製化を前提に共通マスターをきちんと設計し、マネジメントできるようになるための実践的な方法を紹介しています。

DXを推進・成功させるために多くの企業を支援してきた専門家がそのノウハウを惜しみなく提供し、「データ駆動型経営」を絵に描いた餅にしないためにはどうすればいいのか、現場の担当者向けに「実現できる内容」で詳しく説明しています。

【本書の想定読者】
・マスターデータの業務要件を決める業務部門の責任者
・マスターデータを設計するIT部門のエンジニア
・マスターデータマネジメントの組織を立ち上げて推進するリーダー

amazon.co.jp書籍情報より引用

著者・出版社ポスト

企業に変革をもたらす DX成功への最強プロセス:小国 幸司(著)

書籍情報

小国 幸司(著)幻冬舎(出版社)2023/8/17(発売日)200(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

目的の明確化、課題抽出、ワークフローの細分化…… 
泥臭い工程を踏んだフローと戦略策定でDXを成功へと導く! 

システムの導入だけではない効果を最大化するDX実現のポイントをICT活用の提案・実行支援のプロフェッショナルが解説

本書は、著者がこれまでDXに取り組んだ企業の事例をベースに、成功させるために必要な工程やその手法を詳しく解説したものです。

業務の効率化、生産性向上を期してDXを検討する経営者、担当者へ向けて、後悔しないDXの手引きとなる一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

企画立案からシステム開発まで 本当に使えるDXプロジェクトの教科書:下田 幸祐ほか(著)

書籍情報

下田 幸祐, 飯田 哲也(著)日経BP(出版社)2020/3/26(発売日)184P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

自社ビジネスの変革を目指して多くの企業が取り組むDX(デジタルトランスフォーメーション)。
プロジェクトを成功させて成果を上げる企業が現れている一方で、苦戦している企業も少なくありません。
「PoC(概念実証)ばかりで具体的な成果が出ない」「手掛けているのは一部の部門だけで、全社的な取り組みにつながらない」という声も多く聞かれます。

 AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)といったデジタル技術を用いて新たなサービスを生み出したり、既存事業の収益構造を変革したりするには、従来の業務システム開発とは異なるノウハウが必要です。

 本書は、複数企業のDXプロジェクトの運営を手掛けてきた筆者が、DXプロジェクトをうまく進めるためのノウハウを豊富な経験を基に解説します。

DXプロジェクトは従来型の基幹系システムの開発とどう違うのか、DXプロジェクトではどんなプロセスが必要になるのかなどを体系立てて解説。
何をつくるのかを決める構想フェーズや実現性検証のためのPoC、要件定義、設計など、DXプロジェクトを実践するときのプロセスを分かりやすく解説します。

 サービスを開発、活用するユーザー企業側の方、ユーザー企業と共にシステム開発などを請け負うSI企業やシステム開発会社の方、両方の立場の方に役立つようにまとめています。
企画担当者やプロジェクトマネジャー、エンジニアなどDXプロジェクトに取り組むすべての人に必携の一冊です。

 イメージがわきやすいよう、具体的な例を挙げて解説しているので、実際にDXプロジェクトを進める上で役立つノウハウが満載です。
ぜひご活用ください。

amzon.co.jp書籍情報より引用

自治体DX

自治体DXについての本を、発売日が新しい順に紹介します。

DXで変える・変わる自治体の「新しい仕事の仕方」:高橋 邦夫(著)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

自治体のDX推進に必要なICT ツール導入のビジョンや活用上の留意点を解説。

DX 時代の「新しい仕事の仕方」がわかる! 

多様な課題に柔軟に対応できる業務環境を構築するために、自治体のDX推進 による業務改善の考え方や効果を解説し「新しい仕事の仕方」を提示する。

よくある失敗例をもとに成功のポイントを示すとともに、DX 推進に欠かせない情報セキュリティについても解説する。

amzon.co.jp書籍情報より引用

中堅・中小企業DX

中堅・中小企業DXについての本を、発売日が新しい順に紹介します。

給料ゼロ円で24時間働くバックオフィスDX:劉 桂栄(著)

書籍情報

劉 桂栄(著)マネジメント社(出版社)2024/1/22(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

本書は、DX化で企業の「人事・労務・総務・経理」が一元化できるという画期的な内容である。

バックオフィスをDX化することにより、優秀な人材を不毛な業務から解放し、より収益を生むビジネス分野に投入できる。
DX化は中小企業にとってもメリットが大きいことを具体的に示した。

この本を読めば、バックオフィスやAIに対する考え方も大きく変わるだろう。

1. 中小企業のDX化は国が政策として進めている
2.DX化によって年間数億円から数十億円のコストが削減できる
3.DX化は中小企業にとってもメリットは大きい

amazon.co.jp書籍情報より引用

中小製造業のDX入門:藤川裕晃(著)

書籍情報

藤川裕晃(著)同友館(出版社)2023/8/28(発売日)220(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

デジタル化はお金があればどんな企業も形態的には達成可能だ。
しかし、DX化ではデジタル機器は主役ではない。
本書で紹介する事例はデジタル機器購入に掛かった費用は微々たるものである。
中小企業にも手が出せる金額であり、しかもDX化補助金を使えばなんのことなくDX化ができる。

いちばん重要なことは、その企業がライバルと差別化して生き残るためにはどんな問題を抱えているか、それらの問題のどれが真因で、その真因を解決する糸口はどうすることかを解き明かすことである。
具体的にIoTをどこに置き、何に繋いでデータを吸い上げるのか、はたまた、収集したデータをどう料理して真因の解決に繋げる意思決定を導き出すかのシナリオとシステム設計がなくてはいけない。

本書は、著者と法政大学専門職大学院の学生達が関与した事例を挙げ、製造業のオペレーションに的を絞った手法を提案し、企業の経営戦略との関係および生産システム構築の具体的方法を述べる。

amazon.co.jp書籍情報より引用

90日で業績アップを実現する「ローコードDX」:船井総合研究所(著)

書籍情報

船井総合研究所(著)クロスメディア・パブリッシング(インプレス)(出版社)2023/7/14(発売日)272P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

◉いまDXに取り組むことが、これから10年の命運を分ける◉ 

本書は、50年以上にわたり数多くの中堅・中小企業の業績アップコンサルティングを行ってきた「船井総合研究所」による、90日間で中堅・中小企業グロースのためのDXの実践書です。 

現在のIT業界の目がトレンドでもある「ローコード・ノーコード」について触れながら、特に中堅・中小企業の業績アップに最適な「Zoho」を活用したデジタル変革(DX)について解説していきます。 

また、本書では実際にZohoを活用することで業績アップを実現した事例として、次のような企業ケースを多数掲載しています。
自動車販売店/歯科/不動産/法律事務所/町工場/商社/物流会社/食品メーカー/Web制作会社など 

「企業の業績アップ」に真剣に向き合いたい。そんな悩みを持つ方にお読みいただけると幸いです。

amzon.co.jp書籍情報より引用

デジタル人材がいない中小企業のためのDX入門:長尾 一洋(著)

書籍情報

長尾 一洋(著)KADOKAWA(出版社)2022/10/20(発売日)234(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

ノウハウ・予算・専門知識がなくても実行できる8つの戦略!

改正電子帳簿保存法が2024年1月より完全施行となり、2023年10月からは「インボイス制度」もスタートする中で、中小企業においても、DXの流れは「待ったなし!」の状況に。
ただし、デジタル人材もおらず、資金的にも余裕がない中小企業は多いはず。

本書では、AI導入、業務改善、顧客管理、テレワークなど……中小企業でも今すぐ実現できるDX戦略を紹介します!

改正電子帳簿保存法の対策から、経費精算などの業務プロセス効率化、会わずに売れる営業モデルの確立、外部人材を活用した組織づくりまで……9000社以上の中小企業を支援してきたトップコンサルタントが教える、経営者・リーダーが知っておくべきデジタル活用のすべて!

amazon.co.jp書籍情報より引用

中堅・中小企業のための「DX」実践講座:船井総合研究所 デジタルイノベーションラボ(著)

書籍情報

船井総合研究所 デジタルイノベーションラボ(著)日本実業出版社(出版社)2021/8/6(発売日)272P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

あらゆる業種・業界でDX(デジタルトランスフォーメーション)への期待は高まっているが、実際にDX導入がうまくいっているケースは少ない。
なぜなら、デジタル化を進める際に、必ず立ちはだかる大きな壁が存在するからだ。

たとえば、
・全体最適の視点でデジタルツールの導入を検討できていない……
・部署によって導入されているシステムがバラバラでデータの連携ができていない……
・DXを推進する中心人物が不在だったり、いても権限が与えられていない……
・目的が明確でなく、DXそのものが目的になってしまっている……
などなど。

本書では、著者が実際のコンサルティングで活用している独自の「DXジャーニーマップ」を中心に、導入にあたっての考え方、導入計画の作成方法、導入プロセスの進め方など、失敗しないDXプロジェクトの進め方を具体的に解説する。

DXをテーマとした書籍の多くが大企業や有名企業の事例をもとに解説しているのに対し、本書では、業績向上・生産性向上にフォーカスし、業種ごとに中堅・中小企業のDXジャーニーマップの例をあげるなど、自社への導入イメージがつかみやすい内容となっている。

amzon.co.jp書籍情報より引用

製品開発・生産・物流DX

製品開発・生産・物流DXについての本を、発売日が新しい順に紹介します。

製造業DX EU/ドイツに学ぶ最新デジタル戦略:福本 勲(著)

書籍情報

福本 勲(著)近代科学社(出版社)2024/1/26(発売日)180(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

日本を代表する産業である製造業。
その製造業にもいま、カーボンニュートラルやサーキュラーエコノミーといったサステナブルな取組みや、新型コロナウイルスの蔓延、米中の分断やロシアのウクライナ侵略といった地政学リスクに対応するためのレジリエンスなサプライチェーンの実現、世界的な潮流となってきているESGへの対応などが求められています。

本書では、日本の製造業に携わる皆さんの視野が広がり、日本の製造業のDXの取組みが進んでいくように、製造業における日本のDXの現状を踏まえ、欧州連合(EU)/ドイツを中心とした世界の最新事例を紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

製造業の3D革命 ファストデジタルツインで加速するDX最前線 石油・化学メーカー編:金丸 剛久ほか(著)

書籍情報

金丸 剛久 , 田邊 雅幸(著)技術評論社デジタル事業部(監修)技術評論社(出版社)2024/1/13(発売日)144(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

3D仮想空間・デジタルツインの普及がもたらす新たなものづくりとエコシステムの創生―――

本書では製造業の中でも重厚長大な石油化学工業におけるプラント設備の保全業務に焦点を当てます。

機密性が高く差別化の源泉ともなる高度な技術と、旧態依然とした働き方が混在する業界の未来を、世界中のプラント3Dマップ化に着手している日揮グループ・ブラウンリバース株式会社と、産業の安全規制のトレンドを仕掛けるストラトジックPSM研究会を創設した著者らが解説します。

「ファストデジタルツイン」が業界に必要とされる理由・蓋然性、業界内の実践者が語るプラントDXの在り方、デジタルツイン社会を目指す業界リーダーたちの取り組み、といった石油化学工業におけるDXの現在地がわかります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

製品開発DX 「製造業」の経営をリ・デザインする:アーサー・ディ・リトル・ジャパン(著)

書籍情報

アーサー・ディ・リトル・ジャパン(著)東洋経済新報社(出版社)2024/1/10(発売日)244(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

価値創出の仕組みをどう作るか?

「モジュラー化」「フロントローディング」「アジャイル開発」、自動車、家電、航空機、産業機器などの事例から、進化のツールとプロセスが学べる「教科書」

【2つの軸で捉える製品開発の進化】
“モノ”視点の進化:擦り合わせ → メカニズム解明 → モジュラー化
“プロセス”視点の進化:フロントローディング → アジャイル開発

ソフトウエアの進化とDXがこれまでの開発の前提を崩す中で、変えるべきこととは何か。本当に必要なことは何か。

DXを意識した技術・製品開発の理想の進め方について、まとめたものが本書となります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

改革・改善のための戦略デザイン 物流DX 業界標準の指南書:大川口隼人ほか(著)

書籍情報

大川口隼人 , 吉田幹朗 , 秋川健次郎(著)秀和システム(出版社)2023/9/26(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

物流企業の経営幹部、企画・現場・情報システム部管理職・担当者、及びソリューションベンダーを対象に、経営戦略と直結した物流DX を解説。

物流領域の中堅・中小企業の支援をしてきたコンサルタントが、中堅・中小企業の「人がいない」「お金がない」「影響力がない」の環境を前提とした、物流DX の本当の姿を描き、明日から取り組めるアプローチを提示する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

図解入門ビジネス 最新生産工場のDXがよ~くわかる本 [第2版]:山口俊之(著)

書籍情報

山口俊之(著)秀和システム(出版社)2023/7/21(発売日)224(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

製造現場に向けてDX(デジタル変革)を解説。

製造現場でDXに取り組もうとしたとき、デジタル技術は取得できても、製造現場の本質やあるべき姿についての知識がなくては真の変革はできない。

そこで本書は、DXに必要な工場の本質的な知識をまとめた上で、DXの進め方について述べるとともに、DXによる変革が必要な経営戦略上のテーマを挙げて、製造現場の新しい姿を描く。

amzon.co.jp書籍情報より引用

学校・教育DX

学校・教育DXについての本を、発売日が新しい順に紹介します。

GIGAにとどまる学校、学校DXに進化する学校 ネクストGIGAの新しい学びを求めて:平井聡一郎(編集)

書籍情報

平井聡一郎(編集)教育開発研究所(出版社)2023/11/1(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

GIGAスクール構想から3年が経ち、多くの学校で1人1台端末環境が実現していることと思います。
各種メディアでは、そうした1人1台端末環境を有効に活用した先進的な取り組みを進める自治体や学校の様子が紹介され、学校教育のデジタル化は着実に進歩していると言えます。
しかし一方で、「端末はあるけれどもうまく使えていない」「あんな先進的なことはできない」といった学校もまだまだ多く、せっかく整備されたGIGA環境を持て余してしまっているというのがリアルな現状ではないでしょうか。

しかし、時代は急速な変化を続け、年々そのスピードは加速しています。
デジタルはあって当たり前のもの。
もちろん、プライバシー保護、セキュリティ問題などの不安要素はあるものの、デジタル化が遅れがちだったわが国の行政機関においてもデジタル化は急速に進み、今日では「なくてはならないもの」としての地位を確立しつつあります。

さらに、2022年にOpenAI社よりリリースされた「ChatGPT」をはじめとした生成AIの登場とその進化は大きな衝撃を与え、これまでホワイトカラーが担っていた仕事がAIによって近々代替されてしまう可能性が現実味を帯びています。
こうした、デジタルによる社会変革、すなわちDX(デジタル・トランスフォーメーション)が多くの分野で推進されていることはみなさんもご存知のことと思います。

こうした社会情勢を踏まえると、学びの手段としてデジタルを用いるだけの「GIGAにとどまる学校」から、ネクストGIGAの新たな学びを求めて「学校DXに進化する学校」へと変革していく必要があるのではないでしょうか。
そのためにも、学校のリーダーである管理職が中心となり、いまいる現在地を把握し、一歩踏み出す必要があります。

本書は、そのための道標として、なぜいまDXが求められるのか、GIGAからDXへ進化するためにはどうしたらいいのか、新たな学びの姿とはどのようなものなのかを提示します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

DX よくある質問と回答

DXについて、よくある質問と回答を5つ紹介します。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは何ですか?

回答: デジタルトランスフォーメーション(DX)は、デジタル技術を活用して企業や組織のビジネスモデルや運営方法を根本的に変革することを指します。

これには、新しいテクノロジーの導入、ビジネスプロセスのデジタル化、顧客体験の改善などが含まれます。

DXを行う主な理由は何ですか?

回答: DXを行う主な理由は、効率性の向上、顧客体験の改善、競争力の強化、そしてイノベーションの促進です。

デジタル技術を活用することで、ビジネスプロセスが最適化され、市場の変化に迅速に対応できるようになります。

DXの成功に必要な要素は何ですか?

回答: DXの成功には、明確なビジョンと戦略、適切な技術の選択、組織文化の変革、従業員のスキルアップ、効果的なデータ管理と分析能力が必要です。

また、全社的な取り組みと経営層の強いコミットメントも重要です。

DXにおける最大の課題は何ですか?

回答: DXにおける最大の課題は、組織文化の変革と従業員のスキルの再構築です。

従来のやり方からの脱却と新しい技術への適応は時間と労力が必要であり、全社的な理解とサポートが求められます。

また、セキュリティやプライバシーに関する課題も重要です。

DXの進行において重要なテクノロジーは何ですか?

回答: DXの進行には、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能(AI)、機械学習、IoT(モノのインターネット)、ブロックチェーンなどのテクノロジーが重要です。

これらの技術は、データの収集・分析、プロセスの自動化、顧客体験の向上など、様々な分野でDXを支援します。

DXのスキルが活かせる職種とは?

DX(デジタルトランスフォーメーション)に関する知識や経験を習得することで、企業や組織がデジタル技術を活用してビジネスモデルや業務プロセスを根本的に変革し、新たな価値を創造するための幅広い職種で仕事を担当することが可能です。

DXは、IT、マーケティング、経営戦略、顧客体験(CX)など多岐にわたる分野に影響を及ぼし、以下のような職種が考えられます:

  1. DXコンサルタント:
    • 企業や組織のDX戦略の策定を支援します。
    • テクノロジー導入のアドバイス、変革管理、新しいビジネスモデルの開発などを行います。
  2. プロジェクトマネージャー(DXプロジェクト):
    • DXプロジェクトの計画、実行、監視を担当します。
    • 技術導入、システム統合、業務プロセスの再設計などを管理します。
  3. データサイエンティスト/アナリスト:
    • データ駆動型の意思決定を促進するために、ビッグデータ分析や機械学習モデルの開発を行います。
    • ビジネスインテリジェンス(BI)ツールを使用して、データからインサイトを抽出します。
  4. ソフトウェアエンジニア/開発者(DX向け):
    • モバイルアプリ、Webサービス、クラウドベースのソリューションなど、DXを支えるソフトウェアの開発に携わります。
    • API統合、マイクロサービスアーキテクチャの構築などを行います。
  5. ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイナー:
    • デジタル製品やサービスのユーザー体験の設計を担当します。
    • 顧客中心の設計思想を用いて、使いやすく魅力的なインターフェースを創出します。
  6. マーケティングスペシャリスト(デジタルマーケティング):
    • デジタルチャネルを通じたブランドのプロモーション、顧客エンゲージメントの強化を担当します。
    • SNSマーケティング、SEO、コンテンツマーケティングなどを行います。
  7. ITセキュリティスペシャリスト:
    • デジタル化に伴うセキュリティリスクの管理、データ保護策の策定を行います。
    • サイバーセキュリティ対策、リスクアセスメント、コンプライアンス確保などを担当します。

DXに関する知識や経験は、企業が競争力を維持し、イノベーションを実現するために不可欠です。

この分野での仕事は、テクノロジーの急速な進化に対応し、組織の持続可能な成長を支援するための戦略的思考と実行能力を要求されます。

まとめ

DX(デジタルトランスフォーメーション)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、DXがわかる本のおすすめ3選、を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは、以下のような記事も紹介しています。