【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年7月】BCPがわかる本おすすめ3選+最新情報

「BCPがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

BCP(事業継続計画)について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

BCP(Business Continuity Plan)とは、企業が災害や緊急事態時にも業務を継続・復旧するための計画です。リスクを評価し、重要な業務の中断を最小限に抑える対策を講じます。これにより、企業は危機に直面しても迅速かつ効果的に対応し、経済的損失を減らし、信頼性を維持することができます。

まずはじめに、BCPがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 経営者・役員:企業の事業継続性を確保し、リスク管理の戦略を構築したい。
  • リスクマネジメント担当者:リスク分析や事業継続計画の策定・実施方法を学びたい。
  • ITマネージャー:システムのダウンタイムを最小限に抑え、ITインフラの継続性を確保するための計画を立てたい。
  • 災害対策担当者:自然災害や人為的災害に対する企業の準備と対応を強化したい。
  • 人事担当者:従業員の安全確保や緊急時のコミュニケーション方法を整備したい。
  • 法務・コンプライアンス担当者:事業継続に関連する法規制や規範を理解し、企業の遵守を支援したい。
  • サプライチェーンマネージャー:サプライチェーンの中断リスクを管理し、継続的な供給を確保したい。
  • 金融機関のプロフェッショナル:金融市場のリスク管理や事業継続性の確保を図りたい。
  • 中小企業経営者:限られたリソースで効果的な事業継続計画を策定したい。
  • 一般のビジネスプロフェッショナル:事業継続計画の基本原則や実践方法を理解し、ビジネスの安定性を高めたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

Amazon 本の売れ筋ランキングもチェックしてみよう!
和書総合暮らし・健康・子育て趣味・実用ビジネス・経済人文・思想社会・政治

BCPの本 おすすめ3選

BCPがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

はじめて担当者になったら読む本 実効!転ばぬ先のBCP策定

書籍情報

城西コンサルタントグループ(監修)神谷俊彦(編著) 渡辺裕 , 上田裕樹 , 滝沢悟(著)税務経理協会(出版社)2023/11/30(発売日)208(ページ数)

事業継続計画(BCP=Business Continuity Plan)とは、企業の緊急事態発生時にもすみやかに事業を継続できる備えを明文化したものです。

近年頻発する自然災害や新型コロナウイルス感染症によるパンデミックにより関心が高まっています。
しかしながら、が現実をみてみると戦略的・全社的に計画を作成して対応している企業は多くありません。
政府の調査によると自社の対応に満足している企業は20%以下と報告されています。

また、BCP=自然災害対策と捉えられがちですが、自然災害だけでなく近年はサプライチェーンの確保や大事故や企業内不祥事などもBCPも含まれます。

本書では、それを踏まえ、BCPについて基礎から応用まで現実的な解説をして実効あるBCPの策定方法を解説します。

本書、Chapter8は事例をもとにした業種業態特有の施策を記述しています。
同業他社、または異業種において、どのようなプランがあるのかを知り、自社の復旧プランに反映させることができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

そのまま使える〈スッキリ図解〉介護・障害福祉BCP作成ガイド

書籍情報

小濱 道博 , 小林 香織 , 小林 柔斗(著)翔泳社(出版社)2024/5/27(発売日)184(ページ数)

300事業所以上のBCP作成を支援してきたノウハウが詰まった1冊!
本書のフォーマットを使って【悩まず】【最短で】BCPをつくろう!


令和6年度介護報酬改定において「BCP(業務継続計画書)が未作成だった場合の基本報酬の減算」が設けられました。

本書では、300以上の介護事業所のBCP作成を支援してきた著者が作成したフォーマットをもとに、作成ポイントなどを解説。
BCPの作成をすぐに始められる1冊です。

▼こんな方に特におすすめ
「BCPの概要は知っているけど、まだ作成していない」
「できるだけ短時間でBCPを作成したい!」
「BCPを作成しようとしたけど、途中で断念してしまった……」

amazon.co.jp書籍情報より引用

本当に使えるBCPはシンプルだった。 経営者のための3つのポイント

書籍情報

池田 悦博(著)税務経理協会(出版社)2012/10/10(発売日)116(ページ数)

いままでのマニュアル偏重のフレームワーク・アプローチとは一線を画し、実際に使える、「人」を重視したフットワーク型のBCPを取り上げています。

<本書の特色>
★ポイントを3つに絞り、無駄な情報を省くことでシンプルに。
★東日本大震災で被災した企業などへのBCP支援をもとに、事例や最新情報を取り上げ、実務者にとって実効性のあるアプローチを提示。
★初心者や一般人にもわかるように図解を用いることでやさしく解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

BCPの名著・ロングセラー本

BCPについての名著やロングセラー本を紹介します。

図解入門ビジネス最新 事業継続マネジメントとBCP(事業継続計画)がよ~くわかる本

書籍情報

打川 和男(著)秀和システム(出版社)2016/3/25(発売日)242(ページ数)

事業継続マネジメントとは、システム障害、自然災害、テロや事故等の危機に際して、事業を中断せずに続けるための、また中断した場合の復旧対策を策定する活動です。
経済産業省や自治体も本マネジメントの普及や支援に力を入れています。

本書では、本マネジメントの構築方法から、BCP(事業継続計画)の作成まで事例を交えて解説。
事業競争力・組織力・ブランド力の強化に役立つ一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

不測の時代におけるオールハザードBCP

書籍情報

東京海上ディーアール株式会社(編集)同文舘出版(出版社)2024/2/23(発売日)204(ページ数)

何が起こるかわからない不測の時代には、すべての災害に対応できる「オールハザードBCP(事業継続計画)」が欠かせない。

BCP策定とBCM(継続的な取り組み)について解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

中小企業と小規模事業者のBCP導入マニュアル 第2版

書籍情報

阿部裕樹(著)中央経済社(出版社)2023/2/25(発売日)204(ページ数)

小規模事業者と中小企業の経営者の方々が BCP(事業継続計画)でするべきことを丁寧に解説。

第2版では、自然災害に加えて、事業継続に大きな影響を及ぼした新型コロナ感染症も想定。

amazon.co.jp書籍情報より引用

最新のBCPの本

近日発売予定やこれまでに発売されたBCPの関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

7月に発売されるBCPの関連書籍は見つかっていません。

そのまま使える!  介護事業のBCP策定ガイド

書籍情報

合同会社JMCA(監修)渡邊 敬二 , 鈴木 正士(著)中央経済社(出版社)2024/2/8(発売日)160(ページ数)

すべての介護事業者に義務付けられる、自然災害・火災・感染症蔓延・介護事故等に備えるBCPの策定について、基本的な考え方から運用・見直しまで、ひな型を織り込み解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【完全版】介護・障害福祉サービス向けBCPマニュアル

書籍情報

尾原 良太 , 松井 健太郎(著)日本法令(出版社)2023/10/15(発売日)344(ページ数)

介護・障害福祉サービス事業所は、来年3月末までに2種類のBCP(自然災害対策と感染症対策)作成が義務付けられており、以降年1回以上の見直しもしなければならない。

本書では、厚労省のひな形・様式例に沿って記載例を示すとともに、検討・記載のポイントを解説。
また、見直しを検討する際のポイントも解説。

サービス形態別記載例と付随する様式記載例のデータダウンロード特典付きのため、すぐに作成に着手できる便利な1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

福祉施設・事業所における事業継続計画(BCP)のポイント 利用者と地域を守り抜くために

書籍情報

全国社会福祉法人経営者協議会, 全国社会福祉法人経営青年会(編著)全国社会福祉協議会(出版社)2023/5/26(発売日)136(ページ数)

それまでの事業を一時中断せざるを得ない大規模な自然災害や感染症等が発生した時でも、福祉施設・事業所には、利用者等のために一日も早い事業の復旧(事業継続)が求められます。
そのための有効な方法がBCP(事業継続計画:Business Continuity Plan)です。

本書では、福祉施設・事業所の特性を踏まえたBCPのあり方や策定方法、各種様式、さらに策定後、BCPをいざという時に活用できるものとするための職員研修のあり方や、BCPをさらに良いものにしていくためのマネジメントサイクル(BCM)まで、実例をもとに具体的に解説しています。

各施設・事業所のBCP策定と見直しの実務に、参考になる一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

介護施設・事業所のための BCP策定・見直しガイド

書籍情報

本田 茂樹(著)社会保険研究所(出版社)2023/5/10(発売日)464(ページ数)

BCPの策定と継続的な見直しをめざす、すべての施設・事業者の方へ――
厚労省ガイドラインの策定等を手がけた著者がおくる、必携のガイド


◆BCP(Business Continuity Plan:業務継続計画)とは、自然災害のほか、大事故、感染症のまん延(パンデミック)、テロ等の事件など、突発的な経営環境の変化など不測の事態が発生しても、重要な業務を中断させない、または中断しても可能な限り短い期間で復旧させるための方針、体制、手順等を示した計画のことです。

◆令和3年度の介護報酬改定等により、BCPの策定や研修・訓練の実施などが全サービス事業所・施設の運営基準に規定されています(令和6年度から完全実施)。

◆本書は、厚生労働省ガイドラインの策定等に関する検討委員会で委員長を務めた著者が、訪問・通所・施設サービス等におけるBCP策定の重要性と基本的な策定の流れを示し、有事における機能確保をめざします。

◆コンプライアンスの徹底のみならず、なにより、常に起こりうる事態に対応するための必携のガイドです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

福祉施設・病院等における給食BCP導入の手引き

書籍情報

須藤 紀子, 新藤 由芽, 水野 怜香, 真城 源学(著)建帛社(出版社)2023/3/31(発売日)84(ページ数)

2024年介護施設で義務付けられるBCP策定を、給食事業に焦点をあて非常時の対応を解説。

訓練動画DVD、アクションカード付属。

amazon.co.jp書籍情報より引用

待ったなし! BCP(事業継続計画)策定と見直しの実務必携 水害、地震、感染症から経営資源を守る

書籍情報

◆「想定外」の事態を生じさせない
◆社員の安全の確保、円滑な事業継続の実現に必須の対応とは
◆防災・減災の必須ポイント、感染症時代のリスクマネジメントがわかる

日本では近年、多くの自然災害に見舞われ、甚大な被害、はかりしれない損失が生じています。
企業においても、建物・設備への被害、ライフラインの途絶、従業員が出勤できないことによる事業の縮小・停止を余儀なくされた例は数えきれません。
また、新型コロナウイルス感染症の世界的大流行による外出自粛やイベントの中止なども事業活動へさまざまな影響をもたらしています。

それら災害がいつ、どこで発生するかを予測することは、残念ながらできません。
止めることもできませんが、企業には、不測の事態に見舞われたときでも、その被害を可能な限り小さく抑えるとともに、自社の事業を中断させず、また中断した場合でも速やかに事業を復旧・継続し、その社会的責任を果たすことが求められますので、あらかじめその対応策(事業継続計画; BCP)を策定しておくことが推奨されています。

本書では、原因が何であれ、事業を継続できない場合に備え、的確に対応するために必須となるBCP[事業継続計画]策定の基本を押さえるとともに、「想定外」の事態が生じることがないよう、自社のBCP見直しのポイントを解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

BCPの見直し・訓練・展開がわかる本

書籍情報

SOMPOリスクマネジメント株式会社(編著)中央経済社(出版社)2021/6/17(発売日)227(ページ数)

あらゆるリスクに対応したBCPの見直し・訓練・サプライチェーンへの展開の仕方を解説。

昨今の感染症、サイバー攻撃などのリスクへも完全対応。
平時訓練から有事対応までを網羅。

amazon.co.jp書籍情報より引用

今のままでは命と会社を守れない!  あなたが作る等身大のBCP

書籍情報

昆 正和(著)日刊工業新聞社(出版社)2016/8/27(発売日)208(ページ数)

現実問題として、いざという時に本当に役立つBCPを作ることは非常に難しい。
特に中小企業では費用や人材の面などいかんともしがたい所がある。

そこで本書では、問題点を正面から指摘し、改良案を提示、BCPに積極的に取り組み、いざという時、必ず役立つ会社の実情にあった等身大のBCPが策定できるようにする書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

中小企業のためのBCP策定パーフェクトガイド

書籍情報

高荷智也(著)ウィズワークス(出版社)2015/6/12(発売日)240(ページ数)

自社でオリジナルの「BCP(Business Continuity Plan):事業継続計画」を策定したいと考えている中小企業の経営者や、実際に作業を行う担当者の方のための「“超・各論”による作業手引書」です。

詳細な作業手順、各論による個別対策の方法などを分かりやすい言葉で解説し、「BCPが何かは理解したが、具体的にどうやって作成すれば分からない」と言う方に最適な書となっています。

中小企業の方にとっては具体的な作業の手引書として、大企業でもBCP作成・運用時の各論対策に関する参考書として役立てていただけます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

BCPによくある質問と回答

BCPについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

BCPとは何ですか?

回答: BCP(Business Continuity Plan)は、災害や事故、その他の予期せぬ事態が発生した際に、企業がその影響を最小限に抑え、事業の継続性を保つための予防策と対策を計画するプロセスです。

この計画には、重要な業務の継続、従業員の安全確保、情報技術システムの復旧などが含まれます。

なぜBCPが重要なのですか?

回答: BCPは企業が事業を継続し、経済的損失を最小化するために重要です。

災害やその他の緊急事態が発生した場合、計画的に対応することで、企業の信頼性とブランドイメージを保護し、従業員と顧客の安全を確保できます。

BCPを作成する際の主なステップは何ですか?

回答: BCPを作成する際の主なステップには、以下が含まれます:

  1. リスク評価: 事業に影響を及ぼす潜在的なリスクを特定します。
  2. ビジネス影響分析 (BIA): 各リスクが業務に与える影響を評価します。
  3. 復旧戦略の開発: 最も重要な業務を優先して復旧する方法を定義します。
  4. プランの実装: 予防策と復旧策を実装します。
  5. 訓練とテスト: 定期的にBCPをテストし、必要に応じて更新します。

BCPとDRPの違いは何ですか?

回答: BCPは事業全体の継続性を確保するための広範なアプローチを提供し、事業のどの部分がどのように影響を受けるかに焦点を当てます。

一方、DRP(Disaster Recovery Plan)は主に情報技術(IT)システムの復旧に焦点を当てており、データのバックアップやシステムの復元プロセスが含まれます。

BCPのテストとはどのように行うのですか?

回答: BCPのテストには、シミュレーションテスト、テーブルトップ演習、フルスケール演習が含まれます。

これらのテストは、プランが実際の緊急事態で機能するかを確認し、改善点を見つけるために実施されます。

BCPのスキルが活かせる職種とは?

BCP(Business Continuity Plan、事業継続計画)に関する知識や経験を習得することによって、企業や組織が災害や非常事態に直面した際に業務を継続するための計画を策定し、実施する役割を担うことができます。

以下に、BCPの知識や経験を活かして担当できる具体的な仕事の例を挙げます:

  1. 事業継続マネージャー:
    • 企業や組織の事業継続計画を策定、実施、維持、改善する責任を持ちます。リスク評価や影響分析を行い、事業の中断に対する対策を計画します。
  2. リスクマネージャー:
    • 企業のリスク管理戦略の一環としてBCPを開発し、実施します。リスクの特定、評価、緩和策の策定を行い、事業の継続性を確保します。
  3. 災害復旧プランナー:
    • 災害発生時の復旧計画を策定し、迅速な業務復旧を支援します。ITインフラの復旧計画、データバックアップ戦略、災害対応プロセスの開発を行います。
  4. セキュリティアナリスト:
    • 物理的およびサイバーセキュリティの観点からBCPを策定します。セキュリティインシデントが発生した場合の対応計画を準備し、事業の継続性を確保します。
  5. 危機管理コンサルタント:
    • 企業や政府機関に対してBCPや危機管理のコンサルティングサービスを提供します。緊急事態対応訓練の実施や、BCPの評価と改善を支援します。
  6. ITコンティニュイティマネージャー:
    • ITシステムの継続性を確保するための計画を策定し、実施します。システム障害時の対応計画、データのバックアップ、リカバリープロセスの管理を行います。
  7. 保険アンダーライター:
    • 企業のBCPを評価し、適切な保険商品を提供します。BCPが適切に実施されていることを確認し、保険のリスク評価を行います。
  8. トレーニングスペシャリスト:
    • 企業や組織の従業員に対してBCPに関する教育や訓練を実施します。緊急時対応の手順や避難計画の訓練を行います。
  9. コンプライアンスオフィサー:
    • 企業のBCPが法的および規制要件に準拠していることを確認します。業界の標準やベストプラクティスに従ったBCPの実施を監督します。
  10. サプライチェーンマネージャー:
    • サプライチェーンの中断に備えたBCPを策定し、実施します。重要な供給業者や物流のリスクを評価し、代替手段を計画します。
  11. ヘルスセーフティマネージャー:
    • 企業の健康・安全対策の一環として、BCPを策定し、従業員の安全を確保します。パンデミックや自然災害時の対応計画を作成します。

BCPの知識と経験は、組織の危機管理能力を向上させ、災害や非常事態における事業の継続性を確保するために重要です。

このスキルを持つことで、企業や組織の信頼性とレジリエンスを高める役割を担い、広範な業界で活躍することができます。

まとめ

BCPについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、BCPがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。