【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年2月】Dockerがわかる本おすすめ3選+最新情報

「Dockerがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

Docker(ドッカー)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

まずはじめに、Dockerがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ソフトウェア開発者:コンテナ化されたアプリケーションの開発とデプロイメントに関心がある。
  • ITプロフェッショナル:Dockerを利用した効率的なシステム環境の構築方法を学びたい。
  • DevOpsエンジニア:継続的インテグレーションとデリバリーのプロセスにDockerを組み込みたい。
  • クラウドインフラストラクチャの専門家:クラウド環境でのコンテナの利用について知りたい。
  • システム管理者:Dockerを用いたアプリケーションの管理とスケーリングに興味がある。
  • テクノロジーに興味を持つ学生:最新のソフトウェア開発ツールとしてDockerの基礎を学びたい。
  • ソフトウェアアーキテクト:コンテナベースのアプリケーションアーキテクチャの設計に関心がある。
  • 教育者:技術教育の一環としてDockerの使用方法を教えたい。
  • ITコンサルタント:クライアントにDockerを活用したソリューションを提案したい。
  • テクノロジーのトレンドに敏感な一般読者:新しいIT技術としてDockerについて学びたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

Dockerの本 おすすめ3選

Dockerがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

仕組みと使い方がわかる Docker&Kubernetesのきほんのきほん:小笠原 種高(著)

書籍情報

小笠原 種高(著)マイナビ出版(出版社)2021/2/1(発売日)320(ページ数)

イラストで、1歩目から少しずつ。これならDockerがわかる! 

本書は、若手エンジニアや、バックエンドの技術にあまり詳しくない人に向けて書かれたDockerの入門書です。
イラストやハンズオンを多めに入れて、Linuxの知識や、サーバの構築経験がなくても、理解しやすいように努めています。

本書はDockerをまったく知らない初心者から読める内容ですが、「とりあえずコマンドが打てるようになる」ことを目的にした本ではありません。
Dockerがそもそもどんな仕組みで動いているのか、コマンドでは何を命令しているのか、オプションや引数は何を意味しているのかをきちんと理解できるように、イラストを多用して説明しています。

Dockerをひととおり動かして、止めて、廃棄するまでの流れを身に付けた上で、複数のコンテナ同士で通信をしたり、データをコンテナの外部に保存したりといった、現場で必要となるスキルを学んでいきます。

また、サーバーエンジニアであれば知っておきたいDocker ComposeやKubernetesについても、初歩から説明をし、ひととおり動かすまでの流れをハンズオンを交えて解説しています。

Dockerと長く付き合っていくための基礎力を身に付け、さらに現場の状況に応じて応用的な使い方もしていきたい方に、ぴったりの1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

【新発売】開発系エンジニアのためのDocker絵とき入門:鈴木亮(著)

書籍情報

鈴木亮(著)秀和システム(出版社)2024/1/20(発売日)352(ページ数)

プログラマーのためのDocker入門書。

読者がDockerを使って自由に開発環境を構築できることを目標に、基本コマンドを実行したらシステムに何が起こるかを、ステップ・バイ・ステップでていねいに図解します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

Docker実践ガイド 第3版:古賀政純(著)

書籍情報

古賀政純(著)インプレス(出版社)2023/2/21(発売日)520(ページ数)

本書では、技術者だけでなく、IT基盤の方向性の検討や戦略の立案、意思決定を行う立場の方が、導入前の検討を実践できる内容を盛り込みました。

具体的には、コンテナの特徴、導入時の検討項目、注意点などのチェックリストを設け、システム構成例などを解説図にまとめ、要点を把握しやすいようにしました。

また、大規模データセンター向けのコンテナ基盤構築の経験がない技術者でも、その基礎を理解できるよう、Docker(v20.10.系)のインストール手順、使用法などを具体的に記載しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

Amazonでみる

Dockerの名著・ロングセラー本

Dockerについての名著やロングセラー本を紹介します。

Docker&仮想サーバー完全入門 Webクリエイター&エンジニアの作業がはかどる開発環境構築ガイド:リブロワークス(著)

書籍情報

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

「コンテナ」を使い始めたいならこの1冊。

記述したコードやプログラムが本番環境で正しく動くのかは、Webクリエイターやエンジニアの重大な関心事です。
コンテナは、サーバーやネットワークを仮想的に構築するための入れ物のようなもので、Dockerはそのコンテナを手軽に作成できるツールです。

本書は、コンテナや仮想化の基本的な仕組みを学びながら、Docker Desktopを使って各種サーバーを構築する方法を解説しています。
Dockerは奥が深いツールですが、本書ではLinuxやWebサーバー、データベース、WordPressなどの設定ファイルを掲載して、それらの仮想サーバーをすぐに立ち上げられるような構成になっています。

すべての操作手順をステップ・バイ・ステップで丁寧に解説しているので、挫折することなく読み進められます。
そのため、これまで仮想化技術などにハードルを感じて敬遠していたWebクリエイターや駆け出しのエンジニアが最初に読む本として最適です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

Docker:Adrian Mouat(著)

書籍情報

Adrian Mouat(著)Sky株式会社 玉川竜司(翻訳)オライリージャパン(出版社)2016/8/17(発売日)384(ページ数)

本書はオープンソースのコンテナ管理ソフトウェア、Dockerの基礎から応用までを網羅した総合的な解説書です。

はじめに開発環境をセットアップし、シンプルなWebアプリケーションのビルドについて解説した上で、コンテナの開発、テスト、結合に加えて、デプロイの方法、実動システムの効率的なモニタリングとロギングを紹介します。

そして複数のホストからなるDockerコンテナのクラスタを、安全かつ高い信頼性の下で実行するために必要な高度なテクニックやツールについて紹介します。
さらにネットワークやセキュリティについても詳述。

Dockerとそのエコシステムを本格的に活用したい開発者、運用エンジニア、システム開発者必携の一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

さわって学ぶクラウドインフラ docker基礎からのコンテナ構築:大澤 文孝ほか(著)

書籍情報

大澤 文孝, 浅居 尚(著)日経BP(出版社)2020/6/11(発売日)448(ページ数)

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

デファクト技術の「コンテナ」 
「わかる」から「使える」へ 


サーバー環境だけでなく幅広く使われている「コンテナ技術」は、もはやデファクト技術と言っても言い過ぎではないでしょう。
インフラ技術者だけでなく、アプリケーション開発者にとっても重要な技術です。 

本書は、自分でコンテナ環境を構築できるようになるための本です。
題材に「Docker」を使いました。
「技術解説書」というより「技術実践書」。
IT技術を本当に理解するには理論の学習だけでは不十分で、実際にさわってみることが大事です。
そうすることで初めて腹落ちし、「技術がわかる」状態から、「技術が使いこなせる」状態にレベルアップすることができます。 

本書では、Dockerのインストール方法に始まり、基本的なWebサーバーを起動させるところから、永続化、ネットワーク、コンテナイメージへと順番に学ぶことができます。
さらに、複数のコンテナを使うことを想定し、「Docker Compose」や「Kubernetes」についても学習できます。
Kubernetesは学習ツールとして「Minikube」を用い、最終的に「Amazon EKS」でコンテナを実行するはじめの一歩までを説明します。 

新しい技術の習得は、想像している以上に難しいものです。
理解できていない状況でやみくもに技術に触れても、迷子になるばかり。
本書では「迷子にさせない」工夫が満載されており、本書の通りに実施すれば、迷うことなく、コンテナ環境を構築できます。 

インフラ技術者の最初の1冊として執筆していますが、アプリケーション開発者のインフラ学習書としても最適です。
ぜひあなたも、本書を活用してコンテナ技術を習得してください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

図解! Dockerのツボとコツがゼッタイにわかる本:角間 実(著)

書籍情報

角間 実(著)秀和システム(出版社)2022/6/29(発売日)256(ページ数)

「Dockerって何?」「どうやって使うの?」といった、これからDockerを使っていきたいと考えている方のための入門書です。

実際に操作をしながらDockerについて知り、使い方を体験することができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

Amazonでみる

最新のDockerの本

近日発売予定や最近発売された最新のDockerの本を、発売日が新しい順に紹介します。

2月に発売されるDockerの関連書籍は見つかっていません。

Software Design (ソフトウェアデザイン) 2023年11月号 [雑誌]

書籍情報

Software Design 編集部(編集)技術評論社(出版社)2023/10/18(発売日)192(ページ数)

第1特集
理想のコンテナイメージを作る Dockerfileのベストプラクティス

現代の開発現場では,Dockerなどのコンテナを使って開発を進めることがあたりまえになってきました。
サーバサイドでもフロントエンドでも,コンテナの知識が必須と言えそうです。
きちんとしたコンテナイメージをビルドできるようになるためには,Dockerfileの書き方のベストプラクティスは押さえておきたいところでしょう。

本特集では,理想的なコンテナイメージはどういうものか説明し,公式ドキュメントにあるガイドラインの内容を深掘りします。
さらに,悩みがちなベースイメージの選び方,イメージ作成に役立つツール,セキュリティ対策を押さえていきます。
「とりあえず使えるものが書ければいいや」と済ませず,自信を持って理想的なコンテナイメージを作れるようになりましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

Podmanイン・アクション:Daniel Walsh(著)

書籍情報

Daniel Walsh(著)磯田雄輝, 井上貴博, 岡田裕輝, 織学, 田中司恩, 徳留幸子, 長嶺精彦, 西村拓也, 野間亮志, 燃脇綾子, 八木澤健人(翻訳)秀和システム(出版社)2023/9/16(発売日)376(ページ数)

デーモンレス・Docker互換のコンテナエンジンPodmanで、コンテナを構築、管理、実行する方法を、Red HatでPodmanチームを率いる著者が詳細に説明しています。

PodmanにはDockerで学んだスキルを簡単に応用できますが、コンテナエンジンの使用経験がなくても、Podmanは簡単に使用できます。
本書では、その両方が満足できる内容となることを目指しました。

また、Podなどの高度な機能の使用方法についても説明し、Kubernetesのエッジや内部ですぐに実行できるアプリケーションを構築する手順を紹介します

さらに、システムや他のコンテナからコンテナを分離するために使用されるLinuxカーネルの全てのセキュリティ機能について説明しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

基礎から学ぶコンテナセキュリティ Dockerを通して理解するコンテナの攻撃例と対策:森田 浩平(著)

書籍情報

「コンテナは隔離されているから安全だ」なんて思っていませんか?

Dockerの普及に伴い、コンテナ技術はすっかり一般化しました。
開発環境の構築から、本格的なコンテナアプリケーションの運用まで、利用方法はさまざまです。
Dockerおよびコンテナ技術は今や開発者にとって必須の技術・ソフトウェアと言えるでしょう。

その一方で忘れてはならないのがセキュリティです。
コンテナはサンドボックス技術の1つであり、それを使った開発や運用は安全だと思う人もいるでしょう。
しかし、適切に対策しなければ非常に危険です。
隔離されているはずのホストOS本体を攻撃されてしまう可能性もあります。

本書は、コンテナ利用時のセキュリティ上のトラブルを防ぎ、コンテナを安全に活用する方法を基礎から解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

コンテナセキュリティ コンテナ化されたアプリケーションを保護する要素技術:Liz Rice(著)

書籍情報

Liz Rice(著)水元恭平, 生賀一輝, 戸澤涼, 元内柊也(翻訳)スリーシェイク(監修)インプレス(出版社)2023/4/12(発売日)280(ページ数)

■スペシャリストが執筆したコンテナセキュリティ要素技術の解説書!
本書は、Liz Rice『Container Security: Fundamental Technology Concepts That Protect Containerized Applications』O'Reilly Media, Inc.の翻訳書です。

スケーラビリティと復元力を促進するために、現在多くの組織がコンテナとオーケストレーションを使用してクラウドネイティブ環境でアプリケーションを実行しています。
しかし、そのデプロイの安全性については、どのように判断すれば良いのでしょうか。
本書は、開発者、運用者、セキュリティ専門家がセキュリティリスクを評価し、適切なソリューションを決定するために、コンテナの主要な要素技術を検証する実践的な書籍です。

著者のLiz Rice(Isovalent社 Chief Open Source Officer)は、コンテナベースのシステムでよく使われるビルディングブロックが Linuxでどのように構築されているかに着目しています。
コンテナをデプロイする際に何が起きているかを理解し、デプロイされたアプリケーションに影響を与える可能性のある潜在的なセキュリティリスクを評価する方法を学ぶことができます。
コンテナアプリケーションをkubectlやdockerで実行し、psやgrepなどのLinuxコマンドラインツールを使用していれば、すぐにでも始めることができます。

 ○コンテナへの攻撃経路について知る
 ○コンテナを支えるLinuxの構造について知る
 ○コンテナの堅牢化のための方法を検討する
 ○設定ミスによるコンテナへの侵害の危険性を理解する
 ○コンテナイメージビルドのベストプラクティスを学ぶ
 ○既知のソフトウェア脆弱性を持つコンテナイメージを特定する
 ○コンテナ間のセキュアな接続を活用する
 ○セキュリティツールを使用して、デプロイされたアプリケーションに対する攻撃を防止する

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

Azureコンテナアプリケーション開発 開発に注力するための実践手法:真壁徹ほか(著)

書籍情報

真壁徹, 東方雄亮, 米倉千冬, 谷津秀典, 阿佐志保(著)技術評論社(出版社)2023/2/9(発売日)304(ページ数)

Webアプリケーション開発者が抱える課題をコンテナ技術で解決!

本書は、アプリケーション開発者目線でコンテナ技術の価値を見なおし、Webアプリケーション開発のアジリティを高く保つために、それを活かせるようになることを目的とします。 

第1部ではコンテナ技術の概要と動向を整理し、コンテナを活用したアプリケーション開発ワークフローを体験します。 
第2部ではシンプルなコンテナアプリケーションの実行に適したAzure Web App for Containersを利用します。 
第3部では、コンテナ実行基盤の事実上の標準であるKubernetesをベースとしたAzure Container Appsで、マルチコンテナアプリケーションを動かします。 

本書を読むことで以下の知識を身に付けられます。 
・コンテナを使った開発環境構築の方法 
・コーディング、ビルド、テスト環境としてVisual Studio Code+Remote Container拡張の使い方 
・コンテナアプリケーションの運用負担を軽減するクラウド(Azure)のサーバレス、フルマネージドなコンテナサービスの使い方 
・回復性および可観測性のあるコンテナアプリケーションを開発する指針 

異なる実行環境を知り、比べることで、コンテナの利点や活用にあたっての課題を、よりイメージしやすくなるでしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

AWSで実現するモダンアプリケーション入門 サーバーレス、コンテナ、マイクロサービスで何ができるのか:落水恭介ほか(著)

書籍情報

アプリケーションの設計・構築・管理を継続的に見直し、変化に迅速な対応をする開発戦略として、注目されている「モダンアプリケーション」。
高い俊敏性・柔軟性のある開発を実現し、ビジネスを成長させることができます。
しかし、モダンアプリケーション構築に役立つプラクティスは抽象度が高いことから、現場に適用しにくいのではないでしょうか。

そこで本書では、架空の開発現場を題材に、実際のプラクティスを解説。
サーバーレスやコンテナによる運用改善・CI/CDパイプライン構築による自動化・アーキテクチャ最適化などを実践する方法を、イメージしながら読み進められるようまとめました。
要件にあった技術選択をする重要性も紹介し、アプリケーションや組織の規模にあった考え方ができるようなアクティビティ(問いかけ)も提供しています。

各企業の技術戦略などによって最適解は変わりますが、アプリケーションの課題を改善して生産性を高めたい方にとって参考になる情報が多いでしょう。
「なんとなく流行っているから……」「過去に使ったことがあるから……」という理由で技術選定されている現場に違和感を感じる方にもお勧めの1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

エンジニアなら知っておきたいmacOS環境のキホン コマンド・Docker・サーバなどをイチから解説:⼤津真(著)

書籍情報

UNIXとしてのmacOSのキホンを網羅! 
―コマンド/シェルからサーバ構築まで―


本書は、UNIXとしてのmacOSの使い方を解説した入門書です。
エンジニアがmacOSを使うときに知っておくべき基本的な事柄を数多くカバーしています。

4つのパートで構成され、各パートは以下のテーマで書かれています。
◎コマンドの基本操作
◎シェルの環境設定とシステム管理
◎開発・運用系ツールの活用
◎ネットワーク管理とサーバ構築

全編にわたって個々の例を豊富に示しています。
こうした使い方・操作の例をなぞらえることで、UNIXとしてのmacOSの作法を網羅的に把握できます。

macOSターミナルでコマンドを使いこなせるようになれば、macOSの世界が大幅に広がります。
サーバ管理者の方はSSHを使用したサーバの安全なリモート管理が可能になり、Webのエンジニアやデザイナーの方はオリジナルのWebサーバを構築してWebサイトの開発を効率的に行えます。
プログラマーを目指す方はPythonやRubyといったスクリプト言語、さらにはJavaやC言語といったコンパイラ言語を自由に操れます。

【本書の特長】
●UNIXとしてのmacOSの基礎を網羅的に解説! 
●コマンドは基本から実践的なものまで把握できる
●シェルの操作とシェルスクリプトの基本がわかる
Docker、Apache、WordPressの仕組みがわかる
●個々の例を試すことで明快な知識が身につく

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

Docker よくある質問と回答

Dockerについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

Dockerとは何ですか?

回答: Dockerは、ソフトウェアをコンテナ内で動かすためのプラットフォームです。

コンテナは、ソフトウェアとその実行環境をパッケージ化する技術で、これによりアプリケーションが異なるコンピューティング環境でも一貫して動作することが可能になります。

Dockerは開発者がアプリケーションを素早く簡単に開発、テスト、デプロイできるように設計されています。

Dockerの利点は何ですか?

回答: Dockerの最大の利点は、アプリケーションの「どこでも動作する」性質です。

Dockerを使うことで、開発環境と本番環境間の不一致を減らし、アプリケーションのデプロイメントを高速化できます。

また、コンテナは軽量であり、システムリソースを効率的に使用することが可能です。

さらに、アプリケーションの分離と管理が容易になり、マイクロサービスアーキテクチャの実装に適しています。

Dockerコンテナと仮想マシンの違いは何ですか?

回答: Dockerコンテナは仮想マシンと比較してより軽量で、OSのカーネルをホストシステムと共有します。

これにより、起動が速く、少ないリソースで多くのコンテナを稼働させることができます。

一方で、仮想マシンは完全に隔離された環境を提供し、異なるOSを実行することが可能ですが、より多くのリソースを消費します。

Dockerはどのような場合に適していますか?

回答: Dockerは特に、複数の環境(開発、テスト、本番など)でのアプリケーションの一貫した動作を確保したい場合、マイクロサービスベースのアプリケーション、頻繁なデプロイメントや自動化されたテストが必要なCI/CDパイプラインなどに適しています。

また、リソースを節約しながら複数のサービスを同一のホスト上で動かす場合にも有効です。

Dockerを学ぶための最初のステップは何ですか?

回答: Dockerを学ぶ最初のステップとしては、公式のDockerドキュメントやチュートリアルを読むことが推奨されます。

また、基本的なコンテナ操作(コンテナの作成、実行、停止など)を学んだ後、Dockerfileの記述方法、イメージの構築と管理、Docker Composeを使った複数コンテナの管理など、より高度な概念に進むと良いでしょう。

実際に手を動かしながら学ぶことが重要です。

Dockerのスキルが活かせる職種とは?

Dockerは、アプリケーションをコンテナとしてパッケージ化し、どの環境でも一貫した動作を保証するためのオープンソースプラットフォームです。

Dockerに関する知識や経験を習得することで、開発から運用まで幅広いフェーズにわたる仕事に携わることが可能になります。

具体的には、以下のような職種が考えられます:

  1. DevOpsエンジニア:
    • アプリケーションの開発から運用に至るまでのプロセスを自動化し、最適化します。Dockerを利用して、継続的インテグレーション(CI)や継続的デリバリー(CD)のパイプラインを構築し、アプリケーションのデプロイメントを効率化します。
  2. ソフトウェア開発者:
    • アプリケーションをコンテナ化し、Dockerを使用して開発環境を構築します。これにより、他の開発者との環境の違いによる問題を解消し、開発の効率化を図ります。
  3. システム/インフラストラクチャエンジニア:
    • Dockerを使用して、アプリケーションの実行環境を構築、管理します。サーバーの仮想化、リソースの最適化、スケーリング戦略の実装などを担当します。
  4. クラウドエンジニア:
    • Dockerコンテナをクラウド環境(AWS、Azure、Google Cloud Platformなど)で運用します。クラウドサービス上でのコンテナオーケストレーションツール(例:Kubernetes)との統合を行い、高可用性なアプリケーションインフラを構築します。
  5. セキュリティエンジニア:
    • Dockerコンテナのセキュリティ対策を担当します。コンテナの脆弱性スキャン、セキュリティポリシーの設定、アクセス制御などを通じて、アプリケーションとデータの保護を確保します。
  6. リリースマネージャー:
    • Dockerを活用して、アプリケーションのリリースプロセスを管理します。コンテナのバージョン管理、デプロイメント戦略の策定、ロールバックプロセスの実装などを行います。
  7. テクニカルサポート/運用サポート:
    • Docker環境における問題のトラブルシューティングや、エンドユーザーからの技術的な問い合わせに対応します。ドキュメントの作成や知識の共有も担当します。

Dockerに関する知識や経験は、ソフトウェア開発のあらゆるステージでの作業を効率化し、より迅速かつ信頼性の高いデプロイメントを実現するために不可欠です。

このため、現代のソフトウェア開発および運用の現場で高い需要があります。

PR

まとめ

Dockerについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、Dockerがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。

PR