【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年2月】Google Cloudがわかる本おすすめ3選+最新情報

「Google Cloudがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

Google Cloud(グーグルクラウド)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

まずはじめに、Google Cloudがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ITプロフェッショナル:Google Cloudプラットフォーム(GCP)を使ったアプリケーション開発と運用に関心がある。
  • システム管理者:クラウドベースのインフラストラクチャの管理と最適化を学びたい。
  • データサイエンティスト:GCP上でのデータ分析や機械学習プロジェクトに興味がある。
  • ソフトウェア開発者:GCPを使用したスケーラブルなバックエンドシステムの開発を目指す。
  • DevOpsエンジニア:Google Cloudのツールを利用して継続的なデリバリーとインテグレーションを実現したい。
  • クラウドアーキテクト:GCPを活用した効率的なクラウドソリューションの設計に関心がある。
  • ビジネスリーダーや経営者:企業のデジタルトランスフォーメーションにGoogle Cloudを活用したい。
  • ITコンサルタント:クライアントにGCPベースのソリューションを提案したい。
  • 教育者:クラウドコンピューティングの概念としてGoogle Cloudを教えたい。
  • テクノロジーに興味を持つ学生:クラウドコンピューティングのキャリアを目指して学びたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

Google Cloudの本 おすすめ3選

Google Cloudがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

徹底攻略 Google Cloud認定資格 Associate Cloud Engineer教科書(模擬問題付き):根本泰輔ほか(著)

書籍情報

根本泰輔,奥村健太,前山弘樹,中野慎也,坂田功祐,久保航太,佐塚大瑚(著)インプレス(出版社)2023/8/10(発売日)288(ページ数)

本書は、Google Cloud認定資格の「Associate Cloud Engineer」の対策教科書です。

第1~5章では、Google Cloudの各サービスや技術について丁寧に解説。
合格に必要な基本知識がしっかりと身に付きます。
ただし、合格するには、これだけでは不十分です。
試験では、適切なサービスの選択方法や運用についても問われるからです。

本書では、第6章で様々なユースケースに基づいたサービスの選択方法について、第7章と第8章では運用にあたって知っておくべきポイントやコマンドについて解説しています。
全章を通して、確実に合格力が身に付く構成となっています。

各解説では、試験で重要となるポイントを別枠「試験対策」に掲載。
重点的に学習すべき箇所がひと目でわかります。

各章末には理解度を確認するための演習問題を掲載しているほか、本試験を体験できる模擬問題1回分をダウンロード提供。
「わかりやすい解説」+「豊富な問題」で、本書一冊で合格を目指せます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

図解即戦力 Google Cloudのしくみと技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書:株式会社grasysほか(著)

書籍情報

株式会社grasys, 西岡 典生, 田丸 司(著)技術評論社(出版社)2021/9/3(発売日)288(ページ数)

この一冊で、Google Cloudのすべてがわかる! 

本書は、Googleのクラウドコンピューティングサービス「Google Cloud」(旧称:Google Cloud Platform、GCP)のしくみや関連技術をフルカラー図解した解説書です。

エンジニア1年生や転職・就職を目指す人、クラウドサービスの導入を検討している人が、「Google Cloud」に関する技術を一通り学ぶことができるよう、クラウドコンピューティングの基礎から、サーバーサービス、ネットワークサービス、ストレージサービス、サーバーレスサービス、データベースサービス、データ分析サービスについて、具体的な製品や重要用語をイラストを交えてわかりやすく解説します。

今までのGoogle Cloudの解説書では難しかったという人も、本書なら安心して学ぶことができます! 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

エンタープライズのためのGoogle Cloud クラウドを活用したシステムの構築と運用:遠山雄二ほか(著)

書籍情報

遠山雄二(著,監修)矢口悟志,小野友也,渡邊誠,岩成祐樹,久保智夫,村上大河,星美鈴(著)中井悦司,佐藤聖規(監修)翔泳社(出版社)2022/1/18(発売日)352(ページ数)

Google Cloudのエンジニアによる本格解説書! 

クラウドコンピューティングが普及する中で、エンタープライズシステムもまた、オンプレミスからクラウドへの円滑かつ効果的な移行が求められています。

本書は、エンタープライズシステムを構築・運用するエンジニアのために、Google Cloudの具体的なユースケースや設計ポイントをGoogle Cloudのエンジニア陣が徹底的に解説する一冊です。

プロダクトカットで機能の説明にフォーカスをするのではなく、従来オンプレミスでシステム開発を行う際にも考慮が必要である「アカウント設計」「セキュリティ設計」「ネットワーク設計」「プロダクト設計」「監視・運用設計」「移行設計」といった設計軸で、Google Cloudを利用する際のポイントについて述べています。

また、説明の軸足を置くユースケースとしては主に、従来オンプレミスで稼働していたようなエンタープライズシステムを、どのようにGoogle Cloud上で実現するかにフォーカスしているため、あえてコンテナ、データ分析、AI/MLといった領域の説明は簡易な記載にとどめています。

本書を読めば、エンタープライズ用途にも耐えうるクラウドアプリケーションの・アカウント設計・セキュリティ設計・ネットワーク設計・プロダクト設計・監視・運用設計・移行設計などのノウハウを、広く深く学ぶことができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

Google Cloudの名著・ロングセラー本

Google Cloudについての名著やロングセラー本を紹介します。

Google Cloud エンタープライズIT基盤設計ガイド:遠山 陽介ほか(著)

書籍情報

遠山 陽介, 深津 康行, 米川 賢治, 小島 仁志(著)日経BP(出版社)2022/3/18(発売日)360(ページ数)

企業システムに関わる人が知っておくべきGoogle Cloudのサービスを 網羅的にわかりやすく解説 
3つのシナリオにおける設計の進め方や注意点も収録 


Google Cloudは企業情報システムへの対応を急速に進めており、DX(デジタルトランスフォーメーション)での存在感を高めています。
本書は、企業情報システムの担当者やシステム企画部門、サービスを開発・運営する事業部門の担当者などが知っておくべきGoogle Cloudのサービスを網羅的に分かりやすく解説した一冊です。 

データベースやセキュリティー、機械学習など11のカテゴリーに分けて重要なサービスを1つひとつ平易に解説しており、Google Cloudの基本的な知識を体系立ててつかむことができます。

「ハイブリッドクラウドの構築」「データ分析基盤の構築」「IoT・機械学習システムの構築」という3つのシナリオにおける具体的な開発の進め方、設計例、考慮すべきポイントも収録しました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

Amazonでみる

Google Cloudではじめる実践データエンジニアリング入門 [業務で使えるデータ基盤構築]:下田 倫大ほか(著)

書籍情報

下田 倫大, 寳野 雄太, 饗庭 秀一郎, 吉田 啓二(著)技術評論社(出版社)2021/2/20(発売日)440(ページ数)

体系的にデータ分析基盤の要件を学ぶ! 

AIやIoTが実用化フェーズに入りつつあるのみならず、デジタルトランスフォーメーション(DX)への注目の高まりによって、事業やサービスを取り巻くデータを分析・活用・管理するためのインフラであるデータ基盤の重要性が増しています。
データ基盤を構築するにあたり、先行する事例から、Google Cloud(Google Cloud Platform, GCP)はデータ領域に強みがある、あるいは、BigQueryは高速に動作するデータウェアハウスである、と聞いたことがある方は多いでしょう。 

本書では「データ基盤」そのものを体系的に整理しながら、Google Cloudの各サービスをどのように活用することで実用的なデータ基盤を構築できるか、また発展的なデータ分析ニーズに応えるデータ基盤をどのように設計できるか、といった点について解説しています。
特にGoogle Cloudはマネージドサービスを中心として提供されているため、その特性を正しくとらえることで、最大限の価値を発揮できるようになります。

実際にGoogle Cloudやオンプレミス、他のクラウドサービスを用いたデータ基盤の構築や設計に携わってきた筆者らによる一歩踏み込んだ解説が本書の特徴です。

本書は以下のような方におすすめです。 
・これからデータ基盤の構築に関わる可能性があるエンジニア 
・Google Cloudや他のクラウドサービスを利用しており、これからデータ領域での活用を広げようとしている方

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

ハンズオンで分かりやすく学べる Google Cloud実践活用術 データ分析・システム基盤編:日経クロステックほか(著)

書籍情報

クラウドのサービスが高度化を続けています。
素の仮想コンピューターに一からシステムを構築するというのはもはや時代遅れ。
用意されたさまざまなサービスを組み合わせて短期間で目的のシステムを構築することが重要になっています。 

Google Cloud(旧名称Google Cloud Platform=GCP)にはさまざまなサービスがあり、これらを活用することで、開発・運用・保守の短縮化・低コスト化・安定化が可能です。
本書はGoogleの監修を受けており、2巻構成でGoogle Cloudの 「 AI・機械学習 」 「 ビッグデータ 」 「 コンテナ 」 の機能と使い方を解説します。
本巻ではこの中で 「 ビッグデータ 」 と 「 コンテナ 」 に焦点を当てます。 

ビッグデータを管理するBigQueryは従来のデータベースと異なり、インデックスを作る必要がないのが特徴。
データ分析に力を発揮します。

コンテナを管理するオーケストレーション・ツールではGoogleが開発したKubernetesが業界標準となっていますが、Google CloudではKubernetesを使いやすくするGoogle Kubernetes Engine(GKE)を用意しています。 

本書ではハンズオンでこれらを学習できます。
データはGoogleが用意しているものを使っているので、実際に試すのも容易です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

ハンズオンで分かりやすく学べる Google Cloud実践活用術 AI・機械学習編:日経クロステックほか(著)

書籍情報

日経クロステック, 大澤 文孝(著)日経BP(出版社)2021/5/20(発売日)164(ページ数)

クラウドのサービスが高度化を続けています。
素の仮想コンピューターに一からシステムを構築するというのはもはや時代遅れ。
用意されたさまざまなサービスを組み合わせて短期間で目的のシステムを構築することが重要になっています。 

Google Cloud( 旧名称Google Cloud Platform = GCP )にはさまざまなサービスがあり、これらを活用することで、開発・運用・保守の短縮化・低コスト化・安定化が可能です。
本書はGoogleの監修を受けており、2巻構成でGoogle Cloudの 「 AI・機械学習 」 「 ビッグデータ 」 「 コンテナ 」 の機能と使い方を解説します。
本巻ではこの中で 「 AI・機械学習 」 に焦点を当てます。 

AI・機械学習は自分で一から作るのが困難な分野です。
モデルを構築するのに専門知識が必要なだけでなく、数多くのデータを用意したり、それを学習させたりと、大変な労力がかかり、ノウハウも必要です。
Google CloudではGoogleが培ってきた学習済みのモデルを使ったり、ユーザーが学習させたりすることで容易にシステムを構築できます。 

本書ではハンズオンでこれらを学習できます。
データはGoogleがビッグデータとして用意しているものを使っているので、実際に試すのも容易です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

最新のGoogle Cloudの本

近日発売予定や最近発売された最新のGoogle Cloudの本を、発売日が新しい順に紹介します。

2月に発売されるGoogle Cloudの関連書籍は見つかっていません。

マルチクラウドネットワークの教科書 耐障害性と冗長性を実現するデザインパターン:宮川 亮(著)

書籍情報

この1冊でマルチクラウドジャーニーを突き進め!

本書はマルチクラウドにおける、現代的なネットワーク構築・設計を解説する書籍です。
ネットワークの観点からマルチクラウドの優位性や課題を紹介します。
また、構成例や接続方法はもちろん、デザインパターンや運用方法まで解説します。

■本書の特徴
・マルチクラウドジャーニーを丁寧に解説
オンプレミス環境からはじめて、どのようにマルチクラウド環境に移行していくかがわかるように順を追って解説しています。

・冗長性と耐障害性を実現するデザインパターンの紹介
過去の障害を参考に、多くのデザインパターンを紹介します。

・非機能要件まで網羅
可用性、拡張性、運用性、移行性をもたせる非機能要件についても解説します。

■対象読者
・クラウドエンジニア(ベンダーロックインに限界を感じている方)
・ネットワークエンジニア(オンプレからクラウドに領域を広げる方)

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

New Relic実践入門 第2版 オブザーバビリティの基礎と実現:松本大樹ほか(著)

書籍情報

松本大樹,松川晋士,古垣智裕,梅津寛子,章俊,竹澤拡子,三井翔太,大森俊秀,大川嘉一,中島良樹,山口公浩,齊藤雅幸,小林良太郎,髙木憲弥,板谷郷司,長島謙吾,伊藤基靖(著)翔泳社(出版社)2023/12/11(発売日)376(ページ数)

あらゆるデータを収集・分析・可視化して、システム/サービスの変化に能動的に対処せよ

ITシステムやサービスが複雑化する現代において、オブザーバビリティ(Observability:可観測性)という考え方が極めて重要になっています。

オブザーバビリティとは、デジタル上の複雑な動作をリアルタイムに把握して理解するための技術であり、「Observe(観察する)」+「ability(能力)」が組み合わされた単語で、特にソフトウェアの世界ではデジタル上の複雑な動作を収集・分析・可視化して、観測可能な状態にする技術のことを指します。

従来のモニタリング(監視)では、何かしらの形で「事前に想定できた」異常しかアラートとして検知できなかったのに対し、オブザーバビリティではテレメトリデータとしてあらゆるデータを集めることにより、「事前に想定できなかった」異常や変化を把握でき、開発・運用の両面において能動的な対処が可能になります。
特に、大規模なシステム/サービスの開発・運用になればなるほど、オブザーバビリティから得られるメリットはより一層大きくなります。

そんなオブザーバビリティを実現するツール群が「New Relic」です。
New Relicを利用することで、ブラウザ、モバイル、サーバーなどさまざまな環境で動くアプリケーションについて、オブザーバビリティを導入することが可能になります。
また、SDKが対応する言語も多岐にわたり、あらゆる状況下で一元的にデータ収集を行い、分析・可視化してくれます。

本書では、大規模システムの開発・運用に携わるエンジニアに向け、オブザーバビリティの基礎や考え方を身に付けつつ、オブザーバビリティを実現するツール「New Relic」の実践的な利用法や活用パターンについて解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

実践DX クラウドネイティブ時代のデータ基盤設計:川上 明久(著)

書籍情報

川上 明久(著)日経BP(出版社)2023/3/17(発売日)144(ページ数)

★データ駆動型経営を支えるデータ基盤の設計が分かる
★オンプレミスのDBをクラウドに移行する手法を知る


データ駆動型経営が求められるなか、その根本となるデータ活用環境が重要になっています。
この環境を支えるのが企業におけるデータ基盤です。
現在、クラウド化の進展に伴い、データ基盤をクラウド技術で構築する、つまりクラウドネイティブにする流れが急速に進んでいます。

本書では、データ基盤のクラウド化に際して選択されることの多い米アマゾン・ウェブ・サービスの「Amazon Web Services(AWS)」、米マイクロソフトの「Microsoft Azure」、米グーグルの「Google Cloud」、米オラクルの「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」の各サービスを取り上げ、クラウドネイティブなデータ基盤をどのように構築していくかを説明します。

加えて本書では既存のオンプレミスのデータベースのクラウド移行について1章を割いて説明しています。
クラウドへのデータベース移行は頻繁に経験することではなく、予算やスケジュールの見積もりには特有の難しさがあります。
本書ではデータベース移行の計画立案、データベースとアプリケーションを移行するにあたってやるべきことなどをまとめています。

データを的確に、迅速に活用するには、クラウドネイティブなデータ基盤の構築に加え、管理の仕組みも欠かせません。
実際のデータ活用を円滑に進めるためのデータマネジメント組織の役割や機能についても説明します。

データ基盤の構築とデータ活用に携わるすべてのエンジニアに必携の一冊です。ぜひご活用ください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

Google Cloud よくある質問と回答

Google Cloudについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

Google Cloudとは何ですか?

回答: Google CloudはGoogleが提供するクラウドコンピューティングサービスで、企業や個人がサーバー、ストレージ、データベース、ネットワーキング、機械学習などのリソースやサービスをクラウド上で利用できるプラットフォームです。

Google Cloudは、Googleの高度なインフラストラクチャとデータアナリティクス機能を活用して、さまざまなアプリケーションやデータの処理を行うことができます。

Google Cloudの主な利点は何ですか?

回答: Google Cloudの主な利点には、高いスケーラビリティ、堅牢なセキュリティ、先進的な機械学習とデータアナリティクスの能力があります。

Googleの大規模なインフラストラクチャによる信頼性の高いサービス提供と、使いやすい管理ツールも大きなメリットです。

また、コスト効率の高い料金設定も魅力の一つです。

Google Cloudで提供される主なサービスは何ですか?

回答: Google Cloudでは、Google Compute Engine(仮想マシン)、Google App Engine(アプリケーションホスティング)、Google Cloud Storage(オブジェクトストレージ)、Google Kubernetes Engine(コンテナオーケストレーション)、BigQuery(ビッグデータ分析)などのサービスを提供しています。

これらは、アプリケーションの開発、デプロイ、管理を簡素化し、高度なデータ処理機能を提供します。

Google Cloudの料金体系はどのようになっていますか?

回答: Google Cloudの料金体系は使用したリソースに基づく従量課金制です。

ユーザーは使用したコンピューティングリソース、ストレージ容量、データ転送量に応じて料金を支払います。

また、Google Cloudはフリーティアを提供しており、特定のサービスを無料で試すことができます。

長期的なコミットメントや予約購入による割引も利用できます。

Google Cloudのセキュリティはどのように管理されていますか?

回答: Google Cloudはセキュリティを非常に重視しており、データセンターの物理的なセキュリティからネットワークセキュリティ、データの暗号化に至るまで幅広いセキュリティ対策を実施しています。

IAM(Identity and Access Management)による詳細なアクセスコントロール、データの暗号化、定期的なセキュリティ監査、多要素認証などの機能を通じて、クラウドリソースのセキュリティを強化しています。

また、ユーザーは自分のアプリケーションやデータに対してカスタムのセキュリティポリシーを設定することができます。

Google Cloudのスキルが活かせる職種とは?

Google Cloudは、Googleが提供するクラウドコンピューティングサービスのスイートであり、コンピューティング、データストレージ、データ分析、機械学習など幅広いサービスを提供しています。

Google Cloudに関する知識や経験を習得することによって担当することができる仕事には、以下のようなものがあります:

  1. クラウドソリューションアーキテクト:
    • GCPを使用して、顧客のビジネス要件に合わせたクラウドベースのソリューションを設計・実装します。セキュリティ、ネットワーク、データ管理などの最適なプラクティスを組み込み、スケーラブルでコスト効率の良いアーキテクチャを構築します。
  2. データエンジニア:
    • BigQuery、Cloud Dataflow、Cloud Pub/SubなどのGCPデータサービスを使用して、データパイプラインの構築、大規模データセットの処理・分析を行います。データウェアハウスの設計やビッグデータ処理の自動化に貢献します。
  3. DevOpsエンジニア:
    • GCPの各種管理ツールを利用して、開発から運用までのプロセスを自動化します。Cloud Build、Container Registry、Kubernetes Engineを使用してCI/CDパイプラインを構築し、アプリケーションの自動デプロイやスケーリングを実現します。
  4. アプリケーション開発者:
    • App Engine、Cloud FunctionsなどのGCPサービスを活用して、スケーラブルなウェブアプリケーションやモバイルアプリケーションを開発します。サーバーレスアーキテクチャやマイクロサービスの設計に携わります。
  5. AI/MLエンジニア:
    • AI Platform、AutoML、TensorFlowなどの機械学習サービスを使用して、カスタムAIモデルの開発や既存モデルのカスタマイズを行います。画像認識、自然言語処理、予測分析など、様々なAIソリューションの開発に貢献します。
  6. ネットワークエンジニア:
    • Virtual Private Cloud (VPC)、Cloud Load BalancingなどのGCPのネットワークサービスを使用して、セキュアで高性能なクラウドネットワークインフラを構築・管理します。
  7. セキュリティスペシャリスト:
    • Cloud Security Command Center、Cloud IAM(Identity and Access Management)などのGCPセキュリティツールを使用して、クラウドリソースのセキュリティ対策を強化します。コンプライアンス監査、脆弱性評価、セキュリティポリシーの策定などを行います。
  8. クラウドトレーナー/コンサルタント:
    • GCPに関する知識を共有し、企業や個人がGCPサービスを最大限に活用できるように支援します。ベストプラクティス、アーキテクチャ設計、コスト管理などに関するトレーニングやコンサルティングを提供します。

Google Cloudに関する知識や経験を持つプロフェッショナルは、クラウドコンピューティング、データ分析、機械学習などの分野で急速に進化する技術の最前線で活躍することができます。

GCPの幅広いサービスとツールを活用することで、企業のデジタル変革を推進し、イノベーションを実現することが期待されます。

PR

まとめ

Google Cloudについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、Google Cloudがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。

PR