【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】マイクロサービスがわかる本おすすめ3選+最新情報

「マイクロサービスがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

マイクロサービスについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

マイクロサービスとは、大規模なアプリケーションを小さく独立したサービスの集合に分割するアーキテクチャスタイル。各サービスは特定の機能を担い、独自のプロセスで運用され、軽量な通信メカニズム(通常はHTTP API)を介して互いに連携します。このアプローチにより、開発、テスト、デプロイ、スケーリングが容易になり、システム全体の耐障害性が向上します。

まずはじめに、マイクロサービスがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ソフトウェア開発者やエンジニア:分散システムやマイクロサービスアーキテクチャの開発スキルを向上させたい。
  • ITプロジェクトマネージャー:マイクロサービスベースのプロジェクトを管理し、効率的な運用を学びたい。
  • システムアーキテクト:スケーラブルで柔軟なアプリケーションの設計方法に関心がある。
  • データサイエンスの専門家:マイクロサービスを活用したデータ処理や分析プラットフォームに興味がある。
  • クラウドコンピューティングの専門家:クラウド環境でのマイクロサービスの展開や運用について学びたい。
  • ビジネスアナリストやコンサルタント:企業のIT戦略にマイクロサービスを組み込む方法を理解したい。
  • ソフトウェア品質保証担当者:マイクロサービスベースのアプリケーションのテスト戦略について学びたい。
  • エンジニアリングの学生:最新のソフトウェア開発トレンドと技術に精通したい。
  • ITインフラストラクチャの専門家:マイクロサービスのためのネットワークやサーバー環境の設定に関心がある。
  • 技術革新に関心を持つ一般読者:新しいソフトウェア開発手法の基本概念を理解したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

マイクロサービスの本 おすすめ3選

マイクロサービスがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

マイクロサービスアーキテクチャ 第2版:Sam Newman(著)

書籍情報

Sam Newman(著)佐藤 直生(監修)木下 哲也(翻訳)オライリージャパン(出版社)2022/12/2(発売日)664(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

2014年にThoughtworksのマーチン・ファウラーとジェームス・ルイスによって提唱された「マイクロサービス」は、いまではすっかり市民権を得て、さまざまな手法やツールが開発されています。

著者は、マイクロサービスに「賛成」でも「反対」でもないという中立的な立場から、マイクロサービスの仕組み、特徴、長所、短所、課題を丁寧に説明しています。
Thoughtworks在籍中から数多くのマイクロサービスプロジェクトに携わっていた著者が共有する、自身の実体験から得た多くの知見は、システム設計、開発、デプロイ、テストといった技術的側面のみならず、人材をどのように活かし、生産性を上げるかといった組織面にも多くの示唆を与えてくれるものです。

組織に適したアーキテクチャを選択し、信頼性が高く、堅牢性、安全性、柔軟性に優れたシステムを設計する上で指針となる一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

クラウドネイティブで実現する マイクロサービス開発・運用 実践ガイド:正野勇嗣ほか(著)

書籍情報

正野勇嗣, 山田真也, 宇都宮雅彦, 横井一輝, 岡本隆史(著)技術評論社(出版社)2023/9/25(発売日)456(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

マイクロサービス開発の最新ノウハウ・トレンドが満載!

マイクロサービスはその実装の複雑さから、アーキテクチャを変えるだけでなく、組織構成の見直しやCI/CDによるオートメーション、複雑なシステムをどう可視化するかなどが、その成功に不可欠であることが分かってきました。

近年では、クラウドネイティブ/Kubernetesの適用により、マイクロサービス固有のフレームワークに依存することなく、より簡潔にマイクロサービスを実装できるようになり、再び注目されています。

本書では、特定のマイクロサービスフレームワークに過度に依存することなく、Kubernetes上でマイクロサービスを設計・実装・運用するためのノウハウを解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

絵で見てわかる マイクロサービスの仕組み:樽澤広亨(著,監修)

書籍情報

樽澤広亨(著,監修) 佐々木敦守, 森山京平, 松井学, 石井真一, 三宅剛史(著)翔泳社(出版社)2021/7/12(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

DX実現のための基礎技術“マイクロサービス"のポイントを手早く習得

マイクロサービスとは何でしょうか 小さな粒度のソフトウェアコンポーネントのことでしょうか いえいえ、その本質は違います。
マイクロサービスとは、サービス指向の革新的ソフトウェアアーキテクチャに加え、コンテナやKubernetesといったアプリケーションランタイム、CI/CDやアジャイルプロセスなどの開発手法、RESTやメッセージングなどによるアプリケーション連携形態を包含する、クラウドネイティブコンピューティングの包括的なアーキテクチャスタイルです。

本書では、マイクロサービスを、クラウドネイティブ時代のアーキテクチャスタイルとして捉えて、マイクロサービス流のソフトウェアアーキテクチャに加えて、コンテナ、Kubernetes、サービスメッシュ、DevOps、ハイブリッド&マルチクラウドなど、DXを支えるクラウドネイティブテクノロジーの全体像を解説します。

DX実現のための最新技術動向を知りたい方、クラウドネイティブコンピューティングの概要を理解したい方、そしてマイクロサービスに興味をお持ちの技術者にとって、本書はおすすめの一冊です。
本書でマイクロサービスの本質とポイントを学び、「2025年の崖」を飛翔のきっかけとしてください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

マイクロサービスの名著・ロングセラー本

マイクロサービスについての名著やロングセラー本を紹介します。

モノリスからマイクロサービスへ モノリスを進化させる実践移行ガイド:Sam Newman(著)

書籍情報

Sam Newman(著)島田 浩二(翻訳)オライリージャパン(出版社)2020/12/26(発売日)276(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

本書は、モノリスからマイクロサービスアーキテクチャへと移行するための実践的なガイドです。

マイクロサービスが自分たちのシステムに適しているかを判断するところから、ビジネスを維持しながらモノリシックなシステムを少しずつマイクロサービスに切り替えていく方法、さらには、マイクロサービスアーキテクチャが成長するにつれて起こる課題への対処の仕方まで、豊富な例やシナリオを用いて解説します。
また、モノリスやデータベースを分解していくのに役立つ様々なパターンやテクニックも扱います。

システムのアーキテクチャ移行について具体的な方法を解説する本書は、エンジニア必携の一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

実践マイクロサービスAPI:José Haro Peralta(著)

書籍情報

José Haro Peralta(著)株式会社クイープ(監訳)翔泳社(出版社)2023/10/18(発売日)480(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

いかにしてマイクロサービスを構築し、APIによってそれらを統合・推進するのか

本書は
José Haro Peralta, "Microservice APIs",
Manning Publications 2023
の邦訳版です。

理解・利用・保守が容易なAPIで、堅牢なマイクロサービスを設計・実装する実践的なテクニックを学べる一冊です。

著者が長年培ってきた指導力をもとにPythonベースの例を豊富に掲載し、哲学よりも実装に重点を置いたマイクロサービス実践の書です。
どの言語でも機能する原則とパターンに従って、堅牢なマイクロサービスAPIを構築し、テストして保護し、クラウドにデプロイする方法を学ぶことができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

マイクロサービスパターン 実践的システムデザインのためのコード解説:Chris Richardson(著)

書籍情報

Chris Richardson(著)長尾高弘(翻訳)樽澤広亨(監修)インプレス(出版社)2020/3/23(発売日)550(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

マイクロサービスは、現在最も注目されるソフトウェアのアーキテクチャスタイルです。
巨大なモノリシック(一枚岩)システムを、独立した複数のサービスへと分割することによって、それらのサービスはRESTやメッセージングを介して協業できるようになります。
機能別に分割されたサービスはそれぞれ個別に開発/デプロイ/管理され、疎結合となっており、保守性や運用性が飛躍的に向上します。

マイクロサービスは巨大なエンタープライズシステムのモダナイゼーションに役立つアーキテクチャスタイルですが、その実践は簡単なことではありません。
本書は、システムのマイクロサービス化の成功に向けた極めて実践的な解説書です。
豊富なサンプルコードを示しながら、ストーリー仕立てで具体的な解説を試みます。
システムやプロセス間通信の設計や、ビジネスロジックの開発、データの永続化などを解説し、さらにテストやデプロイ、開発プロジェクトのマイクロサービスへの移行などについても考察しています。

マイクロサービスについて詳しく知り、その実現のための具体的な方法を知りたい、開発の失敗を避けるための生きた知識を得たいという方のために、本書はさまざまな知見を提供します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のマイクロサービスの本

近日発売予定や最近発売された最新のマイクロサービスの本を、発売日が新しい順に紹介します。

5月に発売されるマイクロサービスの関連書籍は見つかっていません。

実践!Go言語とgRPCで学ぶマイクロサービス開発:古川 正寿(著)

書籍情報

古川 正寿(著)科学情報出版(出版社)2024/4/17(発売日)254(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

gRPC はサービス間連携方法として、たいへん有効で強力な方法であることが徐々に認識されつつあります。
本書は、CQRS サービスを実現するマイクロサービスを実装する過程を解説しながら、gRPC の利用方法やGo の世界で利用されているフレームワークの利用方法の知識を得ることを目的としています。

2章以降では、gRPC の利用方法、サンプルアプリケーションのアーキテクチャ、Command、Query、Client の3 つのサービスの実装内容と、フレームワークの利用方法について解説しています。

4 章~ 7 章でアプリケーションを構成するレイヤ毎に設計、実装内容、フレームワークの利用方法を解説します。7 章では、完成したCommand Service の動作確認のために、リクエスト送信ツールであるgrpcurl を利用したサーバへのアクセス方法について解説します。

Query Service は問合せ結果を提供するため、シンプルな3 層構造で全体を実装しています。O/R マッパーとしてGORM を利用し、8 章でGORM の使い方について説明しています。9 章では、シンプルで基本的は方法でgRPC サーバにアクセスしますが、10 章でストリームを利用したアクセス方法を示し、インターセプタやTLS を利用したセキュアな接続について解説しています。

すべてのサンプルプログラムは、Git で公開しています。必要に応じてダウンロードして利用してください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Kubernetesマイクロサービス開発の実践:早川 博(著)

書籍情報

早川 博(著)北山 晋吾(監修)インプレス(出版社)2023/12/19(発売日)400(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

本書では、書誌情報を提供するアプリケーションを例に、Kubernetesにおけるマイクロサービスによるアプリケーションの展開、マイクロサービスへ移行するうえでのアーキテクチャの見直し、システムの運用について、IT現場での実践的で具体的な方法を順序を追って解説しています。

サービスをデプロイする方法についてコンテナとAWS環境を使用しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Kubernetesの知識地図 現場での基礎から本番運用まで:青山真也ほか(著)

書籍情報

青山真也, 小竹智士, 長谷川誠, 川部勝也, 岩井佑樹, 杉浦智基(著)技術評論社(出版社)2023/6/24(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

Kubernetesについて押さえておきたい情報を第一線のエンジニアが厳選!

Kubernetesの基礎から本番運用のベストプラクティスまで、押さえておきたい情報源を第一線のエンジニアが厳選。
進化を続けるKubernetesと幅広いエコシステムについての知識をこの一冊で身につけられます!

(こんな方におすすめ)
・Kubernetesを活用したいが、どのように学んでいけばよいかわからない人。
・すでにKubernetesを使ってはいるが、ベストプラクティスを模索している人。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Knative実践ガイド:小野 佑大(著)

書籍情報

小野 佑大(著)インプレス(出版社)2023/4/11(発売日)312(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

Knativeは「イベント駆動型アーキテクチャ」のフレームワークとして、サーバーレスなシステム構築に活用できます。
とくに、マイクロサービスを利用したステートレスなアプリケーションを実装する上で、Knativeのイベント駆動型アーキテクチャのセットは非常に有用で、今後のクラウドネイティブな環境において、スケーラビリティの高いアプリケーションを簡単に実装するのに役立ちます。

本書では、クラウドネイティブに取り組むインフラ技術者が、最新トレンドであるKnativeの知見を体系的に学習できるように、技術解説に加えて、実務で参考になるユースケースを取り上げています。
今後のKubernetes環境における必須の技術についての理解度を、本書でもう一歩前に進めることができます。
IT現場でKnativeの採用を検討するうえでも、また、Knativeを使いこなすうえでも、必携のガイドブックの登場です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Docker実践ガイド 第3版:古賀政純(著)

書籍情報

古賀政純(著)インプレス(出版社)2023/2/21(発売日)520(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

本書では、技術者だけでなく、IT基盤の方向性の検討や戦略の立案、意思決定を行う立場の方が、導入前の検討を実践できる内容を盛り込みました。

具体的には、コンテナの特徴、導入時の検討項目、注意点などのチェックリストを設け、システム構成例などを解説図にまとめ、要点を把握しやすいようにしました。
また、大規模データセンター向けのコンテナ基盤構築の経験がない技術者でも、その基礎を理解できるよう、Docker(v20.10.系)のインストール手順、使用法などを具体的に記載しています。

今回出版される第3版では、ネットワーキング(Ipvlan)、セキュリティ管理ツール、GUI管理ツールなど、Dockerを取り巻く最新のエコシステムについての加筆に加え、新たに商用版コンテナ管理基盤のEzmeralの構築手順、使用法など、2022年時点での最新のトピックを取り上げました。

内容の詳細は目次を参照していただきたいのですが、コンテナの連携を行うDocker Compose、クラスタ化を実現するDocker Swarm、GUI管理ツール、コンテナ基盤におけるネットワーキング、周辺機器の使用例、インターネットに接続しない社内コンテナ環境の構築、そして、複数コンテナによるオーケストレーションを実現する人気のKubernetesなどの解説を網羅しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

AWSで実現するモダンアプリケーション入門 サーバーレス、コンテナ、マイクロサービスで何ができるのか:落水 恭介ほか(著)

書籍情報

落水 恭介, 吉田 慶章(著)技術評論社(出版社)2023/1/21(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

アプリケーションの設計・構築・管理を継続的に見直し、変化に迅速な対応をする開発戦略として、注目されている「モダンアプリケーション」。
高い俊敏性・柔軟性のある開発を実現し、ビジネスを成長させることができます。
しかし、モダンアプリケーション構築に役立つプラクティスは抽象度が高いことから、現場に適用しにくいのではないでしょうか。

そこで本書では、架空の開発現場を題材に、実際のプラクティスを解説。
サーバーレスやコンテナによる運用改善・CI/CDパイプライン構築による自動化・アーキテクチャ最適化などを実践する方法を、イメージしながら読み進められるようまとめました。
要件にあった技術選択をする重要性も紹介し、アプリケーションや組織の規模にあった考え方ができるようなアクティビティ(問いかけ)も提供しています。

各企業の技術戦略などによって最適解は変わりますが、アプリケーションの課題を改善して生産性を高めたい方にとって参考になる情報が多いでしょう。
「なんとなく流行っているから……」「過去に使ったことがあるから……」という理由で技術選定されている現場に違和感を感じる方にもお勧めの1冊です。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

マイクロフロントエンド マイクロサービスアーキテクチャの概念をフロントエンドに拡張し、信頼性、自律性の高いシステムを構築する:Luca Mezzalira(著)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

DAZNでアーキテクトを務めた著者が、マイクロフロントエンドアーキテクチャの概念、長所と短所、導入のポイントなどを俯瞰的に説明します。
プロジェクトに適したアーキテクチャをどのように見極めるべきかについて、デプロイ可能性、モジュール性、テスト容易性、パフォーマンス、開発者体験といった観点から、多角的に分析することの重要性を強調します。

また、マイクロフロントエンドを導入する予定がない組織にとっても、自律性、生産性の高いチーム作りのヒントを得ることができます。

巻末の付録では、開発の最前線で活躍する8人にインタビュー。
マイクロフロントエンドの威力、可能性、落とし穴など、開発現場の貴重な「生の声」を収録。
一筋縄ではいかない開発の風景を垣間見ることができます。

実装サンプルはすべてGitHubから利用可能です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

マイクロサービス よくある質問と回答

マイクロサービスについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

マイクロサービスとは何ですか?

回答: マイクロサービスとは、ソフトウェア開発のアーキテクチャスタイルの一つで、大きな単一のアプリケーションを小さく独立したサービスの集合体に分割するアプローチです。

各サービスは特定の機能を担い、独立して開発、デプロイ、運用されます。

これにより、より柔軟でスケーラブルなシステム構築が可能になります。

マイクロサービスのメリットは何ですか?

回答: マイクロサービスのメリットには、開発の柔軟性の向上、サービス間の独立性による障害の局所化、スケーラビリティの改善、継続的なデリバリーとデプロイメントの容易化などがあります。

また、異なる技術スタックを使用する自由度が高く、チームがより効率的に機能することができます。

マイクロサービスとモノリシックアーキテクチャとの違いは何ですか?

回答: モノリシックアーキテクチャでは、アプリケーションが単一の大きなコードベースとして構築され、全ての機能が緊密に結合されています。

一方、マイクロサービスアーキテクチャでは、アプリケーションが小さく独立したサービスに分割され、各サービスが特定の機能を担い、独立して開発されます。

これにより、マイクロサービスはモノリシックアーキテクチャよりも柔軟性とスケーラビリティが高くなります。

マイクロサービスアーキテクチャの主な課題は何ですか?

回答: マイクロサービスアーキテクチャの課題には、サービス間の通信の複雑さ、データ整合性の確保、運用管理の難しさ、サービス間の依存関係の管理、セキュリティ対策の複雑化などがあります。

また、マイクロサービスを採用するためには適切な開発文化と技術的スキルが必要です。

マイクロサービスを採用する際のベストプラクティスは何ですか?

回答: マイクロサービスを採用する際のベストプラクティスには、サービスの独立性の確保、APIを通じたサービス間通信、コンテナ化技術の利用、継続的インテグレーションとデリバリー(CI/CD)の実施、適切なモニタリングとロギングの導入などがあります。

また、サービス間のクリアな契約とドキュメントの整備も重要です。

マイクロサービスのスキルが活かせる職種とは?

マイクロサービスアーキテクチャは、アプリケーションを小さく独立したサービスの集合体として設計する手法で、各サービスは特定のビジネス機能を実行し、軽量な通信プロトコルを介して互いに通信します。

マイクロサービスに関する知識や経験を習得することによって、以下のような職種で仕事を担当することができます:

  1. ソフトウェア開発者/エンジニア:
    • マイクロサービスベースのアプリケーションの設計、開発、テスト、デプロイメントを行います。各マイクロサービスが独立して機能するように、特定のビジネスロジックやデータベースを持つコンポーネントの開発を担当します。
  2. アーキテクト:
    • システム全体のマイクロサービスアーキテクチャを設計します。サービス間の依存関係、通信プロトコル、データ管理戦略など、システムの構造を決定し、拡張性、保守性、セキュリティを考慮した設計を行います。
  3. DevOpsエンジニア:
    • 開発と運用の自動化を推進し、マイクロサービスの継続的インテグレーション(CI)と継続的デリバリー(CD)を実現します。コンテナ技術(Docker、Kubernetesなど)を用いたデプロイメント、モニタリング、スケーリング戦略の設計と実装を行います。
  4. クラウドソリューションアーキテクト:
    • クラウド環境でのマイクロサービスアーキテクチャの設計と導入を担当します。AWS、Azure、Google Cloud Platformなどのクラウドサービスを活用して、スケーラブルで高可用性なアプリケーションインフラを構築します。
  5. API開発者:
    • マイクロサービス間、または外部システムとの通信を実現するためのAPIを設計・開発します。RESTful APIやGraphQLなどの技術を用いて、データ交換とサービス連携のためのインターフェースを提供します。
  6. セキュリティエンジニア:
    • マイクロサービスアーキテクチャにおけるセキュリティの設計と実装を担当します。認証、認可、データ暗号化、APIセキュリティなど、サービスごとのセキュリティ対策を計画し、実施します。
  7. パフォーマンスエンジニア:
    • マイクロサービスアプリケーションのパフォーマンス監視、チューニングを行います。システムの応答性や処理能力を最適化し、ユーザー体験の向上を図ります。

マイクロサービスに関する専門知識を持つプロフェッショナルは、アジャイル開発、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、AIなど、最先端技術の導入が進む多くのプロジェクトで重要な役割を果たします。

ビジネスの要求に柔軟に対応し、迅速なイテレーションと革新を実現するために、マイクロサービスアーキテクチャの知識と経験はますます重要になっています。

PR

まとめ

マイクロサービスについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、マイクロサービスがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。