【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年6月】サーバーレスがわかる本おすすめ3選+最新情報

「サーバーレスがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

サーバーレスについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

サーバーレスとは、アプリケーション開発においてサーバーの管理をユーザーが行わず、クラウドプロバイダーが実行環境を自動で提供するアーキテクチャスタイルです。開発者はコードの記述に集中でき、インフラのスケーリングやメンテナンスはプラットフォームが自動で対応。コスト効率も良く、使用した分だけ課金されるため、小規模から大規模なアプリケーションに理想的です。

まずはじめに、サーバーレスがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ソフトウェア開発者: サーバーレス技術を使用してアプリケーションの開発効率を高めたい。
  • ITアーキテクト: スケーラブルでコスト効率の高いサーバーレスソリューションを設計したい。
  • クラウドエンジニア: クラウドベースのサービスでサーバーレスアーキテクチャを利用したい。
  • DevOpsプロフェッショナル: サーバーレス環境での自動化とCI/CDプロセスを実装したい。
  • プロジェクトマネージャー: サーバーレスプロジェクトの計画、実行、監視を担当したい。
  • IT学生: 最新のクラウドコンピューティングトレンドとしてサーバーレス技術を学びたい。
  • システム管理者:従来のサーバーベースのアーキテクチャからサーバーレスへの移行を理解したい。
  • スタートアップ創業者: 迅速なプロトタイピングとスケールアップのためにサーバーレスを活用したい。
  • データサイエンティスト: サーバーレスアーキテクチャを利用してデータ処理と分析の効率を向上させたい。
  • テクノロジー愛好家: 最新のIT技術としてサーバーレスの概念と利点を理解したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

サーバーレスの本 おすすめ3選

サーバーレスがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

基礎から学ぶ サーバーレス開発

書籍情報

青池利昭, 福田悠海, 和田健一郎(著)シーアンドアール研究所(出版社)2020/7/22(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書はサーバーレス開発の基本から実践、導入するにあたっての注意事項などを丁寧に解説しています。
現場のノウハウが満載の1冊です。

【「はじめに」より抜粋】
サーバーレスが話題になり、「サーバーを意識する必要がない」、「利用した分だけ支払う住従量課金」といったメリットが注目されています。

確かにサーバー利用時の煩わしさから開放されますが同時にサーバーレスにすることで生じる誤解や課題もあります。

一例としてサーバーレスだから停止することなく動き、自動でバックアップを取得してくれるのでバックアップに関係する設計をする必要がないといった誤解を耳にしたことがあります。
マネージドサービスであるAmazon Relational Database Serviceを利用してデータベースを運用する場合、スナップショットを自動で定期的に取得することができます。
また、RDSは冗長化構成を組むことができるので高可用性なデータベースを容易に運用することができます。
これらのマネージドサービスは可用性や堅牢性をベンダーが保証してくれるので、一度運用を始めたらずっと動き続けている印象を持っている方もいらっしゃいますが、実際はホストマシンのメンテナンス対応などの運用がついてきます。
これらの作業はサーバーを利用して自分たちでデーターベースを運用している状態でホストマシンをメンテナンスすることに比べたら軽微な作業ですが、決して何もしなくてもよいというわけではありません。

このようにサーバーレスを活用するためには利用する各マネージドサービスの仕様を把握して適切に利用する必要があります。
便利になった反面、制限をきちんと把握しなければシステムを運用してから思わぬ落とし穴にハマってしまう可能性があります。

本書はサーバーレスを用いて多くのシステム開発を行ったエンジニア達がその経験から得たノウハウをまとめたものになります。
本書に目を通していただき、メリットとデメリットを理解してプロジェクトを成功に導いていただければ嬉しく思います。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

AWSによるサーバーレスアーキテクチャ

書籍情報

Peter Sbarski(著)吉田 真吾(監修)長尾 高弘(翻訳)翔泳社(出版社)2018/3/14(発売日)424(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

クラウドコンピューティングの技術の中でも、昨今注目を集めているのがサーバーレスアーキテクチャです。

FaaS(Function-As-A-Service)とも呼ばれるサーバーレスアーキテクチャは、ファンクション(関数)と呼ばれるマイクロサービスを実装し、組み合わせながら、サービスを構築していくアーキテクチャです。

その際、実行環境となるサーバーのスケーリングや管理をクラウドプロバイダに任せることで、開発者はオンプレミスなサーバーを考えることなしに、開発時間の短縮と運用コストの削減を図ることができます。

本書は、現場で役に立つ開発パターンをハンズオン形式で学べる『Serverless Architectures on AWS: With examples using AWS Lambda』の日本語版です。

本書では、サーバーレスアーキテクチャに興味のある開発者がAmazon Web Services(AWS)上で新技術を実践・体験するための例として、
・マイクロサービスのコードを実行する「AWS Lambda」
・「Amazon S3」などのクラウドストレージ
・「Amazon DynamoDB」などのデータベース
・「Auth0」などの認証サービス
といったサービスを組み合わせながら、実際に動かすことのできる動画シェアサイトを構築していきます。

世界的な技術カンファレンス「Serverlessconf」の責任者である著者による、サーバーレスアーキテクチャの主要なデザインパターンを学べる1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

AWSで実現するモダンアプリケーション入門 サーバーレス、コンテナ、マイクロサービスで何ができるのか

書籍情報

落水 恭介, 吉田 慶章(著)技術評論社(出版社)2023/1/21(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

アプリケーションの設計・構築・管理を継続的に見直し、変化に迅速な対応をする開発戦略として、注目されている「モダンアプリケーション」。
高い俊敏性・柔軟性のある開発を実現し、ビジネスを成長させることができます。
しかし、モダンアプリケーション構築に役立つプラクティスは抽象度が高いことから、現場に適用しにくいのではないでしょうか。

そこで本書では、架空の開発現場を題材に、実際のプラクティスを解説。
サーバーレスやコンテナによる運用改善・CI/CDパイプライン構築による自動化・アーキテクチャ最適化などを実践する方法を、イメージしながら読み進められるようまとめました。
要件にあった技術選択をする重要性も紹介し、アプリケーションや組織の規模にあった考え方ができるようなアクティビティ(問いかけ)も提供しています。

各企業の技術戦略などによって最適解は変わりますが、アプリケーションの課題を改善して生産性を高めたい方にとって参考になる情報が多いでしょう。
「なんとなく流行っているから……」「過去に使ったことがあるから……」という理由で技術選定されている現場に違和感を感じる方にもお勧めの1冊です。

(こんな方におすすめ)
・機能改善・追加のスピードを上げたい方
・運用負荷を軽減して、コストも抑えたい方
・自動化で効率・品質を向上させたい方
・要件にあったテクノロジー・ツールを選択したい方

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

サーバーレスの名著・ロングセラー本

サーバーレスについての名著やロングセラー本を、発売日が新しい順に紹介します。

動かして学ぶ! Pythonサーバレスアプリ開発入門

書籍情報

本田崇智(著)翔泳社(出版社)2021/6/14(発売日)248(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

PythonとAWSでサーバレスアプリケーションを開発しよう! 

【サーバレスアプリケーションとは】
ユーザ自身でサーバを立てて運用するのではなく、AWS に代表されるクラウドサービスを組み合わせて、必要なときにだけクラウドサービスを呼び出し、サービスを提供するアプリケーションのことです。

以下のような様々なメリットがあります。
・常時可動させなければならないサーバに比べて費用がかからない
・サーバがダウンすることがないので可用性について気にする必要がない
・現状のPythonアプリケーションをそのまま利用できる

【本書の概要】
本書は、Pythonによるサーバレスアプリケーションの作成を通じて、サーバレスアプリケーション開発に必要な知識を解説した書籍です。
サーバレスアプリケーション開発の基本から様々な日次処理まで丁寧に解説しています。

【対象読者】
・Webアプリケーション開発者
・クラウド系エンジニア

【本書で利用するフレームワーク・クラウドサービス】
・Flask
・Amazon Web Services(AWS)

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、書店ポスト

サーバーレス開発プラットフォーム Firebase入門

書籍情報

掌田津耶乃(著)秀和システム(出版社)2019/4/27(発売日)407(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

AndroidやiOSのモバイルアプリ用サーバーレス開発基盤として注目されているFirebase(ファイアーベース)の、初めての日本語解説書です。

今後、普及が進むと見られるFirebaseを、クラウドサービスとして一般的なWeb経由での利用のほか、AndroidとiOSから利用する場面に分けて解説。どんなアプリ開発にも対応しています。

ユーザー事例研究として、日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」によるFrebaseの使い方を掲載!

amazon.co.jp書籍情報より引用

AWS Lambda実践ガイド 第2版

書籍情報

大澤 文孝(著)インプレス(出版社)2022/3/3(発売日)512(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

本書では、従来のシステムをLambdaで構築するときの設計手法や具体的な事例の作成を通じてLambdaでのプログラミング手法を解説します。第2版では、2022年の最新情報にアップデートし、SAM開発環境に対応しました。

AWS Lambdaは、サーバーを必要としないプログラムの実行環境です。
開発者が処理したい内容を小さな関数として実装すると、必要に応じて、それが実行される仕組みです。

サーバーを必要としないということは、運用の手間やコストを削減できるということです。
この利点はとても大きいため、新規の開発案件では、Lambdaが採用されるケースが増えています。
しかし、Lambdaによる開発に大きなメリットがあるといっても、すぐに移行できるほど話は簡単ではありません。
従来のEC2インスタンスを使った開発とLambdaを使った開発とでは、プログラミングの方法はもちろん、設計の考え方も大きく異なるからです。
Lambdaを使い始めるには、Lambdaの仕組みの理解と、その特性を活かした設計の考え方を習得することが不可欠です。

本書では、従来のシステムをLambdaで構築するときの設計手法や具体的な事例の作成を通じてLambdaでのプログラミング手法を解説します。
とくにLambdaを使った開発では、AWSサービスの操作に重きを置きます。
Lambdaを活かせるかどうかは、AWSの各種サービス――ストレージのS3、プッシュサービスのSNS、メール送信のSESなど――を、いかに使いこなせるかに左右されます。
そこで本書では、実例を通じて、そうしたAWSサービスの実際の使い方にも言及されています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のサーバーレスの本

その他のサーバーレスの関連書籍について、発売日が新しい順に紹介します。

6月に発売されるサーバーレスの関連書籍は見つかっていません。

APIデザイン・パターン

書籍情報

JJ Geewax(著)松田晃一(翻訳)2022/8/26(発売日)528(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Web API設計のベストプラクティス集

APIとはアプリケーション、サービス、コンポーネントがどのように通信するかを定義する仕様です。

本書『APIデザイン・パターン』は、Web APIを構築するための安全かつ柔軟で再利用可能なパターンを提供するために執筆されました。

一般的な設計原則の説明からはじめ、APIを構築する際の仕様、デザイン・パターンを紹介していきます。

API Design Patterns:Manning Publishing」の翻訳書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Azure Functions入門 サーバー管理を不要にするサーバーレスアプリ開発のすべて

書籍情報

増田 智明(著)日経BP(出版社)2019/6/6(発売日)460(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

クライアントアプリケーションの頻繁な変化に合わせて、サーバーサイドにHTTPサーバーを構築するのはなかなか困難です。
ある日は数十件だったものが、ある日は数万件も発生するようなピークに変動のあるアクセスに対して、物理サーバーを用意するのはコスト的に問題があります。

AWS Lambda、Google Cloud Functions、そしてMicrosoft社のAzure Funcitonsは、これらの変動に素早く対応するために、サーバーレスな実行環境を用意しました。
HTTPサーバーや特殊なサーバーを構築する必要はなく、あたかもプログラムで関数を呼び出すかのようにプログラミングができる実行環境です。これが関数=Functionの名前の由来でもあります。

本書で扱うAzure Functionsは、数多くのトリガー(関数を呼び出すイベント)とバックエンドで扱えるサービス(データベースやファイルストレージなど)を持っています。
また、.NET Coreでプログラミングできることから、Azureの各種のサービスを既存のクラスライブラリを通して利用できます。
クライアントサイドのアプリケーションが、直接Azure内のサービスにアクセスするのではなく、Azure Functionsを通すことでサーバーサイドのさまざまなサービスを後日拡張できます。

非常に範囲の広いAzure Functionsの機能を解説するために、本書は2部構成にしてあります。1章から5章は、基礎編として個別のトリガーについて詳しく解説しています。
Azure PortalとVisual Studioを使った例を使い、実際にトリガーの動きをみていきます。6章以降は応用編として各種トリガーの組み合わせやAzureが提供するストレージサービスとの組み合わせを具体例を示して作成していきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

サーバーレスシングルページアプリケーション S3、AWS Lambda、API Gateway、DynamoDB、Cognitoで構築するスケーラブルなWebサービス

書籍情報

Ben Rady(著)吉田 真吾(監修)笹井 崇司(翻訳)オライリージャパン(出版社)2017/6/23(発売日)232(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Webアプリケーションにまつわる様々なリスクとコストを取り除くサーバーレスアーキテクチャをとり入れれば、強力なWebアプリケーションを素早く構築することができます。

本書は、実際に動くアプリケーションを作りながら、サーバーレスアーキテクチャの特徴について学びます。

S3でアプリケーションをすばやくデプロイする方法、CognitoでGoogleやFacebookなどのIDプロバイダと接続しユーザーIDを管理する方法、DynamoDBでブラウザから直接ユーザーデータを読み書きし、API GatewayとAWS Lambdaでカスタマイズしたマイクロサービスを構築する方法などについて豊富なサンプルコードを使って解説します。

サーバーレスアプローチのシングルページアプリケーションを設計、コーディング、テストして、再び設計にフィードバックする一連の流れを実践的に学べる本書はエンジニア必携の一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

サーバーレスのオンライン講座3選

オンライン学習プラットフォームUdemy(ユーデミー)で、サーバーレスのオンライン講座を受講できます。

Udemyで人気のオンライン講座3選について、講座概要・対象学習者・学習内容をUdemy公式サイトより引用して紹介します。

Udemyの使い方をくわしく知りたい場合は、ブログ記事をごらんください。

AWSで学ぶ!REST API・サーバーレスアーキテクチャ入門

講座概要

Amazon API Gateway、AWS Lambda、Amazon DynamoDBとPythonで学ぶ、ユーザ情報操作API作成、利用を通じたREST API・サーバーレスアーキテクチャの仕組み

  • 最終更新日:2023年9月
  • 3.5時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • REST API・サーバレスアーキテクチャという言葉は聞いたことがあり、なんとなくの概要は知っているが、実現方法となると少し自信が無いエンジニアの方

学習内容

  • REST APIの特徴や用途、メリットデメリットについて自分の言葉で説明できるようになる
  • サーバレスアーキテクチャの特徴や用途、メリットデメリット、本アーキテクチャに適するサービスについて自分の言葉で説明できるようになる
  • AWS各種サービス(Amazon API Gateway、AWS Lambda、Amazon DynamoDB等)を使用し、自力でREST API構築ができるようになる
  • Curlコマンドを使用し、構築したREST APIを自力で利用できるようになる

Udemy公式サイトで詳しくみる

AWSで学ぶ!REST API・サーバーレスアーキテクチャ入門 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

【AWS初心者向け】手を動かして身につける! 実戦で役立つAWSサービスの基礎とアーキテクチャ(SAAレベル)

講座概要

AWS の基本サービスの知識とアーキテクチャ設計を学びたい方へ。

見て学ぶだけではなくハンズオンを通して、AWSソリューションアーキテクトアソシエイト (SAA) 合格相当の実践的な知識やスキルを身につけることができます。

  • 最終更新日:2023年10月
  • 10.5時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • AWS を学びたいと思ったけれど何から始めていいのかわからない
  • AWS について体系的な知識を身に付けたい
  • AWS を使ったアーキテクチャを作れるようになりたい
  • AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイトに合格したい

学習内容

  • AWS 認定ソリューションアーキテクトアソシエイトにでてくる基本的な AWS サービスの概要と使い方
  • AWS を用いた代表的な Web アプリケーションのアーキテクチャとその作り方
  • 構成図の書き方
  • アーキテクチャの考え方
  • AWS マネジメントコンソールを用いた環境作成の仕方
  • AWS のサーバーレスサービスの基本的な知識

Udemy公式サイトで詳しくみる

【AWS初心者向け】手を動かして身につける! 実戦で役立つAWSサービスの基礎とアーキテクチャ(SAAレベル) icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

AWS Lambda / Serverless Framework 速習ハンズオン

講座概要

実務で急に関わることにもなりやすい「AWS Lambda」や「サーバレス」の基本から、「Serverless Framework」を使った実践的な開発まで、手を動かしてスピーディに学びましょう!

  • 最終更新日:2023年6月
  • 3時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • AWS Lambda の基本を、コードを書きながら学びたいという方
  • 「サーバレス」という単語の意味を、手を動かしてしっかり理解したい方
  • 仕事で AWS Lambda や Serverless Framework を使うことになり、これらの基本を学びたいという方
  • AWS Lambda をなんとなくさわったことがあるが、改めて学び直したり、もっと実践的な使い方を学びたいという方

学習内容

  • AWS Lambda の概要
  • Serverless Framework の基本的な使い方
  • Webhook を使った Slack 通知
  • IAM Role による AWS のリソース間のアクセス
  • AWS でのサーバレスな Web アプリケーションの典型構成
  • Infrastructure as Code と CloudFormation の概要

Udemy公式サイトで詳しくみる

AWS Lambda / Serverless Framework 速習ハンズオン icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

サーバーレス よくある質問と回答

サーバーレスについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

サーバーレスとは何ですか?

回答: サーバーレスは、物理サーバーや仮想サーバーの管理を気にせずにアプリケーションやサービスを実行できるクラウドコンピューティングのモデルです。

サーバーの運用やメンテナンスはクラウドプロバイダーが担当し、開発者はコードの実行に集中できます。

サーバーレスと従来のサーバーベースのアプローチの違いは何ですか?

回答: 従来のサーバーベースのアプローチでは、アプリケーションを実行するためにサーバーの設定、管理、スケーリングを自分たちで行う必要があります。

一方、サーバーレスではこれらの管理負担がクラウドプロバイダーに委ねられ、開発者はアプリケーションのコードに集中できます。

サーバーレスの主な利点は何ですか?

回答: サーバーレスの主な利点には、インフラストラクチャの管理からの解放、コストの削減、スケーラビリティ、柔軟性の向上があります。

サーバーレス環境では、使用したリソースに対してのみ課金されるため、無駄なコストが削減できます。

サーバーレスの欠点や課題は何ですか?

回答: サーバーレスの課題には、コールドスタート(初回実行の遅延)、デバッグとトラブルシューティングの複雑さ、ベンダーロックイン(特定のクラウドプロバイダーへの依存)があります。

また、高度なカスタマイズが必要な場合には適さないこともあります。

サーバーレスで一般的に使用されるサービスやプラットフォームは何ですか?

回答: サーバーレスで一般的に使用されるプラットフォームには、AWS LambdaAzure FunctionsGoogle Cloud Functionsなどがあります。

これらのサービスを使用することで、コードのスニペットをトリガーに基づいて実行でき、インフラストラクチャの管理から解放されます。

サーバーレスのスキルが活かせる職種とは?

サーバーレスコンピューティングは、クラウドサービスを活用してアプリケーションの開発、運用を行うアーキテクチャスタイルです。

サーバーの管理やスケーリングをクラウドプロバイダーが自動で行い、開発者はコードの実行に集中できます。

サーバーレスに関する知識や経験を習得することで、以下のような仕事を担当することができます:

  1. クラウドソリューションアーキテクト:
    • サーバーレスアーキテクチャを含むクラウドベースのソリューションを設計します。アプリケーションの要件に応じて最適なサービス(AWS Lambda、Azure Functionsなど)を選択し、コスト効率とパフォーマンスのバランスを取ります。
  2. バックエンド開発者:
    • サーバーレスプラットフォーム上で動作するバックエンドサービスを開発します。APIの開発、データ処理、認証などのバックエンドロジックを実装し、フロントエンドとの連携を行います。
  3. DevOpsエンジニア:
    • サーバーレスアプリケーションのデプロイメント、監視、ログ管理などの運用を自動化します。CI/CDパイプラインの構築にも関わり、開発から運用までのプロセスをスムーズにします。
  4. フルスタック開発者:
    • サーバーレスアーキテクチャを活用して、フロントエンドからバックエンドまで、アプリケーション全体の開発を行います。スケーラビリティと運用の効率性を重視した開発を担当します。
  5. システムアナリスト:
    • ビジネス要件を技術的な仕様に変換し、サーバーレス技術を利用したソリューションを提案します。コスト削減や運用の簡素化が期待できる場合に、サーバーレスアプローチを推奨します。
  6. セキュリティスペシャリスト:
    • サーバーレス環境におけるセキュリティのベストプラクティスを適用し、アプリケーションとデータの保護を担当します。アクセス制御、脆弱性の管理、データ暗号化などのセキュリティ対策を実装します。
  7. データエンジニア:
    • サーバーレスアーキテクチャを利用して、データパイプラインやデータ処理タスクを構築します。大量のデータを効率的に処理し、分析やビジネスインサイトの抽出を支援します。

サーバーレス技術は、特にスタートアップやアジャイル開発を行うチームにおいて、迅速なプロトタイピングやコスト効率の高いソリューションを提供します。

クラウドコンピューティングの知識を深め、サーバーレスアーキテクチャの導入と運用に携わることで、多様な業界でのキャリア機会を探求できます。

PR

まとめ

サーバーレスについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、サーバーレスがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。