【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年6月】Flaskがわかる本おすすめ3選+最新情報

「Flaskがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

Webアプリフレームワーク Flask(フラスク)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

Flaskは、Pythonで書かれた軽量で柔軟なウェブアプリケーションフレームワークです。シンプルなコアに必要最小限のツールを備え、必要に応じて拡張が可能。マイクロフレームワークでありながら、複雑なウェブアプリケーションの開発にも対応する力を持っています。RESTfulリクエストの処理、Jinja2テンプレートエンジンの統合、開発者に優しいデバッグ機能により、迅速な開発を実現します。

まずはじめに、Flaskがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、最新の本オンライン講座3選などを紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • Python開発者: Pythonベースの軽量WebフレームワークであるFlaskを使用してウェブアプリケーションを開発したい。
  • プログラミング初心者: 簡単に扱えるフレームワークを通じてウェブ開発の基礎を学びたい。
  • フルスタック開発者: Pythonを用いたバックエンド開発にFlaskを活用したい。
  • データサイエンティスト: Flaskを使用してデータ分析結果をウェブインターフェイスで表示したい。
  • システムアーキテクト: 小規模から中規模のプロジェクトに適したウェブフレームワークとしてFlaskを検討している。
  • フリーランスのウェブ開発者: 迅速な開発サイクルのためにFlaskを使用してプロトタイプを作成したい。
  • 教育者: 学生にプログラミングとウェブ開発の実践的なスキルを教えるためにFlaskを使用したい。
  • スタートアップ創業者: リソースが限られている状況で効率的にウェブサービスを構築したい。
  • IT学生: Web開発における現代的なツールと技術を学びたい。
  • ウェブデザイナー:バックエンドの知識を拡張し、Flaskで動的なウェブサイトを作成したい。

あなたの興味関心にあった本やオンライン講座をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

Flaskの本 おすすめ3選

Flaskがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

Flask本格入門 やさしくわかるWebアプリ開発

書籍情報

株式会社フルネス 樹下雅章(著)技術評論社(出版社)2023/8/26(発売日)400(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

マイクロフレームワークであるFlaskのWebアプリ開発がよくわかる

FlaskはPythonでアプリケーション開発を行ううえで選択されるフレームワークです。
フルスタックのフレームワークとは違い、必要に応じてモジュールを追加していくマイクロフレームワークの方針をとっており、近年アプリケーション開発の主流として人気を集めています。

本書は、Flaskの最新のバージョン2.3.2に対応し、1章~8章までで「ルーティングの基礎」「データ操作の方法」「Formの活用方法」など基本的なことが学べます。
また、9章以降で実際にアプリを作成して、マイクロフレームワークであるFlaskを活用したWebアプリケーション開発の一連の流れが学べます。
近年需要が高まっているセミナーや研修でも利用できます。

(こんな方におすすめ)
・はじめてFlaskでWebアプリケーションを開発したい人
・PythonでWebアプリケーション開発を行いたい人

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方

書籍情報

佐藤 昌基, 平田 哲也(著)寺田学(監修)翔泳社(出版社)2022/1/24(発売日)480(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Webアプリの作り方からAPI化、デプロイメントまで
エンジニアとデータサイエンティストのためのFlask入門


Pythonのフレームワーク「Flask」によるWebアプリ開発の入門書です。
まずは、最小のアプリの作成から始め、問い合わせフォーム、データベースを使ったアプリ、認証機能と段階的に作成しながら、Flaskによるアプリ開発の基礎を習得します。

その後、画像データ(写真)から物体を判別する物体検知アプリを作成しながら、実践的なアプリの作り方、その機能をWeb API化する方法について解説します。

また、物体検知機能(手書き文字認識をする分析コード)を題材に、どのように機械学習をアプリに組み込んでいくかについても詳しく解説します。

【主な対象読者】
●Pythonで簡単にWebアプリ開発を始めたいエンジニア
●機械学習に興味のあるWebエンジニア
●Pythonを分析用途でしか使ったことがない人
●自分でもアプリやWeb APIを作りたいデータサイエンティスト

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Flask Webアプリ開発実装ハンドブック

書籍情報

チーム・カルポ(著)秀和システム(出版社)2023/5/20(発売日)368(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Python用のWebアプリ用のマイクロフレームワーク「Flask」によるWebアプリ開発を学習するための解説書です。

最小限の機能に絞ることで処理がわかりやすくコードの学習に最適です。
さらに慣れてきたときには拡張ライブラリを使用することで自由にカスタマイズすることもできます。

本書は基本編と応用編の2部構成で段階的に開発していくことができるようにしました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

最新のFlaskの本

その他のFlaskの関連書籍について、発売日が新しい順に紹介します。

6月に発売されるFlaskの関連書籍は見つかっていません。

Flaskが学べるオンライン講座を次の章で紹介していますので、チェックしてみてください。

Pythonフレームワーク Flaskで学ぶWebアプリケーションのしくみとつくり方

書籍情報

掌田津耶乃(著)ソシム(出版社)2019/8/10(発売日)346(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

あなたがある日突然、「Webアプリケーションを作ろう! 」と思い立ったとしましょう。さて、まずは何から始めるべきでしょうか。
いわゆる普通の「Webサイト」と「Webアプリ」と呼ばれるものの間には、大きな差があります。普通のWebサイトなら、HTMLとスタイルシートが少しわかれば作れます。が、Webアプリと呼ばれるものを作るためには、その他にこんな技術が必要になるでしょう。

・サーバーサイドの開発技術。
・フロントエンドの開発技術。
・データベース技術。

これ、全部覚えるためにはどれだけ勉強しないといけないんでしょうか。考えただけで頭がクラクラしそうですね。でも、心配はいりません。
もし、あなたが「Python」と「JavaScript」の基本的な使い方がわかっているなら、覚えるべき知識は実はそんなに膨大ではないかも知れません。そう、多分、この本一冊だけで済むはずですよ。
本書では、次のような技術について簡潔にまとめて説明をしていきます。

・サーバーサイドの開発としてHTTPServerとFlask。
・フロントエンドの開発としてBootstrapとVue.js。
・データベース開発としてSQLite3とSQLAlchemy。

これらを順に覚えていけば、気がつけば本格的なWebアプリ開発ができるようになっていることでしょう。もちろん、たった1冊の本ですから、それぞれの説明は基本部分だけ。「これで完璧! 」とまではいかないでしょう。でも、開発を始めるのに必要なものは一通り手に入るはずです。
なにか新しいことを始めるとき、必要なのは「膨大な知識と高度な技術を身につけた完璧なゴール」を設定することではありません。まずは「スタートすること」です。さあ、この本のページをめくって、Webアプリ開発をスタートしましょう!

amazon.co.jp書籍情報より引用

Pythonの「マイクロ・フレームワーク」「Flask」入門

書籍情報

清水 美樹(著)工学社(出版社)2022/11/28(発売日)112(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

「Django」や「Bottle」などのPython系の「Webフレームワーク」の中でも、「Flask(フラスク)」は「機能性」と「簡単さ」をバランスよく併せもったフレームワークです。

「コンパクトで学習コストが低い」「手軽かつスピーディに『Webアプリ』が作れる」「拡張性に優れている」といった特徴を有しており、小規模で簡単な「Webアプリ」を作るのに適しています。

本書は、「Flask」のセットアップの仕方といった基本的な説明から始めて、「Flask」での「Webアプリ」の作り方を、実際に「写真整理のためのアルバムアプリケーション」を作りながら解説。
「Webフレームワーク」に触れるのが初めての方でも、安心して学べる入門書となっています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

動かして学ぶ! Pythonサーバレスアプリ開発入門

書籍情報

本田崇智(著)翔泳社(出版社)2021/6/14(発売日)248(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

PythonとAWSで、サーバレスアプリケーションを開発しよう! 

【サーバレスアプリケーションとは】
ユーザ自身でサーバを立てて運用するのではなく、AWS に代表されるクラウドサービスを組み合わせて、必要なときにだけクラウドサービスを呼び出し、サービスを提供するアプリケーションのことです。

以下のような様々なメリットがあります。
・常時可動させなければならないサーバに比べて費用がかからない
・サーバがダウンすることがないので可用性について気にする必要がない
・現状のPythonアプリケーションをそのまま利用できる

【本書の概要】
本書は、Pythonによるサーバレスアプリケーションの作成を通じて、サーバレスアプリケーション開発に必要な知識を解説した書籍です。
サーバレスアプリケーション開発の基本から様々な日次処理まで丁寧に解説しています。

【対象読者】
・Webアプリケーション開発者
・クラウド系エンジニア

【本書で利用するフレームワーク・クラウドサービス】
Flask
・Amazon Web Services(AWS)

amazon.co.jp書籍情報より引用

Flask オンライン講座3選

オンライン学習プラットフォームUdemy(ユーデミー)で、Flaskのオンライン講座を受講できます。

Udemyで人気のオンライン講座3選について、講座概要・対象学習者・学習内容をUdemy公式サイトより引用して紹介します。

Udemyの使い方をくわしく知りたい場合は、ブログ記事をごらんください。

初心者でも安心!Python + Flask によるビジネスに役立つWebアプリ開発入門(Bootstrap 5)

講座概要

Python3のWebアプリケーション専用フレームワークFlaskを用いて、Webアプリ開発に必要なスキルを習得します。

Flask・HTML・CSS・Bootstrap 5 の基本から応用的なトピックまで、丁寧に解説していきます。

  • 最終更新日:2023年9月
  • 24.5時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • Webアプリの開発をビジネスや副業、趣味に活用されたい方
  • Webアプリの開発に興味があるが、始め方がわからない方
  • Pythonの基礎的なことは学び終わり、次に何か実用的なことを学びたい方

学習内容

  • Python3のWebアプリケーション専用フレームワークFlaskの高度な機能を用いて、効率的にWebアプリの開発ができるようになります。
  • HTML・CSS・Bootstrapを用いて、Webアプリをデザインする方法を理解することができます。
  • Flaskを用いてデータベースから取得したデータをWebアプリに表示したり、入力されたデータをデータベースへ保存する方法を理解することができます。
  • Flaskを用いてログインページを実装したり、権限に応じて制限をかける方法を理解することができます。
  • Flaskにおける大規模アプリケーションに適した開発方法を学ぶことができます。
  • Flaskで作成したプログラムをクラウド上の環境へデプロイメントする方法を理解することができます。
  • 実践的な演習問題を通じてFlask・Bootstrap 5・HTMLの理解を深めることができます。

Udemy公式サイトで詳しくみる

初心者でも安心!Python + Flask によるビジネスに役立つWebアプリ開発入門(Bootstrap 5) icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

Python+FlaskでのWebアプリケーション開発講座!!~0からFlaskをマスターしてSNSを作成する~

講座概要

Flaskを用いてPythonの本格ウェブアプリを作成しよう!!

Pythonの文法、Flaskの機能からWeb開発でのセキュリティ、実践的なSNSアプリケーションサンプル作成を通じてFlaskをマスターします

  • 最終更新日:2023年12月
  • 34.5時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • Pythonでの実践的な開発に興味のある人
  • Flaskを用いたWebアプリケーションの開発に興味のある人
  • Webアプリケーションの開発の流れとアーキテクチャを理解したい人

学習内容

  • Pythonの基本的なコーディング
  • FlaskのMVTモデルを用いたアプリケーションの開発技術
  • フロントエンド、バックエンドの基本的なWebアプリケーション開発の知識
  • Flaskでのセキュリティ対策、Ajaxなどの技術の利用

Udemy公式サイトで詳しくみる

Python+FlaskでのWebアプリケーション開発講座!!~0からFlaskをマスターしてSNSを作成する~ icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

設計を理解しながらWebアプリを開発!【はじめてのWeb開発】【Flask】

講座概要

「要件や設計を理解していないけど、なんとなくできる」という状態から「設計を理解しながら開発できる」ようにWeb開発の基礎知識を習得しながらpython+FlaskでWebアプリを実装します!

  • 最終更新日:2023年6月
  • 4時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • プログラミングを習得し、次のステップへ進みたい人
  • はじめてWebアプリを開発してみたい人
  • Webアプリやシステム開発をしているが、要件・設計などの基礎知識を習得したい人
  • python+FlaskによるWebアプリ開発に興味がある人
  • DBやログイン機能の基礎的な仕組みを理解したい人

学習内容

  • Webアプリの基礎知識を学びながらステップバイステップで開発を行います
  • 要件・設計を理解した上で、Webアプリを開発する知識を得ることができます
  • Webアプリを開発する上で必要なDB(データベース)の基礎知識を学びながら開発を行います
  • ログイン機能などを「なんとなくできる状態」から「しっかりと理解した上で実装する」ことができます
  • Python+Flaskを利用したWeb開発を学びます。

Udemy公式サイトで詳しくみる

設計を理解しながらWebアプリを開発!【はじめてのWeb開発】【Flask】 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

Flask よくある質問と回答

Flaskについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

Flaskとは何ですか?

回答: Flaskは、Python言語で書かれた軽量なWebフレームワークです。

シンプルで拡張可能な設計が特徴で、小規模なアプリケーションから始めて、必要に応じて拡張していくことができます。

簡単なウェブアプリケーションからRESTful APIまで、幅広い用途で使用されます。

Flaskを使うメリットは何ですか?

回答: Flaskのメリットはそのシンプルさと柔軟性にあります。

最小限のセットアップで素早く開発を始められ、必要に応じて様々な拡張機能を追加することができます。

また、Pythonの明瞭な構文のため、初心者にも理解しやすく、ウェブ開発の学習に適しています。

Flaskでできることは何ですか?

回答: Flaskでは、ウェブページのルーティング、テンプレートエンジンを使用した動的コンテンツの生成、フォームの処理、データベースの操作など、一般的なウェブアプリケーション開発の機能を実装できます。

また、RESTful APIの構築にも適しています。

FlaskとDjangoの違いは何ですか?

回答: FlaskとDjangoはどちらもPythonのWebフレームワークですが、主な違いはそのアプローチにあります。

Flaskは「マイクロフレームワーク」と呼ばれ、必要最小限の機能を提供し、拡張性を重視しています。

一方、Djangoは「バッテリー同梱」アプローチで、多くの機能を標準で提供し、大規模なアプリケーションに適しています。

Flaskを学ぶための良いリソースは何ですか?

回答: Flaskを学ぶための良いリソースには、Flaskの公式ドキュメント、オンラインチュートリアル、インタラクティブな学習プラットフォーム、関連書籍があります。

特に公式ドキュメントは初心者にも分かりやすく、基本的な使い方から応用テクニックまで幅広くカバーしています。

また、実際に小さなプロジェクトを作成しながら学ぶ実践的なアプローチが効果的です。

Flaskのスキルが活かせる職種とは?

Flaskは、Python言語で書かれた軽量なウェブアプリケーションフレームワークです。

シンプルでありながら拡張性に優れており、小規模なウェブアプリケーションから大規模なウェブサイトまで幅広く対応可能です。

Flaskに関する知識や経験を習得することによって担当することができる仕事には、以下のようなものがあります:

  1. バックエンド開発者:
    • Flaskを使用して、ウェブアプリケーションやAPIのバックエンドを開発します。データベースの操作、ユーザー認証、サーバーサイドロジックの実装などを行います。
  2. フルスタック開発者:
    • フロントエンドとバックエンドの両方に関わり、Flaskをバックエンド技術として使用しつつ、HTML、CSS、JavaScriptなどを使ってフロントエンドの開発も担当します。
  3. API開発者:
    • Flaskを利用してRESTful APIやGraphQL APIを開発し、フロントエンドアプリケーションや他のサービスとのデータ連携を実現します。
  4. データサイエンティスト/エンジニア:
    • データ分析や機械学習モデルの結果をウェブインターフェースで公開するためにFlaskを使用します。分析結果の視覚化やインタラクティブなデータ探索ツールの提供に役立てます。
  5. DevOpsエンジニア:
    • Flaskアプリケーションのデプロイメント、スケーリング、監視などの運用自動化に関わります。Dockerコンテナと組み合わせたデプロイメントや、クラウドサービスへのデプロイメントを担当します。
  6. 教育者/トレーナー:
    • Flaskやウェブ開発の基礎を教える立場になります。オンラインコースやワークショップ、教育機関での授業などを通じて、次世代の開発者に知識を伝えます。
  7. スタートアップ創業者:
    • Flaskを使用して、スタートアップ企業のプロトタイプやMVP(Minimum Viable Product)を迅速に開発します。リソースが限られている初期段階での製品開発に適しています。

FlaskのシンプルさとPython言語の汎用性により、様々な種類のウェブプロジェクトやアプリケーションの開発に対応できるため、幅広い職種で活躍する機会があります。

特にPythonがデータサイエンスや機械学習の分野で広く使用されていることから、これらの分野でのウェブアプリケーション開発に関わる仕事にも適しています。

PR

まとめ

Flask(フラスク)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、Flaskがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、最新の本オンライン講座などを紹介しました。

あなたの興味関心にあった本やオンライン講座をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。