【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年2月】Microsoft Azureがわかる本おすすめ3選+最新情報

「Microsoft Azureがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

Microsoft Azure(アジュール)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

まずはじめに、Microsoft Azureがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ITプロフェッショナル:Azureクラウドサービスの設定、管理、最適化を学びたい。
  • ソフトウェア開発者:Azureプラットフォーム上でアプリケーションを開発、デプロイしたい。
  • システム管理者:Azureのインフラとサービスの日常的な管理に関心がある。
  • データサイエンティスト:Azure上でのデータ分析、機械学習プロジェクトに取り組みたい。
  • DevOpsエンジニア:Azureを利用した継続的インテグレーションとデプロイメントのプロセスを実装したい。
  • クラウドアーキテクト:Azureを使用した効率的なクラウドソリューションの設計に関心がある。
  • ビジネスアナリストやマネージャー:ビジネスにおけるAzureの活用方法を理解したい。
  • 教育者:クラウドコンピューティングの教育にAzureを取り入れたい。
  • テクノロジーに興味を持つ学生:クラウドコンピューティングのキャリアを目指している。
  • ITコンサルタント:クライアントに対してAzureベースのソリューションを提案したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

Microsoft Azureの本 おすすめ3選

Microsoft Azureがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

【新発売】Azure OpenAI ServiceではじめるChatGPT/LLMシステム構築入門:永田祥平ほか(著)

書籍情報

永田祥平, 伊藤駿汰, 宮田大士, 立脇裕太, 花ケ﨑伸祐, 蒲生弘郷, 吉田真吾(著)技術評論社(出版社)2024/1/24(発売日)304(ページ数)

Azure×OpenAIでChatGPTシステムを構築!

Microsoft AzureはChatGPTをはじめとするOpenAIモデルを利用できる、現在唯一のパブリッククラウドサービスです。
本書はLLM(大規模言語モデル)に興味があるITエンジニアを対象に、AzureからOpenAIモデルにアクセスできる「Azure OpenAI Service」を使い、ChatGPTを利用した社内AIシステムの開発と導入を実現してもらうのが目的です。

前半では、生成AIとChatGPTモデルの基本的な概念とその仕組みを解説します。
また、Azure OpenAI Serviceの概要と具体的な利用方法を解説し、プロンプトエンジニアリングについても紹介します。

後半ではChatGPTを利用する社内システムの開発手法について、実際にAzure OpenAI Serviceを使いながら学んでいきます。
RAGを利用した社内文章検索システムの実装を経て、LLMを組み込んだアプリケーション(Copilot)の構築へとステップアップしていきます。
また、Azure OpenAI Serviceの利用におけるガバナンス実現に必要な共通基盤化と責任あるAIについても解説しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

ひと目でわかるAzure 基本から学ぶサーバー&ネットワーク構築 第4版:横山 哲也(著)

書籍情報

本書は『ひと目でわかるAzure』(初版2015年、改訂新版2017年、第3版2019年)の第4版になります。

“知りたい機能がすばやく探せるビジュアルリファレンス”というコンセプトのもとに、Microsoft Azureを利用した仮想マシン・仮想ネットワークの設定・操作手順を豊富な画面でわかりやすく解説します。

今回の改訂では執筆時点の最新情報を反映するほか、状況の変化に対応するために内容の見直しを行い、新機能・機能強化について大幅に加筆しました。

2023年10月のWindows Server 2012/2012 R2のEOS(サポート終了)に向け、オンプレミスからクラウドへの移行目的で、Azureへの注目が高まっています。
この機会にAzureのIaaS機能を評価・学習したい個人ユーザー、システム管理者、インフラエンジニアにぜひお勧めします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

Amazonでみる

Azure定番システム設計・実装・運用ガイド 改訂新版:日本マイクロソフト株式会社(著)

書籍情報

日本マイクロソフト株式会社(著)日経BP(出版社)2021/12/23(発売日)456(ページ数)

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

本書は2018年に発行した『Azure定番システム設計・実装・運用ガイド』を3年ぶりに改訂したものです。

日本マイクロソフトのAzureサポートチームの現役のサポートエンジニアが、日常のサポート業務から得たノウハウをAzure利用者の皆さんに伝授する書籍です。
既存環境をAzureに移行する実践的なシナリオに沿って、なぜそのサービスを使う必要があるのか、どのようなことに注意して構成する必要があるのかといった、ベストプラクティスを解説します。

今回の改訂では内容のアップデートにとどまらず、サポート部門への問い合わせやユーザー需要が増加した分野(ディスク暗号化、Front Doorなど)について大幅に加筆しました。
巻頭の序文は前回に引き続き、“赤間本"の赤間信幸氏が特別寄稿しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

Microsoft Azureの名著・ロングセラー本

Microsoft Azureについての名著やロングセラー本を紹介します。

全体像と用語がよくわかる! Microsoft Azure入門ガイド:山田裕進ほか(著)

書籍情報

山田裕進, 本間咲来(著)シーアンドアール研究所(出版社)2022/1/18(発売日)200(ページ数)

「Azureの必須知識を身に付けたい! 」「Azureの全体像をつかみたい! 」という方に最適な、Azure入門の決定版が登場! 

クラウドは今や、ITインフラやシステム開発に必要不可欠な存在となりましたが、各クラウドで提供される機能は実に膨大なため、いつどれを使えばいいのかがわからない・全体像がつかみにくい……と思う方もいるでしょう。

本書は、マイクロソフトのクラウドサービス「Azure」のサービス詳細や用語を、図を用いながら解説することで、Azureの必須知識が身に付くようにした入門書です。

サーバーやストレージといった基本的なサービスから、AI・機械学習やIoT、ビッグデータといったサービスまで、詳しくしっかり学べます。
また「マイクロソフト製品との連携が容易」「Visual StudioやVisual Studio Codeなどでの開発が可能」といった、Azureならではの特徴も解説しています。

ITエンジニアやプログラマーだけではなく、クラウドの運用を行う「情シス」や、クラウド開発の提案や説明を行う「営業担当」にまで、おすすめの1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

Amazonでみる

クラウドアプリ構築の流れと手法がよくわかる! Microsoft Azureアプリ開発入門ガイド:山田裕進(著)

書籍情報

本書の目標は「基礎的なプログラミングの知識をお持ちの読者が、クラウドに対応したアプリやシステムを開発できるようになること」です。

本書をお読みいただくことで、クラウドネイティブな(クラウド利用を前提とした)アプリ開発の基礎知識が身に付き、Webアプリやコンソールアプリ、Dockerコンテナーを使用したアプリを作成できるようになります。

本書で習得できる開発のスキルは、より高度なアプリ(モバイルアプリ、デスクトップアプリ、ゲームなど)を開発するのにも役立ちます。

また本書は、自習・実習形式で、実際に操作をしながら読み進めることを想定しています。
企業に所属する方はもちろん、個人の開発者や学生の方も本書を活用できます。

マイクロソフトの公式のドキュメントや「Microsoft Learn」を利用して、.NETやAzureの学習を進めることもできます。
本書はそれら膨大な資料から、アプリ開発者にとって特に重要なポイントを抽出し、学習しやすい順に整理していますので、迷子にならずに、効率よく学習を進められます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

Amazonでみる

Azure OpenAI Service実践ガイド LLMを組み込んだシステム構築:柿崎裕也ほか(著)

書籍情報

柿崎裕也,杉本礼彦,荻原裕之,大北真之,山岸大輔(著)日経BP(出版社)2023/12/22(発売日)384(ページ数)

専門家のノウハウを凝縮!
大規模言語モデル「GPT」のシステム実装法


ChatGPTを支える大規模言語モデル(LLM)「GPT」などをシステムに組み込むための「Azure OpenAI Service」(Azure OpenAI)を実際に活用するための実践ガイドです。
Azure OpenAIを使えば、企業がLLMを活用する際に懸念となる社内データの漏洩を防ぎながら、社内の独自データに基づく受け答えも可能なシステムを容易に構築できるようになります。

本書ではAzure OpenAIとその周辺AIサービスが備える次のような機能をサンプルコードを使いながら、詳しく解説します。

・GPT-3やGPT-4に多様なパラメータを設定してチャットの受け答えを確認できる「Azure OpenAI Studio」
・自然言語による検索(Embedding)も得意な「Cognitive Search」
・LLM用ライブラリの「LangChain」と「Semantic Kernel」
・AIの処理フローをGUI上で容易に構築できる「プロンプトフロー」
・Meta(Facebook)のLlama 2などオープンソースのLLMも活用できる「モデルカタログ」
・LLM自体に独自のデータを学ばせる「ファインチューニング」

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

Azure OpenAIプログラミング入門:掌田津耶乃(著)

書籍情報

掌田津耶乃(著)マイナビ出版(出版社)2023/10/27(発売日)320(ページ数)

Azure上での、OpenAI APIを使い方を身に付ける!

本書は、Microsoftが提供するAzure OpenAI Serviceを使って、大規模言語モデルを使ったプログラミングの基礎から、目的に応じたさまざまな設定方法、Webアプリケーションでの利用方法までを解説します。

※Azure OpenAI Serviceは、OpenAI APIをAzureから利用できるものです。これを使うことによって、Azureの持つスケーラビリティや信頼性、各種機能を活かしつつプログラムを作ることができます。

最初に「Azure OpenAI Studio」を利用してモデルの用意や機能の概要を学んだのち、「Visual Studio Community」を使って、C#で開発を行っていきます。
最初はコンソールアプリを作りながら「チャット」「入力候補」「イメージ生成」「Embedding(分類や類似性の算出)」「微調整(ファインチューニング)」のプログラミング方法を解説します。
その後、Webアプリケーションの作成やデプロイ、アクセスできるユーザーの制御などの方法を解説します。

すでにAzureで開発を行っていてOpenAIの機能を使いたい方や、OpenAI APIの機能は使えるが、スケーラビリティ確保を考えている方におすすめの1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

Amazonでみる

1週間でMicrosoft Azure資格の基礎が学べる本:新井慎太朗(著)

書籍情報

株式会社ソフィアネットワーク 新井慎太朗(著)インプレス(出版社)2023/9/26(発売日)304(ページ数)

■資格取得を視野に入れた基礎学習ができる!
今もっとも人気の高いIT関連資格の一つであるMicrosoft Azure資格。
しかし、エントリーレベルの「Azure Fundamentals」でも、専門用語が多く、クラウド初心者には敷居の高い資格です。
本書は、クラウド初心者の方が資格取得を視野に入れた、クラウドとAzureの基礎を学習するための入門書です。
事前に本書で基礎固めを行うことで、その後の試験対策をスムーズに進めることができます。

■1週間で学習できる!
「1日目」「2日目」のように1日ずつ学習を進め、1週間で1冊を終えられる構成になっているので、計画的に学習を進められます。

■体系的な知識が身に付く!
本書は、クラウド初心者が、クラウドおよびAzureの知識を体系的に学べる構成になっています。
また、初心者がイメージしにくい概念は現実世界に置き換えたり、従来のシステム構築や運用方法との比較を交えたりしながら解説しているので、1つずつ着実に理解して学習を進めることができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

クラウドアプリケーション 10の設計原則 「Azureアプリケーションアーキテクチャガイド」から学ぶ普遍的な原理原則:真壁 徹(著)

書籍情報

●陳腐化しにくい「原則」を理解しよう

ベストプラクティスや標準化ガイドラインといった、クラウドを使いこなすための情報が増えています。
しかしその一方で、背景を理解せずそれらの情報を表面的に利用してしまい、残念な結果に終わることも珍しくありません。

本書では、Azureアプリケーションアーキテクチャガイドの「Azureアプリケーションの10の設計原則」をもとに、クラウド上にアプリケーションやシステムを構築する際に心にとめておきたい原則を、現役クラウドアーキテクトの経験を大幅に加えて解説します。

陳腐化しにくい普遍的なクラウド設計の原理原則を知りたい方に向けた一冊です。
単なるテクニックにとどまらない、長く役立つ視点や審美眼を磨いてみませんか。

【クラウドアプリケーション10の設計原則】
(1)すべての要素を冗長化する
(2)自己復旧できるようにする
(3)調整を最小限に抑える
(4)スケールアウトできるようにする
(5)分割して上限を回避する
(6)運用を考慮する
(7)マネージドサービスを活用する
(8)用途に適したデータストアを選ぶ
(9)進化を見込んで設計する
(10)ビジネスニーズを忘れない

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

最新のMicrosoft Azureの本

近日発売予定や最近発売された最新のMicrosoft Azureの本を、発売日が新しい順に紹介します。

2月に発売されるMicrosoft Azureの関連書籍は見つかっていません。

Azure Stack HCIテクノロジ入門 Azureとの連携によるハイブリッドクラウド:後藤諭史ほか(著)

書籍情報

後藤諭史(富士ソフト株式会社), 高添修(著)日経BP(出版社)2023/12/15(発売日)580(ページ数)

Microsoft Azure、および、「Azureサービスの一つ」としてオンプレミスで使用されるAzure Stack HCIを中心に、Microsoftソリューションの利活用によるハイブリッドクラウドの技術概要・展開手順・運用管理を徹底解説する唯一の書籍です。

操作手順はWindows Admin Center(GUI)とPowerShell(CUI)の両方を説明します。

Azure Stack HCIの技術情報を探しているインフラエンジニア、オンプレミスからクラウド(Azure)への移行を検討中のエンジニアにぜひおすすめします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

マルチクラウドネットワークの教科書 耐障害性と冗長性を実現するデザインパターン:宮川 亮(著)

書籍情報

この1冊でマルチクラウドジャーニーを突き進め!

本書はマルチクラウドにおける、現代的なネットワーク構築・設計を解説する書籍です。
ネットワークの観点からマルチクラウドの優位性や課題を紹介します。
また、構成例や接続方法はもちろん、デザインパターンや運用方法まで解説します。

■本書の特徴
・マルチクラウドジャーニーを丁寧に解説
オンプレミス環境からはじめて、どのようにマルチクラウド環境に移行していくかがわかるように順を追って解説しています。

・冗長性と耐障害性を実現するデザインパターンの紹介
過去の障害を参考に、多くのデザインパターンを紹介します。

・非機能要件まで網羅
可用性、拡張性、運用性、移行性をもたせる非機能要件についても解説します。

■対象読者
・クラウドエンジニア(ベンダーロックインに限界を感じている方)
・ネットワークエンジニア(オンプレからクラウドに領域を広げる方)

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

New Relic実践入門 第2版 オブザーバビリティの基礎と実現:松本大樹ほか(著)

書籍情報

松本大樹,松川晋士,古垣智裕,梅津寛子,章俊,竹澤拡子,三井翔太,大森俊秀,大川嘉一,中島良樹,山口公浩,齊藤雅幸,小林良太郎,髙木憲弥,板谷郷司,長島謙吾,伊藤基靖(著)翔泳社(出版社)2023/12/11(発売日)376(ページ数)

あらゆるデータを収集・分析・可視化して、システム/サービスの変化に能動的に対処せよ

ITシステムやサービスが複雑化する現代において、オブザーバビリティ(Observability:可観測性)という考え方が極めて重要になっています。

オブザーバビリティとは、デジタル上の複雑な動作をリアルタイムに把握して理解するための技術であり、「Observe(観察する)」+「ability(能力)」が組み合わされた単語で、特にソフトウェアの世界ではデジタル上の複雑な動作を収集・分析・可視化して、観測可能な状態にする技術のことを指します。

従来のモニタリング(監視)では、何かしらの形で「事前に想定できた」異常しかアラートとして検知できなかったのに対し、オブザーバビリティではテレメトリデータとしてあらゆるデータを集めることにより、「事前に想定できなかった」異常や変化を把握でき、開発・運用の両面において能動的な対処が可能になります。
特に、大規模なシステム/サービスの開発・運用になればなるほど、オブザーバビリティから得られるメリットはより一層大きくなります。

そんなオブザーバビリティを実現するツール群が「New Relic」です。
New Relicを利用することで、ブラウザ、モバイル、サーバーなどさまざまな環境で動くアプリケーションについて、オブザーバビリティを導入することが可能になります。
また、SDKが対応する言語も多岐にわたり、あらゆる状況下で一元的にデータ収集を行い、分析・可視化してくれます。

本書では、大規模システムの開発・運用に携わるエンジニアに向け、オブザーバビリティの基礎や考え方を身に付けつつ、オブザーバビリティを実現するツール「New Relic」の実践的な利用法や活用パターンについて解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

プログラミング知識ゼロでもわかる プロンプトエンジニアリング入門:掌田津耶乃(著)

書籍情報

掌田津耶乃(著)秀和システム(出版社)2023/11/17(発売日)352(ページ数)

AIへ与える指示を考えるときに、試行錯誤や経験だけに頼らず、理論的なアプローチを加えた手法であるプロンプトエンジニアリングの解説書です。
狙い通りの回答や、より品質の高い回答を得られるようになります。

内容はプロンプトエンジニアリングの基本から、ChatGPTのリクエストパラメータの使い方、最後は「Azure OpenAI」サービスを使ったAIチャットアプリ作成まで説明します。

理論的なアプローチのため、本書で学んだ命令方法を工夫することでさまざまな用途へ応用できます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

MCP教科書 Microsoft Azure Fundamentals:田島静ほか(著)

書籍情報

田島静, 西野和昭, 横山依子(著)翔泳社(出版社)2023/9/19(発売日)392(ページ数)

支持され続けて25年! 信頼と実績の赤本シリーズから、
Microsoft Azure Fundamentals(AZ-900)の対策書が新登場!


Microsoft認定試験「Microsoft Azure Fundamentals」(試験番号:AZ-900)の対策書です。

最新版の試験に対応しています。

実績ある講師陣による丁寧かつ分かりやすい解説に加え、各章末には豊富な練習問題を、巻末には模擬問題を1回分収録。「ボーナス問題」(試験2回分)もダウンロードでき、この1冊だけで合格する力が身につきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

Microsoft認定資格試験テキスト AZ-900:Microsoft Azure Fundamentals 改訂第2版:須谷聡史ほか(著)

書籍情報

須谷聡史,富岡洋,佐藤雅信(著)SBクリエイティブ(出版社)2023/8/29(発売日)312(ページ数)

合格を徹底サポート!

「AZ-900」は、クラウドサービスの基礎とサービスがどのようにMicrosoft Azureで提供されているかの知識を証明する「Azure Fundamentals」認定資格の試験です。 

本書は、「AZ-900」向けの試験対策教科書として、クラウドサービスの基本から、Azureのサービスや業務での活用方法、セキュリティや価格などについて、必要な知識をしっかり丁寧に解説しています。 

実際にAzureシステムを構築している豊富な経験と深い知識を持った著者が、試験に合格するポイントになる知識を解説し、問題の解答につながる考え方が理解できるように構成しています。 

さらに、各章末に練習問題、巻末に模擬試験を用意し、わかりやすい解答解説と合わせて、この一冊で試験への準備がしっかりできるようにしています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

Azureコンテナアプリケーション開発 開発に注力するための実践手法:真壁徹ほか(著)

書籍情報

真壁徹,東方雄亮,米倉千冬,谷津秀典,阿佐志保(著)技術評論社(出版社)2023/2/9(発売日)304(ページ数)

Webアプリケーション開発者が抱える課題をコンテナ技術で解決!

本書は、アプリケーション開発者目線でコンテナ技術の価値を見なおし、Webアプリケーション開発のアジリティを高く保つために、それを活かせるようになることを目的とします。 

第1部ではコンテナ技術の概要と動向を整理し、コンテナを活用したアプリケーション開発ワークフローを体験します。 
第2部ではシンプルなコンテナアプリケーションの実行に適したAzure Web App for Containersを利用します。 
第3部では、コンテナ実行基盤の事実上の標準であるKubernetesをベースとしたAzure Container Appsで、マルチコンテナアプリケーションを動かします。 

本書を読むことで以下の知識を身に付けられます。 
・コンテナを使った開発環境構築の方法 
・コーディング、ビルド、テスト環境としてVisual Studio Code+Remote Container拡張の使い方 
・コンテナアプリケーションの運用負担を軽減するクラウド(Azure)のサーバレス、フルマネージドなコンテナサービスの使い方 
・回復性および可観測性のあるコンテナアプリケーションを開発する指針 

異なる実行環境を知り、比べることで、コンテナの利点や活用にあたっての課題を、よりイメージしやすくなるでしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

Amazonでみる

アジャイルとスクラムによる開発手法 Azure DevOpsによるプロフェショナルスクラムの実践:Richard Hundhausen(著)

書籍情報

Richard Hundhausen(著)福竹裕昭,小川雄太郎,後藤勇輝,牧田浩樹,御手洗拓真,山田侑樹(翻訳)マイナビ出版(出版社)2022/6/28(発売日)544(ページ数)

よりプロフェッショナルなスクラム開発の実践へ

アジャイル開発において最も使用されているフレームワークが「スクラム」です。

本書は、著者が長年スクラムチームをリードしてきた実践経験をまとめあげ、スクラムを習得するためのヒントやコツを多数紹介したProfessional Scrum Development with Azure DevOpsの翻訳書です。

スクラム開発のさらなる改善を目指している方にとって本書は最適です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

Microsoft Azure実践ガイド:真壁徹ほか(著)

書籍情報

真壁徹, 松井亮平, 水谷広巳, 横谷俊介(著)インプレス(出版社)2017/12/15(発売日)399(ページ数)

Microsoft Azureの基本サービスである、仮想マシン、PaaS、ネットワーク、ストレージ、データベース、セキュリティを対象として、各種サービスの使い方、仕様、複数のサービスを組み合わせたシステム構築手法などを解説します。

本書の導入部では、企業システムでの活用を前提とした、冗長構成をとったサンプルシステムの構築からスタートし、基本サービスの解説では、具体例を示しながら各種サービスの主だった機能を網羅的に取り上げます。

運用・設計の解説では、AzureのAPIを利用した運用管理のコード化(Infrastructure as Code)を取り上げ、プロビジョニングや構成管理の自動化を図り、最後に、Azureのリファレンスアーキテクチャを参考に、Windows/Linux、.NETとSQL Server/MongoDB、Express、Angular、Node各サービスを組み合わせたシステム設計を詳細に解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

Microsoft Azure よくある質問と回答

Microsoft Azureについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

Microsoft Azureとは何ですか?

回答: Microsoft Azureは、Microsoftによって提供される包括的なクラウドコンピューティングサービスです。

これには、仮想マシン、アプリケーションサービス、データベース、ストレージソリューション、機械学習、分析ツールなど多数のクラウドベースのサービスが含まれます。

Azureはビジネスの規模や業種を問わず、さまざまなニーズに対応する柔軟なクラウドプラットフォームを提供しています。

Microsoft Azureの主な利点は何ですか?

回答: Microsoft Azureの利点には、その高度なスケーラビリティ、セキュリティ、そして多様なサービスと機能があります。

Azureは、リソースを必要に応じて迅速にスケールアップまたはダウンでき、企業が成長するにつれてそのニーズに適応します。

また、Microsoftが提供する強固なセキュリティ対策により、企業データの保護が強化されます。

Azureはまた、Windowsとの高い互換性を持ち、既存のMicrosoft製品との統合が容易です。

Microsoft Azureで提供される主なサービスは何ですか?

回答: Microsoft Azureでは、仮想マシン、App Service、Azure SQL Database、Azure Active Directory、Azure Storageなどのサービスを提供しています。

Azure Kubernetes Serviceはコンテナオーケストレーションを、Azure Cognitive ServicesはAIと機械学習の機能を提供します。

さらに、IoTやビッグデータ分析などのためのサービスも豊富に用意されています。

Microsoft Azureの料金体系はどのようになっていますか?

回答: Microsoft Azureの料金体系は主に使用したリソースに基づく従量課金制です。

ユーザーは使用したコンピューティングリソース、ストレージ、データ転送などのサービスに対して料金を支払います。

Azureはフリーティアを提供しており、特定のサービスを無料で利用できます。

長期契約やリザーブドインスタンスによる割引オプションもあります。

Microsoft Azureのセキュリティはどのように管理されていますか?

回答: Microsoft Azureはセキュリティを重視しており、データセンターの物理的セキュリティからネットワークセキュリティ、データの暗号化に至るまで、幅広いセキュリティ対策を実施しています。

Azureではユーザーが自分のリソースへのアクセスを詳細に制御できるIAM(Identity and Access Management)が提供され、定期的なセキュリティ監査が行われます。

また、Azure Security Centerを通じてリアルタイムのセキュリティ管理と脅威検出機能を利用することができます。

Microsoft Azureのスキルが活かせる職種とは?

Microsoft Azureは、クラウドコンピューティングのサービスとして幅広い機能を提供するMicrosoftのプラットフォームです。

Azureに関する知識や経験を習得することで、以下のような多岐にわたる職種で仕事を担当することができます。

  1. Azureクラウドアーキテクト:
    • 企業のクラウド戦略に基づき、Azure上での高度なクラウドソリューションを設計、実装します。セキュリティ、ネットワーク構成、データサービス、アプリケーションのスケーラビリティと可用性に関するベストプラクティスを考慮したアーキテクチャの提案を行います。
  2. Azure開発者:
    • Azureプラットフォームを活用して、Webアプリケーション、モバイルアプリケーション、APIなどの開発を行います。Azure App Service、Azure FunctionsなどのPaaS(Platform as a Service)を使用して、効率的にアプリケーションを構築、デプロイします。
  3. DevOpsエンジニア:
    • Azure DevOpsサービスを用いて、ソフトウェア開発プロセスの自動化、最適化を行います。継続的インテグレーション(CI)/継続的デリバリー(CD)パイプラインの構築、アプリケーション監視、インフラのコード化などを担当します。
  4. データエンジニア/データサイエンティスト:
    • Azureのデータサービス(Azure SQL Database、Azure Data Lake、Azure Synapse Analyticsなど)を使用して、データウェアハウスの構築、ビッグデータ処理、機械学習モデルの開発を行います。
  5. システム管理者/インフラエンジニア:
    • Azure環境の設定、運用、管理を担当します。仮想マシンのデプロイ、ネットワーク設定、ストレージ管理、バックアップと災害復旧計画の実施などを行います。
  6. セキュリティアナリスト:
    • Azureのセキュリティ機能(Azure Active Directory、Azure Security Centerなど)を利用して、クラウド環境のセキュリティポリシーの設計、実装、監視を行います。セキュリティインシデントの対応、脆弱性管理、コンプライアンスの確保などを行います。
  7. クラウドソリューションセールス/コンサルタント:
    • 顧客のビジネスニーズに合わせたAzureベースのクラウドソリューションを提案、販売します。技術的なアドバイスやクラウド移行の計画、コスト見積もりなどを行い、顧客のデジタル変革を支援します。
  8. トレーニング講師/エバンジェリスト:
    • Azureに関する知識を共有し、技術コミュニティや企業内でのトレーニング、セミナー、ワークショップを実施します。Azureの最新情報やベストプラクティスを普及させる役割を担います。

Microsoft Azureに関する知識や経験は、クラウドコンピューティングがビジネスのあらゆる側面に浸透している現代において、多くの企業や組織で高い価値を持ちます。

Azureを活用することで、効率的な開発、運用の自動化、データ駆動型の意思決定、ビジネスのスケーラビリティといった多くの利点を実現できます。

PR

まとめ

Microsoft Azure(アジュール)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、Microsoft Azureがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。

PR