【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年2月】Reactがわかる本おすすめ3選+最新情報

「Reactがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

Reactについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

まずはじめに、Reactがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本初心者向けの本最新の本、そしてオンライン講座3選を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • フロントエンド開発者: 効率的で再利用可能なユーザーインターフェイスコンポーネントをReactで構築したい。
  • ウェブ開発者: モダンなJavaScriptフレームワークを使用してダイナミックなウェブアプリケーションを開発したい。
  • JavaScriptプログラマー: Reactのコンセプトとエコシステムを理解し、スキルセットを拡大したい。
  • ソフトウェアエンジニア: 大規模なアプリケーションにおけるフロントエンドのパフォーマンスと保守性を改善したい。
  • IT学生および新入生: フロントエンド技術としてReactの基本を学び、実践的なプロジェクトに適用したい。
  • フルスタック開発者: バックエンド技術に加えて、Reactを用いたフロントエンド開発にも取り組みたい。
  • UI/UXデザイナー: インタラクティブでユーザーフレンドリーなウェブインターフェイスの設計にReactを活用したい。
  • フリーランスのウェブ開発者: クライアントの要求に応じて高品質なReactアプリケーションを提供したい。
  • モバイルアプリ開発者: React Nativeを使用してクロスプラットフォームのモバイルアプリを開発する基礎を学びたい。
  • ウェブプロジェクトマネージャー: チームのReactプロジェクトの計画、管理、実行に関与したい。

あなたの興味関心にあった本やオンライン講座をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

Reactの本 おすすめ3選

Reactがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

これからはじめるReact実践入門 コンポーネントの基本からNext.jsによるアプリ開発まで:山田 祥寛(著)

書籍情報

React/Next.jsによるWebアプリケーション開発で役立つ応用力が身につく! 

たくさんのサンプルを動かしながら、Reactの機能を基礎からしっかり、さらにモダンJavaScript、TypeScript、Next.jsによる本格的なアプリ開発まで、この1冊で総合的に学べます。 

とことん丁寧でわかりやすく、開発に必要な応用力が身につけられる、必読の入門書です。 
最新 React 18以降/Next.js 13以降に対応

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、書籍内容イメージ

Amazonでみる

Reactハンズオンラーニング 第2版 Webアプリケーション開発のベストプラクティス:Alex Banksほか(著)

書籍情報

Alex Banks, Eve Porcello(著) 宮崎 空(翻訳)オライリージャパン(出版社)2021/8/6(発売日)368(ページ数)

Facebookが開発したJavaScriptライブラリ「React」の解説書。

2013年にオープンソース化されたReactですが、ここ数年で大きな変更が加えられ、またReactを取り巻くエコシステムも大きく変化しました。

本書では実際に動くコンポーネントを作りながら、最新のReactの記法について解説しつつ、最新のツールやライブラリも紹介します。

初心者から中上級者まで、Reactの今をすばやく学習することができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

TypeScriptとReact/Next.jsでつくる実践Webアプリケーション開発:手島 拓也ほか(著)

書籍情報

手島 拓也, 吉田 健人, 高林 佳稀(著)技術評論社(出版社)2022/7/25(発売日)448(ページ数)

Next.js(React)+TypeScriptで、モダンフロントエンド開発

新しいフロントエンドの入門書決定版!
本書はReact/Next.jsとTypeScriptを用いてWebアプリケーションを開発する入門書です。

Next.jsは高速さに裏付けされた高いUXと、開発しやすさを両立しているWebアプリケーションフレームワークです。
開発をより快適・堅牢にするTypeScriptを用いて、Next.jsの基礎、最新フロントエンドやWebアプリケーションの開発方法が学べます。

(こんな方におすすめ)
・モダンなWebフロントエンドに興味のある方
・React/Next.jsを初めて使う方、本番に導入したい方
・React/Next.jsとTypeScriptを組み合わせた開発スタイルに興味のある方
・TypeScriptを中心に据えたWebフロントエンド開発に興味のある方
・Atomic DesignやStorybookなど、コンポーネント中心の開発に興味のある方

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

Reactの名著・ロングセラー本

Reactについての名著やロングセラー本を、発売日が新しい順に紹介します。

モダンJavaScriptの基本から始める React実践の教科書:じゃけぇ(著)

書籍情報

じゃけぇ(著)SBクリエイティブ(出版社)2021/9/17(発売日)272(ページ数)

Reactをイチから学びたい方にオススメの1冊です! 
 
UdemyのReactコースで最高評価獲得の著者がモダンJavaScriptの基礎からTypeScriptの実践的な内容までしっかり解説! 

著者が2年以上勉強会を主催し初学者と話す中で分かった、多くの人が感じるReactの挫折ポイントを解決する構成! 

現場のシチュエーションベースのストーリーで技術解説をしているので、実務で必要となる知識を意識しながら学習を進められる! 

「#挫折しないReact本」で学習した感想をシェア! ! 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

基礎から学ぶ React/React Hooks:asakohattori(著)

書籍情報

asakohattori(著)シーアンドアール研究所(出版社)2021/8/24(発売日)372(ページ数)

本書では、
・React/React Hooksの基本の習得
・React/React Hooksを利用した簡単なアプリの作成ができる
をゴールとし、つまずきやすいポイントを確認しながらReact/React Hooksが学べる1冊です。

Reactの学習を進める上でつまずく原因はJavaScriptへの理解不足であることがほとんどではないかと考え、本書の冒頭ではJavaScriptの基礎について多めにページを割いています。

JavaScriptの基礎を固めた上でReact/React Hooksを学んだあとは、TODOアプリの作成に挑戦してみましょう。
また、Chakra UIを使って、Reactアプリのスタイリングも解説しています。
ブラウザ上ですぐに試せるサンプルコードを用意していますので、コードを触りながら学習を進めることができます。 

■対象読者
・JavaScriptは少し書けるがさらにスキルアップしたい人
・React/React Hooksを書けるWebデザイナー/フロントエンドエンジニアを目指す人
・React/React Hooksでアプリの開発を行ってみたい人
・React公式サイトの内容を、少し難しいと感じた人
・Reactを一度学習してみたが、挫折してしまった人
・Reactを始めてみたいけど、どうしたらいいかよくわからない人

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

Reactビギナーズガイド コンポーネントベースのフロントエンド開発入門:Stoyan Stefanov(著)

書籍情報

Stoyan Stefanov(著)牧野 聡(翻訳)オライリージャパン(出版社)2017/3/11(発売日)248(ページ数)

ReactによるコンポーネントベースのWebフロントエンド開発の入門書。

Reactでは小さくて管理が容易なコンポーネントを組み合わせて、大きくて強力なアプリケーションを作成できます。

本書の前半は入門編で、簡単なサンプルを使いながらReactの基本やJSXについて学びます。
後半は、実際のアプリケーション開発に必要なものや開発を助けてくれるツールについての解説です。

具体的には、JavaScriptのパッケージングツール(Browserify)、ユニットテスト(Jest)、構文チェック(ESLint)、型チェック(Flow)、データフローの最適化(Flux)、イミュータブルなデータ(immutableライブラリ)などを取り上げます。

対象読者は、ES2015(ES6)の基本をマスターしているフロントエンド開発者。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

初心者向けのReactの本

初心者向けのReactの本について、発売日が新しい順に紹介します。

作って学ぶ Next.js/React Webサイト構築:エビスコム(著)

書籍情報

エビスコム(著)マイナビ出版(出版社)2022/7/30(発売日)352(ページ数)

ステップバイステップでマスターする、Next.jsによる「これからの」Web制作 

Reactベースのフレームワーク、Next.jsによるWeb構築の基本と実践を、ステップバイステップで学べる本。 

本書は、これまでHTML&CSSを使ってきたものの、Reactにはちょっと手を出せなかった方を対象に、実際にブログを作成しながら、Next.jsを使ってサイトを構築できるようになることを目指しています。 

Next.jsはReactの環境が簡単に整い、サイトも構築でき、静的生成やサーバーサイドレンダリングも試せます。学ぶ環境としても、経験を積む環境としても、そして実務のための環境としてもバランスよく整っているといえます。 

Next.jsの基本的な機能が理解できることはもちろん、Reactの基本やReactでのCSSの扱いもしっかり解説しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

React Angular Vueをスムーズに修得するための 最新フロントエンド技術入門:末次 章(著)

書籍情報

フロントエンド向けアプリケーションフレームワーク( React、Angular、Vue)の学習には、従来のWeb開発にはなかった「フレームワークごとの違い」、「未知の用語や概念」、「進化したJavaScript開発環境」など、最新のフロントエンド技術の知識が求められます。
これらを、その都度調べていては効率が悪いだけでなく、知識が断片的になってしまいます。
本書は、フレームワークの学習に必要なフロントエンド技術の基礎を体系的に解説し、この課題を解決します。

なお、本書ではフレームワーク共通で必要な基礎知識と、フレームワークごとの主な違いを説明しており、React、Angular、Vueのどの学習にも役立ちます。
一方、フレームワークごとのコード作成の詳細については説明していないので、各フレームワークの公式サイトや関連書籍などを参照してください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

React.js&Next.js超入門 第2版:掌田津耶乃(著)

書籍情報

掌田津耶乃(著)秀和システム(出版社)2021/2/27(発売日)457(ページ数)

React.jsの入門者向け書籍です。
2019/3発刊「React.js&Next.js超入門」の改訂版となります。
改訂内容は新バージョン17対応、新しい周辺ツールやデータベースサービスへの対応となります。

対象読者はJavaScriptの入門書を読み終えた層で、React.jsの経験がなくても読めるようにしました。

既存の入門書などで挫折した人でもついていけるように、手順を可能な限り省略せず、手取り足取り教えていく形で説明しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

最新のReactの本

近日発売予定や最近発売された最新のReactの関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

2月に発売されるReactの関連書籍は見つかっていません。

Reactが学べるオンライン講座を次の章で紹介していますので、チェックしてみてください。

実装で学ぶフルスタックWeb開発 エンジニアの視野と知識を広げる「一気通貫」型ハンズオン:佐藤 大輔他(著)

書籍情報

Webシステムを「まるごと作る」フルスタック開発体験!
幅広く活躍できるワンランク上のエンジニアになるために


本書は、Webシステムの「フロントエンド」と「バックエンド」を、一冊でまるごと(=フルスタックで)作り上げる書籍です。

サンプルアプリケーションの開発を通じて、
・フロントエンドとバックエンドをどのように連携させるか
・データ構造/マスタデータをどのように管理するか
・リポジトリを効率的に管理するにはどうするか
といったポイントを、手を動かしながらひとつひとつ学習できます。実装手段のフレームワークには「Next.js」と「Django」を選定しているため、モダンなWeb開発の全体像を把握することにも役立ちます。

分業化の進む現代的なWeb開発の現場で、あなたが自分の担当外の開発領域についてきちんと理解ができていないと感じるなら、本書は最適の学習書になるはずです。本書を読めば、フロントエンド/バックエンドそれぞれの動作原理や開発テクニックはもちろん、開発のさまざまな工程で効率化を図るためのノウハウを習得できます。

Webシステム開発の全体像を見渡し、現場で幅広く活躍できるフルスタックな視野と知識が身につく一冊です。

■対象読者
・業務経験2~3年目のフロントエンドエンジニア/バックエンドエンジニア
・担当領域外の開発技術や開発手法を知りたい人
・モダンなWeb開発の全体像を把握したいマネージャー/リーダー層

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

React オンライン講座3選

オンライン学習プラットフォームUdemy(ユーデミー)で、Reactのオンライン講座を受講できます。

Udemyで人気のオンライン講座3選について、講座概要・対象学習者・学習内容をUdemy公式サイトより引用して紹介します。

Udemyの使い方をくわしく知りたい場合は、ブログ記事をごらんください。

【2023年最新】React(v18)完全入門ガイド|Hooks、Next.js、Redux、TypeScript

講座概要

HTML、CSS、JavaScriptの基礎を終えた方に最適!React入門の決定版!

Reactについて知っておくべき基礎知識について体系的、かつ網羅的に学習して、最短でReactをマスターしよう!

  • 最終更新日:2023年11月
  • 25時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • JavaScript + HTML + CSSなどの基礎を学んで、次に何を学べばよいかわからない方
  • Reactをゼロから学び始める方
  • Reactを使用した高速でインタラクティブなWebアプリを開発したい方
  • Reactの理解をもっと深めたい方
  • Reactは難しいという先入観があり、避けてきた方
  • 最新の実践的なWeb開発手法を学びたい方
  • Reactなどの最新のフレームワークに興味はあるが、自分にできるか自身がない方
  • Web開発のスキルをアップして、単価を上げたい方

学習内容

  • Reactで頻出するJavaScriptの記法を学びます。
  • ReactとReact Hooksについて深く学びます。
  • Reactにおけるスタイリングの方法について学びます。
  • Reactと関数型プログラミングの関係ついて学びます。
  • ReactでDOMを操作する方法について学びます。
  • Reactでパフォーマンスを最適化する方法について学びます。
  • Reduxで状態をグローバルに管理する方法を学びます。
  • クラスコンポーネントについて学びます。
  • ReactでのRest APIを使ったサーバーとの通信方法について学びます。
  • Next .jsについて学びます。
  • SSR, SG, CSR, ISRの違いについて学びます。
  • Reactでのテスト方法について学びます。
  • TypeScriptを使ってReactを開発する手法について学びます。
  • Reactの基礎から実践までの知識を身につけることができます。
  • Reactで高速でインタラクティブなWebアプリを作成して公開することができます。
  • Reactのデバッグの仕方について学びます。
  • npmのコマンドの使い方やパッケージの管理方法について学びます。

Udemy公式サイトで詳しくみる

【2023年最新】React(v18)完全入門ガイド|Hooks、Next.js、Redux、TypeScript icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

【最新ver対応済】モダンJavaScriptの基礎から始める挫折しないためのReact入門

講座概要

【フルリニューアルしました!】Reactの習得に苦戦する理由は「JavaScript」への理解不足です。

このコースではスムーズにReact開発のスタート地点に立てるように、モダンJavaScriptの動作の仕組みや概念、機能から解説します。

  • 最終更新日:2023年11月
  • 7時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • Reactを習得したい人
  • Reactの学習を1度挫折した人
  • 近代JavaScriptを学びつつフレームワークやライブラリも習得したい人
  • モダンフロントエンドも知っておきたいサーバーサイドエンジニア

学習内容

  • モダンJavaScriptの基礎や概念
  • プレーンなJavaScriptを使用したアプリ作成
  • Reactの基礎やルール
  • 最新のReact(Hooks)を使用したアプリ作成

Udemy公式サイトで詳しくみる

【最新ver対応済】モダンJavaScriptの基礎から始める挫折しないためのReact入門 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

【Reactアプリ開発】3種類のReactアプリケーションを構築して、Reactの理解をさらに深めるステップアップ講座

講座概要

Reactを使って「ポケモン図鑑」「ブログ」「ノートメモアプリ」の3種類のアプリを構築する講座です。

Reactの基礎は学び終えたからもっと実践的なアプリケーションを作りたい!応用が効くアプリ開発力を鍛えたい!という方は必見の講座内容です。

  • 最終更新日:2023年2月
  • 4.5時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • Reactを使ってもっとアプリを作ってみたい方
  • Reactの理解をより一層深めてReactをモノにしたい方
  • Reactエンジニアを目指している方

学習内容

  • Reactの基礎を応用して3種類のアプリケーションを構築できる
  • Reactで「ポケモン図鑑」「ブログ」「ノートアプリ」を構築できる
  • ReactでAPIフェッチング手法を学べる
  • ReactとFirebaseを使ってブログを構築できる
  • 主要なReact Hooksの使い方が学べる
  • FirebaseでGoogleログイン機能が実装できる
  • FirebaseでCloudFirestoreデータベース実装ができる
  • Reactルーティング専用ライブラリreact-router-dom(v6)の使い方が学べる
  • モダンJavascriptで登場したmap/find/filterメソッドの使い方がマスターできる
  • Reactの開発効率を上げるプラグインやショートカットキーが学べる
  • Promiseオブジェクトを使ったAPIフェッチング手法が学べる
  • fontawesomeでReactでアイコンを利用する方法が学べる
  • 認証状をローカルストレージに保存して自動ログインする方法が学べる
  • 基本的なHTML/CSSでスタイリングが学べる
  • ログインしているユーザーだけが権限を持つ方法が学べる
  • react-uuidを利用したkeyの設定方法が学べる
  • React専用マークダウンエディタの実装方法が学べる
  • 更新日にデータをソートする方法が学べる

Udemy公式サイトで詳しくみる

【Reactアプリ開発】3種類のReactアプリケーションを構築して、Reactの理解をさらに深めるステップアップ講座 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

React よくある質問と回答

Reactについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

Reactとは何ですか?

回答: Reactは、Facebookによって開発されたオープンソースのJavaScriptライブラリです。

主にユーザーインターフェースの構築に使用され、特にシングルページアプリケーション(SPA)の開発に適しています。

コンポーネントベースのアーキテクチャを採用し、再利用可能なUIパーツを作成できます。

Reactを使うメリットは何ですか?

回答: Reactのメリットは、高い柔軟性と効率的なUI更新機能にあります。

コンポーネントベースの設計により、大規模なアプリケーションでもコードを簡単に管理できます。

また、仮想DOM(Document Object Model)を使用することで、ページの再描画を最適化し、パフォーマンスを向上させます。

ReactとAngularの違いは何ですか?

回答: ReactはJavaScriptライブラリであり、主にUIコンポーネントの構築に焦点を当てています。

一方、AngularはGoogleによって開発されたフルスタックのJavaScriptフレームワークで、より広範な機能を提供します。

Angularは全体的なアプリケーション構造を提供するのに対し、Reactはより自由度が高く、必要に応じて他のライブラリと組み合わせて使用します。

Reactでのコンポーネントとは何ですか?

回答: Reactのコンポーネントは、UIの一部分をカプセル化したもので、独立して再利用可能です。

各コンポーネントは自身の構造(HTML)、外見(CSS)、振る舞い(JavaScript)を持ち、アプリケーションのUIを構築するために組み合わせられます。

コンポーネントはクラスまたは関数で定義できます。

Reactを学ぶための良いリソースは何ですか?

回答: Reactを学ぶための良いリソースには、公式ドキュメント、オンラインチュートリアル、インタラクティブな学習プラットフォーム、関連書籍があります。

特に公式ドキュメントは入門者向けのチュートリアルが充実しており、基本から応用まで学ぶことができます。

実際に小さなプロジェクトを作成しながら学ぶ実践的なアプローチが効果的です。

Reactのスキルが活かせる職種とは?

Reactは、Facebookによって開発された人気の高いJavaScriptライブラリで、主にシングルページアプリケーション(SPA)の構築に使用されます。

コンポーネントベースの開発が特徴で、再利用可能なUIコンポーネントを作成してアプリケーションの効率的な開発を可能にします。

Reactに関する知識や経験を習得することで、以下のような仕事を担当することができます:

  1. フロントエンド開発者:
    • ウェブサイトやウェブアプリケーションのフロントエンド部分の開発にReactを使用します。ユーザーインターフェイスの設計と実装、ユーザー体験の向上に貢献します。
  2. フルスタック開発者:
    • フロントエンドのReact開発に加えて、バックエンド技術(例:Node.js、Express、MongoDBなど)を使用してアプリケーション全体を構築します。エンドツーエンドの開発プロセスに関わります。
  3. UI/UXデザイナー:
    • ユーザーインターフェースの設計において、Reactのコンポーネントベースのアプローチを利用してプロトタイピングやUI設計を行います。デザインと実装のギャップを縮める役割を果たします。
  4. モバイルアプリ開発者:
    • React Nativeを使用してiOSおよびAndroid向けのモバイルアプリケーションを開発します。Reactの知識を活かして、クロスプラットフォームのモバイル開発に携わります。
  5. ソフトウェアアーキテクト:
    • 大規模なReactアプリケーションの設計や、プロジェクトの技術選定に関わります。パフォーマンス、保守性、スケーラビリティを考慮したアーキテクチャの策定を行います。
  6. テストエンジニア:
    • Reactアプリケーションの品質保証を担当します。JestやEnzymeなどのテストフレームワークを使用して、コンポーネントの単体テストや統合テストを実施します。
  7. DevOpsエンジニア:
    • Reactアプリケーションのビルド、テスト、デプロイメントプロセスの自動化に関わります。CI/CDパイプラインの構築やクラウドサービスへのデプロイメントを担当します。

Reactに関するスキルは、現代のウェブ開発において非常に重要であり、特にSPAの開発やインタラクティブなウェブインターフェースの構築において高い需要があります。

React開発者は、スタートアップから大企業まで、さまざまなプロジェクトで活躍する機会を見つけることができます。

PR

まとめ

Reactについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、Reactがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本初心者向けの本最新の本、そしてオンライン講座3選を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本やオンライン講座をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。

PR