【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年2月】フロントエンド開発がわかる本おすすめ3選+最新情報

「フロントエンド開発がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

フロントエンド開発について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

まずはじめに、フロントエンド開発がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ウェブ開発者:ユーザーインターフェイスの設計と実装スキルを向上させたい。
  • UI/UXデザイナー:デザインとフロントエンド技術の間のギャップを埋めたい。
  • プログラミング初心者:ウェブ開発の基礎から始め、フロントエンド技術を学びたい。
  • JavaScript開発者:フロントエンド開発におけるJavaScriptの高度な利用方法を習得したい。
  • フルスタック開発者:バックエンド技術とともにフロントエンドのスキルも磨きたい。
  • ウェブデザインの学生:現代のウェブ開発技術とトレンドを学びたい。
  • フリーランサー:クライアントのウェブサイトやアプリのフロントエンド開発を担当したい。
  • システムアーキテクト:ユーザー体験を向上させるためのフロントエンド設計に興味がある。
  • プロダクトマネージャー:開発チームが実現するべきフロントエンドの品質と機能を理解したい。
  • コーダー:HTML、CSS、JavaScriptなどのウェブ技術に精通し、効率的なコーディングを行いたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

フロントエンド開発の本 おすすめ3選

フロントエンド開発がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

フロントエンドの知識地図 一冊でHTML/CSS/JavaScriptの開発技術が学べる本:池田 泰延ほか(著)

書籍情報

株式会社ICS 池田 泰延 , 西原 翼 , 松本 ゆき(著)技術評論社(出版社)2023/11/24(発売日)344(ページ数)

フロントエンド開発の範囲は広く、習得すべき技術は多種多様です。

HTML・CSS・JavaScriptはフロントエンドエンジニアにとって共通言語ではあるものの、Webサイトを制作するのか、Webアプリケーションを開発するのか、その違いによって採用すべき技術は全く異なります。それは、Webの多様性に対して技術的な正解がひとつではないことを示しています。

本書はフロントエンドの技術を俯瞰し、「エンジニアが共通して知っておくべき技術はなにか」、「(多種多様なエンジニアにとって)どの分野にフォーカスしてスキルアップを目指すべきか」を示すことを目的としています。開発現場でのワークフローを疑似体験したり、各種技術の概要とコードに触れることで理解の促進を目指します。

「フロントエンド技術は移り変わりが激しい」と言われてきました。

しかし、その状況は変わりつつあります。2010年代はHTML5やECMAScript 2015の過渡期にあり、フロントエンドの技術は大きく変化しました。現在は、ツールやフレームワークの変化はあれど、開発における基本的な考え方はそれほど変化していません。成熟したフロントエンドの技術を、本書を通してこのタイミングでキャッチアップしてほしいと考えています。

また、「未経験のエンジニアにとって、フロントエンド業界に入ったときに学んでほしいこと」をこの一冊で網羅できることを筆者は裏テーマとして設定しました。初心者の方も、すでに業界で取り組んでいるエンジニアの方にとっても、知識のボトムアップに繋がる一冊を目指します。

(こんな方におすすめ)
・フロントエンド開発にこれから携わりたい方
・フロントエンド開発に携わって1〜2年の方
・Webサイト制作に携わっていて、フロントエンド全般について知りたい方
・Webサイト制作、Webアプリケーション開発それぞれの知識や違いを知りたい方

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

フロントエンド開発のためのテスト入門 今からでも知っておきたい自動テスト戦略の必須知識:吉井 健文(著)

書籍情報

現場で役立つテスト手法を基礎から解説!
「どこから」「どうやって」手をつければよいかわかる


本書は、Webアプリケーション開発に携わるフロントエンドエンジニアを対象に、「テスト」の基本知識と具体的な実践手法を解説した書籍です。

高度な機能を画面上で提供する現代のWebアプリケーションでは、その品質や保守性を担保するうえで、フロントエンドにおける自動テストが重要な役割を持ちます。

本書はそんな「フロントエンドにおけるテスト」をテーマに、基本的なテストコードの書き方や、目的に応じたテスト手法・ツールの使い分け方を解説します。「UIコンポーネントテスト」や「ビジュアルリグレッションテスト」など、フロントエンドならではの具体的なテスト課題に重点を置いており、基本から実践まで必要な知識を体系的に身につけることができます。

解説はサンプルWebアプリケーション(Next.js)を舞台にしたハンズオン形式で進みます。「アクセシビリティの改善」や「CIでのテスト実行」といったトピックもフォローしているので、開発現場で役立つ実践的な知識・ノウハウがきちんと身につく一冊です。

■こんな方におすすめ
・テストの必要性は理解しているが着手できていない
・それなりに開発経験はあるがテストを書いたことがない
・現在取り組んでいるテスト手法が最適かわからない

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

フロントエンド開発のためのセキュリティ入門 知らなかったでは済まされない脆弱性対策の必須知識:平野 昌士(著)

書籍情報

平野 昌士(著)はせがわ ようすけ, 後藤 つぐみ(監修)翔泳社(出版社)2023/2/13(発売日)264(ページ数)

Webアプリケーションの堅牢化に欠かせない知識を凝縮!
セキュリティ学習のスタートに最適の一冊!


本書は、安全なWebアプリケーションを開発するための基本知識を、フロントエンドエンジニア向けに解説したセキュリティの入門書です。

これまでWebアプリケーションの開発で、セキュリティは「バックエンドの仕事」というイメージの強い領域でした。しかし、アプリケーションの安全性を高めるためには、フロントエンドエンジニアにも、セキュリティの基礎知識や具体的な対策の実践が求められます。

本書では、Webセキュリティの必須知識である「HTTP」「オリジン」などの基礎トピックや、「XSS」「CSRF」といったフロントエンドを狙ったサイバー攻撃の仕組みを、サンプルアプリケーションを舞台にしたハンズオンで学びます。

もちろん、攻撃からユーザーを守る防御の手法もしっかりおさえます。個々の攻撃手法に応じた対策のほか、「認証機能の実装」「JavaScriptライブラリの安全な使い方」など、開発現場で役立つ実践的な脆弱性対策もカバーしているので、自分の開発で取り入れられるセキュリティ向上のヒントが多く見つかるはずです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

フロントエンド開発の名著・ロングセラー本

フロントエンド開発についての名著やロングセラー本を、発売日が新しい順に紹介します。

Webフロントエンド ハイパフォーマンス チューニング:久保田 光則(著)

書籍情報

久保田 光則(著)技術評論社(出版社)2017/5/26(発売日)352(ページ数)

Webサイト、Webアプリケーションをより高速にチューニングするための解説書です。

リッチなWebサイト、Webアプリケーションの増加はとどまるところを知らず、これらの高速化の需要はますます高まってきています。
本書では高速化という課題に対し、きちんと対処できる知識と実力を身に付けます。

基礎となるブラウザのレンダリングから、個別の問題に対する対応例、今後を見据えた設計の基礎などその場しのぎではない本質的な高速化を学びます。

基礎知識と豊富なテクニックで最高速のWebフロントエンドが目指せます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

マイクロフロントエンド マイクロサービスアーキテクチャの概念をフロントエンドに拡張し、信頼性、自律性の高いシステムを構築する:Luca Mezzalira(著)

書籍情報

DAZNでアーキテクトを務めた著者が、マイクロフロントエンドアーキテクチャの概念、長所と短所、導入のポイントなどを俯瞰的に説明します。プロジェクトに適したアーキテクチャをどのように見極めるべきかについて、デプロイ可能性、モジュール性、テスト容易性、パフォーマンス、開発者体験といった観点から、多角的に分析することの重要性を強調します。

また、マイクロフロントエンドを導入する予定がない組織にとっても、自律性、生産性の高いチーム作りのヒントを得ることができます。

巻末の付録では、開発の最前線で活躍する8人にインタビュー。マイクロフロントエンドの威力、可能性、落とし穴など、開発現場の貴重な「生の声」を収録。一筋縄ではいかない開発の風景を垣間見ることができます。

実装サンプルはすべてGitHubから利用可能です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

フロントエンド開発入門 プロフェッショナルな開発ツールと設計・実装:安達稜ほか(著)

書籍情報

安達稜, 武田諭(著)秀和システム(出版社)2020/10/9(発売日)280(ページ数)

最近のWeb開発ではフロントエンドの技術が必須です。
とはいえ、HTMLに追加される新しい要素や属性、増えていくCSSプロパティやルール、年々アップデートされるJavaScriptなど、複雑かつ膨大な情報を整理するだけでも大変です。

本書は、初級者向けにフロントエンド開発支援ツールの選び方や使いこなし方、効率的に開発をするための基礎知識が身につく入門書です。
複数の支援ツールから「なぜそれを使うのか」選択する基準がわかります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

React Angular Vueをスムーズに修得するための 最新フロントエンド技術入門:末次 章(著)

書籍情報

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

フロントエンド向けアプリケーションフレームワーク( React、Angular、Vue)の学習には、従来のWeb開発にはなかった「フレームワークごとの違い」、「未知の用語や概念」、「進化したJavaScript開発環境」など、最新のフロントエンド技術の知識が求められます。
これらを、その都度調べていては効率が悪いだけでなく、知識が断片的になってしまいます。

本書は、フレームワークの学習に必要なフロントエンド技術の基礎を体系的に解説し、この課題を解決します。

なお、本書ではフレームワーク共通で必要な基礎知識と、フレームワークごとの主な違いを説明しており、React、Angular、Vueのどの学習にも役立ちます。

一方、フレームワークごとのコード作成の詳細については説明していないので、各フレームワークの公式サイトや関連書籍などを参照してください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

ステップアップJavaScript フロントエンド開発の初級から中級へ進むために:佐藤 正志ほか(著)

書籍情報

サークルアラウンド株式会社 佐藤 正志, 小笠 原寛(著)翔泳社(出版社)2022/1/14(発売日)304(ページ数)

「とりあえず動くJavaScript」から脱却したい人へ! 
初級者から中級者へのステップアップ指南書


JavaScriptは「なんとなく」「勘で」書いても動いてしまうことがある一方で、独特の癖があり奥が深いため、初心者から脱するのが難しい言語です。

本書は「入門者向けの本は一冊読み終わったけど、もっと良いコードを書きたい」「バグの出にくいコードの書き方を知りたい」という開発者のために、JavaScriptで特につまずきやすい部分を丁寧に解説します。

■対象読者
・フロントエンドのスキルアップを目指す現役エンジニア
・フロントエンドエンジニアとしての転職/異動を考えるJavaScript初級者
・職業としてのエンジニアを目指し、独学でJavaScriptを勉強したいと考えている学習者

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

最新のフロントエンド開発の本

近日発売予定や最近発売された最新のフロントエンド開発の本を、発売日が新しい順に紹介します。

2月に発売されるフロントエンド開発の関連書籍は見つかっていません。

Tailwind CSS 実践入門:工藤 智祥(著)

書籍情報

工藤 智祥(著)技術評論社(出版社)2024/1/26(発売日)384(ページ数)

本書はTailwind CSSの実践的な入門書です。

フロントエンドエンジニア、マークアップエンジニア、そしてデザインシステムの構築に興味があるデザイナーを対象に、Tailwind CSSの中核的な思想である「ユーティリティファースト」の理解へといざないます。

Tailwind CSSの基本的な使い方や、デフォルトテーマによって提供されるクラスの紹介はもちろん、テーマのカスタマイズやプラグインの作成によってデザインシステムを作るための実践的なノウハウも詳説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

フロントエンド向けWebAssembly入門 AIや3DをWebブラウザーで軽快にこなす:末次 章(著)

書籍情報

WebAssemblyは、Webフロントエンド高速化のために生まれた、低レベルのプログラミング言語です。

本書のサンプルアプリでJavaScriptの20~40倍の実行速度を実現しています。

主要なWebブラウザーがWebAssemblyをサポート済みで、 機械学習ライブラリ「TensorFlow」、 画像処理ソフト「Photoshop」、ゲームエンジン「Unity」など、商用レベルのアプリがWebブラウザー対応のために利用しています。

本書は、 WebAssemblyの基礎・開発環境・機械学習の実装まで、例を示しながら具体的に解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

これからはじめるReact実践入門 コンポーネントの基本からNext.jsによるアプリ開発まで:山田 祥寛(著)

書籍情報

React/Next.jsによるWebアプリケーション開発で役立つ応用力が身につく! 

たくさんのサンプルを動かしながら、Reactの機能を基礎からしっかり、さらにモダンJavaScript、TypeScript、Next.jsによる本格的なアプリ開発まで、この1冊で総合的に学べます。 

とことん丁寧でわかりやすく、開発に必要な応用力が身につけられる、必読の入門書です。 
最新 React 18以降/Next.js 13以降に対応

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

Nuxt 3 フロントエンド開発の教科書:齊藤新三(著)

書籍情報

WINGSプロジェクト齊藤新三(著)山田 祥寛(監修)技術評論社(出版社)2023/9/22(発売日)368(ページ数)

TypeScript×Vue 3×Nuxt 3によるアプリ開発がこの一冊でわかる!

本書は、最近需要が急増しているSSR(Server Side Rendering)によるSPA開発に適したWebアプリケーションフレームワーク「Nuxt 3」の解説書です。

Nuxtは、最新のバージョン3でVue 3に完全対応したことで、Composition APIやTypeScriptを活用した効率的な開発が可能になりました。

さらに、CSR/SSR/SSG/ISGの柔軟な切り替えやサーバレスビルドにも対応し、サーバレスWebサービス開発に最適のフレームワークへと進化しました。

本書では、Nuxt 3の基本機能から、Composition APIを使ったアプリケーション開発の方法、エラー処理やNetlify/AWS Lambda/Herokuの本番環境へのデプロイまで、Nuxt 3の全機能を網羅して解説します。

(こんな方におすすめ)
・Nuxt 3を使ってWebフロントエンドやWebアプリケーションを開発したい人

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

Vue 3 フロントエンド開発の教科書:齊藤新三(著)

書籍情報

WINGSプロジェクト齊藤新三(著)山田 祥寛(監修)2022/9/28(発売日)432(ページ数)

TypeScript×Composition APIによる次世代Vueの開発手法がわかる!

人気のWebフロントエンドフレームワーク「Vue.js」がバージョンアップして「Vue 3」となり、TypeScriptの標準採用、新機能Composition API、Vite、Piniaの搭載など、大幅に機能が更新・強化されました。
それに伴い、Vue 3では、従来のOptions APIを利用したコンポーネント開発とは異なる開発手法が必要となります。

本書では、Composition APIによるコンポーネント開発やPiniaによる状態管理、Vue RouterによるSPA開発、非同期処理やユニットテストなどを新機能を駆使して解説しており、Vue 3によるフロントエンド開発手法が1冊ですべて身に付く内容になっています。

(こんな方におすすめ)
・Composition APIによるVue 3の開発方法を学びたい人

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

AWS Amplify Studioではじめるフロントエンド+バックエンド統合開発:掌田 津耶乃(著)

書籍情報

サーバーレス開発のデファクトスタンダード!AWS Amplifyでフロント=バックを一元開発!!

時代は「バックエンドで全てを処理する」から「バックエンドをAPI化しフロントエンドで処理する」というサーバーレスへ移行しつつある。
そのデファクトスタンダードとなりつつあるのが「AWS Amplify」だ。

データベースやアカウント管理などのバックエンドを管理するツール「AWS Amplify Studio」により高度な知識がなくともバックエンドを効率よく開発管理できる。
AWS Amplify+AWS Amplify Studioでクラウドベースアプリケーション開発を実現しよう! 
「本書まえがきより抜粋」

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

TypeScriptとReact/Next.jsでつくる実践Webアプリケーション開発:手島 拓也ほか(著)

書籍情報

手島 拓也, 吉田 健人, 高林 佳稀(著)技術評論社(出版社)2022/7/25(発売日)448(ページ数)

Next.js(React)+TypeScriptで、モダンフロントエンド開発

新しいフロントエンドの入門書決定版!
本書はReact/Next.jsとTypeScriptを用いてWebアプリケーションを開発する入門書です。

Next.jsは高速さに裏付けされた高いUXと、開発しやすさを両立しているWebアプリケーションフレームワークです。
開発をより快適・堅牢にするTypeScriptを用いて、Next.jsの基礎、最新フロントエンドやWebアプリケーションの開発方法が学べます。

(こんな方におすすめ)
・モダンなWebフロントエンドに興味のある方
・React/Next.jsを初めて使う方、本番に導入したい方
・React/Next.jsとTypeScriptを組み合わせた開発スタイルに興味のある方
・TypeScriptを中心に据えたWebフロントエンド開発に興味のある方
・Atomic DesignやStorybookなど、コンポーネント中心の開発に興味のある方

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

Bootstrap 5 フロントエンド開発の教科書:山内直(著)

書籍情報

WINGSプロジェクト 山内直(著)山田 祥寛(監修)技術評論社(出版社)2022/1/7(発売日)544(ページ数)

Bootstrap 5の全機能が1冊で身に付く! 

高性能・高機能CSSフレームワークとして高い人気を誇る「Bootstrap」がバージョン5になり、レガシーなIE対応やjQueryコードの完全排除、コンポーネントやフォームの刷新、CSS Grid対応などが行われた、より洗練されたモダンなフレームワークへと生まれ変わりました。

本書は、Bootstrap 5の基本から、CSSクラスを利用したスタイリング、コンポーネントやJavaScriptを利用したUI実装などを解説、後半ではWebページのモックアップの実装方法やオリジナルフレームワークを作るためのカスタマイズ方法などもていねいに解説しているので、1冊でBootstrap 5の基礎から活用方法まで、すべて身に付く内容になっています。

(こんな方におすすめ)
・Bootstrap 5の機能を詳しく学びたい人

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

フロントエンド開発 よくある質問と回答

フロントエンド開発について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

フロントエンド開発とは何ですか?

回答: フロントエンド開発とは、ウェブサイトやウェブアプリケーションのユーザーインターフェース部分を作成することを指します。

具体的には、ユーザーが直接見て操作する部分で、HTML、CSS、JavaScriptなどの技術を使って構築されます。

フロントエンド開発者が学ぶべき基本技術は何ですか?

回答: フロントエンド開発者が学ぶべき基本技術には、HTML(ウェブページの構造を作る)、CSS(スタイルやレイアウトを定義する)、そしてJavaScript(インタラクティブな要素を追加する)があります。

これらはフロントエンド開発の基礎を形成し、ウェブ開発の入門点となります。

フロントエンドとバックエンドの違いは何ですか?

回答: フロントエンドはウェブサイトの見た目とユーザーが直接触れる部分に関わり、バックエンドはサーバー、アプリケーション、データベースなど、ウェブサイトの裏側で動作する部分を指します。

フロントエンドは主にユーザーエクスペリエンスに集中し、バックエンドはデータ処理やサーバーの管理などを担います。

レスポンシブデザインとは何ですか?

回答: レスポンシブデザインとは、ウェブサイトが異なるデバイス(デスクトップ、タブレット、スマートフォンなど)の画面サイズに応じて適切に表示されるように設計するアプローチです。

CSSのメディアクエリを使用して、さまざまな画面サイズでの見た目と機能性を最適化します。

フロントエンドフレームワークとは何ですか?その例は?

回答: フロントエンドフレームワークは、ウェブ開発の共通の機能やコンポーネントを提供するライブラリやツールのセットです。

これにより開発プロセスが高速化され、一貫性のあるデザインが容易になります。

代表的なフロントエンドフレームワークには、Bootstrap、React、Angular、Vue.jsなどがあります。

フロントエンド開発のスキルが活かせる職種とは?

フロントエンド開発に関する知識や経験は、ウェブおよびモバイルアプリケーションのユーザーインターフェース(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)の設計と実装に不可欠です。

このスキルセットを持つことによって、以下のような職種で仕事を担当することができます:

  1. フロントエンド開発者:
    • ウェブサイトやウェブアプリケーションのフロントエンド部分、つまりユーザーが直接対話する部分の開発を行います。HTML、CSS、JavaScriptなどの技術を使用して、インタラクティブで使いやすいUIを構築します。
  2. UI/UXデザイナー:
    • ユーザーの視点からウェブサイトやアプリケーションのデザインを考え、ユーザーが直感的に操作できるインターフェースを設計します。フロントエンド開発の知識があれば、実装可能なデザインを作成しやすくなります。
  3. フルスタック開発者:
    • フロントエンドだけでなく、バックエンド(サーバーサイドのロジックやデータベースとの連携など)の開発も担当します。フロントエンドのスキルを持つことで、エンドツーエンドの開発プロセスを理解し、効率的に作業を進めることができます。
  4. Webデザイナー:
    • ウェブサイトのビジュアルデザインを担当しますが、フロントエンドの技術知識があると、デザインをより実装に近い形で作成でき、開発者とのコミュニケーションもスムーズになります。
  5. モバイルアプリ開発者(フロントエンド):
    • React NativeやFlutterなどのクロスプラットフォームフレームワークを使用して、iOSとAndroidの両方で動作するモバイルアプリのフロントエンドを開発します。
  6. アクセシビリティスペシャリスト:
    • ウェブアクセシビリティに関するガイドラインを理解し、すべてのユーザーがウェブサイトやアプリケーションにアクセスできるようにします。フロントエンドの技術を用いて、アクセシビリティの高いUIを構築します。
  7. パフォーマンスエンジニア:
    • ウェブサイトやアプリケーションのロード時間やレスポンスの速度を改善するための最適化を行います。フロントエンドの知識を活用して、ユーザー体験を向上させるためのパフォーマンスチューニングを実施します。

フロントエンド開発のスキルは、デジタル時代において非常に高い需要があります。

ユーザー体験の向上、アクセシビリティの確保、クロスプラットフォーム対応など、幅広い分野で活躍することができます。

PR

まとめ

フロントエンド開発について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、フロントエンド開発がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。

PR