【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年6月】RPAがわかる本おすすめ3選+最新情報

「RPAがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

RPA(ロボティックプロセスオートメーション)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

RPAとは、Robotic Process Automationの略で、繰り返し行われるルーチンワークを自動化する技術です。ソフトウェアロボットが人間の代わりにデータ入力、フォーム処理、定期報告などのタスクを行い、効率を大幅に向上させます。これにより、従業員は創造的で価値の高い業務に集中できるようになります。企業の生産性向上とコスト削減に寄与する革新的なソリューション。

まずはじめに、RPAがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ITプロフェッショナル:業務プロセスを自動化し、効率を向上させたい。
  • ビジネスアナリスト:業務の自動化ポテンシャルを評価し、RPAソリューションを導入したい。
  • プロジェクトマネージャー:RPAプロジェクトを計画、実行し、結果を監視したい。
  • ソフトウェア開発者:RPAツールの開発やカスタマイズに関心がある。
  • 経営者:組織内の業務効率化を目指し、RPAの導入を検討している。
  • プロセス改善担当者:既存の業務プロセスを分析し、RPAを利用して改善したい。
  • HRマネージャー:従業員の作業負荷を軽減し、より価値の高い業務にリソースを振り向けたい。
  • 経理・財務担当者:会計や財務報告のプロセスを自動化し、精度を向上させたい。
  • 顧客サービスマネージャー:顧客対応の効率化と品質向上を目指す。
  • ITコンサルタント:クライアント企業にRPAの導入と最適化のアドバイスを提供したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

RPAの本 おすすめ3選

RPAがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

定型業務を効率化 実践RPAガイドブック

書籍情報

芳野 剛史(著)中央経済社(出版社)2022/6/16(発売日)229(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

RPAによる業務効率化を実現するために必要な全工程を体系的に整理。

RPA導入の意思決定、業務改善案の策定、RPAの構築、運用保守、継続的改善などのポイントを解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

自動化経営の教科書 小さい会社がたった3カ月で変わる! RPA活用プロジェクト

書籍情報

兎澤直樹(著)日経BP(出版社)2022/5/26(発売日)352(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

組織の生産性向上の切り札として注目されるRPA(Robotic Process Automation)。
専門的なプログラミングなしに、面倒な定型業務や反復処理をコンピュータが自動実行することによって人間を定型業務から解放し、より創造的に働くことのできる時間を生み出します。 

本格的なDX時代到来と共に中小企業、零細企業まで普及が進むRPA。
しかし多様なRPA製品の選定の仕方や、小規模組織が挫折することなくRPA導入を成功させるための進め方については情報が非常に限られているのが現状です。 

本書は中小企業を中心にした豊富な導入実績に基づいて、使ってみなければ分からないノウハウや、多数の事例を経験したからこそ分かる勘所、つまづきやすいポイントを懇切丁寧に説きます。 

ITの専門知識のない人がどのようにRPAと向き合うか、RPAを出発点としたIT活用組織へのチームビルディングの手法にも詳しく触れ、経営者から現場の業務担当者まで興味を持って読み進められる必携の1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

はじめてのPower Automate Desktop 無料&ノーコードRPAではじめる業務自動化

書籍情報

株式会社ASAHI Accounting Robot研究所(著)技術評論社(出版社)2021/9/27(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Power Automate Desktopをはじめるならこの1冊

最初に読みたい、Power Automate Desktopの入門書です。
基本と実用例がしっかり載った、業務自動化の第一歩になる本です。 

Power Automate Desktop は、RPA ツールとして国内では今までにない注目を集め、急速に利用が広まっています。
本書ではよく使うExcelやWeb操作の自動化などを中心に、幅広い機能を解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

RPAの名著・ロングセラー本

RPAについての名著やロングセラー本を紹介します。

絵で見てわかる RPAの仕組み

書籍情報

西村 泰洋(著)翔泳社(出版社)2018/8/10(発売日)264(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

働き方改革の新技術がいちからわかる

RPAは、AIやIoTなどのデジタル分野技術の一つに挙げられ、コスト削減、働き方改革などと組み合わせて、導入効果への期待が高まっています。
一方、正しい姿が伝えられていない部分もあり、また、他のシステムと比較すると、導入のハードルは低いが、その実態や導入の方法論はいまだベールに包まれています。

本書では、RPAの導入形態、構成要素、構造から、ロボット開発、システム開発、導入プロセス、運用管理とセキュリティ、類似・補完技術まで、RPAの「仕組み」のすべてが絵を見て一から理解できます。

また、具体的な実装や代表的なRPA製品の特徴、および実際の画面も掲載しているため、何となくでしか理解できなかったRPAの全体像がすっきりとわかります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

現場が主役の日本型DX RPA×AIをスマホのように使いこなそう

書籍情報

長谷川 康一(著)ダイヤモンド社(出版社)2022/10/12(発売日)336(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

社員を化石化させない「現場駆動のDX」 変革はテクノロジーだけでは起こせない。

それを使いこなす人財を育てることが第一歩である。

数多の企業とRPA導入・DX推進を行ってきた著者が見出した、 日本企業が世界をリードするために今すべきこととは?

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

いちばんやさしいRPAの教本 人気講師が教える現場のための業務自動化ノウハウ

書籍情報

進藤圭(著)インプレス(出版社)2018/10/15(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、働き方改革や生産性向上を後押しするツールとして、いま大きな注目を集めています。

本書では、エンジニアや情報システム部門でない人でも理解できるように、製品の選定から導入計画の立て方、運用方法まで現場目線にこだわってていねいに解説しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のRPAの本

近日発売予定や最近発売された最新のRPAの本を、発売日が新しい順に紹介します。

6月に発売されるRPAの関連書籍は見つかっていません。

Power Automateで学ぶ ローコード開発サバイバルガイド

書籍情報

阿部 輝仁(著)インプレス NextPublishing(出版社)2024/1/26(発売日)148(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Power Automate は、Microsoft が提供するクラウドベースの自動化サービスです。
メールやチャット、OneDrive などの様々なアプリケーションやサービスを連携させて、簡単に自分の作業を効率化することができます。

本書では、Power Automate の基本的な概念や操作方法を分かりやすく解説し、初心者から中級者までが楽しく学べるように工夫されています。
また、実践的なフローの作成例や、ローコード開発のベストプラクティスも紹介しています。

Power Automate を使って、自分だけのオリジナルな自動化を実現しましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Microsoft Power Automate らくらく自動化入門

書籍情報

奥田 理恵(著)日経BP(出版社)2024/1/25(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

●データの収集、転記、保存…… 毎日の定型作業は自動化して効率化!
●面倒な作業はロボットに丸投げ! ExcelもWebも、30分仕事が1分に短縮!
●読みながらのパソコン操作が快適な「ガバっと180°開く」特別製本!


近年はどの職場でも人手不足が深刻です。オフィスワーカーの間でも「書類の作成・管理などの事務処理が追い付かない」「大量のメールをさばくのに苦労する」「データ入力や転記で人的ミスが発生し、かえって無駄な作業が増えた」といった悲痛な声を耳にします。

そんななか注目されているのが「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」や「DPA(デジタル・プロセス・オートメーション)」と呼ばれる“自動化”ツールです。データの入力・転記、ファイルの保存やコピー、Webからの情報取得、関係者へのメール送信など、日常的に繰り返される定型業務を自動化し、驚くほど省力化できます。面倒な仕事を“ロボット”にまかせることで楽になり、ミスも防げます。

自動化というと一見難しそうですが、いわゆるプログラミングのような“コードを記述する”行為が不要な「ローコード」ツールの1つ「Microsoft Power Automate」を使えば、プログラミング言語をまったく知らなくても、実行したい動作をマウスで選んで設定していくだけで、手軽に自動化を実現できます。ITエンジニアやシステム管理者だけでなく、実務を担う現場のビジネスパーソンも、自ら自動化に取り組めるのです。

本書では、Power Automateの導入から活用までを、身近な操作例と多数の図版を基にステップ・バイ・ステップで解説しています。ページが180°開いてそのまま置いておける「コデックス装」を採用していますので、本書を参照すながら両手でパソコンを操作して、実際の動きを試すことができます。本書を参考に、ぜひ業務効率化を実現してください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

できる アシロボ PC自動化ガイド

書籍情報

株式会社ドヴァ , できるシリーズ編集部(著)インプレス(出版社)2023/12/22(発売日)160(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

アシロボは株式会社ドヴァが開発したソフトウェアです。
パソコンで仕事を進める上で、こんな悩みはありませんか?
「パソコンの操作を自動化したい」「毎回同じ操作をアプリケーションで実行するのが面倒……」「間違いがなく素早く正確に処理をしたい」そんな悩みを解決してくれるのが、RPAツールのアシロボです。

本書は、アシロボのインストール方法からサンプルファイルを利用した「シナリオ」の操作方法を紹介します。シナリオとは、ロボットにお願いする作業をまとめた「指令書」のようなものです。この指令書を簡単に作って実行できるのがアシロボです。

「RPAツールって使い方やメニューがよく分からないし、何だか難しそうで自分には無理かも」と思う方もいるかもしれませんが、心配はありません。純国産のRPAツール「アシロボ」は、アプリケーションごとに目的のシナリオを作るためのメニューがやさしい日本語で書かれています。

本書では、RPAツールを初めて使う方でもすぐに使いこなせるよう、基本からステップごとにシナリオの作成方法を解説。アプリを自動で起動させる方法や、Wordの書式を自動で変更する方法、フォルダーにあるファイル名を変更して新しいファイルを作る方法、Excelのセルに自動で値を入力する方法など、無理なくアシロボの操作と使いこなしのコツを習得できます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

よく分かるPower Automate ルーチン作業の自動化を成功させる方法

書籍情報

高見知英(著)インプレス(出版社)2023/12/21(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

フローの基本、変数の理解から、Excelデータの読み書き、メールの自動送信、SNSへの投稿等まで、実務ですぐに活用できるクラウドフローのノウハウが満載!

「Power Automate」は、マイクロソフトが提供するiPaaSツールとして注目されています。一方で、新しいツールかつ多機能であるがゆえに、導入したはいいものの、どう活用すればわからない、ということになりがちです。

本書では、Power Automateの基本的な使い方はもちろん、「どう活用すればいいのか」の部分をイメージしやすいように会話形式の解説を設けるなど、はじめてPower Automateを使うユーザーに最適な解説書です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

現場で使える!自動化入門

書籍情報

北崎 恵凡(著)インプレス NextPublishing(出版社)2023/10/13(発売日)188(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

現代のビジネス環境において、自動化の技術を活用することは不可欠です。
この書籍は、業務自動化の基礎から高度なテクニックまで、現場で必要とされる全てを網羅しています。

初めに、RPAの世界を開きながら、RPAを導入する際の前提知識や注意点を解説。
DXの推進方法とRPAの活用秘訣を明らかにします。
業務断捨離の重要性や、具体的な業務を自動化する前の計画段階についても詳細に触れています。

さらに、スマートマットのハックやRPAによるリアルタイム処理の実際、Raspberry PiとGCPを駆使した監視システムの構築、PythonやGAS、AWSを用いた実践的な自動化技術を紹介します。
さらに、効果的な自動化フローの構築や、実際の体験談をもとにした業務効率化の成功事例を探求します。

この書籍を手にすることで、あなたのビジネスに革命をもたらす自動化の可能性を最大限に引き出す知識と技術を得ることができます。
業務効率化を求める全ての専門家に、強くお勧めする一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Power Automateではじめる業務の完全自動化

書籍情報

太田 浩史(著)インプレス(出版社)2023/9/20(発売日)320(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

定型作業を自動化し、業務の改善や効率化につなげよう!

■「Power Automate」って?
「Power Automate」はさまざまなクラウドサービスと連携させた自動処理を作成できるサービスです。
Microsoft 365に含まれるOutlookやTeams、SharePointなどのほか、GoogleのGmailやGoogleDrive、メッセージアプリのSlackなど、業務でよく利用されるサービスに接続し、パソコンを起動してなくても処理が自動実行されます。
「トリガー」や「アクション」と呼ばれる部品を組み合わせて自動処理(クラウドフロー)を作成するため、プログラミングする必要はほとんどなくプログラマーではない方でも気軽に利用できるのが特徴です。

■「基本」「活用」「応用」の3部構成で確実に身に付く
本書は「基本編」「応用編」「活用編」の3部構成となっており、Power Automateの基礎から便利なテクニックまで習得できるようになっています。

「基本編」では特徴や仕組み、基本操作を解説しています。
簡単なクラウドフローを作成しながら操作や機能が学べるようになっており、基本編を通読することでPower Automateを使いこなす上で必須となる基礎知識が身に付きます。

続く「活用編」では、上司の承認を伴う業務やファイルの変換、データの転記など、利用頻度の高いクラウドフローを解説しています。
実務に活用しやすいのはもちろんのこと、設定のポイントや注意点などが具体例を通じて分かります。

そして「応用編」では、「変数」「式」「JSON」といった一歩進んだテクニックや、エラーに備えた処理、クラウドフローの共有方法などを解説しています。
より多くの業務を自動化するためのスキルや、作成した自動処理を社内で運用していくためのノウハウが身に付きます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

今すぐ使えるかんたん Power Automate for desktop 完全ガイドブック

書籍情報

岩崎将大, 山口晃弘, 原沢陵央(著)技術評論社(出版社)2023/6/7(発売日)320(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Power Automate for desktopがすぐに使える!

Microsoft が無償で提供するRPAツール「Power Automate for desktop」の使い方を解説した書籍です。

Power Automate for desktopはプログラミング言語を使わずにパソコン業務の自動化処理を行えるWindows用のツールで、Officeとの連携に優れているのが特徴です。

Excelのデータ入力、Outlookのメール送信、Webのフォーム入力とデータ取り込みなど、これまで人が手作業で行っていた大量の操作を自動化することで、効率よく仕事に役立てることができます。

本書では、Power Automate for desktopを業務で使いたい人を対象に、基本操作から活用までわかりやすく丁寧に解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

PC業務は全部おまかせ! UiPath×Excel自動化完全ガイド

書籍情報

津田義史(著)秀和システム(出版社)2023/5/27(発売日)424(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

◆最新のモダンアクティビティを解説。UiPath公式ガイドブック

現在、私たちの社会は人口減少が急激に進行し、あらゆる分野で人手不足が深刻な課題となっています。
この対策として、企業や自治体では業務の効率化が急務となり、UiPathのロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)が注目を集めています。
例えば、データの読み取りや、システムへの転記といった単純作業をUiPathで自動化すれば、作業はあっという間に完了します。

ここで登場するのが、本書です。
RPAへの挑戦を考えている方から、すでにUiPathに習熟したプロフェッショナルまで、幅広い読者に対応した1冊となっています。
特に、Excelと他のシステムを同時に操作する自動化を実現したいと考えている方にとって、本書は非常に有益なガイドとなるでしょう。

本書を手にすれば、RPAの経験がない方でも、自動化をすぐに始められます。
Excelの自動化はもちろん、WordやPowerPointなどのOffice製品、ブラウザー、任意のデスクトップアプリの操作も自動化できます。
メールやクラウドストレージの自動化も難しい設定は必要ありません。
また、豊富な画面写真とともに、多くの手順を紹介しており、これに従って操作するだけで自動化できるように工夫されています。

さらに最新のUiPath製品に対応し、高機能で扱いやすくなったモダンアクティビティ(アプリを操作する部品)の逆引き辞典としても活用できるように設計されています。
知りたい情報に直感的にアクセスでき、基礎から応用まで段階的に学習できます。
LINQを活用した高度なデータテーブルの操作方法なども詳解しており、高品質な自動化を実現する技術を短時間で身につけることができます。

本書は、皆様のニーズと期待に応えるべく、「UiPath公式ガイド」として、自動化の旅をサポートします。
ステップバイステップで自動化の作成を学びながら、業務の効率化と生産性向上を実現できることでしょう。

自動化がはかどる1冊、ぜひご活用ください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Google Apps Script目的別リファレンス 実践サンプルコード付き 第3版

書籍情報

近江幸吉, 佐藤香奈, 一政汐里(著)秀和システム(出版社)2023/5/11(発売日)792(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

実際の現場のテクニックがボリューム満載の"使える"実用コード!!

・丁寧な解説で、基礎から実践までしっかり身に着く。
・スプレッドシートやGmailを自動化。データ作業が簡単に。
・手軽にDX!無駄な作業がとってもきらいな人のため自動化の手始めに最適。

「本気の!!業務効率化」
無償Googleアカウントで今日から始める"効率化"

⦅話題のAIを操作するTOPICを追加⦆
・話題のAI「ChatGPT」を自動スクリプトで扱う!
・名刺などの文字認識にも大活躍「OCR」を扱う!

------
Excelのマクロに似た「スクリプト」を書けば、Gmailや「スプレッドシート」などのGoogleサービスを更に効率的に、思うように使えます。
そのスクリプトを書いて実行するプログラミング環境が、Google Apps Script(GAS)です。

本書は、実務での利用頻度が高い「スプレッドシート」を中心に、「こんなことをするには?」というリファレンス(逆引き)形式でGASの機能を解説。
一般のプログラミング言語リファレンスのように、クラス名やメソッド名でも引けるから、上級者にも便利です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Python業務自動化マスタリングハンドブック

書籍情報

江坂和明(著)秀和システム(出版社)2023/1/20(発売日)444(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書は、Pythonを上司、職場、関係部署に説明するための例を掲載しているので、職場への説明がスムーズです。
また、Windowsでの環境設定、Windows専用プログラムを用いWindowsユーザにやさしく説明しています。

プロのプログラマーも使っているサポートツール(black、Pylance、bandit、isort)のVSCodeへの設定方法も解説しているので、初心者でもコーディング規約(PEP8)を遵守したプログラムを作ることができます(補足解説書も含めて解説)。
職場で、統一感のあるプログラムを作ることができるので、プログラムの共有がしやすいです。

業務システムの各種Webパーツ(入力欄、ボタン、チェックボックス等)を実際のWeb画面を使って練習をするので、短期間で業務システムを操作する実力を養うことができます。

※本書はWindows専用です。ダウンロード資料も併せて活用ください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Power AutomateとPythonでマスターするExcel高速化

書籍情報

金宏 和實(著)日経BP(出版社)2022/12/22(発売日)352(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

■ この1冊で両方のツールを使いこなせるようになれる!

パソコンで仕事を効率化――。といっても、実はたくさんの手作業があるのがパソコンでの作業です。
これをまとめて自動化する手段として注目されているのがPower AutomateとPythonです。

でも、どっちを使えばいいの?という疑問もごもっとも。
それぞれ特徴があり、どちらが優れていると決められるものではありません。
ケースバイケースなので、どちらを覚えるのがいいとは言い切れず……。
それならどちらも使えるようになってしまえばいいのでは?

本書は、どちらのツールも使えるようになってしまおうという、ちょっと欲張りな1冊です。
皆さんの目的は、ツールの使い方を覚えることではなく、自分の仕事をいかに自動化するかのはずですよね? だから、その勘所を要件定義とフローチャートで整理するのが実は最も重要なのです。
本書では6種類のビジネス課題をミッションととらえ、そのミッションをいかに解決するかを真っ先に考えます。

「Power Automateは使ってはみたけど、Pythonにも興味があって……」という人や、「Pythonは使えるようになったものの、Power Automateはどんなもんなんだろう」という人に本書はお薦め。
そしてもちろん「Power AutomateとPython、どちらから始めたらいいんだろう」という人にもピッタリ!
両方いっぺんに始めてしまいましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

RPAで成功する会社、失敗する会社 「人が本来やるべき仕事」にシフトする考え方と実践手順

書籍情報

大西 亜希(著)クロスメディア・パブリッシング(出版社)2021/7/20(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

本書は、RPAについて、
・「わが社でも導入してみたい」と考えている会社
・実際に導入しようとして失敗している会社
の経営者、経営企画部門や情報システム部門の担当者、事業部門の責任者などに向けて、本当に効果の上がる導入法を解説するものです。

この本では、RPAの導入に特に重要な視点として、次の3つを挙げています。
そして、その解決の考え方は、それぞれその下に示したとおりです。

1.費用対効果……そもそも安くはない導入費用に見合うだけの効果を出せるか? 
→単純な「削減時間」だけで考えない

2.業務選定……どのような業務に適用できるか、事前に選定できているか? 
→「業務」ではなく「行動」に着目する

3.運用体制……誰がどのように導入し、運用していくか事前に決まっているか? 
→「情報システム部門」ではなく「事業部門」主導で

これらをきちんと考え、社内の体制を整えることが、最終的なコストパフォーマンスを上げるために重要なのです。
ITコンサルタントとして、企業の現場&ベンダーの裏側を知り尽くした著者が教えるRPA導入法、ぜひ御社でも実践してみてください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

徹底解説 RPAツール WinActor 導入・応用完全ガイド Ver7.2対応

書籍情報

SBモバイルサービス(著)NTTアドバンステクノロジ(監修)秀和システム(出版社)2021/3/18(発売日)376(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

働き方改革を推進する業務自動化の武器として注目を集めるPRAには種々ありますが、NTTグループによって開発され、導入実績ナンバーワンの「Win Actor」が最もおすすめです。

そのWin Actorを全国の拠点で使いこなしてきたSBモバイルサービス株式会社(ソフトバンクグループ)が、これまでに蓄積したノウハウを一挙に公開します。
最新バージョン7.2に完全対応しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

書店ポスト

絶対失敗しない! ロボット1000体を導入してわかった RPA成功の秘訣

書籍情報

清水 亮 , 枡田 健吾 , 近江 幸吉 , 石毛 博之(著)秀和システム(出版社)2020/5/20(発売日)183(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

■ソフトバンクのRPAプロジェクトチームが「RPA自走集団」の作り方を事実に基づいて解説。すぐに応用できる資料サービスも充実!

●巻末特別資料「お勧めRPAツール選定フローチャート」!

●RPA導入・運用プロジェクトを成功させる資料はダウンロードサービス!
・業務ヒアリングシート
・業務フロー手順書
・業務見学チェックシート
・導入効果試算表

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

RPAツールで業務改善! UiPath入門 アプリ操作編

書籍情報

小笠原 種高 , 浅居 尚(著)UiPath株式会社(監修)秀和システム(出版社)2020/3/12(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

メールやExcelなど、よく使うアプリケーションの作業を、UiPathで自動化してみませんか?

本書は、国内外で人気のRPAツール「UiPath(ユーアイパス)」を使ったプログラミングの基礎と、業務に関わるロボットの作り方をやさしく解説した入門書です。

ロボットの作成経験「ゼロ」の方でも、1つの動作を指示する「アクティビティ」をドラッグ&ドロップで組み合わせていくだけで、簡単にロボットを作れ、面倒な業務を自動化できます!

amazon.co.jp書籍情報より引用

日常業務をRPAで楽しく自動化 WinActor実践ガイド WinActor v6対応:株式会社インサイトイメージ(著)

書籍情報

株式会社インサイトイメージ(著)NTTデータ(監修)インプレス(出版社)2019/9/25(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

働き方改革が多くの企業において課題となっています。また、人材不足の中、さらなる競争力を強化するため、生産性の向上に向けた取り組みも欠かせません。そのような背景から「RPA」(Robotic Process Automation)が注目されています。
RPAツールの導入により、パソコンを使った作業の自動化や効率化が可能になり、人にしかできない創造的な作業に時間を割くことができます。
本書は多くの企業で導入・採用されているWinActorの基本から応用までを解説したリファレンス書です。

本書では「シナリオ作成のコツを身に付けたい」「検定合格の前段となる基礎知識を学びたい」「研修を受けられないので自宅で勉強したい」といったユーザーの声に応え、WinActorの基本から応用までを1冊に凝縮! 初めてでもWinActorを使いこなせるようになるためにシナリオの作成方法と編集方法について詳しく解説しています。

さらに、2019年6月にバージョンアップされた最新版のWinActor Version6に対応。v6の目玉でもあるGoogle Chromeの自動化のほか、メール受信機能についても紹介しています。

また、WinActor活用の肝となる「ライブラリ」について数多く取り上げているのも本書の特長です。本書のサンプルを利用すれば、メールに記載された顧客情報や発注日などを受注管理アプリに入力する方法のほか、受注結果の確認画面からExcelにデータを転記するシナリオの作成方法を紙面を見ながら学べます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ひとり情シスのためのRPA導入ガイド

書籍情報

福田 敏博(著)リックテレコム(出版社)2019/2/9(発売日)224(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

「ひとり情シス」さん、万歳! 
RPA導入で会社も人生も大きく変わる! 


「働き方改革」が叫ばれる一方で、企業の人手不足は深刻です。
この人手不足を補う切り札として注目されているのがRPA導入です。

本書は、RPAを基本からわかりやすく解説し、「ひとり情シス」が業務部門にRPAを導入して効果を発揮させるにはどうすればいいのかを平易に説明しています。経営視点を持って取り組めば、きっと大きな成果を得られます。

あれこれ考えるよりも、まずはRPAを使ってみましょう! 
ということで、いくつかのRPAを紹介し、その中で一般的なアプリケーション評価版のUiPathで、基本的な画面操作を紹介しています。

対象読者は、中堅中小企業の情報システム管理者、中堅中小企業をサポートするITベンターの方、中小企業の経営者、業務担当者、RPAがどんなものなのか知りたい方々です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

RPA よくある質問と回答

RPAについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

RPAとは具体的に何を指しますか?

回答: RPAは「Robotic Process Automation」の略称で、ソフトウェアベースのロボットを使って、人間が行う定型的な業務プロセスを自動化する技術を指します。

これらのロボットは、ルールに基づいて作業を実行し、データ入力、ファイルの移動、簡単な判断タスクなどを自動的に行うことができます。

RPAの主なメリットは何ですか?

回答: RPAの主なメリットは、効率性と生産性の向上、人的エラーの削減、コスト節約です。

定型作業の自動化により、従業員はより高度で創造的な作業に集中することができ、全体的な業務効率が向上します。

また、時間を要する単調なタスクの自動化により、人的ミスを減らし、長期的にコストを削減できます。

どのような業務にRPAを適用できますか?

回答: RPAは主にルーチンワークや繰り返し発生するタスクに適用されます。

例えば、データの入力や転記、基本的な文書処理、報告書の作成、簡単な顧客対応など、ルールに基づいて実行できる作業が適しています。

複雑な判断が必要な作業や、人間特有の感覚を要するタスクには向いていません。

RPAの導入に際して考慮すべきことは何ですか?

回答: RPAを導入する際には、まず自動化したいプロセスを正確に特定し、そのプロセスがRPAに適しているか評価する必要があります。

また、RPAツールの選定、システムへの統合、従業員のトレーニング、および継続的なメンテナンスとサポートの計画も重要です。

RPAの効果を最大化するためには、組織全体での取り組みと理解が必要です。

RPAとAI(人工知能)との違いは何ですか?

回答: RPAは主に定型的でルールベースの業務プロセスを自動化するのに対し、AIは学習能力と自己改善能力を持つより高度な技術です。

AIはパターン認識、データ分析、予測モデリングなど複雑な作業に適しており、新たな洞察や意思決定支援を提供します。

RPAはこれらのAI能力を持たず、主に定義されたタスクの自動実行に特化しています。

RPAのスキルが活かせる職種とは?

RPA(Robotic Process Automation)は、定型的なビジネスプロセスを自動化する技術です。

RPAに関する知識や経験を持つことで、業務の効率化、コスト削減、エラーの減少など企業に大きなメリットをもたらすことができます。

RPAの専門知識を活かして担当できる仕事には以下のようなものがあります:

  1. RPA開発者/エンジニア:
    • RPAツールを使用して、企業の定型的な業務プロセスを自動化するソフトウェアロボットを設計、開発します。プロセスの分析から自動化スクリプトの作成、テスト、デプロイメントまでを担当します。
  2. RPAコンサルタント:
    • 企業がRPAを導入し、最大限の効果を得られるように支援します。業務プロセスの分析、自動化の機会の特定、RPA戦略の策定、実装計画の提案などを行います。
  3. ビジネスアナリスト:
    • 企業内の業務プロセスを詳細に分析し、RPAによる自動化が可能なプロセスを特定します。プロセスのマッピング、改善提案、ROI(投資対効果)の評価などを行います。
  4. RPAプロジェクトマネージャー:
    • RPA導入プロジェクトの全体計画と管理を担当します。プロジェクトのスコープ、スケジュール、予算の管理、チームのコーディネーション、ステークホルダーとのコミュニケーションを行います。
  5. RPAサポート/運用スペシャリスト:
    • 導入されたRPAソリューションの運用サポートと保守を担当します。システムの監視、問題のトラブルシューティング、パフォーマンスの最適化、バージョンアップなどを行います。
  6. RPAトレーナー/教育担当者:
    • RPAツールの使用方法やベストプラクティスについて、企業の従業員やRPA開発者にトレーニングを提供します。教材の作成やワークショップの実施を行います。
  7. RPAソリューションアーキテクト:
    • 企業のITインフラストラクチャとRPAソリューションの統合を設計します。高度な自動化システムのアーキテクチャ設計、セキュリティ、データ統合戦略などを担当します。

RPAに関する知識や経験を持つ専門家は、さまざまな業界で業務効率化の推進者として活躍することができます。

特に、財務、人事、顧客サービス、サプライチェーン管理など、繰り返し発生するプロセスが多い部門での需要が高まっています。

PR

まとめ

RPA(ロボティックプロセスオートメーション)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、RPAがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。