【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年6月】Go言語がわかる本おすすめ3選+最新情報

「Go言語がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

Go言語について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

Go言語(通称Golang)は、Googleによって開発されたプログラミング言語で、シンプルさ、効率性、高い並行処理能力を特徴としています。静的型付けと自動メモリ管理を提供し、大規模なシステムでも容易にコードを書け、管理できるよう設計されています。クロスプラットフォーム開発に優れ、特にクラウドインフラストラクチャやWebサーバーの開発で広く利用されています。

まずはじめに、Go言語がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ソフトウェア開発者:効率的でパフォーマンスが高いプログラミング言語を学びたい。
  • システムプログラマー:大規模なシステムやネットワークアプリケーションの開発にGoを使用したい。
  • バックエンド開発者:WebサービスやAPIの開発にGo言語を活用したい。
  • ITプロフェッショナル:並行処理やマルチスレッドプログラミングに関心がある。
  • プログラミング初心者:シンプルで学習しやすい言語からプログラミングを始めたい。
  • DevOpsエンジニア:インフラストラクチャや自動化ツールの開発にGoを適用したい。
  • データサイエンス専門家:高性能なデータ処理や分析ツールの開発を目指す。
  • コンピュータサイエンスの学生:新しいプログラミング言語の概念と実践を学びたい。
  • オープンソースコミュニティのメンバー:Go言語を使ったプロジェクトに貢献したい。
  • クラウドアプリケーション開発者:クラウドベースのサービスやアプリケーションにGoを利用したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

Go言語の本 おすすめ3選

Go言語がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

初めてのGo言語 他言語プログラマーのためのイディオマティックGo実践ガイド

書籍情報

Jon Bodner(著)武舎 広幸(翻訳)オライリージャパン(出版社)2022/9/26(発売日)464(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

イディオマティックなGo言語の解説書。
構文がシンプル、静的型付け、タイプセーフでメモリセーフ、バグが入り込みにくい、並行処理が得意、実行速度が速い……これらの魅力的な特徴を生かすためには、Go言語らしい書き方を可能にする「イディオム」を学ぶ必要があります。
Go言語のイディオムをマスターすれば、効率的で読みやすいコードを書けます。

本書では、Go言語の基本機能を明快かつ簡潔に説明しつつ、イディオマティックなGoコードの書き方やGoプロジェクトの設計方法を解説します。
読者はベテランのGo開発者のように考える術を学べます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

実践!Go言語とgRPCで学ぶマイクロサービス開発

書籍情報

古川 正寿(著)科学情報出版(出版社)2024/4/17(発売日)254(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

gRPC はサービス間連携方法として、たいへん有効で強力な方法であることが徐々に認識されつつあります。

本書は、CQRS サービスを実現するマイクロサービスを実装する過程を解説しながら、gRPC の利用方法やGo の世界で利用されているフレームワークの利用方法の知識を得ることを目的としています。

2章以降では、gRPC の利用方法、サンプルアプリケーションのアーキテクチャ、Command、Query、Client の3 つのサービスの実装内容と、フレームワークの利用方法について解説しています。

4 章~ 7 章でアプリケーションを構成するレイヤ毎に設計、実装内容、フレームワークの利用方法を解説します。
7 章では、完成したCommand Service の動作確認のために、リクエスト送信ツールであるgrpcurl を利用したサーバへのアクセス方法について解説します。

Query Service は問合せ結果を提供するため、シンプルな3 層構造で全体を実装しています。
O/R マッパーとしてGORM を利用し、8 章でGORM の使い方について説明しています。

9 章では、シンプルで基本的は方法でgRPC サーバにアクセスしますが、10 章でストリームを利用したアクセス方法を示し、インターセプタやTLS を利用したセキュアな接続について解説しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Go言語 100Tips ありがちなミスを把握し、実装を最適化する

書籍情報

Teiva Harsanyi(著)柴田 芳樹(翻訳)2023/8/18(発売日)416(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Goプログラミングにありがちな間違いを網羅的に解説!
間違いに対処しておくことで、開発生産性とコード品質を高めよう。


本書では、Goアプリケーションによくある100の間違いを取り上げ、その例を検証し、その背景にある事柄を掘り下げていきます。

さらに、間違いを回避するためのヒント、テクニックを紹介し、実際の現場で間違いを回避できるようにします。

本書で取り上げる間違いは、バグ、不必要な複雑さ、可読性の低下、最適ではない/慣用的ではないソフトウェア構成、APIの利便性の欠如、最適化されていないコード、生産性の欠如です。

Go言語の文法のほか、エラー管理、並行処理、標準ライブラリ、テスト、最適化など、さまざまなカテゴリーにおける間違いを見ていきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Go言語の名著・ロングセラー本

Go言語についての名著やロングセラー本を紹介します。

Go言語プログラミングエッセンス

書籍情報

mattn(著)技術評論社(出版社)2023/3/9(発売日)328(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

あなたのGoのコードを「一段階」レベルアップするテクニック集

Go言語ユーザーとして、「もう一段レベルアップしたい」「開発に使いたい」と思っている方に向けた、Go言語の解説本です。

関数やパッケージの使い方、並行処理、テストといった基本的なトピックにおいて、「こう書くと綺麗になる」「こう書くとパフォーマンスが上がる」といったエッセンスを紹介します。

後半ではCLIアプリ/Webアプリの開発手順や、現場で使われている便利なパッケージなど、著者が業務やOSSの開発で培った技術をふんだんに紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

実用 Go言語 システム開発の現場で知っておきたいアドバイス

書籍情報

渋川 よしき, 辻 大志郎, 真野 隼記(著)オライリージャパン(出版社)2022/4/22(発売日)464(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

業務プログラミングの現場でも採用されるようになってきたGo言語。
文法はシンプルで学びやすいという特徴を持っていますが、複雑な要件を実現するには、プログラミング言語が提供する構成要素(文法やライブラリ)をさまざまに組み合わせる必要があります。

本書は、そんなGoを使う上でのポイントを単なる文法詳解ではなく「よりGoらしく書くには」「実用的なアプリケーションを書くには」といった観点から紹介します。

構造体やインタフェースの使い方からJSON、CSVファイル、Excel、固定長ファイルの扱い方、またログやテスト、環境構築など現場に即した幅広いトピックについて、「Goらしいプログラムの書き方」をその背景と共に教えてくれる先輩のような書籍です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

スターティングGo言語

書籍情報

松尾愛賀(著)翔泳社(出版社)2016/4/15(発売日)432(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Go 1.6に対応! 
構文や動作を「なぜ・どうして」から解説。
読みやすさ、理解の深さを追求したGo入門書! 


本書は、Goプログラミングをこれから始める方のための学習書です。
Go言語の基本的な構文から、特徴的な機能、開発ツールや使用頻度の高いパッケージの使い方まで、実際にプログラムを書いてみたい方に必要な知識を解説しています。

Go言語の最新バージョン1.6に対応。
データ型からチャネルとゴルーチンなどの特徴的な機能、各種パッケージまで、コード例をふんだんに使って「なぜそうなるのか」から説明していますので、C/C++、Java、C#、PythonやPHP、Rubyなど何かしらのプログラミング言語を学んだ方であれば「なるほど、なるほど」と腹落ちしながら読み進められます。

使用頻度の高いパッケージの使い方は集中的に解説するほか、巻末には標準ライブラリのパッケージカタログ付き。
座右において便利に使える一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のGo言語の本

近日発売予定や最近発売された最新のGo言語の本を、発売日が新しい順に紹介します。

6月に発売されるGo言語の関連書籍は見つかっていません。

効率的なGo データ指向によるGoアプリケーションの性能最適化

書籍情報

Bartłomiej Płotka(著)山口 能迪(翻訳)オライリージャパン(出版社)2024/2/24(発売日)504(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書は、Goアプリケーションの効率やスケーリングに関する疑問に対して、実用的な答えを与えてくれる書籍です。

レイテンシー、CPU、メモリ資源についての知識、またOSやGoがそれらを抽象化している方法について、またソフトウェアの効率に関わるデータ駆動な意思決定を行う事の意味や、計算量解析の手法、最適化状況の例など、実用的なソフトウェアを開発する中での「効率」に関する知識を紹介します。

Goやその他のモダンな言語で書かれたプログラムを設計、作成、変更するソフトウェア開発者、また誰かが書いたソフトウェアを主に運用するDevOpsエンジニア、SRE、シスアド、プラットフォームチームなどの読者が、いつ、どのように効率最適化を適用するかという問いに答えるための知識を身に付けることができるでしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Goで作るAPI入門 HTTPルータとWebアプリケーション開発

書籍情報

佐々木 勝春, 中村 圭助(著)インプレス NextPublishing(出版社)2023/6/16(発売日)186(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書は、Goを学びながらWebルータを作っていくことを目的としています。

そのため、第1章や第2章は、Go の基礎やルーティングの基礎といった内容になっています。
サンプルコードが多いと思うので、写経するだけでもGoの基礎知識が身につき、GoでWebルータを作ることができると思います。

また、3章ではパスパラメータルーティングを含むルーティングの実装について詳しくお話しします。

4章ではベンチマークをとって Go における高速化や最適化のちょっとしたコツを説明しています。
今後のGo高速化の参考になれば幸いです。

5章以降は初心者向けに家計簿サービスのサーバーサイドのAPIを作りながらGoの基本文法やWebアプリケーションの実装の流れについて学んでいく内容となっています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Go初心者でも作れるスクレイピングツール

書籍情報

山田 悠太(著)インプレス NextPublishing(出版社)2023/5/26(発売日)64(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Go言語の初学者を対象とした、Go言語でのスクレイピングツールの作り方の解説書です。

ツールを作りながら依存ライブラリの管理、ORM、ファイルダウンロード、エラーハンドリング、設定ファイル、環境変数の読み込み方法などを学びます。

スクレイピングツールは、スクレイピング対象サイトの更新やページネーションを考慮したツールを作成。
付録としてBIツールを使ったデータの可視化についても説明しています。

「Goをやってみたいんだけど、何からやれば…」という方におすすめの一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

キャリアアップのためのGo言語入門

書籍情報

清水 美樹(著)工学社(出版社)2023/2/25(発売日)160(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

2005年ごろから、「スクリプト言語」が勢いを増す一方で、「C/C++をもっと簡単にしたコンパイル言語」も意欲的に開発されてきました。
その代表格の1つが本書で解説する「Go」です。

「Go」は、Googleがクラウドや検索、AIなどを扱う自社のサービスに最適化できる言語として開発されました。
米HackerRankが毎年公表している「エンジニアが学びたいプログラミング言語ランキング」では、2019年に圧倒的1位を取り、今も強い人気を誇っています。
また、GitHubの「2022年で急成長しているプログラム」のベスト5にも数えられ、実際にクラウドコンピューティング、Webサービスなどを中心に多くの組織で用いられています。

「Go」は、「C/C++」から必要な部分のみを受け継ぎ、冗長さは廃して、より洗練されて読みやすいコードを書ける仕様になっています。
さらに、最近需要の多い技術を実現するコードを簡単に書けるようなライブラリが備わっています。

本書は、このような実用的なプログラムを用いながら、「Go」の基礎を解説していきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

Go言語による分散サービス 信頼性、拡張性、保守性の高いシステムの構築

書籍情報

Travis Jeffery(著) 柴田 芳樹(翻訳)オライリージャパン(出版社)2022/8/3(発売日)280(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書は、Go言語で分散サービスを構築する方法を解説する書籍です。
分散サービスの概要と基本を解説し、設計、開発、およびデプロイする方法をコードを使ってハンズオン形式で学びます。

はじめに、ストレージレイヤの構築とデータ構造の定義を行い、gRPCを用いてAPIを定義したサービスをネットワーク上で動作させる方法を説明します。
そしてサービスを分散させて、可用性、耐障害性、拡張性を実現する方法を解説し、本番環境のKubernetesへデプロイする方法を学びます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

詳解Go言語 Webアプリケーション開発

書籍情報

清水陽一郎(著)シーアンドアール研究所(出版社)2022/7/22(発売日)272(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Goは2012年3月にバージョン1がリリースされてから約10年が経ちました。
その間Goは多くの企業で利用され、その利用シーンもさまざまです。
本書はGoでREST API Webアプリケーションを開発するときに必要な知識に特化した内容になっています。

本書は前半でWebアプリケーション開発の事前知識としてGoの設計思想や知っていると便利な標準パッケージの機能について紹介し、後半でGoを用いたWebアプリケーションのコードをハンズオン形式で解説します。

また、本書ではベテランGopherが暗黙知的に行なっているイディオムの解説や、標準パッケージやメジャーなサードパーティOSSを使った実践的なコーディングテクニックを紹介しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Goならわかる システムプログラミング 第2版

書籍情報

渋川よしき(著)ラムダノート(出版社)2022/3/23(発売日)424(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

実はよく知らなかったコンピューターのこと全部

OSやメモリのこと、もう少しだけ詳しく知っておきたい! でも何から手を付けたらいいかわからない。
教科書を読んでみても、ふだん書いているコードと違いすぎていまいちピンとこない……。

そんな方々のために、アプリケーションのコードから降りていくことで俯瞰的かつ具体的に低レイヤを自分の糧にできる、たくさんのエンジニアに読まれた名著の改訂版です。

第2版では、シェルやプロセスが実行されるまでといった「経験的になんとなく知っているけど……」というトピックの解説が章単位で追加されるなど、初版よりさらにボリュームが増しています。

Goで書かれた「ふつうのアプリケーションのコード」から始めることで、「身近なコードの世界」と「メモリやCPUの世界」との間の巧妙で豊かなつながりが見えてきます! 

amazon.co.jp書籍情報より引用

たった1日で基本が身に付く! Go言語 超入門

書籍情報

清水美樹(著)技術評論社(出版社)2020/10/29(発売日)224(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

本書は、Go言語によるプログラミングを学ぶための入門書です。

開発環境のインストールから始まり、Go言語の基本を解説しており、最初の1冊目として最適です。

Go言語によるプログラムの作り方の基本から条件分岐や繰り返し、関数、構造体など文法を学習し、最後に入出力、画像処理、並列処理、Go言語によるWebサーバーなどを作成して基礎を固めていきます。 

(こんな方におすすめ) 
・Go言語を基本から学びたい人 
・Go言語ではじめてのプログラミングを学ぶ人

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Go言語による並行処理

書籍情報

Katherine Cox-Buday(著)山口 能迪(翻訳)オライリージャパン(出版社)2018/10/26(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

シンプルな言語仕様と手厚い並行処理機能で多くのプログラマの心を捉えるGo言語。
いまではサーバーサイドでのプログラミングやコンテナツールの実装言語など、さまざまな分野で活用されています。

本書は、Goの並行処理の設計哲学、言語の機能、また実際のプログラミングテクニックや並行処理の使い方、システムに導入する際のベストプラクティスとパターン、その内部構造までを簡潔にまとめた書籍です。 

普段からGoでプログラミングをしているプログラマや、並行処理について学習したいプログラマが、新たな知識を身につけるのに良い一冊となるでしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Go言語 よくある質問と回答

Go言語について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

Go言語とは何ですか?

回答: Go言語、通称「Golang」とは、Googleによって開発されたプログラミング言語です。

Goは高いパフォーマンスと効率的な並行処理のサポートを特徴としており、シンプルで読みやすい構文が特徴です。

主にシステムプログラミングやサーバーサイドのアプリケーション、ネットワークプログラミングなどに使用されます。

Go言語の主な特徴は何ですか?

回答: Go言語の主な特徴には、静的型付け、効率的なガベージコレクション、ネイティブでのコンパイル、優れた並行処理のサポートがあります。

Go言語は簡潔な構文を持ち、大規模なプロジェクトでも管理しやすいコードベースを実現します。

また、標準ライブラリが充実しており、多くの開発タスクを簡単に行うことができます。

Go言語はどのような用途に適していますか?

回答: Go言語は、サーバーサイドのアプリケーション、分散システム、クラウドベースのサービス、ネットワーキングツールなどに適しています。

その高速な実行速度と効率的な並行処理能力により、リアルタイムデータ処理や高性能なバックエンドシステムの構築にも適しています。

Go言語の学習曲線はどのようなものですか?

回答: Go言語の学習曲線は比較的緩やかです。

そのシンプルな構文と明確なプログラミングパラダイムにより、初心者でも比較的短期間で基本を学ぶことができます。

また、豊富なドキュメンテーションとコミュニティのサポートも学習を容易にします。

Go言語のパフォーマンスは他の言語と比較してどのように異なりますか?

回答: Go言語は高いパフォーマンスを提供することで知られています。

その実行速度はCやC++に近く、JavaやPythonなどの言語よりも通常速いです。

特に並行処理のパフォーマンスに優れており、複数のタスクを同時に効率的に処理することができます。

また、ガベージコレクションの最適化により、メモリ管理も効率的です。

Go言語のスキルが活かせる職種とは?

Go言語は、Googleによって開発されたプログラミング言語で、そのシンプルさ、効率性、並行処理のサポートにより、システムプログラミングや分散システム、マイクロサービスアーキテクチャの開発に適しています。

Go言語に関する知識や経験を習得することによって、以下のような職種で仕事を担当することができます:

  1. バックエンド開発者:
    • Webアプリケーションやマイクロサービスのバックエンドコンポーネントの開発にGo言語を使用します。高性能なAPIの開発、データベースとの連携、ビジネスロジックの実装などを担当します。
  2. システムプログラマー:
    • オペレーティングシステム、ネットワークシステム、ファイルシステムなどの低レベルコンポーネントの開発にGo言語を利用します。Goの効率的な実行性能と並行処理機能を活かしたシステムツールの開発を行います。
  3. DevOpsエンジニア:
    • インフラストラクチャの自動化ツールやCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)パイプラインのスクリプトの開発にGo言語を使用します。クラウドサービスとの統合、デプロイメントの自動化、システム監視ツールの開発などを担当します。
  4. クラウドプラットフォーム開発者:
    • AWS、Google Cloud Platform、Microsoft Azureなどのクラウドプラットフォーム上で動作するサービスやアプリケーションの開発にGo言語を利用します。クラウドネイティブアプリケーションの開発に適した言語として、Goは広く採用されています。
  5. ネットワークプログラマー:
    • ネットワークプロトコル、通信システム、分散システムの開発にGoを使用します。Goの並行処理機能を利用して、高いスケーラビリティと性能を持つネットワークアプリケーションを開発します。
  6. セキュリティソフトウェア開発者:
    • セキュリティツールや暗号化ソフトウェアの開発にGo言語を使用します。Goの堅牢な標準ライブラリと高速な実行速度は、セキュリティ関連のアプリケーション開発に適しています。
  7. オープンソースプロジェクトの貢献者:
    • DockerやKubernetesなど、Go言語で書かれた有名なオープンソースプロジェクトに貢献します。コミュニティに参加して機能の追加やバグ修正、パフォーマンスの最適化などを行います。

Go言語の知識や経験を持つプロフェッショナルは、そのパフォーマンスの高さと開発のしやすさから、幅広い領域で需要があります。

特に、現代のソフトウェア開発が直面しているスケーラビリティと並行処理の課題を解決するためのキーテクノロジーとして、Go言語の役割はますます重要になっています。

PR

まとめ

Go言語について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、Go言語がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。