【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】宇宙ビジネスがわかる本おすすめ3選+最新情報

「宇宙ビジネスがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

宇宙ビジネスについて知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

宇宙ビジネスとは、宇宙関連の技術やサービスを活用し、新たな市場や価値を創出する産業のことです。これには、衛星通信、地球観測、宇宙旅行、宇宙探査などが含まれます。近年、民間企業の参入が増え、革新的な技術開発やコスト削減が進み、宇宙ビジネスは急速に成長しています。未来の経済発展と科学技術の発展に大きな影響を与える分野です。

まずはじめに、宇宙ビジネスがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本初心者向けの本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 起業家:宇宙産業への参入や新しいビジネスモデルの開発を目指している。
  • 投資家:宇宙ビジネスに関連する投資機会を探し、有望な企業やプロジェクトに資金を投入したい。
  • ビジネスリーダー:既存の企業で宇宙関連の事業を拡大したり、新たに参入したりする方法を模索している。
  • 研究者・科学者:宇宙ビジネスの技術革新や市場動向を理解し、研究の方向性を定めたい。
  • 政策立案者:宇宙産業の発展を促進するための政策や規制を策定したい。
  • エンジニア:宇宙ビジネスで必要とされる技術や製品開発の知識を深めたい。
  • 宇宙産業のプロフェッショナル:キャリアアップや最新の業界動向を把握し、専門知識を更新したい。
  • 学生:将来のキャリアとして宇宙産業に興味があり、基礎から応用までの知識を身につけたい。
  • マーケティング専門家:宇宙ビジネスの市場動向や顧客ニーズを理解し、効果的なマーケティング戦略を立てたい。
  • 一般の興味を持つ人:宇宙ビジネスの成り立ちや将来の展望に興味があり、知識を深めたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

宇宙ビジネスの本 おすすめ3選

宇宙ビジネスがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

宇宙ビジネス最前線

書籍情報

KPMGコンサルティング(監修)日本経済新聞出版(出版社)2023/6/26(発売日)118(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

◆官から民へ。無限に広がる宇宙が「ビジネス」の場となる!
「宇宙ビジネス」とは、ロケットの打ち上げや人工衛星を活用したサービスなど、宇宙空間を活用するビジネス全般を指す言葉です。

従来の宇宙ビジネスは、ロケット製造など大型の国家プロジェクトとして行われてきたため「官主導」であり、衛星放送などユーザー産業としての宇宙利用もあったが、民需の裾野は限られていました。

ところが、2010年代以降、宇宙利用のコストが低下してきたことも後押しとなり、宇宙ビジネス市場は急速に拡大。スタートアップなどの参入により、「官主導」ではなく「民主導」で開発が進むようになってきました。

民間の参入によって新たな技術や発想が生まれ、ビジネスチャンスも広がる。宇宙開発の分野において米中露に続く日本においても、民間企業によるユニークな取り組みが増えており、今や宇宙ビジネスは今後の成長がもっとも期待される産業であるともいえます。

本書は、日本の宇宙ビジネスを取り巻く環境と課題から、ロケット製造など従来の「宇宙機器産業」、衛星データ提供などの「宇宙利用産業」、さらには宇宙保険や宇宙旅行といった新たなサービスの事例まで、監修者であるKPMGコンサルティングをはじめとする識者による解説と、企業の先端事例を通して紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

宇宙ビジネスの衝撃 21世紀の黄金をめぐる新時代のゴールドラッシュ

書籍情報

大貫 美鈴(著)ダイヤモンド社(出版社)2018/5/10(発売日)264(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

今、宇宙で何が起きているのか?
これから何が起きるのか?


大型ロケット・ファルコンヘビーの打ち上げを成功させたイーロン・マスクのスペースXをはじめ、グーグル、アマゾン、フェイスブック、マイクロソフト、アップルと、IT企業のBIG5も、公式、非公式とそれぞれだが、宇宙ビジネスに巨額の投資をしている。
アマゾンのジェフ・ベゾスは、宇宙会社ブルー・オリジンに、アマゾンから年間約1000億円を投資すると発表している。

なぜ、時代を切り拓いたITプレーヤーたちは、次々と宇宙ビジネスに参入するのか?
彼らは宇宙に何を見出しているのか?
本書は今、宇宙で起きている地殻変動と、これから宇宙を舞台に起きることを、世界で活躍する宇宙ビジネスコンサルタントが解説する1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

宇宙ビジネス入門 NewSpace革命の全貌

書籍情報

石田真康(著)日経BP(出版社)2017/8/31(発売日)248(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

イーロン・マスクやジェフ・ベゾスら世界の名だたる起業家は、なぜ今、宇宙ビジネスにのめり込むのか?

アポロ計画など国家主導の宇宙開発で世界をリードしてきた米国で、「New Space」とも呼ばれる民間主導の宇宙ビジネス・イノベーションが加速している。
ロケット、小型衛星コンステレーション、宇宙旅行、資源探査など壮大なビジョンを起業家が掲げ、ビッグデータ、人工知能、ロボティクスなどの新技術が宇宙に適用されている。

日本でも宇宙を目指すベンチャー企業や大手企業が増え、注目が高まる。
世界と日本の宇宙ビジネスの全貌を第一人者が体系的に解説する待望の一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

宇宙ビジネスの名著・ロングセラー本

宇宙ビジネスについての名著やロングセラー本を紹介します。

いちばんやさしい衛星データビジネスの教本 人気講師が教えるデータを駆使した宇宙ビジネス最前線

書籍情報

神武直彦, 恩田靖, 片岡義明(著)インプレス(出版社)2022/6/16(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

最強のリサーチツール「衛星画像」を活用しよう! 
いま、衛星データ(衛星画像)のビジネス利用が急速に進んでいます。
とくに近年は、Google Earth Engine(Google)やTellus(さくらインターネット)といったクラウドサービスの登場で、誰でも簡単・安価に衛星データにアクセスできるようになりました。
こうして手軽に入手できる衛星データと、企業などが持つデータを組み合わせることで、従来は得られなかった新たな知見を得ることが可能になってきたのです。

本書で紹介しているビジネス事例(一部)
・衛星画像に写る「石油タンクの蓋の影」から石油の需要を推計する投資情報サービス
・工場内の人流データから生産量を推測したり、工場から港への移動を追跡して物流の状況を把握する「サプライチェーン監視」
・人の動きや車の数、土地や建物の状況などを衛星データで把握し、マーケティングやモニタリングの分析レポートとして提供
・衛星データを使ってキャンプ場の候補地を探すプロジェクト
・衛星画像に写る「夜間光」から経済活動を分析し、GDPなどを推計する研究
・衛星画像で「稲穂の色」を確認し、水田ごとの育成状況を把握して、適切な収穫時期を判断する稲作農家向けサービス

このように衛星データは、すでに農業や漁業、金融、マーケティング、製造業など、多くの業界で急速に利用が進んでいます。
これまで人間が行っていた業務を衛星データの活用で自動化するなど、DXの観点からも注目を集めています。
豊富な最新のビジネス事例も満載なので、こうした取り組みに触れることで、新たなアイデアや気づきも得られる1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

よくわかる宇宙ビジネス 日本初サラリーマン宇宙旅行者からの提言

書籍情報

稲波紀明(著)星海社(出版社)2022/7/21(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

宇宙ビジネスは誰にでも関係がある時代へと突入している!

2021年は宇宙旅行元年ともいうべき変化の年でした。
民間人も宇宙旅行に行ける、人工衛星を打ち上げられる、そんな時代の到来とともに宇宙にまつわるビジネス市場は日本国内だけでなく世界中で一気に拡大の機運が高まっています。

地球上にあるモノ・サービスを宇宙に持っていく、それだけで新しいビジネスチャンスが生まれる――このまたとない好機に、さまざまな分野から宇宙の可能性を広げてくれるプレイヤーの参加を増やしたい。

そんな思いから、少しでもわかりやすく、身近に感じられる宇宙ビジネスの入門的ガイドを1冊にまとめました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

宇宙ビジネスの法務

書籍情報

大久保 涼 , 大島 日向(編著)弘文堂(出版社)2021/12/15(発売日)200(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

スペース・ロイヤーの知見を結集! 

衛星打上げサービス、衛星サービス一般、衛星リモセンサービス、軌道上サービス、宇宙資源開発、民間有人宇宙飛行、宇宙保険、スペースポート――。

宇宙ビジネスの法務に携わるスペース・ロイヤーの経験を結集して、実務で知っておくべき宇宙法のベースとなる議論と契約実務に焦点をあてて検討する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

著者ポスト

初心者向けの宇宙ビジネスの本

初心者向けの宇宙ビジネスの本について紹介します。

超速でわかる! 宇宙ビジネス

書籍情報

片山 俊大(著)すばる舎(出版社)2021/11/17(発売日)146(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

Amazon電子書籍kindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)で読み放題できます。

ニッポンの経済再生、待ったなし。そのカギを握る産業が、「宇宙」なのです! ! ! 

1億人みんなのための、宇宙ビジネス速習読本。これまで宇宙のことなんて全く知らない人でも、全然OK! 
1テーマ1見開きの「イラスト+解説」で、「今なぜ宇宙なのか?」「宇宙開発の歴史」「ビジネスの事例」「宇宙ビジネスのプレーヤー」「今後の方向性」など、わかりやすく説明。

テクノロジー音痴でも、サイエンス嫌いでも、超速で読める! 文系ビジネスパーソンにもピッタリの最低限知っておきたい、宇宙ビジネスの話を厳選。

「ブランソン、ベゾス、前澤氏…そんなに簡単に宇宙に行けるの?」「なぜ、ビリオネアたちは宇宙に投資してるの?」「普通の人の暮らしや仕事に関係あるの?」「ほんとうに、儲かるの?」。
これだけ知れば、あなたの視野は、一気に宇宙レベルです! !

amazon.co.jp書籍情報より引用

図解入門業界研究 最新 宇宙ビジネスの動向とカラクリがよ~くわかる本

書籍情報

齊田興哉(著)秀和システム(出版社)2018/10/20(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

宇宙ビジネスは、世界中の企業が続々参入する注目の分野です。
これまで日本では政府主導による大規模な事業が中心でしたが、民間による宇宙ビジネスも盛んになってきました。

本書は、宇宙ビジネスや宇宙技術の最新情報と基礎知識をわかりやすく解説した入門書です。

日本の宇宙ビジネスの市場規模から、ロケットや人工衛星の基礎知識、宇宙強国を目指す中国の宇宙ビジネス、ベンチャー企業のユニークな取り組みなど最新情報が満載です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

最新の宇宙ビジネスの本

近日発売予定や最近発売された最新の宇宙ビジネスの関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

【6月3日発売】日本一わかりやすい宇宙ビジネス ネクストフロンティアを切り拓く人びと

書籍情報

中村尚樹(著)プレジデント社(出版社)2024/6/3(発売日)392(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

2040年には150兆円規模とも言われる宇宙ビジネスの最前線とは?

無人探査機SLIMの月面へのピンポイント着陸、カイロスロケット初号機の打ち上げ、九州のQPS研究所の小型SAR衛星打ち上げをはじめ、国内外で宇宙開発競争が熱気を帯びています。

国家事業を請け負うことで進歩してきた宇宙産業は、今世紀に入って構造が大きく変化しました。
急速に発達したIT技術を活用したビジネスをつくろうと、アメリカを中心とする民間のIT関連企業が宇宙産業に参入してきたのです。

いまや大企業からベンチャー企業まで、様々な企業が宇宙開発に尽力。
実際に宇宙関連のビジネスを行う企業は世界全体で約1万社を超え、その企業価値総額は4兆ドルを超えると言われています。

本書では、宇宙ビジネスの最前線で活躍する人びとに、元NHK記者である筆者が直接インタビュー。
彼らが宇宙にかける熱い思いをひもときつつ、衛星ビジネスから宇宙法の話題まで、様々な角度から宇宙ビジネスの‶今″を紹介します。

業界研究中の就活生やビジネスマン、投資家も必読の1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【5月1日発売】宇宙ビジネスのための宇宙法入門〔第3版〕

書籍情報

小塚 荘一郎 , 佐藤 雅彦(著)有斐閣(出版社)2024/5/1(発売日)330(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

宇宙法の世界をビジネスの観点から捉えた入門書の最新版。

国内法(「宇宙資源法」の成立と「JAXA法」の改正)や国際合意(「アルテミス合意」「日米宇宙協力枠組協定」等)等の法整備に対応し,世界の宇宙法の動向や最新の宇宙ビジネスの情報も盛り込んだ。

amazon.co.jp書籍情報より引用

イノベーションの世界地図 スタートアップ、ベンチャーキャピタル、都市が描く未来

書籍情報

上原 正詩(著)技術評論社(出版社)2024/4/20(発売日)472(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

ユニコーンが生まれる都市の“生態系”の秘密とは――。
未来の世界を牽引するイノベーションは、どこで、どのようにして生まれるのでしょうか?

コロナ禍、相次ぐ戦争、米中対立など、この数年の世界情勢の先行きは予測困難を極めました。
メタバースや生成AIなどの新技術が人々を驚かせた時期でもありました。
一方で眼前の日本社会には少子高齢化や経済の低迷などの課題が山積したままです。
停滞する現状を打破すべくイノベーションに期待する声は小さくありませんが、「未来」を想像することが困難な時代において、イノベーションの行く末をどのように見定めればよいのでしょうか。

本書では「ベンチャーキャピタル(VC)」と「都市」の二つに注目し、イノベーションの原動力となる「スタートアップ」がいかにして生まれ成長してきたか解説します。
VCとスタートアップはともに成長を重ねた存在であり、リスクをとって投資先を見極めるVCの動向は技術の未来を示す道標となります。
そしてスタートアップ、なかでも評価額が巨額な“ユニコーン”は特定の都市に偏在する性質があります。
ユニコーンが生まれる都市には“生態系”の秘密があるのです。

イノベーションはどのようにして生まれたのか。
未来はどこに向かうのか。
そして日本はいかにすべきなのか。
本書はその秘密と疑問を解き明かします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

私たちは何を知らないのか 宇宙物理学の未解決問題

書籍情報

ローレンス・クラウス(著)長尾 莉紗, 北川 蒼(翻訳)2024/4/2(発売日)272(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

私たちはどこから来て、どこへ行くのか――宇宙論はここまで迫った!

科学における最も重要な言葉の一つが「わからない」だ。
わからないことがわかっている、すなわち「既知の未知」であるからこそ、探求することが可能であり、発見の可能性を持つ(「未知の未知」では探求の機会を持つことができない)。

宇宙物理学は過去500年ほどで飛躍的な進化を遂げたが、「私たちはどのように生まれたのか」などの深遠な問いにどこまで迫れたのか。
世界的に有名な理論物理学者が、宇宙論の既知の未知を「時間」「空間」「物質」「生命」「意識」と5つの章に分けて探求。
今後数十年の科学が追うであろう内容は驚きと興奮に満ちており、私たちの思考を深め、世界の見方も一変させてくれる。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ビッグバンからあなたまで 若い読者に贈る138億年全史

書籍情報

シンシア・ストークス・ブラウン(著)片山 博文 , 市川 賢司(翻訳)亜紀書房(出版社)2024/3/26(発売日)400(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

〈 ビル・ゲイツ絶賛の歴史プロジェクトから生まれた、あなたと宇宙を結ぶ壮大な「新・世界史」講座 〉

◉変動の時代を生きるための地図となる、自然科学×人文科学=新・世界史[ビッグヒストリー]が登場!
◉ビッグヒストリーとは、宇宙の誕生から現在、そして未来を一つの歴史として捉え、世界的に注目を浴びている。
◉宇宙的視野で物事を見る新しい歴史の教科書を、今あなたに贈る。


---------

138億年前の宇宙でつくられた原子や、巨大な惑星の爆発で銀河にばらまかれた原子たち。
そうして、宇宙を漂う水素ガスは、やがて人間に姿を変えた。
——私たちの体は、はるかな星々を旅してきたもので出来ている。

偶然が生んだ奇跡のような「地球と人類」の起源をこれまでで最もわかりやすくスリリングに描く!

amazon.co.jp書籍情報より引用

新領域安全保障 サイバー・宇宙・無人兵器をめぐる法的課題

書籍情報

笹川平和財団新領域研究会(編集)ウェッジ(出版社)2024/1/9(発売日)388(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

◎10人の賢人による2年に及ぶ議論の集大成! サイバー・宇宙・無人兵器によってもたらされた新しい戦争の形とは? 自衛隊はそれに適応できるのか? 緊急提言!

世界で相次ぐ戦争の中で、熾烈なサイバー攻撃や、作戦遂行に欠かせぬ宇宙の人工衛星、戦場を飛び交う無人機やドローンといった「新しい戦争の形」が浮き彫りになりつつある。
台湾有事の危機が高まる中、それは将来の日本が直面する戦場の現実である。
しかし、現在の国内法・国際法の議論は、そうした戦場の急速な変化に追いつけていない。

自衛隊幹部OB、法学者、弁護士などからなる「新領域研究会」(座長・佐藤謙元防衛事務次官)は、そうした論点について2年に及ぶ議論を交わし、各メンバーがサイバー・宇宙・無人兵器をめぐる様々な法的課題を分析。日本の安全保障の鍵を握る「新領域安全保障」の姿を探った。

amazon.co.jp書籍情報より引用

宇宙ビジネスによくある質問と回答

宇宙ビジネスについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

宇宙ビジネスとは何ですか?

回答: 宇宙ビジネスとは、宇宙空間を商業的に利用することを指し、衛星打ち上げ、宇宙旅行、宇宙ステーションでの研究、惑星探査など、さまざまな活動が含まれます。

技術の進展とコストの削減により、多くの企業が新しい市場として宇宙を見ています。

宇宙ビジネスの市場規模はどれくらいですか?

回答: 宇宙ビジネスの市場は非常に広がりを見せており、数百億ドル規模とされています。

特に衛星通信、地球観測、宇宙探査、そして最近では宇宙旅行などが市場の拡大を牽引しています。

今後数十年でさらに成長すると予測されています。

宇宙ビジネスに参入するために必要なことは何ですか?

回答: 宇宙ビジネスに参入するためには、高度な技術力と相応の資本が必要です。

また、宇宙法規や国際的な合意に関する知識も不可欠です。

多くの企業は特定のニッチ市場、例えば小型衛星の打ち上げサービスや宇宙データの分析サービスから参入を始めています。

宇宙ビジネスの主なリスクは何ですか?

回答: 宇宙ビジネスのリスクには、技術的失敗や打ち上げの失敗、大きな初期投資に対する経済的リスク、さらには宇宙環境の厳しさによる機器の故障などがあります。

また、政治的、法的な変動もビジネスに影響を与える重要な要因です。

宇宙ビジネスの将来的な展望はどのようなものですか?

回答: 宇宙ビジネスは、技術の進歩と共に急速に発展しており、将来的には月や火星での資源採掘、宇宙ホテル、さらには地球外での生活基盤の構築など、さまざまな可能性が考えられています。

短期的には小型衛星の商用利用や宇宙旅行の実現が焦点となりつつあります。

宇宙ビジネスのスキルが活かせる職種とは?

宇宙ビジネスに関する知識や経験を習得することで、さまざまな分野でキャリアを築くことができます。

宇宙ビジネスは急速に発展している分野であり、技術開発、研究、商業利用など多岐にわたる機会があります。

以下は、宇宙ビジネスに関連する具体的な職種の例です:

  1. 宇宙エンジニア:
    • ロケット、衛星、宇宙船の設計・開発を行います。システムエンジニア、機械エンジニア、電気エンジニアなどの役割があり、ミッションの成功に向けた技術的なサポートを提供します。
  2. ミッションプランナー:
    • 宇宙ミッションの計画・実行を担当します。打ち上げスケジュールの調整、軌道設計、ミッションシナリオの策定などを行います。
  3. データサイエンティスト:
    • 衛星データや宇宙観測データを分析し、気象予測、環境監視、地球観測などに役立てます。データ解析や機械学習のスキルが求められます。
  4. ビジネス開発マネージャー:
    • 宇宙関連企業の新規ビジネス機会を発掘し、パートナーシップの構築、契約の締結を行います。市場分析、競争戦略、ビジネスモデルの策定なども担当します。
  5. プロジェクトマネージャー:
    • 宇宙プロジェクトの全体管理を行い、予算管理、スケジュール管理、リソース配分などを担当します。複雑なプロジェクトを統括し、ミッションの成功に向けてチームをリードします。
  6. 法務・規制スペシャリスト:
    • 宇宙法や規制に関する専門知識を活用し、企業が法的要件を遵守できるようサポートします。国際宇宙条約、ライセンス取得、知的財産権の管理などが含まれます。
  7. 宇宙科学者/研究者:
    • 宇宙探査、天文学、惑星科学などの研究を行います。大学や研究機関、宇宙関連企業で働き、新しい知見の発見や技術開発に貢献します。
  8. 衛星オペレーター:
    • 衛星の運用を担当し、データの収集、解析、トラブルシューティングを行います。地上局との通信を管理し、衛星の正常な運用を維持します。
  9. 教育・広報スペシャリスト:
    • 宇宙ビジネスや科学技術に関する知識を普及させるための教育プログラムや広報活動を担当します。学校や一般市民向けのイベント、ワークショップ、メディア対応などを行います。

宇宙ビジネスは、多様な専門知識とスキルを持つ人々が活躍する分野であり、新しい技術やビジネスモデルの創出が求められています。

この分野におけるキャリアは挑戦的でありながらも非常に魅力的であり、未来の宇宙開発に貢献することができるでしょう。

まとめ

宇宙ビジネスについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、宇宙ビジネスがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本初心者向けの本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。