【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年4月】VRがわかる本おすすめ3選+最新情報

「VRがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

VR(Virtual Reality、バーチャルリアリティ、仮想現実)がわかる本のおすすめを紹介します。

まずはじめに、VRがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ゲーム開発者:VR技術を使用して没入型のゲーム体験を作り出したい。
  • ソフトウェアエンジニア:VRアプリケーションの開発に興味がある。
  • 教育者:教育分野でのVRの応用に関心がある。
  • アートやデザインの専門家:VRを使った新しい表現方法を探求している。
  • マーケティングや広告のプロフェッショナル:VRを活用したイノベーティブなマーケティング戦略を学びたい。
  • テクノロジー愛好家:VRの最新トレンドと将来性について知りたい。
  • 映画製作者やエンターテイメント業界の関係者:VRを使ったコンテンツ制作に興味がある。
  • エンジニアや建築家:VRを使ってリアルタイムでのデザイン可視化を実現したい。
  • メディアアートやインタラクティブアートに関心があるクリエイター
  • 医療専門家:VRを使った治療法やトレーニングに関心がある。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

VR(仮想現実)の本 おすすめ3選

VRがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

Unity+OpenXRによるVRプログラミング:多田 憲孝(著)

書籍情報

多田 憲孝(著)インプレスR&D(出版社)2022/11/11(発売日)391P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

本書は、Unity+OpenXR+XR Interaction ToolkitによるVRプログラミングに必要な各種命令の詳細解説およびC#サンプルスクリプトからなる解説書です。

次の3項目に該当する方を対象とし、その方々のVRプログラミングの学習支援を目的としています。

・VRプログラミングを学び、自作のVRアプリケーションを開発したい方
・Unityの入門書を読み終えた初学者の方
・C#言語の基本的文法(データ型、ifなどの基本制御構造、クラスの定義と利用など)を理解している方

amazon.co.jp書籍情報より引用

VRが変える これからの仕事図鑑:赤津 慧 , 鳴海 拓志(著)

書籍情報

赤津 慧 , 鳴海 拓志(著)光文社(出版社)2019/8/30(発売日)238P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

2時からの会議は、カリブ海を眺めながらにしようか? それとも、ウユニ塩湖の中がいい?

銀行、建設、旅行などのビジネスから、エンタメ、スポーツ、美術、はたまた風俗産業に至るまで、〈VR+5G〉で変わる仕事、変わる業界、変わる働き方、新しく生まれる仕事、稼げる仕事をお教えします!

プロローグ VRが世界を変える
第1章 VRの最前線で一体何が起きているのか!?
第2章 5Gで加速するVR社会
第3章 VRで変わる業界図鑑
第4章 VRで新しく生まれる仕事
第5章 VRで変わる働き方
第6章 こんなことまでVRが変える
第7章 VRを始めよう

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

XR Interaction ToolkitでサクッとはじめるVRアプリ開発:横瀬 和也(著)

書籍情報

横瀬 和也(著)インプレスR&D(出版社)2022/8/12(発売日)87P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

本書はXR Interaction Toolkit を利用した Oculus Quest 向けアプリケーション制作を目的とした本です。

VRゲームを作る上で必要になる基礎的な動作をUnityを操作しながら作成していきます。

VRアプリ作成に入門して、VR世界に飛び込もう!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

VRの名著・ロングセラー本

VRについての名著やロングセラー本を、発売日が新しい順に紹介します。

トコトンやさしいVRの本 第2版:廣瀬通孝(監修)

書籍情報

廣瀬通孝(監修)日刊工業新聞社(出版社)2022/11/30(発売日)160P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

技術革新が続くVR技術の最先端の情報を、分かりやすく解説!

技術応用が日々拡大しているVRの中で、大きなトピックになっている「メタバース」。メタバースの波にいま乗れるかどうかで、企業のビジネスは大きく変わることが予想され、主導権争いは激化しています。 
また、個人でも参加できるVR空間が増加している中で、NFT(偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ)市場の規模拡大や、アバタ中傷が名誉棄損として認められるなど、VRを取り巻く社会環境も変化しています。 
本書は、2019年2月発行書籍の第2版。VRだけでなく、話題のメタバースについて、イラストを多用して解説します。 

日本を代表するVR研究者・廣瀬通孝東大名誉教授が監修!

著者陣は初版と同様、日本におけるVR研究の第一人者である廣瀬通孝・東京大学名誉教授が監修。
東大内の学部という枠を越え、VRに関連した研究者が集結しました。幅広い視点からVRを捉えた充実した内容は、垂涎の一冊です。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

仮想空間とVR:株式会社往来(著)

書籍情報

株式会社往来(著)エムディエムコーポレーション(出版社)2021/3/25(発売日)168P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

本書は、VRを中心としたxR技術の基礎知識から、VRビジネスの現状や事例、さらにはVRメタバースへとつながる流れを解説したものです。

Part.1では、バーチャルリアリティという概念が生まれてから、xRという言葉が登場した昨今の状況を、周辺技術を交えながら解説しています。

続くPart.2ではVRを体験する際に必要な環境や機材を紹介、Part.3ではVRのビジネス活用の実例を豊富に取り上げました。

Part.4では、「VRのメタバース化」という新たな潮流を取り上げます。VRChatなどのサービスに代表される仮想空間では、ユーザー同士が思い思いのアバターの姿で交流するソーシャルな場が急速に発展しており、新しい社会や経済が生まれはじめています。

VRをビジネス活用する上でヒントを探している、VRを体験してみたいがどこから始めればいいのかわからない、いちユーザーとしてVRメタバースの世界をのぞいてみたい……そんな方々に、ぜひ読んでいただきたい1冊です! 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

サービスVRの挑戦: バーチャルリアリティからメタバースへ:廣瀬 通孝(編集)

書籍情報

廣瀬 通孝(編集)東京大学出版会(出版社)2023/6/28(発売日)328P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

バーチャルリアリティ(VR)は、疑似体験だけでなく、メタバース(仮想空間)へとその技術を進化させている。

新しいサービス空間が創出されている今、サービス産業はVRをどのように活用できるのか、またどのようなVRがサービス産業に必要とされているのかを考察する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

VRは脳をどう変えるか?:ジェレミー・ベイレンソン(著)

書籍情報

ジェレミー・ベイレンソン(著)倉田幸信(翻訳)文藝春秋(出版社)2018/8/8(発売日)364P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

VR(Virtual Reality, バーチャルリアリティ、仮想現実)の研究と事例についてスタンフォード大学教授が書いた本です。

VRは著者によると「VRは過去に存在しなかったまったく新しいメディアであり、他のメディアにはない独自の特徴と心理効果を持ち、我々が身の回りの現実世界や他人と関わる方法を完全に変えてしまうのである。」というものです。

この本を読むと、VR技術の仕組みやそれが脳に与える影響、VRが何に役立つのかということを理解できるようになります。

この本の注目点や感想、本の目次などをブログ記事で紹介しています。

最新のVR(バーチャルリアリティ)の本

近日発売予定や最近発売された最新のVR本を、発売日が新しい順に紹介します。

4月に発売されるVRの関連書籍は見つかっていません。

神経刺激インタフェース (バーチャルリアリティ学ライブラリ 2):日本バーチャルリアリティ学会(編集)

書籍情報

日本バーチャルリアリティ学会(編集)青山 一真(編著)コロナ社(出版社)2024/3/23(発売日)176(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

【読者対象】
本書は、バーチャルリアリティ(VR)やヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)に関心を寄せる方や、脳科学、神経科学に興味のある方を対象としています。
本書はVRやHCIの応用を主眼に置いて、神経や脳に働きかける技術である神経刺激インタフェースを一つの領域とし、高校生や社会人、研究者など多くの方が分かりやすいように解説しています。

【書籍の特徴】
VRやHCIに関連する書籍は多数出版されており、その中の一部として神経刺激に関する解説も行われてきました。
本書はこれまでに焦点の当たってこなかった神経刺激に主眼を置き、触覚や味覚、前庭感覚、脳をはじめとする様々な神経系に働きかける技術がどのように発展してきたのか、どのようにVR・HCIの分野で活用されているのかを解説したものになっています。
神経刺激はVRを題材としたSF(サイエンスフィクション)小説でも取り扱われるような技術です。
読者の方は、楽しみながらVRの先端的な領域である神経刺激の領域に対する理解を深めていただけるでしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

デジタルツイン活用事例集 製品・都市開発からサービスまで:野村淳一ほか(著)

書籍情報

野村淳一ほか44名(著)エヌ・ティー・エス(出版社)2024/2/7(発売日)276(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

◆ものづくり、医療、建設、教育など多様な分野で採用が広がり続けるデジタルツイン!
◆本邦初!幅広い分野でのデジタルツインの最新研究や実用化、今後の展望を解説した1冊!
◆近年注目のメタバースの最新動向も紹介!

現実世界から収集した様々なデータをデジタル空間上で双子のように再現し、モニタリングやシミュレーションを可能にするデジタルツイン(Digital Twin)の概要、研究開発・実証実験の最新動向を紹介した、国内初の大型専門書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

VRoid Studioではじめる 3Dキャラクター制作入門:中村尚志(著)

書籍情報

中村尚志(著)インプレス(出版社)2024/1/29(発売日)248(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

簡単!はじめてでも「挫折せずに」オリジナルの3Dキャラが作れる!

たくさんのプリセットからパーツを選んでパラメータを調整するだけで、自分だけのオリジナル3Dキャラクターを作成できる「VRoid Studio」(ブイロイドスタジオ)の解説書です。

本書では、オリジナルのキャラクターを制作するための基本的な操作から、髪型のカスタマイズ方法、ミニキャラの作り方、写真を参考にキャラクターを作る方法などまで、一冊でVRoid Studioを使いこなせるノウハウがギッシリ詰まっています。

◆ダウンロード特典:本書で作成するモデルデータ、モデル作りに役立つアイテムリスト

amazon.co.jp書籍情報より引用

3D映像制作のための基礎からわかるMR(複合現実)リアルとバーチャルの融合技術:大島 登志一(著)

書籍情報

大島 登志一(著)科学情報出版(出版社)2024/1/22(発売日)242(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

"【まえがき】※一部抜粋

本書では、「現実感技術」 の入門書として完結することを目論みつつ、幅広くARとVRについても包含するMRの視点から体系的に再整理し、全体を通じてMRの概念と技術、応用について、解説していきます。

一方で単に読み物でおわることなく、具体的な研究や開発にも接続できるよう、基本的な概念や原理などを網羅的・体系的に示しながら、分かりやすさと専門性をバランスし技術的な記載も要点を押さえて解説していきます。

VR やAR について一定の理解のある読者や、MR についても既にご存知であって、理解をさらに深めたい読者にも、ご一読いただければ幸いです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

医用画像3D・VR・AR OsiriXパーフェクトマニュアル:杉本 真樹(著)

書籍情報

杉本 真樹(著)エクスナレッジ(出版社)2023/10/23(発売日)288(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

DICOMビューア&PACSソフト「OsiriX(オザイリクス)」の日本語解説書を8年ぶりに大改訂!

OsiriXに初めて触れる人から、医用画像解析を本格的に行いたい人まで、医師、歯科医師、看護師、技師、獣医師、薬剤師など、 医療関係者の多様なニーズに応える至極の書です。

医用画像ソフト・OsiriXの基本的な使い方からVR・ARといった最新技術との連動方法まで、図版が豊富でわかりやすい!

amazon.co.jp書籍情報より引用

3D都市モデル PLATEAU 公式ファーストガイド:PLATEAU技術チュートリアル編集委員会(著)

書籍情報

PLATEAU技術チュートリアル編集委員会(著)角川アスキー総合研究所(編集)KADOKAWA(出版社)2023/8/29(発売日)712(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

国土交通省の3D都市モデル 「PLATEAU」、初の公式書籍刊行!

PLATEAUは、国土交通省が進めている3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化のプロジェクトです。都市活動のプラットフォームデータとして3D都市モデルを整備し、さまざまな領域でユースケースを開発しています。

本書は、都市が持つデータをつなぎ、新たな価値を生み出す都市のデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みに必要な「3D都市モデル」を理解し、実践するための入門解説集です。

3D都市モデルとは何か、またPLATEAUでどのような開発ができるのか、国?交通省や各分野における多数の専門家の監修を経て、基礎からわかる内容でお届けします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

メタバースの教科書: 原理・基礎技術から産業応用まで:雨宮 智浩 (著)

書籍情報

雨宮 智浩 (著)オーム社(出版社)2023/4/21(発売日)224P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

メタバースを形造る技術を徹底的に解説した、いまだかつてない書! 

「メタバース」は、VR・AR・MR、ブロックチェーンなどの技術を駆使して、仮想空間上に設けられた環境上でさまざまな形のエンターテインメント、コミュニケーション、ビジネス(例えば、アパレル/不動産/建設/小売業/観光/広告/医療/製造業/金融など)を展開する概念で、ここ数年でバズワード化しています。

本書は、メタバースの概念が生まれてきた背景・経緯やその目指すところをはじめ、メタバースを実現するための種々の要素技術・仮想化技術やその原理・応用と魅力を取り上げて、具体的に解説した書籍です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

からだの錯覚:小鷹 研理(著)

書籍情報

小鷹 研理(著)講談社(出版社)2023/4/13(発売日)256P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「からだの錯覚」を通して人の身体や脳の実態に迫る、認知科学研究者である著者が、からだに起こる不思議な現象を徹底解説します。

「自分」という、もっとも身近にありながら、つかみどころのないもののイメージが、脳や五感などによってどんなしくみで作られているのかが語られていくと共に、錯覚を感じるさまざまな方法も紹介。
読者も簡単な方法で、不思議な錯覚の世界を体験をできるかもしれません。

自分が感覚としてとらえている自分の体と、実際の体が乖離していることを感じたりすることは、誰にでもあること。
また、ケガで体の一部を失ったときにないはずの部分に痛みを感じたり、拒食症の人が実際にはやせているのに自分は太っていると感じていたり――そんな例も聞いたことがあると思います。
それ以外でも身近にもあまり意識しないところで、ちょっとした錯覚を感じることは、実は多いのです。
乗り物酔いも、金縛りも、自分の感覚と意識の不一致のようなことから起こる錯覚の視点から説明できます。

こういったことがどうして起こるのか、その謎に迫ってみると、生きるために必要な脳の働きなどが見えてくるのです。
心と体が離れる「幽体離脱」も科学的に説明できる現象です。
オカルトではなく誰しもリラックスしたりするときに起こることがあり、ここでも脳と体に備わったくみが関係しています。

そのような事例を紹介しながらからだに起こる不思議を解説していく1冊。
読み進めると、自分が「錯覚」の産物であるように思えてくるのではないでしょうか。
身体とはなにか、感覚とはなにか、自分とはなにか、についてふだんとは違った見方で考えるきっかけに。

amazon.co.jp書籍情報より引用

VRの起源・歴史・哲学・未来

VRの起源・歴史・哲学・未来についての本を、発売日が新しい順に紹介します。

KYOMU 虚無:大島 ケンスケ(著)

書籍情報

大島 ケンスケ(著)Clover出版(出版社)2023/3/30(発売日)308P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

2036年――気候変動や争いにより人類存続の危機が迫る。
政府は人々の意識をバーチャル世界、Kyu-KyoKuに移管、肉体を冷凍保存することで人類存続を目指していた。
肉体と意識を持ったまま、恋人のカオルコと生きたいと願う風次は、まったく違う世界で別の人格として生きるリアルな夢を頻繁に見ていた。

2221年、統合され平和な世界で生きるフータも、風次が生きる2036年の世界の夢を見ていた。
痛みも感覚もなく体を徐々に消し去る謎のウイルス“KYOMU”が2221年の世界で流行。
夢で見たサインに導かれ仮想空間へ移行すると、ライジと名乗る、風次の死んだはずの兄・雷太と出会う。
ライジから、Kyu-KyoKuは権力者が世界掌握のために創った世界であること、この世界がKyu-KyoKuの中であり、フータは風次のアバターであること、KYOMUは、虚構の世界を破滅させるため雷太が仕掛けたウイルスであること、そして、ウイルス発動の鍵を握るのが自分であることを告げられる。

破壊され重なっていく二つの世界。
気づくと風次は、世界が生まれる”以前”の場所にいた。
宇宙はひとつの愛でできていた。
愛を解き放つ祈りこそがすべてのプログラムの始まり。
この世界を創るのは自分自身だった―――。

amazon.co.jp書籍情報より引用

リアリティ+(プラス) (上) (下):デイヴィッド・J・チャーマーズ(著)

書籍情報

デイヴィッド・J・チャーマーズ(著)高橋 則明(翻訳)NHK出版(出版社)2023/3/25(発売日)416P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる
デイヴィッド・J・チャーマーズ(著)高橋 則明(翻訳)NHK出版(出版社)2023/3/25(発売日)336P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

この世界は本物か? 現代の代表的哲学者によるテクノロジーと「心の哲学」探求の最先端

私たちがいるこの世界は本物なのだろうか? それが「確か」だとなぜわかるのか?

テクノロジーが急速な発展を遂げるなか、古くて新しい哲学的難問があらためて問い直されている――

現実(リアリティ)とは何か、どのようにしてそれを知ることができるのか。

「シミュレーション仮説」「可能世界」「水槽の中の脳」など、さまざまな思考実験を通じ、見えてくるものとは。

現代哲学の第一人者チャーマーズが、哲学とテクノロジーを大胆に融合させ、新しい現実(リアリティ)、新しい世界観を提示する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

バーチャル・リアリティ百科:進化するVRの現在と可能性:インディラ・トゥーヴェニンほか(著)

書籍情報

インディラ・トゥーヴェニン, ロマン・ルロン(著)塚田 学, 水野 拓宏(監修)大塚 宏子(翻訳)原書房(出版社)2021/10/22(発売日)256(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

VRはいまどうなっているのか?
目覚ましい発展を遂げる仮想現実テクノロジーについて、その起源と歴史、VRの仕組み、バーチャル世界の作り方まで専門家がていねいに解説する。


バーチャル・リアリティの技術は、ゲーム、教育・研修、ビジネスなど様々なシーンに広がっている。

機器とインターフェース、人間の知覚とVRとの関係、最新事例と課題、未来の展望など、いま知っておきたいバーチャル・リアリティの世界を徹底解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

なぜフィクションか?:ごっこ遊びからバーチャルリアリティまで:ジャン=マリー・シェフェール(著)

書籍情報

ジャン=マリー・シェフェール(著)久保 昭博(翻訳)慶應義塾大学出版会(出版社)2019/1/25(発売日)352(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

なぜ人はフィクションを楽しみ、忌避するのか

フランスを代表する文学理論家・美学研究者であるシェフェールが1999年に発表した本書は、その後のフィクション理論に多大な影響を与えた。

「なぜ」フィクションかと問うことは、「なぜ」人間がフィクションに身をゆだね、喜びを感じるのか、あるいは逆に、ときには「なぜ」フィクションを忌避するのかと問うことを意味する。

物語論、哲学、人類学、心理学、認知科学等の観点から、文学や映画からビデオゲームにいたるあらゆるフィクションの形式を分析し、フィクションを人類に普遍的に備わる「心的能力」としてとらえなおす。

amazon.co.jp書籍情報より引用

フューチャー・プレゼンス:ピーター・ルービン(著)

書籍情報

ピーター・ルービン(著)高崎拓哉(翻訳)ハーパーコリンズ・ジャパン(出版社)2019/4/10(発売日)352P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

VR(Virtual Reality, 仮想現実)の歴史や特徴的な用途、ソーシャルVRで起きていることから、フェイスブックのVRや触感の活用などこの先5年、10年、20年の未来予測までを網羅したVRというテクノロジーの潜在能力と可能性を理解できる本です。

この本の注目点や感想、本の目次などをブログ記事で紹介しています。

万物創生をはじめよう:ジャロン・ラニアー(著)

書籍情報

ジャロン・ラニアー(著)谷垣暁美(翻訳)みすず書房(出版社)2020/6/16(発売日)496P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

「VRの父」と呼ばれており「バーチャル・リアリティ」という言葉を作ったジャロン・ラニアーが自身の幼少期からVRスタートアップVPL社を起業し退任するまでのVR研究開発の経緯と経験を通じて「VRとは何か」を探求する本です。

この本の注目点や感想、本の目次などをブログ記事で紹介しています。

VR原論:服部桂(著)

書籍情報

服部桂(著)翔泳社(出版社)2019/5/22(発売日)368P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

VR(バーチャル・リアリティ、仮想現実)のオリジン(起源)を知りたい人におすすめの史上初のVR本が大幅加筆を施し復活した本です。

約30年前の1990年頃のVRが生まれた頃の研究開発の状況から現在までをたどることによってVRの本質的な価値を探ることができます。

この本の注目点や感想、本の目次などをブログ記事で紹介しています。

バーチャルリアリティ学:舘 暲, 佐藤 誠, 廣瀬 通孝(監修)

書籍情報

舘 暲, 佐藤 誠, 廣瀬 通孝(監修)日本バーチャルリアリティ学会(編集)コロナ社(出版社)2010/12/16(発売日)408(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

日本バーチャルリアリティ学会が総力をあげて編纂したバーチャルリアリティ学の教科書です。
本書を読むことにより、VRに関する興味が生まれ、考え方を理解し、基礎を学んで、いくつかのシステムの例を見ていくうちに、自らも新しい挑戦への意欲が湧いてくる。
そういったVR学の教科書を目指して編纂いたしました。

普遍性、一般性のある事柄を中心にまとめ、前半(第1章から第4章)でVRの考え方、システムの原理、人間の認識と行動の仕組みなどの基礎を、後半(第5章から第8章)で臨場感通信などの実世界と関連するVRの展開と、VRの社会との関連やその未来に関して学習できます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

VRのビジネス

VRのビジネスについての本を、発売日が新しい順に紹介します。

ミライをつくろう! VRで紡ぐバーチャル創世記:GOROman(著)

書籍情報

GOROman(著)西田宗千佳(編集)翔泳社(出版社)2020/6/24(発売日)248P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

著者が実体験した日本でのオキュラス創世記エピソードやVRで生活や社会がどのように変わるのかを具体的に知りたい人におすすめする本です。

この本の注目点や感想、本の目次などをブログ記事で紹介しています。

VR for BUSINESS:株式会社アマナ VRチーム(著)

書籍情報

株式会社アマナ VRチーム(著)インプレス(出版社)2017/3/17(発売日)205P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

VR(バーチャルリアリティ)といえば、イベントやゲームなどに使われるエンターテインメントツールという印象がありますが、実はビジネスの世界でも、すでにさまざまに活用が進んでいます。

状況を自由に設定することができ、圧倒的に高い体験性を誇るVRは、とりわけ「売り方」「人の育て方」「情報の伝え方」の面で、ビジネスの常識を変えつつあるといっても過言ではありません。
その効果に注目し、専門性の高い組織や大企業だけでなく、ベンチャーや街のショップのなかにも導入をはじめている例が出てきています。

本書では、そんなVRに関する基礎知識はもちろん、導入の際のポイントや注意点、コンテンツの考え方までを、VRプランニングの第一人者が国内外の事例を交えつつ、わかりやすく解説しました。

「VRってビジネスに使えるのかな?」と思ったら、まず手にとっていただきたい1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

VRビジネスの衝撃:新 清士(著)

書籍情報

新 清士(著)NHK出版(出版社)2016/5/10(発売日)171P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

VR(バーチャルリアリティ)は 新たなインターネット革命だ! 

「オキュラス」「プレステVR」など、ゴーグル型端末の発売が相次ぐ2016年は「VR元年」と呼ばれている。フェイスブック、グーグル、マイクロソフトなど世界的ネット企業は、なぜ売上ゼロの市場に巨額の投資をするのか?気鋭のジャーナリストがVRの最前線からレポートする。

amazon.co.jp書籍情報より引用VR

VRの知財・法務についての本を、発売日が新しい順に紹介します。

XR・メタバースの知財法務:関 真也(著)

書籍情報

関 真也(著)中央経済社(出版社)2022/9/5(発売日)284P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

VR・AR・MRを包含するXRに係るビジネス参入時に検討すべき論点を既存の実務や判例を踏まえて検討。「NFT」「Vtuber」など最近の注目テーマに係る法務にも言及。

amazon.co.jp書籍情報より引用

VRの開発方法

VRの開発方法についての本を、発売日が新しい順に紹介します。

VRを活用した体育授業スキル&アイデア:鈴木 直樹(編集, 著)

書籍情報

鈴木 直樹(編集, 著)明治図書出版(出版社)2023/3/27(発売日)160P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

授業でのICTの活用が日常的なものになってきた今、体育学習におけるVRの活用が注目されています。

VRで何ができる?
機器の取り扱い方法は?
VRを効果的に取り入れた授業づくりは?

…気になっていたVRの世界を実践事例とともにわかりやすく解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

「Unity」で作るVR空間入門:大澤 文孝(著)

書籍情報

大澤 文孝(著)工学社(出版社)2022/11/30(発売日)160P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「3DやVRは難しそう」…確かに、昔はそうだったかも知れません。
しかし今はツールやライブラリがあるので、とても簡単。
やり方さえ分かれば、少しのコードで実現できます。

この本が目指すのは、面倒なことは考えず、楽しく作れること。
「自分が作った空間を歩き回れる」「空間の中に置いたモノを投げられる」といった、ごく基本的なことを、2時間ぐらいの作業で完成させることを目指します。

コードは簡単でも、VRなので、その魅力は大きいです。
自分の教室や町をVR空間にするなどは、データを変えるだけですから簡単にカスタマイズできます

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

VRコンテンツ開発ガイド 2018:あるしおうね他(著)

書籍情報

あるしおうね,岡田和也,ゆーじ,Gugenka三上昌史,Gugenka姫路拓也,Gugenka五十嵐拓也,Gugenka竹石満里奈,ウダサン(宇田川祥彰),吉高弘俊,神山大輝(著)エムディエヌコーポレーション(出版社)2018/8/28(発売日)256(ページ数)(
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

XR(VR・AR・MR)開発のトップランナー、集結。

VR開発の最新事情とノウハウを詰め込んだ『VRコンテンツ開発ガイド』2018年度版が登場! 

デバイスの技術解説、Unreal Engine 4によるAR開発、HoloLens活用法、モバイルVRの最前線、VRコンテンツのデザイン要素と考え方、VRサウンドのノウハウまで、幅広く濃い情報を網羅! 

10名の強力執筆陣が送る、開発者必見の一冊です!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

VR よくある質問と回答

VRについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

VRとは何ですか?

回答: VRは「Virtual Reality」の略で、仮想現実を意味します。

これは、コンピュータ技術を使用して、ユーザーが現実世界とは異なる環境にいるかのような体験をすることを可能にする技術です。

VRでは、視覚、聴覚、時には触覚などを通じて、没入型の環境を作り出します。

VRヘッドセットや専用のコントローラーを使用することで、ユーザーは仮想空間内を自由に動き回り、様々な体験をすることができます。

VRを体験するために必要な機器は何ですか?

回答: VRを体験するためには、主に以下の機器が必要です:

  1. VRヘッドセット: 仮想現実を体験するための装置で、画面とセンサーが内蔵されています。
  2. コンピュータまたはゲーム機: VRコンテンツを実行するための十分な性能を持つコンピュータや専用のゲーム機。
  3. コントローラー: 仮想環境内での操作やインタラクションを行うためのデバイス。
  4. トラッキングシステム: ユーザーの動きを追跡し、VR環境内での位置や動作を正確に反映させるためのシステム。

VRの主な用途は何ですか?

回答: VRの用途は多岐にわたり、以下のような分野で活用されています:

  1. エンターテインメント: ゲーム、映画、バーチャルツアーなどの没入型エンターテインメント体験。
  2. 教育とトレーニング: 安全な仮想環境でのスキルトレーニングや教育用プログラム。
  3. 医療: 手術シミュレーション、痛み管理、リハビリテーション。
  4. 建築と設計: 建築物や製品の3Dモデルの可視化とプレビュー。
  5. ビジネスとコミュニケーション: バーチャル会議やプレゼンテーション。

VRとAR(拡張現実)の違いは何ですか?

回答: VRとARの主な違いは、ユーザーが体験する環境の種類にあります。

VRは完全に仮想的な環境を作り出し、ユーザーを現実世界から切り離します。

一方、ARは拡張現実技術を指し、実際の環境にデジタル情報やオブジェクトを重ね合わせます。

ARでは現実世界が背景として残り、仮想要素がそれに加えられる形となります。

VRの体験中に気をつけるべきことは何ですか?

回答: VRを体験する際には、以下の点に注意が必要です:

  1. 安全なスペース: 周囲に十分なスペースを確保し、障害物がないことを確認してください。
  2. 目の疲れと酔い: 長時間の使用は目の疲れやVR酔いを引き起こす可能性があるため、定期的に休憩を取ることが重要です。
  3. 健康状態: 特定の健康状態(例えばてんかん)の方は、VRを使用する前に医師と相談してください。
  4. プライバシー: VRアプリケーションの使用に際しては、個人データの扱いに関するプライバシーポリシーを確認してください。

VRのスキルが活かせる職種とは?

VR(仮想現実)に関する知識や経験を習得することで、テクノロジー、エンターテインメント、教育、ヘルスケア、不動産、設計・建築など、多岐にわたる分野で仕事を担当することが可能です。

VRは、ユーザーに三次元の仮想環境を体験させる技術であり、リアルタイムでのインタラクションを通じて没入型の体験を提供します。

以下に、VR関連のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. VR開発者/エンジニア:
    • VRアプリケーションやゲームの開発に携わります。
    • UnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンを使用して、VRコンテンツの設計と実装を行います。
  2. 3Dモデリングアーティスト:
    • VR環境内で使用される3Dモデルやアセットの制作を担当します。
    • キャラクター、環境、オブジェクトのモデリング、テクスチャリング、アニメーションを行います。
  3. UI/UXデザイナー(VR専門):
    • VRアプリケーションのユーザーインターフェース(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)の設計を行います。
    • ユーザビリティと没入感を高めるインタラクティブデザインを開発します。
  4. VRコンテンツプロデューサー:
    • VR映画、教育コンテンツ、トレーニングシミュレーションなどの企画と制作を管理します。
    • プロジェクトのスケジュール管理、予算管理、チームの指導を行います。
  5. VRトレーナー/教育者:
    • 教育やトレーニング分野で、VRを活用した学習プログラムやシミュレーションの開発と実施を行います。
    • 学生や職員へのVR技術の指導やサポートを提供します。
  6. ヘルスケアVR専門家:
    • 医療分野でのVRの応用、例えば疼痛管理、リハビリテーション、心理療法などの開発に関わります。
    • 治療法の開発や臨床試験のサポートを行います。
  7. 不動産/建築VR専門家:
    • VR技術を活用して、未建設の建築物や内装デザインの仮想的な見学を提供します。
    • クライアントや投資家に対して、プロジェクトのビジョンを視覚的に説明します。

VR技術は急速に進化しており、これらの職種では技術的なスキルだけでなく、創造性、チームワーク、プロジェクト管理能力が求められます。

また、新しいユーザーエクスペリエンスを創出するための革新的なアイデアが常に重要となります。

まとめ

VR(Virtual Reality、バーチャルリアリティ、仮想現実)がわかる本のおすすめを紹介しました。

まずはじめに、VRがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。