【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年7月】脳科学がわかる本おすすめ3選+最新情報

「脳科学がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

脳科学について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

脳科学とは、脳の構造、機能、発展、そして脳がどのように情報を処理して行動を制御するかを研究する学問です。この分野は、神経細胞の動作から大脳活動のパターンまで、さまざまなスケールで脳を解析します。研究成果は医療、心理学、教育など多岐に渡る分野に応用され、疾患治療や学習方法の改善に寄与しています。

まずはじめに、脳科学がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 学生・研究者: 脳の構造、機能、発達についての基本的な知識や最新の研究成果を学びたい。
  • 医療専門家: 神経学、精神医学、心理学など、脳科学の知見を臨床に応用したい医師やセラピスト。
  • 教育者: 学習や教育方法に脳科学の理論を取り入れ、効果的な教授法を探求したい。
  • ビジネスプロフェッショナル: 意思決定、リーダーシップ、マーケティング戦略に脳科学の理解を活かしたい。
  • 自己啓発に興味がある人: 記憶力の向上、ストレス管理、感情制御など、脳科学に基づいた自己改善法を学びたい。
  • デザイナー・クリエイター: ユーザー体験(UX)デザインや製品開発に脳科学の原理を応用したい。
  • スポーツコーチ・アスリート: パフォーマンス向上やメンタルトレーニングに脳科学の知識を取り入れたい。
  • 高齢者やその家族: 加齢による脳の変化を理解し、認知症予防や健康管理に役立てたい。
  • テクノロジー関連の専門家:人工知能(AI)や機械学習、ニューロテクノロジーの開発に脳科学のインサイトを活用したい。
  • 心理学に関心がある一般読者:人間の思考、感情、行動を支える脳のメカニズムに興味がある。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

脳科学の本 おすすめ3選

脳科学がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

【新発売】スタンフォードの脳神経科学者が証明! 科学がつきとめた「引き寄せの法則」

書籍情報

ジェームズ・ドゥティ(著)SBクリエイティブ(出版社)2024/6/30(発売日)416(ページ数)

ダライ・ラマ法王推薦! 
スタンフォード大神経外科医が教える 科学的に富と幸運を引き寄せる技術

「引き寄せの法則」などで知られるマニフェステーション(顕在化)を スタンフォード大学の脳神経外科医が 最先端の神経科学と自身が成功を手に入れた経験に基づき、その根拠や仕組みを初公開する一冊。 

また、科学的に富と幸運を引き寄せる具体的な方法を、 6つのステップに整理して分かりやすく解説する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

カラー図解 脳の教科書 はじめての「脳科学」入門

書籍情報

三上 章允(著)講談社(出版社)2022/10/20(発売日)336(ページ数)

脳の複雑で不思議なしくみを、豊富なカラー図版と共に、わかりやすく徹底的に解説しました。

脳の進化や構造、1000億個を超えるといわれる神経細胞の不思議、神経細胞以外にも重要な働きをするグリア細胞、脳はどのように世界を見て、聞いて、認識しているのか? 記憶はどのようにつくられ、どこに蓄えられているのか? など、「脳」の謎や不思議をあますところなく、丁寧に解説しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

1万人の才能を引き出してきた脳科学者が教える 「やりたいこと」の見つけ方

書籍情報

西 剛志(著)PHP研究所(出版社)2023/10/27(発売日)272(ページ数)

「私は、何がしたいんだろう?」
「自分の人生、このままでいいのだろうか?」
一度でも、こんなことを考えたことはありませんか?

人と比べて、「何者でもない自分」に絶望したとき
先が見えなくて、「将来が不安」なとき
就職、転職、結婚、第2の人生……「人生の岐路」に立たされたとき
今の仕事に「やりがい」を感じられないとき
なかなか結果が出なくて「焦っている」とき

そんなとき、向いている仕事、自分の強み、進むべき道を考えて、自分で、自分がわからなくなる――。

こうした「自分探し」は、今日でもうおしまい!
本書は、200以上の論文と7つのワークで、科学的にブレない自分軸を見出す「自己理解の方法」を解説します。 

この1冊で、これまでのモヤモヤがパっと晴れる「やりたいこと探し」の決定版。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

脳科学の名著・ロングセラー本

脳科学についての名著やロングセラー本を紹介します。

Newton別冊 最新科学でわかる 脳のすべて

書籍情報

ニュートンプレス(編集 , 出版社)2024/2/13(発売日)176(ページ数)

私たちは日常生活で何をするにも「脳」を使っています。
何かを覚えたり,あるいは喜怒哀楽を表現したりといったすべての思考と行動は,脳のはたらきによるものです。
神経細胞の集まりである脳が,そのような機能をもっているということは驚くべきことです。

本書は,今おさえておきたい脳の科学知識を紹介しています。
脳を理解するための基礎知識や,AIやVRなどの最新技術も活用する脳研究の今をはじめ,すぐれた創造性や記憶力,計算力など,驚異的な能力を発揮する天才たちの脳にも迫ります。
「アルツハイマー病」といった気になる病気,こころの病である「うつ病」や「依存症」の発症原因や治療法も紹介します。
生きづらさを感じることも多い「発達障害(発達神経症)」の脳の特性についても解説しています。
ぜひご一読ください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ひと目でわかる 脳のしくみとはたらき図鑑

書籍情報

黒木 俊秀, 神野 尚三(監修)小野 良平(翻訳)創元社(出版社)2022/6/28(発売日)224(ページ数)

脳のなりたちから最新の研究までを網羅

見開きでまとまった簡潔な構成と、適度にデフォルメされたイラストで、複雑なしくみやはたらきをわかりやすく学べる「イラスト授業シリーズ」第8弾。

私たちの行動や思考、生命活動を司る器官でありながら、いまだ多くの謎に包まれている“脳"。

本書では、脳の基本的な構造や領域別のはたらきから、人工知能といった最新の研究に至るまで、幅広いトピックを網羅。
明快なイラストと共にわかりやすく解説した、これまでにないビジュアル図鑑です。

一般向けの入門書としてはもちろん、脳に関係する疾患とその症状についても紹介しているので、医学・看護系の参考書としてもおすすめです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

面白くて眠れなくなる脳科学

書籍情報

毛内 拡(著)PHP研究所(出版社)2022/7/20(発売日)208(ページ数)

脳は、まだまだわからないことだらけ。
だから「もっと知りたい! 」に満ちている——。

死んでいるはずの脳が生き返った?/守りは堅いのに、体によくないものは大好き/右脳と左脳のホントのところ/ないはずのものを感じる脳/どうして夢をみるのだろう?/「ニューロン以外」の細胞が頭の良さのカギ?/脳は“こうしたい"と思う「前」に動き出す……などなど、身近な話題から最新の知見まで、深くてふしぎな脳科学の世界へ案内します。

脳はすごい! と感動せずにはいられない、選りすぐりのエピソードが満載!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

初心者向けの脳科学の本

初心者向けの脳科学の本について紹介します。

小説みたいに楽しく読める 脳科学講義

書籍情報

大隅 典子(著)羊土社(出版社)2023/7/31(発売日)216(ページ数)

脳のはじまりは筒?
なぜ緊張するとお腹が痛くなる?
脳にまつわる素朴な疑問を遺伝子・細胞レベルで解説します。

脳科学研究の歴史をたどりながらブレインテックまで,知的好奇心を刺激する一冊!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

かくれた能力を見つける!  キミだけのスゴい脳のヒミツ

書籍情報

加藤 俊徳(著)KADOKAWA(出版社)2024/2/28(発売日)128(ページ数)

自分の脳の強みを知ろう! もっとスゴい脳になる方法も伝授!

すぐできる簡単な診断から、自分の脳にかくれた才能がわかる!

個性豊かな能力キャラクターたちが、得意なこと、得意になれそうなこと、向いていそうな仕事を解説。
脳の伸ばしたい部分を伸ばすトレーニングや、さらにスゴい脳に育てるヒミツがわかるコラムもたっぷり収録。

自分の脳の強みと可能性を知って、眠っている才能を開花させよう!

amazon.co.jp書籍情報より引用

ビジュアル図解 脳のしくみがわかる本 気になる「からだ・感情・行動」とのつながり

書籍情報

加藤俊徳(監修)メイツ出版(出版社)2021/6/25(発売日)176(ページ数)

★ イラストと図解でわかりやすく解説します! 

★ 脳を構成する器官の役割から、喜怒哀楽、体との連携のメカニズムまで。
★ さまざまな種類の記憶と「もの忘れ」のしくみ 
★ 欲求や感情、表情筋のコントロールのしくみ
★ ホルモン、代謝ほか体を調整するしくみ
★ 「五感を生む」脳と感覚器のしくみ

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新の脳科学の本

近日発売予定やこれまでに発売された脳科学の関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

【7月29日発売】脳科学研究がつきとめた「頭のよい子」を育てるすごい習慣

書籍情報

川島隆太(著)プレジデント社(出版社)2024/7/29(発売日)176(ページ数)

だから地頭の良い子が育つ! 
小中学生4万人調査で判明。

わが子が「先の見えない時代」を生き抜くために親にできること、家庭ですべきことを「脳トレ」の第一人者・川島隆太教授が徹底教示。

★成績上位グループに共通する睡眠法とは? 
☆脳神経細胞を増やす、意外な「家庭遊び」 
★難関大学合格者が「朝」にしていたこと
☆情報処理能力が高まる「食材」はこれ! 
★記録力を30%高める、驚くべき記憶法が存在した
☆図解イラストで紹介、親子でできる「脳トレ」ゲーム

子どもの成績がよい“隣の家庭”は何を意識し、普段からどんな学習や遊びを実践しているのか──。
子どもたちの秘めたる才能を開花させ、フルに発揮させる「脳育」のコツを教示する、親子で読みたい家庭副読本。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【7月29日発売】1万人の脳を見た名医が教える 好奇心脳

書籍情報

加藤俊徳(著)プレジデント社(出版社)2024/7/29(発売日)176(ページ数)

脳のピークは40代、50代! 
80歳、90歳になっても脳は成長します。

1万人以上のMRIを用いた脳診断の結果、明らかになった驚くべき事実。
それは、「好奇心が失われた人の脳は、年齢に関わらずすっかり衰えている」ということ。

「好奇心」を甦らせれば脳再生し、そして、脳の正しい使い方をマスターすることで……、
★毎日新鮮な気持ちになる
☆昨日と違う自分にワクワクする
★小さな発見が次々起こる
つまり、人生に「いいこと」が次々起こり始めます。

「脳」のベストセラー連発で大注目! 
世界で唯一の「脳内科医」が紹介する、眠った脳細胞を150%活性化し、一生アタマが良くなり続ける「すごい習慣」。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【7月26日発売】ホラー映画の科学 悪夢を焚きつけるもの

書籍情報

ニーナ・ネセス(著)五十嵐加奈子(翻訳)フィルムアート社(出版社)2024/7/26(発売日)352(ページ数)

ホラー映画を見るとき、私たちの脳・心・身体で何が起こっているのか?
モンスター、暴力、トラウマ、音……さまざまな切り口から、脳科学や心理学で〈恐怖〉のしくみを解き明かす
もっと眠れなくなること必至の、ホラー映画×科学の世界!


私たちはなぜ、ホラー映画という〝悪夢の燃料〟を求めるのか?
私たちの脳や身体はホラー映画の何に恐怖を感じ、どのように反応するのか?

本書では、科学コミュニケーターとして活動する著者が多彩なホラー映画を例に、人が恐怖を感じ、脅威に対処するメカニズムを紹介。
脳科学・心理学・神経科学・生物学の知見から、〈恐怖〉のさまざまな側面を明らかにする。

登場する映画は、『サイコ』『エクソシスト』など古典的名作から、『ヘレディタリー/継承』『アス』『クワイエット・プレイス』など現代のヒット作まで約300本。
サイコ、SF、スラッシャー、スプラッター、クリーチャー、オカルトなどのサブジャンルを縦横無尽に扱いながら、ホラー映画の歴史もおさらい。
いかに映画における〈恐怖〉が作り出されてきたのか、そして私たち観客はいかにそれを受け取るのかに迫る。

各章には、ひとつの作品を掘り下げるコラムと、映画の製作者や研究者へのインタビューも収録。
尽きることのないホラーの魅力を存分に楽しめること間違いなし。

amazon.co.jp書籍情報より引用

【7月1日発売】アート脳

書籍情報

スーザン・マグサメン, アイビー・ロス(著)須川 綾子(翻訳)PHP研究所(出版社)2024/7/1(発売日)440(ページ数)

全米ベストセラー、日本上陸! 
絵画に釘付けになったり、音楽に感動した りするだけで、健康で長生きする! 
脳科学が初めて明かした「アートの効用」。 

本書では、アートがいかにして私たちの生活の質を高め、より良いコミュニティを築いて いくのかについて、科学的根拠とともに示していく。
日々のさまざまな美的経験によって、どのような生物学的変化が起きるのか、その仕組みについても説明する。

たとえば、
・ニューヨーク州北部では、アルツハイマー病の症状が進んだ男性が昔よく聴いていた曲を聴き、5年ぶりに息子を認識した。
・フィンランドでは、産後うつを患った若い母親が生まれたばかりのわが子に歌を歌い、抗うつ剤だけに頼るより早く回復している。
・世界各地の医療現場では、美術館を訪れることが患者に処方されている。
・感覚的に豊かな環境では学習の効率が高まり、記憶の定着率が高いという近年の研究結果から、多くの学校や職場、公共施設では環境が見直されている。

このようなかたちで、あらゆるアートには健康・ウェルビーイング・学習・繁栄を促進する効果がある旨も明らかにしながら、ビジネスパーソンのみならず子供から高齢者まで生活のなかにアートを取り入れる手法を順序立てて紹介する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

世にも奇妙な脳の知覚世界 多重共感覚研修医の臨床ノート

書籍情報

ジョエル・サリナス(著)北川 玲(翻訳)ハーパーコリンズ・ジャパン(出版社)2024/6/25(発売日)328(ページ数)

僕は、患者の痛みや苦しみを実際に感じることができる。
他人の状態を鏡のように感じ取る「ミラータッチ共感覚」をもつ神経科医が、脳の知られざる知覚現象を解くサイエンス・ノンフィクション。


文字や数字、音に色を感じるなどの「共感覚」がある人たちが人口の4%程度存在しているという。
そのなかでも特異な「ミラータッチ共感覚」は、目の前の人が頬に手をやると、自分の頬に触れられている感覚があったり、痛みに苦しんでいる人を見ると、その痛みを感じ取ったりする。
まるで鏡(ミラー)に映る自分のように。

ミラータッチ共感覚者であり、神経科医でもある著者が、目の前の患者の痛みや苦しみを自らの身体で感じながら、知られざる脳の知覚現象「共感覚」と向き合う日々を綴る一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

BRAIN BOOST(ブレイン・ブースト)  脳を変える究極のマインドセット

書籍情報

デビッド・ロブソン(著)中尾 由恵(翻訳)二見書房(出版社)2024/6/24(発売日)320(ページ数)

あなたの「限界」は、脳の思い込みに過ぎなかった。

脳が変われば、人生が変わる。
あなたの未来が激変する、科学的エビデンスに基づいた驚異の思考メソッド!

最新研究が明らかにする「脳の期待効果」によって、仕事や学習のパフォーマンス、心と体の健康、さらには寿命までもが、左右されるとしたら──

amazon.co.jp書籍情報より引用

意識の脳科学 「デジタル不老不死」の扉を開く

書籍情報

渡辺 正峰(著)講談社(出版社)2024/6/20(発売日)392(ページ数)

驚愕の研究、最前線!
脳からコンピュータに意識を移す!!

意識はどのように生まれるのか?
生命科学最大の謎を解く、切り札がここに!

意識のアップロードを可能にする秘策とは?
永遠の命を得た意識は、何を感じ、何を思うのか?
科学者人生を懸けた渾身の書!

amazon.co.jp書籍情報より引用

らく速読 脳科学が証明した世界一カンタンですごい読書術

書籍情報

ヨンソ(著)伊藤 吉賢(監修)KADOKAWA(出版社)2024/5/27(発売日)192(ページ数)

だれでも4倍速! 頑張らないほど速く読めて忘れない。医師が認める速読法

「読むのが遅い……」「読んでも忘れてしまう……」それは、読もうと頑張りすぎているから。
体験した人の86.2%が効果を実感している日本最大級の速読教室・楽読メソッドでは、目、脳、体の緊張を解除。
文章の意味がスルスルと、らく~に入っていく、最高の読書体験を提供します。
思考力、コミュ力、ビジネス力、自己肯定感、マインドフルネス……脳の使い方を変えるから、すべてに効果抜群!

メソッド1: 体をほぐす(キラキラ体操、腹圧調整)
メソッド2: 心をほぐす(オープンマインド・リーディング)
メソッド3: 目をほぐす(眼筋ストレッチ、高速パラパラ)

amazon.co.jp書籍情報より引用

一生頭がよくなり続ける もっとすごい脳の使い方

書籍情報

加藤俊徳(著)サンマーク出版(出版社)2024/5/22(発売日)272(ページ数)

ベストセラー待望の第二弾! 【大人の勉強をはじめる前に読んでください】

脳がフル回転して、ここぞというときに力を発揮できる脳力をこの一冊で身につけられます。

↓こんな悩みがある大人こそ、脳力をアップできます。
□ 最近ド忘れが増えてきた
□ 最初だけはやる気いっぱい、でもいつの間にか三日坊主
□ 自分なりに頑張っているつもりだけど結果が出ない
□ 新しい知識をすぐに理解して使いこなせるようになりたい
□ 今年こそ資格試験に合格したい

今より“もっとすごい脳”を手に入れられたら、自分の人生にもっと欲張りになれます。

頑張った分の結果が必ずついてくるようになります。
新しい知識もどんどん吸収して、応用できるようになります。
ずっとやりたかったことを最後までやり切れる人になれます。

脳科学に基づいた脳の記憶力・理解力・注意力・集中力を底上げする方法を紹介。
試験や仕事で結果が出せる“もっとすごい脳”が手に入ります!

amazon.co.jp書籍情報より引用

脳科学でわかった! 80歳からでも若返る すごい脳活おりがみ

書籍情報

伊達博充(著)西剛志(監修)あさ出版(出版社)2024/5/21(発売日)160(ページ数)

脳が衰えないようにするには、おりがみがいちばん効果的だった!?

86歳の現役建築士と数々のベストセラーを生み出した脳科学者が、おりがみを折ることで、いくつになっても元気な脳を保つ方法を教えます。

●指の動きを早くするだけで注意力が上がり、ついうっかりがなくなる
●おりがみであなたの会話から「あれ」「これ」「それ」が消える
●脳の老化にストップをかけるのが指先の力だった などなど

おりがみを使った指先トレーニングや、誰も簡単にできる見た目も美しい著者オリジナルのおりがみを、世界中の数々の脳に関する研究とともに紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

思考のクセがわかる! 脳のメカニズムについて加藤俊徳先生に聞いてみた

書籍情報

加藤俊徳(著)Gakken(出版社)2024/4/25(発売日)160(ページ数)

【1万人の脳を見た著者が徹底解説!】
脳科学の専門家・加藤俊徳著の「先生に聞いてみた」シリーズ第8弾。

脳の基本的な機能から、8つの脳番地の特徴、「バイアス」や「プレッシャー」などと脳の関連がわかる!
変化の激しい時代だからこそ知りたい、脳の使い方が満載!

▼成果を出せる脳の使い方ができる
▼無駄なストレスを回避できる
▼AIに負けない脳力を引き出せる

ビジネスの身近な悩みを脳のメカニズムで紐解く!
ストレスフルな現代社会を生き抜くヒントになる一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

簡単・楽しい・若返る!  何歳からでも間に合う 脳を鍛える方法

書籍情報

篠原菊紀(監修)徳間書店(出版社)2024/4/24(発売日)144(ページ数)

脳はいつからでも若返らせることができる!

「脳は衰える一方だ」という幻想から抜け出し、中高年になってからでも脳を鍛える方法を伝授します。
脳活性ドリルで大人気の篠原菊紀先生(公立諏訪東京理科大学教授)が教える中高年向け脳トレ本。

現在脳を知ることからはじめ、日常生活の中で脳を若返らせる効果的な方法を解説。
ドリルはもちろん、脳が元気なシニアがやっている生活習慣も掲載。

amazon.co.jp書籍情報より引用

捨てる脳 気持ちも頭もスッキリする!

書籍情報

加藤 俊徳(著)自由国民社(出版社)2024/4/15(発売日)240(ページ数)

7万部突破のベストセラー『片づけ脳』の姉妹版。
捨てられないのは、脳のせい!

◎脳は「集める」ようにできている! 
◎うまく集めて、うまく捨てることが重要。
◎捨てる脳=大事なものを残せる脳
◎「捨てる脳」の最重要脳番地は記憶系
◎「捨てたいモノ」には記憶による3つのランクがある
◎捨てる脳の「3つの心得」とは
◎脳番地を動かして捨てる脳になる「8つの習慣」をご紹介
◎捨てる脳になれば、記憶力が上がって、自分らしい人生が歩める!

amazon.co.jp書籍情報より引用

「頭がいい」とはどういうことか 脳科学から考える

書籍情報

毛内 拡(著)筑摩書房(出版社)2024/4/10(発売日)256(ページ数)

藤井聡太と大谷翔平には、ある重要な共通点があった
それは、「脳の持久力」!

能力を発揮し続けられる人と続けられない人の違いを脳科学が解明する

「頭がいい」とは、IQや記憶力だけでなく、感覚や運動能力、アートと創造性、他者の気持ちがわかる能力なども含まれる。
どんな仕組みで良くなるのかを脳科学の観点から解説する。

このような能力を発揮し続けるための力を「脳の持久力」と名付け、そこに深く関係する脳細胞、アストロサイトの働きを紹介し、人間の脳とAIの比較、今求められる知性について著者の考えをまとめる。

amazon.co.jp書籍情報より引用

脳科学で解く心の病 うつ病・認知症・依存症から芸術と創造性まで

書籍情報

エリック・R・カンデル(著)大岩(須田)ゆり(翻訳)須田年生(監修)築地書館(出版社)2024/4/1(発売日)360(ページ数)

私たちの脳内には860億個のニューロンがあり、ニューロン同士が正確に繋がることで、コミュニケーションを取っている。
ニューロンとニューロンの繋がりは、ケガや病気によって変化してしまう。
また、成長の過程で繋がりが正常に発達しなかったり、全く形成されなかったりすることもある。

そうした事態に陥ると、脳機能に混乱が生じて、自閉スペクトラム症、うつ病、統合失調症、パーキンソン病、依存症、心的外傷後ストレス障害(PTSD)など精神疾患の原因となる。

こうした脳の混乱がどのように生じるかを研究し、その治療法の可能性を探ることは、私たちの思考、感情、行動、記憶、創造性がどのようにして脳で生み出されているのか、その解明にも繋がっていく。

神経科学者たちの研究成果、精神疾患の当事者や家族の声、治療法の歴史を踏まえながら、ノーベル賞受賞の脳科学の第一人者が心の病と脳を読み解く。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

直観脳 脳科学がつきとめた「ひらめき」「判断力」の強化法

書籍情報

岩立 康男(著)朝日新聞出版(出版社)2024/3/13(発売日)216(ページ数)

最高の意思決定を生み出す極意を、科学的に解説!!

最新研究で、直観を導く脳の部位が明らかになった。
優れた判断をしたいなら、「集中すること」は厳禁。
直観力を高めるためには、むしろ意識を「分散」させることが重要となる。

これまであいまいとされてきた直観のメカニズムを、脳の専門医が解説。
直観を駆使し、「創造力」を発揮するための実践的な思考法も紹介する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

世界の最新メソッドを医学博士が一冊にまとめた 最強脳のつくり方大全

書籍情報

ジェームズ・グッドウィン(著)森嶋 マリ(翻訳)文藝春秋(出版社)2024/3/11(発売日)520(ページ数)

「自分史上最高の脳」になるための最新メソッドを「大全」にまとめた決定版!

 「運動」「食事」「睡眠」「腸」「栄養」「性欲」「知力」「孤独」「幸福」…
 科学によって証明された「脳にとっていいこと」を、この一冊ですべて網羅。
  
大人になってからの知力の「4分の3」は、環境や生活習慣で決まる。
仕事のパフォーマンスを最大化するには?  認知症の予防に大事なことは?
  
 ——「習慣」を変えれば「脳」も変わる。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

焚き火の脳科学: ヒトはなぜ焚き火にハマるのか

書籍情報

岡本 剛(著)九州大学出版会(出版社)2024/3/3(発売日)248(ページ数)

焚き火の魅力にとりつかれた脳科学者が、焚き火にあたりながら自分の脳波を測定する前代未聞の実験をキャンパス内で実施した。
じつはこれまで、焚き火の効果は、実験で直接確かめられていなかった!

本書には、コアな焚き火好きをはじめ、脳科学に興味のある高校生や大学生、脳科学研究に取り組んでいる大学院生や研究者、新規プロジェクトを立ち上げたい方、広く教養を求めている方々に向けて、実験結果だけでなく、脳科学についても幅広く書かれている。

キャンプブームが落ち着いた今、焚き火に思いを馳せながら脳科学をじっくり学ぶための絶好の一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

なぜうまくいく人は「ひとり言」が多いのか?

書籍情報

加藤俊徳(著)クロスメディア・パブリッシング(出版社)2024/3/1(発売日)224(ページ数)

▼「つぶやき」は最高のアウトプット! 
人生が変わる「ひとり言」の習慣
「ひとり言」には、自分の気持ちを鼓舞して、やる気を出させる力があります。

「ひとり言」というと、なんだか地味で、暗い感じがするかもしれません。
これまでひとり言の効用を取り上げる人は、あまり多くなかったはずです。
ですが、ひとり言にはさまざまな効用があり、奥が深いものだと言えます。

本書ではそんなひとり言のメカニズムを、脳科学的な視点から解き明かし、日常生活の中で上手にひとり言と向き合うことで、自分の能力を高める方法を提案していきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

「心の病」の脳科学 なぜ生じるのか、どうすれば治るのか

書籍情報

林(高)朗子, 加藤忠史(編集)講談社(出版社)2023/2/16(発売日)288(ページ数)

【最新研究から見えてきた精神疾患のしくみと治癒への道筋】

うつ病、自閉スペクトラム症・ADHDなどの発達障害、PTSD、統合失調症、双極性障害…
多くの現代人を苦しめる「心の病」は、脳のちょっとした変化から生まれます。

誰にでも起こりうるこの病は、何が原因で、どのようなメカニズムで生じるのでしょうか?

様々な角度から精神疾患の解明に挑む研究者たちが、研究の最前線をわかりやすく解説。
そのしくみから「治る病」にするための道筋まで。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

記憶脳

書籍情報

樺沢 紫苑(著)サンマーク出版(出版社)2024/2/8(発売日)272(ページ数)

記憶ポテンシャル、無限化。
“記憶の概念”が根底から変わる本。
脳の仕組みから精神科医がひもといた「新時代の記憶術」。


情報は「脳に蓄える」より、「外化(自分の外側に記録)」することで記憶のポテンシャルは無限に広がる! 
脳の仕組みを研究した精神科医が、AI時代の新しい記憶術について伝授します。

試験勉強、うっかりミス、物忘れ、効率UP、「無限記憶」ですべて解決します! 
記憶の入口の「インプット」と出口の「アウトプット」を上手に回して、人間の脳とデシタル脳を一体化させた「記憶脳」を手に入れることができれば、仕事や学びの効率は、10倍、いや100倍以上も変わってくるでしょう。
ぜひ、日々の学びや仕事、暮らしにお役立てください! 

※本書は、2016年1月に小社より刊行された『覚えない記憶術』を加筆・再編集したものです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

老いをみつめる脳科学

書籍情報

森 望(著)メディカル・サイエンス・インターナショナル(出版社)2023/12/8(発売日)336(ページ数)

脳と老化のサイエンスストーリー

分子レベルでの神経の老化を長年研究してきた著者による、脳の老化を様々な観点からわかりやすく解説した書。

脳と神経細胞の構造の解説をはじめ、老化に伴う脳内ニューロンにおける分子の変化や百寿者の脳をMRIでみるプロジェクトなど、多角的に行われてきた脳の老化の研究について率直な味のある文章で詳述。

アルツハイマー病の危険因子や、学習能力を高める遺伝子変化、長寿化サプリの虚実などのトピックについても根拠に基づいた見解を収載。

amazon.co.jp書籍情報より引用

勉強脳 知らずしらずのうちに結果が出せる「脳の使い方」

書籍情報

ダニエル・T・ウィリンガム(著)鍋倉 僚介(翻訳)東洋経済新報社(出版社)2023/12/6(発売日)360(ページ数)

脳のしくみを活かせば、勉強は楽しくてやめられない!

著者はアメリカを代表する心理学者だ。
長年、学習と記憶に焦点を当てた研究を行い、現在は、学校教育への心理学の応用を専門としている「教育のプロフェッショナル」である。

著者によると、多くの人は「効果がないのに、効果がありそうに見える」間違った勉強の仕方をしているという。
たとえばこんなこと……。
×ノートを見栄えよくする ×テストに備えて教科書を再読する ×ひたすら過去問を解く ×速読術を使う …
こういったことは、「勉強している感じは出るが、真の実力はつかない」やり方だ。

脳のしくみを活かすやり方がわかれば、たちまち勉強が楽しくなり、学びは加速し、一度覚えたことを長い間忘れずにいられる。

入試、資格、検定、スキルアップ、留学…  正直な話、この方法を知っているだけで差がつきすぎるのだ。

amazon.co.jp書籍情報より引用

脳科学はウェルビーイングをどう語るか? 最新科学が明かすふれあいとコミュニケーションの力

書籍情報

乾 敏郎 , 門脇 加江子(著)ミネルヴァ書房(出版社)2023/11/21(発売日)172(ページ数)

“ウェルビーイング”を切り口に迫る、めくるめく脳科学の世界へ!

最近の脳科学では、親しい誰かとのふれあいやコミュニケーションが心や身体の痛みを取り除き、ウェルビーイング(主観的な幸福感)をも向上させることが証明されています。

本書では、 “ウェルビーイング”を切り口に「痛み」「脳疲労」「ストレス」「共感」などのテーマを科学的に解き、脳のメカニズム~最新の脳科学のトピックスまでをイラストとともにわかりやすく紹介します。
「認知科学者×カウンセラー」のふたりの著者が贈る、日常生活に生きる脳科学!

amazon.co.jp書籍情報より引用

脳科学者が考案 見るだけで自然に脳が鍛えられる35のすごい写真

書籍情報

西 剛志(著)アスコム(出版社)2023/11/1(発売日)128(ページ数)

最近、記憶力に自信がない。そんなあなたに。
写真を眺めるだけで「集中力」「記憶力」などの7つの脳機能が活性化できる!

写真を見ることであなたの脳は自然に鍛えられていきます。
そして、いつの間にか「やる気が出てきた」「よく眠れるようになった」「イライラしなくなった」「人間関係がうまくいくようになった」「毎日が楽しくなった」そう感じられるようになるはずです。

まずは1日1枚、35日間、見続けて、心と身体の変化を感じてください!

amazon.co.jp書籍情報より引用

ブレイン・マッピング 最新科学が導く正しい脳の使い方

書籍情報

増田勝利(著)徳間書店(出版社)2023/4/1(発売日)224(ページ数)

脳に使われるな、脳を使いこなせ!

自分を知るとは何か? それは脳を知ることである。
しかし、脳はいまだ解明していない部分が多い。
私たちの感情、行動、学習、経験は脳のどこを使っているのか。
最新の脳科学を知ることで、本質的な自分というモノを知ることができる。

最新科学は日々アップデートされているのに旧態依然の脳科学がまことしやかに流布されている。
中でも「右脳人間」「左脳人間」や「脳は日常では10%しか使われていない」などが最たる例である。
脳科学の最先端を知って、脳の仕組みや構造を理解すれば、考え方がポジティブになり、生活習慣が変わることは間違いない。
そうすれば、人生が好転すると本書では説いている。
つまり、悩みや憂いを生み出すのも脳であり、モヤモヤとした気持ちや視野を暗くさせているのも脳なのである。

本書では最新の科学に則った脳覚醒アップデート術を紹介する。
「脳に個人差はない」「脳はよくバグる!?」といった脳についての科学はもちろんのこと、「情報処理能力は慣れで決まる!」「メタ認知が成功のカギ」といった脳を使いこなすことで、成功へと導くメソッドも紹介。

あなたを成功・幸せへと導く、正しい脳との付き合い方が学べる一冊である。

amazon.co.jp書籍情報より引用

世界最先端の研究が教える すごい脳科学

書籍情報

坂上 雅道(著)総合法令出版(出版社)2022/8/12(発売日)252(ページ数)

最新の脳科学による人間の心と行動の本性を科学的に検証!
なぜその行動をしてしまうのかがわかる本。

脳科学的に正しい記憶力の向上のさせ方、脳科学的に正しいメンタルの鍛え方、恋愛の仕方やダイエット方法、いつまでも認知機能を維持する方法、天才の脳と普通の人の脳の違いなど人生で役立つ「脳科学のとびっきり面白いネタ=最新の研究」だけを厳選してご紹介。

実生活や仕事に役立つだけでなく、思わず「なるほど!」と膝を打つ話を集めました。
本書を読むことで脳科学への興味が倍増するはずです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

脳は世界をどう見ているのか 知能の謎を解く「1000の脳」理論

書籍情報

ジェフ ホーキンス(著)大田 直子(翻訳)早川書房(出版社)2022/4/20(発売日)328(ページ数)

「真のAIを創るのに何が必要かをもっと学びたければ、本書が魅力的な理論を提供してくれる。心躍る洞察にあふれているから、脳科学やコンピューター科学の専門知識がない人にも最適だ」――ビル・ゲイツ(GatesNotesより)

細胞の塊にすぎない脳に、なぜ知能が生じるのか?
カギは大脳新皮質の構成単位「皮質コラム」にあった。
ひとつの物体や概念に対して何千ものコラムがモデルを持ち、次の入力を予測している
――脳と人工知能の理解に革命を起こす「1000の脳」理論、初の解説書

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

改訂版 もっとよくわかる! 脳神経科学 やっぱり脳はとってもスゴイのだ!

書籍情報

工藤 佳久(著)羊土社(出版社)2021/9/2(発売日)296(ページ数)

全体像が楽しくつかめると評判の入門書が全面改訂!

研究の歴史や身近な例などを交えた解説で、納得しながらすんなり理解。

ポイントを絞ったほどよいボリューム、ユーモアあふれるイラストだから、すいすい読める! 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

中野信子のこども脳科学 「イヤな気持ち」をエネルギーに変える!

書籍情報

中野信子(著)フレーベル館(出版社)2021/8/23(発売日)79(ページ数)

話題の脳科学者・中野信子による、初めての児童書!
脳科学の観点から、今を生きる子どもたちに「生きるコツ」を伝授します。

人間関係の悩み、勉強や将来への不安、劣等感、承認欲求の苦しさ……。
そんな「イヤな気持ち」にとらわれたとき、思春期の子どもは、そのつらい感情を自分でどう処理すればいいのか、まだはっきりとわかりません。

「イヤな気持ち」とどう向き合えばいい? 逆にエネルギーに変えるには? 
子どもたちが自分の力で対処していけるよう、脳科学の知見をもとにアドバイスを送ります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

脳科学によくある質問と回答

脳科学について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

脳科学とは何ですか?

回答: 脳科学、または神経科学とは、脳と神経系の構造、機能、発達、進化、そしてこれらがどのように働き合って行動や認知を生み出しているかを研究する学問分野です。

脳の働きを理解することを目的とし、心理学、生物学、医学、物理学など多岐にわたる分野と関連しています。

脳科学の研究方法にはどのようなものがありますか?

回答: 脳科学の研究方法には、脳イメージング技術(MRIやfMRIなど)、電気生理学的手法(EEGなど)、神経細胞の活動を直接観察するための顕微鏡技術、行動実験、コンピュータモデリングなどがあります。

これらの方法を通じて、脳の活動や構造、機能的なつながりを詳細に調べることができます。

脳科学の研究でわかってきたことは何ですか?

回答: 脳科学の研究によって、脳の特定の領域が特定の機能を担っていること、脳の可塑性(経験や学習によって脳の構造や機能が変化する能力)、感情や意思決定、記憶などの複雑なプロセスがどのように脳内で処理されているかなど、多くの知見が得られています。

科学は日常生活にどのように役立ちますか?

回答: 脳科学の知見は、教育や学習方法の改善、精神障害や神経系の疾患の治療法の開発、高齢者の認知機能維持、ストレス管理、製品やサービスのデザイン改善など、日常生活の多様な分野に応用されています。

脳の働きを理解することで、より健康で充実した生活を送るための手がかりを得ることができます。

脳科学を学ぶにはどうすればいいですか?

回答: 脳科学を学ぶには、基本的な生物学や心理学の知識から始めるのがおすすめです。

大学やオンラインコースで神経科学に関連する講座を受講し、専門書や科学雑誌の記事を読むことも役立ちます。

また、研究所や大学の研究プロジェクトに参加することで、実際の研究方法や最新の科学的知見に触れる機会を得ることができます。

脳科学のスキルが活かせる職種とは?

脳科学(神経科学)に関する知識や経験は、多様な分野でのキャリアに貢献し、特に医療、研究、教育、心理学、テクノロジー開発などにおいて重要な役割を果たします。

この分野の専門知識を持つことで担当可能な仕事には、以下のようなものがあります:

  1. 神経科学研究者:
    • 大学や研究機関において、脳の機能、構造、発達、神経系の疾患に関する基礎研究や応用研究を行います。科学的発見を通じて、脳科学の知識を拡大します。
  2. 臨床神経心理学者:
    • 脳損傷や神経系疾患が行動や認知に与える影響を評価し、治療します。患者の評価、カウンセリング、リハビリテーション計画の策定に携わります。
  3. 神経科医:
    • 神経系の疾患、例えば脳卒中、パーキンソン病、アルツハイマー病などの診断と治療を専門とします。最新の神経科学の知見を臨床に応用します。
  4. 精神科医:
    • 精神障害や心理的な問題の治療に脳科学の知識を活用します。薬物療法、心理療法、その他の治療法を提供します。
  5. リハビリテーション専門家:
    • 脳損傷や神経系疾患の患者に対して、日常生活スキルの回復をサポートします。物理療法、作業療法、言語療法など、患者のニーズに合わせたリハビリテーションプログラムを提供します。
  6. 神経工学者/バイオエンジニア:
    • 神経科学と工学の知識を組み合わせ、神経系の機能を模倣または補助するためのデバイスや技術を開発します。脳波計(EEG)、深部脳刺激装置などの医療技術が該当します。
  7. 教育者/教師:
    • 学校や教育機関において、脳科学の原理を教育プログラムに取り入れ、学習効率の向上を目指します。脳科学に基づいた教育法を開発し、適用します。
  8. ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイナー:
    • 脳科学の知識を活用して、ウェブサイトやアプリケーションのユーザビリティやエンゲージメントを向上させるデザインを作成します。ユーザーの認知プロセスを理解し、それに基づいたインターフェイスを設計します。

脳科学に関する専門知識は、急速に進化する科学技術の分野で、新しい治療法の開発、教育の質の向上、より人間中心のテクノロジーの設計など、幅広い応用が可能です。

これらの知識と経験を持つ専門家は、科学的探求だけでなく、実社会の問題解決にも大きく貢献することができます。

まとめ

脳科学について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、脳科学がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。