【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年2月】知財がわかる本おすすめ3選+最新情報

「知財がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

知財(知的財産)について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

まずはじめに、知財がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本初心者向けの本最新の本、そしてオンライン講座3選を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 法律関係者: 弁護士、法務担当者など、知的財産権に関連する法的問題に取り組むプロフェッショナル。
  • 発明家・イノベーター: 自身の発明やアイデアを保護し、商業的に活用する方法を学びたい。
  • ビジネスオーナー・起業家: 自社の製品やサービスの知的財産を保護し、ビジネスに活用したい。
  • パテントエンジニア・特許担当者: 特許出願のプロセスや知的財産戦略に関する専門知識を深めたい。
  • 研究開発担当者: 技術開発に伴う知的財産の管理や活用に関心がある。
  • マーケティング・ブランドマネージャー: ブランドの商標や著作権を管理し、市場での競争優位を確保したい。
  • 教育者・学生: 知的財産法やその実践について学び、専門知識を習得したい。
  • 投資家・ビジネスコンサルタント: 知的財産の価値評価やリスク管理に関する知識が必要。
  • クリエイティブ産業の従事者: アーティスト、作家、デザイナーなど、自分の作品を法的に保護する方法を知りたい。
  • 政策立案者・規制当局: 知的財産に関する法律や政策の策定、実施に関わる。

あなたの興味関心にあった本やオンライン講座をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

知財の本 おすすめ3選

知財がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

キャリアアップのための知財実務のセオリー[改訂版] 技術を権利化する戦略と実行:岩永 利彦(著)

書籍情報

知財業務を標準化した解説で知財実務のセオリーが身につき、実践に役立つ知財実務の基本書

元知財担当者だった理系出身の弁護士・弁理士による、知財業務を標準化した解説で知財実務のセオリー(10年や20年では変わらない知財における基本中の基本)が身につき、実践に役立つ知財実務の基本書。

改正特許法、経済安全保障推進法に対応した待望の改訂版!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

技術法務のススメ[第2版]事業戦略から考える知財・契約プラクティス:鮫島 正洋(著)

書籍情報

「知財」×「法務」のバイブル、8年ぶりの改訂版! 

第2版では…全面的に内容・記述がより深化し、技術法務の真髄にさらに迫る! 

・産業構造の変化に対応し、従前のハードウエア的な事例に加えてソフトウェア・サービス的な事例も追加! 
・実践的契約類型として、新たに、PoC(技術検証)契約、データ提供契約に関する解説を追加! 
・具体的な条項例を示しつつ、契約書作成・契約交渉の勘所や考え方を提示! 

オープンイノベーションの契約交渉の場面で、ビジネス的な視点から「知財」×「法務」を総合的に判断することが求められる今、スタートアップ支援や、知財・法務に携わる関係者必読の書! 
【教育・研修にも最適! 】

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

「見えない資産」が利益を生む GAFAMも実践する世界基準の知財ミックス:鈴木 健二郎(著)

書籍情報

アップルが、銀行やホテルを始めるのはなぜか?

会社のイノベーションの材料は、社内に埋もれている!
「知的財産」を最大活用する新規事業のつくり方。

三菱総研、デロイトトーマツコンサルティングを経て、特許庁・経済産業省などでも活躍する「知財のプロ」が提案する、未来を先読みし新規事業を発明する逆転の発想法。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

知財の名著・ロングセラー本

知財についての名著やロングセラー本を紹介します。

スタートアップの知財戦略 事業成長のための知財の活用と戦略法務:山本 飛翔(著)

書籍情報

新たなビジネス領域をスピーディーに駆け抜けるスタートアップ企業。
経営に「知財」を活かすための戦略とその法的アプローチとは?

スタートアップが短期間で大きな成長を遂げるには、その特性に沿った独自の知財戦略が不可欠となる。

戦略の構築に先立ってスタートアップが備えておくべき各種権利・契約等に関する法的知識や、EXITを見据え、成長フェーズごとに求められる対応等を丁寧に解説。

大企業とのオープンイノベーションを成功させる秘訣にも着目。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

楽しく学べる「知財」入門:稲穂健市(著)

書籍情報

稲穂健市(著)講談社(出版社)2017/2/15(発売日)296(ページ数)

知的財産権には主なものだけで、著作権、商標権、特許権、実用新案権、意匠権という5つの権利がある。
しかし日本人は、そんな様々な知的財産権が、頭の中できちんと整理できていない。

本書は、5つの権利の違いやその関わり合い方を正しく理解してもらうこと、さらに、「その行為は権利侵害なのか?」という判断についても、ある程度正しくできるスキルを自然と身につけてもらうことを目指したものである。

現代社会において知的財産権に関する知識をしっかり身に付けることは、企業や個人が生き残るために必要不可欠となっているのだ。

本書は、知的財産権を本格的に勉強したことのない一般読者の方々に、知らないでは済まされない「知財」について理解してもらうことを目指した。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

知財実務のツボとコツがゼッタイにわかる本[第2版]:酒谷誠一(著)

書籍情報

酒谷誠一(著)秀和システム(出版社)2021/10/29(発売日)334(ページ数)

2020~2021年施行(2019年改正)「特許法」「意匠法」に対応

本書では「知財の基礎知識」「事業に沿った知財の注意点」「知財戦略」と大きく3つに分け、それぞれにQ&A形式で、知財業務での疑問点や興味のあるところから、読み進めることができるようになっています。

知りたい内容に短時間でたどり着けるようになっています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

初心者向けの知財の本

初心者向けの知財の本について紹介します。

すごいぞ! はたらく知財 14歳からの知的財産入門:内田朋子ほか(著)

書籍情報

内田朋子 , 萩原理史 , 田口壮輔 , 島林秀行(著)桑野雄一郎(監修)晶文社(出版社)2019/11/26(発売日)256(ページ数)

仕事でまいにち、ワクワク! ようこそ知的財産の世界へ!

この本では、著作物、特許、商標、意匠などの知的財産にかかわる11の仕事に焦点をあて、知財を生み出す仕事の奥深さにふれるとともに、そこに生まれるさまざまな権利や、その正しい利用方法をわかりやすく解説します。

将来、ものづくりの仕事につきたい中高生から仕事でワクワクしたい社会人まで必須のリテラシーが1冊になった知財入門書の決定版! 

くまモンの活躍の鍵を握る「知的財産」という権利。
その正体を知れば、君のクリエイターとしての価値はきっと高まる!
――くまモンの生みの親小山薫堂さん推薦!

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

それってパクリじゃないですか? 新米知的財産部員のお仕事:奥乃桜子(著)

書籍情報

商標乗っ取り、パロディ商品、特許侵害……飲料メーカーOL亜季が知的財産のトラブルを解決! 痛快お仕事小説。

群馬の中堅飲料メーカー「月夜野ドリンク」に勤める亜季は、知的財産部に異動になった。
親会社から出向してきた上司の北脇は、弁理士資格持ちの知財エリートながら、全国の名物菓子を取り寄せては一人で楽しむ変わり者。

張り切って仕事を始めたとたん、服飾ブランドを営む親友が悪徳企業に訴訟を起こされそうになったり、自社製品のロゴを改変したパロディ商品が発覚したりと、亜季は慣れない業務に振り回される。

そのたびに北脇の知識と経験に支えられ、なんとか乗り越えてきた矢先、月夜野ドリンクが社運をかけて開発してきた新製品のお茶が、他社の権利を侵害しているとの理由で発売中止の危機に。

みんなが努力して開発した、汗と涙の結晶の技術を守るために、亜季ができることは!?

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

最新の知財の本

近日発売予定や最近発売された最新の知財の関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

2月に発売される知財の関連書籍は見つかっていません。

用途発明の法理論 発明概念の歴史的・比較法的考察:舘 秀典(著)

書籍情報

◆特許法における「用途発明」の存在意義を明らかにし、わが国の発明概念の捉え方に新たな示唆を与える◆ 

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

年報 知的財産法 2023-2024:高林 龍ほか(編集)

書籍情報

高林 龍 , 三村 量一 , 上野 達弘(編集)日本評論社(出版社)2024/1/6(発売日)264(ページ数)

過去1年間の判例、学説、政策・産業界、外国の動向を、いち早く捉えて解説する関係者必携の年報。

重要トピックは特集ほかで解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

競争力を高める商標実務出願から権利の活用まで[改訂版]:志賀国際特許事務所 知財実務シリーズ出版委員会(編集)

書籍情報

志賀国際特許事務所 知財実務シリーズ出版委員会(編集)発明推進協会(出版社)2023/12/19(発売日)448(ページ数)

本書は、2020年に初版を発行した知財実務シリーズ6の改訂版です。
初版の発行後、商標法は大きな改正がたびたびありました。

今回の改訂版では、実務手続上、影響が大きいとされる「特許庁の書類要件の緩和」「期間徒過後の救済規定」「歴史上の人物名からなる商標の取扱い」などに重点を置いて解説しています。

日頃から商標を扱う実務家、そしてこれから商標を扱っていく方にとって大きなヒントとなる本書を是非お求めください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

未来を拓く知財ビジネスマッチング 開放特許の使い方:PATRADE株式会社ほか(著)

書籍情報

PATRADE株式会社, コスモス国際特許商標事務所(著)日刊工業新聞社(出版社)2023/12/1(発売日)64(ページ数)

知財ビジネスマッチングを使って新製品・サービスを創出したい中小企業は必見! 

これ一冊で開放特許を探す→契約する→資金調達する→製品化・発売までのプロセスの勘どころを体得できる。

大手(シーズ側)-中小間における開放特許の知財マッチング状況が一目瞭然。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

技術者・研究者のための 特許の知識と実務[第5版]:高橋政治(著)

書籍情報

高橋政治(著)秀和システム(出版社)2023/11/23(発売日)240(ページ数)

発明提案書作成から、先行技術調査、出願書類、意見書・補正書作成まで、技術者・研究者なら押さえておきたい基礎知識と実務上のポイントが図解でわかる!!

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

特許法 第5版 (法律学講座双書):中山 信弘(著)

書籍情報

中山 信弘(著)弘文堂(出版社)2023/11/22(発売日)688(ページ数)

特許制度が社会に果たす役割とは何か

「特許権は社会一般の利益との調和の下に制度設計がなされなければならない」という理念のもと、権利者と社会のバランスを重視する観点から、政治・経済・社会のすべてが大転換期を迎えている現代の特許法を論じる。

2022年までの特許法改正、その間の判例・学説等をフォローし、常に世界の変化を念頭に置いて法解釈を進める、第一人者によるテキスト。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

知財DX 日本の開発力を甦らせる:古川 智昭(著)

書籍情報

古川 智昭(著)幻冬舎(出版社)2023/4/28(発売日)196(ページ数)

低迷する研究開発を救え──。 知財システム開発者が説く知財DXの目的

いま、日本の開発力は衰退の一途を辿っています。「失われた30年」「空白の30年」といわれるように、イノベーションが進まず低迷が続く日本に、もはやかつての技術大国の面影はなくなってしまいました。 

本書の著者は国内大手電機メーカーで30年にわたり、研究・開発の現場と知的財産管理の実務に携わってきた経験をもちます。
そんな著者曰く、沈みゆく日本の開発力をよみがえらせるためには、革新的な発明を生み出す研究開発の環境を整備しなければなりません。 
現在、現場の第一線を走り続ける研究者・技術者は無駄だらけの膨大な量の特許調査に忙殺されており、AIやシステムの活用などでDXを推進して特許調査を効率化しなければならないと考えているのです。 

本書は知財DXの目的や重要性を提言したうえで、著者が独自に開発した特許調査を大幅に効率化させるシステムについて解説していきます。 

経営および研究・開発、知的財産管理に携わる人によっては日々の業務フローを見直すきっかけとなるものであり、最終的には、低迷する日本の発明・開発力を甦らせるための道標となる一冊です。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

デジタル時代の知財経営戦略 (別冊日経サイエンス257)

書籍情報

日経サイエンス編集部(編集)日経サイエンス(出版社)2023/2/14(発売日)112(ページ数)

製品やサービスのデジタル化は、業種の垣根を越えて互いに価値を持ち寄る新しい産業構造を生み出し、経営における知的財産・無形資産の重要性が増しています。

知財を戦略的に開示するオープン&クローズ戦略、分析手法のIPランドスケープなど、知財を活用した経営戦略を解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

知財のオンライン講座3選

オンライン学習プラットフォームUdemy(ユーデミー)で、知財のオンライン講座を受講できます。

Udemyで人気のオンライン講座3選について、講座概要・対象学習者・学習内容をUdemy公式サイトより引用して紹介します。

Udemyの使い方をくわしく知りたい場合は、ブログ記事をごらんください。

知的財産管理技能検定3級合格講座 【2023年11月~2024年7月受験対策版】

講座概要

現代はソフトウエアやコンテンツなどの無形資産の存在感が増しています。

IT社会において、もはや知的財産関連の知識は必要不可欠です。

知識ゼロから試験合格の実力を養成します。

知財の知識を勉強したい方にもお勧めです。

  • 最終更新日:2024年1月
  • 16時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • 知的財産に興味のある方なら対象は問いません

学習内容

  • 知的財産管理技能検定3級合格に必要な知識
  • 知的財産権の収益化
  • 著作権の知識
  • 特許権の知識

Udemy公式サイトで詳しくみる

知的財産管理技能検定3級合格講座 【2023年11月~2024年7月受験対策版】 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

技術者・研究者のための知財戦略の知識(実践編)

講座概要

技術者、研究者、知財部員、特許担当者などの知財関係者が実務上、知っておくべき知財戦略を実例を交えて解説します。

技術者や研究者などの知財の専門家ではない方でも容易に理解できるように、平易な言葉を用いて分かりやすく説明します。

  • 最終更新日:2020年3月
  • 2時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • 技術者、研究者、開発者
  • 企業の知財部員、特許担当者等の知財の専門家
  • その他特許事務所員など

学習内容

  • 知財戦略ならびに特許、実用新案、意匠および営業秘密を含む知的財産の実務的な知識
  • 「共同開発の際に相手先に自社技術を盗まれないようにしたい」ときの具体的、実務的な知財戦略
  • 「顧客へ営業して、顧客に新製品・サービスをアピールしたい」ときの具体的、実務的な知財戦略
  • 「技術開発の成果を社内で共有したい」ときの具体的、実務的な知財戦略

Udemy公式サイトで詳しくみる

技術者・研究者のための知財戦略の知識(実践編) icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

初心者でもわかる特許の書き方講座【初心者向け】【弁理士が教える特許セミナー】【書き方のコツ】

講座概要

特許知識ゼロでも大丈夫!自分の力で発明を文章にして特許書類が作成できるようになります。

「発明を理解、把握するステップ」と「理解した発明を特許文章にするステップ」の2つのステップで誰でも簡単に「特許の書き方」を身につけられるセミナーです

  • 最終更新日:2020年10月
  • 5時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • 発明やアイデア創出に携わっていて、アイデアの文章化に苦手意識がある方
  • 発明を特許にしたい企業勤務の技術者・研究者の方
  • 発明を特許にしたい大学や研究機関所属の先生・学生の方
  • アイデアを特許にしたいベンチャー起業家の方
  • 新しいアイデアをもとに新規事業や起業準備をしている方
  • 出願書類のドラフティングスキルを身につけたい企業の知財担当者
  • 特許出願書類の書き方を勉強している特許技術者、弁理士
  • 発明を特許にしたい個人発明家の方

学習内容

  • 知的財産権制度の基礎知識
  • 特許制度の基礎知識
  • 発明理解、把握の基本的な考え方
  • 従来技術との対比手法(新規性・進歩性)
  • 特許出願書類の作成方法
  • 特許請求の範囲の作成方法
  • 図面の作成方法
  • 特許明細書の作成方法

Udemy公式サイトで詳しくみる

初心者でもわかる特許の書き方講座【初心者向け】【弁理士が教える特許セミナー】【書き方のコツ】 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

知的財産 よくある質問と回答

知財(知的財産)について、初心者からよくある質問と回答を7つ紹介します。

知財(知的財産)とは何ですか?

回答: 知的財産は、創造的な作品や発明など、人の知的活動によって生み出される無形の資産です。

これには、著作権、特許権、商標権、意匠権などが含まれます。

特許とは何ですか?

回答: 特許は、新しい発明に対して与えられる排他的な権利です。

特許を取得すると、一定期間、他人がその発明を商業的に利用することを制限できます。

著作権とは何ですか?

回答: 著作権は、文学、音楽、絵画などの創作物に対する保護権利です。

著作権により、作品の複製、配布、公開などが制限され、作者の権利が保護されます。

商標とは何ですか?

回答: 商標は、製品やサービスを他社のものと区別するための記号、ロゴ、名称などです。

商標権により、登録された商標の使用は商標権者に限られます。

意匠権とは何ですか?

回答: 意匠権は、製品のデザインや形状に対する保護権利です。

意匠登録されたデザインは、一定期間、他人による使用が制限されます。

知的財産権の侵害とは何ですか?

回答: 知的財産権の侵害とは、他人の著作権、特許権、商標権、意匠権などを無許可で使用する行為です。

これには、違法なコピー、模倣、無断使用などが含まれます。

知的財産権の保護の重要性は何ですか?

回答: 知的財産権の保護は、創造的な活動を奨励し、イノベーションを促進します。

また、企業や個人の投資を保護し、経済的な報酬を確保することで、さらなる創作活動を支えます。

知財のスキルが活かせる職種とは?

知的財産に関する知識や経験を習得することで、法律、ビジネス、技術の各分野において多様な仕事を担当することが可能です。

知的財産(Intellectual Property, IP)は、発明、ブランド、著作物、デザインなどの創造的な成果を保護する法的権利です。

以下に、知的財産のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. 特許弁護士/エージェント:
    • 新しい発明や技術に関する特許出願を支援し、特許取得のプロセスを管理します。
    • 特許権侵害のリスク評価、特許訴訟のサポートも行います。
  2. 著作権弁護士:
    • 著作物(文学、音楽、アート作品など)に関する著作権の保護を支援します。
    • 著作権侵害の問題やライセンス契約の交渉を行います。
  3. 商標弁護士:
    • ブランドやロゴなどの商標の登録、保護、管理を担当します。
    • 商標の侵害や偽造に関する訴訟や交渉に対応します。
  4. 知的財産マネージャー/コンサルタント:
    • 企業や組織の知的財産ポートフォリオの戦略的な管理と開発を行います。
    • 知的財産に関するポリシーの策定、リスク管理、ビジネス戦略への統合を行います。
  5. ライセンスマネージャー:
    • 知的財産のライセンシング戦略を策定し、ライセンス契約の交渉と管理を行います。
    • ライセンスによる収益化や、他者との共同開発・提携をサポートします。
  6. R&D(研究開発)マネージャー:
    • 新製品や技術の開発において、知的財産の権利確保と保護を指揮します。
    • 研究開発プロジェクトにおける特許可能性の評価や、競合他社の特許回避戦略を策定します。

知的財産に関する職種では、法的な知識とビジネスへの適用能力が求められます。

また、特定の技術分野に関する専門知識を持つことが、特に特許関連の仕事において重要となります。

知的財産の専門家は、創造的な成果の保護と商業化に重要な役割を果たし、企業の競争力とイノベーションの促進に貢献します。

まとめ

知財(知的財産)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、知財がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本初心者向けの本最新の本、そしてオンライン講座3選を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本やオンライン講座をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。

PR