【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年2月】特許がわかる本おすすめ3選+最新情報

「特許がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

特許について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

まずはじめに、特許がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本、そしてオンライン講座3選を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 発明家・イノベーター: 自身の発明やアイデアを保護し、特許取得のプロセスを理解したい。
  • 法律関係者: 特許法律家、特許代理人、法務担当者で特許法や申請プロセスについての専門知識を深めたい。
  • ビジネスオーナー・起業家: 特許をビジネス戦略の一部として活用し、競争優位を確立したい。
  • エンジニア・技術者: 技術的な発明に関わり、その特許化の可能性を探求したい。
  • 研究開発担当者: 新しい製品や技術の開発に従事し、知的財産の保護に関心がある。
  • 学生・教育者: 特許法、知的財産権の基本を学び、教育や研究に活用したい。
  • マーケティング・戦略企画担当者: 特許を含む知的財産を市場でのブランド強化に利用したい。
  • 投資家・アナリスト: 特許ポートフォリオを評価し、投資判断のための情報を求めている。
  • イノベーションマネージャー: 企業や組織内でのイノベーションと特許戦略を管理したい。
  • クリエイティブ業界の専門家: デザインやアートの分野で特許に関する基本知識を持ちたい。

あなたの興味関心にあった本や講座をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

特許の本 おすすめ3選

特許がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

実例からわかる 特許化の要点:川北喜十郎(著)

書籍情報

川北喜十郎(著)森北出版(出版社)2022/11/26(発売日)192(ページ数)

発明から出願後までの、発明者が押さえておきたいポイントがよくわかる
拒絶理由の90%ともいわれる重要な要件を、どう判断し、どうクリアするか


◎●◎とくに重要なポイントはここ◎●◎ 

(1)新規性(知られていない) 
ポイントは、「発明を要素に分けること」。
審査で土台となるこの考え方を実例をもとに説明し、またこの考え方を使って取りこぼしの少ない先行技術調査の仕方を解説します。

(2)進歩性(容易に思いつかない) 
ポイントは、「発明の構成要素どうしの関係付け要素」「発明の新たな課題を見つけ、解決すること」。
段ボールカッターや太陽電池のモニタリング方法などの例を示し、具体的にどのようにクリアするかを解説します。

(3)権利範囲(どのように決めるか) 
書類に書くこと、書かなくてよいことの整理の仕方と、成果物(発明)からその概念を抽出して権利範囲を広げる方法を、コピー機の操作パネルや洗濯ばさみの例を使って解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

技術者・研究者のための 特許の知識と実務[第5版]:高橋政治(著)

書籍情報

高橋政治(著)秀和システム(出版社)2023/11/23(発売日)240(ページ数)

発明提案書作成から、先行技術調査、出願書類、意見書・補正書作成まで、技術者・研究者なら押さえておきたい基礎知識と実務上のポイントが図解でわかる!!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

化学研究者のための やさしくて役に立つ特許講座:中務 茂樹(著)

書籍情報

中務 茂樹(著)化学同人(出版社)2023/6/30(発売日)168(ページ数)

化学研究者が知っておくべき特許の基本をやさしく解説した。

「特許とはなんぞや」から始まり、出願から取得後の活用法まで、現場に精通した弁理士がていねいに解きほぐす。

読みやすいが、深くてためになる決定版入門書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

特許の名著・ロングセラー本

特許についての名著やロングセラー本を紹介します。

標準 特許法〔第8版〕:高林 龍(著)

書籍情報

高林 龍(著)有斐閣(出版社)2023/12/18(発売日)400(ページ数)

知的財産権法の中心である特許法を、コンパクトかつ論理的に解説し、好評を博している概説書。

特許法を理解するための基本を押さえたい人、興味深く学習したい人に最適。

第8版では、令和5年までの改正や知財高裁大合議部判決等に対応し、全体を見直した。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

初心者のための特許クレームの解釈:潮見坂綜合法律事務所ほか(著)

書籍情報

潮見坂綜合法律事務所 , 桜坂法律事務所(著)日本加除出版(出版社)2020/1/16(発売日)356(ページ数)

知財分野のトップチームが集結! 
一番わかりやすい特許明細書クレーム解釈の入門書

●特許明細書クレームの解釈の仕方から、特許権侵害訴訟の流れ、特許権侵害訴訟の争点(特許権侵害訴訟において、どのようにクレームが読まれるか)まで、豊富な図表・図版を用いてわかりやすく解説。

●特許権侵害の有無をめぐって指針となる実際の事件を元に、ケーススタディ形式の解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

オオカミ特許革命 事業と技術を守る真の戦略:田所 照洋(著)

書籍情報

田所 照洋(著)技術評論社(出版社)2021/10/27(発売日)320(ページ数)

「苦労してノルマを達成して出願したのに、何の役にも立たない」 
「模倣品が出てきても、訴えることすらできない」 
「しかも、特許の数だけ模倣者にアイデアという塩を送ってしまう……」 

……数だけの権利行使できない「ヒツジ特許」を量産していませんか? 
特許の真の実態と特許制度の問題を知らない限り、競合他社の模倣を抑制し、利益を生み出す特許――「オオカミ特許」は取得できません。 

「特許審査の罠を見破る方法(毒団子拒絶理由/ステルス拒絶理由通知)」 
「ヒツジ特許をオオカミ特許に変革する、一番大事なルール(オールエレメントルール)」 
「「キルビー特許」は、いかにして日本で1兆円稼げる特許になったのか?(オオカミ特許の獲得戦略)」 

40年の実務経験を持つエキスパートだからこそ書けた、唯一無二の実践知見。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

技術者のための特許実践講座 技術的範囲を最大化し、スムーズに特許を取得するテクニック:小川勝男ほか(著)

書籍情報

特許取得をめざす技術者であれば誰もが知っておきたい、実践的テクニックを学べる一冊。
とくに重要な2つのポイントを中心に、徹底解説します。 

1)「技術的範囲」を適切な広さにまとめる
発明の表現の仕方によって技術的範囲を広げることができ、それに伴い特許の価値も大きく変えることができます。
本書では、技術的範囲を広く適切な範囲にまとめる方法について解説します。

2)「非容易性(進歩性)」を示す
審査時の拒絶理由の90%以上は「非容易性(進歩性)」の欠如であるといわれています。
非容易性の示し方次第で特許化の実現性も変わってきます。
本書では、発明内容から非容易性を抽出する方法について解説します。

解説のあとには、掃除機やエスカレータなど具体的な題材を使った演習問題があり、より実践的にテクニックを習得できるようになっています。
また、書類作成・手続きの流れ・特許成立後の対応など基本についても説明していますので、出願経験の有無にかかわらず特許取得の実務全般に役立つ内容です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

最新の特許の本

近日発売予定や最近発売された最新の特許の関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

2月に発売される特許の関連書籍は見つかっていません。

特許3.0 AI活用で知財強国に:白坂 一 (著)

書籍情報

白坂 一 (著)ダイヤモンド社(出版社)2023/12/13(発売日)196(ページ数)

知財爆弾量産で、米中を追い越せ!
AIによる特許取得の加速化が日本再生のイノベーションになる。

独自の技術、ビジネスモデルを持つ企業が積極的な知財戦略を推し進めるために何をすべきか。
必読の一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

特許法 第5版:中山 信弘(著)

書籍情報

中山 信弘(著)弘文堂(出版社)2023/11/22(発売日)688(ページ数)

特許制度が社会に果たす役割とは何か

「特許権は社会一般の利益との調和の下に制度設計がなされなければならない」という理念のもと、権利者と社会のバランスを重視する観点から、政治・経済・社会のすべてが大転換期を迎えている現代の特許法を論じる。

2022年までの特許法改正、その間の判例・学説等をフォローし、常に世界の変化を念頭に置いて法解釈を進める、第一人者によるテキスト。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

特許情報分析とパテントマップ作成入門 第3版:野崎 篤志(著)

書籍情報

野崎 篤志(著)発明推進協会(出版社)2023/9/8(発売日)432(ページ数)

「経営層に刺さるIPランドスケープとは?」この疑問を解決する一冊

情報分析業界待望の第3版、初版から10年、IPランドスケープは知財・無形資産活用ツールの常識へ。

「経営層に刺さるIPL」とは? 経営視点で真価を見極め、結果を生む分析手法を豊富な事例と共に解説した実務家の疑問に応える実践的指南書。

特許マップ作成の基礎知識から実務への具体的指南まで、問題意識を持つプロフェッショナルにも手放せない一冊。
知財戦略強化を志す全ての方に心強いサポートとなる一冊です。
〈旭化成株式会社 知財インテリジェンス室 シニアフェロー 中村 栄 氏〉

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

最新 特許侵害訴訟判例と実務:知的所有権問題研究会ほか(著)

書籍情報

知的所有権問題研究会 , 松村信夫 , 三山峻司(編集)民事法研究会(出版社)2023/8/20(発売日)600(ページ数)

・特許侵害訴訟の場面に焦点を当て、実務上重要な論点を実践的・立体的に解説!

・特許侵害訴訟に関連する法制度の解説と最新の判例の要旨・解説をコンパクトにまとめた実務書!

・【解説編】では、多くの判例を紹介しつつ、特許侵害訴訟における訴訟活動やその準備を意識した構成をとっているため、基本的知識の習得のみならず、実践的な理解が深まる!

・【判例コメント編】では、実務経験に基づき厳選した43の最新判例を緻密に分析・解説しているため、実務で直面する課題解決の一助となる!

・弁護士、裁判所関係者、法務・知的財産担当者、研究者はもとより、企業の企画開発・広報担当者弁理士などの方々に最適!

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

弁理士スタートアップテキスト〈第2版〉:伊藤 隆治(著)

書籍情報

伊藤 隆治(著)スタディング(監修)中央経済社(出版社)2023/8/3(発売日)308(ページ数)

弁理士試験の入門、新米知財部員の学びに最適と好評を博したテキスト。

法改正等をフォローした第2版。

まずはこの1冊!

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

特許のオンライン講座3選

オンライン学習プラットフォームUdemy(ユーデミー)で、特許のオンライン講座を受講できます。

Udemyで人気のオンライン講座3選について、講座概要・対象学習者・学習内容をUdemy公式サイトより引用して紹介します。

Udemyの使い方をくわしく知りたい場合は、ブログ記事をごらんください。

初心者でもわかる特許の書き方講座【初心者向け】【弁理士が教える特許セミナー】【書き方のコツ】

講座概要

特許知識ゼロでも大丈夫!
自分の力で発明を文章にして特許書類が作成できるようになります。
「発明を理解、把握するステップ」と「理解した発明を特許文章にするステップ」の2つのステップで誰でも簡単に「特許の書き方」を身につけられるセミナーです。

  • 最終更新日:2020年10月
  • 5時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • 発明やアイデア創出に携わっていて、アイデアの文章化に苦手意識がある方
  • 発明を特許にしたい企業勤務の技術者・研究者の方
  • 発明を特許にしたい大学や研究機関所属の先生・学生の方
  • アイデアを特許にしたいベンチャー起業家の方
  • 新しいアイデアをもとに新規事業や起業準備をしている方
  • 出願書類のドラフティングスキルを身につけたい企業の知財担当者
  • 特許出願書類の書き方を勉強している特許技術者、弁理士
  • 発明を特許にしたい個人発明家の方

学習内容

  • 知的財産権制度の基礎知識
  • 特許制度の基礎知識
  • 発明理解、把握の基本的な考え方
  • 従来技術との対比手法(新規性・進歩性)
  • 特許出願書類の作成方法
  • 特許請求の範囲の作成方法
  • 図面の作成方法
  • 特許明細書の作成方法

Udemy公式サイトで詳しくみる

初心者でもわかる特許の書き方講座【初心者向け】【弁理士が教える特許セミナー】【書き方のコツ】 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

技術者・研究者のための知財戦略の知識(実践編)

講座概要

技術者、研究者、知財部員、特許担当者などの知財関係者が実務上、知っておくべき知財戦略を実例を交えて解説します。
技術者や研究者などの知財の専門家ではない方でも容易に理解できるように、平易な言葉を用いて分かりやすく説明します。

  • 最終更新日:2020年3月
  • 2時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • 技術者、研究者、開発者
  • 企業の知財部員、特許担当者等の知財の専門家
  • その他特許事務所員など

学習内容

  • 知財戦略ならびに特許、実用新案、意匠および営業秘密を含む知的財産の実務的な知識
  • 「共同開発の際に相手先に自社技術を盗まれないようにしたい」ときの具体的、実務的な知財戦略
  • 「顧客へ営業して、顧客に新製品・サービスをアピールしたい」ときの具体的、実務的な知財戦略
  • 「技術開発の成果を社内で共有したい」ときの具体的、実務的な知財戦略

Udemy公式サイトで詳しくみる

技術者・研究者のための知財戦略の知識(実践編) icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

知的財産管理技能検定3級合格講座 【2023年11月~2024年7月受験対策版】

講座概要

現代はソフトウエアやコンテンツなどの無形資産の存在感が増しています。
IT社会において、もはや知的財産関連の知識は必要不可欠です。
知識ゼロから試験合格の実力を養成します。
知財の知識を勉強したい方にもお勧めです。

  • 最終更新日:2024年1月
  • 16時間のオンデマンドビデオ

対象学習者

  • 知的財産に興味のある方なら対象は問いません

学習内容

  • 的財産管理技能検定3級合格に必要な知識
  • 知的財産権の収益化
  • 著作権の知識
  • 特許権の知識

Udemy公式サイトで詳しくみる

知的財産管理技能検定3級合格講座 【2023年11月~2024年7月受験対策版】 icon

学習期間の制限なし

Udemyで詳しくみる

30日間返金保証つき

特許 よくある質問と回答

特許について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

特許とは何ですか?

回答: 特許は、新しい発明に対して政府機関から与えられる一定期間の独占的な権利です。

この権利により、発明者は特許を持つ発明を制作、使用、販売、または輸入する独占的な権利を有します。

特許を取得するための条件は何ですか?

回答: 特許を取得するためには、発明が新規性(他に存在しないこと)、進歩性(専門家にとって明白でないこと)、産業上の利用可能性(実用性)を備えている必要があります。

また、発明は明確に記述され、公開されるべきです。

特許と著作権の違いは何ですか?

回答: 特許は新しい発明に対して与えられる権利ですが、著作権は文学、音楽、美術などの創作物に自動的に与えられる権利です。

特許は申請し、審査を経て取得する必要がありますが、著作権は創作物が作成された時点で自動的に発生します。

特許の有効期間はどのくらいですか?

回答: 一般的に、特許の有効期間は発行日から20年間です。

ただし、特許の維持には定期的な料金の支払いが必要であり、期間は国によって異なることがあります。

特許の申請プロセスはどのように行うのですか?

回答: 特許の申請プロセスには、発明の詳細な記述と請求項(発明の範囲を定義する部分)を含む申請書の提出が含まれます。

その後、特許庁による審査が行われ、特許が認められれば登録されます。

このプロセスには時間と費用がかかり、場合によっては専門家の助けが必要になることもあります。

特許のスキルが活かせる職種とは?

特許に関する知識や経験を習得することで、法的、技術的、およびビジネス戦略に関連する多様な仕事を担当することができます。

特許は、新しい発明や技術革新を保護するための重要な法的手段であり、知的財産権の一部です。

以下に、特許関連のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. 特許弁護士/特許エージェント:
    • 新しい発明に関する特許出願を支援し、特許取得のプロセスを管理します。
    • 特許侵害訴訟のサポートや、特許権に関するアドバイスを提供します。
  2. 知的財産マネージャー:
    • 企業の知的財産ポートフォリオを管理し、特許戦略を策定します。
    • 特許出願、ライセンス交渉、知的財産に関連するリスク管理を行います。
  3. 特許調査員/アナリスト:
    • 特許可能性調査、特許の新規性や進歩性の分析、競合他社の特許調査を行います。
    • 特許情報を基にした市場分析や技術トレンドの分析も行うことがあります。
  4. R&D(研究開発)エンジニア:
    • 発明やイノベーションを創出し、特許出願のための技術文書を作成します。
    • 特許を考慮した製品開発や技術戦略を推進します。
  5. 法務スペシャリスト:
    • 企業の法務部門において、特許に関連する契約や合意書の作成を担当します。
    • 特許ライセンスや共同研究契約に関する法的アドバイスを提供します。
  6. ビジネス開発マネージャー:
    • 特許技術を基にした新規ビジネス機会の開拓や、戦略的パートナーシップの構築を行います。
    • 特許を活用した商品開発や市場拡大戦略を立案します。

特許に関する知識は、技術革新が重要視される業界において特に価値があり、企業が競争優位を確立し、イノベーションを商業化する上で不可欠です。

この分野では、法的な知識に加えて、技術的な専門知識やビジネス戦略に関する理解も求められます。

まとめ

特許について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、特許がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本、そしてオンライン講座3選を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本や講座をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。

PR