【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年4月】Web3がわかる本おすすめ3選+最新情報

「Web3がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

Web3(ウェブスリー)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

まずはじめに、Web3がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本、、最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • テクノロジー愛好家:次世代のインターネット技術としてのWeb3に興味がある。
  • ソフトウェア開発者:分散型アプリケーション(DApps)の開発方法を学びたい。
  • ブロックチェーン技術者:ブロックチェーンとWeb3の連携に関心がある。
  • 起業家:Web3技術を活用したビジネスモデルを探求している。
  • 投資家:Web3と暗号資産市場の将来性を評価したい。
  • マーケティング専門家:Web3を利用した新しいマーケティング戦略を学びたい。
  • 教育者:最新のウェブ技術としてWeb3の概念を教えたい。
  • データセキュリティの専門家:Web3のセキュリティ特性とプライバシー保護機能に興味がある。
  • 法律の専門家:Web3と関連する規制や法律問題を研究している。
  • デジタルアートやコンテンツ制作に関わるクリエイター:Web3のプラットフォームを利用したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

Web3がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

決定版Web3:城田 真琴(著)

書籍情報

城田 真琴(著)東洋経済新報社(出版社)2023/4/14(発売日)240P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

いちばんわかりやすく、いちばん詳しく、いちばん客観的 なWeb3本が誕生!

イーロン・マスク(テスラCEO)、ジャック・ドーシー(ツイッター創業者)……著名人の間で議論沸騰! 

うさんくさい?実体がない? 否、真に民主的なネットを実現する神か?
ブロックチェーン、暗号資産、NFT(非代替性トークン)……を内包するWebの第3の波

DeFi(分散型金融)、GameFi(ゲームファイ)、トークノミクス、DAO(分散型自律組織)、DEX(分散型取引所)、DeSci(分散型サイエンス)暗号資産、SBT……複雑極まりないWeb3の世界を紐解きます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

シリコンバレーのエンジニアはWeb3の未来に何を見るのか:中島 聡(著)

書籍情報

中島 聡(著)SBクリエイティブ(出版社)2022/12/28(発売日)320P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

現在エンジニアであり起業家・投資家でもある著者ならではの視点で、Web3業界の現状・問題点を解説するとともに、新たなビジョンの提案、IT業界にたずさわっている著者の経験、エンジニアに対するアドバイスまで、多くの知見が書かれている本です。

Web3の本として2冊目を探している人、Web3分野で何かはじめてみたいと考えている人、現在Web3分野で活動している人、そして日本のITエンジニアに一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

エンジニアのためのWeb3開発入門 イーサリアム・NFT・DAOによるブロックチェーンWebアプリ開発:愛敬 真生ほか(著)

書籍情報

愛敬 真生 , 小泉 信也 , 染谷 直希(著)インプレス(出版社)2024/3/1(発売日)336(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

●これ1冊でWeb3アプリ開発に必要な知識が学べる!

本書は、イーサリアム・NFT(非代替性トークン)・DAO(自律分散型組織)によるブロックチェーンWebアプリ開発の入門書です。

Web3の理解が難しいとされる一因は、必要な技術領域が多岐にわたることです。
たとえば、ブロックチェーンの理解だけではWeb3アプリを作成できません。
従来のWebシステム全般の知識、ブロックチェーンとの接続方法、ウォレットの扱い方、Web3ビジネスの知識など、周辺の知識とスキルが必要となります。

そこで本書では、知識ゼロからNFTやDAOを活用したWeb3アプリを構築できるよう、開発者目線で必要な知識を選り抜いて解説しています。
Web3の概要、要素技術の解説から、イーサリアムを利用したサンプルアプリやNFTマーケットプレイス、DAOの開発・実装方法、ブロックチェーンネットワークの作り方やノードプロバイダーとの接続方法まで、これ1冊でWeb3アプリ開発に必要な知識を包括的に学べるようにしています。

Web3の要素技術を学びたい方、Web3を活用したサービス・アプリケーション開発に興味がある方にお勧めの1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Web3の名著・ロングセラー本

Web3の名著・ロングセラー本について紹介します。

ウェブニューフロンティア Web3、メタバース――最新テクノロジーが切り開く新しい世界の可能性 (日経ムック)

アクセンチュア(監修)日経BP 日本経済新聞出版(出版社)2023/8/21(発売日)96(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

書籍情報

Web3、メタバース、AI――。
先進技術がもたらす社会課題の解決とビジネス変革を展望する。


ウェブサイトやメールを通じて一方通行の情報のやり取りが生まれたWeb1.0。
SNSによって双方向性が実現し、多くの人がコンテンツを生成できるようになったWeb2.0――。
そして今、Web3の新しい時代が幕を開けようとしています。

Web3の最大の特徴は自立分散型であり、「人間中心主義(human centered)」を体現する思想とも考えられます。
ブロックチェーンやメタバースの技術を用いて、個人に光を当てた新しい取り組みが世界に広がりつつあります。

本書では、Web3やメタバース、AIなどの先進技術が、今後どのような未来を切り開く可能性があるのかを、社会課題と企業・ビジネスの2つの視点から展望します。
多数の有識者との対談やさまざまなユースケースを基に、社会への実装とビジネス活用の最前線を解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Web3とDAO:亀井 聡彦, 鈴木 雄大, 赤澤 直樹(著)

書籍情報

亀井 聡彦, 鈴木 雄大, 赤澤 直樹(著)けんぞう, 田所 未雪(ナレーション)かんき出版(出版社)2022/7/6(発売日)240P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

Web3というインターネットの転換点と、その背景にあるDAOという新しいコミュニティについて、概要・本質・哲学を、インターネットの歴史を振り返りながら解説している本です。

Web3やDAOに興味をもった人、いまWeb3やDAOをはじめる理由が知りたい人、インターネットや社会がどう変わるのかを知りたい人に一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、本の目次などをブログ記事で紹介しています。

あわせて読みたい

Web3新世紀:馬渕 邦美(著, 監修)絢斗 優, 藤本 真衣(著)

書籍情報

馬渕 邦美(著, 監修)絢斗 優, 藤本 真衣(著)日経BP(出版社)2022/7/21(発売日)248P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

世界のWeb3トップランナーが経験して得た知見と10年後の将来像や、日本のWeb3における課題と対策の示唆など、濃い内容が詰まっている本です。

すでに1冊以上Web3本を読んだ人・Web3プロジェクトに関わっている人・日本のWeb3を推進する人が、Web3の今を感じてこれから実践するために一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、本の目次などをブログ記事で紹介しています。

あわせて読みたい

Web3と自律分散型社会が描く銀行の未来:山本 英生ほか(著)

山本 英生, 土田 真子, 相川 あずさ(著, 編集)金融財政事情研究会(出版社)2023/6/27(発売日)248P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

書籍情報

お金がデジタル化し「自律分散型社会」が進む世界で、銀行は社会から何を求められるのか?

Web3というキーワードをもとに、金融への影響や向き合い方を論じる。

◆日本の銀行が歩んできたテクノロジーの歴史をひもとき、Web3をはじめとした新しいテクノロジーや概念への正しい理解を通じて、期待と不安が入り混じる銀行の未来を考察する。
進むべき方向を定め、はじめの一歩を踏み出そう!

◆CHAPTER1では、銀行を取り巻く外部環境やテクノロジーの歴史を整理し、金融にとって重要なテーマである「お金」がデジタル化した世界での銀行の役割を考える。
CHAPTER2では、Web3とは何かを解説し、それが注目される背景やメタバースとの関係、課題をみていく。
CHAPTER3では、量子コンピュータや認証技術などのテクノロジーとWeb3のかかわり方について解説。
最後のCHAPTER4ではWeb3の先にある銀行の未来を考察する。

◆金融業界に関わる方全般、特に金融機関において経営企画、商品企画、人事等に従事する方、Web3や最新テクノロジーを基本から理解したいという方におすすめの1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Web3.0の教科書:のぶめい(著)

書籍情報

のぶめい(著)インプレス(出版社)2023/1/11(発売日)304P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題ができます。

ここがポイント

この本は、ブロックチェーン技術から始まり、Web3.0、NFT、DeFi、ビットコイン、イーサリアム、スマートコントラクトといった最近話題になっているキーワード群について、新たに勉強を始めようとするすべての人に向けた、総合的な教材になっています。

これからWeb3.0(Web3)に関連する社会・市場・技術・思想について一通り学びたい人や、これまで以上に幅広くWeb3.0に知識を学びたい人に、一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

仮想通貨とWeb3革命:千野 剛司(著)

書籍情報

千野 剛司(著)日経BP(出版社)2022/6/16(発売日) 296P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

米大手暗号資産取引所の日本代表の視点から、既存金融の問題は何か?仮想通貨とWeb3の魅力は何か?米国と日本の隔たりは何か?日本が世界に追いつくためにはどうすればいいのか?を解説している本です。

ほかのWeb3本には書かれていないことが満載なので、インターネット業界の人、金融業界の人などWeb3に興味がある人に一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

あわせて読みたい

Web3ビジネスの法務:熊谷 直弥 , 山地 洋平(著)

書籍情報

熊谷 直弥 , 山地 洋平(著)技術評論社(出版社)2023/5/25(発売日)312P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Web3ビジネスの法務問題を網羅!

「暗号資産」「NFT」「メタバース」「DAO」「DeFi」…
急速な発展を遂げているWeb3の最先端領域では、関連法規の範囲があまりにも広く、また現行の法規制による解釈も定まっていません。

そのためWeb3領域の事業開発を行っている企業と顧問弁護士にも、関連法規の一覧とその法的論点を整理した書籍が必要とされています。

本書はトークンエコノミーで重要な資金決済法や金融商品取引法、NFTやメタバースでの著作権法・景品表示法などなどを取り扱い、ビジネスモデルとテクノロジーの解説、それに対応する法規の解釈を交えた法務担当者必読書です。

Web3ビジネス展開に欠かせない法務の論点を網羅しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

テクノロジーが 予測する未来 web3、メタバース、NFTで世界はこうなる:伊藤 穣一(著)

書籍情報

伊藤 穣一(著)SBクリエイティブ(出版社)2022/6/7(発売日)232(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

AmazonのAudible(オーディブル)聴き放題ができます。

ここがポイント

この本は、web3、メタバース、NFTというテクノロジーによって、

  • 個人・地域・社会・日本・世界がどのように変わるのか?
  • 変化の過程で起こりえる課題は何か?
  • これからの日本人はどのように取り組むべきか?

を考えさせてくれる本です。

はじめてweb3、メタバース、NFTについて学ぶ初級者から、すでに学んでいる中級者・上級者まで一読をおすすめする本です。

この本の注目点や感想、本の目次などをブログ記事で紹介しています。

あわせて読みたい

AI×Web3の未来 光と闇が次世代の実業に変わるとき:大河原 潤(著)

大河原 潤(著)エムディエヌコーポレーション(出版社)2023/7/21(発売日)176P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

書籍情報

ChatGPTの次は? AI×Web3ビジネスの近未来を予測する

ブロックチェーン、暗号資産、NFT、メタバースなど、近年あらゆる場面で実用化が進んでいるAI×Web3ビジネス。

ChatGPTの登場で生成AIも大いに注目されるようになりました。
しかしそこには光の面もあれば、FTX破綻のニュースに代表されるような闇の面もあります。

本書はその両方にスポットを当て、これからの世の中にもたらすであろう本当のところを詳らかにし、これから伸びるAI×Web3ビジネスや、私たちの社会の未来・可能性をわかりやすく予測していきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

最新のWeb3の本

近日発売予定を含めて、その他のWeb3の関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

4月に発売されるWeb3の関連書籍は見つかっていません。

詳解 web3・メタバースビジネスの法律と実務:殿村 桂司ほか(編集)

書籍情報

殿村 桂司 , 松尾 博憲(編集)商事法務(出版社)2024/3/6(発売日)408(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

web3・メタバース法律実務書の決定版!

知財法、金融規制、消費者法、租税法、労働法、個情法等、様々な法分野を各分野に精通した弁護士陣が、web3・メタバースで生じる問題につき横断的かつ体系的に解説。

ビジネスシーンごとに整理された各論部も充実した、新時代のビジネスに必携の1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Web3の未解決問題:松尾真一郎ほか(著)

書籍情報

松尾真一郎, 崎村夏彦, 楠正憲, 阿部涼介, 小泉遼平, 掛林美智, 北條真史, 鳩貝淳一郎, 清水一平, 栗田青陽(著)日経BP(出版社)2024/2/29(発売日)200(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

前著『ブロックチェーン技術の未解決問題』における考察のターゲットはビットコイン、つまり支払いという極めて単純な処理だった。しかしブロックチェーン技術についてはその後、スマートコントラクト、いわゆる分散型金融、NFT、DAO、そしてWeb3(Web3.0)など、単純な支払いよりもはるかに広範囲の応用に向けたトライが行われている。

ブロックチェーンとその応用は、現在日本政府の政策議論のイシューにもなっている。一方で我々は2022年以降、人間の業としての暗号資産バブルの崩壊を目の当たりにし、暗号資産の流出を防げていない。さらに、規制当局の規制目標である消費者保護、金融犯罪への対応、金融安定上の課題はますます増えている。

こうした現状を踏まえると、ブロックチェーンとその応用について、改めて技術面でできること・できないこと、力不足と限界の部分、努力すれば解決できる部分(それは、ビジネス上の差異化要素にもなる)を整理することが重要である。SNSやイベントで飾ったストーリーを話す人よりも、そのような知見を持った人材こそが重要になる。

2024年に発行する本書は、ビジネスパーソンの理解の醸成に加え、今後この世界で活躍する若者が正しい課題設定を認識して、より建設的なトライができるようにする、人材育成コンテンツとしての意味も持っている。改めてブロックチェーンの技術的な整理を行うとともに、新たに生じた課題を含めて、現在の課題を詳細に説明していくことを目標にする。 (「はじめに」より一部抜粋・修正)

amazon.co.jp書籍情報より引用

いまNFTでできること 「Web3ビジネス」を成功に導く30の事例:吾妻 拓ほか(著)

書籍情報

吾妻 拓 , 橋本 史郎(著)日経BP(出版社)2023/12/22(発売日)216(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Web3、NFT(非代替性トークン)活用に取り組む国内企業のビジネス事例集です。

いま国内で、NFTのビジネス活用が急拡大しています。
ANAやKDDI、サントリーといった大企業もWeb3、NFTのビジネス活用を進めており、マーケティング施策を展開する企業も目立ち始めました。

本書では、NFTのビジネス活用を正面から徹底取材しました。
ゲーム業界ではブロックチェーン(分散型台帳)ゲームの開発が進みます。
新たなIP(知的財産)の創出やコミュニティー活用を進める企業、社会課題の解決につなげるための活用を模索する企業。
地域活性化に取り組む自治体もあります。

まだ走り出したばかりともいえる国内企業のNFT活用ですが、Web3の時代に向けて、企業はNFTどう活用すべきなのか。
いま、NFTでできることとは?」――本書はそんな疑問への答えを導き出すビジネスパーソン必読の事例集です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

デジタルテクノロジー図鑑 「次の世界」をつくる:comugi(著)

comugi(著)SBクリエイティブ(出版社)2023/7/1(発売日)312P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

書籍情報

「次」の世界をつくる最先端のデジタルテクノロジーが見るだけでパッとわかる! 

今や、「デジタルテクノロジー」は、全ビジネスパーソンにとって知らないでは済まされない必須リテラシー。 
「次」の世界をつくる、最先端の「デジタルテクノロジー」が、100点以上のイラスト図解でパッとわかる! 超画期的な入門書。 

プロローグ デジタルテクノロジーの進化には「型」がある 

●本当に大切なのは「うわべの知識」ではなく、「文脈の理解」と「全体像の把握」 
●最初の見取り図①――デジタルワールドの拡大を「4つの時代区分」で捉える 
●最初の見取り図②――デジタルテクノロジーの進化には「型」がある 
●本書を読めば、未来予測の視座が手に入る 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

アートが変える社会と経済: AI、NFT、メタバース時代のビジネスと投資の未来:倉田陽一郎(著)

倉田陽一郎(著)悟空出版(出版社)2023/6/28(発売日)272(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

書籍情報

もう終わったなんて言わせない__
むしろ、Web3時代の到来は、ブロックチェーン、NFTなどの技術を浸透させて、これから到来するコミュニティ経済の礎を作っている。

そして、AIが注目される時代、アートは、シェアリング・エコノミーとシンクロし、SNSなどを媒介し、音楽に続く僕たちの生きる糧となる、魅力的な表現として注目される___この世界はこれからなのだ。

そう訴えるのは、アートとビジネスに精通する著者倉田氏。
元金融のプロがアート界に転身して25年で見えてきた世界経済の潮流とは?
アンディ・ウォーホル、バンクシー等、アートを通して、これから必ずやってくる新しい資本主義を予見する一冊だ。

amazon.co.jp書籍情報より引用

一歩目からの ブロックチェーンとWeb3サービス入門:松村 雄太(著)

\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

書籍情報

暗号資産、DeFi、NFT、DAO、メタバース......これからのビジネスを担う要素を体験して学ぶ!

キーワードとしてよく聞くのに、意外とわかりにくい「ブロックチェーン」と「Web3」の基本を納得感を持って理解できる

ビジネスパーソンとエンジニア初心者のための入門書。

今話題のChatGPTなど生成AIとの関係も紹介!

amazon.co.jp書籍情報より引用

DeFiビジネス入門: 分散型金融の仕組みから法律・会計・税務まで:株式会社HashHubほか(著)

書籍情報

株式会社HashHub, KPMGジャパン, アンダーソン・毛利・友常 法律事務所 外国法共同事業(編集)中央経済社(出版社)2023/6/15(発売日)240P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Web3で最も注目を浴びる『DeFi』にフォーカスした初の実務書

Web3の勃興の中で注目され、伝統金融を代替するともいわれるDeFi。

その仕組み・活用事例を解説するとともに、法規制・会計・税務などビジネス上の必須知識を詳解。

amazon.co.jp書籍情報より引用

なぜ僕がWeb3投資で勝ち続けることができるのか? プロフェッショナルに学ぶ暗号資産・仮想通貨・トークン投資の極意:中津 正朗(著)

書籍情報

暗号資産・仮想通貨・トークン投資の極意とは

Web3投資とは何か? 
一言で言えば、Web3における未来の”Google”をいかに発掘するか

僕が属しているブロックチェーン業界のコミュニティは、業界を常にリードしている最も優れたコミュニティの一つであるという自信があります。 

つまり、Googleなどを発掘したシリコンバレーのインナーサークルに相当するWeb3のコミュニティに属しています。(本文より) 

1.幼少期の原体験とブロックチェーンとの出会い
2.Web3投資 4つの原則
3.僕がWeb3投資に勝つためにやっている3つのルーティン
4.Web3投資の再現性を目指して
5.Web3投資は、日本社会にとっての「ノアの方舟」 

amazon.co.jp書籍情報より引用

いまさら聞けないWeb3、NFT、メタバースについて増田雅史先生に聞いてみた:増田 雅史(監修)

書籍情報

増田 雅史(監修)Gakken(出版社)2023/3/30(発売日)192P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

【「NFTは一過性のブーム」じゃない、Web3時代のインフラだ】

驚異的な勢いでビジネス化が進む「メタバース」や「NFT」、今後注目される「DAO」「Web3」について、イラストでわかりやすく解説。
誰もが抱くシンプルな疑問をひとつずつ解決します。
アートやゲームだけじゃない、私たちの生活そのものがガラッと変わるシン時代に備えて、自分ゴトにするチャンスです。

本書はNFTやブロックチェーン関連の法律の第一人者である弁護士・増田雅史が監修。
基本的な内容から、なぜ注目されるようになったのか、社会をどう変革していく可能性があるのか、日本・海外のトレンドまで、幅広く、かつわかりやすくまとめました。

「何度聞いても、ブロックチェーンがなんだかわかりません」という人から、「NFTで生まれる新しいビジネスでチャンスを掴みたい!」という人まで、これからのビジネスパーソン必読の一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

図解と事例でわかる Web3:白辺 陽(著)

書籍情報

白辺 陽(著)SBクリエイティブ(出版社)2023/3/29(発売日)224P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

------------------------------ 
世間をにぎわせている最新テクノロジーが、60分でさくっと学べる。 
前提知識を持っていない人でもわかるような丁寧な解説を心掛けています。 
------------------------------ 

最近トレンドになっているWeb3は、GAFAが中心となっているWeb2.0の次のインターネットの仕組みとして期待されています。 

中心となっているのは非中央集権という考え方ですが、独自用語が多いのが難しいポイントです。 

本書では重要な用語である「仮想通貨」「メタバース」「NFT」からわかりやすく解説しているので、Web3全体の考え方まで身に付きます!

amazon.co.jp書籍情報より引用

イーサリアム 若き天才が示す暗号資産の真実と未来:ヴィタリック・ブテリン(著)

書籍情報

ヴィタリック・ブテリン(著)ネイサン・シュナイダー(その他)高橋 聡(翻訳)日経BP(出版社)2023/2/23(発売日)440P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

暗号資産イーサリアムを弱冠19歳にして創案し「若き天才」と称されるヴィタリック・ブテリンによる"Proof of Stake: The Making of Ethereum and the Philosophy of Blockchains"の邦訳です。

ブテリンがイーサリアム誕生以前からブログやフォーラムなどで発表してきた暗号資産(イーサリアム)の構想、目的、役割、機能、有用性、可能性についての書き物を1冊にまとめたものです。

暗号資産のあり方を理解したり考えるうえで大いに示唆に富むのはもちろんのこと、思索家、活動家としての一面も伺えます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

デジタル財産の税務 Q&A:河合 厚ほか(著)

書籍情報

河合 厚, 柳谷 憲司, 小林 寛朋(著)ぎょうせい(出版社)2023/1/12(発売日)232P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

デジタル財産のしくみと税務がゼロからわかる!

<本書の特徴>
★暗号資産・NFT・メタバース・DeFi・DAOなど理解しづらいデジタル財産のしくみが分かりやすい解説とイラストで押さえられる!
★デジタル財産に関する所得税・法人税・相続税・消費税の取扱いについて、よくある疑問が解消できる!

出版社書籍情報より引用

Web3とは何か:岡嶋 裕史(著)

書籍情報

岡嶋 裕史(著)光文社(出版社)2022/12/14(発売日)384P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

この本は、Web3の中で特にブロックチェーンとNFT、そしてWeb3とメタバースの関連について、長所と短所を両面からわかりやすく解説し、懸念点など著者の意見をストレートに表現している本です。

これまでWeb3の情報や本を読んだことがあり、これから本格的にWeb3に取り組みたいと考えている人が、Web3について懐疑的な意見を含めた多様な意見を聞いてみたいと思っている場合に一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

Web3がよくわかる本:田中秀弥(著)

書籍情報

田中秀弥(著)松村雄太(監修)秀和システム(出版社)2022/12/13(発売日)166P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

デジタル経済圏の新時代を俯瞰する!
ビジネスに活かせるヒントが満載!

・Web3プロジェクトの全貌がつかめる!
・新しい概念とキーワードがよくわかる!
・ビジネス戦略と成功事例がよくわかる!
・近未来金融システムDeFi、メタバース、NFTがよくわかる!
・分散型アプリケーションDAppsがよくわかる!

Web3に至る歴史がよくつかめる!
企業のトレンドや参入事例がわかる!
普及に向けての課題とリスクがわかる!

amazon.co.jp書籍情報より引用

Web3への法務Q&A:野口 香織(著, 編集)

書籍情報

野口 香織(著, 編集)一般社団法人金融財政事情研究会(出版社)2022/12/9(発売日)309P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

◆Web3をめぐる話題の5大テーマ(1ブロックチェーン、2NFT・NFTマーケット、3Play to Earn、4DeFi、5メタバース)の法的論点と税務について、全65問のQ&A形式で解説。

◆法律家によるブロックチェーンの理解を一歩進める1冊

amazon.co.jp書籍情報より引用

Web3とメタバースは人間を自由にするか:佐々木 俊尚(著)

書籍情報

佐々木 俊尚(著)KADOKAWA(著)2022/12/2(発売日)246P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

ビックテックやAIの進化による「支配と隷従から脱し、自由のために戦うエリート」と「安楽な暮らしに浸かって、支配され隷属している人たち」という二分論に対して、テクノロジーが進化しても社会が悪夢にならない「第三の道」の構想をWeb3とメタバースを中心に提言している本です。

Web3やメタバース・AIなど新しいテクノロジーが未来の社会にどのように活かされていくのか興味関心がある人、また、テクノロジーに興味ないけれど世界の現状や未来の社会の方向性を知りたい人、に一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

書籍情報

高橋 卓巳(著)日経BP(出版社)2022/9/24(発売日)216P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

NFTに特化したWeb3スタートアップを4年間経営してきた現場で得られた知見を整理し、これからのWeb3時代に向けてサービスやコンテンツを開発する人にとっての指針となり得る一つの見方を解説している本です。

これまでWeb3についてネット記事や本を読んで知っている人、Web3プロジェクトに関わっている人が、特にNFTとゲーム分野について、最新動向を把握しこれから起きる(起こす)イノベーションを考えるために一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

Web3時代のAI戦略:大植 択真(著)

書籍情報

大植 択真(著)日経BP(出版社)2022/8/26(発売日)272P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Web3による変化は、過去10年にわたって、Web2.0の潮流とともに“ぐるぐるモデル"で世界を変えてきたAI(人工知能)と融合しながら、さらにDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速する。

舞台の中心となるのは、これまで巨大市場になると言われながらなかなか具現化してこなかった社会課題の解決だ。

第1部では、Web3がもたらす変化の本質、AIによるDXの本質となる“ぐるぐるモデル"と、社会課題解決が急成長ビジネスになる理由を解説し、さらにこれら変革のカギとなる独自のBASICsフレームワークを紹介する。

第2部では、Web2.0、Web3とAIによる国内外の30を超す注目事例をとりあげる。

そして第3部では、Web3時代の勝者となる企業の組織・スキル・マインドセットがどうあるべきかを解説する。

これからの時代を勝ち抜く企業の必読書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Web3.0ビジネス見るだけノート:加藤 直人(監修)

書籍情報

\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

Web3.0はどこが画期的なのかといった「Web3.0を知る」ところから、実際にどのようなビジネスが生まれるのかということまで、事例を交えてイラストや図解を使ってわかりやすく解説している本です。

Web3をこれから学ぶ人で、文章だけだと苦手な人でも分かりやすい1冊目の本として、一読をおすすめします。

また、Web3.0について他の人に説明する機会が多い人は、この本を持っていると便利に使えます。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

あわせて読みたい

いちばんやさしいWeb3の教本:田上 智裕(著)

書籍情報

田上 智裕(著)インプレス(出版社)2022/7/20(発売日)200P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

Web3(ウェブスリー)と、その要素であるトークンエコノミー、NFT、DeFi、DAOについて、概要や分類・仕組み、既存の技術との違い、課題と今後まで、簡潔な文章で豊富な内容を解説している本です。

これからWeb3に本格的に取り組みたいと考えている、すべてのビジネスパーソンから次の時代を作る若い世代の人に一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

あわせて読みたい

入門 Web3とブロックチェーン:山本 康正(著)

書籍情報

山本 康正(著)PHP研究所(出版社)2022/7/16(発売日)176P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

Web3(ウェブスリー)が企業や政治・社会にどのような影響と可能性をもたらすのかについて、特にブロックチェーン・NFT・DAO・トレーサビリティの視点から解説している本です。

Web3をこれから学ぶビジネスパーソン(特に経営層・管理職)や政治に関わる人(国・地方自治体)、そしてこれらの人にWeb3への理解を促したい人に一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

あわせて読みたい

僕たちはメタ国家で暮らすことに決めた:落合 渉悟(著)

書籍情報

落合 渉悟(著)フォレスト出版(出版社)2022/5/21(発売日)272P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

この本は「Alga(アルガ)」というDAOを製造するスマホアプリをマイクロパブリック運営に使うことを提案しており、背景や考え方、有識者3名との対話内容、そして豊富な関連情報を収録している本です。

Web3で社会がどう変わるのかに関心がある人、DAOに興味ある人、既存の民主主義に疑問を感じている人、などにおすすめです。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

あわせて読みたい

メタバースとWeb3:國光 宏尚(著)

書籍情報

國光宏尚(著)MdN(出版社)2022/3/30(発売日)200P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

この本の著者は将来の「バーチャルファースト」の時代に向かって、Web3から登る方法とメタバースから登る方法があり融合していく、と述べています。

そしてWeb3で重要なのはブロックチェーンにしかできない、ブロックチェーンならではの特徴(1)トラストレスx自律的x非中央集権(2)NFT(3)DAO、である、と述べています。

Web3とメタバースは相互に関連していく概念ですので、この本で両方とも理解するのがおすすめです。

この本の注目点や感想、目次などをブログで紹介しています。

雑誌 WIRED(ワイアード)VOL.44 ーWeb3特集

書籍情報

コンデナスト・ジャパン(著)WIRED編集部(編集)プレジデント社(出版社)2022/3/14(発売日)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

「Web3」という言葉を初めて聞く人、聞いたことがある人も、ぜひ手に取ってほしい雑誌です。

Web3の概念解説が端的にシンプルに文章や図解で記述されているのは他になく、無駄な言葉が無く分かりやすいです。

海外・日本の最前線でチャレンジしている人の想いと苦悩が写真と文章から伝わってきます。

Web3の全体像を掴むための新出のキーワード100個と説明が掲載されているのはこの雑誌にしかない特徴です。

この雑誌を読んだ後に参考になる情報をブログ記事で紹介しています。

あわせて読みたい

ゼロ知識証明入門:有限責任監査法人トーマツ(著)

書籍情報

有限責任監査法人トーマツ(著)翔泳社(出版社)2021/3/25(発売日)176P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

ゼロ知識証明の理論、ビジネスへの応用、アプリケーションの実装までを一通り、可能な限り数式を使用せず、具体的な図表を用いることにより、ゼロ知識証明や暗号理論を知らなくてもゼロ知識証明のイメージを理解できるように解説している本です。

ゼロ知識証明について基礎知識を知りたくてWeb記事を調べてみたけれどよく理解できなかった人や、ゼロ知識証明について基礎知識からアプリケーション開発入門まで本格的に取り組みたい人に、一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

After GAFA:小林 弘人(著)

書籍情報

小林弘人(著)KADOKAWA(出版社)2020/2/29(発売日)316P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

この本は2020年2月に出版され、タイトルにWeb3というキーワードが入ってはいませんが、まさにWeb3を解説している本です。

インターネット黎明期からWeb3に至るまでに活躍した人物の歴史が詳細に書かれているのがこの本の特徴の一つです。

またWeb3の用語や先端的な世界のビジネスモデルについて(少し古い情報ですが)掲載されているのも特徴です。

この本に掲載されているWeb3用語やビジネスモデルについて、ブログ記事で紹介しています。

あわせて読みたい

トークンエコノミービジネスの教科書:高 榮郁(著)

書籍情報

高 榮郁(著)KADOKAWA(出版社)2019/3/20(発売日)224P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

この本は2019年3月に出版されていますが、Web3で重要な「トークン・エコノミー」について解説している唯一の本です。

トークン・エコノミーは従来の企業から消費者に対して一方的に広告を送るマーケティング手法を脱却し、企業と消費者が相互に共存し合う、新たなデジタル経済圏を構築することを目的にしていることを解説しています。

この本の注目点や感想、目次などについてブログ記事で紹介しています。

あわせて読みたい

Web3 よくある質問と回答

Web3について、よくある質問と回答を5つ紹介します。

Web3とは何ですか?

回答: Web3(またはWeb 3.0)は、インターネットの次世代を指す用語で、分散型ネットワークに基づく新しいインターネットの形態を示しています。

Web3では、ブロックチェーン技術を中心に、ユーザーがデータの所有権を持ち、中央集権的なプラットフォームに依存せずにサービスを利用できることが特徴です。

これにより、より透明性が高く、ユーザー主導のインターネット環境が実現されることが期待されています。

Web3の主な特徴は何ですか?

回答: Web3の主な特徴には、以下のようなものがあります:

  1. 分散型ネットワーク: データやサービスが中央集権的なサーバーではなく、分散型ネットワーク上で運営されます。
  2. ブロックチェーン技術: トランザクションの透明性とセキュリティを提供します。
  3. 仮想通貨とトークン経済: 金融取引や報酬システムに仮想通貨が用いられます。
  4. スマートコントラクト: 自動実行される契約条件をデジタル化し、取引の効率化を図ります。
  5. ユーザーの主権: ユーザーは自分のデータの所有権を持ち、その利用についてより大きなコントロールを持てます。

Web3の利用例は何ですか?

回答: Web3の利用例には、以下のようなものがあります:

  1. 分散型ファイナンス(DeFi): 金融サービスを分散型ネットワークで提供し、中央銀行や金融機関を介さずに行います。
  2. NFT(Non-Fungible Token): デジタルアートやコレクティブルを一意に識別可能なトークンとして販売・取引します。
  3. 分散型アプリケーション(DApps): ゲーム、ソーシャルメディア、市場プレイスなど、中央集権的な管理者なしで運営されるアプリケーションです。
  4. 分散型自律組織(DAO): メンバー主導で意思決定が行われる組織形態です。

Web3と現在のインターネット(Web2)の主な違いは何ですか?

回答: Web3と現在のWeb2の主な違いは、データとサービスの管理方法にあります。

Web2では、データは中央集権的な企業(例:Google, Facebook)によって管理され、これらの企業がサービスの提供者となります。

対してWeb3では、データはユーザーによってコントロールされ、サービスは分散型ネットワーク上で提供されます。

これにより、透明性、セキュリティ、ユーザーの主権が強化されるとされています。

Web3に参加するためには何が必要ですか?

回答: Web3に参加するためには、ブロックチェーンウォレット(例:MetaMask)が必要です。

これにより、仮想通貨の管理やDAppsへのアクセスが可能になります。

また、Web3の世界に参加するためには、ブロックチェーンやスマートコントラクトなどの基本的な知識があると有益です。

さらに、分散型アプリケーションやプラットフォームに参加するためには、対応する仮想通貨の保有が必要な場合もあります。

Web3のスキルが活かせる職種とは?

Web3に関する知識や経験を習得することで、ブロックチェーン、分散型技術、仮想通貨などの新しいインターネット技術に基づいた様々な職種で仕事を担当することができます。

Web3は、中央集権的な管理ではなく、ユーザーに権力を分散させることを目指しており、この分野でのキャリアは技術的な開発からビジネス開発、コンサルティングまで多岐にわたります。

以下に、Web3関連のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. ブロックチェーン開発者/エンジニア:
    • 分散型アプリケーション(DApps)、スマートコントラクト、ブロックチェーンプラットフォームの開発に携わります。
    • EthereumやPolkadotなどのブロックチェーン上で動作するアプリケーションの設計と構築を行います。
  2. 暗号通貨アナリスト/トレーダー:
    • 暗号通貨市場の分析、価格予測、トレーディング戦略の立案に従事します。
    • マーケットトレンドの調査や投資ポートフォリオの管理を行います。
  3. Web3/ブロックチェーンコンサルタント:
    • 企業や組織に対し、Web3技術を利用したビジネスモデルの開発や実装戦略を提供します。
    • ブロックチェーン技術の導入による効率化や新たな収益機会の創出をサポートします。
  4. NFTプロジェクトマネージャー:
    • NFT関連プロジェクトの企画、実行、管理を行います。
    • アーティストやクリエイターと協力し、NFTコレクションの発行やマーケティング戦略を策定します。
  5. DAO(分散型自律組織)運営者:
    • DAOの設立、ガバナンス構造の設計、コミュニティマネジメントに関わります。
    • 投票システムやメンバー間のコラボレーションを促進するためのプラットフォームの運用を担当します。
  6. UX/UIデザイナー(Web3フォーカス):
    • 分散型アプリケーションやWeb3プラットフォームのユーザー体験(UX)とインターフェース(UI)の設計を行います。
    • ユーザビリティの高い、直感的なデザインを通じて、エンドユーザーの参加を促進します。

Web3に関するキャリアは、技術的なスキルだけでなく、新しい技術トレンドへの理解と適応、創造的な問題解決能力、新しいビジネスモデルに対する洞察力を要求されます。

この分野は急速に進化しており、継続的な学習と実験的なアプローチが成功の鍵となります。

まとめ

Web3(ウェブスリー)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、Web3がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下のような記事も紹介しています。