【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年4月】NFTがわかる本おすすめ3選+最新情報

「NFTがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

NFT(ノンファンジブルトークン)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

まずはじめに、NFTがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • アーティストやクリエイター:自分の作品をデジタル資産として販売し、管理する方法を学びたい。
  • コレクターや投資家:デジタルアートや他の稀少なデジタル資産に投資を考えている。
  • ブロックチェーン技術に興味を持つ開発者:NFTの背後にある技術的側面を理解したい。
  • ビジネスプロフェッショナル:NFTがビジネスやマーケットに与える影響を学びたい。
  • 教育者や研究者:NFTとブロックチェーンの概念を教育や研究の対象としている。
  • 法律の専門家:NFTに関連する知的財産権や契約法の問題を理解したい。
  • マーケティング担当者:NFTを用いた新しい形のマーケティング戦略に興味がある。
  • テクノロジーに興味を持つ一般読者:新しいデジタルトレンドとしてのNFTを理解したい。
  • ゲーム開発者:NFTを利用してゲーム内アイテムや経済システムを構築したい。
  • デジタルアートのギャラリーやオークションハウスの関係者:NFT市場の動向を把握し、戦略を立てたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

NFTの本 おすすめ3選

NFTがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

いまNFTでできること 「Web3ビジネス」を成功に導く30の事例:吾妻 拓ほか(著)

書籍情報

吾妻 拓 , 橋本 史郎(著)日経BP(出版社)2023/12/22(発売日)216(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Web3、NFT(非代替性トークン)活用に取り組む国内企業のビジネス事例集です。

いま国内で、NFTのビジネス活用が急拡大しています。
ANAやKDDI、サントリーといった大企業もWeb3、NFTのビジネス活用を進めており、マーケティング施策を展開する企業も目立ち始めました。

本書では、NFTのビジネス活用を正面から徹底取材しました。
ゲーム業界ではブロックチェーン(分散型台帳)ゲームの開発が進みます。
新たなIP(知的財産)の創出やコミュニティー活用を進める企業、社会課題の解決につなげるための活用を模索する企業。
地域活性化に取り組む自治体もあります。

まだ走り出したばかりともいえる国内企業のNFT活用ですが、Web3の時代に向けて、企業はNFTどう活用すべきなのか。
いま、NFTでできることとは?」――本書はそんな疑問への答えを導き出すビジネスパーソン必読の事例集です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

NFT・メタバース・DAOで稼ぐ!:加納 敏彦(著)

書籍情報

加納 敏彦(著)かんき出版(出版社)2023/5/10(発売日)224P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

これからの時代の稼ぎ方はコレだ! 

NFTやメタバースについて書かれた本の多くは、概念や知識を教えているだけで、「入門」「教科書」と謳った本でもかなり難解であり、読者がなかなかついていけません。
また、これからの時代のビジネスの方向性は示していますが、具体的な稼ぎ方はほとんど示されていません。 

そこで本書は、NFT・メタバース・DAOなどについて、専門用語をできるだけ使わず、わかりやすい文章で「具体的な稼ぎ方」を教えます。 

自営業やベンチャー企業で商品やサービスの発信に力を入れている人、副業のための稼ぐネタや、YouTubeやTikTokに代わるコンテンツ発信のプラットフォームを探している人に新しい稼ぎ方を提案します。 

NFT・メタバース・DAOの分野なら、SNSのビジネスと同様に、大きなリスクを取らずにスタートできます。

本書では、初期投資がほとんどいらないやり方を解説しているので、より安全にチャレンジできます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

徹底解説 NFTの理論と実践:竹井 悠人(著)

書籍情報

竹井 悠人(著)オーム社(出版社)2023/5/26(発売日)304P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

NFTの技術的要素と開発・発行の仕方がわかる!!

2021年に入り、ブロックチェーンの領域でNFT(Non-Fungible Token:代替不可能なトークン)が急激に注目を浴びるようになりました。

NFTとは「偽造不可な鑑定書&所有証明書付きのデジタルデータ」のことであり、デジタルデータ(絵画や音楽など)に対して複製されていない唯一無二のものと証明するために利用されます。

NFTは2017年からあった技術ではありながらも2021年2月頃から急に盛り上がりを見せ始めた分野であり、可能な限り早期に発行することを目指します。

本書はNFTの技術的要素、支える技術、規格、トークンの実装、また開発・発行の仕方などを詳細に解説していきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

NFTの名著・ロングセラー本

NFTについて、名著・ロングセラー本を紹介します。

NFTビジネス活用事例100連発!: 地方創生からエンタメまで:小林 憲人(著)

書籍情報

小林 憲人(著)彩流社(出版社)2023/6/6(発売日)296P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

NFT専門のニュースメディアNFT Mediaが厳選し、12業種に分類した事例を公開!

●スポーツ…選手の名シーンをNFTトレーディングカードに
●ファッション…1点物のコラボレーションTシャツをNFTアートとして出品
●地方創生…限界集落「山古志村」が挑むWeb3×ローカル
●アニメ…NFTを活用したデジタル景品を企業の販促キャンペーンに活用
●音楽…音楽はCDを「プレス」する時代からNFTを「ミント」する時代へ
●アイドル・芸能人…写真集の特典として未公開カットをNFT化したデジタル・ブロマイド限定販売
●アート…NFTマーケットプレイスの厳選したNFTアートを販売するアートギャラリー
●飲食…天ぷらで世界平和を目指す秘密結社の話
●不動産…不動産NFTを用いた資金調達による、不動産売買スキームの実証実験
●ゲーム…NFTカードが資産になる日本最大級のブロックチェーンカードゲーム
●教育…国内初! NFT化された卒業証書を発行
●その他…NFT販売の収益で文化遺産の維持・修復を行う

NFTをビジネスに活かすためのヒント満載!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

図解まるわかり NFTのしくみ:大和総研フロンティア研究開発センター(著)

書籍情報

大和総研フロンティア研究開発センター(著)翔泳社(出版社)2022/11/24(発売日)248P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

本書では、NFTを体系的に理解できるよう、技術のしくみや課題、各業界におけるユースケース、関連する法規制、今後の展望まで見開きで1つのテーマを取り上げ、図解を交えて解説しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

事例でわかる!NFT・暗号資産の税務 第2版:泉 絢也ほか(著)

書籍情報

泉 絢也 , 藤本 剛平(著)中央経済社(出版社)2023/12/1(発売日)480(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

所得税、法人税、相続税等、各税法の暗号資産に関する特別の定めを詳解。

確定申告実務を見据えて、具体的な取引事例で損益計算の仕方も解説。

web3の税金がわかる定番書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

クリエイターのためのNFT参入マニュアル:武藤 裕也, 増田 雅史, 桑原 清幸(著)

書籍情報

武藤 裕也, 増田 雅史, 桑原 清幸(著)三才ブックス(出版社)2023/1/20(発売日)160P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

これからNFTに参入しようと考えているクリエイターのための実践マニュアル。

NFT、ブロックチェーン、暗号通貨など、NFTを理解するために必要な知識や現状分析、実践術、トラブルに巻き込まれないための知識と対策、法律・税務をシンプルな構成で網羅する。

導入から取引、実務まで様々なヒントを掲載。

amazon.co.jp書籍情報より引用

最新のNFTの本

近日発売予定など、その他のNFTの関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

4月に発売されるNFTの関連書籍は見つかっていません。

エンジニアのためのWeb3開発入門 イーサリアム・NFT・DAOによるブロックチェーンWebアプリ開発:愛敬 真生ほか(著)

書籍情報

愛敬 真生 , 小泉 信也 , 染谷 直希(著)インプレス(出版社)2024/3/1(発売日)336(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

●これ1冊でWeb3アプリ開発に必要な知識が学べる!

本書は、イーサリアム・NFT(非代替性トークン)・DAO(自律分散型組織)によるブロックチェーンWebアプリ開発の入門書です。

Web3の理解が難しいとされる一因は、必要な技術領域が多岐にわたることです。
たとえば、ブロックチェーンの理解だけではWeb3アプリを作成できません。
従来のWebシステム全般の知識、ブロックチェーンとの接続方法、ウォレットの扱い方、Web3ビジネスの知識など、周辺の知識とスキルが必要となります。

そこで本書では、知識ゼロからNFTやDAOを活用したWeb3アプリを構築できるよう、開発者目線で必要な知識を選り抜いて解説しています。
Web3の概要、要素技術の解説から、イーサリアムを利用したサンプルアプリやNFTマーケットプレイス、DAOの開発・実装方法、ブロックチェーンネットワークの作り方やノードプロバイダーとの接続方法まで、これ1冊でWeb3アプリ開発に必要な知識を包括的に学べるようにしています。

Web3の要素技術を学びたい方、Web3を活用したサービス・アプリケーション開発に興味がある方にお勧めの1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Web3の未解決問題:松尾真一郎ほか(著)

書籍情報

松尾真一郎, 崎村夏彦, 楠正憲, 阿部涼介, 小泉遼平, 掛林美智, 北條真史, 鳩貝淳一郎, 清水一平, 栗田青陽(著)日経BP(出版社)2024/2/29(発売日)200(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

前著『ブロックチェーン技術の未解決問題』における考察のターゲットはビットコイン、つまり支払いという極めて単純な処理だった。しかしブロックチェーン技術についてはその後、スマートコントラクト、いわゆる分散型金融、NFT、DAO、そしてWeb3(Web3.0)など、単純な支払いよりもはるかに広範囲の応用に向けたトライが行われている。

ブロックチェーンとその応用は、現在日本政府の政策議論のイシューにもなっている。一方で我々は2022年以降、人間の業としての暗号資産バブルの崩壊を目の当たりにし、暗号資産の流出を防げていない。さらに、規制当局の規制目標である消費者保護、金融犯罪への対応、金融安定上の課題はますます増えている。

こうした現状を踏まえると、ブロックチェーンとその応用について、改めて技術面でできること・できないこと、力不足と限界の部分、努力すれば解決できる部分(それは、ビジネス上の差異化要素にもなる)を整理することが重要である。SNSやイベントで飾ったストーリーを話す人よりも、そのような知見を持った人材こそが重要になる。

2024年に発行する本書は、ビジネスパーソンの理解の醸成に加え、今後この世界で活躍する若者が正しい課題設定を認識して、より建設的なトライができるようにする、人材育成コンテンツとしての意味も持っている。改めてブロックチェーンの技術的な整理を行うとともに、新たに生じた課題を含めて、現在の課題を詳細に説明していくことを目標にする。 (「はじめに」より一部抜粋・修正)

amazon.co.jp書籍情報より引用

事例で学ぶ 暗号資産・NFT・メタバースの会計税務 Q&A 70選:延平昌弥ほか(著)

書籍情報

延平昌弥, 山田誠一朗, 髙橋健悟, 藤原琢也, 田村光裕, 山中朋文(著)清文社(出版社)2024/1/26(発売日)280(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

メタバース、NFTといった最新の内容を盛り込み、暗号資産に関する会計・税務をQ&A方式により実践的、かつ詳細に解説。

令和5年分の所得税確定申告に対応した設例や記載例も掲載。

amazon.co.jp書籍情報より引用

この先生きのこるためのお金とコミュニティ 13 歳からわかる金融・デジタルリテラシー:久松慎一(著)

書籍情報

\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ブロックチェーン、NFT、暗号資産、Web3、AI 新しい時代に「お金」はどう変わる? 
今、あらゆる世代が身につけておくべき教養の書。

ブロックチェーン技術によって暗号資産が誕生し、お金の在り方が今、大きく変わろうとしている。
既存のお金の概念から、新しい価値の概念へ、なにがどう変わろうとしているのかーー。

最先端のITエンジニアで、スタートアップ企業の立ち上げを行ってきた著者がすべての世代に贈る「この先生きのこるための」必読書!

amazon.co.jp書籍情報より引用

「浦島太郎」のアバターになって、メタバース・Web3・AIがスラスラわかる本 XR, NFT, DAO, DeFi, ChatGPT, 生成AIまで:谷口 良太(著)

書籍情報

超初心者でもとっつきやすく、基礎と全体像を学ぶことができる!

浦島太郎の「メタバース」空間に入った主人公が、ナゾのキャラクター「カメ」の指導の元、メタバースやWeb3、AI などの仕組みを学んでいく物語。
「浦島太郎の物語」に沿って、全体像をわかりやすく解説する。

【本書の内容】
ステージ1 メタバースでカメと出会う~仮想空間と現実世界を繋ぐ装置である「XR」とは何かを学ぶ
ステージ2 カメとの再会、そして竜宮城へ~メタバースとWeb3 とは何かを学ぶ
ステージ3 クリエイターエコノミーの可能性~メタバースとNFT の「経済活動」を学ぶ
ステージ4 アバター乙姫と出会う~スマートコントラクト、DEX、DeFi とは何かを学ぶ
ステージ5 乙姫様と結婚~ DAO、SBT を学び、Web3 の全体像を確認する
ステージ6 カメとの別れ、そして現実世界へ~メタバース、Web3、AI の未来について学ぶ

amazon.co.jp書籍情報より引用

改訂版 デジタル資産と電子取引の税務:戸村 涼子(著)

書籍情報

戸村 涼子(著)日本法令(出版社)2023/9/23(発売日)220(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

PCやスマホの中にしかない! インターネット上にしかない!
把握しづらい資産&取引、ますます急増中。


広告収入のあるウェブサイト(のアカウント)、自作デジタルコンテンツの販売、暗号資産、NFT、DAO運営での収益、メタバース内での収入……。
ICT等の発達・普及により、デジタル機器の中やインターネット上にしか存在しない、データとしての資産(=デジタル資産)が誕生し、急速に普及しています。
同時に、EDI取引やクラウドストレージを介した取引など、デジタル資産の取引を支える「電子取引」も、爆発的に増加しています。

そのため、デジタル資産および電子取引にまつわる法律や税制の整備も、現在進行形で進められていますが、税理士等にとってその税務には、いまだ不明瞭な点が少なからずあるものです。

また、デジタル資産は実体がないゆえに秘匿性が高く、そもそも把握することが困難であり、ときには国境をもやすやすと越えてしまうということも、実務家を悩ませる要因となっています。

そこで本書は、デジタル資産・電子取引に強くなりたいという方に向け、
・「デジタル資産」「電子取引」の定義
・デジタル資産のビジネスや投資における税務のポイント
・デジタル資産を譲渡する際の法人税・所得税
・デジタル資産・電子取引における消費税
・デジタル資産の相続税・贈与税
・国境を越える電子取引の税務
・電子取引と電子帳簿保存法のポイント
等の知識と実務について、実際にあった相談事例等にもとづき解説するものです。

改訂版では、初版発行後またたく間にブーム化したNFTについて大幅に加筆・修正したほか、直近の法改正・税制改正や、最新の国税庁Q&A等にも対応しました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Ordinalsの教科書: ビットコインNFTを初心者向けに解説:キタノドロップ(著)

書籍情報

キタノドロップ(著)Amazon(出版社)2023/7/5(発売日)163(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

2023年夏、Ordinalsがにわかに注目を集めています。

本書は、ビットコイン版のNFT、Ordinalsを解説した1冊です。
なんとなくOrdinalsを調べてみたけれど、どのような特徴や魅力があるのかが、わかりにくいと感じていませんか?Ordinalsの情報はまだまだ少なく、全体を理解することは難しいですよね。
書籍の中では、小難しい専門用語をかみくだき、図解をたくさん使って解説しました。

実際にOrdinalsを購入できるマーケットプレイスへアクセスし、複数の作品を購入しました。
書籍の中では、購入までの手順や注意点を紹介しています。
実際に支払った金額や、手数料もそのまま公開中。
Ordinalsに興味を持っている方や、ビットコインの将来性を感じている人におすすめの1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

デジタルテクノロジー図鑑 「次の世界」をつくる:comugi(著)

書籍情報

comugi(著)SBクリエイティブ(出版社)2023/7/1(発売日)312P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「次」の世界をつくる最先端のデジタルテクノロジーが見るだけでパッとわかる! 

今や、「デジタルテクノロジー」は、全ビジネスパーソンにとって知らないでは済まされない必須リテラシー。 
「次」の世界をつくる、最先端の「デジタルテクノロジー」が、100点以上のイラスト図解でパッとわかる! 超画期的な入門書。 

プロローグ デジタルテクノロジーの進化には「型」がある 

●本当に大切なのは「うわべの知識」ではなく、「文脈の理解」と「全体像の把握」 
●最初の見取り図①――デジタルワールドの拡大を「4つの時代区分」で捉える 
●最初の見取り図②――デジタルテクノロジーの進化には「型」がある 
●本書を読めば、未来予測の視座が手に入る 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

アートが変える社会と経済: AI、NFT、メタバース時代のビジネスと投資の未来:倉田陽一郎(著)

書籍情報

倉田陽一郎(著)悟空出版(出版社)2023/6/28(発売日)272(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

もう終わったなんて言わせない__
むしろ、Web3時代の到来は、ブロックチェーン、NFTなどの技術を浸透させて、これから到来するコミュニティ経済の礎を作っている。

そして、AIが注目される時代、アートは、シェアリング・エコノミーとシンクロし、SNSなどを媒介し、音楽に続く僕たちの生きる糧となる、魅力的な表現として注目される___この世界はこれからなのだ。

そう訴えるのは、アートとビジネスに精通する著者倉田氏。
元金融のプロがアート界に転身して25年で見えてきた世界経済の潮流とは?
アンディ・ウォーホル、バンクシー等、アートを通して、これから必ずやってくる新しい資本主義を予見する一冊だ。

amazon.co.jp書籍情報より引用

NFT&メタバース入門:石坂 勇三(著)

書籍情報

石坂 勇三(著)イースト・プレス(出版社)2023/5/10(発売日)192P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Web3の要、NFTとメタバースがさくっと分かる! できる!

最新トピックを通じて、Web3のNFT&メタバースを知れる一冊。

「仕組み」から、「現状」そして「未来」までを網羅。基本的なことはすべてサクっと学んでスグに実践できる! 

初心者から中級者におすすめの一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

マンガでわかる! NFTビジネス:増田 雅史(監修)

書籍情報

増田 雅史(監修)宝島社(出版社)2023/4/19(発売日)176P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

国内外で今大注目の最先端ビジネスモデル「NFTビジネス」がマンガで学べます。

NFTビジネスの基礎から活用方法までを徹底網羅!

さらに、始めるうえでの注意点やNFTビジネスのこれからのことも分かりやすく解説しています。

マンガで手軽に学べるので入門者の方はもちろん、すでにNFTビジネスを始めている方にもおすすめの一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

いまさら聞けないWeb3、NFT、メタバースについて増田雅史先生に聞いてみた:増田 雅史(監修)

書籍情報

増田 雅史(監修)Gakken(出版社)2023/3/30(発売日)192P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

【「NFTは一過性のブーム」じゃない、Web3時代のインフラだ】

驚異的な勢いでビジネス化が進む「メタバース」や「NFT」、今後注目される「DAO」「Web3」について、イラストでわかりやすく解説。
誰もが抱くシンプルな疑問をひとつずつ解決します。
アートやゲームだけじゃない、私たちの生活そのものがガラッと変わるシン時代に備えて、自分ゴトにするチャンスです。

本書はNFTやブロックチェーン関連の法律の第一人者である弁護士・増田雅史が監修。
基本的な内容から、なぜ注目されるようになったのか、社会をどう変革していく可能性があるのか、日本・海外のトレンドまで、幅広く、かつわかりやすくまとめました。

「何度聞いても、ブロックチェーンがなんだかわかりません」という人から、「NFTで生まれる新しいビジネスでチャンスを掴みたい!」という人まで、これからのビジネスパーソン必読の一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

NFTガイド 2023:マシフ, 杉井 靖典(著)

書籍情報

マシフ, 杉井 靖典(著)玄光社(出版社)2023/1/31(発売日)176P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

クリエイターにとって2021~2022年は「NFT」から目を離せない時期でした。

国内では様々なマーケットプレイスが立ち上がり本格的なNFTの販売が始まったいま、NFTアートの最前線を取材。

NFTを活用したアート作品を販売するための知識から最新情報までを徹底ガイドします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

NFTのすべて:キューハリソン・テリー, マット・フォートナウ(著)

書籍情報

キューハリソン・テリー, マット・フォートナウ(著)Pivot Tokyo(満木夏子)(翻訳)翔泳社(出版社)2022/12/21(発売日)342P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

米国のNFT実践者の視点で、NFTの歴史、NFTの価値、NFTの作成と収集、NFTのマーケティング・法的観点など、米国の事例をまじえて解説している本です。

NFTについて2冊目に読む本を探している人、NFTについて幅広い知識を学びたい人、米国のNFT実践者の知見を学びたい人に一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

先読み!IT×ビジネス講座 メタバース&NFT:斎藤創, 佐野典秀, 酒井麻里子(著)

書籍情報

斎藤創, 佐野典秀, 酒井麻里子(著)インプレス(出版社)2022/12/6(発売日)176P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

『先読み!ビジネス講座』は、「この先どうなっていくかがわかる」「リアルな話がわかる」「手っ取り早くわかる」の3つの「わかる」をコンセプトに旬のトピックをひもとくIT×ビジネス解説書です。

「メタバースやNFTって実際のところどうなの? ビジネス活用の可能性は?」といった疑問に応えるため、その分野の第一人者が丁寧に解説。

本当に知りたいことだけがギュッと詰まっています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

NFTで趣味をお金に変える:tochi(とち)(著)

書籍情報

tochi(とち)(著)青春出版社(出版社)2022/12/2(発売日)208(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

デジタル作品に世界にただ一つという証明を与えるNFT(ノン・ファンジブル・トークン)。

そのNFTの特性を活用して、イラスト、写真、動画、音声、ゲーム…趣味を生かしてお金に換えるコツを、大人気NFTブロガーがわかりやすく伝授する本。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

NFT実践講座:小澤隆博(著)

書籍情報

小澤隆博(著)松村雄太(監修)秀和システム(出版社)2022/11/22(発売日)180P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Web3時代を制する稼ぎ方を徹底的に解説します!
制作から出品まで手順がよくわかる!
様々な活用事例がよくわかる!
資金調達の方法がよくわかる!
収益アップのヒントがよくわかる!

amazon.co.jp書籍情報より引用

シンNFT戦略:甲斐 雄一郎(著)

書籍情報

甲斐 雄一郎(著)宝島社(出版社)2022/11/18(発売日)224P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

NFTはこれからのビジネス、そして社会をどう変えていくのか? 
NFTとの掛け合わせによって、農業を「カッコよくて・稼げて・感動を生み出す」世界に変革するべく
活動を続ける著者が指南する「これからのNFT戦略」の解説書! 

NFTが注目を集める背景やNFT市場の仕組み、購入から出品方法の解説、
そしてNFTをあらゆるビジネスと組み合わせるためのヒントなど、
NFTをあなたの武器として既存のビジネスを加速させるアイディアが詰まった一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ニュー・クリエイター・エコノミー:庄野祐輔ほか(編集)

書籍情報

庄野祐輔, hasaqui, 廣瀬剛, 田口典子, 藤田夏海(編集)ビー・エヌ・エヌ(出版社)2022/11/16(発売日)248P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

NFTが生み出した、仲介者を必要としないクリエイター経済。
多くの人々がこのムーブメントに心を掴まれ、共創の力により止まることなく走り続けている。
本書の役割は、投資家たちの注目を浴びる華々しいプロジェクトの背後で、アーティストたちが繰り広げた数々の実践を集め、興味深いこの領域の特性を描き出すことである。

本書では、アーティスト、コレクター、キュレーター、リサーチャーなどさまざまな立場の視点を借りて、現在のNFTアートの状況を多面的に解説するとともに、現在へと繋がる歴史にも目を向ける。
このグローバルなムーブメントは、連綿と続いてきたコンピュータアートの歴史だけでなく、既成のアートのあり方も書き換えるのか。
アーティストはどのような態度で創造に臨むのか。加速するデジタルアートの可能性を追う一冊。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

これからのNFT:森川 夢佑斗(著)

書籍情報

森川 夢佑斗(著)エムディエヌコーポレーション(出版社)2022/10/3(発売日)160P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

誤解を生みやすいNFT。未来の可能性を今こそ正しく理解する!

本書は、NFT活用を検討している経営者から事業担当者はもちろんのこと、NFTに興味のあるクリエイター、デザイナー、エンジニアなどすべての方を対象としています。

NFTの活用について任されたものの何から手をつけていいものか途方にくれている方、NFTの概要についてはわかったものの具体的にビジネスにしていく方法を知りたい方、ビジネスを検討していくうえでの論点について全体像を掴みたい方にとって、最適な入門書となっています

出版社書籍情報より引用

ここがポイント

NFTの基本的な仕組みから、日本や海外のビジネス最新情報まで、カラーの図や写真を使ってわかりやすく解説しているNFT入門書。

書籍情報

高橋 卓巳(著)日経BP(出版社)2022/9/24(発売日)216P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

NFTに特化したWeb3スタートアップを4年間経営してきた現場で得られた知見を整理し、これからのWeb3時代に向けてサービスやコンテンツを開発する人にとっての指針となり得る一つの見方を解説している本です。

これまでWeb3についてネット記事や本を読んで知っている人、Web3プロジェクトに関わっている人が、特にNFTとゲーム分野について、最新動向を把握しこれから起きる(起こす)イノベーションを考えるために一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

新しいアートのかたち:施井 泰平(著)

書籍情報

施井 泰平(著)平凡社(出版社)2022/9/20(発売日)272P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

「NFTアートとは何か?」「なぜこれほどNFTアートは注目を集めているのか?」「これからNFTアートはどうなっていくのか?」について、アートや情報社会の歴史を振り返り、NFTという技術が、なぜアートと結びつくことになったのか、を解説している本です。

NFTの本質的な可能性や課題を知りたい人、アーティストやクリエイターでNFTアートに取り組みたいと考えている人、「そもそもアートとは?」「アートや情報がもつ価値とは?」といった疑問を感じている人に一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

NFT1.0→2.0:伊藤 佑介(著)

書籍情報

伊藤 佑介(著)総合法令出版(出版社)2022/6/13(発売日)256P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

NFTは、いつどこからやってきて、今どんなブームを起こし、今後どこに向かおうとしているのかについて、ていねいなわかりやすい説明と日本国内の大企業・ベンチャー企業の担当者から聞いた事例で解説している本です。

日本国内でNFTの事業を検討していたり、NFTの事業にたずさわっているビジネス・パーソンに一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、本の目次などをブログ記事で紹介しています。

NFTビジネス 超入門:森川ミユキ(著)

書籍情報

森川 ミユキ(著)弁護士法人GVA法律事務所Web3.0チーム(監修)技術評論社(出版社)2022/4/13(発売日)144P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

本書では、入門者向けに、ゲーム、エンターテインメント、アート、スポーツ、ファッション分野などで広がるNFTの市場とその将来性を、ブロックチェーンの技術解説などもまじえ、わかりやすく紐解いていく。

ブロックチェーンの世界の動きは想像以上に速く、特にNFTをとりまくビジネス環境は、ここにきて急激に注目を浴びており、さまざまな企業が参入を表明している。

またメタバース(仮想空間)を舞台に、リアル経済とは別の新経済圏を確立しようともしている。

こうした新しい動きとともに、身近にある事例なども紹介しながら、出品者・購入者・ビジネスプレーヤーとして、いかにNFTと付き合っていくかのヒントを提供していく。

amazon.co.jp書籍情報より引用

NFTゲーム・ブロックチェーンゲームの法制:松本恒雄(監修)

書籍情報

松本 恒雄(監修)福島 直央 , 澤 紫臣(編集)商事法務(出版社)2022/4/1(発売日)184P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

注目のNFTとブロックチェーン技術、ゲーム活用事例と法的視点を網羅

NFTとブロックチェーンゲームの登場は、メタバースやオンラインゲーム等において事業者の枠組みを超えたデータ流通を可能にし、大きな注目を集めている。

その意義を明らかにし、ブロックチェーン技術の基本を学びながら、ゲームでの具体的な活用事例と今後を見据えた法的な考え方を網羅した。

amazon.co.jp書籍情報より引用

NFTビジネス見るだけノート:増田 雅史(監修)

書籍情報

増田 雅史(監修)宝島社(出版社)2022/3/2(発売日)224P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

NFTビジネスのすべてがこの一冊でわかる!

イラストでサクッと収益化テクが身につく!

豊富な実例でNFTをビジネスに最大限活かすためのポイントがわかる

大注目の「NFT(ノン・ファンジブル・トークン)」が、累計100万部突破の大人気シリーズ「見るだけノート」に登場!

NFTって話題だけどぶっちゃけ何? なぜ世界中で注目されているの? どうやって始めたらいい? など、知識ゼロからNFTビジネスで成功するための最新戦略をイラストでやさしく紹介!

出版社の書籍情報より引用 https://tkj.jp/book/?cd=TD026231

ここがポイント

個人的にもビジネスでもNFTに興味があり、基礎知識・実践・法律・会計、世界の事例をイラストや図解で読みたい人におすすめ

NFTがよくわかる本:松村 雄太(著)

書籍情報

松村 雄太(著)秀和システム(出版社)2022/2/7(発売日)170P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

NFTは、Non-Fungible Tokenの略で、最近はメディアで盛んに取り上げられています。NFTは、まだまだ黎明期ですがLINEなどの大手ネット起業がNFTの導入を開始・予定しています。

本書は、NFTの仕組みや少額投資で稼ぐ方法などをざっくりわかりやすく解説したポケットサイズの入門書です。基礎知識から、市場の最新動向、話題のNFTアート、NFT取引の手順、自分の作品をNFTに出品する方法までわかります!

amazon.co.jp書籍情報より引用

美術手帖 2021年 12月号:特集「NFTアート」ってなんなんだ⁈

書籍情報

美術手帖編集部(著)カルチュア・コンビニエンス・クラブ(出版社)2021/11/6(発売日)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

特集
「NFTアート」ってなんなんだ?!
デジタル・アート売買の新たな生態系を探る

本特集では、そのNFTを活用したデジタル・アート=NFTアートと、それを支えるコミュニティの実態を取り上げる。

それらは既存のアート界とはまったく別の「新たなアートの生態系」と呼べるものだ。

「NFTアート」とは何か? いったいそこでは何が起きているのか? 既存の美術界との関係はどうなるのか? その価値と可能性を考えたい。

amazon.co.jp書籍情報より引用

NFTの教科書:天羽 健介,増田 雅史(著)

書籍情報

天羽 健介(著)増田 雅史(著)藤井 剛(ナレーション)朝日新聞出版(出版社)2021/10/20(発売日)320P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

AmazonのAudible(オーディブル)聴き放題で体験できる書籍です。

アート、国内外ゲーム、メタバース、スポーツ、トレーディングカード、ファッション、音楽、テクノロジー、法律、会計。

NFT(Non-Fungible Token=ノン・ファンジブル・トークン)の各ジャンルで活躍する28人の執筆者が最前線を解説。

NFTに興味をもつすべての方を対象とし、ビジネスや技術といった社会実態から法律・会計・税務上の取扱いなどの制度面に至るまでを幅広くカバーした総合的なテキストブック! 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

NFT よくある質問と回答

NFTについてよくある質問と回答を5つ紹介します。

NFTとは何ですか?

回答: NFTは「Non-Fungible Token」の略で、「代替不可能なトークン」を意味します。

これはデジタルアセットの一種で、ブロックチェーン技術を利用して各トークンに一意の識別情報を持たせています。

そのため、NFTは他のトークンや資産とは異なり、それぞれが独特の価値を持ち、交換可能ではない(代替不可能である)特性を持っています。

主にデジタルアート、音楽、ビデオクリップなどのデジタルコンテンツに使われています。

NFTはどのようにして作成されますか?

回答: NFTの作成プロセスは「ミント」と呼ばれ、デジタルアセットをブロックチェーン上で一意のトークンとして登録する作業を指します。

このプロセスには、ブロックチェーンネットワーク(よく使われるのはEthereum)に接続し、デジタルアセットの情報(例えば画像ファイルや音楽ファイル)をトークンとしてブロックチェーンに登録することが含まれます。

ミントには通常、ガス料金と呼ばれる手数料が必要です。

NFTを購入するメリットは何ですか?

回答: NFTを購入するメリットには、以下のようなものがあります:

  1. デジタル所有権の確立: NFTを通じて、デジタルアートやその他のデジタルアセットの唯一無二の所有権を得ることができます。
  2. 投資としての可能性: 一部のNFTは時間とともに価値が上がる可能性があり、投資対象としての魅力を持っています。
  3. クリエイター支援: 直接クリエイターからNFTを購入することで、彼らの仕事を支援し、クリエイティブな産業を育成することができます。

NFTのリスクにはどのようなものがありますか?

回答: NFTの主なリスクには以下のようなものがあります:

  1. 市場の変動性: NFT市場は非常に新しく、価格の変動が激しいため、投資リスクが高いです。
  2. 詐欺の可能性: 偽物のNFTや詐欺的なプロジェクトが存在するため、購入前の十分な調査が必要です。
  3. 技術的問題: ブロックチェーンやNFTの技術は複雑であり、技術的な問題が生じる可能性があります。

NFTはどこで購入できますか?

回答: NFTは専門のオンラインマーケットプレイスで購入できます。

代表的なマーケットプレイスには、OpenSea、Rarible、Foundationなどがあります。

これらのプラットフォームでは、さまざまなアーティストやクリエイターが作成したNFTが展示・販売されています。

購入には通常、Ethereumなどの暗号通貨が必要です。

NFTのスキルが活かせる職種とは?

NFT(ノンファンジブルトークン)に関する知識や経験を習得することで、ブロックチェーン技術、デジタルアート、仮想資産管理、オンラインマーケットプレイス開発など、急速に成長している分野で多様な仕事を担当することが可能です。

NFTはデジタルアセットの所有権を証明する一意のデータユニットであり、アート、コレクティブル、ゲーム内アイテム、音楽など、さまざまな形式のデジタル作品に適用されます。

以下に、NFT関連のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. NFTアーティスト/クリエイター:
    • デジタルアート作品やコレクティブルを制作し、NFTとしてミント(発行)します。
    • オンラインマーケットプレイスで作品を販売し、デジタルアセットとしての価値を生み出します。
  2. ブロックチェーン開発者:
    • NFTプロジェクトやプラットフォームの開発に携わります。
    • スマートコントラクトの設計と実装、ブロックチェーン技術の適用を行います。
  3. 仮想資産マネージャー/アドバイザー:
    • NFTやその他の仮想資産の投資ポートフォリオを管理し、投資戦略を提案します。
    • 市場動向の分析、価値評価、リスク管理を行います。
  4. マーケットプレイス運営者:
    • NFTマーケットプレイスの運営や管理を行います。
    • プラットフォームのUI/UXデザイン、ユーザーサポート、取引の監視などを担当します。
  5. 法務顧問/知的財産権専門家:
    • NFT関連の取引や契約における法的アドバイスを提供します。
    • 著作権、ライセンス契約、知的財産権の保護に関する指導を行います。
  6. マーケティング/PRスペシャリスト:
    • NFTプロジェクトやアーティストのプロモーション戦略を立案し、実行します。
    • ソーシャルメディア、コンテンツマーケティング、イベント企画を通じて、ターゲットオーディエンスとのエンゲージメントを高めます。

NFTはデジタル経済の新たな領域を拓き、アーティストやクリエイターに新しい収益源を提供し、コレクターや投資家には新たな投資機会をもたらしています。

この分野では、技術的なスキル、クリエイティブな才能、ビジネスやマーケティングの知識が融合し、多様な機会が生まれています。

まとめ

NFT(エヌエフティー)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、NFTがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下のような記事も紹介しています。