【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年7月】ブロックチェーンがわかる本おすすめ3選+最新情報

「ブロックチェーンがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

ブロックチェーンについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

ブロックチェーンとは、データを透明で改ざん不可能な方法で記録する分散型デジタル台帳技術です。各「ブロック」には取引データが含まれ、暗号技術によりチェーン状に連なっていきます。この技術は、金融から医療、不動産まで様々な分野で応用されており、透明性とセキュリティを強化しながら、仲介者なしに取引が可能になります。ブロックチェーンは、信頼と効率の新時代を導いています。

まずはじめに、ブロックチェーンがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ITプロフェッショナル:ブロックチェーン技術の基本原則と応用を学びたい。
  • ビジネスリーダーや起業家:ブロックチェーンがビジネスに及ぼす影響を理解し、新しいビジネスチャンスを探している。
  • プログラマーやソフトウェア開発者:ブロックチェーンベースのアプリケーション開発に興味がある。
  • 金融業界の専門家:ブロックチェーンを利用した新しい金融サービスの可能性を探求したい。
  • 法律の専門家:ブロックチェーン技術に関連する法的な課題や規制を理解したい。
  • 教育者:ブロックチェーンの概念を学生に教えたい。
  • 投資家:ブロックチェーン関連の投資先や市場動向を分析したい。
  • データセキュリティの専門家:分散台帳技術によるセキュリティ強化の方法を学びたい。
  • テクノロジーに興味を持つ一般読者:ブロックチェーンの基礎知識を得て、テクノロジーのトレンドを追いたい。
  • 政策立案者や公共管理者:ブロックチェーンが公共セクターに与える影響を理解したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

ブロックチェーンがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報、評判・口コミを紹介します。

ブロックチェーンのしくみと開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書

書籍情報

コンセンサス・ベイズ株式会社(著)技術評論社(出版社)2019/9/2(発売日)288P(ページ数)

ブロックチェーンの基礎技術と最新状況がわかる! 

本書は、ブロックチェーンの基本やしくみ、開発手法やツールなどを一通り学ぶことのできる図解入門書です。

ブロックチェーンの基礎技術としては、最も普及しているビットコインブロックチェーンや、スマートコントラクトのプラットフォームとして注目されるイーサリアムなどを題材に解説を行い、現在のブロックチェーンの技術的課題や最新動向もしっかりフォローします。

エンジニア1年生、フィンテック業界への転職・就職を目指す人、ブロックチェーンを導入したい企業の担当者に向け、豊富なイラストや具体的な資料を用いてわかりやすく解説します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

一歩目からの ブロックチェーンとWeb3サービス入門 体験しながら学ぶ暗号資産、DeFi、NFT、DAO、メタバース

書籍情報

暗号資産、DeFi、NFT、DAO、メタバース......これからのビジネスを担う要素を体験して学ぶ!

キーワードとしてよく聞くのに、意外とわかりにくい「ブロックチェーン」と「Web3」の基本を納得感を持って理解できる

ビジネスパーソンとエンジニア初心者のための入門書。

今話題のChatGPTなど生成AIとの関係も紹介!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

ブロックチェーン技術概論

書籍情報

山崎 重一郎, 安土 茂亨, 金子 雄介, 長田繁幸(著)講談社(出版社)2021/6/28(発売日)621P(ページ数)

ブロックチェーンの決定版教科書!
基礎から実践まで、豊富なイラストでよくわかる。
学生からSE、エンジニアまでブロックチェーンを学びたい全ての人のためのテキスト。

トラストレスとは? 分権とは? コンセンサスとは? 
知っているようできちんと知らないキーワードがしっかりわかる。
最新の暗号技術、匿名化技術、ゲーム理論、分散処理技術の基礎知識と合わせながら学ぶことができる。

大学の講義や企業の技術者教育に用いることができるよう、15章立てで構成。章末の演習問題付き。
本文カラー。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ブロックチェーンの名著・ロングセラー本

ブロックチェーンについての名著やロングセラー本を紹介します。

ブロックチェーンでできる30のこと

書籍情報

瀧澤 龍哉(著)幻冬舎(出版社)2021/9/17(発売日)190P(ページ数)

生活を便利に変えるテクノロジーとその仕組み、さらにはその活用方法まで、「業界の革命児」が丁寧に解説。

ブロックチェーンを「活用」できれば、見える世界が変わってくる! 

amazon.co.jp書籍情報より引用

ブロックチェーン実践入門: ビットコインからイーサリアム、DApp開発まで

書籍情報

Bikramaditya Singhal , Gautam Dhameja , Priyansu Sekhar Panda(著)面 和成(翻訳)オーム社(出版社)2020/10/17(発売日)376P(ページ数)

ブロックチェーンの仕組みからシステム設計まで解説した定番書を翻訳!

本書は、ブロックチェーンの登場から仕組み、関連技術やシステム設計について解説した入門書です。

注目されているビットコインやイーサリアムについても言及しています。ブロックチェーンアプリケーション開発やイーサリアムDAppの構築もできるようになります。

ブロックチェーン技術を学ぶために役立つ一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ブロックチェーン 相互不信が実現する新しいセキュリティ

書籍情報

岡嶋 裕史(著)講談社(出版社)2019/1/17(発売日)289P(ページ数)

参加者が誰もお互いを信用し合っていないからこそ、正確な計算結果が未来永劫保存される──。

暗号通貨(仮想通貨)ビットコインを支える仕組みとして登場したブロックチェーンは、かつてのインターネットのように新たなインフラへと育ちつつある。

本書はその本質と構造をわかりやすく解説し、新たな応用先まで展望。

技術解説書のトップ著者が挑んだ、「これ1冊で網羅できる」ブロックチェーンの決定版入門書!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ブロックチェーンをビジネスで活用する

書籍情報

PwCあらた有限責任監査法人(編集)中央経済社(出版社)2021/4/30(発売日)200(ページ数)

技術的な強みを背景に、ビジネスとしての信頼性をどう実現し、展開していくか。

関連する法律・会計・監査のポイントや金融取引以外に広がる実態も取り上げ、課題を整理する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み

書籍情報

杉井 靖典(著)インプレス(出版社)2017/8/25(発売日)394P(ページ数)

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリテッド)読み放題で体験できる書籍です。

■ビジネスパーソンのための、いちばんやさしい解説

「ブロックチェーンは難しい」と思っていませんか?

本書は「ブロックチェーン推進協会」の副理事長をつとめるカレンシーポート株式会社の杉井靖典氏が、ブロックチェーンの仕組みや成り立ちを一から丁寧に解説しています。

ブロックチェーンを支える「暗号技術」や「分散ネットワーク」、""価値""の保持者を特定する「ウォレット」、取引を記録する「トランザクション」、契約執行を可能にする「スマートコントラクト」など、難しい概念や機能を、平易な言葉と豊富な図版で解しているので、これからブロックチェーンを学びたい人が最初に読むのに最適です。

■フィンテックだけじゃない! まだまだ広がるブロックチェーンの活用領域

ビットコインの基盤技術である「ブロックチェーン」。

不正が難しい取引手段としてフィンテック業界を中心に大きな注目を集めています。

しかし、ブロックチェーンは金融だけのものではありません。

流通や貿易、不動産、ゲーム、広告、マーケティング、シェアリング、選挙などなど、さまざまなビジネス領域で活用できるのです。

本書では、ブロックチェーンの仕組みを紐解きながら、ビジネス活用の事例をじっくり紹介しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のブロックチェーンの本

近日発売予定やこれまでに発売されたブロックチェーンの関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

7月に発売されるブロックチェーンの関連書籍は見つかっていません。

エンジニアのためのWeb3開発入門 イーサリアム・NFT・DAOによるブロックチェーンWebアプリ開発

書籍情報

愛敬 真生 , 小泉 信也 , 染谷 直希(著)インプレス(出版社)2024/3/1(発売日)336(ページ数)

●これ1冊でWeb3アプリ開発に必要な知識が学べる!

本書は、イーサリアム・NFT(非代替性トークン)・DAO(自律分散型組織)によるブロックチェーンWebアプリ開発の入門書です。

Web3の理解が難しいとされる一因は、必要な技術領域が多岐にわたることです。
たとえば、ブロックチェーンの理解だけではWeb3アプリを作成できません。
従来のWebシステム全般の知識、ブロックチェーンとの接続方法、ウォレットの扱い方、Web3ビジネスの知識など、周辺の知識とスキルが必要となります。

そこで本書では、知識ゼロからNFTやDAOを活用したWeb3アプリを構築できるよう、開発者目線で必要な知識を選り抜いて解説しています。
Web3の概要、要素技術の解説から、イーサリアムを利用したサンプルアプリやNFTマーケットプレイス、DAOの開発・実装方法、ブロックチェーンネットワークの作り方やノードプロバイダーとの接続方法まで、これ1冊でWeb3アプリ開発に必要な知識を包括的に学べるようにしています。

Web3の要素技術を学びたい方、Web3を活用したサービス・アプリケーション開発に興味がある方にお勧めの1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Web3の未解決問題

書籍情報

松尾真一郎, 崎村夏彦, 楠正憲, 阿部涼介, 小泉遼平, 掛林美智, 北條真史, 鳩貝淳一郎, 清水一平, 栗田青陽(著)日経BP(出版社)2024/2/29(発売日)200(ページ数)

前著『ブロックチェーン技術の未解決問題』における考察のターゲットはビットコイン、つまり支払いという極めて単純な処理だった。しかしブロックチェーン技術についてはその後、スマートコントラクト、いわゆる分散型金融、NFT、DAO、そしてWeb3(Web3.0)など、単純な支払いよりもはるかに広範囲の応用に向けたトライが行われている。

ブロックチェーンとその応用は、現在日本政府の政策議論のイシューにもなっている。一方で我々は2022年以降、人間の業としての暗号資産バブルの崩壊を目の当たりにし、暗号資産の流出を防げていない。さらに、規制当局の規制目標である消費者保護、金融犯罪への対応、金融安定上の課題はますます増えている。

こうした現状を踏まえると、ブロックチェーンとその応用について、改めて技術面でできること・できないこと、力不足と限界の部分、努力すれば解決できる部分(それは、ビジネス上の差異化要素にもなる)を整理することが重要である。SNSやイベントで飾ったストーリーを話す人よりも、そのような知見を持った人材こそが重要になる。

2024年に発行する本書は、ビジネスパーソンの理解の醸成に加え、今後この世界で活躍する若者が正しい課題設定を認識して、より建設的なトライができるようにする、人材育成コンテンツとしての意味も持っている。改めてブロックチェーンの技術的な整理を行うとともに、新たに生じた課題を含めて、現在の課題を詳細に説明していくことを目標にする。 (「はじめに」より一部抜粋・修正)

amazon.co.jp書籍情報より引用

エンジニアのための 実践SYMBOLブロックチェーンアプリケーション

書籍情報

株式会社OpeningLine(著)秀和システム(出版社)2023/11/18(発売日)328(ページ数)

ブロックチェーン技術が登場してから10年以上が経過し、その影響力はビジネスや社会に広がりを見せています。
すでに多数の文献やドキュメントがありますが、理論と概念を説明するだけのものがほとんどで、具体的な実装やアプリケーション開発の手順を示しているものが少ないのが現状です。

本書は、そういった理論と実践のギャップを埋めるための書籍です。
次世代のエンタープライズ向けブロックチェーンプラットフォーム「Symbol」を活用し、アプリケーションやシステムを構築するための実用的なガイダンスを提供しています。

Symbolブロックチェーン(以前は「NEM」と呼ばれていました)は、エンタープライズ向けに開発されているため、ビジネスユースでのシステム構築(暗号通貨による決済システム、スマートコントラクト、ファイルなどの実物性の証明、トレーサビリティの追跡システムなど)に有用な機能を構築しやすくなっています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

初心者向け

初心者向けのブロックチェーンの本を発売日の新しい順に紹介します。

この先生きのこるためのお金とコミュニティ 13 歳からわかる金融・デジタルリテラシー

書籍情報

ブロックチェーン、NFT、暗号資産、Web3、AI 新しい時代に「お金」はどう変わる? 
今、あらゆる世代が身につけておくべき教養の書。

ブロックチェーン技術によって暗号資産が誕生し、お金の在り方が今、大きく変わろうとしている。
既存のお金の概念から、新しい価値の概念へ、なにがどう変わろうとしているのかーー。

最先端のITエンジニアで、スタートアップ企業の立ち上げを行ってきた著者がすべての世代に贈る「この先生きのこるための」必読書!

amazon.co.jp書籍情報より引用

ブロックチェーンの本

書籍情報

浦岡 行治(著)電気書院(出版社)2023/3/8(発売日)140P(ページ数)

専門書を読み解くための体系的で確実な基礎知識を、わかりやすく解説した入門書シリーズ。

本書はブロックチェーン技術の仕組みやこれからの将来性について、平易に説明しています。

この技術は、ビットコインなどの暗号通貨だけでなく、ゲーム、医療、スポーツ、社会インフラなど、様々な分野に応用する活動は、すでに始まっており、実はすでに我々のくらしに欠かせないものとなっています。

具体例を紹介しながら進めていくので、初学者の方が理解しやすい1冊に仕上げました。

ぜひ本書でブロックチェーンに寄り添ってみてください。

amazon.co.jp書籍情報より引用

絵で見てわかるブロックチェーンの仕組み

書籍情報

米津 武至(著)翔泳社(出版社)2020/12/21(発売日)256(ページ数)

仮想通貨や契約管理を実現する仕組みを豊富なイラストで解説! 

ビットコインやイーサリアムなど、仮想通貨(暗号資産)の基盤として注目が集まるブロックチェーンですが、分散台帳システムとして、契約や取引など「価値のある情報」を、「信頼性が高い」形で共有するための情報基盤としての利用も進められています。

本書は、ブロックチェーンを専門としないネットワークやアプリケーション領域のエンジニアに向け、
・ネットワーク構造: P2Pネットワーク
・データの内部構造:トランザクション、ブロックなど
・信頼性の担保:暗号技術、合意形成アルゴリズムなど

といった多角的な側面から、
「ブロックチェーンとは何か」
「ブロックチェーンはどのように動くのか」
「ブロックチェーンはどのように利用されるのか」
など、ブロックチェーンを幅広く、技術的な観点で解説する一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

マンガでわかるブロックチェーンのトリセツ

書籍情報

森 一弥 , 佐倉 イサミ(著)小学館(出版社)2020/7/6(発売日)

仮想通貨の基幹技術として注目度が高まったブロックチェーンですが、その技術は「インターネット以来の発明」と言われ、すでに社会のインフラとして金融領域はもちろん、電力や医療、農業、貿易管理、登記簿管理、選挙などあらゆる領域で実装が進んでいます。

これまではエンジニアなど一部の人が知っておけば十分でしたが、今後は文系のビジネスパーソンもブロックチェーンの仕組みや、これがどんなことに活用できるのかといった最低限の知識が必要とされる時代になってきます。

本書では、ブロックチェーンの仕組みや有用性について、マンガと豊富なイラストでわかりやすく解説。老若男女を問わず、テクノロジーに苦手意識のある文系ビジネスパーソンでも抵抗なくブロックチェーンの基礎が学べます。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

学生・ビジネスパーソン向け

学生・ビジネスパーソン向けのブロックチェーン本を発売日が新しい順に紹介します。

〈増補版〉 教養としてのテクノロジー AI、仮想通貨、ブロックチェーン

書籍情報

伊藤 穰一(著)講談社(出版社)2023/10/13(発売日)192(ページ数)

経済の未来は?  AI時代の労働とは? 日本はどう変わるべきか?

テクノロジーの進化が、世界を大きく変えている。
第一人者が、さまざまな実例を示しながら、技術的な視点のみならず思想的な側面から、最新技術が経済や社会に与える影響と役割を考える。

新書刊行時に大きな反響を呼んだベストセラーを、アップデートした決定版!

amazon.co.jp書籍情報より引用

ブロックチェーン技術のリスクを乗り越える法 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

書籍情報

リード・ブラックマン(著)DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部(編集)ダイヤモンド社(出版社)2023/9/27(発売日)23(ページ数)

ブロックチェーン技術を簡単に説明すれば、複数のコンピュータ上に変更不可能な取引記録を保持する仕組みであり、新たな取引がなされた場合は、必ずすべてのコンピュータに同時に記録される。

この基本的性能は非常に魅力的だが、組織とその利害関係者にとっては、倫理面、風評面、法的側面、経済面などにおいて新たな不安要素をはらんでいる

本書では、第三者による保護の欠如、プライバシーの侵害、不適切なガバナンスなどのリスクについて、ブロックチェーンの管理の上で重要な役割を果たす開発者とユーザーの責任について論じる。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2022年12月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

基礎からわかるブロックチェーン(上)基礎編、(下)発展編

書籍情報

ケビン・ワーバック(著)山崎 重一郎(監修)山崎 裕貴(翻訳)ニュートンプレス(出版社)2022/9/16(発売日)
ケビン・ワーバック(著)山崎 重一郎(監修)山崎 裕貴(翻訳)ニュートンプレス(出版社)2022/9/16(発売日)

 ビットコインなどの暗号通貨の基盤技術として知られるブロックチェーン。この新技術は,今や暗号通貨のみならず,不動産,食品業界,地方自治体など,さまざまな分野で活用されています。

 本書は,複雑で難解とされるブロックチェーンについて,基礎からわかりやすく解説。下巻では,ブロックチェーンと法律の関わりや問題点,インターネットよりさらに一般的に,便利に活用される方法などについて,紹介します。
 この新技術によって,私たちの生活はどう変わっていくのか。その可能性を探っていきます。

※本書は2021年発行『ブロックチェーンの技術と革新 ブロックチェーンが変える信頼の世界』をニュートン新書として発行したものです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ブロックチェーンがひらく「あたらしい経済」

書籍情報

正田 英樹ほか(著)幻冬舎(出版社)2020/8/26(発売日)232P(ページ数)

今、ブロックチェーンは世界同時競争が起こっている。
そして日本の企業に勝機は、ある。
あらゆる業界のビジネスパーソンが知るべき最先端技術の知識と活用事例を紹介。 

2015年からブロックチェーンに関する研究や実証実験を開始し、国内外の様々なブロックチェーンプロジェクトのシステム開発やコンサルティングを行ってきたChaintope。

そんなChaintopeが本書でブロックチェーン技術の仕組みに加えて、現在の日本で動き出している地域コイン、電力の価値証明、流通トレーサビリティ、不動産の権利証明、IoTとの連携など様々な領域のブロックチェーン活用事例を紹介。
そしてブロックチェーンがより浸透したもうすぐそこにある未来に、私たちの仕事や生活がどのように変化していくか、これから訪れる「あたらしい経済」についてを指し示す。 

現在のインターネットのように私たちの経済や生活と切り離せなくなる技術となるであろうブロックチェーン。
そしてさらに誰もが予想していなかった新型コロナウイルスによってブロックチェーンが必要となるタイミングは確実に早まっている。
大きな社会変革をもたらすブロックチェーン技術を、具体的にどのように様々なビジネスや産業で活用していくべきか。
あらゆる業界のビジネスパーソンが知るべきブロックチェーンの知識とビジネス活用事例が学べる一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ブロックチェーン革命[新版] 分散自律型社会の出現

書籍情報

野口 悠紀雄(著)日本経済新聞出版(出版社)2020/8/4(発売日)416P(ページ数)

■2017年1月に刊行した単行本『ブロックチェーン革命』を文庫化。

複雑でわかりにくいとされるブロックチェーンの仕組み、仮想通貨、フィンテック、IoTなどへの応用から、より幅広い経営組織のイノベーションまで型包括的に解説し、ブロックチェーン技術に基づく分散自立型社会についても展望します。

特に、「自立分散型社会」の実現につながる技術として、スマートコントラクトなど、その原理的な可能性を平易に紹介している点が特色です。
情報関連分野の優れた書籍に授与される「大川出版賞」も受賞しています。

■文庫化にあたって、中国のデジタル人民元をはじめとする中央銀行によるデジタル通貨構想、ビットコインをめぐる情勢の変化、リブラの登場などについてフォローし、内容を一部改訂しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?

書籍情報

坪井 大輔(著)翔泳社(出版社)2019/7/12(発売日)248P(ページ数)

仮想通貨ブームが終わった今、
ブロックチェーンの再生を図るベンチャー経営者渾身の書き下ろし! 


インターネットの初期に描かれた分散・自律・自由の夢はGAFAなどのプラットフォームへの情報集中によってなくなったかのように思えます。

中心的な管理をともなわないブロックチェーンの技術は、こうした一極集中を破壊し、新たな可能性を築くものです。

一連の仮想通貨市場の混乱と停滞によって期待が落ち着いたかにみえるブロックチェーンですが、その可能性は消えるどころか、世界的な産業の取り組みや、実証実験の進展によってますます高まっています。

この本は、これまでテクノロジーとして語られたブロックチェーンをビジネスの手段として捉え、既存産業にどのようなインパクトを与えるのか、どのようなビジネスモデルを描けるのか、人・組織・社会の将来イメージをどのように描けるのかをベンチャー創業者の経験と実践、ビジョンを踏まえた視点で書き下ろしたものです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ブロックチェーン・レボリューション

書籍情報

ドン・タプスコット, アレックス・タプスコット(著)ダイヤモンド社(出版社)2016/12/2(発売日)

世界経済に将来、最も大きなインパクトを与える技術が誕生した。
人工知能でも、自動運転車でもない。
IoTでも、太陽エネルギーでもない。
それは、「ブロックチェーン」と呼ばれている――

クレイトン・クリステンセン(『イノベーションのジレンマ』著者)
スティーブ・ウォズニアック(Apple共同創業者)
マーク・アンドリーセン(Netscape開発者、Facebook取締役)
伊藤穰一(MITメディアラボ所長)
ら多数の著名人が激賞する、「ブロックチェーン」解説書の普及版にして決定版。

インターネットに比肩する発明によって引き起こされる革命の全貌が、多数のキーマンや企業への取材によって明かされる必読の1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

エンジニア向け

エンジニア向けのブロックチェーン本を発売日が新しい順に紹介します。

ブロックチェーンの基礎からわかる スマートコントラクトのセキュリティ入門

書籍情報

矢内直人 , 加道ちひろ , 岡村真吾(著)科学情報出版(出版社)2023/8/25(発売日)199(ページ数)

ブロックチェーンはビットコインを開発する過程で作られた技術でした。
ブロックチェーンが出てきたことで暗号通貨に限らず、様々な技術も登場しています。
スマートコントラクトはその最たる例であり、昨今メディアやソーシャルネットワークサービスなどで目にする非代替性トークン(Non-Fungible Token, NFT) も、このスマートコントラクトから派生した技術です。

本書の対象者はスマートコントラクトについて、とくにセキュリティ技術の観点から学びたい読者を主な対象としています。

ブロックチェーンの基本的な部分から学びたい読者に向けて、主に書籍のタイトル通り「スマートコントラクトのセキュリティ」について、とくにEthereum スマートコントラクトの観点から紹介します。
ここでいうセキュリティとは、スマートコントラクト自体の脆弱性と、スマートコントラクトでセキュリティ技術を構成した場合の両方を想定しています。

4章では、Ethereumスマートコントラクトの脆弱性について、各脆弱性に関連するコードを参考にしながら、その原理と対策を学びます。
実際にEthereumスマートコントラクトのコードを書きたい、あるいは書いている方は、参考になるはずです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

現代暗号技術入門

書籍情報

デイビット・ウォン(著)高橋 聡(翻訳)日経BP(出版社)2022/6/30(発売日)639P(ページ数)

社会で役立つ「暗号のしくみ」と、いま知るべき「応用暗号学」を暗号学&暗号通貨の専門家がやさしく教えます。

暗号の基本から、暗号通貨、ハードウェア暗号、耐量子暗号、次世代技術までをこの1冊でカバー。
仮想通貨、Web3が注目される今だからこそ、それらを支える暗号技術の真髄を伝えます。

【本書の対象読者】
・現実世界で使われている暗号のしくみに興味があって、その基本を知りたい―
・各製品で実装されたり利用されている暗号学に関する実用的な本がほしい―
・暗号通貨やハードウェア暗号、耐量子暗号など、最新の応用暗号学を押さえたい―
こうした学生、ビジネスパーソン、開発者、コンサルタント、セキュリティエンジニアの方々。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ビジネスブロックチェーン実践活用ガイド

書籍情報

長瀬 嘉秀, 亀井 亮児, 松本 哲也(著)ラブロック株式会社(監修)マイナビ出版(出版社)2021/10/26(発売日)264P(ページ数)

ブロックチェーン技術をビジネスに活用するための知見とヒント! 

企業の業務システムにブロックチェーン技術を組み込むことを「ビジネスブロックチェーン」といいます。

ブロックチェーン技術の特徴であるトレーサビリティ(追跡可能性)、トランスペアレンシー(透過性)、スマートコントラクト、改ざん防止などを活用して、信頼性の高い仕組みを構築します。 

医療情報、サプライチェーン、物流、食品安全性の確認など、様々なところでこのブロックチェーン技術が使われ始めています。 

本書は業務システムでのブロックチェーン技術活用の例を紹介するとともに、Rablock、Amazon Managed Blockchainを使った実装を解説していきます。

ビジネスブロックチェーンを実際に動かして体験することで、どのように実装すれば良いか、掴むことができるでしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

暗号と認証のしくみと理論がこれ1冊でしっかりわかる教科書

書籍情報

光成 滋生(著)技術評論社(出版社)2021/9/24(発売日)312P(ページ数)

TLS1.3やHTTP/3から量子コンピュータまで最先端の技術を紹介

テレビ会議やリモートワークが普及する中、情報を守る暗号や本人確認のための認証技術の重要性が増しています。

本書は公開鍵暗号や署名などの理論を基礎から詳しく解説し、TLS1.3やHTTP/3、FIDOなどの新しい技術も紹介します。

更にブロックチェーンで注目されている秘密計算、ゼロ知識証明、量子コンピュータなど最先端の話題も扱います。

(こんな方におすすめ)
・暗号と認証の基礎を学習したい人。Web担当者やセキュリティ担当者など。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ブロックチェーン 仕組みと理論 増補改訂版

書籍情報

赤羽喜治, 愛敬真生(著)リックテレコム(出版社)2019/7/27(発売日)392P(ページ数)

仮想通貨の相場が下落し、人々の過度な期待が幻滅に転じても、それを支える技術には希望が満ちている。

この本はそうした技術が描き出す未来を、豊富な実例と詳しい図表とで丁寧に紹介している。

ブロックチェーンの可能性に賭けてみようと思う人は、是非、この本が描く未来の姿をしっかりと見届けてほしい。

<京都大学 公共政策大学院教授 岩下直行>
大好評を博した旧版の刊行から3年、ブロックチェーンを巡る社会と技術の激動に、全面改訂と大幅な増補でキャッチアップします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門

書籍情報

田篭 照博(著)技術評論社(出版社)2017/10/27(発売日)240P(ページ数)

ビットコインを支えるブロックチェーンの仕組み
Etheruemとスマートコントラクト開発
セキュアなブロックチェーンアプリ開発

ブロックチェーンの技術は、ビットコインに代表される仮想通貨に使用されるだけでなく、従来のように中央集中管理型のシステムに比べて、改ざんが難しく、かつ低予算で構築できることから、幅広い分野への応用が期待されています。
例えば、地域通貨や電子クーポン、有価証券、投票、電子チケットの偽造・転売防止などです。

本書では、ブロックチェーンの関連する暗号化技術などを解説します。
さらに、スマートコントラクト開発で注目されるEthereum(イーサリアム)のセキュリティ対策まで言及しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

法律家・税務者向け

法律家・税務者向けのブロックチェーン本を発売日が新しい順に紹介します。

暗号資産の会計とブロックチェーンのしくみ (図解でスッキリ)

書籍情報

EY新日本有限責任監査法人(編集)中央経済社(出版社)2023/9/6(発売日)200(ページ数)

暗号資産の概要やリスク、会計処理、所得税の取扱いについて、1テーマごとに図解&見開きで解説。

NFT等最新論点を入れ「仮想通貨の会計とブロッチェーンのしくみ」を改題。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Web3への法務Q&A

書籍情報

野口 香織(著, 編集)一般社団法人金融財政事情研究会(出版社)2022/12/9(発売日)309P(ページ数)

◆Web3をめぐる話題の5大テーマ(1ブロックチェーン、2NFT・NFTマーケット、3Play to Earn、4DeFi、5メタバース)の法的論点と税務について、全65問のQ&A形式で解説。

◆法律家によるブロックチェーンの理解を一歩進める1冊

amazon.co.jp書籍情報より引用

ブロックチェーン よくある質問と回答

ブロックチェーンについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

ブロックチェーンとは何ですか?

回答: ブロックチェーンは、デジタルデータの記録を分散して管理する技術です。

情報は「ブロック」と呼ばれるデータの単位に格納され、それぞれが時間の経過とともに「チェーン」のようにリンクされていきます。

各ブロックは暗号化されており、改ざんが非常に困難です。

この技術は、暗号通貨の基盤として最もよく知られていますが、金融、サプライチェーン、契約管理など様々な分野で応用されています。

ブロックチェーンの主な利点は何ですか?

回答: ブロックチェーンの主な利点には以下のものがあります:

  1. 改ざん耐性: 一度ブロックチェーンに記録されると、データの改ざんが非常に困難です。
  2. 透明性: ブロックチェーン上のすべての取引は参加者に開示され、追跡可能です。
  3. 分散化: 中央の権威や仲介者が不要で、ピアツーピアの取引が可能です。
  4. 効率性と速さ: 伝統的な金融システムよりも迅速な取引処理が可能です。
  5. セキュリティ: 高度な暗号技術により、データのセキュリティが強化されます。

ブロックチェーンとビットコインの関係は?

回答: ブロックチェーンはビットコインの基盤技術です。

ビットコインは、ブロックチェーン技術を使用して最初に実装されたデジタル通貨であり、ブロックチェーンはビットコインの取引記録を保持するために使用されています。

ビットコインの成功は、ブロックチェーン技術の有用性を世界に示し、その後の多くの暗号通貨やその他のアプリケーションへの応用に道を開きました。

ブロックチェーンの応用例を教えてください。

回答: ブロックチェーンの応用例には、以下のようなものがあります:

  1. 暗号通貨: ビットコインやイーサリアムなどのデジタル通貨。
  2. スマートコントラクト: 予め定められた条件に基づいて自動的に実行される契約。
  3. サプライチェーン管理: 商品の追跡と透明性の向上。
  4. 投票システム: 透明性とセキュリティを高めた電子投票。
  5. デジタルアイデンティティ: 個人のデジタル身元情報の管理。
  6. 医療記録の管理: 患者の医療記録の安全な共有と管理。

ブロックチェーンのデメリットや課題は何ですか?

回答: ブロックチェーンの主なデメリットや課題には、以下のものがあります:

  1. スケーラビリティ: 大量の取引を処理する際の性能問題。
  2. エネルギー消費: 特にビットコインのようなプルーフ・オブ・ワーク方式は多大な電力を消費します。
  3. 法的・規制的な不確実性: 新しい技術であるため、法律や規制が追いついていない場合があります。
  4. ユーザビリティ: 一般ユーザーにとっては技術的な複雑さが理解しにくいことがあります。
  5. プライバシーの懸念: すべての取引が公開されるため、プライバシーの保護が難しい場合があります。

ブロックチェーンのスキルが活かせる職種とは?

ブロックチェーンに関する知識や経験を習得することで、金融、技術、法律、コンサルティング、教育など、多岐にわたる分野で仕事を担当することが可能です。

ブロックチェーン技術は、その透明性、改ざん防止性、分散性などの特徴により、多くの業界で革新的な変革をもたらしています。

以下に、ブロックチェーン関連のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. ブロックチェーン開発者:
    • 分散型アプリケーション(DApps)、スマートコントラクト、カスタムブロックチェーンソリューションの開発に従事します。
    • Ethereum、Hyperledger、Polkadotなどのプラットフォームでの開発作業を行います。
  2. ブロックチェーンプロジェクトマネージャー:
    • ブロックチェーンプロジェクトの計画、実行、監視を担当します。
    • 技術チームとビジネスチーム間の橋渡し役として、プロジェクトの目標達成をサポートします。
  3. 暗号通貨アナリスト:
    • 暗号通貨市場の分析、トレンドの予測、投資戦略の立案に関わります。
    • マーケットデータの分析や投資家へのアドバイスを提供します。
  4. ブロックチェーンコンサルタント:
    • 企業や組織に対して、ブロックチェーン技術の導入と活用に関するコンサルティングサービスを提供します。
    • ビジネスプロセスの最適化、セキュリティ向上、コスト削減などの解決策を提案します。
  5. ブロックチェーン法務専門家:
    • ブロックチェーンプロジェクトや暗号通貨に関連する法的課題や規制の対応を支援します。
    • スマートコントラクトの法的側面、ICO(Initial Coin Offering)の規制対応などを担当します。
  6. ブロックチェーン教育者/トレーナー:
    • 学生やプロフェッショナルに対して、ブロックチェーン技術や暗号通貨に関する教育プログラムを提供します。
    • ワークショップ、セミナー、オンラインコースを通じて、ブロックチェーンの基礎から応用までを指導します。

ブロックチェーン技術はまだ発展途上であり、新しいアプリケーションやビジネスモデルが継続的に生み出されています。

このため、ブロックチェーンに関する深い理解と柔軟な対応能力は、これからのデジタル経済において高い価値を持つと言えます。

ブロックチェーン関連の職種では、技術的スキルだけでなく、新しい技術トレンドへの理解、創造的な問題解決能力、ビジネスへの応用能力が求められます。

まとめ

ブロックチェーンについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、ブロックチェーンがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。