【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年6月】ビットコインがわかる本おすすめ3選+最新情報

「ビットコインがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

ビットコイン(Bitcoin)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

ビットコインは、2009年に発明された最初のデジタル暗号通貨です。中央銀行や単一機関の管理を受けず、P2P(ピア・トゥ・ピア)技術とブロックチェーンを利用して取引が行われます。ビットコインの特徴は、供給量が最大約2100万枚に限られていること、取引の透明性、およびセキュリティが高いことです。世界中の多くの人々にとって、新しい形の資産および決済手段として注目されています。

まずはじめに、ビットコインがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 暗号資産(仮想通貨)に興味を持つ投資家:ビットコインの基本と投資戦略を学びたい。
  • ブロックチェーン技術に関心を持つ開発者:ビットコインの技術的背景とその仕組みを理解したい。
  • 経済学や金融学の学生:新しい金融技術としてのビットコインを研究したい。
  • ビジネスリーダー:ビットコインがビジネスに及ぼす影響を評価したい。
  • 法律の専門家:ビットコインに関連する法的な枠組みと規制を理解したい。
  • テクノロジーに興味を持つ一般読者:デジタル通貨のトレンドと将来性について知りたい。
  • マーケティング専門家:ビットコインを活用した新しいビジネスモデルに興味がある。
  • 教育者:金融技術の進化としてビットコインを教材に含めたい。
  • ITセキュリティの専門家:デジタル資産のセキュリティとプライバシー保護に関心がある。
  • 政策立案者や公共管理者:デジタル通貨の社会経済への影響を分析したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

ビットコインの本 おすすめ3選

ビットコインがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

ビットコインかんたんスタートガイド (100%ムックシリーズ)

書籍情報

2024年3月、型破りの爆上げとバブル崩壊を繰り返していたビットコインがなんと1BTC=1000万円を超えました!

「一体何が起きているのか?」「これからどうなるのか?」「今からはじめても儲かるのか?」そんなギモンにお答えします!

いつかはじめたいと思っていた人も、経験者の再入門も大歓迎!

難しすぎる話は他の専門書に任せて、この本では取引のはじめかたが知識ゼロからわかるように、6ステップでやさしく説明していきます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ビットコイン・スタンダード

書籍情報

S・アモウズ(著)J・モーリス(その他)練木 照子(翻訳)ミネルヴァ書房(出版社)2021/7/20(発売日)274P(ページ数)

世界中で読まれているビットコインの基本書、待望の邦訳。

資本主義化の政府債務状態にあって、個人の資産が国家と紐づいている現状は果たして健全といえるだろうか?
ビットコインが提案する「健全な通貨制度」の理想を達成することで、個人と社会の関係性、資本蓄積の方法、交易のありかたはどう変化しうるのか。
貨幣を通して人類の未来を問う。

(原書 Saifedean Ammous, The Bitcoin Standard: The Decentralized Alternative to Central Banking, John Wiley & Sons, Inc., Hoboken, New Jersey, 2018.)

[ここがポイント]
◎ 世界14か国で翻訳された名著、待望の翻訳。
◎ 貨幣の歴史を丁寧に解説。経済史の理解にも役立つ1冊。
◎ 「そもそもビットコインとは何なのか」を理解するための基本書。

出版社書籍情報から引用

評判・口コミ

最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

書籍情報

大塚 雄介(著)せつこ(ナレーター)ディスカヴァー・トゥエンティワン(出版社)2021/12/23(発売日)360P(ページ数)

・ビットコインとは? 
・ブロックチェーンとは? 
・NFTとは? 

話題に上がったとき、あなたは、説明できるでしょうか? 

これらの名称をニュースなどで目や耳にしない日はないほど、世の中に浸透し認知は広がりました。 
ですが、どれだけの人が、それらの内情を理解しているかというと、現実、それほど多くないように思われます。 
とはいえ、「知っていて当然」の空気をまとい交わされるこれらの名称を、いまさら誰かに聞くのはなかなかむずかしいでしょう。 

自分で調べてみても、情報が多すぎて、何が正しくて何が正しくないのかさえ判断できず、よくわからなかったという声も少なくありません。 

さらに、日々刻々と進化し続けるテクノロジーにより、暗号資産、いわゆる、仮想通貨をめぐる状況は、いま、めまぐるしく変化しています。 
数年前に得た知識なら、一度ブラッシュアップする必要があるのです。 

投資を考えている人にはもちろん、ビジネスパーソンの基礎知識として、 
これからの金融、経済、社会を語るうえで、絶対におさえておきたい情報をこの1冊にまとめました。 

ぜひ入門書として読んでいただければと思っています。 

さあ、時代の波に、一緒に乗っていきましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ビットコインの名著・ロングセラー本

ビットコインについての名著やロングセラー本を紹介します。

【増補・改訂版】ビットコインは5000万円になる! つみたてNISA、iDeCoより「積み立てビットコイン」を始めなさい

書籍情報

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

2018年末に発売し好評をいただいた『ビットコインは5000万円になる! 』の増補・改訂版。 

急成長し価格が高騰しているビットコイン。 
「もう高すぎて買えない」、「投資するには遅すぎる」と考える人も多いが、それは間違いだ。 

ビットコインの成長はこれからが本番。 
少額でも投資できる簡単な方法を緊急指南。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

1万円から始められる ビットコインFX:RYU(著)

書籍情報

RYU(著)総合法令出版(出版社)2020/6/10(発売日)200(ページ数)

一般的にはまだまだ不安定な市場と認識されているビットコインFX。
しかし、少額でも勝負できるレバレッジ制度、法定通貨にはない大きな変動幅、24時間いつでもどこでも取引が可能など多くのメリットが存在し、最近では注目する投資家が増加しています。

著者のRYU氏もまさにその一人で、ビットコインFXで毎月100万円以上の利益を出し、最高月利は1500%を記録したことがあります。
本書はそんなRYU氏が使っているチャートテクニカル分析のノウハウをわかりやすく解説。"勉強しないで勝つ"をモットーに、少ない資金で誰でも確実に稼ぐことを目指した投資本です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ビットコインとブロックチェーン 暗号通貨を支える技術

書籍情報

アンドレアス・M・アントノプロス(著)今井崇也, 鳩貝淳一郎(翻訳)NTT出版(出版社)2016/7/14(発売日)320P(ページ数)

世の中を変えるFinTechのバイブル、邦訳がついに登場!

「ブロックチェーン」に基づく暗号通貨「ビットコイン」の本格的な解説書Mastering Bitcoinの翻訳。

ビットコインの背後にあるブロックチェーン、暗号理論、P2Pネットワーク等を詳細に記載し、グラフや具体例を示しながらわかりやすく解説。

類書にはない深い知識が得られる、ビットコイン、ブロックチェーンを理解するための必読書。

amazon.co.jp書籍情報から引用

評判・口コミ

ビットコイン、強気にならずにはいられない理由:Vijay Boyapati(著)練木照子(翻訳)

書籍情報

Vijay Boyapati, Michael J Saylor(著)練木照子(翻訳)2022/9/24(発売日)122P(ページ数)

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

ここがポイント

ビットコインという史上初のデジタル貨幣ネットワークの重要性と本質について、貨幣論、従来通貨とビットコインの比較、文明社会に与える影響、ビットコインに特有のリスク分析など、客観的な視点から平易な言葉で解説している本です。

初めてビットコインや暗号資産について知りたい人、ビットコインを購入してみたけれど価値や本質がわからなくなってしまった人、ビットコインやブロックチェーンの技術解説書はすでに読んだことがある人、などに一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

最新のビットコイン本

近日発売予定や最近発売された最新のビットコイン本を、発売日が新しい順に紹介します。

6月に発売されるビットコインの関連書籍は見つかっていません。

ビットコイン&仮想通貨 2024 BURST(パワームック)

書籍情報

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

まだまだ間に合う1000万円超え投資術!!

【Chapter1】 今からでも遅くない!!ビットコイン総さらい
【Chapter2】基本から実践しよう! 仮想通貨投資スタートガイド
【Chapter3】 ビットコイン さまさまな投資法
【Chapter4】 もうひとつの選択肢

amazon.co.jp書籍情報より引用

Ordinalsの教科書: ビットコインNFTを初心者向けに解説:キタノドロップ(著)

書籍情報

キタノドロップ(著)Amazon(出版社)2023/7/5(発売日)163(ページ数)

2023年夏、Ordinalsがにわかに注目を集めています。

本書は、ビットコイン版のNFT、Ordinalsを解説した1冊です。
なんとなくOrdinalsを調べてみたけれど、どのような特徴や魅力があるのかが、わかりにくいと感じていませんか?Ordinalsの情報はまだまだ少なく、全体を理解することは難しいですよね。
書籍の中では、小難しい専門用語をかみくだき、図解をたくさん使って解説しました。

具体的には、以下の内容を書いています。・Ordinalsの基本
・OrdinalsとNFTの違い
・Ordinalsで使う専門用語
・Ordinals 3つの特徴
・Ordinalsの歴史
・Ordinalsの市場規模
・人気作品を紹介
・Ordinalsを購入した理由
・Ordinalsの購入方法
・Ordinalsの注意点

実際にOrdinalsを購入できるマーケットプレイスへアクセスし、複数の作品を購入しました。
書籍の中では、購入までの手順や注意点を紹介しています。
実際に支払った金額や、手数料もそのまま公開中。
Ordinalsに興味を持っている方や、ビットコインの将来性を感じている人におすすめの1冊です。

amazon.co.jp書籍情報から引用

初心者向け

ビットコインの初心者向けの本について、発売日が新しい順に紹介します。

ビットコインの歩き方:Alex Gladsteinほか(著)練木照子(翻訳)

書籍情報

Alex Gladsteinほか(著)練木照子(翻訳)2021/9/7(発売日)122P(ページ数)

ここがポイント

世界の国々でいま起きており、将来起きるかもしれないお金がかかえている問題、その問題を解決するために生まれたビットコイン、ビットコインで変わる政治、経済、社会、そしてビットコインがあなたの将来に与える影響について説明し、考えるきっかけを与えてくれる本です。

ビットコインに興味を持っているビットコイン初心者だけでなく、ビットコインに対して懐疑的な人にも一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

サルでも稼げるビットコイン:上野 義治(著)

書籍情報

上野 義治(著)宝島社(出版社)2021/4/9(発売日)192(ページ数)

金融商品として世界的に再注目され、最高値を更新し続けている仮想通貨「ビットコイン」。
「ビットコインなんて怪しい……」。
そう思っている人が多い今こそ、資産倍増のチャンスです。


ビットコイン投資で億り人になった仮想通貨投資家の著者が、資産100倍を実現した成功ノウハウを伝授。
「仮想通貨ってどこで買うの」?という基礎知識から、ビットコインの売買の仕方、買わなくても増やす方法、知らないと損する税金&資産防衛術まで、黄金ルールをやさしく解説します。
初心者でもビットコインで資産を増やすコツがわかる入門書です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

マンガでわかる ビットコインと仮想通貨:三原 弘之(監修)

書籍情報

三原 弘之(監修)サイドランチ(マンガ)池田書店(出版社)2017/12/18(発売日)160(ページ数)

価格の高騰で注目が集まるビットコインですが、金融業界に革命を起こす新たなしくみなだけに色々なリスクもあります。

本書では、これから私たちの生活を変えようとしているビットコインが何なのか? 儲かるのか? 危なくないのか?
メリットだけでなく、弱点やリスクも含め、一からやさしく解説しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ビジネスパーソン向け

ビジネスパーソン向けのビットコインの本について、発売日が新しい順に紹介します。

暗号通貨の未来と国家:J・クリストファー・ジャンカルロ(著)

書籍情報

J・クリストファー・ジャンカルロ(著)飯山 俊康(監修, 翻訳)野村資本市場研究所(翻訳)一般社団法人金融財政事情研究会(出版社)2023/2/2(発売日)608P(ページ数)

数々の批判に負けず、認可取引所におけるビットコイン先物の取扱いを認めた米国商品先物取引委員会の第13代委員長、J.クリストファー・ジャンカルロが自らの行動と哲学、政府機関の内幕を語り尽くす。

ジャンカルロは早い時期から暗号通貨の重要性を見抜き、議会の公聴会でネット世代が暗号通貨に強い関心をもつ理由に光を当てたことから、SNS上で「クリプト父さん」(Cryptodad)と呼ばれるようになった。

テクノロジーが社会を大きく変えること、貨幣のイノベーションが不可避であることを認識しつつ、自由な社会の本質的な価値を守るためには、新たな貨幣に伝統的な価値をビルトインすることが不可欠であると説く。

amazon.co.jp書籍情報から引用

貨幣の窮極にあるもの:津曲 俊英(著)

書籍情報

津曲 俊英(著)きんざい(出版社)2023/1/20(発売日)223P(ページ数)

貨幣はどこから来るのか。
貨幣が機能する条件とは?
ビットコインは貨幣なのか。

◆貨幣発生の契機や機能を深掘りし、貨幣が実用に耐えるための仕組み・工夫に迫る。
◆アメリカや日本の歴史をたどるとともに、貨幣の偽造問題や、暗号資産(仮想通貨)、中央銀行デジタル通貨(CBDC)などのデジタルマネーについても考察。
◆日銀券の改刷(2004年)を担当した著者が考える「貨幣の窮極にあるもの」とは? 貨幣のベールを剥がす道筋を示す。

amazon.co.jp書籍情報から引用

デジタル・ゴールド:ナサニエル・ポッパー(著)土方奈美(翻訳)

書籍情報

ナサニエル・ポッパー(著)土方 奈美(翻訳)日経BP(出版社)2016/9/23(発売日)441P(ページ数)

各紙誌で絶賛の嵐! FT&マッキンゼーによる2015年「ビジネス・ブック・オブ・ザ・イヤー」年間ビジネス書大賞 最終候補作。

ニューヨークタイムズ記者である著者が、2009年から2014年にかけて世界中のビットコイン関係者に直接取材し、その実相について掘り下げたルポルタージュ。

さまざまな異端児たちが主役を演じた初期から、フィンテックの中核をなす技術として産業化されていくまでの様子を克明に記している。

ビットコインのしくみ、ブロックチェーンの進化についても時系列に沿って丹念に解説しており、今後の応用について考えたい専門家やネットビジネス関係者にとっても、必読の1冊。

amazon.co.jp書籍情報から引用

評判・口コミ

エンジニア・プログラマー向け

エンジニア・プログラマー向けのビットコインの本について、発売日が新しい順に紹介します。

マスタリング・ライトニングネットワーク:Andreas M. Antonopoulosほか(著)

書籍情報

『ビットコインとブロックチェーン』、『マスタリング・イーサリアム』の著者、Andreas M. Antonopoulos(アンドレアス・M・アントノプロス)がおくる本邦初、ライトニングネットワークの体系的な解説書!

ビットコイン上で機能するセカンドレイヤプロトコルである、ライトニングネットワークの本格的な解説書。
トランザクションのコストを削減しながら速度とプライバシーを向上させることで、少額決済を素早く小さなコストで実現することができる、注目の技術です。

本書では、ライトニングネットワークの基本的な仕組みから、各アーキテクチャの詳細、またライトニングノードの実装や運用方法についてもカバーしています。

amazon.co.jp書籍情報から引用

プログラミング・ビットコイン:Jimmy Song(著)

書籍情報

Jimmy Song(著)中川 卓俊 , 住田 和則 , 中村 昭雄(監修)星野 靖子(翻訳)オライリー・ジャパン(出版社)2020/11/2(発売日)344P(ページ数)

本書は、ひとつのビットコインライブラリに必要なすべての要素を実際にコーディングすることで、ビットコイン技術の理解を深めることを狙いとした技術学習書です。
ゼロから順を追ってビットコインライブラリを作成していくことで、その内部構造を紐解き、ビットコインの動作を学ぶことができます。

本書で学び終える頃には、トランザクションの作成ができるようになるのはもちろん、必要なデータをピアから受け取り、ネットワーク経由でトランザクションを送信できるようになります。
数学、パース、ネットワーク接続、ブロック検証をはじめ、それらを可能にするために必要なものすべてを網羅しています。

amazon.co.jp書籍情報から引用

詳解 ビットコイン:Kalle Rosenbaum(著)

書籍情報

Kalle Rosenbaum(著)斉藤 賢爾(監修)長尾 高弘(翻訳)オライリー・ジャパン(出版社)2020/3/25(発売日)504P(ページ数)

本書は、ビットコインとブロックチェーンをゼロから概念的に組み立てていきながら、その仕組みを深く理解するための解説書です。

架空の会社内におけるトークンシステム構築に携わるストーリーを通じ、ゼロから徐々に追加する形で機能を積み上げることで、それぞれの機能の意味を深くはっきりと理解することができます。

技術者ではない人や、自分でゼロから作ってみる余裕のない人でも、ビットコインのようなデジタル通貨システムの設計の過程を追体験することができます。

ある程度のコンピューターネットワークの知識があれば、プログラミング経験や数学の知識は不要です。

amazon.co.jp書籍情報から引用

評判・口コミ

ビットコイン よくある質問と回答

ビットコインについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

ビットコインとは何ですか?

回答: ビットコインは、2009年に発明された最初のデジタル通貨です。

中央銀行や単一の管理者が存在せず、ピアツーピアのネットワークを通じて取引されます。

ビットコインは、ブロックチェーン技術に基づいており、このブロックチェーンは取引の公開台帳として機能します。

ビットコインは分割可能で、最小単位は「サトシ」と呼ばれます。

ビットコインの価値はどのように決まりますか?

回答: ビットコインの価値は市場での供給と需要によって決まります。

投資家がビットコインを購入するときの需要、そして売却するときの供給が価格を動かします。

さまざまな要因、例えば政治的なイベント、規制の変更、市場の感情などが価格に影響を及ぼすことがあります。

また、ビットコインの価値は他の資産や通貨との比較、マイニングのコスト、市場における流動性などによっても影響を受けます。

ビットコインのマイニングとは何ですか?

回答: ビットコインのマイニングは、新しいビットコインを生成し、取引を検証してブロックチェーンに追加するプロセスです。

マイニングには高度な計算能力が必要で、複雑な数学的な問題を解決することによって行われます。

マイニングの成功により、マイナーは新しく生成されたビットコインと取引手数料の形で報酬を受け取ります。

このプロセスは、ビットコインネットワークのセキュリティを維持し、分散化を促進するのに役立ちます。

ビットコインを購入する方法は何ですか?

回答: ビットコインを購入する一般的な方法は、オンラインの暗号通貨取引所を利用することです。

ユーザーは取引所に登録し、銀行口座やクレジットカードを使って資金を入金し、ビットコインを購入します。

また、ビットコインATMやピアツーピアの取引プラットフォームを利用することも可能です。

購入したビットコインは、個人のデジタルウォレットに保管されます。

ビットコインに投資するリスクは何ですか?

回答: ビットコインへの投資は高リスクであると一般的に考えられています。主なリスクには以下のものがあります:

  1. 価格の変動性: ビットコインは非常に価格変動が激しく、短期間で価値が大きく上がったり下がったりすることがあります。
  2. 規制のリスク: 政府や規制当局による新しい規制や法律が、ビットコインの価値や使用に影響を与える可能性があります。
  3. セキュリティリスク: ハッキングや詐欺、技術的な問題がビットコインの資産を損失させるリスクがあります。
  4. 市場リスク: ビットコイン市場はまだ成熟していないため、流動性の問題や市場操作のリスクがあります。

ビットコインのスキルが活かせる職種とは?

ビットコインに関する知識や経験を習得することで、仮想通貨業界やブロックチェーン技術に関連する多様な職種で仕事を担当することが可能です。

ビットコインは、デジタル通貨の先駆けであり、金融技術(フィンテック)業界におけるイノベーションの象徴的存在です。

以下に、ビットコイン関連のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. 暗号通貨アナリスト/トレーダー:
    • ビットコインを含む暗号通貨市場の分析、価格予測、トレード戦略の立案に従事します。
    • マーケットトレンドの分析や投資ポートフォリオの管理を行います。
  2. ブロックチェーン開発者:
    • ビットコインのブロックチェーン技術を基にしたアプリケーションの開発に携わります。
    • 分散型アプリケーション(DApps)やスマートコントラクトの開発を行います。
  3. 暗号通貨マイニングエンジニア:
    • ビットコインマイニングハードウェアやソフトウェアの設定、運用、最適化を行います。
    • マイニングプールの管理やエネルギー効率の改善に取り組みます。
  4. フィンテック/ブロックチェーンコンサルタント:
    • 企業や組織に対して、ビットコインやブロックチェーン技術の導入に関するアドバイスを提供します。
    • 新しいビジネスモデルや支払いシステムの設計をサポートします。
  5. 法務顧問(暗号通貨専門):
    • ビットコインを含む暗号通貨に関連する法的問題、規制コンプライアンスについてのアドバイスを提供します。
    • ICO(初期コインオファリング)やトークンセールの法的枠組みの構築を支援します。
  6. 暗号通貨ウォレット/エクスチェンジ開発者:
    • ユーザーがビットコインを安全に保管、取引できるデジタルウォレットや交換所の開発に関わります。
    • セキュリティの強化やユーザーインターフェースの改善を行います。

ビットコインおよび暗号通貨業界は、その革新性と高いボラティリティで知られており、新しい技術や金融サービスの可能性を広げています。

この分野では、技術的なスキル、市場分析能力、法的知識、セキュリティ意識などが求められ、継続的な学習と業界動向への適応が成功の鍵となります。

まとめ

ビットコイン(Bitcoin)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、ビットコインがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。