【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2023年11月】イーサリアム・スマートコントラクトがわかる本おすすめ3選+最新情報

「イーサリアム・スマートコントラクトがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

イーサリアム(Ethereum)やスマートコントラクト(Smart Contract)が知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

まずはじめに、イーサリアム・スマートコントラクトがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人向けに、最新のイーサリアム・スマートコントラクトの本その他のイーサリアム・スマートコントラクト本を紹介します。

  • ブロックチェーン技術に興味がある人々
  • 暗号資産(仮想通貨)の投資家やトレーダー
  • スマートコントラクトや分散型アプリケーション(DApps)の開発者
  • フィンテック業界の専門家や起業家
  • デジタルイノベーションに関わるビジネスプロフェッショナル
  • セキュリティとプライバシーに関心がある研究者
  • テクノロジーのトレンドを追いかける学生や教育者
  • 法律家や政策立案者で、新しい技術の法的枠組みに関わる人々
  • ITコンサルタントやシステムインテグレーター
  • デジタルアセット管理に関心がある金融業界の人々

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

イーサリアムとは?

イーサリアムは、ブロックチェーン技術を基盤としたオープンソースの分散型プラットフォームです。

ビットコインと同じくデジタル通貨機能を持ちますが、イーサリアムの特徴は「スマートコントラクト」と呼ばれる自動実行契約をサポートしている点です。

これにより、中央機関なしに信頼性の高い取引が可能になります。

また、分散型アプリケーション(DApps)の開発が可能で、金融、ゲーム、社会インフラなど幅広い分野での応用が期待されています。

---

※以上の文章は、ChatGPT Plusを使って作成しました。

おすすめ3選

イーサリアムやスマートコントラクトがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

イーサリアム 若き天才が示す暗号資産の真実と未来:ヴィタリック・ブテリン(著)

書籍情報

ヴィタリック・ブテリン(著)ネイサン・シュナイダー(その他)高橋 聡(翻訳)日経BP(出版社)2023/2/23(発売日)440P(ページ数)

暗号資産イーサリアムを弱冠19歳にして創案し「若き天才」と称されるヴィタリック・ブテリンによる"Proof of Stake: The Making of Ethereum and the Philosophy of Blockchains"の邦訳です。

ブテリンがイーサリアム誕生以前からブログやフォーラムなどで発表してきた暗号資産(イーサリアム)の構想、目的、役割、機能、有用性、可能性についての書き物を1冊にまとめたものです。

暗号資産のあり方を理解したり考えるうえで大いに示唆に富むのはもちろんのこと、思索家、活動家としての一面も伺えます。

巻末に「イーサリアムホワイトペーパー」および「用語集」も収録。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

評判・口コミ

スマートコントラクトの仕組みと法律:清水 音輝ほか(著)

書籍情報

清水 音輝, 荒巻 陽佑(著)中央経済社(出版社)2023/7/13(発売日)336P(ページ数)

Web3.0やNFTなどに関連するスマートコントラクトについて、その機能の概要、仕組みに係る技術や法律を丁寧に解説。

6月までに公表された政省令に至るまでフォロー。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

マスタリング・イーサリアム ―スマートコントラクトとDAppの構築:Andreas M. Antonopoulos , Gavin Wood(著)

書籍情報

Andreas M. Antonopoulos , Gavin Wood(著)宇野 雅晴ほか(監修, 翻訳)オライリージャパン(出版社)2019/11/30(発売日)448P(ページ数)

本書は、ビットコインの定番書『Mastering Bitcoin』の著者と、イーサリアム共同設立者でありスマートコントラクト開発言語Solidityの開発者により執筆された、イーサリアムの技術解説書。

イーサリアムとブロックチェーンの基本に始まり、ウォレット、トランザクション、Solidity言語によるスマートコントラクトの構築、暗号とセキュリティ、Vyper、DAppの構築、ERC20トークン、イーサリアム仮想マシン(EVM)、コンセンサスの仕組みまで、幅広い知識が得られます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ここがポイント

イーサリアム共同設立者でありスマートコントラクト開発言語Solidityの開発者であるGavin Wood(ギャビン・ウッド)が執筆している本です。

イーサリアムやスマートコントラクトについて、より深く学びたい人、におすすめする本です。

Amazonでみる

最新のイーサリアム・スマートコントラクトの本

近日発売予定や最近発売された最新のイーサリアム・スマートコントラクト本を、発売日が新しい順に紹介します。

ブロックチェーンの基礎からわかる スマートコントラクトのセキュリティ入門:矢内直人ほか(著)

書籍情報

矢内直人 , 加道ちひろ , 岡村真吾(著)科学情報出版(出版社)2023/8/25(発売日)199(ページ数)

本書は5章から構成されます。
本章では本書の執筆にあたる背景を、2章ではブロックチェーンの基礎知識がそれぞれ説明されます。
これにより、まずはブロックチェーンを詳しく知らない読者向けに基礎知識を紹介し、3章はスマートコントラクトの最大手のプラットホームであるEthereumスマートコントラクトの基礎知識について、4章はEthereum スマートコントラクトの脆弱性について、とくにプログラミングの観点から解説されます。
5章はスマートコントラクトをセキュリティ技術に応用することで得られる技術の紹介。
最後に6章は本書の振り返り、および、ブロックチェーンの今後に関する著者の見解が述べられます。

本書の対象者はスマートコントラクトについて、とくにセキュリティ技術の観点から学びたい読者を主な対象としています。

ブロックチェーンの基本的な部分から学びたい読者に向けて、主に書籍のタイトル通り「スマートコントラクトのセキュリティ」について、とくにEthereum スマートコントラクトの観点から紹介します。
ここでいうセキュリティとは、スマートコントラクト自体の脆弱性と、スマートコントラクトでセキュリティ技術を構成した場合の両方を想定しています。

4章では、Ethereumスマートコントラクトの脆弱性について、各脆弱性に関連するコードを参考にしながら、その原理と対策を学びます。
実際にEthereumスマートコントラクトのコードを書きたい、あるいは書いている方は、参考になるはずです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

デジタルテクノロジー図鑑 「次の世界」をつくる:comugi(著)

書籍情報

comugi(著)SBクリエイティブ(出版社)2023/7/1(発売日)312P(ページ数)

「次」の世界をつくる最先端のデジタルテクノロジーが見るだけでパッとわかる! 

今や、「デジタルテクノロジー」は、全ビジネスパーソンにとって知らないでは済まされない必須リテラシー。 
「次」の世界をつくる、最先端の「デジタルテクノロジー」が、100点以上のイラスト図解でパッとわかる! 超画期的な入門書。 

プロローグ デジタルテクノロジーの進化には「型」がある 

●本当に大切なのは「うわべの知識」ではなく、「文脈の理解」と「全体像の把握」 
●最初の見取り図①――デジタルワールドの拡大を「4つの時代区分」で捉える 
●最初の見取り図②――デジタルテクノロジーの進化には「型」がある 
●本書を読めば、未来予測の視座が手に入る 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

Amazonでみる

その他のイーサリアム・スマートコントラクト本

その他のイーサリアム・スマートコントラクト関連書籍について、発売日が新しい順に紹介します。

図解ポケット 次世代プラットフォーム イーサリアムがよくわかる本:廣田章(著)

書籍情報

廣田章(著)松村雄太(監修)秀和システム(出版社)2022/12/17(発売日)166P(ページ数)

ここがポイント

イーサリアムの歴史的な背景から、他の暗号資産とどのように違うのか、他と比べてどのような技術的な特徴があるのか、活用方法や事例、NFT・DeFi・GameFiとの関係性まで解説している本です。

「イーサリアム」「イーサ(ETH)」という言葉を見たり聞いたりして興味をおぼえた人が、最初に読む本として一読をおすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

Amazonでみる

SolidityとEthereumによる実践スマートコントラクト開発 ―Truffle Suiteを用いた開発の基礎からデプロイまで:Kevin Solorioほか(著)

書籍情報

Kevin Solorio, Randall Kanna, David H. Hoover(著)中城 元臣(監修)株式会社クイープ(翻訳)オライリージャパン(出版社)2021/1/18(発売日)272P(ページ数)

本書は、ブロックチェーン開発をこれから始めるエンジニア向けに、スマートコントラクト開発をわかりやすく解説します。

EVM(イーサリアム仮想マシン)上で実行可能なSolidity言語と、人気の高いフレームワークTruffle Suiteを使って、独自のスマートコントラクトの作成から、テスト、フロントエンドの作成までを順を追って丁寧に説明していきます。

実際に、資金調達のアプリケーションを構築していく過程をたどりながら、スマートコントラクトをデプロイしてユーザーがアプリケーションとやり取りできるようにするまでのプロセスを習得することができ、本書をひと通り学べば、独自のブロックチェーンアプリケーションを、このフレームワークに基づいて開発できるようになるでしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

ブロックチェーン実践入門: ビットコインからイーサリアム、DApp開発まで:Bikramaditya Singhalほか(著)

書籍情報

Bikramaditya Singhal , Gautam Dhameja , Priyansu Sekhar Panda(著)面 和成(翻訳)オーム社(出版社)2020/10/17(発売日)376P(ページ数)

ブロックチェーンの仕組みからシステム設計まで解説した定番書を翻訳!

本書は、ブロックチェーンの登場から仕組み、関連技術やシステム設計について解説した入門書です。

注目されているビットコインやイーサリアムについても言及しています。ブロックチェーンアプリケーション開発やイーサリアムDAppの構築もできるようになります。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

Solidityプログラミング ブロックチェーン・スマートコントラクト開発入門:Ritesh Modi(著)

書籍情報

Ritesh Modi(著)花村直親 , 松本 拓也 , 小池 駿平(翻訳)講談社(出版社)2019/9/7(発売日)193P(ページ数)

ブロックチェーンを用いたスマートコントラクト構築に必須の言語であるSolidityの入門書。SE、エンジニア、アプリ開発者必携!

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

Ethereum+Solidity入門 Web3.0を切り拓くブロックチェーンの思想と技術:Chris Dannen(著)

書籍情報

Chris Dannen(著)ウイリング(訳)ICOVO AG(監訳)インプレス(出版社)2019/3/18(発売日)328P(ページ数)

ここがポイント

イーサリアム仮想マシン(EVM)をどのようにプログラミングできるかを、コンピューターサイエンス、経済学、金融サービス、銀行取引履歴間の知識を合わせて、プログラマーにもノンプログラマーにも分かるように解説している本です。

自分で実際にプログラミングはしないが、イーサリアム・スマートコントラクト・分散型アプリケーション(dApps)のプロジェクトに関わる人や、これらのプログラミングをはじめてみようと思っている人におすすめします。

この本の注目点や感想、目次などをブログ記事で紹介しています。

Amazonでみる

ブロックチェーン dapp&ゲーム開発入門 Solidityによるイーサリアム分散アプリプログラミング:Kedar Iyerほか(著)

書籍情報

Kedar Iyer, Chris Dannen(著)久富木 隆一(翻訳)翔泳社(出版社)2019/3/18(発売日)256P(ページ数)

分散アプリ(dapp)の基本を学び、実装したい人のための本格入門書

本書は、プログラマのためのブロックチェーンアプリ開発の入門書として、ブロックチェーンの概念、開発環境、スマートコントラクト(仮想マシンで自動実行されるブロックチェーン上のプログラム)などの基礎を学びつつ、ゲームを中心に、現実的なアプリケーションを実装していきます。

また、特にゲーム開発者にとっては、乱数生成アルゴリズム、データ隠蔽、ゲーム内経済やゲーム理論など、示唆に富む内容で満ちており、他にはないユニークな一冊になっています。

さらに、実際にアプリを構築する段階で、特に問題となりやすいのがセキュリティです。

さまざまな事件の原因となった脆弱性を取り上げながら、気をつけなければならないポイントを複数の章にわたって解説しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

試して学ぶ スマートコントラクト開発:加嵜 長門 , 篠原 航 ほか(著)

書籍情報

加嵜 長門 , 篠原 航 ほか(著)丸山 弘詩(編集)マイナビ出版(出版社)2019/1/30(発売日)404P(ページ数)

本書は、スマートコントラクトアプリケーションを事例として、パブリックなブロックチェーンを用いたスマートコントラクト開発の手法を紹介する書籍です。

スマートコントラクトプラットフォームのデファクトであるEthereumと、スマートコントラクトを開発するためのプログラミング言語Solidityを中心に取り上げ、実際にアプリケーションを開発するためのプロセスを体験することができます。

スマートコントラクトのコーディングやテスト手法はもちろん、フロントエンドやミドルウェアを含めたアプリケーション提供のための包括的な手順を説明しています。さらに、ブロックチェーンの特徴を活かすサービスデザインの取り組みも紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ここがポイント

合同会社DMM.comブロックチェーン研究室の取り組みとして開発しているスマートコントラクトアプリケーションを事例として、パブリックなブロックチェーンを用いたスマートコントラクト開発の手法を紹介している書籍です。

開発環境の構築、開発用ブロックチェーンの構築、スマートコントラクトの設計、テスト手法と自動化、Webアプリケーションの実装、テストネットへのデプロイと監査などについて記述されています。

Amazonでみる

まとめ

イーサリアム(Ethereum)やスマートコントラクト(Smart Contract)が知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、イーサリアム・スマートコントラクトがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人向けに、最新のイーサリアム・スマートコントラクトの本その他のイーサリアム・スマートコントラクト本を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本を見つけて、イーサリアムやスマートコントラクトについて学びを深めてください。

本ブログサイトでは以下のような記事も紹介しています。