【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年4月】暗号資産がわかる本おすすめ3選+最新情報

「暗号資産がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

暗号資産(仮想通貨・暗号通貨)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

まずはじめに、暗号資産がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 投資家:暗号資産の市場動向、リスク管理、投資戦略を学びたい。
  • ファイナンシャルプランナーや資産運用アドバイザー:クライアントに暗号資産投資のアドバイスを提供したい。
  • ITプロフェッショナル:ブロックチェーン技術とその暗号資産への応用に興味がある。
  • ビジネスリーダーや経営者:暗号資産をビジネスに取り入れる可能性を探っている。
  • 法律の専門家:暗号資産に関連する法規制とコンプライアンスを理解したい。
  • 経済学や金融学の学生:新しい金融技術としての暗号資産を研究したい。
  • テクノロジーに関心を持つ一般読者:暗号資産の基本概念と市場の理解を深めたい。
  • マーケティング専門家:暗号資産関連の製品やサービスのマーケティング戦略を立てたい。
  • セキュリティ研究者:暗号資産のセキュリティと詐欺防止策に興味がある。
  • 政策立案者や公共管理者:デジタル通貨の社会経済的影響を評価したい。

あなたの興味にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

暗号資産の本 おすすめ3選

暗号資産がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

世界一やさしい暗号資産の教科書:COIN CATS(著)

書籍情報

COIN CATS(著)KADOKAWA(出版社)2022/8/1(発売日)248P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

暗号資産の入門書決定版!

投資対象としてでなく、話題のNFT、メタバースなどWEB3.0時代の必須教養・暗号資産のすべてがよ~くわかる。

投資初心者の安吾クンに、コインキャッツの精鋭メンバーが暗号資産の仕組みから投資術、新時代に欠かせない知識を丁寧にガイドします。

これを読めば、わかっていたつもりの暗号資産の姿がくっきりと理解できるようになるはず。ビジネスパーソンの必須教養を本書で身につけよう!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

暗号資産をやさしく教えてくれる本:松嶋真倫(著)

書籍情報

松嶋真倫(著)あさ出版(出版社)2023/12/25(発売日)200(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

これからの時代、豊かな暮らしには「投資」は必須です。
これから「投資」を始める人にとって、本当に必要な知識をまとめた1冊!
暗号資産(仮想通貨)の基本をすべて解説しています。

仕組みはどうなっているの?
危なくないの??
どうやって買えばいいの??
現金とは何が違って、何がいいの????
なかなか聞けない「暗号資産」について確認し、賢いマネーライフを送りましょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社・著者ポスト

60分でわかる! 暗号資産 超入門:開米 瑞浩(著)

書籍情報

開米 瑞浩(著)技術評論社(出版社)2022/6/16(発売日)160P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

暗号資産(仮想通貨)について、通貨や資産としての機能、金融を超えて社会に与える影響、さらに暗号資産のリスクと課題まで、簡潔な文章と図解でわかりやすく解説している本です。

暗号資産についてはじめて学ぶ人、暗号資産について短時間で要点を押さえてもっと知りたい人に一読をおすすめします。

この本の概要、注目点、感想・口コミ、目次などをブログ記事で紹介しています。

暗号資産の名著・ロングセラー本

暗号資産についての名著やロングセラー本を紹介します。

イーサリアム 若き天才が示す暗号資産の真実と未来:ヴィタリック・ブテリン(著)

書籍情報

ヴィタリック・ブテリン(著)ネイサン・シュナイダー(その他)高橋 聡(翻訳)日経BP(出版社)2023/2/23(発売日)440P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

暗号資産イーサリアムを弱冠19歳にして創案し「若き天才」と称されるヴィタリック・ブテリンによる"Proof of Stake: The Making of Ethereum and the Philosophy of Blockchains"の邦訳です。

ブテリンがイーサリアム誕生以前からブログやフォーラムなどで発表してきた暗号資産(イーサリアム)の構想、目的、役割、機能、有用性、可能性についての書き物を1冊にまとめたものです。

暗号資産のあり方を理解したり考えるうえで大いに示唆に富むのはもちろんのこと、思索家、活動家としての一面も伺えます。

巻末に「イーサリアムホワイトペーパー」および「用語集」も収録。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新暗号資産の基本と仕組みがよ~くわかる本:堀 龍一(著)

書籍情報

堀 龍一(著)秀和システム(出版社)2019/12/18(発売日)211P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

キャッシュレス時代に知っておきたい暗号資産(仮想通貨)の新知識。
法律・制度、売買、利益計算、税務など、あらゆる角度から徹底解説!
「いまさら聞けない」「実はあまりわかっていない」そんなあなたにおすすめです!

本書は暗号資産の入門書として、
その「仕組み」から、「関連する法律・制度」「歴史」「種類」「売買方法」「利益計算」税務」まで、1冊にまとめています。
本書を読めば、暗号資産とはいったい何か、その全貌をやさしく理解し、簡単に捉えることができます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

暗号資産の法律〈第2版〉:増島雅和ほか(著)

書籍情報

増島 雅和, 堀 天子(著, 編集)中央経済社(出版社)2023/10/2(発売日)428(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

デジタルトークンの領域における制度と実務の現状を、網羅的かつ最新の内容で情報提供する。

第2版では、NFTについて新章を設けるなど、構成面からも大きく見直しを行う。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

なぜ僕がWeb3投資で勝ち続けることができるのか? プロフェッショナルに学ぶ暗号資産・仮想通貨・トークン投資の極意:中津 正朗(著)

書籍情報

暗号資産・仮想通貨・トークン投資の極意とは

Web3投資とは何か? 
一言で言えば、Web3における未来の”Google”をいかに発掘するか

僕が属しているブロックチェーン業界のコミュニティは、業界を常にリードしている最も優れたコミュニティの一つであるという自信があります。 

つまり、Googleなどを発掘したシリコンバレーのインナーサークルに相当するWeb3のコミュニティに属しています。
(本文より)

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

最新の暗号資産の本

近日発売予定や最近発売された最新の暗号資産の本を、発売日が新しい順に紹介します。

4月に発売される暗号資産の関連書籍は見つかっていません。

ビットコイン&仮想通貨 2024 BURST(パワームック)

書籍情報

大洋図書(編集 , 出版社)2024/3/27(発売日)96(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

まだまだ間に合う1000万円超え投資術!!

【Chapter1】 今からでも遅くない!!ビットコイン総さらい
【Chapter2】基本から実践しよう! 仮想通貨投資スタートガイド
【Chapter3】 ビットコイン さまさまな投資法
【Chapter4】 もうひとつの選択肢

amazon.co.jp書籍情報より引用

確定申告の前に知っておきたい 超基本から学ぶステーブルコインの税務 改正資金決済法(2023年施行)対応:岡部 典孝ほか(著)

書籍情報

岡部 典孝 , 清水 音輝 , 坂本 新(著)第一法規(出版社)2024/3/25(発売日)152(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

2023年6月の改正資金決済法施行で変わったステーブルコインの税務上の取扱いについて、最新情報に基づきその種別ごとにわかりやすく解説!

2023年6月の改正資金決済法の施行で税務上の取扱いが変わったステーブルコインの税務上の扱いについて、その仕組み、種別、特徴、活用方法まで理解できるよう、ステーブルコインの第一人者が最新情報と具体的な事例を交えて解説する税理士向け実務解説書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

詳解 デジタル金融法務[第2版]:佐野 史明(著)

書籍情報

佐野 史明(著)金融財政事情研究会(出版社)2024/3/1(発売日)556(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

デジタル金融に挑む金融機関・プラットフォーマー必携の1冊!

◆決済・送金・貸付・暗号資産・電子決済手段サービスや、トークンによる資金調達に関する最新の金融法制を実務的に詳説したデジタル金融法務の基本書、堂々の第2版。

◆金融庁に寄せられた具体的な相談事例を念頭に置き、各事例においてどのような規制が適用されるのかを明快に解説。

◆2023年6月施行の改正資金決済法等に対応し、金融法制の外縁および実務上の最新論点をわかりやすくQ&Aで叙述。

amazon.co.jp書籍情報より引用

Web3の未解決問題:松尾真一郎ほか(著)

書籍情報

松尾真一郎, 崎村夏彦, 楠正憲, 阿部涼介, 小泉遼平, 掛林美智, 北條真史, 鳩貝淳一郎, 清水一平, 栗田青陽(著)日経BP(出版社)2024/2/29(発売日)200(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

前著『ブロックチェーン技術の未解決問題』における考察のターゲットはビットコイン、つまり支払いという極めて単純な処理だった。しかしブロックチェーン技術についてはその後、スマートコントラクト、いわゆる分散型金融、NFT、DAO、そしてWeb3(Web3.0)など、単純な支払いよりもはるかに広範囲の応用に向けたトライが行われている。

ブロックチェーンとその応用は、現在日本政府の政策議論のイシューにもなっている。一方で我々は2022年以降、人間の業としての暗号資産バブルの崩壊を目の当たりにし、暗号資産の流出を防げていない。さらに、規制当局の規制目標である消費者保護、金融犯罪への対応、金融安定上の課題はますます増えている。

こうした現状を踏まえると、ブロックチェーンとその応用について、改めて技術面でできること・できないこと、力不足と限界の部分、努力すれば解決できる部分(それは、ビジネス上の差異化要素にもなる)を整理することが重要である。SNSやイベントで飾ったストーリーを話す人よりも、そのような知見を持った人材こそが重要になる。

2024年に発行する本書は、ビジネスパーソンの理解の醸成に加え、今後この世界で活躍する若者が正しい課題設定を認識して、より建設的なトライができるようにする、人材育成コンテンツとしての意味も持っている。改めてブロックチェーンの技術的な整理を行うとともに、新たに生じた課題を含めて、現在の課題を詳細に説明していくことを目標にする。 (「はじめに」より一部抜粋・修正)

amazon.co.jp書籍情報より引用

事例で学ぶ 暗号資産・NFT・メタバースの会計税務 Q&A 70選:延平昌弥ほか(著)

書籍情報

延平昌弥, 山田誠一朗, 髙橋健悟, 藤原琢也, 田村光裕, 山中朋文(著)清文社(出版社)2024/1/26(発売日)280(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

メタバース、NFTといった最新の内容を盛り込み、暗号資産に関する会計・税務をQ&A方式により実践的、かつ詳細に解説。

令和5年分の所得税確定申告に対応した設例や記載例も掲載。

amazon.co.jp書籍情報より引用

初心者向け

初心者向けの暗号資産の本を、発売日が新しい順に紹介します。

この先生きのこるためのお金とコミュニティ 13 歳からわかる金融・デジタルリテラシー:久松慎一(著)

書籍情報

\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ブロックチェーン、NFT、暗号資産、Web3、AI 新しい時代に「お金」はどう変わる? 
今、あらゆる世代が身につけておくべき教養の書。

ブロックチェーン技術によって暗号資産が誕生し、お金の在り方が今、大きく変わろうとしている。
既存のお金の概念から、新しい価値の概念へ、なにがどう変わろうとしているのかーー。

最先端のITエンジニアで、スタートアップ企業の立ち上げを行ってきた著者がすべての世代に贈る「この先生きのこるための」必読書!

amazon.co.jp書籍情報より引用

ビジネスパーソン向け

ビジネスパーソン向けの暗号資産の本を、発売日が新しい順に紹介します。

エンジニアが学ぶ 金融システムの「知識」と「技術」 第2版:大和総研フロンティア研究開発センター(著)

書籍情報

大和総研フロンティア研究開発センター(著)翔泳社(出版社)2023/11/13(発売日)424(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

金融に大きな変革の波が押し寄せている!
第2版では、DX、AI活用、DeFiなど、最先端の技術が充実

金融システムは法規制等を受けて年々複雑化するとともに、ブラックボックス化しています。
そのため、初めて金融業界を担当することになったエンジニアは、しばしば戸惑います。
また、すでに金融関連システムに携わっているもののビジネスの全体像をとらえきれず、お困りの方も多いでしょう。
近年は、ブロックチェーンや機械学習などの新しい技術も金融システムに導入されており、最新技術も押さえておく必要があります。

●進化し続ける金融システム
第2版では、最先端の動向を多く加筆しています。
DX、AI活用、少額決済、DeFi、Embedded Finance、Transformer、パーソナライズレコメンド、ローコード/ノーコード、メタバースなど、これからの時代に求められる知識が身につきます。

【読者対象】
・金融システムを構築するエンジニア
・金融機関の改善提案を行うコンサルタント
・金融機関のビジネスモデル検討やシステム導入、業務改善担当者など
※エンジニアでなくとも、金融に携わる方全員にお読みいただけます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

暗号通貨の未来と国家:J・クリストファー・ジャンカルロ(著)

書籍情報

J・クリストファー・ジャンカルロ(著)飯山 俊康(監修, 翻訳)野村資本市場研究所(翻訳)一般社団法人金融財政事情研究会(出版社)2023/2/2(発売日)608P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

数々の批判に負けず、認可取引所におけるビットコイン先物の取扱いを認めた米国商品先物取引委員会の第13代委員長、J.クリストファー・ジャンカルロが自らの行動と哲学、政府機関の内幕を語り尽くす。

ジャンカルロは早い時期から暗号通貨の重要性を見抜き、議会の公聴会でネット世代が暗号通貨に強い関心をもつ理由に光を当てたことから、SNS上で「クリプト父さん」(Cryptodad)と呼ばれるようになった。

テクノロジーが社会を大きく変えること、貨幣のイノベーションが不可避であることを認識しつつ、自由な社会の本質的な価値を守るためには、新たな貨幣に伝統的な価値をビルトインすることが不可欠であると説く。

amazon.co.jp書籍情報より引用

仮想通貨時代を生き抜くための「お金」の教科書:白井さゆり(著)

書籍情報

白井さゆり(著)小学館(出版社)2019/4/5(発売日)254P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「お金」の過去・現在・未来を見つめる 

価格の乱高下だけが注目されがちな仮想通貨ですが、実は、金融市場のみならず、私たちの生活さえも、大きく変えていく可能性を秘めた存在なのです。

本書では、仮想通貨登場までの「お金」の歴史を振り返り、「お金」の本質を明らかにしたうえで、仮想通貨がこれまでの「お金」の概念を大きく変えていく時代(仮想通貨時代)にあって、

私たちはどのように「お金」と向き合っていくべきなのか?
また、私たちが経済的な豊かさや自由を、どのように実現していくべきなのか?

など、「お金」にまつわる様々な疑問について、かつて日本銀行政策委員会審議委員として金融市場の表も裏も知り尽くした著者が、わかりやすく指南します。 

amazon.co.jp書籍情報より引用

暗号通貨VS.国家:坂井 豊貴(著)

書籍情報

坂井 豊貴(著)SBクリエイティブ(出版社)2019/2/5(発売日)177P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

ここがポイント

この本は暗号通貨(ビットコインなど)の面白さについて、設計の奥深さや込められた理想と現実など、経済学の視点から暗号通貨の思想・制度設計・通貨としての役割を、投資家やエンジニアだけでなく幅広い人に向けて解説している本です。

これから暗号通貨(暗号資産)について学んでみようと思っている人、これまで暗号通貨・ビットコイン・ブロックチェーンの本を読んだけれど疑問を感じている人、ビットコインを売買したことがあるけれど本は読んだことがない人、に一読をおすすめします。

この本の概要、注目点、感想・口コミ、目次などをブログ記事で紹介しています。

法務・会計・税務

法務・会計・税務についての書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

事例でわかる!NFT・暗号資産の税務 第2版:泉 絢也ほか(著)

書籍情報

泉 絢也 , 藤本 剛平(著)中央経済社(出版社)2023/12/1(発売日)480(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

所得税、法人税、相続税等、各税法の暗号資産に関する特別の定めを詳解。

確定申告実務を見据えて、具体的な取引事例で損益計算の仕方も解説。

web3の税金がわかる定番書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

改訂版 デジタル資産と電子取引の税務:戸村 涼子(著)

書籍情報

戸村 涼子(著)日本法令(出版社)2023/9/23(発売日)220(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

PCやスマホの中にしかない! インターネット上にしかない!
把握しづらい資産&取引、ますます急増中。


広告収入のあるウェブサイト(のアカウント)、自作デジタルコンテンツの販売、暗号資産、NFT、DAO運営での収益、メタバース内での収入……。
ICT等の発達・普及により、デジタル機器の中やインターネット上にしか存在しない、データとしての資産(=デジタル資産)が誕生し、急速に普及しています。
同時に、EDI取引やクラウドストレージを介した取引など、デジタル資産の取引を支える「電子取引」も、爆発的に増加しています。

そのため、デジタル資産および電子取引にまつわる法律や税制の整備も、現在進行形で進められていますが、税理士等にとってその税務には、いまだ不明瞭な点が少なからずあるものです。

また、デジタル資産は実体がないゆえに秘匿性が高く、そもそも把握することが困難であり、ときには国境をもやすやすと越えてしまうということも、実務家を悩ませる要因となっています。

そこで本書は、デジタル資産・電子取引に強くなりたいという方に向け、
・「デジタル資産」「電子取引」の定義
・デジタル資産のビジネスや投資における税務のポイント
・デジタル資産を譲渡する際の法人税・所得税
・デジタル資産・電子取引における消費税
・デジタル資産の相続税・贈与税
・国境を越える電子取引の税務
・電子取引と電子帳簿保存法のポイント
等の知識と実務について、実際にあった相談事例等にもとづき解説するものです。

改訂版では、初版発行後またたく間にブーム化したNFTについて大幅に加筆・修正したほか、直近の法改正・税制改正や、最新の国税庁Q&A等にも対応しました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

暗号資産の会計とブロックチェーンのしくみ (図解でスッキリ):EY新日本有限責任監査法人(編集)

書籍情報

EY新日本有限責任監査法人(編集)中央経済社(出版社)2023/9/6(発売日)200(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

暗号資産の概要やリスク、会計処理、所得税の取扱いについて、1テーマごとに図解&見開きで解説。

NFT等最新論点を入れ「仮想通貨の会計とブロッチェーンのしくみ」を改題。

amazon.co.jp書籍情報より引用

暗号資産の税務処理と調査対応のポイント:武田 恒男(監修)

書籍情報

武田 恒男(監修)第一法規株式会社(出版社)2023/3/13(発売日)308P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

暗号資産の基礎知識や税務処理、調査対応のポイントについて事例を基にわかりやすく解説。

暗号資産の基礎知識や暗号資産の税務上の取扱いを税目ごとに解説。

また、税務調査における対応ポイントを登載し、暗号資産の案件に対して税理士が顧客からの質問や相談に応じられるような一冊となっている。

amazon.co.jp書籍情報より引用

デジタル財産の税務 Q&A:河合 厚, 柳谷 憲司, 小林 寛朋(著)

書籍情報

河合 厚, 柳谷 憲司, 小林 寛朋(著)ぎょうせい(出版社)2023/1/12(発売日)232P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

デジタル財産のしくみと税務がゼロからわかる!

<本書の特徴>
★暗号資産・NFT・メタバース・DeFi・DAOなど理解しづらいデジタル財産のしくみが分かりやすい解説とイラストで押さえられる!
★デジタル財産に関する所得税・法人税・相続税・消費税の取扱いについて、よくある疑問が解消できる!

出版社書籍情報より引用

Q&A 実務家のための暗号資産入門:長瀨 威志ほか(著)

書籍情報

長瀨 威志ほか(著)河合 健(編集)新日本法規出版(出版社)2020/12/16(発売日)328P(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

身近な法律相談で役立つ1冊! ! 

専門性が高く何回な暗号資産について、実務家が押さえておくべき基礎知識や重要事項を平易な言葉でコンパクトに紹介! ! 

暗号資産に造詣が深い弁護士、公認会計士及び税理士が、豊富な知見と実務経験をもとに執筆しています。

暗号資産に関する法令上の解釈、会計・税務上の諸問題を幅広く取り上げ、分かりやすく解説! 

相続、離婚、倒産等の場合における暗合資産の取扱いについても解! !

amazon.co.jp書籍情報から引用

評判・口コミ

暗号資産についてよくある質問と回答

暗号資産について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

暗号資産(仮想通貨)とは何ですか?

回答: 暗号資産(仮想通貨)は、デジタルや仮想的な形で存在する通貨です。

これらは通常、中央集権的な機関(例えば銀行や政府)に依存せずに、ブロックチェーン技術を使用して取引されます。

暗号資産は、セキュアな取引、所有権の証明、及び暗号技術を用いた偽造の防止などの特性を持っています。

ビットコインは最もよく知られた暗号資産の一つです。

暗号資産はどのようにして購入するのですか?

回答: 暗号資産は、オンラインの暗号資産取引所を通じて購入するのが一般的です。

ユーザーは取引所にアカウントを作成し、銀行口座やクレジットカードを使用して資金を入金し、その後、選択した暗号資産を購入します。

また、一部の取引所では、他の暗号資産との交換も可能です。

購入後、暗号資産はデジタルウォレットに保管されます。

暗号資産の主な利用目的は何ですか?

回答: 暗号資産の利用目的には様々なものがありますが、主なものには次のようなものがあります:

  1. 投資: 価値が増加することを期待して購入し、資産として保有します。
  2. 取引: 他の通貨やサービス、商品と交換するために使用します。
  3. 送金: 国内外への送金手段として利用され、特に国際送金において低コストで迅速です。
  4. スマートコントラクト: イーサリアムのようなプラットフォームで、分散型アプリケーション(DApps)の運営やスマートコントラクトの実行に使用されます。

暗号資産に関するリスクは何ですか?

回答: 暗号資産には以下のようなリスクが存在します:

  1. 価格の変動性: 非常に高い価格変動性を持ち、投資価値が急激に変動することがあります。
  2. セキュリティリスク: ハッキングや詐欺などのセキュリティ問題が発生する可能性があります。
  3. 規制の不確実性: 政府や金融機関による規制が未確定または変更されるリスクがあります。
  4. 技術的リスク: ブロックチェーン技術自体の脆弱性やバグによる問題が発生する可能性があります。

質問5: 暗号資産の将来性はどうですか?

回答: 暗号資産の将来性については、楽観的な見方と懐疑的な見方が共存しています。

一部の専門家は、暗号資産が金融システムを変革し、より効率的で透明な経済システムを提供すると考えています。

一方で、価格の変動性、規制の不確実性、セキュリティの問題などが解決される必要があると指摘する声もあります。

暗号資産の普及は、技術的な発展、市場の成熟度、そして規制環境によって大きく左右されるでしょう。

暗号資産のスキルが活かせる職種とは?

暗号資産(暗号通貨)に関する知識や経験を習得することによって、金融技術(フィンテック)業界、ブロックチェーン技術開発、投資管理、法務コンプライアンス、教育・研究など多岐にわたる分野で仕事を担当することが可能です。

暗号資産はデジタルまたはバーチャル通貨であり、ブロックチェーン技術によって支えられています。

以下に、暗号資産関連のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. 暗号通貨アナリスト/投資アドバイザー:
    • 暗号資産市場の分析、投資ポートフォリオの提案、価格動向の予測などを行います。
    • 個人投資家や機関投資家に対して、投資戦略やリスク管理に関するアドバイスを提供します。
  2. ブロックチェーン開発者:
    • 暗号資産を取り扱うアプリケーションやプラットフォームの開発に従事します。
    • スマートコントラクトの設計、DApps(分散型アプリケーション)の開発などを行います。
  3. 暗号通貨ウォレット/エクスチェンジ開発者:
    • ユーザーが暗号資産を安全に保管、交換、取引できるプラットフォームやウォレットの開発を担当します。
    • セキュリティ対策、ユーザーインターフェースの設計、取引システムの開発などを行います。
  4. コンプライアンスオフィサー/法務顧問:
    • 暗号資産に関連する法規制やコンプライアンス要件の遵守を確認し、アドバイスを提供します。
    • ICO(Initial Coin Offering)やSTO(Security Token Offering)の法的枠組み、AML(反マネーロンダリング)ポリシーの策定をサポートします。
  5. マーケティング/PRスペシャリスト:
    • 暗号資産プロジェクトやスタートアップのブランディング、マーケティング戦略の策定、コミュニティ管理を行います。
    • SNS、ブログ、フォーラムなどを通じて、プロジェクトの認知度向上やユーザーエンゲージメントを促進します。
  6. 教育者/研究員:
    • 暗号資産やブロックチェーン技術に関する教育プログラムや研究活動に従事します。
    • 学術誌への寄稿、セミナーやワークショップの開催、オンラインコースの提供などを行います。

暗号資産業界は急速に進化しており、新しいビジネスモデルや技術革新が続々と生まれています。

この分野で成功するためには、最新の技術動向や市場の変化に敏感であり続ける必要があります。

また、高度な技術知識、金融市場の理解、法的な背景知識など、専門的なスキルセットが求められます。

まとめ

暗号資産(仮想通貨・暗号通貨)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、暗号資産がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。