【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年6月】GXがわかる本おすすめ3選+最新情報

「GXがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

GX(グリーン・トランスフォーメーション)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

GXとは、環境持続可能性を目指した社会や経済の大規模な変革を指します。再生可能エネルギーへの移行、エネルギー効率の向上、循環型社会の推進などを通じて、地球温暖化対策と経済成長を両立させることが目標。未来の世代へ美しい地球を残すために、私たち一人一人が行動を起こす時です。

まずはじめに、GXがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 経営者・企業のリーダー:事業を環境に優しい方向に変革し、持続可能な運営を目指す人々
  • 環境コンサルタント:企業や組織が環境に配慮したビジネスモデルに移行するためのアドバイスを提供する専門家
  • 政策立案者:環境政策の制定やグリーンイノベーションを促進する法律・規制を検討する人々
  • 環境活動家・NGO関係者:地球の環境問題に対する意識を高め、行動を起こすための知識を深めたい人々
  • 投資家・金融アナリスト:環境に優しいプロジェクトや企業への投資機会を探している人々
  • サプライチェーンマネージャー:製品のライフサイクル全体にわたって環境への影響を最小限に抑える方法を模索している人々
  • 教育関係者:生徒や学生に持続可能性や環境問題について教えたい教師や研究者
  • 一般消費者:より環境に配慮したライフスタイルを求め、日々の選択をグリーンなものにしたいと考えている人々

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

GXの本 おすすめ3選

GXがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

図解ポケット GX(グリーン・トランスフォーメーション)がよくわかる本

書籍情報

松村雄太, 関貴大(著)秀和システム(出版社)2023/8/29(発売日)168(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

GX(グリーン・トランスフォーメーション)が図解でわかる入門書です。

企業・自治体・学校の先進事例から学ぶ!
・基礎知識や全体像がざっくりつかめる!
・SDGsやDX、SXとの関連がよくわかる!
・GX投資の仕組みと最新動向がわかる!
・Web3など最新技術との関係がわかる!
・環境関連のキーワードもすっきり解説します!

「GX実現に向けた基本方針」が閣議決定され、本格的に始動したGX。
GXとは一体何なのか? 今GXが注目される背景や、国内外の取り組み事例を豊富に紹介し、GX投資、DX、メタバースなど関連するトピックも合わせて解説します。

GXに取り組んでいる企業の担当者、GX投資やESG投資に興味のある人に最適です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

1冊でわかるGX グリーントランスフォーメーション

書籍情報

内山力(著)PHP研究所(出版社)2023/6/1(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

今、注目の「グリーントランスフォーメーション」(GX)。
どこよりも早く、わかりやすく、コンパクトに解説!


グリーントランスフォーメーション(GX)とは、先端技術などを活用することで、ビジネスによって環境問題を解決していくという考え方。
世界的に環境意識が高まっている中、日本企業の新たな成長戦略として大いに注目されている分野だ。

しかし、多くの人がGXを単なる「省エネ」「エコビジネス」「社会貢献活動」と混同していたりするのが現実だ。
では、そもそもGXとは何なのか。
そして、どのように進めていくべきなのか。その最適な入門書が本書である。

・GXとは何か? 省エネやエコビジネスと何が違うのか?
・環境問題に対する世界の潮流とは?
・日本政府はどのような支援を考えている?
・GXのベースとなる「ソーシャルビジネス」とは何か?
・資金調達はどのように行うべきか?
などを解説するとともに、GXビジネスをどのように進めていくべきかまでを解説。

著者自身のGXコンサルティングに基づいた極めてリアルな一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

中堅・中小企業はGXで生き残る! 利益を最大化する脱炭素経営

書籍情報

株式会社船井総合研究所 カーボンニュートラル支援ユニット(著)日本能率協会マネジメントセンター(出版社)2022/12/24(発売日)272(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

2020年10月、日本政府は2050年までに「温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」というカーボンニュートラルを目指すことを宣言しました。
「排出を全体としてゼロ」とは、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの「人為的な排出量」 から、植林、森林管理などによる「人為的な吸収量」を差し引いて、合計を実質的にゼロにすることを意味しています。 

この実現に向けて、世界では今取り組みが進められており、120以上の国と地域が「2050年カーボンニュートラル」という目標を掲げています。
政府も2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略を掲げ、「経済と環境の好循環を作っていく産業政策が、グリーン成長戦略である」と定義しており、所謂GX(グリーン・トランスフォーメーション)にて2050年290兆円と雇用創出850万人を掲げています。 

これまでは大手企業内での検討にとどまっている印象が強かったですが、今や中堅・中小企業にも脱炭素経営が求められる時代になっています。
しかし、中堅・中小企業の経営者にとっては、「脱炭素も自社には関係ない」「そもそも脱炭素に取り組む必要性がイマイチ理解していない」「取引先からの圧力が徐々に強まっている中でまだ様子を見ている」「脱炭素経営の取り組み方がわからない」という感覚なのが実態です。 

そこで本書では、上記のような経営者や経営管理層に対して、脱炭素経営の必要性、取り組むメリット、具体的な取り組み方を、コンサルティング現場からの事例を交えて提示します。
これからますます脱炭素経営が求められるようになることは既定路線であるだけでなく、早く取り組むことで業績を拡大するチャンスでもあります。
手間が増えるだけで実入りが少ないと思われがちですが、多くの企業がそう思っているうちに取り組むことで、利益を生み出すことができることを伝えながら、具体的に取り組んでいくことを伝える一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ・出版社コメント

なぜ、脱炭素経営が必要なのか GXグリーントランスフォーメーションへの第一歩

書籍情報

服部 倫康(著)ビジネス教育出版社(出版社)2023/3/2(発売日)170(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

脱炭素なんて関係ない!と思っている人は要注意です。

対応要請はいつも急であり、対応できなければ取引先を失うかもしれません。

体系から学ぶ、環境経営の基礎知識。

脱炭素企業への変革をなしとげた者だけが生き残る

amazon.co.jp書籍情報より引用

デザイナーポスト

GXの名著・ロングセラー本

GXについての名著やロングセラー本を紹介します。

GXフィフティーン 脱炭素起業家たちの挑戦

書籍情報

環境エネルギー投資調査研究班(編集)エネルギーフォーラム(出版社)2023/1/19(発売日)169(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

カーボンニュートラルへスクラム! 気候変動にタックル!

持続可能な社会で課題解決の主役となるスタートアップはここだ。

【本書、登場順】
アスエネ 
サステナブル・ラボ 
Nature(ネイチャー) 
シェアリングエネルギー 
プラゴ 
EVモーターズ・ジャパン 
メディオテック 
エコスタイル 
クリーンエナジーコネクト 
中央電力 
ふるさと熱電

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

GX時代に下剋上を起こす 下請け製造業のための脱炭素経営入門

書籍情報

大場 正樹(著)ダイヤモンド社(出版社)2024/1/17(発売日)216(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

「脱炭素」は大きなビジネスチャンス!
先行して取り組むほど、競争優位に立てる

脱炭素経営の基本から実践的な取り組み、CO2排出量の計算、実用的な補助金活用法まで、これ1冊ですべてわかる!

ニュースで耳にする「脱炭素」というキーワード。
多くの企業ではまだ他人事のように思っているが、今後、脱炭素に取り組まない企業は生き残れない。

本書ではマンガや図表を多用し、できるだけわかりやすく脱炭素経営のポイントを解説する。
基本から具体的な実践、GX導入のための補助金の活用法まで役立つ内容が満載。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のGX(グリーン・トランスフォーメーション)本

近日発売予定や最近発売された最新のGXの関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

6月に発売されるGXの関連書籍は見つかっていません。

徹底解説 GX時代の電力政策 続・電気事業のいま:市村拓斗(著)

書籍情報

市村拓斗(著)日本電気協会新聞部(出版社)2024/3/1(発売日)356(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

これからの電気事業制度を徹底解説

経済産業省・資源エネルギー庁への出向経験が3度。
エネルギー政策に精通した弁護士が、電力システム改革の現状や今後、GX(グリーントランスフォーメーション)時代の電力政策を深く掘り下げて解説した一冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

GX脱炭素電源法―法律・新旧対照条文等:信山社編集部(編集)

書籍情報

信山社編集部(編集)信山社(出版社)2023/6/30(発売日)334(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

◆電力の安定的な供給と温暖化ガスの排出削減を目指す◆
GX(グリーントランスフォーメーション)脱炭素電源法

【改正の概要】
1.地域と共生した再エネの最大限の導入促進
 (1)再エネ導入に資する系統整備のための環境整備(電気事業法・再エネ特措法)
 (2)既存再エネの最大限の活用のための追加投資促進(再エネ特措法)
 (3)地域と共生した再エネ導入のための事業規律強化(再エネ特措法)

2.安全確保を大前提とした原子力の活用・廃炉の推進
 (1)原子力発電の利用に係る原則の明確化(原子力基本法)
 (2)高経年化した原子力に対する規制の厳格化(炉規法)
 (3)原子力発電の運転期間に関する規律の整備(電気事業法)
 (4)円滑かつ着実な廃炉の推進(再処理法)

amazon.co.jp書籍情報より引用

最新図説 脱炭素の論点 2023-2024:共生エネルギー社会実装研究所ほか(編集)

書籍情報

共生エネルギー社会実装研究所 , 堀尾正靱 , 秋澤淳 , 歌川学 , 重藤さわ子(編集)旬報社(出版社)2023/5/29(発売日)472(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

いま最も注目される「脱炭素」問題のすべてがわかる!

藻谷浩介氏(『里山資本主義』著者)推薦!

身近なテーマから地球規模の問題まで、 脱炭素のことがこの1冊でぜんぶわかる!
見やすく読みやすい、図説で学ぶ決定版。

環境・エネルギー分野の第一線で活躍する執筆陣が、地球温暖化の現状・対策から再生可能エネルギー、地域活性化まで97の主要テーマを解説。
いま最も注目される「脱炭素」問題のすべてがわかる!

amazon.co.jp書籍情報より引用

月刊事業構想2023年6月号『GXがもたらすビジネスチャンス』:事業構想大学院大学出版部(編集)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

◆第1特集
GXがもたらすビジネスチャンス ー脱炭素で広がるサプライチェーンの協業

CO₂排出削減を可視化 ー三井物産が取り組む社会の脱炭素

巨大コンビナートから始める社会のカーボンニュートラル ー川崎臨海部のGX

アスクルが作ったクリアホルダーの資源循環 ー水平リサイクルで新ブランド発足

水素を燃料にしたバーナーで実現する ーアスファルト製造の脱炭素化

インフォメティスのDR支援 ー再エネ時代の電力最適利用に貢献

NEDOのグリーンイノベーション基金事業 ー脱炭素への挑戦は新規事業のチャンス

脱炭素のための連携プラットフォーム ー福島・浜通りで挑戦が始まる

企業のグリーントランスフォーメーションを後押しする政府の取組 ー投資を排出削減につなげる

海外のGX注目企業20選 ー排出ゼロを目指す様々なアプローチ

amazon.co.jp書籍情報より引用

図解即戦力 脱炭素のビジネス戦略と技術がこれ1冊でしっかりわかる教科書:本橋 恵一(著)

書籍情報

本橋 恵一(著)技術評論社(出版社)2023/4/24(発売日)224(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

環境と経済の好循環を生み出すGXや先進の脱炭素テクノロジーがわかる!

脱炭素×資源循環のGX戦略が1冊でわかる! 

持続的な成長をステークホルダーに約束する企業にとって、脱炭素=気候変動への対応を経営戦略に織り込むことは必須です。
2050年カーボンニュートラルの実現に向けた取り組みは、プライム上場企業に限られた話しではなく、サプライチェーンに連なる中小企業にも求められています。

本書は脱炭素社会の背景から学び直し、国内外の脱炭素市場の動向や、製造や金融業をはじめとした各業界・産業のビジネスの変革と戦略、エネルギーを生み出す/エネルギーを効率よく使う/CO2を削減する…の3つに分けた脱炭素技術について解説しています。

最終章ではCDP(国際的な非政府組織 カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)の気候変動Aランク認定など、環境評価の高い企業のビジネス戦略から脱炭素経営を学べる構成となっています。
ポスト・ウクライナ侵攻を見据えた、最新の脱炭素ビジネスの解説書。

(こんな方におすすめ)
・事業会社や金融業界で経営企画や技術・研究企画に関係するビジネスパーソン、コンサルタント
・脱炭素技術の関連銘柄について学びたい投資家
・脱炭素化とビジネスの結び付きについて知っておきたい一般読者、就活生

amazon.co.jp書籍情報より引用

「脱炭素」が世界を救うの大嘘:杉山大志ほか(著)

書籍情報

杉山 大志(編集, 著)川口 マーン 惠美 , 掛谷 英紀 , 有馬 純(著)宝島社(出版社)2023/4/10(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

世界中で進められる「脱炭素=カーボンニュートラル」社会への試み。
地球温暖化に端を発するこの潮流に潜む「不都合な真実」とは? 


「再生可能エネルギー」促進で暴騰する日本の電気料金、メガソーラーによる自然破壊と災害リスク、「太陽光パネル」で目論む中国の世界支配、欧州自動車メーカーが「EV原理主義」に暴走する裏側――。

各分野のスペシャリストが「脱炭素社会」実現で危惧される“害悪”をレポート。
一体、誰のための「脱炭素」なのか? 
「環境にやさしい」に騙されてはいけない! 

amazon.co.jp書籍情報より引用

ビジネス屋と技術屋が一緒に考える脱炭素:江田 健二ほか(著)

書籍情報

江田 健二 , 矢田部 隆志(著)オーム社(出版社)2023/5/26(発売日)232(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

ビジネスと技術の両視点で考える脱炭素の本

政府によるカーボンニュートラル宣言以降、日本も世界の潮流と歩調を合わせ脱炭素社会に向けた流れが加速しています。
しかし、まだ一般論が中心で、具体的な対策が求められています。

本書では、脱炭素の切り札として今注目を集めている水素を実際に利用している現場の取り組みや、工場における化石燃料を使わない生産工程等、具体的な対策などを事例に用いて、"化石燃料が使えなくなる前に行うべき取り組み"をテーマに、ビジネス面と技術面、両面から考察します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

脱炭素産業革命: 郭 四志(著)

書籍情報

郭 四志(著)筑摩書房(出版社)2023/3/9(発売日)400(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる

今や世界的な潮流となっているカーボンニュートラルへの動きは、新しい生産・生活様式をもたらす新段階の産業革命である。
各国の最新動向を徹底調査し分析する。

2020年代に入り、カーボンニュートラルに向け世界に社会経済・産業構造は大きく変わった。
脱炭素の実現目標が掲げられ、もう後戻りできない。
いまなぜ脱炭素なのか。

本書では、新たな段階の産業革命として現状をとらえ、新たな生産様式・生活様式が、エネルギー安全保障や資本主義・市場経済及びグローバル経済のグリーン化にまで至っている状況を分析。
さらに資源国のパワー低下と脱炭素先進国の台頭による地政学的変動、さらに国際政治経済秩序の変容までを分析する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

GX よくある質問と回答

GX(グリーントランスフォーメーション)についてよくある質問と回答を5つ紹介します。

グリーントランスフォーメーション(GX)とは何ですか?

回答: グリーントランスフォーメーション(GX)とは、企業や組織が持続可能な方法で運営を行うための変革のことです。

この変革には、エネルギー効率の改善、再生可能エネルギーの利用、廃棄物の削減、持続可能な資源の利用などが含まれます。

GXの目標は、環境への影響を最小限に抑えつつ、経済的にも実行可能な方法で事業を行うことです。

グリーントランスフォーメーションの主なメリットは何ですか?

回答: グリーントランスフォーメーションの主なメリットには、次のようなものがあります:

  1. 環境への負荷軽減: 持続可能な運営により、温室効果ガスの排出削減や自然資源の保護に貢献します。
  2. コスト削減: エネルギー効率の向上や廃棄物削減により、運営コストを削減できます。
  3. 企業イメージの向上: 環境意識の高い消費者やビジネスパートナーからの評価が高まります。
  4. リスク管理: 気候変動や資源枯渇などの環境リスクに対する企業の対応力が向上します。
  5. イノベーションの促進: 新しい環境技術やビジネスモデルの開発を促進します。

グリーントランスフォーメーションを進めるために企業はどのようなアプローチを取るべきですか?

回答: グリーントランスフォーメーションを進めるためには、次のようなアプローチが有効です:

  1. 持続可能性の目標設定: 明確で実現可能な持続可能性の目標を設定します。
  2. エネルギーと資源の管理: エネルギー消費の最適化と資源の効率的な利用を図ります。
  3. グリーンテクノロジーの導入: 再生可能エネルギーやエネルギー効率の高い技術を導入します。
  4. 従業員の意識向上: 環境意識の向上と持続可能な行動を促すために従業員を教育します。
  5. サプライチェーンの持続可能性: サプライチェーン全体の環境パフォーマンスを改善します。

グリーントランスフォーメーションにおける主な課題は何ですか?

回答: グリーントランスフォーメーションの主な課題には、以下のようなものがあります:

  1. 初期投資の必要性: エネルギー効率の高い技術や設備への投資が必要です。
  2. 技術的な制約: 環境に優しい代替技術の開発と導入には時間と労力がかかります。
  3. 組織文化の変革: 従業員や経営層の意識や行動を変える必要があります。
  4. 規制と政策の変化: 環境法規や政策の変化に対応する必要があります。

グリーントランスフォーメーションはどのように社会全体に影響を与えますか?

回答: グリーントランスフォーメーションは、より持続可能で環境に優しい社会の実現に貢献します。

企業が環境に配慮した運営を行うことで、気候変動の緩和や生物多様性の保護に役立ちます。

また、グリーンテクノロジーの開発と普及は新たな雇用機会を生み出し、経済成長にも寄与する可能性があります。

企業の環境への取り組みは、消費者や他の組織にも影響を与え、持続可能性への意識を高めることができます。

GXのスキルが活かせる職種とは?

GX(グリーン・トランスフォーメーション)に関する知識や経験を習得することによって、環境保護、持続可能性、再生可能エネルギー、環境政策、企業のサステナビリティ戦略など、幅広い分野で仕事を担当することが可能です。

GXは、経済活動を環境に配慮した持続可能な方法へと変革することを目指す概念であり、気候変動対策や環境保全に貢献する職種が含まれます。

以下に、GX関連のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. サステナビリティコンサルタント:
    • 企業や組織がサステナビリティの目標を達成するための戦略策定や実施計画の支援を行います。
    • 環境影響評価、エネルギー効率化、廃棄物削減などの取り組みを提案します。
  2. 再生可能エネルギー専門家:
    • 太陽光、風力、バイオマスなどの再生可能エネルギー源の開発、導入、管理に関わります。
    • クリーンエネルギーへの移行を促進するためのプロジェクトや政策を策定します。
  3. 環境政策アナリスト:
    • 政府やNGOで、環境保護政策の分析、提案、実施の支援を行います。
    • 気候変動、生物多様性、持続可能な開発に関する政策立案に貢献します。
  4. サステナビリティレポート担当者:
    • 企業のサステナビリティレポートの作成を担当し、環境、社会、ガバナンス(ESG)の取り組みを公表します。
    • ステークホルダーに対して、企業の持続可能性への取り組みを透明に伝えます。
  5. 環境エンジニア/技術者:
    • 環境保全技術の開発や、事業活動における環境負荷の低減に取り組みます。
    • 水質浄化、大気汚染防止、廃棄物処理技術など、環境技術の改善に貢献します。
  6. CSR(企業の社会的責任)マネージャー:
    • 企業のCSR活動の計画、実施、評価を担当し、社会や環境への貢献を促進します。
    • 社内外のステークホルダーとの連携を通じて、企業の社会的責任の実践を推進します。

GXに関する知識や経験を持つ人材は、気候変動対策や持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みに不可欠です。

企業、政府機関、NGOなど、さまざまな組織での需要が高まっており、GXを推進することで社会全体の持続可能性に貢献することが期待されています。

まとめ

GX(グリーントランスフォーメーション)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、GXがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。