【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】システム思考がわかる本おすすめ3選+最新情報

「システム思考がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

システム思考(システムシンキング)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

システム思考は、複雑な問題やシステムを部分ではなく全体として捉え、理解しようとする思考法。相互依存する要素の関係性やパターンを認識し、短期的な解決策ではなく長期的な影響を考慮します。このアプローチにより、持続可能な解決策の策定や、より効果的な意思決定が可能になります。全体像を見る力を養い、より賢明な選択を。

まずはじめに、システム思考がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

  • ビジネスリーダーとマネージャー:組織やプロジェクトの複雑な問題を包括的に理解し、解決したい。
  • システムアナリスト:複雑なシステムを効率的に分析し、改善する方法を学びたい。
  • 組織開発の専門家:組織内のダイナミクスを理解し、より効果的な変革戦略を立てたい。
  • プロジェクトマネージャー:プロジェクトの全体的な視野を持ち、より良い意思決定をしたい。
  • 教育者:学生に複雑な問題解決のためのシステム思考のアプローチを教えたい。
  • 研究者や学者:複数の分野にまたがる複雑な問題について研究している。
  • エンジニアや技術者:技術的な問題に対して全体的なアプローチをとりたい。
  • 環境科学者:環境問題をシステムとして分析し、持続可能な解決策を探求したい。
  • 政策立案者:社会的、経済的な問題に対して統合的な視点からアプローチしたい。
  • 健康管理のプロフェッショナル:医療や公衆衛生の分野におけるシステム思考を適用したい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

システム思考の本 おすすめ3選

システム思考がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

学習する組織――システム思考で未来を創造する:ピーター・M・センゲ(著)

書籍情報

ピーター・M・センゲ(著)枝廣淳子, 小田理一郎, 中小路佳代子(翻訳)英治出版(出版社)2011/6/22(発売日)584(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

今日、世界はますます複雑になり、ビジネス環境は日々変容し、私たちの仕事はかつてなく「学習」が求められるものとなった。 
これまでのマネジメントの枠組みはもはや通用しない。 

――自律的かつ柔軟に進化しつづける「学習する組織」のコンセプトと構築法を説いた本書は、世界100万部を超えるベストセラーとなり、90年代のビジネス界に一大ムーブメントを巻き起こした。 

2006年刊の増補改訂版である本書『学習する組織』は、企業、学校、地域コミュニティ、社会課題など、さまざまな実践事例を踏まえて大幅に加筆修正されており、いま個人・企業・社会に求められる真の「変革」とは何かを私たちに問いかける。 

ユニリーバ、VISA、インテル、世界銀行、ヒューレット・パッカードなど多様な組織で導入されてきた「学習する組織」。 
著者ピーター・センゲの深い人間洞察と豊富なケーススタディに裏打ちされた本書を通じて、管理ではなく学習を、正解への固執ではなく好奇心を、恐怖ではなく愛を基盤とする、新たな「マネジメント」のあり方があなたにも見えてくるに違いない。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?―小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方:枝廣淳子ほか(著)

書籍情報

枝廣 淳子, 小田 理一郎(著)東洋経済新報社(出版社)2007/3/1(発売日)271(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

「システム思考」はすでに海外でもデュポン、GMなど年間数百億円規模に及ぶ業務改善・利益向上をもたらす問題解決アプローチ。

その全貌と方法を詳細かつ平易に網羅した初の入門書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

もっと使いこなす!「システム思考」教本

書籍情報

枝廣 淳子, 小田 理一郎(著)東洋経済新報社(出版社)2010/9/23(発売日)173(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

何が「好循環の人」と「悪循環の人」を分けるのか?
具体例を中心に、きっちり現実問題に応用できるようになる本。

ビジネス、社会、組織、個人の成長や進化に役立つ究極の方法――。それがシステム思考です。
こんな「どうして?」にため息をつく方々のための実践的処方箋。

●どうして努力が実らないのか?
●どうしてある解決策が別の新たな問題を生み出すのか?
●どうしてつい他人を責めてしまうのか?
●どうして人は思うように変わってくれないのか?
●どうしていつの間にか望まない状態に陥るのか?
●どうして部下が育たないのか?
●どうして「できる人」ほど伸びないのか?
●どうして「いい商品」なのに売れないのか?
●どうして景気に翻弄されるのか?
●どうして過当競争の泥仕合に陥るのか?
……etc.

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

システム思考の名著・ロングセラー本

システム思考についての名著やロングセラー本を紹介します。

社会変革のためのシステム思考実践ガイド――共に解決策を見出し、コレクティブ・インパクトを創造する:デイヴィッド・ピーター・ストロー(著)

書籍情報

デイヴィッド・ピーター・ストロー(著)小田理一郎(監訳)中小路佳代子(翻訳)井上英之(まえがき)英治出版(出版社)2018/11/16(発売日)384(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

【ソーシャルセクターで注目を集める「コレクティブ・インパクト」初の実践書。】

その“解決策"が、実は問題を“悪化"させている?
いくら支援しても、ホームレスになる人が増え続ける。
厳しく取り締まっても、犯罪はなくならない。
よかれと思う行為が逆の結果を生むとき、何が起こっているのか?
20年以上の実践から生まれた、複雑な問題の本質に迫るアプローチ。

・著者が関わった豊富な事例をもとに、実務的なプロセスをわかりやすく解説。参加者が現実に向き合い、新しい方向性を見出す様子がリアルに描かれる。
・システム思考の専門家の小田理一郎氏が監訳・解説を執筆。解説では「実践上の10のコツ」を紹介。
・ソーシャルイノベーションの専門家の井上英之氏による日本語版まえがきでは、コレクティブ・インパクトの潮流とシステム思考との関係を丁寧に説明。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

システム思考をはじめてみよう:ドネラ・H・メドウズ(著)

書籍情報

ドネラ・H・メドウズ(著)枝廣淳子(翻訳)2015/12/8(発売日)80(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

『世界がもし100人の村だったら』のドネラ・メドウズがキャリアを捨ててまで15年書きつづけた800のエッセイから、「つながり」に気づき、「思い込み」に驚く、名編8作を収録。

「変化が当たり前」かつ「どういう変化がいつ起こるかも不確実」という時代に、何をよりどころに、日々の暮らしや企業活動を進めていけばよいのだろう?

従来の経験や考え方が通用せず、新しい変化が次々と起きるなかで、どうすればリスクやチャンスを捉えることができるだろう?

成長の限界』を発表し、ハーバード、MITに請われた優秀な研究者であり、『世界がもし100人の村だったら』に代表される優れた伝え手でもあったドネラ・メドウズに学ぶ、現実を広く深く、ありのままに捉える「素直な見方」。

● ハンバーガーを食べると好きなテレビが観られなくなる?
● ハイブリッドカーに乗ると人生観が変わる?
● なぜビジネスはモノポリー化するのか?
● 不便であることが魅力的な町の条件?
――身近な話題をとおして、「システム思考」の本質に迫る。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

システム思考がモノ・コトづくりを変える デジタルトランスフォーメーションを成功に導く思考法:稗方和夫(著)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

デジタルトランスフォーメーションを実現するための「武器」を手に入れよう!

デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し実現するために有効な思考法である「システム思考」を、ビジネスパーソンに向けてわかりやすく説明したのが本書です。
戦略を司る経営層、モノづくり・コトづくりを支える現場のリーダー層に読んでいただきたい1冊です。

ビジネスを変革・改善するには、 多様化・複雑化する課題に対して、適切な解決策を見出す必要があります。
そのための考え方・手法が「システム思考」です。 

複雑化する社会、言い換えれば、「複数の要素が密接につながり合い、協働し合う=システム化する」社会において、モノ(製品)づくり・コト(サービスや体験)づくりに不可欠な要素である顧客の要望や自社のコア技術などを俯瞰的に捉えて見える化し、適切に検討して創発することで、DXを成功に導く――。

この実現手法である「システム思考」を、わかりやすく、具体的に説明します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

世界はシステムで動く ―― いま起きていることの本質をつかむ考え方:ドネラ・H・メドウズ(著)

書籍情報

ドネラ・H・メドウズ(著)枝廣淳子(翻訳)小田理一郎(解説)英治出版(出版社)2015/1/24(発売日)360(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

株価の暴落、資源枯渇、価格競争のエスカレート……さまざまな出来事の裏側では何が起きているのか?
物事を大局的に見つめ、真の解決策を導き出す「システム思考」の極意を、いまなお世界中に影響を与えつづける稀代の思考家がわかりやすく解説。

本書のポイント
・複雑なことを紐解く、物事を大局的にとらえる… ドネラ・メドウズが自身の思考法(=システム思考)を全公開。
・テレビや新聞で目にする「出来事」に一喜一憂するのではなく、大きな趨勢(システム)の一角として捉える。
・出来事の裏側にある「構造」や「挙動」、人間の「メンタルモデル(前提・思い込み)」を読み解く。
・本質的な変化をもたらす「真の解決策」を導き出す。

原著 Thinking in Systems: A Primer

amazon.co.jp書籍情報より引用

実践システム・シンキング 論理思考を超える問題解決のスキル:湊宣明(著)

書籍情報

湊宣明(著)講談社(出版社)2016/3/25(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

「なぜ同じ失敗が繰り返されるのか?」
「問題の原因はどこにあるのか?」
「いつも分析で見落とすものとは?」
「今めざしている解決は真の解決か?」
あらゆるビジネス・組織が抱えうる“悩み”に立ち向かう技術を身につけろ!
現代人に必須のスキル「システム・シンキング」を学べる、新しい入門書が誕生!

・ロジカル・シンキングの落とし穴
問題解決のための思考技法として最も有名なのは、ロジカル・シンキング(論理思考)だろう。
これは、対象を要素に分解し、問題を生む要素を特定し、その要素に働きかけることで解決をめざすものだ。
このアプローチは、短期的には望んだ結果をもたらすが、長期的には思わぬ副作用を招く。
働きかけた要素の変化が、別の要素を変化させてしまうからだ。
ロジカル・シンキングには、要素分解の過程で要素間の相互作用を見失いやすい、という落とし穴がある。

・根本を見直すシステム・シンキング
真の解決のためには、特定の要素への働きかけでは不十分だ。
要素間の相互作用がつくるシステムの構造をつくり変える必要がある。
システム・シンキングは要素間の相互作用を重視し、問題の原因を特定の要素に押しつけず、システムの構造に原因を探す。
だからこそ、システム・シンキングの実践はより根本的な解決への一歩になる!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のシステム思考の本

近日発売予定や最近発売された最新のシステム思考の本を、発売日が新しい順に紹介します。

5月発売されるシステム思考の関連書籍は見つかっていません。

インシデント報告の理論と実践 システム思考による事故情報の収集・分析と防止策の立案:Natassia Goodeほか(著)

書籍情報

Natassia Goode, Paul M. Salmon, Michael G. Lenné, Caroline F. Finch(著)前田 佳孝(翻訳)日科技連出版社(出版社)2024/3/19(発売日)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

●システム思考で質の高い事故情報を集める

事故の効果的な再発防止のためには、事故に関する質の高い情報を集め、適切な方法で分析することが重要です。
本書は、システム思考に基づいて事故情報をどのように収集・分析するか、また得られた情報からいかに事故を防止するかについて解説しています。

具体的には、システム思考の事故原因モデルとしてラスムッセンのリスクマネジメントフレームワークを採用し、質の高い事故情報を集めるための実践方法について解説しています。

その実践事例として、オーストラリアの引率者付きアウトドア活動における事故データの把握・分析システムの成功例を紹介しています。

amazon.co.jp書籍情報より引用

桁違いの成長と深化をもたらす 10X思考 (テンエックス思考):名和高司(著)

書籍情報

名和高司(著)ディスカヴァー・トゥエンティワン(出版社)2023/6/23(発売日)608(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

【10X思考(テンエックス思考)とは?】 
Googleで生まれた「桁違いの成長」をもたらすための思考法。 

【「はじめに」より一部抜粋】 
20世紀後半は、ロジカル・シンキングのような問題解決型の垂直思考が幅をきかせていた。
その担い手として活躍したのが、コンサルタントたちだ。
21世紀にはいると、デザイン・シンキングのような機会発見型の水平思考に注目が集まるようになった。 
(中略) 
一方、そのような表層的な流行の底流で、世界を複雑系としてとらえるシステム・シンキングが進化し続けていった。 
(中略)
そして21世紀に入り、デジタルパワーは長足の進歩を遂げ始めた。 

世界では「旧来の延長線上にある成長」から「異次元の成長」へと移行が進んでいる。
「10X(テンエックス)」と呼ばれる現象である。
10倍化、すなわち、桁違いの成長を意味する。 
この10X化を生み出すのが、「10X思考」である。 
ロジカル・シンキングなど、これまでのフレームワークの限界を超え、劇的進化を遂げる思考法だ。 

この本は、新時代のビジネスパーソンに贈る、異次元の成長を楽しみ続け、「10X人財」となるための思考のイノベーションを導く手引書である。

amazon.co.jp書籍情報より引用

IDGs 変容する組織 人材育成の新グローバルスタンダード:新井範子ほか(著)

書籍情報

新井範子, 鬼木基行, 佐藤彰, 新宅剛, 水野みち(著)経済法令研究会(出版社)2023/6/9(発売日)352(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

【グローバルを見据えた人材育成、就職、転職にも】
IDGsの策定には、IDGsイニシアチブが設立され、50を超える学術機関、組織、コスタリカ政府が参画している。
企業では、Google、IKEA、Ericsson、Spotifyなど日本国内でも名を知られた企業がパートナー企業として名を連ねており、今後さらに注目が高まっていくと考えられる。(本文より抜粋)

持続可能なビジネスを実現する人材をどう育てるべきか。
「成人発達理論」のロバート・キーガン、「心理的安全性」のエイミー・エドモンドソン、「学習する組織」のピーター・センゲ、「U理論」のオットー・シャーマーら世界的な研究者たちが推奨する内面の成長目標(IDGs)とは。

SDGs経営を実現する人材育成の本質、新しい時代の人材育成のあり方が詰まった珠玉のフレームワークとして、人材育成の新グローバルスタンダードであるIDGs(Inner Development Goals)の5つのフレーム、23のターゲットスキルを紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

システミックデザインの実践 複雑な問題をみんなで解決するためのツールキット:ピーター・ジョーンズほか(著)

書籍情報

ピーター・ジョーンズ , クリステル・ファン・アール(著)高崎拓哉(翻訳)武山政直(監修)ビー・エヌ・エヌ(出版社)2023/5/24(発売日)372(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

システム思考×デザイン思考=システミックデザイン

ますます複雑化する社会課題・ビジネス課題への新たなデザインアプローチとして注目を集める「システミックデザイン」、その実践のための手引きが本邦初登場です。

地域開発やまちづくり、GXやDXなど、一筋縄ではいかない複雑な問題に、多くの人々を巻き込みながら協働的に取り組む人たちに役立つ一冊。

デザイン思考やサービスデザインで培われた実践的手法の数々に、システム思考のエッセンスを取り入れた「システミックデザイン」が、根本的な変化と望ましい未来への移行に導きます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

システム思考 よくある質問と回答

システム思考について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

システム思考とは何ですか?

回答: システム思考は、複雑なシステムを全体として理解し、その要素間の相互関係やダイナミクスを考慮する思考方法です。

このアプローチでは、単一の要素ではなく、全体のパターンや相互作用に注目し、システム全体の振る舞いや結果を予測しようとします。

システム思考は、問題解決や意思決定において、局所的な視点ではなく、より広範な視野を持つことを目指します。

システム思考の主な利点は何ですか?

回答: システム思考の主な利点には、以下のものがあります:

  1. 全体的な視点: 問題を孤立した事象ではなく、全体のコンテキストの中で理解します。
  2. 長期的な解決策: 単なる短期的な解決ではなく、長期的な持続可能な解決策を導き出します。
  3. 相互依存性の理解: システム内の要素間の相互依存と影響を認識します。
  4. 問題の根本原因の特定: 表面的な症状ではなく、問題の根本原因に焦点を当てます。
  5. 複雑な問題への対処: より複雑で相互に関連する問題に効果的に対処できます。

システム思考を身に付けるにはどうすればいいですか?

回答: システム思考を身に付けるためには、以下の方法が有効です:

  1. 学習と練習: システム思考に関する書籍やコースで基本的な原則を学びます。
  2. 実例の分析: 実際の事例を分析し、システム的な視点で考える練習をします。
  3. 反省と振り返り: 日常の問題に対してシステム思考を適用し、その効果を振り返ります。
  4. 多様な視点の探求: 異なる視点や専門分野からの意見を積極的に取り入れます。
  5. グループでの討議: グループ内でシステム思考を用いた討議を行い、相互の理解を深めます。

システム思考はどのような分野で役立ちますか?

回答: システム思考は、組織運営、ビジネス戦略、公共政策、教育、環境管理、ヘルスケアなど、多岐にわたる分野で役立ちます。

特に複雑な問題や多くのステークホルダーが関与する状況で有効です。

システム思考は、異なる要素や影響を統合的に考慮し、より包括的な解決策を導き出すのに役立ちます。

システム思考と伝統的な思考方法との主な違いは何ですか?

回答: システム思考と伝統的な思考方法の主な違いは、問題に対するアプローチにあります。

伝統的な思考方法では、問題を個別の部分として切り離して考えることが一般的ですが、システム思考では問題をより大きな全体の一部として捉え、要素間の相互作用や全体のパターンに注目します。

システム思考は、孤立した事象ではなく、システム全体のダイナミクスを理解しようとする点で伝統的なアプローチと異なります。

システム思考のスキルが活かせる職種とは?

システム思考に関する知識や経験を習得することは、複雑な問題を解決し、組織やプロジェクトをより効果的に管理するための重要なスキルセットです。

システム思考は、部分ではなく全体を見ることで、要素間の相互作用を理解し、より持続可能で効率的な解決策を見つけるアプローチを指します。

このスキルは、以下のような職種で特に価値があります:

  1. 組織開発コンサルタント:
    • 組織の構造、プロセス、文化に関する問題を診断し、改善策を提案します。
    • システム思考を用いて、組織全体のパフォーマンス向上を目指します。
  2. プロジェクトマネージャー:
    • 複数のプロジェクト要素やチーム間の相互作用を管理し、プロジェクトの成功を導きます。
    • システム思考を活用して、リスクを評価し、効果的なリソース配分を行います。
  3. ビジネスアナリスト:
    • 企業のビジネスプロセスを分析し、効率化や改善のための戦略を提案します。
    • システム思考を用いて、ビジネスモデルや業務フローの全体像を捉えます。
  4. サステナビリティマネージャー:
    • 環境、社会、経済の持続可能性に関する問題を扱います。
    • システム思考を活用して、持続可能なビジネス戦略やプラクティスを開発します。
  5. 品質管理/品質保証スペシャリスト:
    • 製品やサービスの品質を保証し、改善策を実施します。
    • システム思考を用いて、品質問題の根本原因を特定し、全体的な品質向上を図ります。
  6. ソフトウェアエンジニア/システムアーキテクト:
    • 複雑なソフトウェアシステムやアーキテクチャの設計、開発に携わります。
    • システム思考を用いて、各コンポーネント間の相互作用を考慮した設計を行います。
  7. 政策立案者/公共政策アナリスト:
    • 社会的、経済的、環境的問題に対する政策の立案に関わります。
    • システム思考を活用して、政策の長期的な影響や副作用を予測し、より効果的な政策策定を目指します。

システム思考は、個別の要素だけでなく、それらがどのように相互に作用するかを理解することに重点を置きます。

このアプローチは、複雑な問題をより全体的な視点から捉え、根本的な解決策を見つけるのに役立ちます。

従って、システム思考のスキルは、あらゆる業界や職種で高い価値を持ちます。

まとめ

システム思考(システムシンキング)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、システム思考がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。