【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年4月】休息がわかる本おすすめ3選+最新情報

「休息がわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

休息について知りたい人のために、おすすめの本などを紹介します。

休息とは、身体的および精神的な活動を一時停止し、エネルギーを回復させるプロセスです。この時間は、ストレスの軽減、健康の維持、そして長期的なパフォーマンス向上に不可欠です。適切な休息は、睡眠の質を向上させるだけでなく、創造性と問題解決能力を促進し、全体的な生活の質を高めます。定期的な休息は、持続可能な生産性の鍵となります。

まずはじめに、休息がわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • ストレスを感じている人: 日常生活や仕事のストレスから解放され、リラックスしたい。
  • 生産性を向上させたいビジネスプロフェッショナル: 効率的な休息方法を学び、仕事のパフォーマンスを高めたい。
  • メンタルヘルスに関心がある人: 心理的なウェルビーイングを改善し、精神的な休息の重要性を理解したい。
  • 健康意識の高い人: 身体的な健康を維持・改善するための適切な休息方法を探している。
  • 睡眠の質を改善したい人: 良質な睡眠を取るための環境や習慣について学びたい。
  • タイムマネジメントを改善したい人: 時間を効率的に使い、休息のための時間を確保したい。
  • 疲労回復に関心があるアスリート: トレーニングや競技のパフォーマンスを最大化するために、効果的な休息戦略を学びたい。
  • 教育者や保護者: 子どもたちに適切な休息の重要性を教え、健康的な生活習慣を育てたい。
  • バーンアウトを経験している人: 仕事や日常生活の圧力によるバーンアウトから回復し、エネルギーを取り戻したい。
  • ヨガや瞑想に興味がある人: リラクゼーションと心の平穏を深めるための実践方法を求めている。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!

休息の本 おすすめ3選

休息がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

世界のエリートがやっている 最高の休息法:久賀谷 亮(著)

書籍情報

久賀谷 亮(著)ダイヤモンド社(出版社)2016/7/29(発売日)256(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

【「脳疲労」がすぐ消えて、頭が冴える】

「疲れがとれない…」こんなに休んだのになぜ?
――アイドリング状態でも勝手に疲労を溜めていく脳には「科学的に正しい休ませ方」があった!

集中力や行動力を高める究極の休息メソッドを、イェール大で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

休養学 あなたを疲れから救う:片野 秀樹(著)

書籍情報

片野 秀樹(著)東洋経済新報社(出版社)2024/2/28(発売日)216(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

●疲れたらコーヒーを飲む
●疲れたときは寝るのが一番
●甘いもので自分にごほうび
……こんなこと、していませんか? 実は疲労を取るには全部「×」な方法です。

「いつも体が重い」
「寝ても寝てもだるく、疲れがとれない」
「会社に行くだけでヘトヘトになる」
「休みの日に何をしていいかわからない。結局、一日じゅうゴロゴロしている」
「週末に寝だめをすると、休み明けはかえってぐったりしてしまう」
……あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

「ゆっくり休みたいのに休めない」のは、日本では「休むこと」イコール「なまけてること」という考えがしみついていることにあります。疲労は熱や痛みと同じ、体からの警告です。本来は「今日は疲れているので、休みます」と言えなくてはおかしいのです。

本書では、これまで栄養や運動に比べて軽視されてきた「疲労」と「休息」について科学的な解説を加え、
・人はなぜ疲れるのか
・疲れても無理をして休まずにいると、人間の体はどうなるのか
・どんな休み方をすれば最も効果的に疲れがとれるのか
……といった疑問に答えていきます。

さらに、休養を7種類に分類し、それらを組み合わせて、自分がもっともリフレッシュできる休み方を見つける方法も伝授します。

「日本人の約8割が疲れている」というデータもあります。ただ、世界各国と比べて平均労働時間がとくに多いわけではありません。日本人は「休み下手」なのです。

本書を読んで、単に寝る、休息するといった「守りの休養」から、「攻めの休養」へ今すぐシフトしましょう!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

シリコンバレー式 よい休息:アレックス・スジョン-キム・パン(著)

書籍情報

アレックス・スジョン-キム・パン(著)野中 香方子(翻訳)日経BP(出版社)2017/5/25(発売日)352(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

創造的なアイデアは「よい休息」から生まれる! 

働き方の本はたくさんありますが、本書は「休息」についての本です。
しかし、書かれているのは、だらっと時間を過ごす「休息」ではありません。
創造性を高め、高パフォーマンスを発揮するための「戦略的休息」の取り方について、詳しく解説しています。

実は、私たちの脳は、一生懸命仕事をしているだけでなく、ぼんやりしているときでも、活発に動いていることがわかっています。
この時、思考が整理され、アイデアが生まれやすい状態になります。

このように「働いていない時間」の中身を濃くして「戦略的」に過ごし、結果を出す具体的な方法を、本書ではふんだんに紹介します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

休息の名著・ロングセラー本

休息についての名著やロングセラー本を紹介します。

心療内科医が教える本当の休み方:鈴木 裕介(著)

書籍情報

鈴木 裕介(著)アスコム(出版社)2023/8/31(発売日)288(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「休んでも、疲れが取れない。その理由はなんだろう」
「寝る」「ダラダラ」「スマホを見る」は休み方を間違えている⁉

「日々の疲れが抜けない」「ストレスを抱え苦しんでいる」「休職を考えている」「つらくて動けない」
そんな人々を長年サポートしてきた、鈴木裕介医師が【本当に心と体を回復させる】休み方を教えます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ハーバード×MBA×医師 働く人のための 最強の休息法:猪俣武範(著)

書籍情報

猪俣武範(著)ディスカヴァー・トゥエンティワン(出版社)2017/8/26(発売日)240(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

睡眠、食事、運動+姿勢、アイケア、脳科学etc… ビジネスパーソンのための“戦略的休息の技術"47

本書は、医師としての業務の傍らで執筆やビジネスなどをパワフルにこなす著者が、日々忙しく働くビジネスパーソンに向けて、「睡眠」「運動と姿勢」「アイケア」「食事」「脳科学とメンタル」「ITツール活用」という6つのパートに分け、エビデンスに基づく効率的な休息法を教えます。

ネットには医療や健康に関するさまざまな情報があふれ、信憑性の定かではないものも多くあります。
本書では依拠する論文をできる限り示しながら、医学的に最先端の休息法を包括的に紹介していくよう努めました。
また、各分野の専門医に査読をしていただくことで、より信頼性のある内容に近づけました。

今日からすぐに実践できる事柄が満載。
みなさんの日々の生活や仕事に取り入れればパフォーマンスが劇的に変わるでしょう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

休息の科学 息苦しい世界で健やかに生きるための10の講義:クラウディア・ハモンド(著)

書籍情報

クラウディア・ハモンド(著)山本 真麻(翻訳)TAC出版(出版社)2021/7/28(発売日)349(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

【忙しく息苦しい時代を生きる人に向けて伝えたい、自分を癒すための休息のリアル】

元気な自分でいるための休み方の正解! 
イギリスの大人気心理学者があらゆるエビデンスをもとに、「自分の癒し方」をお伝えします。
BBCラジオのプレゼンターを務め、心理学やメンタルヘルスの専門知識をわかりやすく紹介する著者が教える、しんどい毎日で自分を休ませ、人生をもっと豊かにする方法。

心と体はいかにして癒されるのか? 世界中のあらゆる研究結果から休息の極みを紐解いていきます。
世界135カ国18,000人の調査でわかった人気の休息トップ10を徹底分析! 
空想、入浴、散歩、音楽、自然、読書 etc. 大丈夫、できることからやればいい。
誰もが日々やっているあたりまえのことにも、休息効果はあります。

その他、コンディションUPにつながるテーマも幅広く実証! 
ストレスマックスの時代を生き延びるための、「人生の整え方」講義。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新の休息の本

近日発売予定や最近発売された最新の休息の関連書籍を、発売日が新しい順に紹介します。

4月に発売される休息の関連書籍は見つかっていません。

立ち止まっても休んでもいい 自分を取り戻すゆるい逃げ方:中島輝(著)

書籍情報

中島輝(著)学研プラス(出版社)2022/7/28(発売日)176(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

AmazonのAudible(オーディブル)聴き放題で体験できる書籍です。

■■「『逃げる』って、悪いことじゃないの?」これは、そのように感じているあなたに、読んでいただきたい本です■■

「逃げる」とは、他人の目を気にする自分、周囲に合わせている自分から逃げて、「自分の人生を取り戻す」ことです。

「逃げる」という選択肢を持つだけでも、人生は大きく変わってくると思います。
イヤなこと、つらいこと、どうでもいいことを手放し、自分にとって大事なことをキャッチしていきましょう。

「ゆる逃げ」で、人生100 年時代を、より自分らしく生きるようになっていただけると幸いです。
著者・中島輝 「プロローグより」

amazon.co.jp書籍情報より引用

心が疲れない「正しい」休み方:るろうに(著)

書籍情報

るろうに(著)KADOKAWA(出版社)2022/4/28(発売日)216(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

Amazonのkindle unlimited(キンドル・アンリミテッド)読み放題で体験できる書籍です。

イライラ、もやもや、うつうつとした気持ちがすんなり消える正しい休み方

寝ても疲れが取れない……。
ついつい深酒してしまう……。
寝付くのに時間がかかって、いつも寝不足……。
休みたいけど、なかなか休めない……。

それってもしかしたら、「心の疲れ」が溜まっているかもしれません。
ヒューストン大学、カリフォルニア大学、イスラエル工科大学などの世界の研究論文を参考に、心の疲れを取るスキル、心の疲れを溜めないためのスキルを集めました。

イライラ、もやもやの嫌な感情を今すぐ消す方法や、心の疲れを取るための「お酒」との上手な付き合い方、脳の疲れを取るスマホと運動の関係、集中力が続く「ポモドーロ・テクニック」などなど今日から実践できる科学的なノウハウが満載。

疲れているけど毎日頑張りすぎてしまうあなたに、毎日がちょっとラクになる心と体の「休息」のコツを伝授します。

amazon.co.jp書籍情報より引用

イライラ・不安が消える!  疲れたこころとからだの休め方:青木 智恵子(著)

書籍情報

青木 智恵子(著)自由国民社(出版社)2021/8/23(発売日)288(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

いま、この時代は、社会全体がゴールのみえない漠然とした不安につつまれています。
あなただけではないのです。

働く人・働けない人・病気の人・病気でない人・医療者・学生・先生・子ども・親・お年よりなど、どの立場の方も心身の疲れがたまっている世の中です。

この本は、そんな心身の疲れをとるエクササイズなどをあつめました。

amazon.co.jp書籍情報より引用

ストレスフリーになる休息のヨガ:サントーシマ香(著)

書籍情報

サントーシマ香(著)大和書房(出版社)2020/10/25(発売日)96(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

おうちでできる、くつろぎのリストアヨガ 。

雲の上に乗っているような心地よさを感じられる癒しのヨガ。

椅子や枕、タオル等のプロップを使ってより気持ち良く効果的に味わえる。

amazon.co.jp書籍情報より引用

TIME OFF(タイムオフ) 働き方に「生産性」と「創造性」を取り戻す 戦略的休息術:ジョン・フィッチほか(著)

書籍情報

ジョン・フィッチ, マックス・フレンゼル(著)クロスメディア・パブリッシング(出版社)2023/3/31(発売日)528(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

英語版は、瞬く間に米Amazonの多数分野でベストセラー獲得!
燃え尽き寸前の現代人を救う実践ガイド、ついに日本上陸!

●世界の賢人35人に学ぶ、忙しさを手放して成功する方法
本書では、世界の賢人35人(発明家、革命家、ノーベル賞受賞者、思想家、億万長者、アーティスト、ギリシャの神々、そして〝普通〟の人たち)の、休息術を紹介する。
「タイムオフを〝したのに〟成功した」ではなく、「タイムオフを〝したから〞成功した」人たちだ。

●「高尚な余暇」が、あなたの“本当の力”を引き出す!
ただじっとしているだけが、休息ではない。
創造的であることや、ときには活動することもまた、変化を求める脳にとっては「休息」となる。
本書では世界の賢人たちの知恵やエピソードを通して、睡眠、運動、旅、遊びといった、様々な面から「休息」を紹介する。

仕事から逃れるためではなく、より良い仕事をするために、「休息」が必要だ。
燃え尽き症候群や過労を遠ざけ、あなたの中に眠る「生産性」と「創造性」を目覚めさせるための「戦略的な休息術」を身につけよう。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

休息によくある質問と回答

休息について、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

休息の重要性は何ですか?

回答: 休息は、心身の健康を維持し、ストレスを軽減するために不可欠です。

適切な休息を取ることで、エネルギーを回復し、集中力と生産性を高めることができます。

また、休息は創造性を刺激し、長期的なウェルビーイングに貢献します。

効果的な休息の方法にはどのようなものがありますか?

回答: 効果的な休息方法には、睡眠、短い昼寝、リラクゼーション技法(深呼吸、瞑想)、趣味やレジャー活動、運動、自然の中での時間過ごし、社会的な活動などがあります。

個人の好みやライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

十分な休息を取るためのコツは何ですか?

回答: 十分な休息を取るためのコツには、一定の睡眠スケジュールを守る、寝る前のスクリーンタイムを減らす、快適な睡眠環境を整える、日中の適度な運動を心がける、ストレス管理に努める、などがあります。

また、日々の活動に短い休憩を組み入れることも重要です。

休息と運動のバランスを取る方法は?

回答: 休息と運動のバランスを取るには、自分の体調や活動レベルに注意を払い、過度な運動や過剰な休息を避けることが重要です。

定期的な運動を行いつつ、体が回復するための十分な休息を確保することがバランスの鍵です。

自分に合った運動量を見つけ、休息日を設けることも有効です。

休息を取ることに罪悪感を感じることがあります。どう対処すればいいですか?

回答: 休息を取ることに罪悪感を感じる場合は、休息の重要性とその利点を再認識することが大切です。

休息は生産性や健康維持に不可欠な要素であり、"怠け"ではないということを理解しましょう。

また、休息を計画的に取り入れ、自分へのご褒美と考えることで、罪悪感を和らげることができます。

休息のスキルが活かせる職種とは?

休息に関する知識や経験は、特に健康、ウェルネス、人事管理、教育などの分野で価値があります。

これらの知識を活かして担当することができる仕事には、以下のようなものがあります:

  1. ウェルネスコーチ/ライフコーチ:
    • 個人の健康やウェルビーイングをサポートし、ストレス管理、効果的な休息方法、バランスの取れたライフスタイルの促進に関するアドバイスを提供します。
  2. 人事(HR)スペシャリスト:
    • 従業員の健康とウェルビーイングプログラムを企画、実施します。休息と回復を促すための職場環境の改善や休暇制度の管理を行います。
  3. 職業健康心理学者:
    • 職場でのストレスや疲労と戦う従業員に対し、カウンセリングやストレスマネジメントプログラムを提供します。休息の重要性を含めた心理的アプローチを通じて、従業員の健康を支援します。
  4. スリープコンサルタント:
    • 睡眠の質に関する専門的アドバイスを提供し、良質な休息を得るための戦略や環境調整について指導します。不眠症やその他の睡眠障害の改善に取り組みます。
  5. 企業トレーナー/ウェルネスプログラムディレクター:
    • 企業向けにウェルネスプログラムやワークショップを開発、提供します。効果的な休息の取り方、瞑想、リラクゼーションテクニックなど、従業員の健康を促進する内容を教えます。
  6. 教育者/カウンセラー:
    • 学校やコミュニティセンターで、子どもや大人への健康教育を行います。休息の重要性、ストレス管理、健康的な生活習慣について指導します。
  7. ヨガインストラクター/瞑想指導者:
    • ヨガや瞑想のクラスを通じて、参加者に心身のリラクゼーションと回復を促します。深い休息を得るための技術や呼吸法を教えます。

休息に関する知識や経験は、健康とウェルビーイングを重視する現代社会において、ますます重要になっています。

これらのスキルを持つ専門家は、個人の生活の質の向上はもちろん、職場での生産性向上にも貢献できるため、多くの業界で需要が見込まれます。

まとめ

休息について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、休息がわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、読んだり学んだりしてみましょう!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。