【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年4月】オープンダイアローグがわかる本おすすめ3選+最新情報

「オープンダイアローグがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

オープンダイアローグについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

オープンダイアローグは、対話を通じて多様な視点や経験を共有し、理解を深め合うコミュニケーションの形式。参加者が互いに尊重し合い、判断を下さずに話を聴くことで、新たな洞察や解決策を見いだすことを目指します。このアプローチは、チームビルディング、問題解決、イノベーション推進に有効で、オープンで健全な組織文化の構築に貢献します。

まずはじめに、オープンダイアローグがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • メンタルヘルスのプロフェッショナル:心理療法やカウンセリングの新しいアプローチを探している。
  • ソーシャルワーカー:クライアントやコミュニティとの対話を改善したい。
  • 教育者:学生や教育関係者とのオープンなコミュニケーションを促進したい。
  • ヘルスケア専門家:患者中心のケアモデルに興味がある。
  • マネージャーやリーダー:職場でのオープンな対話と共感的なコミュニケーションを促進したい。
  • 心理学や精神医学の学生や研究者:新しい治療法や対話手法について学びたい。
  • 家族療法士:家族間のコミュニケーションと理解を深めたい。
  • HRプロフェッショナル:組織内のコミュニケーションと従業員の福祉を向上させたい。
  • コミュニティリーダー:地域の課題に対してオープンな議論を促進したい。
  • 個人や家族が直面する複雑な問題に取り組むための新しい手法に関心がある人。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

オープンダイアローグの本 おすすめ3選

オープンダイアローグがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

オープンダイアローグ 私たちはこうしている:森川すいめい(著)

書籍情報

森川すいめい(著)医学書院(出版社)2021/9/6(発売日)196(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

■はじめの一歩を踏み出すために

オープンダイアローグは面白そう、でもどこから始めたらいいのか分からない
――そんな疑問にまっすぐに答えたのが本書です。

具体的な声のかけ方・応答例から、対話セッションの進め方や臨場感あふれる実事例まで、著者と仲間たちがいま実際に日本の臨床現場で行っていることを包み隠さず紹介しました。

対話を開く「工夫」や「アイデア」に満ちた本書を頼りに、オープンダイアローグの「はじめの一歩」を踏み出しましょう!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

N:ナラティヴとケア 第15号 オープンダイアローグの可能性をひらく:森川すいめい(編集

書籍情報

森川すいめい(編集)遠見書房(出版社)2024/2/14(発売日)108(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

フィンランドの小さな町から始まったオープンダイアローグは,日本に紹介され,約10年が経過した。
日本の精神医療の枠組みには合わないとされていたが,さまざまな試行錯誤が行われ,ちょっとずつ日本に浸透が始まっている。

本誌は,日本におけるオープンダイアローグ実践の第一人者である森川すいめいさんと,その仲間たちによって書かれた,オープンダイアローグの実践と,オープンダイアローグに近しい実践の数々。

一冊丸ごとオープンダイアローグ。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

対人支援のダイアローグ オープンダイアローグ、未来語りのダイアローグ、そして民主主義:高木 俊介(著)

書籍情報

\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

現代社会は、対人支援の現場においても、協働作業が難しい状況にあり、障害者支援システムは大転換の時代にある。

本書で展開されるのは、精神科治療のためのオープンダイアローグと対人支援組織や当事者―支援者関係のための未来語りのダイアローグを統合するための実践的な試みである。

ふたつのダイアローグでは、支援者に高度な精神療法的配慮とソーシャルネットワークを集める視点が求められる。
著者は、共同体の再生を目指す、ふたつのダイアローグの技法的側面と治療哲学をバフチンの「ダイアローグの思想」を引用しながら有効な治療戦略としてわかりやすく解説する。

巻末には、未来語りのダイアローグの研修を共にした実践者、竹端寛氏・舘澤謙蔵氏とのダイアローグの真髄に触れた座談会を収録した。
当事者・家族、そして治療者の悩みをダイアローグし続ける心理的支援を目指す新しい臨床的試み。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

オープンダイアローグの名著・ロングセラー本

オープンダイアローグについての名著やロングセラー本を紹介します。

オープンダイアローグ 思想と哲学:石原孝二ほか(著)

書籍情報

石原 孝二, 斎藤 環(編集)東京大学出版会(出版社)2022/3/26(発売日)200(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

この対話実践の源流にあるものとは

オープンダイアローグは地域精神医療の包括的なアプローチで、近年世界的な注目を集めている。

この「対話実践」の背景となった思想の源流を辿り、ラカン派の精神分析、現象学、哲学対話といった現代哲学のアプローチとの関係を論じる。

オープンダイアローグの思想的基盤を多面的に描き出す。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

まんが やってみたくなるオープンダイアローグ:斎藤環ほか(著)

書籍情報

斎藤環, 水谷緑(著)医学書院(出版社)2021/3/15(発売日)174(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

現時点で世界一わかりやすい「オープンダイアローグ入門書」です(断言! )

6編の物語と4章の解説で、オープンダイアローグのエッセンスを2時間でつかめるよう構成しました。
どうしたら対話を続けることができるのか、なぜ計画を立ててはいけないのか、調和を目指さないとはどういうことか。

これらが納得できたら、まずはやってみてください。
見よう見まねでも構いません。
「対話さえ続けば、あとはなんとかなる! 」――これが本書の最大のメッセージです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

オープンダイアローグ:ヤーコ・セイックラほか(著)

書籍情報

ヤーコ・セイックラ, トム・エーリク・アーンキル(著)高木 俊介, 岡田 愛(翻訳)日本評論社(出版社)2016/3/23(発売日)231(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

フィンランド発、急性期精神病に24時間以内に介入し、対話中心で治療する実例とシステムを紹介した初の基本的テキストの決定版!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

オープンダイアローグとは何か:斎藤環(著, 翻訳)

書籍情報

斎藤環(著, 翻訳)医学書院(出版社)2015/6/22(発売日)208(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

なぜ人は、“対話”だけで回復するのか。

依頼があったら「24時間以内」に精神科の「専門家チーム」が出向く。
そこで患者・家族・関係者をまじえて、状態が改善するまで、ただ「対話」をする――。
フィンランドの一地方で行われているシンプルきわまりないこの手法に、世界の注目が集まっています。
この手法に、かねて「人薬(ひとぐすり)」の効用を説いていた斎藤環氏が魅入られました。

《結論から言いましょう。いまや私は、すっかりオープンダイアローグに魅了されてしまっています。ここには確実に、精神医療の新しい可能性があります。》(本書12頁)

《経験を積んだ専門家ほど、その手法と思想を聞いて「これは効かないほうがおかしい」と感じてしまうのは無理もありません。私自身が文献を読んだだけで、これほど入れあげてしまったのもおわかりいただけるでしょう。それほどこの「開かれた対話」には確たる手応えがあったのです。》(本書14頁)

オープンダイアローグの第一人者セイックラ氏の論文と、斎藤環氏の熱情溢れる懇切丁寧な解説が融合。
生き生きとした事例、具体的なノウハウ、噛み砕いた理論紹介で、話題のオープンダイアローグの全貌がわかる一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のオープンダイアローグの本

近日発売予定や最近発売された最新のオープンダイアローグの本を紹介します。

4月に発売されるオープンダイアローグの関連書籍は見つかっていません。

サイコーシスのためのオープンダイアローグ:ニック・パットマンほか(編集)

書籍情報

ニック・パットマン, ブライアン・マーティンデール(編集)石原孝二(編集, 翻訳)斎藤環, ほか(翻訳)北大路書房(出版社)2023/10/13(発売日)368(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

身体拘束などサービス利用者を無力化する精神医療に依存しないオープンダイアローグを精神保健サービスに組み込むことは,世界共通の悩みである。

セイックラの論考などからサイコーシスにオープンダイアローグを導入する意義を確認するとともに,実践を展開する各国のさまざまな工夫や取り組みをユーザーの声を交えて紹介。

amazon.co.jp書籍情報より引用

パーソンセンタード・アプローチとオープンダイアローグ 対話・つながり・共に生きる:山智敬ほか(著)

書籍情報

山智敬 , 永野浩二 , 村山正治(編集)遠見書房(出版社)2023/10/10(発売日)216(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

心理的支援の基盤となっているパーソンセンタード・アプローチと、現代社会の精神科支援のあり方に大きな変化を生もうとしているオープンダイアローグには、生まれた時代や社会背景は異なりますが、共通する特徴が多くあります。

本書は、パーソンセンタード・アプローチとオープンダイアローグ(OD)との比較やデモンストレーションから、これらの共通点/相違点や実践例を提示したものです。

また、筆者たちがそれぞれに行ってきた実践事例をまとめ、パーソンセンタード・アプローチとオープンダイアローグの2つを架橋し、心理支援のあり方に一石を投じるものになるでしょう。

心理や福祉、教育、医療などに携わる多くの支援者に読んでもらいたい1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

オープンダイアローグ 実践システムと精神医療:石原孝二ほか(著)

書籍情報

石原 孝二, 斎藤 環(著)東京大学出版会(出版社)2022/3/26(発売日)208(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

オープンダイアローグの日本での導入に向けて

世界最多の精神科病床、身体拘束の問題などを抱える日本の精神科医療にとって、オープンダイアローグのアプローチは衝撃を与えた。

精神科医療一般や臨床心理、地域精神医療との関係をふまえて、この「対話実践」の日本での取り組みや体制づくりの展開を提示する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

唯が行く!  当事者研究とオープンダイアローグ奮闘記:横道 誠(著)

書籍情報

横道 誠(著)金剛出版(出版社)2022/2/7(発売日)304(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

『みんな水の中』の著者による、フィクション仕立てのケーススタディ! 

双極性障害の家族を持ち自身も発症の疑いを持つ大学生、唯(ゆい)は大学のサークル活動を起点として自助グループの運営にかかわるようになり、当事者研究とオープンダイアローグ(OD)を学んでいく。

発達障害、吃音、摂食障害、LGBT、鬱、ひきこもりの親など、自助グループに登場するさまざまな困りごとを抱えた当事者たちのケースを通して、この物語は、対人援助職、当事者向けの実践的ケーススタディとなる。

一方で、物語は成長して大学で教鞭をとる唯先生による講義編へと展開する。
講義編では、「ユーモア」「苦労の哲学」「ポリフォニー」「中動態」などのキーワードを並べつつ、当事者研究、ODを基礎から丁寧に解説。
さらに、ハイデガー、アーレント、バフチンの思想が交差する深みへと進む。

本編のほか、ほがらかタッチのへたうまイラストや、付録には「唯のひらめきノート」、荒唐無稽なゲームブックなどが収録され、読者はユニークな世界観を味わいながら、当事者研究とODを楽しく学ぶことができる。

amazon.co.jp書籍情報より引用

感じるオープンダイアローグ:森川すいめい(著)

書籍情報

森川すいめい(著)講談社(出版社)2021/4/14(発売日)224(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

AmazonのAudible(オーディブル)聴き放題で体験できる書籍です。

ただ対話するだけで、どうしてこころが癒やされるのか?

オープンダイアローグ発祥の国フィンランドでは、対話によって、精神面に困難を抱えた人の8割が回復。
学校や職場、家庭、議会でも「対話の場」が開かれ、大きな効果を上げている。
実践に向けて、オープンダイアローグをハートで感じる書!

「その人のいないところで、その人の話をしない」「1対1ではなく、3人以上で輪になって話す」ただそれだけのことで、どうして人は回復していくのか。

日本人医師として初めて、オープンダイアローグの国際トレーナー資格を得た一人である筆者が、自らの壮絶な過去とオープンダイアローグに出会った必然、
そして、フィンランドで受けたトレーニングの様子をつぶさに記すことで、「オープンダイアローグとは何なのか?」「ただ対話するだけで、どうしてこころが癒やされるのか?」「どのようにして対話の場が生まれるのか?」など、様々な疑問に回答する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

マンガでやさしくわかる オープンダイアローグ:向後善之ほか(著)

書籍情報

向後 善之, 久保田 健司(著)大舞 キリコ(マンガ)日本能率協会マネジメントセンター(出版社)2021/2/26(発売日)272(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「対話」だけで、統合失調症やうつ病がみるみるうちに回復していく――。
フィンランドで発祥した「オープンダイアローグ」という心理療法が、近年、注目を集めています。

オープンダイアローグとは、開かれた「対話」による治療のこと。
入院や薬物投与はできる限り行わないかたちで、病や障害を抱えている本人とカウンセラーや医師だけではなく、家族を含めた関係者をまじえて、ただひたすらに「対話」をする、という一見すると遠回りのように思えるこのセラピーが、うつ病や統合失調症、引きこもりなどの治療に大きな成果をあげるといいます。

本書は、オープンダイアローグを実践するうえで重要な3つの要素のほか、
・「開かれた対話」は、どのように行われていくのか? 
・オープンダイアローグを行うセラピストには、何が必要なのか? 
などを、著者によるわかりやすい解説とマンガをとおして紹介します。

今、注目を集めるオープンダイアローグのもっともわかりやすい入門書であり、もっとも役に立つ実践書です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

開かれた対話と未来 今この瞬間に他者を思いやる:ヤーコ・セイックラ , トム・アーンキル(著)

書籍情報

ヤーコ・セイックラ , トム・アーンキル(著)斎藤 環(翻訳)医学書院(出版社)2019/8/26(発売日)350(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

本書は、「オープンダイアローグ」の理論的主導者であるセイックラ氏と、オープンダイアローグの派生型ともいえる「未来語りダイアローグ」を開発したアーンキル氏が共同執筆した著作です。

サブタイトルに「今この瞬間に他者を思いやる」とあるように、本書のキーワードは「他者」です。
すなわち「私と違うひと」を、違うがゆえに思いやる行為、それが対話である。これが本書のメッセージです。
本書の比類のない価値は、その「他者の他者性を毀損しない対話」というものを、極めて具体的に、実践的方法として提示しているところにあります。

そして目次を見ていただければ分かるように、対話という行為の哲学的意味から、「オープンダイアローグ」「未来語りダイアローグ」の喚起力あふれる事例、対話が人々にもたらす不思議な力、対話文化の広め方とそれにふさわしい研究方法までがオール・イン・ワンとなった、オープンダイアローグ決定版です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

仕事に効くオープンダイアローグ 世界の先端企業が実践する「対話」の新常識:鈴木 隆(著)

書籍情報

鈴木 隆(著)KADOKAWA(出版社)2019/3/28(発売日)256(ページ数)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonでみる

「意見の不一致」が組織を強くする

精神科医・斎藤環氏 推薦!
「これからは『対話』こそがアィディアの鉱脈となる。本書にはそのための貴重なヒントが詰まっている。」

立教大学教授・中原淳氏 推薦!
「『対話』こそが組織課題の「根本解決」につながる。『対話の場』づくりのヒントが詰まる一冊。」

「越境」「共創」という働き方が求められる時代がやってきた。
さまざまな相手と力を合わせて、新しい価値を生み出す人材が「AI時代」で飛躍する。
しかし相手はいつも“気の合う仲間”とは限らない。
「異質な人」「噛み合わない人」「対立する人」…。
目の前に立ちはだかる“難しい相手”とも成果を共創するにはどうするか――。

その突破口こそが「オープンダイアローグ」である。

フィンランド発、投薬せずに「対話」だけで統合失調症の患者を回復させた画期的な精神療法。
本書では、最新の精神療法に基づいた「仕事に効く」オープンダイアローグの要点と、世界と国内の実践例を紹介する。

誰でもできる、シンプルで強力なコミュニケーション!

amazon.co.jp書籍情報より引用

オープンダイアローグ よくある質問と回答

オープンダイアローグについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

オープンダイアローグとは何ですか?

回答: オープンダイアローグは、参加者が互いの意見を自由かつオープンに表現し、対話を通じて理解を深めるためのコミュニケーションプロセスです。

このアプローチは、特に意見の相違や複雑な問題がある状況において、参加者間の共感や協力を促進することを目的としています。

オープンダイアローグの主な利点は何ですか?

回答: オープンダイアローグの主な利点には、以下のようなものがあります:

  1. 多様な視点の共有: 異なる意見や経験が共有され、相互理解が深まります。
  2. 創造的な問題解決: 複数の視点からのアイデアが寄せられることで、創造的な解決策が生まれます。
  3. 信頼の構築: オープンな対話は、関係性の構築と信頼の向上に寄与します。
  4. 意思決定の質の向上: 多様な意見を取り入れることで、よりバランスの取れた意思決定が可能になります。
  5. 参加者のエンゲージメント: 自らの意見が尊重されることで、参加者のエンゲージメントが高まります。

オープンダイアローグを成功させるための鍵は何ですか?

回答: オープンダイアローグを成功させるための鍵は、以下の要素が重要です:

  1. 全員の参加: すべての参加者が意見を述べる機会を持つこと。
  2. 相互尊重: 異なる意見を尊重し、オープンな姿勢を保つこと。
  3. アクティブリスニング: 他者の意見を注意深く聞き、理解しようとすること。
  4. 判断の保留: 早急な評価や判断を避け、多様な意見を受け入れること。
  5. 安全な環境の提供: 参加者が自由に意見を述べられる安全な環境を作ること。

オープンダイアローグを実施する際の具体的なステップは何ですか?

回答: オープンダイアローグを実施する際の具体的なステップには、以下のようなものがあります:

  1. 目的の設定: 対話の目的と期待される成果を明確にします。
  2. ルールの確立: 対話のルールやガイドラインを設定します。
  3. ファシリテーション: 対話を円滑に進行させるために、ファシリテーターが支援します。
  4. 意見の共有: 参加者が自分の意見や経験を自由に共有します。
  5. フィードバックと要約: 対話の結果をまとめ、参加者からのフィードバックを収集します。

オープンダイアローグと従来の会議の違いは何ですか?

回答: オープンダイアローグと従来の会議の主な違いは、参加者の関与の度合いと対話の形式にあります。

オープンダイアローグでは、全員が積極的に参加し、互いの意見を尊重することに重点が置かれます。

一方で従来の会議では、しばしば一部の人が主導し、決定的なアウトカムに焦点を当てることが多いです。

オープンダイアローグは、参加者間の深い理解と共感を促進することを目指します。

オープンダイアローグのスキルが活かせる職種とは?

オープンダイアローグは、心理社会的介入の一形態で、特に精神医学の分野で注目されています。

このアプローチは、精神健康の問題を抱える個人とその家族や社会的ネットワークを巻き込んだ、開かれた対話を通じて支援を提供することを目的としています。

オープンダイアローグに関する知識や経験を習得することで、以下のような職種で仕事をすることができます:

  1. 精神健康カウンセラー/セラピスト:
    • オープンダイアローグの手法を用いて、クライアントとその家族や支援者との対話を促進します。個人の経験や課題について理解を深め、支援の方向性を探ります。
  2. 社会福祉士:
    • コミュニティベースの精神保健サービスにおいて、オープンダイアローグを活用します。クライアントとその家族が直面する社会的、経済的課題に対処し、必要なリソースへのアクセスをサポートします。
  3. 精神保健看護師:
    • 医療チームの一員として、オープンダイアローグを通じて患者とその家族に対する包括的なケアを提供します。患者の声を聞き、ケアプランの策定に参画します。
  4. 精神科医:
    • オープンダイアローグの原則に基づいて、患者とその支援システムとの対話を重視した診療を行います。多職種チームと協働し、患者中心の治療アプローチを実践します。
  5. 家族療法士:
    • 家族システム全体を対象として、オープンダイアローグを通じたセラピーを提供します。家族間のコミュニケーションの改善や関係性の修復を目指します。
  6. 教育者/トレーナー:
    • オープンダイアローグの理論や実践方法を教育機関やプロフェッショナル向けの研修で教えます。このアプローチの普及と理解の促進を図ります。
  7. 研究者:
    • オープンダイアローグの効果に関する研究を行い、その成果を学術誌やカンファレンスで発表します。エビデンスベースの実践を推進するためのデータを提供します。

オープンダイアローグに関する知識や経験は、特に精神健康分野での人間関係やコミュニケーションの質を高めることを目指しています。

このアプローチを用いることで、患者やクライアントに対してより包括的で人間中心のケアを提供することが可能になります。

まとめ

オープンダイアローグについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、オープンダイアローグがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。