【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】ベンチャーキャピタルがわかる本おすすめ3選+最新情報

[ 「ベンチャーキャピタルがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

ベンチャーキャピタル(VC)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

ベンチャーキャピタルとは、革新的なアイデアや技術を持つスタートアップ企業に投資し、成長を加速させる専門の投資会社。リスクを取ることで大きなリターンを目指し、経済の新たな価値創造を支えます。夢を実現させる資金と知恵を提供し、未来の市場を形作る一翼を担っています!

まずはじめに、ベンチャーキャピタルがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • スタートアップの創業者や経営者:資金調達とベンチャーキャピタルとの関係構築を学びたい。
  • 投資家:ベンチャーキャピタルによる投資戦略やリスク管理に興味がある。
  • ビジネス学生:資金調達のメカニズムやベンチャーキャピタルの役割を理解したい。
  • ファイナンシャルアナリスト:ベンチャー投資の評価と分析方法を学びたい。
  • 経済学者や市場研究者:ベンチャーキャピタルの市場動向と経済への影響を研究したい。
  • 法律専門家:ベンチャーキャピタルに関する法的側面や契約に関心がある。
  • ビジネスコンサルタント:クライアントのベンチャーキャピタル関連の戦略をサポートしたい。
  • 政策立案者:ベンチャーキャピタルを活用したイノベーション促進の政策を考えている。
  • 起業を考えている人:スタートアップの資金調達方法について知りたい。
  • マーケティング専門家:ベンチャーキャピタルをターゲットとしたビジネスの機会を探している。

あなたに興味ある本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

VCの本 おすすめ3選

ベンチャーキャピタル(VC)がわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

ベンチャーキャピタルの実務

書籍情報

グロービス・キャピタル・パートナーズ, 福島 智史(著)東洋経済新報社(出版社)2022/11/25(発売日)320P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

AmazonのAudible(オーディブル)聴き放題で体験できる書籍です。

25年以上前からグローバルな機関投資家の資金を運用し、メルカリやスマートニュースなど複数のユニコーンを支えてきた国内最大級の独立系VC、GCP(グロービス・キャピタル・パートナーズ)」が培ってきた実践的アプローチを書籍化。

VC運営のノウハウや経営支援のメソッドを豊富な図表とともに公開。
ユニコーン起業家への特別インタビューも掲載。
ベンチャーキャピタリストの働き方がわかるコラム「VCの1日」も収録。

amazon.co.jp書籍情報より引用

感想・評判・口コミ

The Power Law(ザ・パワー・ロー)ベンチャーキャピタルが変える世界(上)(下)

書籍情報

セバスチャン・マラビー(著)村井浩紀(翻訳)日経BP 日本経済新聞出版(出版社)2023/9/23(発売日)392(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる
セバスチャン・マラビー(著)村井浩紀(翻訳)日経BP 日本経済新聞出版(出版社)2023/9/23(発売日)432(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

インテル、アップル、グーグル、フェイスブック、アリババ……。
世界を変えた企業の誕生と成長を演出したベンチャーキャピタルの内実を活き活き描く、興奮のノンフィクション。

・数多のスタートアップから原石を見つけ、世界を変革する巨大企業へと導くベンチャーキャピタル。
彼らは、何に突き動かされ、どうやって企業(創業者)を見極め、どう育てて、莫大な投資収益を生み出していくのか――。

・数百人にわたるインタビューで多くの関係者を取材、「The Power Law(べき乗則)」が支配するベンチャーキャピタルの世界--数少ない成功が、巨額の利益を生む--の秘密を解き明かす。

・スティーブ・ジョブズ、孫正義、ジャック・マー、イーロン・マスク、ジョン・ドーアなど世界的に活躍する登場人物が織りなすストーリーはまさに発見と驚きの連続で、エンターテインメントとしても超一級の読み物となっている。

amazon.co.jp書籍情報より引用

出版社ポスト

ベンチャーキャピタルファンド契約の実務 新契約例と時価評価の解説

書籍情報

一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会, 弁護士法人大江橋法律事務所, EY 新日本有限責任監査法人(編著)きんざい(出版社)2019/6/7(発売日)196(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

機関投資家とベンチャーキャピタルの必読書

2018年4月に経済産業省が公表した「投資事業有限責任組合契約(例)及びその解説」の内容を掘り下げて詳説するとともに、投資事業有限責任組合契約を用いたベンチャーキャピタルファンドの契約実務に携わる際に必要になる関係法令、会計制度、税制、実務慣行等を幅広く紹介する。

ベンチャーキャピタルファンドに関わる法律家・公認会計士・税理士・コンサルタント等の実務家や研究者必携の1冊!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

VCの名著・ロングセラー本

ベンチャーキャピタルについての名著やロングセラー本を紹介します。

ベンチャーキャピタル全史:トム・ニコラス(著)

書籍情報

トム・ニコラス(著)鈴木 立哉(翻訳)新潮社(出版社)2022/9/22(発売日)629P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

MBA最高峰ハーバード・ビジネス・スクールの人気講義が日本初上陸! 

アメリカでGAFAが次々と花開いたのは偶然ではない。

その背景にはスタートアップにリスクマネーを供給してきた連綿たる「意志」があった。

19世紀の捕鯨船から連続起業家たるエジソン、そしてジョブズやベゾスまで、ビジネスの革新者たちを国家規模でインキュベートしてきた歴史を紐解く、スタートアップ元年に読むべき決定的現代経済史。

amazon.co.jp書籍情報より引用

感想・評判・口コミ

コーポレートベンチャーキャピタルの実務:倉林陽(著)

書籍情報

倉林陽(著)中央経済社(出版社)2017/10/21(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

事業会社によるベンチャー企業への投資であるコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)について、現在も日米の第一線で活躍している実務経験豊富な著者が成功の秘訣を説く。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

スタートアップ投資のセオリー:中村 幸一郎(著)

書籍情報

中村 幸一郎(著)カウフマン・フェローズ・プログラム(協力)ダイヤモンド社(出版社)2022/6/8(発売日)256P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ユニコーン企業を見いだす科学的手法がここにある!
「Magic Eye(目利き)」の裏にある基本原則とは?

Twitter、Zoom、Square、Palantir、Coinbaseなど錚々たるユニコーンに投資し、シリコンバレーで躍進する日系VC創業者が語る!

VC/PEファイナンスの権威 シカゴ大学のS.カプラン教授推薦! 
「現時点で日本の最も成功した投資家による、スタートアップ投資について理解を深める素晴らしいロードマップ」

amazon.co.jp書籍情報より引用

感想・評判・口コミ

CVC コーポレートベンチャーキャピタル:アンドリュー・ロマンス(著)

書籍情報

アンドリュー・ロマンス(著)増島 雅和, 松本 守祥(翻訳)ダイヤモンド社(出版社)2017/10/5(発売日)304P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

スタートアップが持つ革新的なアイデアや技術を自社に取り込む――。

インテル、グーグル、セールスフォースなど、世界的な大企業が次々と設立するCVCとは?

CVC先進国アメリカで、その最先端を走るキャピタリストたちが、CVCの設立・運営から得た教訓を語った、企業経営者必読の実践的書籍が日本上陸。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のベンチャーキャピタルの本

近日発売予定や最近発売された最新のベンチャーキャピタル本を、発売日が新しい順に紹介します。

5月に発売されるベンチャーキャピタルの関連書籍は見つかっていません。

イノベーションの世界地図 スタートアップ、ベンチャーキャピタル、都市が描く未来:上原 正詩(著)

書籍情報

上原 正詩(著)技術評論社(出版社)2024/4/20(発売日)472(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ユニコーンが生まれる都市の“生態系”の秘密とは――。
未来の世界を牽引するイノベーションは、どこで、どのようにして生まれるのでしょうか?

コロナ禍、相次ぐ戦争、米中対立――この数年の世界情勢は予測困難を極めています。
同時に、メタバースや生成AIなどの人々を驚かせる新技術も次々と登場します。
先が見えない現代において、未来の世界を牽引するイノベーションの誕生は予見できないでしょうか?

本書では「ベンチャーキャピタル(VC)」と「都市」の二つに注目し、イノベーションの原動力となる「スタートアップ」がいかにして生まれ成長してきたか解説します。
VCとスタートアップはともに成長を重ねた存在であり、リスクをとって投資先を見極めるVCの動向は技術の未来を示す道標となるでしょう。
そしてスタートアップ、なかでも評価額が巨額な“ユニコーン”は特定の都市に偏在する性質があります。
ユニコーンが生まれる都市には“生態系”の秘密があるのです。

イノベーションはどのようにして生まれたのか。未来はどこに向かうのか。そして日本はいかにすべきなのか。
本書はその秘密と疑問を解き明かします。

amazon.co.jp書籍情報より引用

世界トップ投資家の共通言語 大化けする人と企業を見いだすために何を見ているのか:髙岡 美緒ほか(著)

書籍情報

髙岡 美緒, 曽我 有希(著)日経BP(出版社)2024/2/8(発売日)256(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

★日本企業の飛躍を妨げるグローバル「共通言語」

世界トップの投資家は、多くの日本人ビジネスパーソンが知らない「共通言語」でコミュニケーションをとっています。それは「英語」を話すことではありません。数多くの企業との接触を通じて得た企業評価のセオリーを標準化したものです。

本書にはファンドマネジャーやベンチャー投資家が登場しますが、投資手法の伝授や株価対策の指南をする本ではありません。世界トップのファンドマネジャーやベンチャー投資家が発する「フレーズ」に注目し、投資家がフレーズに込めた意図を説明することで、グローバル共通言語を学ぶ書です。

筆者らが本書で伝えていることは、思考の微細な調整です。共通言語の視点を理解することによってコミュニケーション上の「ずれ」をなくし、いくつかのTWEAK(小さな調整)をする。難しいことではなく、「そういうことなんだ」と一度理解すれば、マスターできるものばかりです。思考の調整をそうすることによって、日本企業がグローバルなビジネスの場で新たな成功を勝ち取る可能性が高まると、筆者らは信じているのです。

グローバル共通言語を学ぶことは、日本人ビジネスパーソンの必須科目にしてもいいくらいの価値があります。ぜひ本書でその価値を確かめていただきたい。

amazon.co.jp書籍情報より引用

イーロン・マスク(上)(下):ウォルター・アイザックソン(著)

書籍情報

ウォルター・アイザックソン(著)井口 耕二(翻訳)文藝春秋(出版社)2023/9/13(発売日)480(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる
ウォルター・アイザックソン(著)井口 耕二(翻訳)文藝春秋(出版社)2023/9/13(発売日)464(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

世界的ベストセラー『スティーブ・ジョブズ』評伝作家だからこそ描けた。
いま、世界で最も魅力的で、かつ、世界で最も論議の的となるイノベーターの赤裸々な等身大ストーリー­。
彼はルールにとらわれないビジョナリーで、電気自動車、民間宇宙開発、人工知能の時代へと世界を導いた。
そして、つい先日ツイッターを買収したばかりだ。

(中略)

2年の長きにわたり、アイザックソンは影のようにマスクと行動を共にした。
打ち合わせに同席し、工場を一緒に歩き回った。
また、彼自身から何時間も話を聞いたし、その家族、友だち、仕事仲間、さらには敵対する人々からもずいぶんと話を聞いた。
そして、驚くような勝利と混乱に満ちた、いままで語られたことのないストーリーを描き出すことに成功した。

本書は、深遠なる疑問に正面から取り組むものだとも言える。
すなわち、マスクと同じように悪魔に突き動かされなければ、イノベーションや進歩を実現することはできないのか、という問いである。

amazon.co.jp書籍情報より引用

感想・評判・口コミ

海外の著者から学ぶ本

ベンチャーキャピタルについて海外の著者から学ぶ本を、発売日が新しい順に紹介します。

ディスカバリー・ドリブン戦略: かつてないほど不確実な世界で「成長を最大化」する方法:リタ・マグレイス(著)

書籍情報

リタ・マグレイス(著)大浦千鶴子(翻訳)入山章栄(翻訳, 監修)東洋経済新報社(出版社)2023/8/23(発売日)368(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

「不確実性」が常態化してしまったこの世界で、新しい戦略が必要だ。
これまで信じられてきたポーターの「理論」はもう古い。
競争優位を確立した企業がその後、立ちゆかなくなるのはなぜか? それは競争優位が不動のものだと勘違いしているからだ。
どんなに成功を収めた企業でも常に「次」に備えなければいけないが、大企業や一度競争優位を獲得した企業ほど、そのベストなタイミング「転換点(Inflection Point=自社のビジネスの根本が変わる局面)」を見逃しがちである。
転換点とは、ここを過ぎてしまうとすべてが取り返しのつかないほど変わってしまうポイントを指している。
このタイミングを迎えているとき、組織のリーダーは次のようなことを感じるようになる。

■自分も含め従業員は、自社製品・サービスを買いたいと思わないし、実際買っていない。
■以前と同じレベル、あるいはそれ以上の投資をしているのに、見返りがないと感じる。
■顧客はより安価でシンプルなソリューションで“十分”だと考えていると思う。
■予想もしなかったところから競争が始まっていると感じる。
■顧客は自社の提供するものに対して、もはや興奮することはないだろう。
■自社が求めている人材から「働きたい会社」の上位に挙げられていないようだ。
■優秀な人材が何人か辞めていく。
■自社の株式はずっと過小評価されている。
■自社の技術者は、新しい技術が登場すれば仕事が変わってしまうだろうと予想している。
■ヘッドハンティングで人材が狙われているわけではなさそうだ。
■成長グラフが減速または反転している。
■この2年間で、市場に出て成功したイノベーションはほとんどない。
■福利厚生を削ったり、社員にリスクを課さざるをえない。
■経営陣が、ネガティブなニュースに聞く耳を持たない。

本書では、イノベーション研究で世界トップにランキングされる経営学者が、「転換点」を迎えた成熟企業が取るべきアクションを詳らかにしていく。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

みんなのスタートアップスタジオ 連続的に新規事業を生み出す「究極の仕掛け」:ミッチェル・ピーターマンほか(著)

書籍情報

ミッチェル・ピーターマン , シルパ・カナン(著)露久保 由美子(翻訳)日経BP(出版社)2023/6/15(発売日)184P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

スタートアップを高確率・連続的に生む離れ業を解明! 

米国シリコンバレーを中心に、連続的に起業や新規事業を次々と生み出す「スタートアップスタジオ」が台頭し、大きな注目を集めている。
スタートアップの9割は失敗する。
一生に一度のアイデアで金脈を掘り当てたとしたら、その創業者は運がいい。
そんな話をみなさんも聞いたことがあるはずだ。
スタートアップを成功させるのがそれほど難しいのなら、なぜ、スタートアップスタジオは、それを何度も達成できるのだろうか。
当然のことながら、多くの人が不思議に思っている。
本書の著者たちは、スタートアップスタジオに参加して、内側からスタジオが離れ業を成し遂げる様子を目の当たりにした。

だが、それでも、まだいくつか大きな疑問が残った。
・スタジオを設計・運営する最良の方法とは何か?
・スタジオはなぜ財務的に成り立つのか?
・スタジオは業界全体でどの程度の成功を収めているのか?
起業に関わる業界の中では、多くの人が著者たちと同じ疑問を抱いている。

この業界はまだ新しく、内部の人でさえ、これらの問いのすべてに答えることはできない。
そこで著者たちは、この三つの疑問を解消すべく、スタンフォード大学ビジネススクールで、スタートアップスタジオについての調査プロジェクトを開始した。
本書は、その成果をまとめたものである。

日本でも、政府が2022年を「スタートアップ創出元年」とし、イノベーションの鍵となるスタートアップを5年で10倍に増やすと宣言した。その実現のために、スタートアップスタジオから学ぶべきものはたくさんある。

amazon.co.jp書籍情報より引用

感想・評判・口コミ

創始者たち──イーロン・マスク、ピーター・ティールと世界一のリスクテイカーたちの薄氷の伝説:ジミー・ソニ(著)

書籍情報

ジミー・ソニ(著)櫻井 祐子(翻訳)ダイヤモンド社(出版社)2023/5/10(発売日)656P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

■小さな会社から世界的CEOが続出した謎

その小さな会社を始めた「無名の若者たち」は、やがてシリコンバレーを席巻していく。

イーロン・マスク(スペースX創業、テスラ、ツイッターCEO)、
ピーター・ティール(投資家)、
マックス・レヴチン(スライド、アファーム創業)、
リード・ホフマン(リンクトイン創業)、
チャド・ハーリー(ユーチューブ創業)、
ジェレミー・ストップルマン(イェルプ創業)、
デイヴィッド・サックス(ヤマ─創業)、
プレマル・シャー(キヴァ創業)など、
次々とシリコンバレーの大物を生んだ「全米史上最凶企業」ペイパルの驚くべき物語とは?

波乱に次ぐ波乱の展開で、ニューヨーク・タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、エコノミスト、フィナンシャル・タイムズなど、世界各紙誌で絶賛、読書界興奮の書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

感想・評判・口コミ

Zero to IPO 世界で最も成功した起業家・投資家からの1兆ドルアドバイス:レデリック・ケレスト(著)

書籍情報

フレデリック・ケレスト(著)酒井 章文(翻訳)朝倉 祐介(その他)翔泳社(出版社)2023/4/17(発売日)373P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

マーク・アンドリーセンが教える成功へのヒントとは?

朝倉祐介推薦!「とことんリアルを描いた誠実な一冊だ」

本書は創業からIPOまでの流れを網羅的に扱った起業家のバイブルです。
スタートアップ経営をしていく上でどういった場面でいかなる問題に直面するのか。
これらをリアルに知り、未来を先取りできる時間軸で構成されています。

また、資金調達や営業、取締役会の乗り切り方などテクニカルな話と、起業家が陥りがちな苦悩に寄り添うメンタリティの話が良い塩梅でミックスされおり、読み物としての面白さも充実しています。

さらに、著者一人の成功体験だけではなく、幅広い分野の投資家・起業家との対話で得られたヒントもふんだんに取り入れた複眼的な知恵と戦略が凝縮された内容です。

日々の意思決定に悩まされている次の方々にとっては必読の一冊となるでしょう。
・起業家
・投資家
・スタートアップにかかわるビジネスパーソン
・大企業のオープンイノベーション担当者
・新規事業担当者

amazon.co.jp書籍情報より引用

感想・評判・口コミ

VCの教科書:スコット・クポール(著)

書籍情報

スコット・クポール(著)庭田 よう子(翻訳)東洋経済新報社(出版社)2020/9/25(発売日)359P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

マーク・アンドリーセンとベン・ホロウィッツらが立ち上げたスタートアップ、ラウドクラウド社に参画し、著名VCアンドリーセン・ホロウィッツの社員第一号として同社の事業運営の責任者を務めた著者、スコット・クポールが、VCと起業家が知っておくべき、実戦で使える知識をすべて語る。

VCと起業家がともに幸せな付き合いをするために必要なこととは?
資金調達をめぐるシリコンバレーのリアルとは?

業界の裏側を知りつくしている経験豊富な男がすべてを語る!

amazon.co.jp書籍情報より引用

感想・評判・口コミ

エンジェル投資家:ジェイソン・カラカニス(著)

書籍情報

ジェイソン・カラカニス(著)滑川 海彦, 高橋 信夫(翻訳)日経BP(出版社)2018/7/12(発売日)368P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ウーバーを見出して1000万円を100億円にしたカリスマ投資家、その率直すぎる教え

著者のジェイソン・カラカニスは、設立10年で会社評価額が7兆円を超えたデカコーン、ウーバーの最初期に投資した人物。
ほかにも多くのスタートアップに投資して巨額のリターンを得ており、シリコンバレーで大きな成果を出しているトップクラスのエンジェル投資家である。

◆エンジェル投資家とは
誰も実現性を信じないプロジェクト、最初期の非公開企業に投資する人のこと。
投資相手の起業家は実績が少ない、もしくはゼロだ。
一般的な投資に比べてリスクが高く、それだけ期待するリターンも大きい。
スタートアップの創業者が絶体絶命になったとき、天使よろしく窮地から救い出す役割から名づけられた。

amazon.co.jp書籍情報より引用

感想・評判・口コミ

国内の著者から学ぶ本

ベンチャーキャピタルについて国内の著者から学ぶ本を、発売日が新しい順に紹介します。

医療機器開発とベンチャーキャピタル 実践編:大下 創, 池野 文昭(著)

書籍情報

大下 創, 池野 文昭(著)幻冬舎(出版社)2021/3/2(発売日)206(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

前書『医療機器開発とベンチャーキャピタル』の続編
シリコンバレーで数々の医療機器ベンチャー企業に投資し、エグジットまで導いてきた著者が、成功につながる知識を提示する。

医療機器専門のベンチャーキャピタルとして、20年以上、ベンチャー企業の成功も失敗も数多く見てきた著者。
そのなかで感じるのは、国内ベンチャー企業は海外ベンチャー企業と比べ知識不足で未熟だということ。

そこで本書では、起業前に検討しなくてはいけない事柄をはじめ、ベンチャー企業が開発すべき製品の見極めと価値、ベンチャーキャピタルの役割など、成功率を上げるために前もって得ておきたい知識をまとめた。

前書では基本的な内容に終始したが、本書では本格的に起業を考えている人へ向けて、より実践的で踏み込んだ内容を扱っているので、ベンチャー企業を立ち上げる前に読んでほしい。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

ベンチャー・キャピタリスト:後藤直義, フィル・ウィックハム(著)

書籍情報

後藤直義, フィル・ウィックハム(著)SOZO VENTURES(監修)NewsPicksパブリッシング(出版社)2022/3/15(発売日)544P(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ゼロイチで稼ぐ投資家たちの全手法、ついに解禁。

時に1兆円を超える巨額を投じ、名だたるスタートアップ企業をリードしながら、新しい産業を創り出す「キングメーカー」の投資戦略とノウハウ、その全思考が明かされる。

アメリカだけで8000社を超えるVCの中でも、トップ・オブ・トップの「超勝ち組」と呼ばれる、一握りの投資集団たちが、長らくイノベーションの世界のキングメーカーとして君臨してきた。

いわば未上場の株取引市場は「独占産業」だったのだ。
普段、ほとんど表舞台に現れず、その実態は長らくぶ厚いベールの内側に包まれてきた。

そのエコシステムの中枢の秘密を解き明かすべく、NewsPicksサンフランシスコ支局長を務めるジャーナリストの筆者が、シリコンバレーで有数の投資実績を誇るSozoVenturesの協力を得て、50人以上のVCの独占取材に成功、本書では30社38人のインタビューに集約した。

GAFAを始め、ズーム、テスラ、スポティファイ、スラック、セールスフォースなどを初期から支えてきた、トップオブトップのベンチャーキャピタリストの全手法が網羅された、本邦初の書籍だ。

amazon.co.jp書籍情報より引用

感想・評判・口コミ

VC よくある質問と回答

ベンチャーキャピタルについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

ベンチャーキャピタルとは何ですか?

回答: ベンチャーキャピタルは、主に初期段階または成長段階のスタートアップ企業に対して資金を提供する投資家や投資会社のことです。

これらの投資は通常、株式の購入や資本提供の形で行われ、企業の成長をサポートすることを目的としています。

ベンチャーキャピタルは、単なる資金提供者であるだけでなく、経営ノウハウや業界のネットワーク提供など、企業の成功に向けた包括的なサポートを提供することが多いです。

ベンチャーキャピタルから投資を受けるメリットは何ですか?

回答: ベンチャーキャピタルから投資を受ける主なメリットは次の通りです:

  1. 資金調達: スタートアップが成長するために必要な資金を提供します。
  2. 経営支援: 経営戦略、財務計画、市場展開などの面で専門的なアドバイスを受けられます。
  3. ネットワーキング: 投資家のネットワークを通じて、他の企業や業界関係者との関係構築が可能になります。
  4. 信用力の向上: ベンチャーキャピタルからの投資は、市場や他の投資家に対して企業の信頼性を示すことになります。

ベンチャーキャピタルはどのようにして利益を得るのですか?

回答: ベンチャーキャピタルは主に、投資した企業が上場(IPO)したり、他の企業に買収されたりすることで利益を得ます。

これらのイベントが発生すると、ベンチャーキャピタルは保有する株式を売却し、投資した資金に対するリターン(利益)を実現します。

また、場合によっては、企業からの配当や利息収入を得ることもあります。

ベンチャーキャピタルに投資を申し込む際に必要な条件は何ですか?

回答: ベンチャーキャピタルに投資を申し込む際には、以下の条件が重要になります:

  1. 明確なビジネスプラン: 成長潜在能力が高く、市場での成功が期待できるビジネスプラン。
  2. 革新性: 独自の技術やビジネスモデルを有していること。
  3. 優れた経営チーム: 経験豊富で、ビジネスを成功に導く能力を有する経営チーム。
  4. 市場ポテンシャル: 大きな市場での成長と拡大の可能性。
  5. 財務計画: 収益の見通しや資金使途計画が明確な財務計画。

ベンチャーキャピタルの投資リスクは何ですか?

回答: ベンチャーキャピタルの投資には次のようなリスクがあります:

  1. 高リスク: 初期段階の企業は失敗する可能性が高く、投資した資金を全て失うリスクがあります。
  2. 流動性のリスク: 投資した資金は長期間にわたって企業に拘束されるため、短期間での回収は困難です。
  3. 市場の不確実性: 技術の変化や市場環境の変動が予測不可能な影響を及ぼすことがあります。
  4. 経営の不確実性: スタートアップの経営は未熟な場合が多く、経営の失敗が投資の損失につながるリスクがあります。

ベンチャーキャピタルのスキルが活かせる職種とは?

ベンチャーキャピタル(VC)に関する知識や経験を習得することで、起業家精神を持ち、イノベーションを商業化することに情熱を注ぐ環境で働く様々な仕事を担当することが可能です。

VCは、高い成長ポテンシャルを持つスタートアップ企業に対して、資金提供や経営支援を行う投資会社です。

VC業界で活躍するためには、金融、ビジネス分析、市場調査、経営戦略などの知識が求められます。

以下に、VC関連のスキルを活かせる職種の例を挙げます:

  1. ベンチャーキャピタリスト/投資マネージャー:
    • スタートアップ企業への投資機会を評価し、ポートフォリオの管理を行います。
    • 投資後の企業の成長をサポートし、戦略的アドバイスやネットワーキングのサポートを提供します。
  2. アナリスト/アソシエイト:
    • 市場調査、財務分析、業界分析を行い、投資先候補のデューデリジェンス(尽査)を支援します。
    • 投資提案書や報告書の作成にも関わります。
  3. 起業家/ファウンダー:
    • VCからの資金調達を目指すスタートアップ企業を立ち上げ、運営します。
    • ビジネスプランの作成、ピッチプレゼンテーション、投資家との交渉などを行います。
  4. ポートフォリオ企業の経営陣:
    • VCから投資を受けた企業の経営陣として、事業成長を加速させる戦略を実行します。
    • VCと連携して、追加の資金調達、M&A(合併・買収)、IPO(株式公開)に向けた準備を進めます。
  5. 法務顧問/法務アドバイザー:
    • VCとスタートアップ間の契約交渉、投資契約の作成、知的財産権の管理などをサポートします。
    • 法的リスクの評価やコンプライアンスのアドバイスを提供します。
  6. エコシステムビルダー/コミュニティマネージャー:
    • スタートアップエコシステムの活性化に貢献し、イベントの企画や運営を行います。
    • スタートアップ、投資家、メンターなどのネットワーク構築を促進します。

ベンチャーキャピタル業界での仕事は、革新的なアイデアや技術が市場に出てくるのを支援し、経済成長に貢献することができるやりがいのある分野です。

この分野では、分析能力、交渉スキル、ビジネスセンス、そしてリスクをとってでも新しいことに挑戦する意欲が求められます。

まとめ

ベンチャーキャピタル(VC)について知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、ベンチャーキャピタルがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたに興味ある本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは、以下のような記事も紹介しています。

https://alfistanao.com/how-to-learn-for-a-career-change