【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】オートファジーがわかる本おすすめ3選+最新情報

「オートファジーがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

オートファジーについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

オートファジーとは、細胞が古くなったり損傷したタンパク質や細胞器官を分解、リサイクルする生命現象。この自己食作用により、細胞の健康が維持され、エネルギー効率が向上します。老化防止、免疫機能の強化、疾患の予防に重要な役割を果たし、生物の生存と健康の鍵を握っています。

まずはじめに、オートファジーがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 医学や生物学の研究者:細胞レベルでのオートファジーのメカニズムとその影響を理解したい。
  • 医療専門家:オートファジーと病気、特にがんや神経変性疾患との関係を研究したい。
  • 健康に関心がある一般の読者:オートファジーを通じて健康と寿命を改善する方法を学びたい。
  • 栄養学者やダイエット指導者:オートファジーを促進する食事療法や生活習慣について知識を深めたい。
  • 生命科学の学生:最先端の生物学的概念としてオートファジーを学び、研究のアイデアを得たい。
  • 高齢者やアンチエイジングに興味がある人:老化過程とオートファジーの関連を理解し、健康寿命を延ばす方法を探している。
  • バイオテクノロジー企業の研究開発担当者:オートファジー関連の新薬や治療法の開発に興味がある。
  • フィットネス愛好家:トレーニングや栄養を通じてオートファジーを活性化させる方法を探している。
  • ウェルネスコーチやヘルスコーチ:クライアントの健康管理にオートファジーの概念を取り入れたい。
  • 自然療法や代替医療に関心がある人:自然治癒力を高めるための新しいアプローチとしてオートファジーを学びたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

オートファジーの本 おすすめ3選

オートファジーがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

生命を守るしくみ オートファジー 老化、寿命、病気を左右する精巧なメカニズム:吉森 保(著)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典氏と共にオートファジーの研究に携わり、この分野の第1人者としてさらにオートファジーの役割やさまざまな病気や老化などとの関連を解明し続けている著者が、この細胞の驚きのメカニズムを詳しく解説します。

私たちの体の中では、タンパク質の分解と合成が毎日繰り返されていますが、その細胞のリサイクルシステムとも言えるしくみを担う主なものにオートファジー(自食作用)があります。
オートファジーの発見自体は1950年代とかなりさかのぼりますが、生命にとって非常に重要な役割を果たしていること、そして、さまざまな病気と関係があることがわかってきて注目が集まるようになりました。

老化や健康寿命、病気、免疫といった身近な問題の鍵になるかもしれないオートファジーの研究をあらゆる角度から語る1冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

オートファジー 分子メカニズムの理解から病態の解明まで:吉森保ほか(著)

書籍情報

大隅良典(監修)吉森保, 水島昇, 中戸川仁(編集)南山堂(出版社)2017/12/20(発売日)241(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

オートファジーの分解/リサイクルの分子機序、神経変性疾患・がん・2型糖尿病・心不全・感染症などとの関わりが明らかにされ、2016年ノーベル賞受賞を契機に着実な基礎研究の重要性が注目されている。

オートファジー研究の最新知見について第一線で活躍する研究者がわかりやすく解説した待望のレビュー集。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

SWITCH(スイッチ)オートファジーで手に入れる究極の健康長寿:ジェームズ・W・クレメントほか(著)

書籍情報

ジェームズ・W・クレメント, クリスティン・ロバーグ(著)児島 修(翻訳)日経BP(出版社)2021/1/8(発売日)296(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

医学界大注目! 「オートファジー(細胞のおそうじ機能)」のスイッチを入れて、病気や不調を跳ね返す! 

■人の身体は数十兆超の細胞からなり、「人間の健康」とは「細胞が健康であること」にほかなりません。
そして細胞の健康の鍵を握るのが、本書のテーマである「オートファジー」という細胞内おそうじ・抗菌機能(細胞内の不要物・異物・細菌を処理し、使える物はリサイクルする)です。

■オートファジーはすべての細胞に備わっていて、正常に働いていると、細胞の健康が保たれ、ひいては健康長寿を実現できます。
ところが、現代人は栄養過剰のためオートファジーがきちんと働きません。
その影響が加齢とともに積み重なり、生活習慣病などの病気や不調を引き起こす原因になっています。
本書は、オートファジーの仕組みをわかりやすく解説するだけでなく、眠ったままの「オートファジー」のスイッチを無理なく起動させる方法を提示します。

■オートファジーについて知れば知るほど、効果があるとされている世の中の多くの「健康法」や「食事法」は、結局、オートファジーを動かすための手段にすぎないことが明らかになってきます。
「健康法」はいろいろありすぎて迷っている(あるいは信用できない)という人にもおすすめです。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

オートファジーの名著・ロングセラー本

オートファジーの名著・ロングセラー本について紹介します。

細胞が自分を食べる オートファジーの謎:水島 昇(著)

書籍情報

水島 昇(著)PHP研究所(出版社)2021/4/28(発売日)218(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

私たちの体を構成する細胞の中で、日々、劇的な変化、大規模な「リサイクル」が起きていることが分かった! 

からだをつくるタンパク質で言えば、食事を通して摂取する実に3倍もの量のタンパク質を毎日、分解しては、また新しく合成していたのである。
こうした細胞内で起きている主な分解方法が、オートファジーである。
オートファジーは、細胞内を毎日、きれいに掃除しては、その中身を新しいものに置き換える、重要な働きをしていた。

これで、たとえば、シロクマが何日も食べなくても生きているわけがわかった。
食料がなくとも、自分の細胞の中のものを「食べて」いた! 
なぜこうした仕組みが備わっているのか、この仕組みはからだの成長や老化、病気や免疫とどう関わっているのか。

いまやオートファジーは、生物学者や医者たちから熱い注目が寄せられている生命現象である。
従来の生命観を大きく変える、オートファジーのホットな話題を提供する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

不老長寿の食事術 オートファジーで細胞から若返る:吉森 保ほか(著)

書籍情報

吉森 保, 松崎 恵理(著)KADOKAWA(出版社)2023/9/14(発売日)200(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

体の秘めた自己回復力が、身近な食材で動き出す!

“最新の生命科学×栄養学”、人生100年時代を乗り切るための「体と食」の教養

「無理なく、無駄なく食べて、オートファジーも活性化できる。
そうした食事術や生活習慣をオートファジー研究の最前線から紹介します」(「はじめに」より)

くるみ味噌冷やし麺/鮭ときのこのチーズ入り味噌鍋/エビとブロッコリー、しいたけの炒めもの/カニ缶としいたけ、豆腐のとろみあん/納豆とチーズの海苔焼/味噌焼きおにぎり/納豆みそドレッシング/レンチンしいたけ/鮭とオリーブ、マッシュルームの蒸し焼き/ターメリックライスとカレー/赤ワインのゼリー/鮭缶の簡単卵とじ/ベリーヨーグルト・・・etc

細胞と体の若返りを刺激する食べものがわかった――
毎日の食生活に取り入れたいお手軽レシピを公開!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

最新のオートファジーの本

近日発売予定や最近発売された最新のオートファジーの本を、発売日が新しい順に紹介します。

5月に発売されるオートファジーの関連書籍は見つかっていません。

最新版 朝だけ断食で9割の不調が消える!:鶴見隆史(著)

書籍情報

鶴見隆史(著)学研プラス(出版社)2022/9/1(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

疲れやだるさ、肩こり、便秘、高血圧などの慢性不調は朝食をとらない「朝だけ断食」だけで改善!

不調のみならず多くの難病やがんなども断食治療で直した第一人者である著者が細胞や遺伝子の最新研究も踏まえ、いちばんカラダにいい「断食」の方法を伝授!

amazon.co.jp書籍情報より引用

オートファジーで細胞からととのう 3days断食:鶴見 隆史(著)

書籍情報

鶴見 隆史(著)評言社(出版社)2021/11/6(発売日)288(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

「3days断食」の効果 ●消化器系がリフレッシュされ、腸管免疫が活性化する

●血液の微小循環がよくなり、コリや痛みが消えていく
●オートファジーが働き、細胞の蘇生を促進する
●ミトコンドリア系エネルギー回路がまわり、頭脳もカラダも元気になる
●生活習慣病・慢性疾患のあらゆる症状・数値が改善する

サーチュイン遺伝子のスイッチがオン! 
空腹は体によい。
16時間断食からはじめて3日間断食にトライ!

高血圧・糖尿・メニエール・冷え性・アレルギー・五十肩・初期の癌などなどに悩む方に

amazon.co.jp書籍情報より引用

Amazonでみる

「空腹」こそ最強のクスリ:青木 厚(著)

書籍情報

青木 厚(著)アスコム(出版社)2019/1/26(発売日)214(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

ノーベル賞を受賞したオートファジー研究から生まれた、医学的に正しい食事術
だから、「無理なくやせる! 」「頭がさえる! 」「疲れにくい体になる! 」

ガン、認知症、糖尿病、高血圧、内臓脂肪、しつこい疲れ・だるさ、老化にお悩みの方、ぜひ読んでください!

「16時間断食」(1日16時間は食べない食事法)は、最新医学エビデンスに基づく本当に正しい食事法。
「何を食べるか」ではなく、「食べない時間(空腹の時間)を増やす」たったこれだけがルール!

睡眠時間を上手に組み合わせて「1日16時間は食べない」だけで、細胞内の悪いタンパク質や細菌が除去され、全身の細胞がみるみる修復!

この「16時間断食」なら、炭水化物も、脂肪も、甘い物も、お酒も、ガマンせず好きなだけ食べられるからストレスなく健康になれます!

amazon.co.jp書籍情報より引用

オートファジー よくある質問と回答

オートファジーについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

オートファジーとは何ですか?

回答: オートファジーは、細胞が不要または損傷した細胞の成分を分解し、再利用するプロセスです。

これにより、細胞の健康を維持し、エネルギー効率を高め、細胞のダメージを修復します。

オートファジーは、細胞の老化防止、感染症の防御、がんの抑制など、多くの健康上の利点があるとされています。

オートファジーはどのようにして活性化されますか?

回答: オートファジーは、細胞ストレス、栄養不足、低酸素状態などの状況下で自然に活性化されます。

特に断食やカロリー制限、運動などがオートファジーの活性化を促すとされています。

これらの条件は、細胞にエネルギーを再利用するようシグナルを送り、オートファジーを促進します。

オートファジーによる健康上の利点は何ですか?

回答: オートファジーには、以下のような健康上の利点があります:

  1. 老化の遅延: 細胞の老化プロセスを遅らせることができます。
  2. 疾患の予防: 細胞の損傷や異常蛋白の蓄積を防ぎ、神経変性疾患や心血管疾患のリスクを低減します。
  3. 免疫システムの強化: 感染症への抵抗力を高めます。
  4. がんの予防: がん細胞の成長を抑制する可能性があります。
  5. 代謝の改善: エネルギー代謝の効率を向上させます。

オートファジーを促進するためにはどのような食生活が推奨されますか?

回答: オートファジーを促進するための食生活には、以下のような点が推奨されます:

  1. 断食や間欠的断食: 一定期間の食事を抜くことで、オートファジーを促進します。
  2. 低炭水化物、高脂肪の食事: ケトジェニックダイエットなどが有効です。
  3. 抗酸化物質を含む食品: 新鮮な野菜や果物、ナッツ、種子などが良い選択です。
  4. 加工食品や砂糖の摂取を控える: 天然の食品を中心にした食事を心がけます。

オートファジーは過剰に活性化すると危険ですか?

回答: オートファジーは基本的には細胞の健康を維持するための重要なプロセスですが、過剰に活性化すると問題を引き起こす可能性があります。

例えば、がん細胞がオートファジーを利用して生存し、増殖することがあります。

また、過度の断食や極端な食事制限は栄養失調や健康問題を引き起こす可能性があるため、適切なバランスが重要です。

オートファジーを促進する方法を試す場合は、医師や栄養専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。

オートファジーのスキルが活かせる職種とは?

オートファジーに関する知識や経験を習得することは、特に生命科学、医学、バイオテクノロジーの分野で重要です。

オートファジーは細胞が不要または損傷した部分を分解し、再利用するプロセスであり、細胞の健康維持や老化、疾患の予防において重要な役割を果たします。

以下に、オートファジーの知識を活かせる職種の例を挙げます:

  1. バイオメディカルリサーチャー:
    • 細胞生物学、分子生物学、生化学の分野で、オートファジーに関する基礎研究を行います。
    • オートファジーが人体の健康や病気の発生にどのように関わっているかを研究します。
  2. 医学研究者:
    • オートファジーのメカニズムを利用した新しい治療法の開発に取り組みます。
    • 特にがん、神経変性疾患、感染症などの治療法開発に関与します。
  3. バイオテクノロジー企業の研究開発職:
    • 新薬開発、バイオマーカーの同定、細胞治療技術の開発など、オートファジーを応用した製品やサービスの研究開発を行います。
  4. 医薬品開発スペシャリスト:
    • オートファジーをターゲットとした医薬品の臨床試験設計や実施を担当します。
    • 新しい治療薬の安全性と有効性を評価します。
  5. 健康・栄養アドバイザー:
    • オートファジーの活性化に関連する栄養学やライフスタイルに関するアドバイスを提供します。
    • 断食や食事療法など、オートファジーを促進する方法についてのガイダンスを行います。
  6. アカデミックライター/サイエンスコミュニケーター:
    • オートファジーに関する研究成果を一般向けまたは学術界向けに分かりやすく伝える記事やレポートを執筆します。

オートファジーに関する専門知識は、疾患のメカニズムの理解や新しい治療法の開発に不可欠であり、この分野の専門家は医学やバイオテクノロジーの進歩に大きく貢献します。

また、公衆衛生の向上や健康寿命の延伸にも関わるため、これらの知識や経験を持つ人材は幅広い分野で需要があります。

まとめ

オートファジーについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、オートファジーがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。