【広告】本ページはプロモーションが含まれています

【2024年5月】プライバシーがわかる本おすすめ3選+最新情報

「プライバシーがわかる本おすすめ」アイキャッチ画像

プライバシーについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介します。

プライバシーとは、個人が自己に関する情報を自由に管理し、他者からの不当な侵入や公開を防ぐ権利のこと。デジタル時代において、個人情報の保護はますます重要に。プライバシーの確保は、個人の自由と尊厳を守る基本的人権であり、セキュアなオンライン環境の構築に欠かせません。個人情報の適切な管理と尊重が、信頼の社会を創る鍵です。

まずはじめに、プライバシーがわかる本のおすすめ3選を紹介します。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介します。

あなたは、次のどれに当てはまりますか?

  • 法律専門家:データ保護法、プライバシー権に関する最新の法規制を理解し、適用したい。
  • ITプロフェッショナル:個人データの保護とセキュリティを強化するための技術的措置を学びたい。
  • ビジネスリーダー:企業におけるプライバシーポリシーと顧客データの管理方法を習得したい。
  • 政策立案者:公共政策におけるプライバシーの保護と監視のバランスを考慮したい。
  • 教育者:生徒や学生にプライバシーの重要性とデジタル時代の挑戦について教えたい。
  • マーケティング担当者:顧客のプライバシーを尊重しながら効果的なデータベースマーケティングを実施したい。
  • コンプライアンス担当者:企業がデータプライバシーの規制と要求を遵守するためのガイドラインを理解したい。
  • サイバーセキュリティ専門家:個人情報の盗難や悪用から守るためのセキュリティ対策に関心がある。
  • 一般の消費者:自己のプライバシーをオンラインで保護する方法を学びたい。
  • ソーシャルメディアユーザー:オンラインでのプライバシー設定と個人情報の共有に関する知識を身につけたい。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!

プライバシーの本 おすすめ3選

プライバシーがわかる本のおすすめ3選について、書籍情報と評判・口コミを紹介します。

キーワードとQ&Aでわかる! これからの個人情報・プライバシー保護と戦略的活用:EYストラテジー・アンド・コンサルティング(株)(編集)

書籍情報

EYストラテジー・アンド・コンサルティング(株)(編集)同文舘出版(出版社)2023/9/8(発売日)192(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

個人情報保護法をはじめ加速度的に進む国内外の法規制への対応や個人データの利活用について、今後企業が行うべき実務上のポイントを、キーワードとQ&Aでわかりやすく解説する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

プライバシー権・肖像権の法律実務 [第3版]:佃 克彦(著)

書籍情報

佃 克彦(著)弘文堂(出版社)2020/10/27(発売日)568(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

表現の自由とのバランスがとれたプライバシー権・肖像権を求めて

第2版を刊行して10年。
「個人情報」概念と「プライバシー」概念とが混同され、本来、保護されるべき領域を超えて肥大化する「プライバシー」。
表現の自由とのバランスを図るために「プライバシー権」とは何かをあらためて問い直す必要に迫られています。
また、いつでもどこでも誰でも簡単に写真撮影ができるようになり、人々の肖像やプライバシーに対する脅威が増大している時代でもあります。

「名誉権」と同様に人格権として並び称される「プライバシー権」と「肖像権」に関わる法律上の諸問題を、最新かつ重要な判例や学説を盛り込んで、詳細に解説した決定版。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

プライバシーという権利 個人情報はなぜ守られるべきか:宮下 紘(著)

書籍情報

宮下 紘(著)岩波書店(出版社)2021/2/22(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

デジタル環境の変化に伴い、私たちの個人情報は自分の知らないうちにビッグデータとして利用され、ときに安全や効率をもたらし、ときにリスクをも生み出す。

個人が尊重される社会を実現するため必要となるのは、人格形成や民主主義にも関わる重要な問題として、権利としてのプライバシーを問いなおすことだ。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

プライバシーの名著・ロングセラー本

プライバシーについての名著やロングセラー本を紹介します。

プライバシーと氏名・肖像の法的保護:斉藤 邦史(著)

書籍情報

斉藤 邦史(著)日本評論社(出版社)2023/7/5(発売日)280(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

プライバシーと氏名・肖像について、公法と私法の両面にわたってその法的保護のあり方を検討する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

プライバシー権の再構成 自己情報コントロール権から適正な自己情報の取扱いを受ける権利へ:音無 知展(著)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

〈プライバシー権=自己情報コントロール権〉という図式は今後も成立しうるのか。

日米両国におけるプライバシー権の保護法益の多様化傾向を指摘し、そこに適合するプライバシー権の内容とは何かを問う。

通説に挑み、プライバシー権の再構成を主張する意欲的論稿。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

AIプロファイリングの法律問題 AI時代の個人情報・プライバシー

書籍情報

福岡 真之介 , 杉浦 健二 , 古川 直裕 , 木村 菜生子(編著)商事法務(出版社)2023/11/7(発売日)432(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

デジタル社会のルールの「要」に位置するプロファイリング。
その理論と実務を明らかにする待望の一冊!(宍戸常寿・本書推薦の辞)

“ 隔世の感があるとは、まさにこのことかと思う。 “
「率直にいって、2010 年代後半、筆者が繰り返しプロファイリングの問題を指摘しても、まわりの反応は冷ややかであった。中には、『そんなことを気にしていたら商売にならない』と、あからさまに拒絶反応を示すビジネスパーソンもいた……しかし、2023 年、プロファイリングを主題として取り上げる書物が、第一線の弁護士の手によって世に出される。──隔世の感があるとは、まさにこのことかと思う。」(山本龍彦・本書「刊行を祝して」より) 

本書は、2020年7月にAI法務に携わる弁護士および法学者等が中心となって設立したAI法研究会・プライバシー部会のメンバーによる、約2年間にわたる検討の成果をまとめたものである。
プロファイリングの法律問題を考える際に必要な、憲法、個人情報保護法から海外の法規制までひろく目配りし、リスクベース・アプローチに基づいたフレームワークを提示する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、著者ポスト

最新のプライバシーの本

近日発売予定や最近発売された最新のプライバシーの本を、発売日が新しい順に紹介します。

【5月13日発売】責任あるAIとルール

書籍情報

古川 直裕, 吉永 京子(著)一般社団法人金融財政事情研究会(出版社)2024/5/13(発売日)308(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

AI倫理を専門とする著者がAIに関するさまざまな法的社会的課題とそれらへの対処方法をどなたにでも分かるように解説。

社会課題を解決し、社会に多くの希望をもたらすAI。
一方で人々の中にわきあがるAIへの不安。

どのようなルールが求められるのかを探り、人間、企業体、国とAIとの付き合い方を示す。

amazon.co.jp書籍情報より引用

こころの秘密が脅かされるとき 心理臨床における守秘義務と倫理の問題:クリストファー・ボラスほか(著)

書籍情報

クリストファー・ボラス , デイヴィッド・サンデルソン(著)筒井 亮太 , 細澤 仁(翻訳)創元社(出版社)2024/4/30(発売日)208(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

守秘義務と報告義務の衝突をどう超えるか

守秘義務と報告義務が衝突するとき、心理臨床家はいかに振る舞うべきか。
守秘義務が容易に破られるようになると、心理臨床という営みはどのような影響を被るのか。

児童虐待の問題や管理医療の浸透によって情報開示への要求が高まり、守秘義務の概念が揺らぐ米国の動向を詳細に追いながら、心理臨床における守秘義務の意味を考察する。

こころの援助に携わる者であれば誰もが葛藤する切実なテーマへの実践的な問題提起の書。

amazon.co.jp書籍情報より引用

良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方 [改訂第3版]:雨宮 美季ほか(著)

書籍情報

雨宮 美季 , 片岡 玄一 , 橋詰 卓司(著)技術評論社(出版社)2024/2/24(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

「安全」で「円滑」なウェブサービス運営のためのガイドブック
ウェブサービスに欠かせない「利用規約」「プライバシーポリシー」「特定商取引に基づく表示」の3大ドキュメントがこの一冊でわかる!

ウェブサービスの当事者たるエンジニア・経営者のみなさまに寄り添った解説で、11年以上支持され続けてきたロングセラーを大幅にリニューアル。
約50ページのボリュームアップで、最新の法令や動向に対応しました。

「パーソナルデータの取扱いに関する規制の変化」「AIをビジネス利用する際に気をつけるべき知的財産権の処理」「サブスクリプション・SaaSモデルへの対応」など、今どきのウェブサービスでは避けては通れない新たな論点についても解説しています。

さらに3章では、「すぐに使えて応用できるひな形」を掲載。
ひな形は購入者特典としてダウンロードもできます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

プライバシーテックのすべて 入門から活用まで:小林 慎太郎ほか(編著)

書籍情報

小林 慎太郎 , 芦田 萌子 , 伊藤 大紀(編著)中央経済社(出版社)2024/2/22(発売日)200(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

データマッピング、PIA、CMP、ベンダー管理、PETs(暗号化・秘密計算等)などのプライバシー保護のためのツールの使い方をわかりやすく解説。
担当者必携の1冊!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

〈超個人主義〉の逆説 AI社会への憲法的警句:山本 龍彦(著)

書籍情報

山本 龍彦(著)弘文堂(出版社)2023/11/2(発売日)384(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

「個人」も「民主主義」も、そして「国家」も、消えゆくのか

デジタル技術の進展とその社会実装により、市民生活は歴史上これまでになく「スマート」になりつつある反面、さまざまな新たな脅威が出現しています。

しかしその脅威はわかりやすく目に見える「敵」ではなく、監視やプロファイリングと引き換えの「自由」、フィルターバブルが助長する政治的分断、アルゴリズムと資本主義の野合といった形で、私たちが長年にわたり積み上げてきた人間社会のしくみやアイデア――「人間の尊厳」をはじめとする憲法的価値を含む――を、徐々に掘り崩すような形で立ち現れています。

では、こうした「個人」や「民主主義」、果ては「国家」の融解に、どのように抗うのか――。

本書は、デジタル社会への警鐘を憲法学の観点から鳴らし続けてきた著者が多様な媒体で公表してきた論稿を19本厳選収録し、書き下ろしも追加。その思索の軌跡をたどる一冊です。

amazon.co.jp書籍情報より引用

日本のデジタル社会と法規制 プライバシーと民主主義を守るために:日本弁護士連合会(編集)

書籍情報

日本弁護士連合会(編集)花伝社(出版社)2023/10/25(発売日)332(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

デジタル社会の光と影――

マイナンバー制度/GIGAスクール構想/デジタル庁の設立など、「行政自身が国全体の最大のプラットフォームとなる」日本のデジタル政策。 

プライバシーを侵害する情報収集や消費行動の誘導、フェイクニュースや投票行動の操作など、世界中で警鐘の鳴らされる“デジタル社会の影”に、この国の法は対応可能か? 

課題山積のデジタル社会化に、「法」は何ができるのか?

amazon.co.jp書籍情報より引用

デジタル・プラットフォームとルールメイキング:千葉 惠美子(編集)

書籍情報

千葉 惠美子(編集)日本評論社(出版社)2023/9/26(発売日)312(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

デジタル・プラットフォームビジネスにより変容しつつある社会において、法はどのような役割を果たすべきか学際的に考察する。

amazon.co.jp書籍情報より引用

米国の個人情報・プライバシー保護法制――分野横断的検討と近時の動向:松前 恵環(著)

書籍情報

松前 恵環(著)商事法務(出版社)2023/9/12(発売日)128(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

転換期の米国個人情報・プライバシー保護法制を分野横断的に解説!

行政、医療、金融・信用、通信、教育といった個別の分野ごとに規制された米国の個人情報保護法制を、重要論点ごとに分野横断的に解説し、日本法への示唆を導く。NBL誌上の連載に加えて、連載終了後のカリフォルニア州法やアメリカ・データ・プライバシー保護法の動向や検討を追補として収録。

amazon.co.jp書籍情報より引用

利用規約・プライバシーポリシーの作成・解釈 国内取引・国際取引を踏まえて:松尾博憲ほか(著)

書籍情報

松尾博憲, 殿村桂司, 逵本麻佑子, 水越政輝 (編集, 著)長井健, 秋山恵里, 関口朋宏(著)商事法務(出版社)2023/7/31(発売日)360(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

適切な利用規約・プライバシーポリシーを策定するための解説書!

事業者が自社の取引にとって適切な利用規約・プライバシーポリシーを策定する際に検討すべき法令の規定や考慮すべきポイントを取り上げ、取引類型に応じた利用規約やプライバシーポリシーの条項例を提示し、国際的な取引における利用規約・プライバシーポリシーの留意点についても解説。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ、出版社ポスト

プライバシーこそ力 なぜ、どのように、あなたは自分のデータを巨大企業から取り戻すべきか:カリッサ・ヴェリツ(著)

書籍情報

カリッサ・ヴェリツ(著)平田 光美 , 平田 完一郎(翻訳)花伝社(出版社)2023/7/20(発売日)288(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

まさにいま、あなたのすべて(あなたの住所・電話番号・配偶者や子どもの有無・銀行口座・健康状態・友人関係・性的指向・次にあなたが何をしようとしているかまで)が巨大IT企業と政府につかまれているかもしれない。 

若きオックスフォード大学の俊英がわかりやすく解説する「監視資本主義」の脅威と解決策

英エコノミスト誌が選ぶ2019年ベストブック選出!

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

「インターネットの敵」とは誰か? サイバー犯罪の40年史と倫理なきウェブの未来:ミッコ・ヒッポネン(著)

書籍情報

ミッコ・ヒッポネン(著)安藤貴子(翻訳)双葉社(出版社)2023/6/21(発売日)304(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

「スマートならば脆弱である」。あなたの携帯電話も、この社会も。

30年以上にわたって最前線でサイバー犯罪と戦い続ける世界的研究者、ミッコ・ヒッポネンの初の日本語訳書。

我々の個人情報やプライバシー、趣味嗜好や思想信条は無料の利便性と引き換えにすっかりGoogleやfacebookに吸い上げられ、世界中の企業に売り渡され、ハッカーに狙われている。
家電に車、ロボットに兵器などすべてがネット接続するIoT(モノのインターネット)やスマート技術は、もしかしたら社会のすべてにセキュリティホールをまき散らした「インターネットのアスベスト」として後世から断罪されることになるかもしれない——。

ウェブの主役が若きプログラマーから企業や政府へと移り、個人情報は監視資本主義のエサとなり、かつてあった自由や信頼も失われる中、ハッカーや犯罪者は時代に適応して進化を続ける。
この「スマート社会」と、私たちはどう向き合えばいけばいいのか? 

インターネットが影も形もなかった時代から存在したコンピュータウイルス(最初はフロッピーディスク経由で感染した!)などのマルウェアが、オタクの無害ないたずら程度のものからグローバル企業に破壊的な影響を与えるものになるまでどのように進化してきたか。
また、犯罪者や国家機関がそれをいかに駆使してきたか。

サイバー犯罪やサイバー攻撃の40年史を自身の経験をもとに振り返りつつ、プライバシーと資本主義、あるいはインターネットの自由と公権力との関係といった現状の問題、さらにAIやメタバース、あるいはサイバー戦争が日常の風景となりインターネットとますます深く結びつくこの先の未来への期待と懸念を記した、必読の一冊。

Mikko Hypponen, “If It's Smart, It's Vulnerable”の完訳。

amazon.co.jp書籍情報より引用

インフルエンサーのママを告発します:ジェ・ソンウン(著)

書籍情報

ジェ・ソンウン(著)渡辺奈緒子(翻訳)晶文社(出版社)2023/6/13(発売日)144(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

いくら親でも、わたしの同意なしに写真をのせるのは、まちがってるってことだよね?

ダルムのママはインフルエンサー。
ダルムが生まれてからのほぼすべて日々が、ママのSNSにのせられている。

インフルエンサーのママをもつばかりに、いつも「ほんとうの自分」でいられないダルム。
しかし、クラスメートのアラの言葉がダルムを変える。

SNSに勝手にだれかの写真をのせることは、なぜいけないのか?
自分がいやだと思ったときにどう行動できるのか?

韓国発、SNSを使うすべての人必読のものがたり。

amazon.co.jp書籍情報より引用

データ利活用とプライバシー個人情報保護 最新の実務問題に対する解決事例108〔第2版〕:渡邊 涼介(著)

書籍情報

\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

さらに充実、待望の第2版!

■データの「利活用」とプライバシー・個人情報の「保護」を調和させる観点から、実務のポイントと具体的取組を詳説

■完全施行された令和2年・3年の改正個人情報保護法の実務を反映

■外部送信規律、Cookie、IoT、AI、カメラ画像、位置情報、ヘルスケアデータ、プライバシーガバナンス等、企業が対応を迫られる最新課題を網羅

令和4年電気通信事業法改正に対応!

amazon.co.jp書籍情報より引用

著作権とプライバシー (GIGAスクール時代のネットリテラシー 3):遠藤 美季(監修)

書籍情報

遠藤 美季(監修)ポプラ社(出版社)2023/4/5(発売日)63(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

「ネットリテラシー」とは、インターネットのいいところも悪いところも理解したうえで、正しく活用していける知識と能力のことをいいます。

前半では、著作権の基礎知識のほか、ネットで起こりやすい著作権トラブルに関するQ&Aを紹介。

後半は、実例をもとにしたネットに関するプライバシーのQ&Aを中心に、トラブルが起こる原因や解決方法について学べます。

amazon.co.jp書籍情報より引用

60分でわかる! ECビジネスのための法律 超入門:小野 智博(著)

書籍情報

小野 智博(著)技術評論社(出版社)2023/2/13(発売日)152(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

円滑なECサイト運営の鉄則!

広告表示規制から契約履行、取消し、データ利用や越境ECまで円滑なECサイト運営の鉄則が1冊に! 

「EC取引成立のタイミングはいつ?」 
「NO.1広告は景品表示法違反?」 
「返品・受取拒否・定期購入等のトラブル回避のしくみづくりとは?」 
信頼されるショップ運営のため、必要な関係法律と知識をまとめました。 

★ECサイト向け「利用規約」+「プライバシーポリシー」ひな形&ダウンロードできます!

amazon.co.jp書籍情報より引用

プライバシーガバナンスの教科書:小林慎太郎ほか(著)

書籍情報

小林慎太郎, 夛屋早百合, 芦田萌子, 中居捷俊(著)中央経済社(出版社)2022/12/16(発売日)160(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

DXに必須のプライバシー対策を実務視点で解説。

データ活用と個人情報保護を両立するためのポイントを整理したDX、法務、事業開発部門の必読書。

NTTドコモ、JCB、ソフトバンク、NHK、リクルートなどの実践事例を紹介。

amazon.co.jp書籍情報より引用

プライバシーポリシー作成のポイント:白石和泰ほか(著)

書籍情報

白石和泰, 村上諭志, 小林央典(編著代表)中央経済社(出版社)2022/4/22(発売日)310(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

最新の個人情報保護法、各種ガイドライン等に対応したひな型を逐条解説。

GDPR、米国、中国などのグローバルな法規制もフォロー。

事業の特性に応じた記載ぶりを検討する1冊。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明:武邑 光裕(著)

書籍情報

武邑 光裕(著)黒鳥社(出版社)2020/11/30(発売日)176(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

「プライバシーの死」は加速する!?

「デジタル庁」「データ戦略」等、デジタル国家へと急旋回する日本社会に向けた警告の書、緊急刊行!

個人データが収集されていることを知りながら、嬉々としてデジタルツールを使い続ける。
「プライバシー」をめぐって矛盾した行動を取り続けるわたしたちは、すでに「プライバシーの死」を受け入れているのか?

「プライバシー・パラドックス」といういま最も困難な問題を、メディア美学者の武邑光裕が、欧州の歴史を縦横にたどりながら解き明かす!

データビジネス、データガバナンス関係者は必読!
(編集担当:黒鳥社 若林恵)

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

GPS捜査とプライバシー保護 位置情報取得捜査に対する規制を考える:指宿 信(著)

書籍情報

指宿 信(著)現代人文社(出版社)2018/4/5(発売日)257(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

最高裁大法廷(2017年3月15日)はGPS捜査を違法とし、立法的解決を求めた。
その判断の分析や諸外国の立法・判例を踏まえて、その規制のあり方と実務の課題を追求する。

第1部 GPS捜査とプライバシー
第2部 GPS捜査をめぐる諸外国の法制度
第3部 ケース研究/GPS捜査と刑事弁護

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

データ解析におけるプライバシー保護:佐久間 淳(著)

書籍情報

佐久間 淳(著)講談社(出版社)2016/8/25(発売日)240(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

このわかりやすさ、もう手放せない!

・「仮名化/匿名化」「差分プライバシー」「秘密計算」の3つの主要技術を扱う。
・統計学・データ工学・暗号理論の観点から丁寧に解説。
・データ解析実務者も必読。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

プライバシー保護入門 法制度と数理的基礎:中川裕志(著)

書籍情報

中川裕志(著)勁草書房(出版社)2016/2/17(発売日)246(ページ数)
\本のまとめ買いキャンペーン/
Amazonでみる
\ポイント最大11倍!/
楽天でみる

プライバシーはすでに崩壊している!?

個人情報やプライバシーをめぐる法制度の概要、最新の議論状況、国際的な動向等を紹介。

あわせて、制度設計に必須となる、プライバシー保護技術の入門的な内容を解説する。

議論をするにも、まずはここから。

amazon.co.jp書籍情報より引用

評判・口コミ

プライバシー よくある質問と回答

プライバシーについて、初心者からよくある質問と回答を5つ紹介します。

プライバシーとは具体的に何を指しますか?

回答: プライバシーとは、個人の秘密や私生活を保護する権利で、個人情報が他人に無断で公開または利用されることなく、個人が自分の情報をコントロールできる状態を指します。

これには、個人データの保護、通信の秘密、個人生活への不当な干渉の防止などが含まれます。

インターネット上でのプライバシー保護の重要性は何ですか?

回答: インターネット上でのプライバシー保護は、個人情報の不正使用や盗難、プライバシーの侵害によるリスクから自己を守るために非常に重要です。

オンライン上でのプライバシーが侵害されると、詐欺、アイデンティティ盗用、名誉毀損、セキュリティの脆弱性など、さまざまな問題が生じる可能性があります。

プライバシーを守るために個人ができることは何ですか?

回答: 個人がプライバシーを守るためにできることには、強力なパスワードの使用、個人情報の共有を最小限に抑える、定期的なプライバシー設定の確認と更新、信頼できるセキュリティソフトの利用、フィッシング詐欺や不審なメールに注意するなどがあります。

プライバシーポリシーとは何ですか?

回答: プライバシーポリシーとは、企業や組織がどのように個人情報を収集、使用、保護するかについての声明です。

プライバシーポリシーは、個人情報の収集方法、使用目的、第三者への情報提供の有無、個人情報の保護策などをユーザーに明示することで、透明性を確保し、ユーザーの信頼を得るために重要です。

GDPRとは何で、どのような影響がありますか?

回答: GDPR(一般データ保護規則)は、欧州連合(EU)で施行されているデータ保護に関する法律で、個人データの処理に関する厳格な規則を定めています。

GDPRは、個人のプライバシー権を強化し、データの収集と処理に対する透明性を要求します。

また、EU域内だけでなく、EU域外の企業にも影響を及ぼし、グローバルにビジネスを行う企業に対してもデータ保護の基準を遵守することを義務付けています。

プライバシーのスキルが活かせる職種とは?

プライバシーに関する知識や経験は、デジタル時代において非常に重要な資産となっています。

個人情報の保護、データセキュリティの強化、プライバシー法規の遵守など、多岐にわたる分野で活用されます。

プライバシーの専門知識を活かせる職種には以下のようなものがあります:

  1. データプロテクションオフィサー(DPO):
    • EU一般データ保護規則(GDPR)などのプライバシー法規に基づき、組織内のデータ保護方針の策定と実施を監督します。データ主体の権利保護とデータ処理の法規準拠を確保します。
  2. プライバシーコンサルタント/アドバイザー:
    • 企業や組織に対して、プライバシー保護のベストプラクティスやリスク管理、法規制遵守に関するアドバイスを提供します。プライバシー影響評価(PIA)の実施なども担当します。
  3. 情報セキュリティマネージャー:
    • 組織の情報セキュリティポリシーの策定と実施を担当し、データの機密性、完全性、利用可能性を保護します。サイバーセキュリティ対策とプライバシー保護を統合的に管理します。
  4. コンプライアンスオフィサー:
    • 企業がプライバシーに関連する法律や業界基準に準拠していることを確認し、プライバシーポリシーとプラクティスの監査を行います。
  5. 法務専門家(プライバシー法):
    • プライバシーに関する法律、規制、訴訟に専門化した弁護士です。クライアントを代表してプライバシー関連の法的問題に対処し、法規制の遵守を支援します。
  6. 研究者/アカデミック:
    • 大学や研究機関で、プライバシー、データ保護、情報倫理に関する研究を行います。新たなプライバシー技術や政策の開発に寄与することもあります。
  7. プロダクトマネージャー(プライバシー重視の製品開発):
    • プライバシーバイデザインの原則を適用し、ユーザーのプライバシーを尊重する製品やサービスの開発をリードします。
  8. サイバーセキュリティアナリスト:
    • サイバー攻撃から組織を守るためのセキュリティ対策を分析・推奨し、データ侵害のリスクを低減します。プライバシー保護はその重要な要素です。

プライバシーに関する知識や経験を持つ専門家は、デジタル化が進む社会において、企業や組織の信頼性と競争力を高めるために不可欠な役割を果たします。

プライバシー保護の重要性が高まる中、これらの専門職の需要はさらに増加していくことが予想されます。

まとめ

プライバシーについて知りたい人のために、おすすめの本を紹介しました。

まずはじめに、プライバシーがわかる本のおすすめ3選を紹介しました。

さらに探したい人のために、名著・ロングセラー本最新の本など(目次を参照)を紹介しました。

あなたの興味関心にあった本をみつけて、ぜひ読んでみてください!


本ブログサイトでは以下の記事も紹介しています。